専業主婦でもカーローンを組める?審査に通るケースと対策を徹底解説

更新日:2022.07.04
専業主婦でも車のローンを組める?

毎日の買い物や子供の習い事の送迎、家族の通院サポートなど、専業主婦にとっても車は生活に欠かせないものです。しかし、車が欲しいと思っても一括購入するのは家計への負担が大きく、また、カーローンを組むにも専業主婦では審査に通るか不安に感じてしまう方もいるのではないでしょうか。

確かに、一般的に専業主婦は収入がないことで審査に通りにくいとされていますが、審査のポイントを押さえて対策を立てておけば、専業主婦でもカーローンで車を持つことが可能な場合があります。

そこで、どのようなケースでは専業主婦でもカーローンの審査に通るのかを、カーローンの種類や審査対策と併せて解説します。


ローンを組まなくても_車の新しい乗り方をみる


【この記事のポイント】
✔専業主婦でも一定の条件を満たせばカーローンを組める可能性がある
✔専業主婦がカーローン審査に通るために有効な対策は5つある
✔カーローンが組めない専業主婦でも定額制で車を持つ方法がある

専業主婦でもカーローンで車を購入できるケースとは?

専業主婦でもカーローンで車を購入できるケースとは?

カーローンを利用するには審査に通る必要があり、審査では収入や職業、勤務形態などがチェックされます。専業主婦は、無職に該当してしまうこともあるため審査に通りにくいとされますが、次のようなケースでは専業主婦であってもカーローンを利用して車を購入できることがあります。

育休などで一時的に専業主婦だが、復職の予定がある

産休・育休や介護休業などで一時的に専業主婦となっていても、復職の予定がある場合は再び安定した収入が見込めるとみなされ、審査に通る可能性があります

休業前の収入や雇用形態によっても異なりますが、正社員で雇用されているケースや復帰時期が明確に決まっているケースでは審査通過の可能性も高まるでしょう。

副業などで収入がある

専業主婦であっても、不動産収入や副業などによって一定の所得がある場合はカーローンを組めることがあります。在宅ワークやハンドメイド作品の販売などで副収入を得ている場合も、収入の程度によっては審査に通る可能性があるので忘れずに申告しましょう。

ただし、収入があればいいというものではなく、金額や安定性など金融機関の定める基準をクリアする必要があります。

配偶者に安定的な収入がある

カーローンの申込み者が専業主婦の場合、配偶者の収入も考慮して審査が行われます。収入がない専業主婦でも、配偶者の属性などから家計に十分な収入があると見込まれるケースでは審査を有利に進められる可能性があるでしょう。

信用情報に問題がない

カーローンの審査では、個人信用情報機関からの情報を基に、過去の金融事故やキャッシング履歴などをチェックされます。信用情報に自己破産や延滞の履歴があると、安定した収入のある正社員でも審査の通過が非常に難しくなります。

その一方で、専業主婦であってもこれらの信用情報に問題がない場合は、カーローンを組める可能性があるといえるでしょう。

ほかのローンの借入額が少ない

個人信用情報機関の情報には、他社でのローンの借入額についても記載されています。カーローンの審査の際は、他社での借入額も含めた総借入額に対しての返済能力を見られるため、この借入額が少ないほどカーローンの審査を有利に進めることができるでしょう。

なお、借入には住宅ローンなどのほか、クレジットカードのリボ払いやキャッシング、携帯電話の端末代の分割払いも含まれます。


主婦の方も多数利用中!ローンを組まずに新車に乗る方法とは?

専業主婦がカーローンの審査に通りにくいとされる理由

専業主婦がカーローンの審査に通りにくいとされる理由

専業主婦がカーローンの審査に通りにくいのは、「返済能力が低い」と判断されやすいことがおもな理由です。

カーローンの審査では、収入や雇用形態、勤続年数などから借入額に対して滞りなく返済する能力があるかどうかが総合的にチェックされます。しかし、専業主婦の場合は個人としての安定的な収入がないことが多いため、どうしても返済能力が低いと判断されやすい傾向があります。

ただし、審査を有利に進めるために収入があるように偽ったり、夫の年収を高く申告したりするようなことは行わないようにしましょう。虚偽であることが判明した場合、審査に通る可能性が限りなくゼロに近くなります。

専業主婦に向いているカーローンはどれ?種類と審査難度  

専業主婦に向いているカーローンはどれ?種類と審査難度

カーローンにはいくつかの種類があり、それぞれ審査の難易度や利用しやすさ、借入利率などが異なります。そのため、専業主婦がカーローンを利用するには、審査に通りやすいカーローンを選ぶことも大切なポイントとなります。
それぞれの特徴や審査の難易度をチェックして、自身に向いているカーローンを見つけましょう。

銀行系マイカーローン

銀行や信用金庫などが提供する銀行系マイカーローンは、ほかのカーローンに比べて金利が低いことが特徴です。そのため、長期のカーローンを組んでも総返済額が抑えやすく、返済計画においても毎月の返済額を無理のない金額に設定しやすいカーローンとなっています。

一方で、銀行系マイカーローンは審査がきびしいとされており、専業主婦である時点で申込み不可となるケースも多くあります

ディーラー・信販系カーローン

ディーラーや信販会社が提供するカーローンは、銀行系マイカーローンに比べると金利が高いものの、審査難易度は低いとされています。銀行系マイカーローンの利用が難しい場合、ディーラーや信販会社などにカーローンを組めないか相談してみましょう。

ただし、金利の高いカーローンは総返済額が高くなりやすく、家計への大きな負担となる場合もあります。借入れの際は月々の返済額や総返済額を踏まえて慎重に検討しましょう。

自社ローン

自社ローンとは、中古車販売店などが独自に提供している分割払いのシステムのことです。審査については提供する販売店によって独自の基準で判断されるため、専業主婦やアルバイト、自営業者など、ほかのカーローンを組みにくい方でも利用しやすいといった特徴があります。

また、厳密にいえばローンではないことから国の定める貸金業法の対象外となり、借入額の合計を年収の3分の1以下にしなければならないといった総量規制が適用されません。そのため、無収入の専業主婦であっても利用できる可能性があります。

ただし、一般的に自社ローンでは、手数料や保証料などが車両本体価格に上乗せされます。そのため、銀行やディーラーでカーローンを組むよりも総額が高くなりやすい点に注意が必要です。

専業主婦がカーローンの審査に通るためにできる5つの対策  

専業主婦がカーローンの審査に通るためにできる5つの対策

専業主婦がカーローンを組むことは容易ではないため、少しでも審査に通る可能性を高めるために対策を立てる必要があります。ここでご紹介する5つの対策を実行して審査に臨みましょう。

信用情報を確認しておく

信用情報に未払いなどのネガティブな情報が記載されていると、審査に通りにくくなります。自身の信用情報は、株式会社シー・アイ・シー(CIC)や株式会社日本信用情報機構(JICC)、全国銀行個人信用情報センター(KSC)に情報開示請求を行うことで確認できるので、審査申込みの前にチェックしておきましょう。
開示請求をより手軽に行いたい場合は、アプリやインターネットで請求すると便利です。

未払いや滞納があれば払っておく

信用情報を確認して未払いや滞納があることが判明した場合、カーローン申込みの前に清算しておきましょう。支払い滞納を解消したからといってすぐに信用情報から記載が消えるわけではありませんが、少なくとも、滞納状態にあるよりは良い印象を与えられます。

なお、クレジットの契約内容や支払状況の情報保管期間は、CICとJICCでは「契約期間中および契約終了後5年以内」、KSCでは「契約期間中および契約終了日(完済していない場合は完済日)から5年を超えない期間」とされています。可能であれば、滞納情報が消えるまで車の購入を待つほうが賢明です。

借入希望額を減らす

借入希望額が少ないほど審査のハードルが下がります。以下の方法で借入額を減らすことができないか、検討しましょう。

頭金を入れる

車の購入時に貯金などからまとまった資金を用意できる場合は、頭金を入れて借入額を下げることで審査通過の可能性を高められます。なお、月々の返済額や総返済額も抑えられるため、節約にもつながります。

低価格の車種を選ぶ

頭金が用意できない場合は、車のランクやグレードを下げて車両本体価格を抑え、借入額を減らすことを検討しましょう。少人数での乗車なら軽自動車も候補に入れる、さらに費用を抑えたい場合は中古車も検討してみるといったこともひとつの手段です。

連帯保証人を立てる

カーローン契約者である専業主婦本人に収入がない場合でも、安定した収入のある親族などを連帯保証人に立てることで審査に通る可能性があります。一般的には夫に依頼するケースが多いです。

なお、連帯保証人はカーローン契約者と同等の責任を負うことになるため、収入や勤務形態、ほかのローンの借入額などが契約者同様に審査されます。これらが審査の通過基準に満たないケースでは、連帯保証人を立てても不十分な可能性があるため、事前に条件を確認しておくことが大切です。

仮審査を受ける

カーローン会社によっては、事前に仮審査を受けることが可能です。仮審査では、希望額の借入れができるかどうかの目安を簡単な審査で事前にチェックできるので、積極的に試してみましょう。

短期間で複数のカーローン審査を申し込むと、信用情報に履歴が残り、以降の審査に影響を与える可能性がありますが、仮審査であれば履歴が残らないので気軽に試すことができ、審査の対策に役立てられます。

専業主婦がカーローンの審査に落ちたときの3つの対処法  

専業主婦がカーローンの審査に落ちたときの3つの対処法

ここまでの対策を行った上でカーローン審査に臨んでも、専業主婦の場合は審査に落ちてしまうこともあります。もしも審査に落ちてしまったときには、次のような方法を試してみましょう。

車の価格やグレードを下げる

審査に落ちた原因のひとつとして、借入希望額が高すぎた可能性があります。車種やグレードを再考し、車の価格を下げた上で、再度カーローン審査を申し込んでみましょう。

審査では、借入希望額が返済能力に見合っているかをチェックされます。例えば、借入希望額を200万円としてカーローン審査に落ちてしまっても、車のランクを落として100万円の借入れを希望することで返済能力があると判断されて審査に通ることもあります。

なお、借入額が減ることで利息総額や月々の返済額も抑えられるため、毎月の負担を減らすことにもつながります。

安定的な収入のある家族が申し込む

専業主婦本人の名義では、どうしてもカーローンを組めないといったケースもありえます。しかし、家族でシェアする車であれば、専業主婦本人の名義で申し込むのではなく、安定した収入のある夫などの名義でカーローンを組んで利用することが可能です。

夫の名義で組んだカーローンであっても、自動車保険の被保険者の範囲を夫だけでなく配偶者や家族にまで広げれば、万が一の際に補償を受けられるので安心して運転できます。

ただし、専業主婦の方が専用で使う車に対して夫の名義でカーローンを組んでしまうと名義貸しになってしまいます。名義貸しは詐欺罪に問われる可能性がありますので、あくまでファミリーカーとして利用する車についてのみ行うよう注意しましょう。

カーローン以外の方法を検討する

さまざまな対策をしてみてもカーローンを組めない場合、カーローン以外の方法で車を利用することを検討しましょう。月に1回程度の利用であればレンタカーやカーシェアでも代用が可能ですが、利用頻度が高い場合は最近流行している車のサブスクを選ぶことで、購入するよりも手軽にマイカー感覚で車を利用できます

車のサブスクは家計にも優しく、専業主婦でも利用しやすいといわれているので、購入にこだわらないのであれば一考の価値があるでしょう。

専業主婦でも車を持てる!ローンを組まずに新車に乗る方法とは  

専業主婦でも車を持てる!ローンを組まずに新車に乗る方法とは

「まとまったお金は用意できないけれど、今すぐ車が欲しい」という方には、専業主婦にも多く利用されている車のサブスクがおすすめです。車のサブスクとは、期間を決めて月額制で車を利用できるサービスのことで、一時的に車を借りるレンタカーやカーシェアと違って、マイカー感覚で自分だけの車にいつでも自由に乗ることができます。

また、カーローンよりも契約のハードルが低く利用しやすい点もメリットです。しくみを詳しく見ていきましょう。

審査が不安な専業主婦でも車のサブスクなら利用しやすい理由  

カーリースの残価2

一般的なカーローンでは車両本体価格の全額を借り入れるため、200万円の車なら、借入希望額200万円に対して審査が行われます。

一方、車のサブスクは、車両本体価格から契約終了時の車の想定下取り価格である「残価」をあらかじめ差し引くしくみとなっていることから、車両本体価格がカーローンよりも安くなります。例えば、車両本体価格200万円の車の残価を50万円と設定した場合、利用者が支払う車両本体価格は150万円となります。

そのため、車両本体価格全額で審査を行うカーローンよりも、審査対象となる車両本体価格を抑えられます。

さらに、車の所有者はサブスク会社ですので、車を担保にできる点でも審査のハードルが下がり、より利用しやすいしくみになっています。

多くの専業主婦に選ばれている車のサブスクの魅力

審査の通りやすさ以外にも、車のサブスクは専業主婦にとってうれしい魅力がたくさん詰まっています。

車のサブスクとは、利用したい期間だけ契約をして車を利用するサービスです。月額料金は、車両本体価格のほかに、自動車税(種別割)や自動車重量税、自賠責保険料や事務手数料などを含んだ総額を契約期間の月数で割ったものとなっています。諸費用が含まれていることで基本的には初期費用がかからず、頭金も不要な場合が多いので、乗り始めの負担を軽くすることができます。

また、メンテナンス費用を定額にできるプランなどを利用してメンテナンス費用や車検代を月額料金に含めれば、車を利用する上で必要になる維持費のほとんどを毎月の定額料金として支払うことができます。契約期間が終われば車を返却するだけなので、乗り換えの際に発生する売却や廃車のための手続きも不要です。

車のサブスクのメリット

・初期費用が不要なのでまとまった貯金がなくてもマイカー同様に車に乗れる
・税金、保険などの維持費も含めたフラットな支払いだから、家計のやりくりが楽
・カーローンよりも選べる契約年数の幅が広いから、予算に合った月額料金を設定しやすい
・契約期間を決めて乗れるから、無駄なく使えて乗換え時期の悩みもゼロ



車のサブスクの「おトクにマイカー 定額カルモくん」なら、自身が利用できるかどうかをネットですぐにチェックできます。専業主婦でも審査に通る可能性があるので、まずは、「お試し審査」で希望の月額料金や車種に近いものを選んで審査に通るか確かめてみましょう。車種やプランは審査通過後に選び直せます。


かんたん5分_お試し審査

※審査に通っても契約にはなりません


車のサブスクを利用している主婦の方の声

車のサブスクを利用している方は、どのようなメリットを感じているのでしょうか。特におすすめのサブスクサービスである定額カルモくんを実際に利用している主婦の方の声をご紹介します。

「生活も家計管理も楽になりました!」

Oさん  

Oさん(30代)東京都在住|スズキ「ハスラー」を9年契約


車のサブスクなら初期費用もかからないし、カーローンと違って車検や税金なども定額にできるからお金のやりくりが楽で、家計を預かる身としてはとても助かっています。これから子供の学費なども増えてくる中で、将来の出費を見通せるという意味でも安心ですね。

また、定額カルモくんは家事や育児で毎日バタバタする中でも簡単にオンラインで申し込めて、電話でもいろいろ相談できたのがありがたかったです。車を持てたことで子供の送り迎えもぐっと楽になったし、自分の時間も作れるようになりました。

実際に定額カルモくんを利用しているほかの方の口コミ 

主婦の方の利用も多い定額カルモくんには、ほかにもさまざまな声が寄せられています。その中からほかの主婦の方の口コミも見てみましょう。


Mさん

定額カルモくんのサイトは費用の内訳や、メンテナンスの内容などがすごくわかりやすかったです。また、セールスの方もとても親切で、車に詳しくない私にも理解するまで教えていただき信頼できました。毎月定額で車に乗れるので、とても便利だと思います。特にいろいろと物入りな子育て中のご家庭にはおすすめしたいです。 (東京都在住のMさん/ダイハツ「ムーヴキャンバス」ご契約)

Oさん

対応がとても速かったです。最初にメールで問い合わせをしてから、審査を受けて、車種を決めるところまでその日中に終わりました。維持費も含めてコミコミで、毎月同じ金額を払うだけでいいのは便利ですし、車があると娘を連れて移動するのもとても楽になり、生活的にもよかったです。 (東京都在住のOさん/スズキ「スペーシア」ご契約)

専業主婦も多数!申込者数が10万人を超えたおすすめの方法

三冠達成ロゴ

先程の口コミでご紹介した方々が利用している定額カルモくんは、オンラインから審査申込みやプラン選びができる、車のサブスクです。頭金、ボーナス払い、初期費用のいずれも不要で、業界最安水準の料金のもと、完全定額制で利用できます。

また、国産メーカーの全車種・全グレードの新車を取り扱っており、契約期間も1~11年のあいだから1年単位で選択できます。ほかにも、プランにより走行距離制限がなかったり、契約満了時にそのまま車をもらえたりするなど、充実したサービス内容で人気です。

定額カルモくんは、専門家が選ぶカーリースとして、「コストパフォーマンスが高い」と思うカーリースNo.1(1) 、「サポートが充実している」と思うカーリースNo.1(2) 、「納得価格」と思うカーリースNo.1(3) 、の3冠を獲得しています*¹。

このように、定額カルモくんには専業主婦にうれしいポイントが満載なことから、多くの方に選ばれています。

定額カルモくんが専業主婦に選ばれる理由

・業界最安水準の料金で利用できるため、審査のハードルが低く、専業主婦でも申し込みやすい
・すでに10万人以上が申し込んでおり、多くの方が利用しているサービスだから安心
・ネットで申し込めて自宅まで納車してくれるから、スキマ時間で楽々車が手に入る
・専業主婦の利用者も多く、主婦ならではの悩みに対するサポートも充実
・顧客対応満足度98.9%*²のサポート付きで、車選びから利用中のトラブル対応まで安心して任せられる
・柔軟なプラン設計が可能だから家計に合わせて車の費用を最適化できる

定額カルモくんについてもっと詳しく知りたい方は以下のバナーからチェックしてみましょう。

 

貯金ゼロでも_定額カルモくんについて詳しくみる

*¹ ■調査方法:インターネット調査 ■調査期間:2021年2月12日~15日 ■調査概要:カーリース10社を対象にしたイメージ調査 ■調査対象:男女、全国、18~69 歳、運転免許保有、(1)(2)週1回以上運転するファイナンシャルプランナー176s、(3)カーディーラー勤務者297s ■調査実施:株式会社ショッパーズアイ ■比較対象企業:「カーリース」Google 検索9社(2021年1月29日10 時時点)※広告、まとめサイトなどを除く
*² 2019年12月~2021年6月までの定額カルモくんご契約者様504名を対象としたアンケート

自分に合った方法で無理なく車に乗ろう

購入にこだわらず、車を無理なく利用するという考え方にシフトすることで、専業主婦でもマイカー同様の豊かなカーライフを手に入れることが可能です。カーローンであれこれ悩むよりも、維持費も丸ごと定額の車のサブスクを利用して気軽に車のある生活を楽しみましょう。

定額カルモくんには車検込みでも月額10,000円台で利用できるプランがあります。お試し審査後に車の選び方や家計に無理のないプランの組み方、審査対策なども相談できるので、まずは気軽にお試し審査をしてみて、審査に通るかどうか確認してみましょう。


審査が不安な方でも_お試し審査

※審査に通っても契約にはなりません


※この記事は2022年6月時点の情報で制作しています

よくある質問

Q1専業主婦でもカーローンを組める?

A:専業主婦でも、副業や不動産等の収入がある、信用情報がクリーンであるなど一定の基準を満たしていればカーローンを組める可能性はあります。しかし、会社員などに比べると無収入の専業主婦がカーローン審査に通るのはきびしいといわざるをえません。

Q2専業主婦がカーローン審査に通るための対策は?

A:信用情報をクリーンにしておく、頭金を用意するなどして借入額を減らす、収入の安定した連帯保証人を立てるなどの対策が有効です。また、カーローンの種類を見直す、車をより安価なグレードに下げる、配偶者名義のカーローンで購入した車を家族でシェアするといった方法も検討してみましょう。

Q3車のローン審査に落ちた専業主婦でも車に乗れる方法はある?

A:車のサブスクなら専業主婦でも利用できる可能性があります。車のサブスクとは期間を決めて月額制で車を利用できるサービスで、カーローンよりも審査のハードルが低い傾向があります。ほかにも、維持費を定額にできて家計管理が楽、アフターサポートが充実していて安心など多くのメリットがあります。

この記事の執筆者


伊藤 真二
監修者、編集者、ライター

伊藤 真二

ファイナンシャルプランナー。介護福祉士資格を所有していることから、老後の暮らしや節約・資産運用など、安心できる未来、無駄のない今を生きるためのご提案を多く行う。 また、ニュースメディア、採用メディア、自動車メディアなどのライター・編集者の経験から記事執筆・監修も広く行っている。

ローンを組まずに新車に乗る方法をみる

ローンを組まずに新車に乗る方法をみる