カーリースは頭金・ボーナス払いなしで乗れる?
新車購入とカーリースの費用比較

カーリースの頭金・ボーナス払い
カーリースは、月々の定額料金でマイカー感覚で車を持つことができる車のサブスクリプションサービスです。新車を買うときのカーローンのように、頭金やボーナス払いといったまとまった出費は必要ありません。おトクにマイカー 定額カルモくんを例に、カーリースと新車購入との違いをご紹介します。

頭金なしで新車に乗れるカーリースのしくみ

頭金なしで新車に乗れるカーリースのしくみ
カーリースは「毎月決まった金額を支払う」という点ではカーローンと似ていますが、基本的なしくみがローンとはまったく異なります。
カーリースは契約者が車を選び、リース会社が購入して、月々のリース料で一定期間借りることのできる車のサブスクリプションサービスです。車の所有者はリース会社となり、契約者は車両本体価格や税金などの諸経費を含めたリース料を毎月支払うことになります。
また、カーリースは残価設定をしているサービスがほとんどです。リース契約満了時の下取り価格(残価)を想定し、あらかじめ車両価格から差し引いた上で月々のリース料金を算出しています。残価を差し引いているため、そもそもの支払総額がカーローンよりも安く設定されており、さらにカーリースは頭金が不要なのでお得にマイカー感覚で車を利用することができます。

頭金なしで新車に乗れるカーリースのしくみ

カーリースではボーナス払いもなし

カーリースは月々の定額料金で車に乗れるように料金プランが設計されているため、カーローンにつきもののボーナス払いもありません。新車を購入すると必要になる保険料や税金などの初期費用も、カーリースでは月々の定額料金に含まれているため、大きな費用負担はありません。

定額カルモくんのカーリースでも、頭金0円、初期費用0円、ボーナス払い0円で、お支払いは月額料金のみとなります。毎月同じ金額を支払うだけで、すぐにマイカーライフを始められるのがカーリースの魅力です。

カーリースではボーナス払いもなし

初期費用がかからないカーリースがお得

それでは、カーリースとカーローンでは支払いの内訳やタイミングがどのように違うのか、具体的に比較してみましょう。

カーリースとカーローンの支払い比較表

支払いタイミング

カーリース

カーローン

購入時(初期費用)

なし

頭金

環境性能割

登録代行費用

車庫証明取得代行手数料

預かり法定費用(印紙代)

納車代

自動車リサイクル料金

毎月

車体本体価格

環境性能割

登録代行費用

車庫証明取得代行手数料

預かり法定費用(印紙代)

納車代

自動車リサイクル料金

自動車税(種別割)/軽自動車税(種別割)(期間分)

自動車重量税(期間分)

自賠責保険料

メンテナンス代(プランによる)

仲介手数料

お客様サポート料

車両本体価格の分割払い(利息も加算)

年に一度

なし

自動車税(種別割)/軽自動車税(種別割)

車検時

なし(プランによる)

車検費用

自動車重量税

自賠責保険料

都度

燃料代

駐車場代

燃料代

駐車場代

メンテナンス代

カーリースでは初期費用が一切かからないため、車を入手する際の負担を大きく軽減できます。初期費用として必要な税金や手数料などはすべて月額料金に含まれ、月によって支払額が変動することもありません。

定額カルモくんではメンテナンスプランに加入すれば、車検やメンテナンスの費用も月額料金に含ませることもできます。ガソリン代や駐車場代などの維持費を除けば、車にかかる必要経費を月額料金に一元化できるので、家計管理が楽になるのもカーリースのメリットです。

初期費用がかからないカーリースがお得

一方、カーローンの場合は車両本体価格を全額自分で支払うことになり、利息が加算された状態で月々分割返済していくことになります。初期費用では各種税金や保険料、頭金に手数料などが必要になります。こうした購入時の初期費用は思いのほか負担が大きくなるため、「資金が足りないから中古車にしようか」と検討し直す方もいます。

このように、カーローンなどで新車を購入するためには初期費用の負担が重くなるところを、カーリースでは月々の定額料金に含めることで、まとまった資金なしですぐにカーライフをスタートできます。

新車購入で必要となる頭金・ボーナス払い

カーリースであれば、月額料金に含まれるので気にする必要はありませんが、カーローンを組んで新車を購入した場合に必要となる支払いの内訳についても一応確認おきましょう。新車を購入する際には、以下のようにさまざまな出費が必要になります。

新車購入で必要となる出費一覧

車両購入費

車両本体価格

車そのものの代金

消費税

車両本体価格とオプション、アクセサリーの総額に10%が課税

自動車保険料

自賠責保険料

対人賠償のため、必ず加入しなければならない強制保険

任意保険料

相手方だけでなく、自身や搭乗者、車、物などの補償のため、任意で加入する保険

税金

環境性能割

車購入時に支払う税金。旧自動車取得税

自動車重量税

車の所有者に対し、車両の重量に応じて課せられる税金(軽自動車は一律)。新規登録時と車検時にまとめて支払う

自動車税(種別割)

車の所有者に対し、1年単位で課せられる税金。軽自動車は軽自動車税(種別割)。

登録・納車代

車庫証明取得代行費用

車の保管場所を証明する書類を、ディーラーなどに依頼する場合の代行費用

登録代行費用

車のナンバー取得にかかる費用

自動車リサイクル料金

自動車を廃車にするための料金で、新車購入時に支払う

納車代

自宅などへ車を運んでもらう場合の陸送費用

新車を購入する際には、車両本体価格以外にもさまざまな諸経費がかかります。アクセサリーやオプションを追加した場合は、消費税や環境性能割も加算されます。車のナンバーを取得したり、車庫証明書を発行したりするのにも代行費用が発生します。すべての手続きが完了して車を手に入れても、自動車税を毎年支払っていく必要があります。

こうしたさまざまな初期費用をカーリースでは負担せずに済むため、とても便利にご利用いただけます。

頭金とボーナス払いの
負担が大きいカーローン

頭金とボーナス払いの負担が大きいカーローン
新車の車両本体価格は一般的に数十万円~、高級な車種だと数百万円と、購入すれば大きな出費となります。当然それなりの準備と資金力が欠かせません。ディーラーとの交渉で多少のディスカウントやサービスをしてもらえたとしても、多くの場合はカーローンを組んで返済していくことになります。
カーローンは、新車購入に必要な資金を金融機関やディーラーなどから借り入れ、月々分割してローン返済する方法です。月々の返済額には利息が加算されます。返済をできるだけ早く終わらせたい、でも月々の支払額は安く抑えたい場合、重要となるのが頭金とボーナス払いの設定です。
頭金でまとまった額を支払ったり、ボーナス月に返済額を増額するボーナス払いを設定したりすることで、月々の返済額を安く抑えることができます。しかし、やはりカーリースに比べて、まとまった資金を用意しなければならず、その負担はとても大きいといえるでしょう。

頭金・ボーナス払いなどの大きな出費がないカーリースがおすすめ

カーリースでは初期費用がいらず、月々の定額料金でお得にマイカー感覚で車を利用できます。カーローンのように頭金やボーナス払いといった重い負担を抱えずに済みます。家計管理もしやすいカーリースを便利に利用して、快適なカーライフを始めてみませんか?

カーリースお役立ちコラム