【自賠責・任意保険】定額カルモくんの
保険のカバー範囲はどこまで?

おトクにマイカー 定額カルモくんの走行距離制限は
どんなに安全運転を心掛けていても、事故に巻き込まれてしまう可能性がなくなるわけではありません。そのため、万が一の際に補償してくれる自動車保険はとても重要です。カーリースで車に乗っていて気になるのは、月額料金でどこまで補償されるのかということではないでしょうか。
そこで、自動車保険の基本的なしくみとともに、「おトクにマイカー 定額カルモくん」でカバーしている自動車保険の内容について、詳しくご紹介します。

自動車保険は2種類ある

自動車保険は2種類ある
自動車保険には、自賠責保険と任意保険の2種類があり、それぞれ役割や補償の内容がまったく異なります。ドライバーであればすでにご存じでしょうが、改めて確認しておきましょう。

自賠責保険とは

自賠責保険とは
自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)は「強制保険」とも呼ばれ、すべての車の所有者に加入が義務付けられている自動車保険です。自賠責保険に入っていないと公道を走ることはできないため、加入を怠ると罰金や免許停止などの厳しいペナルティが課せられます。車両の初回登録時や車検時に支払うのが一般的で、登録や車検の費用とまとめて請求されていることも多いのが特徴です。
自賠責保険は、万が一交通事故を起こして加害者になってしまった場合に、被害に遭った方を救済するために設けられているものです。相手にケガをさせたり、死亡させたりしてしまった場合、被害者の治療費などを補償します(ただし被害者1人あたりの限度額があります)。なお、被害者の車を傷付けてしまった場合の補償や、加害者の体や車の補償は含まれていません。

任意保険とは

任意保険とは
任意保険は、車の所有者が任意で加入する保険です。一般的に「自動車保険」というときは、この任意保険を指すことが多くあります。自賠責保険では補償が及ばない加害者自身の治療費や車の修理代、被害者の車を壊してしまった場合の修理代などをカバーするのが目的です。
例えば、事故を起こして相手に大ケガを負わせてしまった場合、自賠責保険では補償額に上限があるため、治療費等をまかないきれないことがあります。そんなとき任意保険に入っておけば、自賠責保険でカバーできなかった費用を補うことができます。
また、自賠責保険だけでは、自身が事故でケガをしてしまっても一切補償されません。自損事故を起こしてしまった場合も、任意保険に入っておけば安心です。事故が起きた際に保険会社が相手との交渉を代行してくれるといったメリットもあります。
任意保険は保険会社によってさまざまなプランがあり、補償範囲や補償額などは車の所有者が自由に選ぶことができます。任意保険は1年更新のプランが一般的で、料金は補償内容によって異なります。

自賠責保険と任意保険の比較表

自動車保険

自賠責保険

任意保険

加入義務

あり

なし

補償の対象

人身事故による対人賠償のみ

対人賠償、対物賠償、自分の人身傷害補償、搭乗者の傷害補償、自損事故補償、車両保険など

補償額

上限あり(限度額は被害者1人あたり傷害補償120万円、後遺障害補償4,000万円、死亡による損害3,000万円)

契約によって上限が違う(無制限も可)

示談の代行

なし

あり

過失相殺・減額

被害者に重大な過失があった場合のみ減額あり

厳格に過失の割合を見る

免責事由(保険の支払いが行われない理由)

少ない

多い

定額カルモくんは自賠責保険が込み

カーリースの場合、車の所有者はリース会社となっています。そのため、自賠責保険料もリース会社が支払います。月額料金の中に初めから自賠責保険料が含まれているのが一般的です。定額カルモくんでも、月額料金で自賠責保険料をまかなうことができます。

定額カルモくんの月額料金には、車両本体の価格以外に自賠責保険料、自動車重量税などの法定費用が含まれているほか、自動車税(種別割)や環境性能割などはもちろん、新車登録手数料などの諸経費がすべてコミコミになっています。加入していないと罰金が科せられてしまう自賠責保険も、月々のお支払いでしっかりカバーしています。

定額カルモくんは自賠責保険が込み

ただし、任意保険については月額料金には含まれていません。定額カルモくんではおすすめの保険のご案内をしております。詳細はサポートデスク担当までお問い合わせください。

カーリースに任意保険は必要?

カーリースに任意保険は必要?
カーリースでは、任意保険はお客様ご自身で加入していただくことになりますが、「本当に必要だろうか?」と思われる方もいるかもしれません。
統計データによると、自家用乗用車を所有するドライバーの任意保険普及率は全国平均で79.5%となっています(損害保険料率算出機構「2019年度(2018年度統計)自動車保険の概況」)。ドライバーの約8割が任意保険に入っているのは、自賠責保険だけでは補償が足りないという思いの表れでしょう。
カーリースを利用しているドライバーで、どんなに安全運転に気をつけていても、車を運転している以上は事故のリスクは必ずついてまわります。事故に遭う場合のことも考えて、任意保険に加入しておくと安心でしょう。

カーリースに任意保険は必須

カーリースに任意保険は必須
定額カルモくんの月額料金でカバーしているのは自賠責保険のみです。そのため、もし事故に遭って車が故障してしまった場合、修理代は利用者の負担となります。リース車は契約満了時に原状回復することが条件となっていますので、たとえ小さな傷や凹みでも事故で受けたダメージは必ず修理して返却する必要があります。
万が一、契約期間中に大事故に遭って車が全損し、廃車になってしまった場合、リース契約は事故時点で強制解除となります。そして、違約金や解約手数料などの大きな負担がかかることになります。事故のショックに加えて、急にまとまった資金を用意しなくてはならないストレスを軽減するためにも、任意保険に加入されることをおすすめします。

カーリースに適した任意保険は?

任意保険は、車の所有者の希望に合わせて必要な補償内容や保険料金を選ぶことができます。任意保険には大きく分けて、以下の3種類があります。

カーリースに適したおもな任意保険

保険の種類

補償内容

賠償責任保険

対人賠償と対物賠償の2種類。事故で相手の体や車、物に傷害を与えてしまった場合に補償される。

損害保険

人身傷害保険、搭乗者傷害保険、無保険車傷害保険など。事故で運転者や同乗者が傷害を負った場合や、相手の車が保険に入っていなかった場合に補償する保険など。

車両保険

事故だけでなく自然災害、当て逃げなどで自分の車が傷付いた場合に補償される。

カーリースで任意保険に加入する場合、必ず入っておきたいのが車両保険です。事故で被った車の傷や故障は利用者負担で修理することになるため、車両保険に加入しておけば費用をカバーすることができます。

また、事故で相手に大ケガを負わせてしまった場合や、店舗などに車を衝突させてしまった場合などは、高額な治療費や賠償金が発生する可能性があります。そうした場合に備えて、賠償責任保険の対人・対物補償額は無制限にしておくことをおすすめします。

保険会社では、これらの保険をセットにした商品を販売しており、補償額に応じて保険料も変わります。ただし、任意保険の中にはリース車でも利用できるものと、そうでないものがあります。ソニー損保自動車保険やSBI損保自動車保険などでは、リース車でも加入できる自動車保険を扱っているので、そうした任意保険を利用するといいでしょう。どの保険に加入するか迷う場合は、定額カルモくんでおすすめの保険紹介を行っているので、サポートデスクに問い合わせてみるのもいいでしょう。

自賠責保険も任意保険も加入して万が一の備えを万全に

カーリースでは、自賠責保険が込みになっているサービスが多く、定額カルモくんも同様です。自賠責保険料が月額料金にコミコミなので安心ですが、それだけですべての補償をカバーできるわけではありません。自分や大切な家族、そしてリース車もしっかり守るために、任意保険への加入をおすすめします。

カーリースお役立ちコラム