【独自調査】自動車税・軽自動車税についての意識調査

更新日:2022.04.26
自動車税・軽自動車税についての意識調査

車を所有していると毎年かかる「自動車税(以下、軽自動車税も含めて自動車税とします)」。まもなく5月を迎え、自動車税の納付書が自宅に届く時期となりました。自動車税は毎年4月1日時点で車を所有している方全員に納税義務がありますが、車を持つ方は自動車税の支払いに対してどのように感じているのでしょうか。

自動車税・軽自動車税の支払いを負担に感じる方は約8割

軽減制度や環境性能割を知っている方は半数

「マイカーの概念を変え、誰もが自由に移動を楽しむ社会を作る」という事業ミッションを持つ「おトクにマイカー 定額カルモくん」では、車を持つ方が自動車税についてどのように感じているか、また自動車税を意識した車選びをしているかなどについて、全国の男女1,451人を対象に調査いたしました。

調査概要

・調査対象:車を持つ全国の男女1,451人
・調査期間:2022年4月1日~4月12日
・調査内容:Q1. 自動車税の支払いについてどのように感じますか?/Q2. 車を買う際に、自動車税を理由に車種を決めたことはありますか?/Q3. 自動車税の支払いを意識して、車を手放したことはありますか?/Q4. グリーン化特例や環境性能割を知っていますか?/

自動車税の支払いを負担に感じる方は約8割

Q1:自動車税の支払いについてどのように感じますか?

Q1:自動車税の支払いについてどのように感じますか?

・「負担に感じる」:48.5%
・「かなり負担に感じる」:33.5%
・「どちらともいえない」:13.2%
・「妥当な金額だと思う」:4.8%

車を持っている男女に対して、自動車税の支払いについてどのように感じるか聞いたところ、「負担に感じる」が最も多く、48.5%でした。「かなり負担に感じる」と合わせると、82%の方が自動車税の支払いを負担に感じていることがわかりました。

2.5人に1人は、自動車税の負担を考慮した車選びを実施

Q2. 車を買う際に、自動車税を理由に車種を決めたことはありますか?

 Q2. 車を買う際に、自動車税を理由に車種を決めたことはありますか?

・「決めたことはない」:56.1%
・「決めたことがある」:43.9%

Q1で自動車税の支払いを「かなり負担に感じる」または「負担に感じる」と回答した方に、車を買う際に、自動車税を理由に車種を決めたことがあるかどうかを聞いたところ、「決めたことはない」という方の割合が多く、56.1%という結果になりました。一方、「決めたことがある」と答えた方の割合は43.9%となり、2.5人に1人は、自動車税の負担を考慮した車選びをしていることがわかりました。
また、その方々にどういった車種を選んだのかを聞いたところ、約半数が軽自動車を選択しているということがわかりました。自動車税は車の総排気量によって税額が異なりますが、軽自動車の場合は一律で10,800円と車種の中で最も税額が抑えることができます。そのため、毎年の自動車税を負担に感じている方は、軽自動車に乗り換えているケースが多いといえそうです。

自動車税の支払いを意識して車を手放した方は26.1%

Q3. 自動車税の支払いを意識して、車を手放したことはありますか?

Q3. 自動車税の支払いを意識して、車を手放したことはありますか? 

・「ない」:73.9%
・「ある」:26.1%

Q1で自動車税の支払いを「かなり負担に感じる」または「負担に感じる」と回答した方に、自動車税の支払いを意識して4月1日より前に車を手放したことがあるかどうかを聞いたところ、「ある」と答えた方が26.1%もいることがわかりました。
自動車税は、4月1日時点での車の所有者に対して発生する税金であるため、4月1日より前に車を乗り換えたり手放したりすることで、自動車税の出費を避けることができます。

自動車税の軽減制度であるグリーン化特例や環境性能割を知っている方は46.5%

Q4:グリーン化特例や環境性能割を知っていますか?

 

・「知らない」:53.5%
・「知っている」:46.5%

自動車にまつわる税金の軽減制度であるグリーン化特例や環境性能割を知っているかどうかを聞いたところ、「知らない」と答えた方は53.5%、「知っている」と答えた方は46.5%となり、「知らない」方が若干多い結果となっています。

今回の調査により、自家用車を持っている方の多くは自動車税の支払いを負担に感じていることがわかりました。また、負担を感じる方の約4割は、車を買う際に軽自動車など自動車税の負担が軽い車を選ぶ傾向も見られました。グリーン化特例や環境性能割では、環境性能の優れた自動車を購入した際に自動車税の負担が軽くなりますが、制度の認知度は現段階では低いといえそうです。
おトクにマイカー 定額カルモくんでは、「マイカーの概念を変え、誰もが自由に移動を楽しむ社会を作る」という事業ミッションのもと、移動や車に関しての調査を今後も行っていきます。

ファイナンシャルプランナー 伊藤真二さん コメント

自動車を持つと自動車税や自動車重量税など、税金がかかります。車を必需品として使用している方にとっては、長いカーライフを考えると、これは小さいとは言えない出費となるでしょう。
今回の調査で過半数の方が知らないと答えた「税金を抑えることができる制度」ですが、電気自動車などを持つことで環境性能割が非課税になったり、エコカー減税で自動車重量税が免税されたり、グリーン化特例で購入翌年の自動車税が軽減されたりなど、家計の負担を減らすテクニックとしては有効です。
さらに、燃料費を比較してもガソリン車を持つより電気自動車を持つことのほうが魅力的なようです。走行距離10,000kmを燃費15km/㍑のガソリン車と6.5km/kWhの電気自動車で走った場合(燃料価格160円/㍑、電気料金28円/kWhで想定して計算)、10,000kmを走るのにガソリン車は10万6,666円、電気自動車は43,077円かかることになります。現在はガソリン価格の高騰もあり、このように電気自動車のほうがランニングコストは安くなります。しかし、高騰しているのはガソリンだけではなく、電気代も上がっています。このまま電気料金が上がり続ければ、ガソリン車のほうが安く済むという事になるかもしれません。
車選びによって家計の負担を減らすには、車両そのものの値段や燃費性能、減税制度、そして、世の中の状況や今後の予測、車の利用状況などを加味して考えていくことになりそうです。
自動車を所有すると、まとまった費用として税金の支払いが発生しますが、カーリースでは月々の定額料金に税金が含まれている場合がほとんどです。毎月の家計管理を安定させたい方や、あらかじめ費用を準備しておくのが手間という方、支払いを分散させたい方は、カーリースという選択肢を検討してみてはいかがでしょうか。

おトクにマイカー 定額カルモくんに関して

日々の生活にマイカーが必要不可欠な地域が大多数を占める日本において、年間200万人の方が自動車ローンの審査に通らず、結果として、手元のお金で買える「型落ち」の中古車を買ったり、最終的には購入をあきらめたりしています。
そこで、良質な購入手段を用意することで誰もが乗りたい車に乗り、移動の幸せを感じられる社会を作りたいと考え、
現在、頭金なし・ボーナス払いなし、税金、自動車損害賠償責任保険料コミコミで月々11,220円から新車をマイカーにできる「おトクにマイカー 定額カルモくん」を展開しています。
今後、さらにお客様に対する与信の枠を広げて、新車をあきらめる方がいなくなり、車を持つことが当たり前になるようなビジネスの発展に尽力いたします。

プレスリリースに関するお問合せは
自動車産業DX事業部 広報へ