カーリースのナンバーはどうなる?
希望ナンバーの取得方法について

カーリースの料金シミュレーション
レンタカーやカーシェアでは「わ」「れ」ナンバーが使われ、傍目にも借りた車とわかります。では、カーリースのナンバーはどうなのでしょうか?また、一般車のように希望のナンバーを取得できるのかなど、カーリースの気になるナンバーについて、詳しく解説します。

カーリースのナンバーは?

カーリースの料金シミュレーション
レンタカーやカーシェアでは「わ」「れ」ナンバーが使われ、傍目にも借りた車とわかります。では、カーリースのナンバーはどうなのでしょうか?また、一般車のように希望のナンバーを取得できるのかなど、カーリースの気になるナンバーについて、詳しく解説します。

ナンバープレートのひらがなの意味

カーリースとカーローンの料金を比較すると
そもそも車のナンバープレートは、車両の種別や管轄する運輸支局、用途などを識別するための標識です。正式には、普通自動車や小型自動車、大型特殊自動車のナンバープレートは「自動車登録番号標」といい、自家用車は白地に緑色の文字、事業用車は緑地に白色の文字になっています。また、軽自動車や自動二輪車の場合のナンバープレートは「車両番号標」と呼ばれ、自家用車は黄色地に黒文字、事業用車は黒地に黄色の文字で表示されます。
「品川」「渋谷」などの地名は、管轄する運輸支局などを表す地域名です。そのあとにくる数字は車体サイズなどを表示した分類番号で、いわゆる「3」ナンバーは普通車、「5」ナンバーは小型自動車を指しています。また、車両ナンバーの前につくひらがなは、用途によって振り分けられています。「さ す せ そ た ち つ て と な に ぬ ね の は ひ ふ ほ ま み む め も や ゆ ら り る ろ」は自家用車、「あ い う え か き く け こ を」は事業用車、「わ れ」はレンタカー、「よ E H K M T Y」は駐留軍人・軍属使用等の車両と決まっています。

「わ」ナンバーではないカーリース

カーリースとカーローンの料金を比較すると
「わ」ナンバーは、レンタカーやカーシェアといった短期レンタルを目的とした車両に使用されます。カーリースも車を借りて乗ることができるサービスなので、「わ」ナンバーなのではないかと心配される方がいらっしゃいます。しかし、カーリースでは基本的に「わ」ナンバーが使われることはありません。
カーリースでは、リース車の所有権はリース会社が持つことになりますが、利用者は月額料金を支払うことでリース車を1年以上の長期間借りる形となり、車の使用権は利用者が持つことになります。一時的な貸し出しであるレンタカーやカーシェアとは異なるため、カーリースで「わ」ナンバーが使われることはありません。

一般のナンバーが使えるカーリースのメリット

カーリースとカーローンの料金を比較すると
カーリースでは、一般車両と同じ自家用車用のナンバープレートを使うことができます。「わ」ナンバーのように、借りている車だと気付かれる心配はありません。それだけではなく、一般車両と同じように好きなナンバーを選ぶこともできます。「わ」ナンバーにならないカーリースには、どのようなメリットがあるのか、詳しく見ていきましょう。

リース車だと気付かれない

カーリースとカーローンの料金を比較すると
レンタカーやカーシェアには、必要なときに必要な時間だけ車を利用できる使い勝手の良さがあります。しかし、「わ」ナンバーが使用されるため、「レンタルしていると気付かれるのがいや」「運転に慣れていないと思われて、周囲のドライバーに警戒されてしまう」と感じる方は多いようです。その点、カーリースは「わ」ナンバーではなく、リース車だと気付かれる心配もないため、一般車と同等に扱われるので安心です。

マイカーのように使える

カーリースとカーローンの料金を比較すると
カーリースでは乗りたい車種はもちろん、ボディカラーやオプション、アクセサリーまで自分の好みで選ぶことができるので、マイカーと同じ感覚で車に乗ることができます。レンタカーやカーシェアと違って、いつでも自由に乗ることができ、快適なカーライフを楽しむことができます。

仕事でも使いやすい

カーリースとカーローンの料金を比較すると
もともとカーリースは、法人向けのサービスとして以前からあったサービスです。サービス内容が明瞭であることと月々の定額制で支出を管理しやすいこと、契約期間があらかじめ決まっていて全額を経費として計上できることなどから、ビジネスにも利用されてきました。
定額カルモくんでは、メンテナンスなどの維持費用を定額料金に含めることができ、個人事業主にも適したサービスです(ただし、法人契約はできません)。

カーリースは希望のナンバーも取得できる

カーリースとカーローンの料金を比較すると
カーリースは、一般車と同じ自家用車用のナンバープレートを使えるだけでなく、希望するナンバーを取得することもできます。
「おトクにマイカー 定額カルモくん」では、希望のナンバーを取得する手続きを代行しています。お好きなナンバーがある場合は、契約時にお伝えいただくか、ウェブサイトの料金シミュレーション画面から希望ナンバーを「あり」に選択すると希望ナンバー手続き費用を含めたリース料が算出され、そのまま申し込むことができます。
一方、希望するナンバーをご自分で申請して取得することも可能ですが、かなり面倒な手続きをしなくてはなりません。では、ご自分で希望のナンバーを取得する場合は、どのような手続きが必要になるのか、見てみましょう。

希望ナンバーの申込み方法

カーリースとカーローンの料金を比較すると
希望のナンバーを取得するには、運輸支局などに隣接している「希望ナンバー予約センター」の窓口に申し込むか、インターネットで一般社団法人全国自動車標板協議会のサイトにアクセスし、「希望番号申込サービス」を利用するか、2種類の方法があります。インターネットであれば、24時間いつでも申込みが可能です。
なお、希望ナンバーには「一般希望番号」と「抽選対象希望番号」の2種類があります。抽選対象希望番号はゾロ目ナンバーなど、多くの人が申し込むことの多い番号のことで、毎週月曜日に抽選が行われます。抽選対象希望番号に申し込む場合は、一般希望番号より時間を要することになるので注意しましょう。
なお、希望ナンバーの申込みの流れは、以下のようになります。

希望ナンバーの申込み方法

  1. 希望ナンバー予約センターの窓口へ行くか、インターネットの希望番号申込サービスへアクセスする
  2. 希望ナンバーを申し込む(抽選対象希望番号の場合は、抽選結果を待つ必要があります)
  3. 番号が取得できた場合は、申込み完了メールに記載されている支払い期限までに交付手数料を支払う
  4. 入金確認メールが届いたら、メールに記載されている期日までに希望番号予約センターへ希望番号予約済証を受け取りに行く
  5. 近隣の運輸支局または軽自動車検査協会にて登録・届出手続きを行う
  6. 希望番号予約センターでナンバープレートを受け取る

希望ナンバーの交付手数料は?

カーリースとカーローンの料金を比較すると
希望のナンバープレートは受注生産になるため、通常のナンバープレートより交付に時間がかかります。特に抽選対象希望番号に申し込む場合は抽選期間も含め、スケジュールに余裕を持っておきましょう。
また、交付手数料は一般のナンバープレートより高くなります。ナンバープレートには薄い鉄板製の一般的な「ペイント式」と、文字部分が樹脂製でライトをつけると文字が光る「字光式」の2種類があり、字光式のほうが料金は高くなっています。交付手数料は都道府県によって多少異なりますので、詳しい料金を知りたい場合は希望番号予約センターで事前に確認しておきましょう。なお、東京・千葉・埼玉の希望ナンバー交付手数料は以下の通りです。

東京・千葉・埼玉の希望番号交付手数料一覧

東京都

ペイント式

字光式

大型

4,880円

6,310円

中型

4,140円

5,360円

軽中型

4,180円

6,620円

埼玉県・千葉県

ペイント式

字光式

大型

4,990円

6,410円

中型

4,240円

5,460円

軽中型

4,280円

6,680円

定額カルモくんのナンバー取得代行

このようにご自分で希望のナンバーを取得しようとすると、手間と費用がかかります。しかし、定額カルモくんのようにリース会社の代行サービスを利用すれば、希望のナンバーを伝えておくだけで済み、費用もリース料に組み込むことができます。なお、取得が難しい人気のナンバーについては抽選となるため、定額カルモくんでも承ることができませんのであらかじめご了承ください。。

ナンバーを気にせず乗れるのがカーリースの魅力

カーリースは、レンタカーやカーシェアと違って「わ」ナンバーでなく、一般車と同じ自家用車用のナンバーを使えます。リース車であることを気にせず、仕事やプライベートで利用することができます。また、希望するナンバーを取得することもできます。自分らしくのびのびと、マイカーのように楽しく乗れるのがカーリースならではの魅力です。

カーリースお役立ちコラム