カーリースの審査で連帯保証人が必要な場合とは?審査内容や保証人の条件を紹介

更新日:2024.06.13
カーリースの連帯保証人について

カーリース契約には審査があり、年収や勤続年数などを申告します。カーリースは長期契約となるため、申告内容を基に継続的な支払いに不安がある場合には、連帯保証人が必要となることがあります。そこで、連帯保証人が必要となるケースや一般的な審査条件などを紹介します。


マイカーが貯金ゼロでも持てる


【この記事のポイント】
✔カーリースでは年齢や収入などを理由に連帯保証人が必要なことがある
✔連帯保証人になるには成人している、安定した収入があるなどの条件がある
✔連帯保証人付きで審査を受ける場合、少しでも料金の安いカーリースを選ぶと安心


ローン審査に不安がある方でも契約できたカーリースはこちら

カーリースで連帯保証人が必要になる場合とは?

カーリースで連帯保証人が必要になる場合とは?

カーリースでは、未成年の申込みの場合に連帯保証人が求められることがあります。また、一般的にローン審査では、年収が低いなど、申告内容に不安要素がある場合は、連帯保証人を立てることで契約者の支払い能力をカバーすることができるとされています。

そこで、ローン契約など、一般的に連帯保証人が求められるおもなケースを見ていきましょう。

無職・年収が少ない

一般的に審査では、申込者の支払い能力が判断されます。そのため、無職の方や、収入が極端に少ない方は契約ができないことがあります。その場合、安定した収入のある配偶者や親族などが連帯保証人として必要になります。

未成年・学生

カーリースは一般的に20~75歳を対象年齢とするため、未成年や学生の方がカーリースを契約するためには、連帯保証人を求められるケースが多いでしょう。ほかにも、親権者の同意書や印鑑証明などの書類の提出が必要になることもあるため、申込条件をきちんと確認し、保護者と相談しておくことをおすすめします。なお、リース会社によっては、連帯保証人の有無に関わらず、未成年の契約は不可としているところもあります。

パートやアルバイトなどの非正規雇用者

パートやアルバイトなどの非正規雇用者の場合、一定の収入があるとしても、継続的な収入に不安があるという理由で審査の通過が難しく、連帯保証人を求められることがあります。

年金受給者

年金で生計を立てている場合、月額料金が高額になる車種で申込むと、連帯保証人が必要になることがあります。ただし、受給額が多く、月額料金も安い車での申込みであれば、連帯保証人が不要となる可能性もあるでしょう。

勤続年数が短い

就職や転職してすぐのタイミングで申込んだ場合、審査の通過が難しいことがあります。ローン審査では、勤続年数が長いほど安定した収入があると判断されやすいためです。また、転職を何度も繰り返している場合も継続的な収入がないと判断されやすく、審査に通過できないことがあるため注意が必要です。

なお、一般的にローンなどの審査では、勤続年数は最低1年以上必要といわれています。勤続年数が1年未満の場合は、連帯保証人が求められる可能性があるでしょう。

現在、借入れがある

一般的にローンなどの審査では、申込み時点で次のような借入れがある場合は、審査通過が難しい可能性があります。
・住宅ローンを返済している
・金融機関から借入れがある
・クレジットカードのキャッシングを利用している
・携帯電話の割賦払いをしている など

このような借入総額が大きいほど審査の通過が難しくなる可能性が高いため、ほかのローンや未払金を完済した上で申込んだり、連帯保証人を立てたりする必要があります。

信用情報に事故情報がある

一般的にローンなどの審査では、過去の信用情報も確認されます。信用情報機関では、携帯電話料金やクレジットカードの支払いの延滞、債務整理歴などの情報を保管しているため、審査において信用情報が対象の場合には、情報開示が行われます。そのため、未払いや支払いの遅延などの事故情報が保管されているあいだは、審査に通りにくくなってしまいます。

なお、自身の信用情報は、信用情報機関に情報開示請求ができます。信用情報に事故情報がないか不安な場合は、申込む前に確認しておくといいでしょう。

連帯保証人の条件

連帯保証人の条件

カーリース契約における連帯保証人は、基本的には親や兄弟、配偶者などの親族であることが条件となります。また、各リース会社が連帯保証人となるための基準を定めており、条件に満たなければ親族であっても連帯保証人として認められないことがあります。

連帯保証人になるためのおもな条件としては、次のようなことが挙げられます。

〈連帯保証人になれる方のおもな条件〉
・成人している
・安定した収入がある
・勤続年数が1年以上である
・基準値を満たす年収である
・税金などに未払金がない
・反社会勢力ではない など

親族であっても、高齢で安定した収入がなかったり、転職直後で勤続年数が短かったりすると、連帯保証人になれない可能性があるため注意しましょう。

連帯保証人なしで契約したいなら、業界最安水準のカーリースがおすすめ

セールススタッフ

自身の年収や信用情報などに不安があり、連帯保証人付きで審査を受ける場合、また、連帯保証人なしで契約したい場合は、少しでも料金が安いカーリースを選ぶことをお勧めします。

定額カルモくんは業界最安水準のカーリースで、毎月の支払額を抑えられるサービスが充実しています。利用者の中には、車のローン審査に落ちたことのある方もいるため、審査が不安な方でも利用しやすいカーリースといえるでしょう。なぜ定額カルモくんなら費用負担を抑えて新車に乗れるのか、その理由をご紹介します。

業界最安水準の月額料金で新車に乗れる

定額カルモくんの利用料金は業界最安水準となっており、月額10,000円台で新車に乗ることができます。例えば、ダイハツ「ミライース」は月額11,220円から、ホンダ「N BOX」は月額17,320円から、リースすることが可能です。
ほかのカーリースと比べて月額料金を抑えやすいため、審査のハードルを下げられる点が魅力といえるでしょう。


月々10,000円台で乗れる車をチェックする

最長11年で契約できる

カーリースの月額料金は、残価を差し引いた車両本体価格を契約月数で割って算出されます。そのため、契約期間が長いほど、月額料金を抑えることができます。

また、一般的なカーリースの契約期間は長くても9年となりますが、定額カルモくんなら業界最長の11年契約が可能です。1年から11年のあいだなら1年単位で好きな期間を設定することができ、最長の11年契約であれば、さらに月額料金を抑えて新車に乗れます。

一般財団法人 自動車検査登録情報協会によると、車の平均使用年数は13.87年とされているため、11年契約でも安心して乗り続けることができるでしょう。

マイカーコンシェルジュが在籍している

カーリースは数年単位の長期で利用することが多いため、サポートの手厚い会社を選ぶことも大切です。定額カルモくんには、車の知識が豊富なマイカーコンシェルジュが在籍しており、車選びから契約後のカーライフのサポートまで、車やカーリース全般の疑問や不安な点の相談に乗ってもらえます。困ったことがあれば電話やLINEですぐに相談できるため、初めてカーリースを利用する方でも安心でしょう。

オンラインのお試し審査

自身の年齢や収入、雇用形態などを理由にカーリースの審査に不安がある方は、定額カルモくんの「お試し審査」を受けてみてはいかがでしょうか。お試し審査はオンラインで申込める簡単な審査で、通過後にキャンセルすることはもちろん、車種やプランを変更することも可能です。審査通過後には利用可能な車種を紹介してもらうこともできるため、審査が不安な方でも安心して車を選ぶことができるでしょう。

そのほかにも、定額カルモくんには次のような魅力があります。
・頭金やボーナス払い、残価精算なしの完全定額制
・維持費をフラットにでき、補償内容も手厚いメンテナンスプラン
・7年契約以上なら走行距離が無制限になる
・契約満了時に車がもらえるオプションもつけられる


自分にあったプランを提案してもらえる!かんたん5分お試し審査をしてみる

費用負担を抑えられるカーリースなら、連帯保証人付きで契約しても安心!

費用負担を抑えられるカーリースなら、連帯保証人付きで契約しても安心!

カーリースを契約するにあたって連帯保証人を依頼するとなると、親族とはいえ不安があるかもしれません。しかし、月額10,000円台と費用負担の少ない完全定額制のカーリースなら、利用のハードルを大きく下げられるのではないでしょうか。定額カルモくんのように、料金が安いだけでなく長期契約で費用負担をさらに軽減できて、サポートも手厚いカーリースなら、安心して新車に乗ることができるでしょう。


資料をご覧になりたい方は下のバナーからどうぞ

資料ダウンロード


※記事の内容は2021年12月時点の情報で制作しています。

よくある質問

Q1カーリース契約で連帯保証人が必要となるケースとは?

A:未成年の場合、連帯保証人を求められるのが一般的です。また、リース会社によっても審査基準は異なりますが、ローン審査のように収入や雇用形態、勤続年数などから継続的な収入に不安があるとみなされた場合には、連帯保証人を求められることがあります。

Q2連帯保証人になるための条件は?

A:一般的に連帯保証人は、親や兄弟、配偶者などの親族に依頼することが多いでしょう。また、成人している、安定的かつ基準値を満たす収入がある、税金などに未払金がない、反社会勢力ではない、などの条件を設けている場合もあります。

この記事の執筆者・監修者


伊藤 真二
監修者、編集者、ライター

伊藤 真二

ファイナンシャルプランナー。介護福祉士資格を所有していることから、老後の暮らしや節約・資産運用など、安心できる未来、無駄のない今を生きるためのご提案を多く行う。 また、ニュースメディア、採用メディア、自動車メディアなどのライター・編集者の経験から記事執筆・監修も広く行っている。
お試し審査