カーリースの審査が不安でも大丈夫?審査内容や通りやすくする方法を解説

更新日:2022.09.26
カーリースの審査について

カーリースは長期的に利用料を支払う方法なので、契約には審査があります。そのため、年収や過去の信用情報などによって審査に通らないかもしれないと不安な方もいるでしょう。ここでは、一般的なカーリースの審査内容や審査に通りやすくする方法を解説します。


マイカーが貯金ゼロでも持てる


【この記事のポイント】
✔カーリースの審査申込みでは一般的に年収や勤続年数、信用情報などを申告する
✔審査前に収支のバランスや借入状況などを確認しておくと安心
✔オンラインのお試し審査で利用できるか気軽に確認できるカーリースもある


お試し審査が受けられるカーリースって知ってる?

カーリース契約には審査がある

カーリース契約には審査がある

カーリースは利用者が選んだ車をリース会社が代わりに購入し、リース料金を支払うことで車を借りるサービスです。カーリースは長期契約となることから、利用者が問題なく毎月の料金を支払えるかどうか判断する必要があります。
そのため、契約前に年収や勤続年数などを申告し、審査を受けるのが一般的です。

なお、独自の審査基準を設けているカーリースもあるため審査内容に違いはありますが、まったく審査のないカーリースは基本的にありません。

審査に通るかどうか不安な場合は、審査のないカーリースを探すよりも審査に通りやすいカーリースを選ぶのがおすすめです。手軽にカーリースの審査を受けたい方は、定額カルモくんのお試し審査を試してみてはいかがでしょうか。


最短5分_さっそくお試し審査に申し込む

※審査に通っても契約にはなりません

カーリースの審査内容とは?

カーリースの審査内容とは?

カーリースにおいて、明確な審査基準は示されていません。そのため、カーリースの審査申込みで申告することの多い内容について、カーローンの一般的な審査基準を参考に見ていきましょう。

年収

審査における具体的な年収の基準は明示されていませんが、カーローンでは年収200万円以上がひとつの基準とされています。ただし、カーローンでも年収200万円以上であれば必ず審査に通るというわけではなく、ほかの条件も含めて審査が行われます。

職業

カーローンの審査では、年収額だけでなく収入の安定性も重要となります。そのため、一般的にフリーターや非正規雇用者、自営業者などは、正社員や公務員よりも審査で不利になりやすいとされています。ただし、不利になりやすいというだけで、審査に通らないわけではありません。安定した収入があると判断されれば、審査に通る可能性はあります。

勤続年数

勤続年数は、一般的に長ければ長いほど審査で有利になるとされています。ひとつの目安として、3年以上同じ勤務先に勤めていると安定性があるとされる一方で、勤続年数があまりにも短いと、安定性がなくリース料金の支払いに不安があると判断されることもあります。勤続年数が1年未満の場合は、審査が不利になる可能性が高いでしょう。

信用情報

カーローンなどの審査では、信販会社を通して信用情報の審査を行うことがあります。信用情報とはクレジットカードやローンの契約、申込みなどに関わる個人の情報であり、毎月の支払い状況や残高などが記録されています。そのため、これまでローンやキャッシングなどを利用しているか、税金やクレジットカードの利用料金の支払い遅延や未払いがないかなどが確認され、滞納があった場合は審査で不利になる可能性があります。

金融事故情報

信用情報機関には、クレジットカードやローンなどの利用状況だけでなく、自己破産や任意整理といった事故情報も特録されます。事故情報が消えるまでの5~10年間は、返済能力が低いと判断され、カーリースの審査に通りにくくなってしまうため注意が必要です。

居住状況

カーローンなどの審査では、資産も審査対象となることがあります。カーリースの審査申込みでも、居住状況を申告することが多いでしょう。

持ち家に住んでいる場合は、年収が低くても資産を多く保有していると判断され審査が有利になることがあります。また、住宅ローンが残っていたとしても、家自体に資産価値があると判断され、審査に有利になる可能性もあるでしょう。一方、賃貸の場合は住んでいる家が資産とみなされることはありませんが、賃貸物件に住んでいるというだけで審査に落ちてしまうことはありません。


カーリースには基本的に審査があります。まずは利用できるのかどうか「お試し審査」を受けてみませんか?

まずは審査に通るか試してみる

※審査に通っても契約にはなりません

カーリースの審査前に確認しておきたいこと

カーリースの審査前に確認しておきたいこと

カーリースは審査に通らなくては利用できないので、通過する可能性を少しでも高めてから受けたいものです。カーリースの審査を受ける前には、次のような内容を確認しておきましょう。

収支のバランス

カーローンなどの審査では年収に対する返済額の割合(返済負担率)は年収の25~35%が目安とされています。そのため、年間の月額料金の合計が返済負担率の目安を大きく超えている場合、収支のバランスが悪いと判断される可能性があります。審査に受かりやすくするためには、収入や資産状況を考えた上で、無理なく支払っていける月額料金で申し込むことが大切です。

また、多くのカーリースでは各種税金や自賠責保険料などは月額料金に含まれていますが、駐車場代やガソリン代などは含まれません。車に乗り続けるためにかかる費用も考慮した上で、問題なく支払える月額料金で申し込みましょう。

支払い状況

カーリースの審査に申し込む前には、現在の支払い状況を確認しておきましょう。クレジットカードの支払い遅延や税金の未納、携帯電話などの利用料金の滞納などがあると、カーリースの審査に通りにくくなってしまいます。支払っていない費用がある場合は、カーリースの審査に申し込む前に精算しておきましょう

借入状況

現在カードローンや住宅ローンなどの借入れを行っている場合、これらの借入れも返済負担率に影響します。そのため、カーリースの審査に申し込む前に借入状況を確認しておきましょう。また、未払いの料金の支払いと同様、可能であればカーリースの審査に申し込む前に精算しておくといいでしょう

信用情報

自己破産や任意整理、支払い遅延などの経験がある場合は、カーリースの審査を受ける前に信用情報を確認しておくと安心です。金融事故の情報が残っているとカーリースの審査に通りにくくなってしまうため、基本的には事故情報が消えてから審査申込みをするのが適しています。

なお、CIC(割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関 株式会社シー・アイ・シー)やJICC(指定信用情報機関 株式会社日本信用情報機構)、JBA(全国銀行個人信用情報センター)などの信用情報機関には、自身の信用情報照会をすることが可能です。

審査に落ちてしまったときの対処法

審査に落ちてしまったときの対処法

申込み内容に問題がないと思っていても、カーリースの審査に落ちてしまうことはあります。一般的にこのような審査では、すぐにもう一度申し込んでも審査に通る可能性は低いため、想定される原因についての対処法を実践してから再挑戦しましょう。なお、あくまでも対策のため、審査通過を約束するものではありません。

車のグレードを下げる

収支のバランスが悪いためにカーリースの審査に落ちてしまったと考えられる場合は、収入と支出のバランスを見直す必要があります。年収をすぐに上げるのは現実的でないため、支出を下げられないかどうか考えてみましょう。

例えば車のグレードを下げるとカーリースの月額料金を下げることができ、支出を抑えられます。車種を変えなくてもグレードを下げるだけで支払総額を数万~数十万円下げられることもあるので、グレードにこだわりがなければ試してみてはいかがでしょうか。

連帯保証人を立てる

連帯保証人を立てることで、カーリースの審査に通る可能性が高まります。連帯保証人を立てると、年収が少なかったり安定した収入がなかったり、ほかに借入れがある場合など、利用者の支払い能力に不安があるケースでも審査に通りやすくなります。連帯保証人は親や配偶者、親戚などの血縁者に依頼するのが一般的ですが、安定した収入や税金の未納や滞納がないなどの条件を満たしている必要があります。

カーリース会社を変える

カーリースの審査に通らなかった場合は、別のリース会社に変えてみるのもおすすめです。

ただし、自社で審査を行っているリース会社を選ぶと審査に通りやすい一方で、サービス内容が不十分であったり利用料金が高かったりする落とし穴があることも考えられるため、注意して選びましょう。

なお、カーリースの審査に通るか不安な方は、月額料金の安いカーリースを選ぶのもひとつの方法です。
ここからは、業界最安水準のカーリースについてご紹介します。

まずはお試し審査で利用できるかチェックするのがおすすめ

セールススタッフ

月々11,220円から利用できる業界最安水準の定額カルモくんなら、月々の負担を抑えながら新車に乗れます。月額料金が安ければ毎月の負担が少なくなり、収支のバランスを保ちながらカーリースを利用できるのではないでしょうか。
ほかにも、カーリースの審査に不安を抱えている方にもおすすめの理由を見ていきましょう。

お試し審査が受けられる

定額カルモくんでは、カーリースの利用可否を試しに確認できる「お試し審査」が受けられます。気になる車種を選ぶだけで審査が受けられるので、まだ乗りたい車が決まっていない方でも気軽に審査を試せます。

なお、定額カルモくんのお試し審査は、契約に直結するものではありません。お試し審査を受けても契約が強制されることはなく、キャンセルも車の変更も可能です。自身がカーリースを利用できるかどうか知りたいだけという方も、まずはお気軽にお試し審査を利用してみてはいかがでしょうか。


最短5分_さっそくお試し審査に申し込む

※審査に通っても契約にはなりません

最短翌営業日に審査結果がわかる

定額カルモくんの審査は、5分程度のオンライン上の手続きのみで完了します。また、審査結果のメールは通常翌営業日、最大3営業日で届くため、早く結果が知りたいに方もおすすめです。

ほかにも、予算や車選びで悩んでいる方は、マイカーコンシェルジュに無料で相談できるため、電話やメール、LINEで気軽に問い合わせてみてはいかがでしょうか。   


LINEで無料相談する

フリーダイヤル

メール


資料をご覧になりたい方は下のバナーからどうぞ

資料ダウンロード

ローンの審査に落ちた方も利用している

定額カルモくんの利用者の中には、カーローンの審査に落ちた経験のある方もいます。カーリースはカーローンよりも長期で契約ができることから、年間支払額の割合が少なくなるため、審査に通りやすくなることが考えられます。

そのため、審査に不安がある方にも、業界最安水準の月額料金で新車に乗れる定額カルモくんがおすすめです。


まずは審査に通るか試してみる

※審査に通っても契約にはなりません

審査が不安なら通りやすいカーリースを利用しよう

審査が不安なら通りやすいカーリースを利用しよう

カーリースでは基本的に審査があるため、収支のバランスや借入状況などを確認してから申し込むのがおすすめです。
また、審査に通るか不安な方は、月額料金が安いカーリースを利用して月々の負担を抑えて申し込むのもひとつの方法です。自身の状況で利用できるか知りたい方は。業界最安水準の定額カルモくんでお試し審査を受けてみてはいかがでしょうか。

※記事の内容は2021年12月時点の情報で制作しています。

よくある質問

Q1カーリースの審査では何を見られる?

A:審査内容は明確に公開されていませんが、一般的には年収や職業、勤続年数、信用情報、金融事故情報、居住状況などを申告することが多いでしょう。また、カーリースの審査前には、収支のバランスや支払い状況、借入状況などを確認しておくのがおすすめです。

Q2審査に通りやすいカーリースはある?

A:自社で審査を行っているリース会社は審査に通りやすい一方で、サービス内容が不十分であったり利用料金が高かったりする可能性があります。そのため、できるだけ月額料金の安いカーリースを選ぶと、年間の支払額を抑えることができるため、収支のバランスが取りやすくなり、審査に通過できる可能性が高まります。

この記事の執筆者


伊藤 真二
監修者、編集者、ライター

伊藤 真二

ファイナンシャルプランナー。介護福祉士資格を所有していることから、老後の暮らしや節約・資産運用など、安心できる未来、無駄のない今を生きるためのご提案を多く行う。 また、ニュースメディア、採用メディア、自動車メディアなどのライター・編集者の経験から記事執筆・監修も広く行っている。
お試し審査