審査が甘いマイカーローンはどこ? 見られるポイントや注意点をFPが解説

更新日:2022.11.30
審査が甘いマイカーローンについて

車の購入を検討する際、審査の甘いマイカーローンはないものかと考える方は少なくありません。また、どうすれば審査に通るのかというのも、気になるところでしょう。

そこで、マイカーローンの審査で見られるポイントや審査が甘いといわれるマイカーローンの特徴、審査に落ちた場合の対処法などについて、ファイナンシャルプランナーの伊藤真二さんの解説と併せてご紹介します。


ファイナンシャルプランナー・伊藤真二

ファイナンシャルプランナーの伊藤真二です。マイカーローンはさまざまな銀行が取り扱っていますが、いくつかの項目をチェックすることで、どのマイカーローンの審査が甘いのか、ある程度見立てをつけることは可能です。 マイカーローンの基礎知識と併せて、審査に通るために知っておきたいポイントを解説します。


カーローン審査に落ちた私でも新車に乗れる


 【この記事のポイント】
✔審査が甘いといわれるマイカーローンは年齢制限や申込条件などに特徴がある
✔マイカーローンの審査では年収や職種、過去の信用情報などがチェックされる
✔審査が不安な方は、審査に通りやすいといわれているサービスを利用しよう


審査に通りやすいと申込者が増えているサービスはこちら

マイカーローンの審査で見られるポイント

マイカーローンの審査で見られるポイント

審査が甘いマイカーローンの特徴を理解するには、まず審査でどのようなポイントが重視されるのかを知っておく必要があります。審査で見られるポイントには、おもに年収、職業、勤続年数、過去の信用情報、現在の借入額の5つがあるので、それぞれについて詳しく見ていきましょう。

年収

マイカーローンの審査は、毎月滞りなく返済できる能力があるかどうかを確認することが目的なので、年収は必ずチェックされます。ローンを組むための最低年収が法律などで決められているわけではありませんが、実際は多くの銀行で最低年収の基準があり、150~200万円程度が最低ラインともいわれています

とはいえ、最低年収を超えていれば審査に通るという単純なものではなく、仮に年収が200万円以上あったとしても年収に対する年間の返済額の割合が大きすぎると滞納のリスクが高いと判断され、審査に落ちてしまう可能性もあるでしょう。

なお、パートやアルバイトの方など十分な年収がない場合は、借入可能額は10万円以上100万円以内などと制限がつく場合もあります。

職業

職業もマイカーローンの審査において見られるポイントのひとつです。特に安定的に収入を得ているかどうかが重視されます。そのため、正社員や公務員など、安定性のある職業であれば審査の際に有利になる可能性が高いでしょう。

一方、フリーターや自営業者などは審査の際に不利になってしまいがちです。銀行によっては、パートやアルバイト、年金で生活している方は申し込み不可としている場合もあります。

ただし、あくまでもこれは目安であり、フリーターや自営業者だから審査に通ることはできないというわけではありません。毎月の返済をしっかり行える能力があると判断されれば、審査に通る可能性は十分にあります。

勤続年数

マイカーローンの審査では職業と併せて、勤続年数もチェックされます。ローンは複数年にわたって返済を行うのが一般的なので、安定した収入を継続的に得ている方のほうが、貸し手にとっては安心できるからです。

審査通過の目安は勤続1年以上といわれており、3年以上ならさらに高い評価が得られる可能性があるでしょう。実際にローンの申込条件欄に、「勤続(営業)年数1年以上」と明記している会社もあります。

過去の信用情報

カーローンの審査では、過去の信用情報もチェックされます。過去に自己破産を行った経験があったり、滞納履歴などがあったりすると審査で不利になる可能性が高いでしょう。

自己破産履歴などがあると信用情報機関にその記録が保存され、このように履歴が残ってしまうことを「ブラックリスト」に掲載されると呼ぶこともあります。

このような信用情報についてはCICやJBA、JICCなどの信用情報機関が取り扱っているので、心配であれば情報開示請求を行ってみるのもひとつの方法です。

なお、信用情報の保存期間は5~10年程度といわれています。過去に自己破産や支払いの遅延などがある場合、ある程度期間を置いてから再度審査に申し込んでみるのもいいでしょう。

現在の借入額

マイカーローンの審査では、他社での借入れ状況も確認されます。そのため、すでに多くの借入れをしている場合は、審査に通るのは難しいでしょう。

このような場合、借入希望額を減らすことで審査に通りやすくなることがあります。また、頭金を用意することで審査のハードルを下げられる場合もあるようです。審査に通るか不安な方は、こうした対策も検討しておくようにしましょう。



ファイナンシャルプランナー・伊藤真二

マイカーローンの審査では、どこの銀行でも基本的に同じような項目がチェックされると考えておきましょう。ただし、申込条件は各銀行によってさまざまです。当然、この申込条件を満たせない方は審査に通過することはできませんが、逆にいうと申込条件とされている基準を大きく上回るような方は審査通過の可能性が高いといえます。



月々の定額料金だけで新車に乗れるカーリースは、マイカーローンよりも審査のハードルが低めといわれています。

実際、カーリースの定額カルモくんでも、ローン審査に落ちた方が希望どおりの新車に乗ることができているため、マイカーローン以外の選択肢も探りたい方は、下のバナーより無料の「お試し審査」を受けてみてはいかがでしょうか。


とりあえず審査に通るか試してみる

※審査に通っても契約にはなりません


審査の甘いマイカーローンの特徴は?

審査の甘いマイカーローンの特徴は?

マイカーローンの審査基準を公表している銀行はないため、どこの審査が甘いかどうかはわかりません。ただ、申込条件や金利設定から、審査の通りやすさを推測することは可能です。ここでは、その具体例をいくつか見ていきましょう。

年収制限がないマイカーローン

一般的に審査に通りやすいといわれているのが、年収制限のないマイカーローンです。ローンの種類によってはきびしい年収制限が設けられていることがあります。そうした制限がある場合、そもそも条件をクリアできる年収でなければ申し込むことができません。

また、条件を満たしていたとしても制限をギリギリでクリアできるような年収の場合は、ほかの審査条件を十分満たしているかチェックされ、信用性が不十分だと判断されると審査に落ちてしまう可能性もあるでしょう。

そのため、審査に通る可能性を少しでも高めるためには、年収制限がないマイカーローンを選ぶのがおすすめといえます。

申込条件が広いマイカーローン

申込条件が広いマイカーローンも審査に通りやすいといわれることがあります。カーローンの種類によっては一定の条件が設けられていることがあり、例えば年齢や職種によっては審査を行ってもらえないこともあります

そのため、こうした条件についてなるべく広く設定されているマイカーローンを選択するのが良いでしょう。事前にどのような条件になっているかよく確認した上で検討することが大切です。

金利が高めのマイカーローン

マイカーローンの審査では、金利の高さも結果に影響する可能性があります。マイカーローンの金利とは、借りている金額に上乗せして支払う利息の割合のことです。

金利については比較的高めに設定されているほうが審査に通りやすいといわれることがあります。そのため、審査面だけを見れば金利が高いマイカーローンを選んだほうが有利かもしれません。

ただし、金利が高いと結果的に支払う金額も高くなってしまいます。予算と照らし合わせた上で、利用するかどうか慎重に検討しましょう。


ファイナンシャルプランナー・伊藤真二

マイカーローンの審査通過がきびしそうな場合は、保証人を立てることで審査難度を下げられる場合があります。これは契約者本人が途中で返済が難しくなった場合でも、別ルートから融資したお金を回収できるためです。ただし、保証人にも安定した収入や勤続年数などが求められます。

マイカーローンの審査の甘さに影響する金利の種類

マイカーローンの審査の甘さに影響する金利の種類

マイカーローンだけでなく、一般的にローン審査は金利が低いほどきびしくなるといわれています。これは、もし融資したお金が返ってこなかった場合、金利が低いほど貸し手側の不利益が大きくなるためです。

このように審査にも影響を与えているといわれているマイカーローンの金利には、変動金利と固定金利の2種類があるため、事前にその特徴を押さえておくことが大切です。ここでは、それぞれの特徴を見ていきましょう。

変動金利

変動金利とは、景気動向の変動とともにローンの返済利率も変化していく金利のことです。利率は基本的に半年に1回見直しが行われ、景気動向によっては固定金利よりも支払いが少なくなる可能性があります。一方で、利率が高くなった場合は支払額も大きくなってしまうリスクも併せ持っているのが特徴です。

なお、返済期間が短期である場合は、景気動向の予測も行いやすいことから、変動金利を選択する方も増える傾向があります。

固定金利

固定金利とは、マイカーローンの契約時から返済を完了するまで利率に変化がない金利のことです。景気動向の変動に影響を受けないため、毎月の返済額が一定になる点がメリットといえます。

しかし、その反面で金利が下がった場合にも影響を受けず、低金利状態が続いた際には結果的に変動金利のほうがお得になる可能性もあるため、注意が必要です。


ファイナンシャルプランナー・伊藤真二

マイカーローンの審査に申し込む上で、金利の種類や利率は要チェック項目ですが、マイカーローンは借換えといった選択肢もあることを覚えておきましょう。契約したマイカーローンの金利が高いと感じた場合は、途中でほかのマイカーローンに借り換えることが可能です。ただし、その場合には再度審査を受ける必要があります。


金利なしの分割払いで希望どおりの新車に乗れる方法はこちら

審査の甘いマイカーローン、結局、どこがおすすめ?

審査の甘いマイカーローン、結局、どこがおすすめ?

マイカーローンの審査基準は公表されていないので、どの銀行の審査が甘いのかはっきりしたことはいえませんが、審査の甘いマイカーローンの特徴としては、「金利が高め」「申込条件が広い」という2つの要素が挙げられます。

ここでは、こうした要素をできるだけ満たしたマイカーローンを、メガバンク、地方銀行、ネットバンク(そのほかのローンも含む)からそれぞれ3つご紹介します。ただし「金利が高め」とはいっても、返済負担を考えてその中でも比較的低金利のところをチョイスしています。
また、実際に審査が甘いわけではなく、条件から審査のハードルが低めと思われる金融機関であることも念頭に置いておきましょう。

メガバンクのマイカーローン

A銀行 B銀行 C銀行
金利 年1.5~2.45%* 年4.475% 年1.9~4.475%
金利タイプ 変動金利 変動金利 変動金利
年齢制限 申込み時に満18歳以上の方で、完済時に満70歳の誕生日まで 申込み時に満20歳以上満65歳以下の方 申込み時に満20歳以上満66歳未満で、
最終返済時に満70歳未満の方
申込条件 ・前年度の税込み年収(事業所得の方は申告所得)が200万円以上の方
(年金収入のみは不可)

・勤続(営業)年数が1年以上の方

・前年度の税込み年収(個人事業主の方は所得金額)が200万円以上の方
(年金収入のみは不可)

・現在安定した収入がある方

・継続安定した収入がある方
(パート・アルバイトも可だが、専業主婦・学生は不可)

※表中の記載は、各銀行の公式サイトに記載のある内容となります
*据え置きタイプの場合は金利が異なります

年齢制限については、B銀行は申込み時の年齢のみ、ほかの2行は完済時の年齢にも条件が設けられていますが、ローンの借入年数は5年が比較的多いことを考えると、それほど大きな違いはないといえそうです。

A行とB行はともに年収に200万円以上の条件があり、A行は勤続年数にも1年以上の条件があります。C行は継続安定した収入があればパート・アルバイトでも申込み可能と記載があるので、当てはまる方にはおすすめといえるでしょう。

地方銀行のマイカーローン

A銀行 B銀行 C銀行
金利 年3.3~5.3%* 年1.9~3.8%* 年1.7~3.1%*
金利タイプ 変動金利 変動金利 変動金利
年齢制限 申込み時に満18歳以上満70歳未満の方 申込み時に満20歳以上満65歳以下の方 申込み時に満20歳以上で、完済時に満70歳以下の方
申込条件 ・収入がある方(パート・アルバイト・年金受給者も可)

・入社前で内定が出ている方

・継続安定した収入のある方
(パート・アルバイト・学生も可。専業主婦・主夫は不可)
・継続安定した収入のある方
(パート・アルバイト・年金収入でも可。新卒者は不可)

※表中の記載は、各銀行の公式サイトに記載のある内容となります
*いずれも通常金利となります(各行とも条件を満たした場合の優遇金利、キャンペーン金利あり)

年齢制限に関してはメガバンクと大きな違いはありませんが、申込条件に関しては地方銀行のほうが寛容なところが多いといえそうです。

3行ともパート・アルバイトでも申込み可能という記載がある上、A行とC行では年金収入でも申込みが可能となっています。C行で新卒者が申込み不可なのは、現時点で継続安定した収入がないためと思われますが、A行では入社前でも内定が出ていれば申し込めるので、新社会人になることを機に車を入手しようと考えている方は利用しやすいでしょう。

ネットバンクのマイカーローンやそのほかのローン

A銀行 B銀行 C銀行
金利 年2.775~3.975%*1 年1.90~3.95%*2 年1.9~14.5%
金利タイプ 変動金利 固定金利 変動金利
年齢制限 申込み時に満20歳以上で、完済時に満70歳未満の方 申込み時に満18歳以上で、最終返済時に満70歳以下の方 申込み時に満20歳以上満62歳以下の方
(パート・アルバイト、専業主婦は60歳以下)
申込条件 ・毎月安定した定期収入がある方
(昨年または今年に転職したばかりでも申込み可)
・前年の税込年収が200万円以上の方

・継続安定した収入のある方

・お勤めで毎月安定した定期収入のある方、または専業主婦の方
(パート・アルバイトでも可。
パート・アルバイトとして勤務していれば学生でも可)

※表中の記載は、各銀行の公式サイトに記載のある内容となります
*1 基準金利を記載。条件を満たした場合、金利の引下げがあります
*2 通常ローンの金利を記載。環境配慮車を購入した場合は金利が異なります
*3 資金用途自由なカードローンとなります

年齢制限に関しては、メガバンク、地方銀行と大きな違いはありません。申込条件については、ネットバンクのA銀行は、安定収入があれば昨年または今年に転職したばかりでも申込みが可能という記載、B社は年収に条件の記載があります。

ネットバンクのC銀行はマイカーローンとして使用可能なカードローンになりますが、パート・アルバイトに加えて、定期収入がなくても申込みが可能となっています。


ファイナンシャルプランナー・伊藤真二

マイカーローンの金利は、必ずしも最低金利が適用されるとは限らないため、最高金利が適用された場合でも問題なく返済できるかどうかを事前にシミュレーションした上で、申し込むようにしましょう。 また、マイカーローンとしても使用可能なカードローンになると一気に金利が跳ね上がります。こちらは最終手段として考えることをおすすめします。

マイカーローンの審査の流れは?

マイカーローンの審査の流れは?

マイカーローンの審査を受ける際の流れを事前に把握しておくことで、手続きをスムーズに進めることができます。ここでは、マイカーローンの審査の流れについて見ていきましょう。

1. 申し込む

まずはマイカーローンの申込み手続きを行いましょう。申込みは銀行によって規定の用紙が用意されている場合もありますが、インターネット上から行えるケースも多くあります。個人情報などを記入して申請を行いましょう。

2. 審査を受ける

申請した内容をもとに、審査が行われます。審査は上述したように年収や信用情報など、さまざまな内容をもとに行われ、銀行にもよりますが1日〜1週間ほどかかることが多い傾向です。

3. 審査結果の通知

審査結果は郵送やメールで通知されます。審査に通っていた場合は問題ありませんが、もし落ちてしまった場合には信用度を高めたり、総合的な借入額を減らしたりするなどの対策を行う必要があります。

4. 融資を受ける

無事審査に通過したら、正式に融資を受けます。銀行によって異なりますが、直接販売店へ入金されるケースもあるため、どのような形で振り込まれるのか事前に確認しておきましょう。

5. 返済開始

融資を受けたら返済が始まります。毎月の返済期日をしっかりと守って滞納することのないよう、きちんと返済していきましょう。返済については途中で一括返済ができるマイカーローンもあるので、必要に応じて利用するといいでしょう。


ファイナンシャルプランナー・伊藤真二

マイカーローンに申し込む際は、簡易的に審査を受けられる「仮審査」を先に受けてみてもいいでしょう。本審査と違って申込履歴が残らないとされている点が仮審査のメリットです。まずは審査に通りそうかどうか確かめたいといった場合に活用してみましょう。


融資を受けられなくても車をあきらめる必要はありません。おすすめの方法はこちら

審査が甘いかどうかの確認と同時にしておきたい審査対策

審査が甘いかどうかの確認と同時にしておきたい審査対策

マイカーローンの審査が甘いかどうかについて確認することも大切ですが、それと同時に審査対策も行っておくようにしましょう。ここでは、マイカーローンの審査に通るためにしておきたい対策についてご紹介します。

事前に仮審査を受ける

ローンに通るかどうか不安な方は、事前に仮審査を受ける方法もあります。仮審査とは、本審査の前に行われる簡易的な審査のことです。この仮審査では、申込者の年収や勤続年数など最低限の情報を参考にして融資の可否が判断されます

仮審査は必須ではないものの、本審査に通るか簡単に確認したいときなどに活用するといいでしょう。ただし、仮審査に通ったとしても、必ず本審査に通るわけではないということも念頭に置いておく必要があります。

ほかのローン残債を減らす

マイカーローンの審査では、ほかのローン残債と借入希望額の合計額もチェックされます。その際、現状の収入と照らし合わせて借入額が多すぎると判断されてしまうと、審査に落ちる可能性が高くなるでしょう。

そのため、ほかのローンが残っている場合は事前にローン残債を減らしておくのがおすすめです。ただし、判断は銀行によって異なるため、すでにローンがある場合は必ず審査に落ちるというわけではありません。

頭金を用意する

マイカーローンの審査に通りやすくするためには、頭金を用意しておくことも有効です。審査では利用者の返済能力がチェックされますが、頭金が用意できれば一定の経済力を証明できます。その結果、ローンを組みやすくなることもあるでしょう。

また、借入額を減らすことにもつながり、利息総額を抑えられるメリットもあります。

利用していないキャッシングカードを解約する

審査を受ける前に利用していないキャッシングカードは解約しておきましょう。マイカーローンの審査では、キャッシングカードの借入状況もチェックされる可能性があります。申込み時に複数のカード会社を利用していることがわかると、悪い印象を与えてしまいかねません

たとえ借入れを行っていなくても、利用していないキャッシングカードについては事前に解約しておくのが望ましいでしょう。


ファイナンシャルプランナー・伊藤真二

マイカーローンの審査では、給与明細書や源泉徴収票、所得証明書、確定申告書の控え、住民税課税決定通知書などの提出を求められるケースも多くあります。このような書類があることで信用性もアップするため、提出が必須ではない場合も可能な限り準備しておくようにしましょう。

マイカーローンの審査に落ちてしまう理由と対処法

マイカーローンの審査に落ちてしまう理由と対処法

マイカーローンの審査は、事前に審査対策を行っていたとしても落ちてしまうことがあります。そのような場合は、どのように対応すればいいのか、ここではマイカーローンの審査に落ちてしまった際に考えられる理由と対処法について解説します。

信用情報に傷がある

信用情報に傷がある場合は、審査が甘いと考えられるマイカーローンでも落ちる可能性があります。信用情報とは、クレジットカードの利用履歴やほかのローン残債などを記録している情報のことです。例えば、以下の事例に当てはまっている場合には審査に落ちしてしまう可能性が高いでしょう。

・過去に自己破産や任意整理などを行ったことがある
・3ヵ月以上の長期滞納がある
・携帯電話やクレジットカードを強制解約されたことがある
・ローンの支払いが不可能となり、保証会社が代位弁済したことがある

こうしたケースは「金融事故」と呼ばれ、信用情報履歴に傷として残っています。心当たりのある方は、信用情報がリセットされるのを待ってから審査に申し込むのが有効です。なお、不安な場合は信用情報機関に自身の信用情報の開示請求を行い、審査前に確認してみるといいでしょう。

収入が不安定

審査が甘そうなマイカーローンでも落ちてしまう原因には、収入が安定していないということも考えられます。例えば、アルバイトやフリーターの方などは、収入が不安定だと判断されれば審査に落ちてしまうこともあるでしょう。また、自営業者の方も場合によっては審査落ちしてしまうことがあります。

ただし、正社員以外の方でも長年勤めていることや安定した収入があることを証明できる書類などを準備することで、審査に通過できる可能性があります。また、保証人を立てることでも、審査通過率を上げられるでしょう。

年収に対して借入希望額が多い

現在の年収に対して、借入希望額が多い場合も審査に落ちてしまう可能性があります。これは、マイカーローンの審査において「年間の返済比率」がチェックされるためです。返済比率とは、現状の年収に対する1年の返済金額がどれくらいの割合なのかを表したものをいいます。

この返済比率は「年間返済金額÷年収×100」という計算式で求められますが、返済比率が25~30%を超えた場合は審査に落ちる可能性が高くなるといわれています。例えば、年間の返済金額が100万円で、税込年収が300万円だとすると、返済比率は約33%となり審査通過が厳しくなるでしょう。

返済比率を下げるためには借入希望額を減らす必要がありますが、その際に有効なのが頭金を多めに用意することです。車を購入する際は、基本的に車両本体価格から頭金を引いた金額でローンを組むことになるので、多めに頭金を入れればその分借入額を減らすことができます。

申込条件を満たしていない

このほかに、そもそもの申込条件を満たしていないケースも審査落ちする原因として考えられます。マイカーローンは利用できる条件が決められている場合が多く、例えば未成年者は原則申し込むことができません。また、銀行によっては70歳以上の利用が不可となっていることもあります。

こうした条件を満たしていないにもかかわらず、マイカーローンに申し込んでも通ることはないでしょう。条件は銀行によっても異なるため、事前に確認しておくことが大切です。


ファイナンシャルプランナー・伊藤真二

マイカーローンの審査は何度でも申し込むことが可能ですが、審査に落ちたからといってすぐに別のマイカーローンに申し込んでしまうと、その行為自体がマイナス評価になってしまうことがあります。審査に落ちてしまい、再度別のマイカーローン審査に挑む場合は、ある程度期間を空けてから申し込むようにしましょう。

審査に通りやすいと申込者が増えているサービス

新車が月1万円ちょっと

マイカーローンの利用を検討しているけれど、審査に通るか不安という方もいるでしょう。そのような方におすすめなのが、カーリースです。マイカーローンにはない長期の支払い設定が行えるカーリースは、月額料金も安く抑えられることからローンに比べて審査に通りやすいといわれています。

ここでは、カーリースの特徴やマイカーローンの審査が不安な方にカーリースが選ばれている理由などについてご紹介します。

お金を借りない車の新しい乗り方

カーリースは、車の新しい乗り方として近年人気を集めているサービスです。利用者が乗りたい新車を選んで、リース会社がその車を購入し、利用者は毎月定額の料金を支払うことで、その車に乗ることができます。

このように、お金を借りて車を購入するわけではなく、あくまでも車の所有権はリース会社にあることから、ローンよりも審査のハードルが低めといわれています。また、カーリース独自のしくみである残価設定によって、購入するよりも負担する車両本体価格が安くなることも、審査に通りやすいといわれる理由です。

ここからは、「おトクにマイカー 定額カルモくん」を例に、ローン審査に不安があったもののカーリースを活用して新車に乗れている方の声をご紹介します。

過去に支払い遅延があってローンが組めなかったんです

user_k

Kさん(40代)・川崎市在住|定額カルモくんでダイハツ「ムーヴ」を契約期間11年、ゴールドメンテプランでご契約


一度だけ携帯電話の支払いを忘れたことがあって、そのせいで車購入のローンが組めなかったんです。そんな時に定額カルモくんを知って、リースOKの結果が出たときはホッとしました。

定額カルモくんは、ローンよりも契約期間が長い分、月々の支払いは安くなるから審査に通りやすかったのかもしれないですね。車のお金だけじゃなくて税金とか車検費用とかも毎月払いにコミコミにできるし、頭金もないので、家計的にもすごく助かっています。

審査に通るか不安でしたが念願の新車に乗れました

user_i

Iさん(30代)・宮城県在住|定額カルモくんでダイハツ「ウェイク」を契約期間11年でご契約


前の車を買うとき、ローンの審査に落ちたことがあるんです。学生時代にカードの支払いが遅れたことがあったので、それが原因だったのかもしれません。

ローンを組むのは難しいかなと思っていましたが、知り合いに相談したら定額カルモくんで試しに審査してみたらって言われて。落ちたらどうしようという不安はありましたが、受かったって連絡が来たときはうれしかったな。おかげで念願の新車に乗れています。

新車に乗れているのは定額カルモくんのおかげです

user_k

Kさん(60代)・横浜市在住|定額カルモくんでホンダ「S660」を契約期間7年でご契約


根っからの車好きで、これまで十数台乗り回してきました。還暦を過ぎたし好きな車に乗りたいと思って選んだのが、今の車です。いろいろあって、ローンは何回か試したところ無理だったので難しいと思っていたのですが、定額カルモくんに相談したところ通ったのでびっくりしました

新車に乗れているのは、定額カルモくんのおかげですよ。税金なども月額料金に含まれているし、毎月の支払額が決まっているので安心ですね。

マイカーローンの審査が不安な方にも選ばれている理由

お客様の声

定額カルモくんが、マイカーローンの審査に通るか不安な方から選ばれている理由には、以下のようなものがあります。

業界最安水準の月額料金

定額カルモくんでは、業界最安水準の月額10,000円台から国産メーカー全車種・全グレードの新車に乗ることができます。利用料が安い分、審査対象の金額も抑えやすいことから、マイカーローンで購入するよりも有利に審査を進められる可能性が高いといえます。

お試し審査で利用可能な価格帯を事前に知ることができる

定額カルモくんには、事前に審査結果を確認できる「お試し審査」が用意されています。お試し審査を受けることで、自身の利用可能な価格帯を知った上で申し込めるため、マイカーローンの審査に通るか不安な方も着実に車に乗る準備を進めることが可能です。

お試し審査は下のバナーから24時間365日いつでも申し込めるため、心配な方はまずお試し審査を受けることから始めてみましょう。


審査が不安な方でも_お試し審査

※審査に通っても契約にはなりません

審査に通りやすいサービスを利用しよう

審査に通りやすいサービスを利用しよう

マイカーローンの中には、審査が甘いといわれているローンもあります。しかし、いくら審査に通りやすいローンだとしても、年収や職種、そのほかの条件によっては審査に落ちてしまうことも少なくありません。

もし、マイカーローンの審査に落ちることが不安であれば、そもそもローンを組む必要がないカーリースの利用がおすすめです。中でも業界最安水準の料金で新車に乗ることができる定額カルモくんなら、ローンの審査に落ちた方でも利用できている実績があるため、希望どおりのカーライフを実現できる可能性が高いでしょう。



定額カルモくんの「お試し審査」は、仮の車種で審査を受けて、審査に通る範囲で後から車種やプランを決められるため、カーローンのように落ちてまた受け直すなど、審査に不利になるような受け方をしなくて済みます。
まだどうするか決まっていないという方も、とりあえずお試し審査を受けてみることで今後の選択肢を増やすことができるため、ぜひ活用してみましょう。


かんたん5分_お試し審査

※審査に通っても契約にはなりません


※記事の内容は2022年11月時点の情報で制作しています。

よくある質問

Q1審査の甘いマイカーローンはある?

A:年齢制限がないローンや申込条件が幅広いローン、金利が高めのローンなどは審査に通りやすいといわれることがあります。ただし、こうしたローンであっても絶対に審査に落ちないわけではありません。年収や職種、信用情報によっては、審査に落ちてしまうことも少なくありません。

Q2マイカーローンの審査に落ちないためには?

A:マイカーローンの審査に落ちないための対策としては「仮審査を受ける」「ほかのローン残債を減らす」「頭金を用意する」「利用していないキャッシングカードを解約する」などが有効です。また、ローンよりも審査に通りやすいといわれているカーリースを利用するのもひとつの方法です。

Q3マイカーローンの審査に落ちても新車に乗る方法はある?

A:カーリースがおすすめです。カーリースは毎月定額の料金を支払うことで新車に乗れるサービスで、長期の支払設定ができる上、毎月の支払額も安く抑えられるので、マイカーローンに比べて審査に通りやすいといわれています。実際に定額カルモくんでも、ローン審査に落ちた方が新車に乗れています。

この記事の執筆者


伊藤 真二
監修者、編集者、ライター

伊藤 真二

ファイナンシャルプランナー。介護福祉士資格を所有していることから、老後の暮らしや節約・資産運用など、安心できる未来、無駄のない今を生きるためのご提案を多く行う。 また、ニュースメディア、採用メディア、自動車メディアなどのライター・編集者の経験から記事執筆・監修も広く行っている。

まずは審査に通るか試してみる_追従

まずは審査に通るか試してみる_追従