カーリースの仕組みが3分でわかる!月々定額でお得に新車に乗る方法とは

更新日:2022.08.31
カーリースの仕組みについて

これまで、長期間にわたって車を自由に使うためには、自分で車を購入するか、レンタカー会社などと長期契約を結んで借りるしかありませんでした。しかし近年、月々定額で車を借り、好きなように車を使えるカーリースというサービスの人気が高まっています。

一方で、なぜカーリースは手頃な月額料金で利用できるのか、マイカーからカーリースに乗り換えることで損をしたり、不便に感じたりすることはないのかといった疑問を持つ方も少なくありません。そこで、カーリースの仕組みやメリット・デメリットについてわかりやすく解説しましょう。


申込者数10万人以上_カーリースについて詳しくみる

【この記事のポイント】
✔カーリースとは、契約者の希望に合わせた車を月額制で貸し出す仕組み
✔カーリースの料金は車両本体価格から残価を差し引く仕組みだからお得
✔利用制限が気になるなら、車がもらえるカーリースがおすすめ

カーリースの仕組みとは

カーリースのしくみ

カーリースとは、「契約者の希望に合わせた車をリース会社が調達し、月額制で貸し出す」という仕組みのサービスです。定額制で商品やサービスを利用できるサブスクリプションと同様の利用形態なので、「車のサブスク」といわれることもあります。
カーリースは以下のような仕組みで利用できます。

・初めに乗りたい車種と利用期間を選んで契約する
・契約期間中は自分だけの車として、マイカー同様いつでも自由に乗ることができる
・支払いは毎月定額の利用料金のみ

これまでカーリースは法人向けのサービスとして、商用車や社用車に利用されることがほとんどでした。しかし、近年は個人向けカーリースを提供する企業が増え、契約期間や車種によっては月額10,000円台で新車に乗ることができるようになりました。このことから、個人が手軽に車に乗る方法として支持され、広く普及し始めているのです。


顧客対応満足度98.9%!人気のカーリースはこちら

料金の仕組みからわかるカーリースのメリット

料金の仕組みからわかるカーリースのメリット

一見、複雑で面倒そうに思えるカーリースですが、マイカー購入とレンタカーの両方の良さを兼ね備えたサービスといえます。カーリースの料金の仕組みについて詳しく見てみましょう。

残価設定により料金をディスカウント

月額料金の算出例

カーリースの最も大きな特徴は、残価設定による安い料金設定です。残価とは、契約満了時の車に残っている価値のことで、想定下取り価格を意味します。

例えば、車両本体価格150万円の車を購入する場合、支払う金額は150万円です。しかし残価設定を利用する場合は、契約満了時の下取り価格を差し引いた金額で契約を交わします。上の図のように、車両本体価格150万円、残価が60万円の場合、60万円を差し引いた90万円分の車両本体価格を契約月数で分割して支払うことになります。

そのため、まったく同じ新車を利用していても、カーリースで支払う車両本体価格は購入した場合よりも安くなるという仕組みなのです。

頭金や登録諸費用が不要

月額料金の内訳

カーリースの多くは頭金や登録諸費用がかかりません。車を購入する場合、現金一括払いはもちろん、ローンでも登録諸費用などでまとまったお金の用意が必要です。しかし、カーリースではそれらの費用を含めた総額を契約月数で割った月額料金を支払って利用する仕組みとなっているので、頭金をはじめとする初期費用を準備しなくても契約できるという大きなメリットがあります。

このように、明確な料金体系と頭金・初期費用0円という点が、利用する方の資金面での大きな後押しとなっています。車のような高額の契約で、支払う金額が予想できないのは不安につながりますが、あらかじめ月々の料金が明確なカーリースなら安心して契約に進めるのではないでしょうか。

車を借りるのは一時的というイメージを持っている方がいるかもしれませんが、新車リースの場合、借り戻しの繰り返しや誰かが乗った車を使うことは一切ありません。また、契約期間中は自分だけの車として利用できます。
長期間の契約も可能なので、レンタカーやカーシェアのようにその都度、予約や面倒な手続きをしなくてもいいというメリットもあります。

以前は購入するのが一般的であった車は、借りて利用するという新しい使い方が選べるようになりました。カーリースはそのようなニーズと合致した画期的なサービスなのです。

維持費も月額料金にコミコミ!

費用イメージ

多くのカーリースでは、月額料金に初期費用だけでなく、車を維持していく上で必要な自動車税(種別割)や自賠責保険料、車検時の法定費用までもが含まれています。さらに、車検やメンテナンスにかかる費用を定額化できるカーリースもあります。

維持費の大半を定額化できれば、税金や車検といったまとまった出費のために貯金をしておく必要もなく、不定期なメンテナンス費のやりくりに慌てることもありません。家計管理が楽になるので、車を持つことによるお金や時間の負担を軽減できます。つい後回しにしてしまうオイル交換のような定期メンテナンスも、定額なら家計を気にせず必要なタイミングで行えるので、車を良好な状態に保つことができ、安心にもつながります。



度重なる車の維持費の支払いで悩んでいませんか?
業界最安水準の「おトクにマイカー 定額カルモくん」は、税金、車検もコミコミで月額10,000円台から車に乗れるので、お金のやりくりを気にせず気軽に車を楽しめると大人気です。気になる方は、まず下の「お試し審査」で定額カルモくんを利用できるか簡単にチェックしてみましょう。


申込者数10万人以上_お試し審査してみる


カーリースのデメリットとは

金銭面での豊富なメリットを享受できるカーリースですが、マイカーを所有する際とは異なるデメリットも存在します。正しく理解して対策を講じましょう。

原則、中途解約ができない

原則、中途解約ができない

カーリースは原則、中途解約が認められていません。10年契約で利用を開始し、3年で解約するなどといった利用は基本的にできないため、必要に合わせた契約期間を選ぶことが大切です。契約期間を1年単位で設定できるなど柔軟な契約ができるリース会社を利用しましょう。

なお、事故で廃車になるなどやむをえない理由で解約に至ったとしても、違約金や残金の一括払いなどまとまった支払いを求められるケースがほとんどです。購入した場合と同様に、自動車保険(任意保険)に加入するなど支払いをカバーできる対策を行いましょう。

使い方に制約がある

使い方に制約がある


カーリースは車の返却を前提としており、契約時に設定した車の残価を担保するために、契約期間中の走行距離に上限がある、元に戻せないようなカスタマイズは禁止など、車の使い方に制約があります。走行距離制限はカーリースのプランによって異なるため、決められた範囲内で利用できるか自身の走行距離を見積もっておきましょう。

このほか、返却時の車に大きな損傷がある場合は原状回復費用を求められることもあります。ただし、最後に車をもらえるカーリースなら返却の必要がないので、これらの制約を気にせずマイカー同様に車を利用できます

契約方式により残価精算がある

契約方式により残価精算がある

「オープンエンド方式」と呼ばれる契約方式のカーリースでは、返却時に市場価格を基に車を査定し、契約時の設定残価との差額を精算する「残価精算」を行います。しかし、中にはあえて契約時に残価を高く設定して月額料金を抑え、高額な残価精算を求めるカーリースも存在するため注意が必要です。

その点、残価精算不要の「クローズドエンド方式」であればこのような高額請求のリスクがなく、最後まで安心して利用できます。



「走行距離制限を気にせずドライブしたい」「カスタマイズしたかっこいい車に乗りたい」「追加の支払いなく安心して利用したい」、そのような方におすすめのカーリースがあります。

最後に車がもらえる定額カルモくんなら、車を返却する必要がないので使用制限や契約満了時の精算は一切なし。月額制で最後にはマイカーを手に入れられるとたいへん人気で、サービス開始から4年で申込者数は10万人以上の実績です。詳しくは以下のバナーをチェックしてみましょう。


充実のサービスで申込者数10万人超え_車がもらえるカーリース


カーリースの仕組みはカーローンとどう違う?

カーローンとカーリース

カーローン カーリース
所有者 銀行系マイカーローン:契約者
そのほかのカーローン:販売店・信販会社など
リース会社
使用者 契約者 契約者
初期費用 頭金、税金、登録諸費用など なし
月々の費用 車両本体価格÷返済回数
※頭金を払わない場合
(車両本体価格-残価+諸費用)÷支払回数
維持費 税金や保険料、メンテナンス費用など
すべて自己負担
定額にできる
走行距離
カスタマイズ
基本的に制限がない 基本的に制限がある


カーリースとカーローンの仕組みを比較してみましょう。上の表のように、カーリースは残価を差し引いた車両本体価格、かつ維持費込みの定額料金で、支払いの負担を抑えやすい点が魅力です。ただし、車には利用制限があり、支払いが終わっても車を自身の資産にはできません。所有に縛られず、気軽にマイカーに乗りたいという方におすすめです。

一方で、カーリースの中には利用制限なしで最終的に車がもらえるサービスもあります。そういったカーリースを選べば、料金面のメリットを享受しつつ車を資産にすることも可能です。

なお、カーリースは残価設定ローンと比較されることがよくあります。この2つは残価設定や車の利用制限があるという点ではよく似た仕組みですが、カーリースの場合は維持費も定額にでき、金利がかからないというアドバンテージがあります。


ローンよりも手軽!人気のカーリースはこちら


カーリースの仕組みはカーシェアリングやレンタカーとどう違う?

カーシェア・レンタカーとの違い

カーシェアリングやレンタカーと比較すると、カーリースはよりマイカーに近い仕組みといえます。

カーシェアリングやレンタカーは、基本的に必要なときだけ時間単位で車を借りる仕組みで、利用する度に料金がかかります。また、車は「わ」や「れ」ナンバーで用意されているほか、多人数でシェアするため、レンタカー会社やカーシェアリングのステーションにある限られた車種の中からしか選ぶことができません。

これに対し、カーリースは基本的に年単位の契約で、契約者専有の車としてマイカー同様に車種を選べ、好きなときに使うことができます。料金は利用頻度にかかわらず月額制なので、買い物や子供の習い事の送迎などちょっとしたときにも利用しやすいでしょう。長期的によりお得に乗りたい方、自由度が高い利用を求める方におすすめです。



マイカー感覚で車に乗りたいけれど、毎月の支払いは気になるもの。それならまずは「お試し審査」で無理なく乗れる車種を確かめてみましょう。定額カルモくんのお試し審査なら、簡単な質問に答えるだけで今の自分にぴったりの車種やプランを提案してもらえます。お試し審査をしても契約にはならないので、気軽に試してみましょう。


車種やプランは後から選べる_お試し審査をしてみる


カーリースの仕組みがマッチするのはこんな方

カーリースの仕組みがマッチするのはこんな方

さまざまな利点を持っているカーリースは、多様な生活スタイルや需要にマッチしやすいサービスといえます。では、どのように車を利用する方が向いているのでしょうか?その代表例を3つ紹介します。

わかりやすい料金体系で車に乗りたい方

カーリースは乗り始めの初期費用がかからないだけでなく、月々定額であるのが一般的です。

車を購入する場合は、自分で支払わなくてはいけない税金や車検費用なども考えなければなりません。その点、カーリースは日常の生活で意識するのは定額料金だけでいいので、支出の管理がとても簡単です。細かな支出を把握するのが苦手な方や、日頃から忙しくて出費をひとつにまとめたい方にはぴったりといえるでしょう。

自分だけが利用する車が欲しい方

カーリースでは、契約者専用の新車が用意されます。1台の車をほかの方と共有することも、その都度返却する必要もありません。マイカー同様に利用でき、自分の好きな場所で保管することが可能です。

マイカーの購入は難しいけれど、自分の車のように利用したいという方の希望に沿ったサービスとなっています。

車を改造しない方

カーリースでは基本的にカスタマイズは不可となっているため、車を自分好みにカスタマイズしたい方には向いていません。とはいえ、カーナビやETCなどの設置、アルミホイールへの履き替えなど、原状回復が可能なカスタマイズは自由に行えます

そのような仕組みから、大きな改造を加えない方であれば、カーリースで満足度の高いカーライフを送れるでしょう。なお、カーリースで選べる車種は思った以上に幅広いので、自分の好きな車を選択する楽しみは十分にあります。軽自動車やコンパクトカー、セダン、SUVなど街中でよく見かける車種であれば、ラインナップされていることがほとんどです。


カスタマイズ可能!車をもらえるカーリースはこちら

カーリースの仕組みにマッチしないのはこんな方 

カーリースの仕組みにマッチしないのはこんな方

一方で、カーリースのサービスにマッチしないのは、次のような方です。当てはまる場合には、契約前にしっかり検討しましょう。

数日〜数ヵ月など短期的な利用がしたい方

カーリースは一般的に、3~7年ほどの期間で契約する方が多い傾向があります。短期の利用者が少ないのは、契約期間が短いほど、月額料金が高額になってしまうためと考えられます。

カーリースは総額を契約期間で割って月額料金を算出しているため、長期契約をすることで月々の支払額を抑えられる仕組みになっています。短期間、安く利用したい場合は中古車リースを選択するのもひとつの方法ですが、車種やプランが限定されてしまう可能性があります


1~11年のあいだで契約年数を決められるカーリースはこちら


車を自由にカスタマイズしたい方

カーリースで契約した車の所有権はリース会社にあります。マイカーのように利用できるといっても、契約が終われば返却する必要があるため、元に戻せないカスタマイズは原則認められていません。もし、自分好みのカスタマイズをしたい場合は、マイカー購入を検討したほうがいいでしょう。

ただし、契約満了時に車をもらえるカーリースを利用すれば、返却しなくてよくなるためカスタマイズも楽しめます。車の改造やドレスアップを検討している方は、そういったカーリースを選ぶといいでしょう。


カスタマイズ可能!車をもらえるカーリースはこちら


日常的に長距離運転をする方

カーリースには走行距離制限が設けられていることが多いため、普段から走行距離が長めの方は注意しましょう。車体部品は長距離を走るほど消耗していくものです。そのため、車の走行距離は残価に大きく影響する要因となっています。

距離数の上限はリース会社によって異なりますが、走行距離制限を超えてしまうと追加費用が発生する可能性があるため、日常的に長距離運転をする方にはネックになる可能性があるでしょう。

しかし中には、プランにより走行距離制限のないリース会社もあります。通勤などで毎日車を使いたい方や、長距離のドライブや旅行を思いきり楽しみたい方は、リース会社を比較する際に走行距離制限の有無や上限もチェックしておきましょう。


走行距離制限なし!人気のカーリースについて詳しくはこちら

お得な仕組みを最大限享受できる!業界最安水準のカーリースとは

新車が月1万円ちょっと

定額で車に乗れる気軽さとマイカーのような自由度、どちらもあきらめたくないという方におすすめのカーリースが定額カルモくんです。定額カルモくんは業界最安水準の料金と幅広い方にマッチする独自のプランで、サービス開始から4年で申込者数10万人を突破しています。多くのユーザーから支持されるそのお得な仕組みをご紹介します。

専門家も認めるコスパの良さ!月々11,220円から新車に乗れる

3冠獲得

定額カルモくんでは、頭金やボーナス払いの併用なしで月々11,220円からのお得な料金で新車に乗れます。また、専門家が選ぶカーリースにおいて3冠を獲得*。「コストパフォーマンスが高いと思うカーリース」(1)「サポートが充実していると思うカーリース」(2)の2つの部門では、ファイナンシャルプランナーからの最高評価を獲得していることから、目先の料金だけでなく先々の家計を見据えた上でも安心して利用できるカーリースといえるでしょう。

業界最安水準のプランはもちろん、車検やメンテナンス、返却時の原状回復費用といった車に関する出費をまとめてカバーできる賢いプランも人気です。


気になる車の月額料金がすぐわかる_シミュレーションをする


*■調査方法:インターネット調査 ■調査期間:2021年2月12日~15日 ■調査概要:カーリース10社を対象にしたイメージ調査 ■調査対象:男女、全国、18~69 歳、運転免許保有、(1)(2)週1回以上運転するファイナンシャルプランナー176s、(3)カーディーラー勤務者297s ■調査実施:株式会社ショッパーズアイ ■比較対象企業:「カーリース」Google 検索9社(2021年1月29日10 時時点)※広告、まとめサイトなどを除く

走行距離制限なし&最後に車をもらえる仕組みで顧客対応満足度98.9%*!

顧客対応満足度

従来のカーリースは車の利用制限があることから敬遠されることもありました。しかし、定額カルモくんでは7年以上の契約なら全車で走行距離が無制限なので、ロングドライブにも気軽に出掛けられます。さらに、7年以上の契約で月額500円の追加で最後に車をもらえるオプションをつければカスタマイズなどの利用制限もなし、カーリースであることを意識することなく、マイカー同様に車を楽しめます

このような充実したサービス内容に加えて、相談窓口での専門知識豊富なマイカーコンシェルジュの丁寧な対応により、定額カルモくんの顧客対応満足度は98.9%*。マイカーコンシェルジュには、契約前から無料でカーリースや車に関する相談ができます。不安や疑問があったら、まずは気軽に問い合わせてみましょう。


LINEで無料相談する


フリーダイヤル


メール


*2019年12月~2021年6月までの定額カルモくんご契約者様504名を対象としたアンケート

「仕組みがわかりやすく対応もよかった!」という口コミ

口コミバナー_カルモくん

先述のとおり、定額カルモくんは専門家からも利用者からも高い評価を得ています。実際に利用している方はどのような感想を持っているのでしょうか。3人の方の体験談をご紹介しましょう。


Mさん

複数社の見積もりを取った中で、定額カルモくんの担当者さんが一番親身にサポートしてくれました。事情があって車検までにどうしても車が欲しかったんですけど、定額カルモくんはレスポンスが早くて話をスムーズに進められたし、最終的には1ヵ月かからず納車してくれたんです。
実際に利用してみて、実質自分の車っていう定額カルモくんの仕組みはメリットが大きいなと感じています。

Kさん

車というものにあまり詳しくなかったので、車検のこととか維持費のこととか、どう管理していけばいいんだろうと、抵抗感というかハードルが高かったので、定額カルモくんのサービスや仕組みはわかりやすいと感じました。初めて車を持ったのですが、管理の仕方がまったくわからなかったからこそ、定額カルモくんでリーズナブルに維持費まで支払えていて安心しています。

Tさん

ネットでは対応が悪いところが多いですが、定額カルモくんは担当者が丁寧でわかりやすく教えてくださり、不安な要素もなかったです。トヨタのライズを選んで、中も広く見た目もかっこよくて満足しています。


仕組みがわかりやすいと評判の定額カルモくんを利用できるか、簡単にチェックしてみませんか。
車種や予算が決まっていなくても、仮の車種でまずは申し込んでみて、後で車種やプランは変更でき、キャンセルも可能です。結果を基にどういった車種に乗れるのかもわかるので、下の「お試し審査」で気軽に確かめてみましょう。


車種やプランは後から選べる_お試し審査をしてみる

カーリースの仕組みは合理的!用途に合わせて利用しよう

カーリースの仕組みは合理的!用途に合わせて利用しよう

カーリースは、残価を差し引いた安価な料金設定や、頭金などの初期費用が不要な手軽さが魅力のサービスです。これまで車は「買うもの」でしたが、今後、車は「借りても良い!」という認識が広がるでしょう。

定額カルモくんは、カーリースの良さを存分に活かしながら、ほかのカーリースの弱点をカバーしている点が特徴です。専門家が認めるコスパの良さでサービス開始から4年で10万人以上の申込み実績があります。まずは気になる車種を利用できるか、下のバナーからぜひ確認してみましょう。


申込者数10万人以上_お試し審査してみる


※この記事は2022年8月時点の情報で制作しています

よくある質問

Q1カーリースの仕組みとは?

A:リース会社が保有する車を、月々定額を支払うことで一定期間利用できる仕組みです。カーシェアリングなどとは異なり、契約期間中は自分だけの車として好きなときに利用できるのが特徴です。お得な料金の仕組みについて詳しくはこちらで解説しています。

Q2カーリースの仕組みに向いているのはどんな方?

A:月々定額で車を利用したい方や、車の必要性を感じているけれど購入は無理という方、好きなときに使える占有の車が欲しい方、車に対するこだわりはあまりない方などが向いているといえるでしょう。

Q3仕組みがわかりやすいおすすめカーリースは?

A:定額カルモくんがおすすめです。定額カルモくんは頭金やボーナス払いなしのわかりやすい料金体系で業界最安水準、さらに7年以上の契約なら全車、走行距離無制限で利用できます。また、専門知識豊富なマイカーコンシェルジュによる相談窓口も設けられており、カーリースの仕組みや料金の不安を解消できます。

この記事の執筆者


伊藤 真二
監修者、編集者、ライター

伊藤 真二

ファイナンシャルプランナー。介護福祉士資格を所有していることから、老後の暮らしや節約・資産運用など、安心できる未来、無駄のない今を生きるためのご提案を多く行う。 また、ニュースメディア、採用メディア、自動車メディアなどのライター・編集者の経験から記事執筆・監修も広く行っている。

10万人突破_人気のカーリースをみる

10万人突破_人気のカーリースをみる