カーリースの審査に通るか不安な方必見!知っておきたい準備と手順を解説

更新日:2022.03.19
カーリースの審査について

カーリースは月々定額の料金で車に乗れるサブスクリプションサービスとして近年人気が高まっています。新車購入時のように大きな出費がないため気軽に利用できますが、契約するにはカーローンを組むのと同じように審査があります。

そこで、カーリースに審査が必要な理由や審査基準、落ちたときの対処法などについて、審査を受ける前に知っておきたいポイントと併せて解説します。さらに、業界最安水準のカーリース「おトクにマイカー 定額カルモくん」の審査についても詳しくご紹介します。


定額カルモくんの審査について先に知りたい方はこちら


貯金ゼロでも


【この記事のポイント】
✔カーリースの審査ではおもに年収や債務状況などが見られる
✔カーリースの審査は収支のバランスや自身の信用情報を確認してから受ける
✔カーリースを利用できるか定額カルモくんのお試し審査なら簡単にチェックできる


まずはカーリースの審査に通るか気軽に試してみませんか?

かんたん5分_お試し審査

※審査に通過しても契約にはなりません

審査不要のカーリース会社はある?

審査不要のカーリース会社はある?

気軽に車に乗れることで人気を集めているカーリースですが、基本的には審査に通らなければ利用できません。それはなぜなのでしょうか。

カーリースは、利用者が選んだ車をカーリース会社が購入して、利用者に一定期間貸し出すという車の新しい利用方法です。新車購入とは違い、利用者は月額料金を支払うだけで、自身が決めた契約期間にわたって車の使用権を得ることができます。

カーリースの契約期間は数年間と中長期にわたるケースが大半です。そのため、カーリース会社は審査を通して、利用者が契約期間中に滞りなく月額料金を払い続けることができるかを確認するのです。

なお、独自の審査基準を設けているカーリースもあるため、審査内容は会社により異なります。しかし、まったく審査のないカーリースは基本的にありません

審査に通るかどうか不安な場合は、定額カルモくんのお試し審査を気軽に試してみてはいかがでしょうか。


カーリースの審査に通るか事前に「お試し審査」でチェックしてみませんか

24時間いつでもお試し審査

※審査に通過しても契約にはなりません

カーリースの審査基準とは

カーリースの審査基準とは

カーリースの審査基準は、明確には示されていません。そのため、カーリースの審査申込みで申告することの多い内容について、カーローンの一般的な審査基準を参考に見ていきましょう。

年収

審査における具体的な年収の基準は明示されていませんが、カーローンでは年収200万円以上がひとつの基準とされています。ただし、カーローンでも年収200万円以上であれば必ず審査に通るというわけではなく、ほかの条件も含めて審査が行われます。

職業・雇用形態

カーローンの審査では、年収額だけでなく収入の安定性も重要となります。そのため、一般的にフリーターや非正規雇用者、自営業者などは、正社員や公務員よりも審査で不利になりやすいとされています。

ただし、不利になりやすいというだけで、審査に通らないわけではありません。安定した収入があると判断されれば、審査に通る可能性はあります。

勤続年数

勤続年数は、一般的に長ければ長いほど審査で有利になるとされています。ひとつの目安として、3年以上同じ勤務先に勤めていると安定性があるとされる一方で、勤続年数があまりにも短いと、安定性がなくリース料金の支払いに不安があると判断されることもあります。

勤続年数が1年未満の場合は、審査が不利になる可能性が高いといえるでしょう。

年齢・家族構成

カーリースでは多くの場合、年齢制限が設けられているので事前に確認しましょう。たとえ対象年齢であっても、未成年や高齢者は安定的な収入が見込めない、事故のリスクが高いと判断されてしまうことがあります。

また、子供がいる場合はその分出費が多いとみなされ、支払能力が十分かどうかの判断材料とされることもあります。

居住状況

カーローンなどの審査では、資産も審査対象となることがあります。カーリースの審査申込みでも、居住状況を申告することが多いでしょう。

持ち家に住んでいる場合は、年収が低くても資産を多く保有していると判断され審査が有利になることがあります。また、住宅ローンが残っていたとしても、家自体に資産価値があると判断され、審査に有利になる可能性もあるでしょう。一方、賃貸の場合は住んでいる家が資産とみなされることはありませんが、賃貸物件に住んでいるというだけで審査に落ちてしまうことはありません。

現在の債務状況

銀行や消費者金融から大きな額の借入れをしている場合、支払いが難しくなると判断されて審査に通りにくくなる可能性があります。携帯電話料金を分割払いにしている場合も、毎月の返済額としてみなされる上、支払いが遅延していると審査に影響することがあるので気を付けましょう。

借入先が複数ある方は、可能な範囲でいずれかを完済してから審査に申し込むことをおすすめします。

信用情報

カーローンなどの審査では、信販会社を通して信用情報の審査を行うことがあります。信用情報とはクレジットカードやローンの契約、申込みなどに関わる個人の情報であり、毎月の支払状況や残高などが記録されています。

そのため、これまでローンやキャッシングなどを利用しているか、税金やクレジットカードの利用料金の支払遅延や未払いがないかなどが確認され、過去に滞納があった場合は審査で不利になる可能性があります。

信用情報機関には、クレジットカードやローンなどの利用状況だけでなく、自己破産や任意整理といった金融事故情報も登録されます。事故情報が消えるまでの5~10年間は、支払能力が低いと判断され、カーリースの審査に通りにくくなってしまうため注意が必要です。


定額カルモくんの「お試し審査」について詳しくはこちら

カーリースの審査に通らない方とは

カーリースの審査に通らない方とは

カーリースの審査基準は、カーリース会社によってさまざまですが、審査に通らないのはどのような方なのでしょうか。ここで詳しく確認してみましょう。

勤続年数が短い

カーリースの審査では、料金を安定的に支払う能力があるかどうかがチェックされます。勤続年数が1年未満などと短い場合、安定性が低いとみなされやすいでしょう。逆に勤続年数が3年以上の方は、アルバイトなどの非正規雇用であっても信用度が高くなり、審査に有利に働くケースもあります。

なお、勤続年数が短い方は連帯保証人を立てるように求められることがあります。

収入が不安定

正社員として勤めていても年収が200万円に満たない場合は、支払能力が低いと判断され、審査に通らないことがあります。ただし、同一の勤務先に3年以上勤めているなど、勤続年数が審査で考慮されることもあるので、年収の不安定さだけであきらめる必要はないでしょう。

債務履歴に問題がある

自己破産や任意整理をすると、信用情報機関にブラックリストといわれる金融事故情報が登録されます。また、クレジットカードの支払いの滞納や未払いといった履歴も債務履歴として残ります。この債務履歴に問題がある場合、カーリースの審査に通るのはきびしいといえます。

信用情報機関に記録が残るのは約5~10年なので、記録が消えるのを待って審査を受けるようにしましょう。

リース料金が年収に見合っていない

返済負担率

希望する車のリース料金が高額で年収に見合っていない場合、審査に通らないことがあります。年収に対する年間の返済総額を「返済負担率」といい、返済負担率が3割を超える場合、審査通過は難しくなります。

カーリースの審査では、利用しているローンの返済額とリース料金の合計金額が、年収の3分の1以下であることが目安とされることがあります。

例えば、年収300万円の方が住宅ローンを月々60,000円返済している場合、年間の返済額は72万円となるので、リース料金は年間28万円まで、月々23,000円程度までが目安となります*。そのため、月々23,000円を超える料金の車で審査に申し込んでも、通過の可能性は低いでしょう。

また、複数あるいは高額の借入れがある方で、返済負担率がすでに3割程度になっている場合、審査に通りにくいといえます。

*住宅ローンのほかに借入れがないと仮定した場合


カーリースを利用できるかまずは気軽に試してみませんか

まずは審査に通るか試してみる

※審査に通過しても契約にはなりません

カーリースの審査に通るための対策

カーリースの審査に通るための対策

カーリースの審査は、通過する可能性を少しでも高めてから受けたいものです。審査を受ける前には、次のような内容を確認しておきましょう。

収支のバランスを確認する

カーローンなどの審査では年収に対する返済額の割合(返済負担率)は年収の25~35%が目安とされています。そのため、年間の月額料金の合計が返済負担率の目安を大きく超えている場合、収支のバランスが悪いと判断される可能性があります。

審査に受かりやすくするためには、収入や資産状況を考えた上で、無理なく支払っていける月額料金で申し込むことが大切です。

また、多くのカーリースでは各種税金や自賠責保険料などは月額料金に含まれていますが、駐車場代やガソリン代などは含まれません。車に乗り続けるためにかかる費用も考慮した上で、問題なく支払える月額料金で申し込みましょう。

支払状況を確認して清算する

カーリースの審査に申し込む前には、現在の支払状況を確認しておきましょう。クレジットカードの支払遅延や税金の未納、携帯電話の利用料金の滞納などがあると、カーリースの審査に通りにくくなってしまいます。支払っていない料金がある場合は、カーリースの審査に申し込む前に清算しておきましょう。

ほかのローンを完済する

現在カードローンや住宅ローンなどの借入れを行っている場合、これらの借入れも返済負担率に影響します。そのため、カーリースの審査に申し込む前に借入状況を確認しておきましょう。また、未払いの料金の支払いと同様、可能であればカーリースの審査に申し込む前に完済しておくといいでしょう。

信用情報を確認し、事故情報が消えるのを待つ

自己破産や任意整理、支払遅延などの経験がある場合は、カーリースの審査を受ける前に信用情報を確認しておくと安心です。金融事故の情報が残っているとカーリースの審査に通りにくくなってしまうため、基本的には事故情報が消えてから審査申込みをするのが適しています。

なお、CIC(割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関 株式会社シー・アイ・シー)やJICC(指定信用情報機関 株式会社日本信用情報機構)、JBA(全国銀行個人信用情報センター)などの信用情報機関には、自身の信用情報を照会することが可能です。

審査前の転職を避ける

カーリースの審査では、支払能力の有無や収入の安定性を見られます。さまざまな基準がある中でも、勤続年数は収入の安定性を判断する上で重要な指標となります。転職をして間もない場合、すぐに辞めてしまう可能性があると判断され、審査に通りにくい傾向があります。

そのため、審査を受ける前の転職はできる限り避けるようにしましょう。しかし、勤続1年未満であっても、年収や職業などと併せて総合的にチェックされるため、一概に通過がきびしいとはいえません。また、連帯保証人を立てることで審査に通りやすくなることもあります。


カーリースの審査に通るか事前に「お試し審査」でチェックしてみませんか

24時間いつでも申込可能!お試し審査をしてみる

※審査に通過しても契約にはなりません

審査に落ちたときの対処法

審査に落ちたときの対処法

審査基準をしっかりと確認し、対策をとって申込み内容に問題がないと思っていても、カーリースの審査に落ちてしまうことはあります。一般的に、カーリースの審査では、落ちてすぐにもう一度申し込んでも審査に通る可能性は低いため、想定される原因についての対処法を実践してから再挑戦しましょう。

なお、あくまでも対策のため、審査通過を約束するものではありません。

連帯保証人を立てる

連帯保証人を立てることで、カーリースの審査に通る可能性が高まります。連帯保証人を立てると、年収が少なかったり安定した収入がなかったり、ほかに借入れがある場合など、利用者の支払能力に不安があるケースでも審査に通りやすくなるといわれています。

なお、連帯保証人は親や配偶者、親戚などの血縁者に依頼するのが一般的ですが、安定した収入があり税金の未納や滞納がないなどの条件を満たしている必要があります。

頭金を支払う

頭金や税金などの初期費用をかけずに車に乗り始められるのがカーリースの大きな魅力ですが、頭金をあえて支払うことで審査対象となる金額を抑えて審査に通りやすくするという方法もあります。

契約時に大きな出費を伴ってしまいますが、年収が低いために審査に落ちたと考えられる場合は、頭金を多めに支払うと審査に通る可能性が高まるでしょう。

車のグレードを下げる

収支のバランスが悪いためにカーリースの審査に落ちてしまったと考えられる場合は、収入と支出のバランスを見直す必要があります。年収をすぐに上げるのは現実的でないため、支出を下げられないかどうか考えてみましょう。

例えば車のグレードを下げるとカーリースの月額料金を下げることができ、支出を抑えられます。車種を変えなくてもグレードを下げるだけで支払総額を数万円~数十万円下げられることもあるので、グレードにこだわりがなければ試してみてはいかがでしょうか。

ほかのカーリース会社に申し込む

カーリースの審査に通らなかった場合は、別のカーリース会社に変えてみるのもおすすめです。

ただし、自社で審査を行っているカーリース会社を選ぶと審査に通りやすい一方で、サービス内容が不十分であったり利用料金が高かったりする落とし穴があることも考えられるため、注意して選びましょう。

なお、カーリースの審査に通るか不安な方は、月額料金の安いカーリースを選ぶのもひとつの方法です。


業界最安水準のカーリース 定額カルモくんの審査に申し込んだ方の声はこちら

カーリースの審査が通りやすいといわれる理由

カーリースの審査が通りやすいといわれる理由

カーリースの審査を受ける前の準備や落ちてしまったときの対処法について解説してきましたが、そもそもカーリースの審査は、カーローンに比べて一般的に通りやすいといわれています。その理由を詳しく見ていきましょう。

残価を引く分、審査対象となる金額を抑えられるから

カーリースの残価

カーリースの料金は、契約満了時の車両の想定価格である「残価」を車両本体価格から差し引いた金額を基に算出されます。

カーローンの審査は、車両本体価格と利息の合計金額が審査対象となり、その返済能力をチェックされます。一方、カーリースでは残価が引かれる分、審査対象となる金額が抑えられるため、審査に通りやすいといわれているのです。

長期契約をすると月額料金を下げられるから

カーローンは、借入金額を借入期間の月数で割って月々の返済額を算出しますが、一般的にカーローンの借入期間は5~7年程度なので、支払回数は多くても100回未満となります。

一方カーリースでは、総額を契約月数で割って月額料金を算出しますが、最長11年という長期契約が可能なカーリースもあり、132回払いを選択することもできます。そのため、カーローンよりも月々の支払額を抑えやすい傾向があります。

先述のように、返済負担率が3割以下かどうかを審査でチェックするケースもあるため、長期契約で月々の負担を抑えられるカーリースは、カーローンよりも審査に通る可能性が高いといえるでしょう。

カーリース会社に所有権があるから

カーリースは車を貸し出すサービスなので、車の使用者と所有者が異なります。リース車両の使用者は契約者ですが、所有者はカーリース会社になります。そのため、万が一返済が滞った場合にはカーリース会社が返済を担保すると審査会社に判断されやすいため、審査に通りやすいのではないかといわれています。

まずは定額カルモくんの「お試し審査」で気軽にチェックしませんか?

まずは定額カルモくんの「お試し審査」で気軽にチェックしませんか?

審査と聞くとハードルが高いと感じる方もいるのではないでしょうか。審査に抵抗や不安がある方におすすめなのが、カーリースを利用できるか気軽にチェックできる、定額カルモくんの「お試し審査」です。その特徴や手順を詳しく解説します。

お試し審査の3大メリット

定額カルモくんでも、ご契約いただく前に審査を行っていますが、手軽に受けられるお試し審査の3つのメリットをご紹介しましょう。

1. ネット審査が受けられる
一般的な審査では、さまざまな書類や証明書の提出が必要だったり、多くのチェック項目を埋めたりと、手間がかかるイメージも強いもの。しかし定額カルモくんの審査は、インターネット上で完結するオンライン無料審査で、5分程度で申込み手続きが完了します。

2. 審査結果がスピーディー
審査結果はメールで届くので、申込み手続き同様とても便利で簡単です。しかも、結果通知は最短翌営業日(最大3営業日)というスピード審査で、わずかな待ち時間で審査結果を知ることができます。

3. 審査申込み後でもキャンセルや車種変更が可能
定額カルモくんの審査は、審査結果が出た後でのキャンセルや車種変更が可能です。そのため、審査に通るか気になるものの、通ったら契約をしなければならないとの思いから審査申込みを躊躇していた方でも、気軽に試してみることができます。


定額カルモくんの審査に通るかまずは「お試し審査」で確認してみる

まずは審査に通るか試してみる

※審査に通過しても契約にはなりません

お試し審査を受ける前にしておきたい準備

最短5分のオンライン申込みと翌営業日の審査結果通知で、スピーディーかつ手軽に審査が行える定額カルモくん。より便利に少ない負担で審査を行い、予算も車種も希望に沿ったカーライスをスタートするためには、事前に次の準備をしておきましょう。

●入力がスムーズに行える準備をしておく
定額カルモくんの審査では、運転免許証番号の入力が必要です。スムーズに申込み手続きを進められるように、あらかじめ手元に運転免許証を用意しておきましょう。

●ライフプランなどから利用年数を検討しておく
カーリースはあらかじめ契約期間を決めて利用します。車の用途やライフプランなどを基に、何年で契約するかを事前に検討しておけば、審査手続きがよりスムーズに行えます。

●月額料金の予算を決めておく
維持する上での大きな出費を抑えられるカーリースですが、毎月の定額料金は契約期間にわたって支払う必要があります。無理なく払い続けられる金額である程度の予算を決めておくと、車種やオプションを選ぶ際に選択しやすくなります。

なお、カーリースでは、同じ条件の車種でも契約期間が長いほど月額料金を抑えられます。乗りたい車の月額料金が予算を超えてしまう場合は、契約年数を見直してみるのもひとつの方法です。

●何から準備したらいいかわからない場合は?
事前に何を検討しておけばいいのかわからない、契約期間や予算の決め方に不安がある、という方もご安心ください。定額カルモくんなら、契約前から何度でも知識豊富なマイカーコンシェルジュに無料で相談できます。LINEや電話で気軽に問い合わせてみてはいかがでしょうか。


LINE

フリーダイヤル

 お試し審査3ステップ

オンライン審査を導入している定額カルモくんでは、スピーディーに審査を進めることができます。おもな審査の流れは以下のとおりです。

1. 車選び・プラン決定

料金シミュレーション

定額カルモくんのサイトに掲載されている車種リストの中から、契約したい車種を決めます。車種リストには最安月額料金も明記しているので、ご予算に応じて車種を絞り込むことができます。契約期間やオプションプランなどのカスタマイズも、選んだその場で反映される料金シミュレーションで、実際の月額料金を確認しながら選択できます

2. 審査申込み
車種とプランを決定し、「次のステップへ進む」「審査を申し込む」のボタンを押すと、申込み画面に進みます。手続きは5分ほどで終了します。なお、申込み手続きには運転免許証番号などが必要になりますので、手元に用意しておくといいでしょう。

3. 審査結果
定額カルモくんでは、最短翌営業日に審査結果が通知されるので、少ない待ち時間で結果を知ることができます。なお、審査通過となった場合は、サポートデスクより車種やオプションの確認のためご連絡させていただきます。

お試し審査のコツ

審査を申し込めるのは1回につき1台だけになります。ただし、審査に通過した場合は、変更審査でほかの車種のリースが可能か確認できるので、まずは候補の中で料金が一番低い車種で審査を受けてみることをおすすめします。


安い軽自動車で_お試し審査

※審査に通過しても契約にはなりません

お試し審査に申し込んだ方々の実際の声

顧客対応満足度

定額カルモくんのお試し審査は、これまで多くの申込みをいただいています。それは、先述の3つのメリットによって、これまで審査に抵抗があった方でも試しやすいと感じていただいているからでしょう。実際に定額カルモくんの審査を利用した方からは、次のような声が聞かれました。

審査も早く、簡単に契約できて、とても気に入りました。車が定額で乗れてメンテナンスプランが選べるのもよかったです。(H.Eさん/山形県/50代前半)
■新車に乗りたかったので、とりあえず審査してみました。全体的に気に入ったし、対応もすばらしかったです。(K.Mさん/山梨県/40代前半)
ネットで完結するのが便利で、申込みまでとても簡単でした。質問にも丁寧に対応してくれました。(K.Yさん/北海道/40代前半)
■急いでいたので、審査の連絡やその後のやりとりなど、対応が早かったのが高得点です。(S.Oさん/広島県/20代後半)
■新車に乗りたかったので、とりあえず審査やメールの対応が早く、ネットで完結するのは便利だと思いました。(H.Yさん/静岡県/40代前半)

定額カルモくんの審査の利便性やスピード感のみならず、その後の対応にもご満足いただけた方が多い様子。車は高額な買い物だけに、電話やメール、LINEによる丁寧なサポートで、オンラインでも安心して契約ができる点は大きな魅力といえるでしょう。


かんたん5分_お試し審査

※審査に通過しても契約にはなりません

定額カルモくんでまずは審査を受けてみよう

定額カルモくんでまずは審査を受けてみよう

カーローンでもカーリースでも、カーライフを始めるには審査が必要になります。ただ、定額カルモくんなら、翌営業日に結果がわかる5分程度のオンライン審査で申込み手続きができ、通過後でも正式なご契約前であればキャンセルも可能なため、気軽に審査を受けることができます。

車種やカーリースの利用を悩んでいる方も、審査に通過するか不安がある方も、まずは定額カルモくんの審査で確認してみてはいかがでしょうか。


口コミ_カルモくんバナー


資料をご覧になりたい方は下のバナーからどうぞ

資料ダウンロード


※この記事は2022年3月時点の情報で制作しています


よくある質問

Q1カーリースの審査はカーローンと何が違うのですか?

A:カーリースの審査はカーローンと基本的に同じですが、審査対象となる金額に違いがあります。カーローンでは車両本体価格と利息が審査対象となります。一方、カーリースは車両本体価格から残価を差し引くこと、長期契約でカーローンよりも月々の負担を抑えられることにより、審査に通りやすいといわれています。

Q2定額カルモくんの審査には、どのようなメリットがありますか?

A:インターネット上で5分程度で申込み手続きが完了するため、手間がかかりません。審査結果はメールで届くため便利で簡単、しかも結果通知は最短で翌営業日(最大3営業日)とスピード審査なので、急に車が必要なときでも対応できます。また、審査結果が出た後でのキャンセルもできるので、気軽に審査に申し込めます。

この記事の執筆者


伊藤 真二
監修者、編集者、ライター

伊藤 真二

ファイナンシャルプランナー。介護福祉士資格を所有していることから、老後の暮らしや節約・資産運用など、安心できる未来、無駄のない今を生きるためのご提案を多く行う。 また、ニュースメディア、採用メディア、自動車メディアなどのライター・編集者の経験から記事執筆・監修も広く行っている。
お試し審査