ブラックリストでもカーリースを利用できる?審査基準と審査に通る方法を徹底解説

更新日:2024.03.02
カーリースがブラックリスト掲載者も使用できるかということや、ブラックリスト掲載者が審査に通るためのポイントにつ��いて解説する記事であることを示すタイトル画像

「ブラックリストに載ったことが理由で、カーローンを組めないかもしれない」と悩んでいる方は少なくありません。

そのようなとき、新車を手に入れる手段として候補に挙がるのがカーリースです。しかし、いわゆる「ブラックリスト」に載ったことが理由でカーローンを組めなかった方は、カーリースを問題なく利用できるのでしょうか?

そこで、ブラックリストに掲載された経験がある方でもカーリースを利用できるのか、ブラックリストに掲載された方がカーリースの審査に通るためにはどうすればよいのかを解説します。また、ローンの審査に落ちた方でもカーリースを利用できている例をご紹介しましょう。


【この記事のポイント】
✔ブラックリストに掲載されたことがある方でも対策によっては新車に乗れる場合がある
✔カーリースの審査基準として、年収や勤続年数、返済負担率などが挙げられる
✔カーリースの審査が不安な場合は、先に審査結果を確認できる定額カルモくんがおすすめ

審査が不安な方にもおすすめ!業界最安水準のカーリースでお試し審査をしてみる

ブラックリストに載っていてもカーリースは利用できる?

ブラックリスト入りしていてもカーリースは利用できる?をイメージした画像


ブラックリストに掲載されたことがあっても、カーリースを利用できる可能性はあります。ただし、状況によっては審査に落ちることがあります。

では、どのようなケースであれば利用できるのでしょうか。また、ブラックリストに載ったことがあってもカーリースなら利用できるとされるのはなぜでしょうか。

ブラックリストに掲載されてもカーリースを利用できるケース

一般的なカーリースでは、利用に際して審査があります。このため、ブラックリストに掲載されている状態で審査を受けても落ちてしまうケースが大半です。

ただし、ブラックリストの記録はずっと残るわけではありません。記録が消えた後であれば審査に通る可能性があります。

カーリースの審査がカーローンよりも通りやすいといわれる理由

カーリースはその仕組みから、カーローンと比較して審査のハードルを下げやすくなっています。そのため、ブラックリストから記録が消えた後であれば、経済的にゆとりがない状況でもカーリースの審査に通るケースがあると考えられます。

カーリースの審査のハードルが、カーローンの審査よりも下がりやすい理由として、次の点が挙げられます。

・車の所有者がカーリース会社である
カーリースは車を借りて利用するサービスなので、契約期間中も車の名義はカーリース会社のままとなります。信販会社は、もしものときでもカーリース会社が車両を担保すると考える可能性があることから、カーローンよりも審査のハードルが下がるとされます。

・「残価」を設定することで車両本体価格が下がる

カーリースの料金算出のしくみを表した図で、車両本体価格から契約満了時の想定残価を差し引いた部分を契約月数で割って、車両代の支払い分を算出していることを説明した図
カーリースの料金算出のしくみを表した図で、車両本体価格から契約満了時の想定残価を差し引いた部分を契約月数で割って、車両代の支払い分を算出していることを説明した図

カーリースでは上の図に示したように、契約時に契約満了時の想定下取り価格である「残価」を設定し、車両本体価格から差し引いた上で月額料金を設定します。これにより、審査対象となる車両本体価格が安くなるので、審査のハードルが下がるとされています。

メリットが豊富にそろったカーリースを詳しくみる

ブラックリスト入りをしても、カーリースを利用できた方の体験談

ブラックリスト入りしてもカーリースを利用できた方は、どのように審査をクリアしたのでしょうか。利用した会社や工夫したことなど、体験談*を見ていきましょう。


40代・男性

トヨタ「プリウス」に月額30,000円で乗っています。延滞でブラックリスト入りしたことでローンが組めず、中古車を現金で購入することも考えましたが、自社リースで車に乗ることができました。カーリースはさまざまな費用を月額料金にコミコミにできるので、わかりやすい点がいいと思います。

20代・女性

延滞があったことでブラックリストに掲載され、そのせいでカーローンが組めず困りました。カーローンの審査に落ちた3ヵ月後に自社リースの審査に通り、現在はスズキ「スペーシア」に月額20,000円で乗っています。カーリースはずっと定額なのが魅力ですが、今利用しているサービスは7年経たないと乗り換えられないのが不便だと感じています。

20代・女性

滞納があったことでブラックリストに掲載されました。なかなか審査に通らなかったので、ブラックリストから記録が消えるのを待って、一般的なカーリースで審査を受けたら通りました。審査にあたっては、頭金を入れて審査対象となる金額を減らす工夫を行いましたね。現在はトヨタ「ヴォクシー」に月額50,000円で乗っています。


このように、ブラックリストに掲載された方は、自社リースを利用したり、記録が消えるのを待ったりすることで、カーリースで車に乗ることができたようです。頭金を入れて審査に通った方もいることから、審査基準について知り、対策を立てることはカーリースを利用するうえで重要でしょう。

*カルモマガジン編集部が、チャット調査ツール「Sprint」にて2023年4月20日に「ブラックリストに掲載されたことがあるが、カーリースを利用できた方」を対象として行ったインターネット調査を基に掲載

カーリースの審査基準は?審査で見られるポイント

カーリースの審査基準は?審査で見られるポイントをイメージした画像

これまで述べたとおり、ブラックリストから記録が消えれば一般的なカーリースでも審査に通る可能性があります。また、自分ではブラックリストに掲載されていると思っていても実際には掲載されていないこともありえます。
ただし、審査基準は明らかにされないので、ブラックリストの履歴が消えたからといって審査に通るとは限りません。少しでも多くの条件を満たしておくことが審査に通過するうえで重要です。

年収が200万円以上である

カーリースを利用するには、毎月の料金を支払い続ける能力が必要とされることから、審査項目に年収が含まれていることが多い傾向があります。
一般的には、年収が200万円以上であることが審査に通過するための条件のひとつとされています。ただし、年収が200万円未満だと絶対に審査に通らないわけではありません。年収以外の条件で基準を満たせたり、保証人をつけたりすることで審査に通るケースもあります。

勤務先や雇用形態が安定している

カーリースの審査では、勤務先や雇用形態もチェックされます。カーリースは複数年にわたって契約することから、安定して支払い続ける能力があるかどうかが見られるのです。
大手企業に勤めていたり、公務員だったりする場合は審査に有利になる傾向があります。また、正社員のほうが契約社員やパート、アルバイトなどの非正規雇用よりも審査に通りやすいでしょう。

ただし、中小企業勤務や非正規雇用でも、年収や勤続年数の状況次第で審査に通過することは可能です。

勤続年数が1年以上である

勤続年数は収入の安定性の根拠となることから審査でチェックされる傾向があります。たとえ大手企業に勤めていても、すぐに退職してしまうリスクがあると判断されると、審査に落ちる可能性が高くなるでしょう。

審査に通るには、一般的に勤続年数が1年以上必要だとされています。このことから、転職直後や社会人になったばかりの方は審査で不利になりやすく、入社から1年以上経ってから審査を受けるようにしたほうがいいといえます。

年齢制限を満たしている

一般的にカーリースには年齢制限があります。若年者・高齢者ともに支払能力や運転技術に不安があると想定されることから、年齢制限は20~75歳程度とされている傾向があります。
年齢制限を満たしていないと審査に申し込めないのでカーリースを利用できません。また、75歳以下であっても、契約満了時にこの制限を超えてしまう場合には審査に通らない可能性があります。

ただし、20歳以下の場合は、保証人をつけることで審査に申し込むことが可能なケースもあります。また、年齢制限のないカーリースを選ぶのもひとつの方法です。

持ち家など資産がある

資産があるかどうかもリース料金の支払能力の有無を判断するうえで参考にされます。例えば、持ち家は資産とみなされ、審査に有利に働くことがあるでしょう。なお、賃貸だったり、資産がなかったりするからといって審査に不利になるわけではありません

年間の返済額が年収の約3分の1を超えていない

返済負担率について表した図。返済負担率の目安は、住宅ローンの返済やカーリースの利用料などすべての年間の返済額が年収の30~35%。返済負担率(%)は年間の返済額÷年収×100で求められる。

カーリースの審査では、年収に占める年間の返済総額を示す「返済負担率」も重要です。返済負担率は一般的に年収の3分の1程度とされ、これを超えていると審査に不利になる傾向があります。

なお、返済負担率は住宅ローンやクレジットカードなどの返済額と合わせた金額で判断されます。そのため、すでに多くの返済を抱えていると、カーリースの料金を含めることで基準を超えてしまう可能性があります。繰上返済が可能なものがあれば完済して、返済負担率が下がるようにしましょう。



審査に通るかどうか不安なら、「おトクにマイカー 定額カルモくん」の「お試し審査」がおすすめです。通常、翌営業日にはカーリースの「定額カルモくん」を利用できるか、審査の結果を知ることができます。また、一番安い利用料金で審査を受ければ、審査のハードルをさらに下げられます。

審査に通過した後に車種の変更やキャンセルも可能です。まずは下のボタンから審査に通るかチェックしてみましょう。


ひとまず一番安い料金で_お試し審査

※審査に通ってもキャンセル可能です



ブラックリスト掲載者がカーリースの審査に通る方法

ブラックリスト掲載者がカーリースの審査に通る方法をイメージした画像

ブラックリスト入りしていても、以下の方法をとることで審査に通過できることがあります。カーリースを利用できる可能性を少しでも高めるために見ておきましょう。

ブラックリスト掲載者ができる対策1. 自社リースを利用する

自社リースは一般的なカーリースよりも審査に通りやすいとされています。なぜなら、一般的なカーリースではほとんどの場合、信販会社を通して審査が行われるのに対し、自社リースではカーリース会社が独自に審査を行うので、ブラックリストの情報が掲載されている個人信用情報を照会しないケースが多いからです。

ただし、自社リースを提供している会社は少ないことに加え、車種が限られていたり、少しでも支払いが滞ると車を引き揚げられてしまったりといったリスクもあることから、慎重に検討するようにしましょう。

ブラックリスト掲載者ができる対策2. 連帯保証人を立てる

自社リースの審査に通らなかった場合でも、連帯保証人を立てることで審査に通るようになる場合があります。ただし、重い責任を負わせてしまうことになるので、迷惑をかけることのないようしっかりと資金計画を立てたうえで相談しましょう。親族など、身内に依頼するのが一般的です。

なお、一般的に連帯保証人には安定した収入と、過去に金融事故などを起こしていないことが求められます。年金暮らしの両親などでは連帯保証人として不十分な可能性が高いことから注意が必要です。

ブラックリスト掲載者ができる対策3. 金融事故の情報が消えるまで待つ

ブラックリストに掲載された金融事故の記録は、一定期間経過後に削除されます。削除までの期間は内容にもよりますが、一般的に完済や破産などから5~7年ほどとされています。記録が削除されるまであと少しという場合は、それまで待つのもひとつの手段といえるでしょう。

ブラックリストに載っていた方でも利用できる可能性のあるカーリース

カーリースの「おトクにマイカー 定額カルモくん」なら、日本最安水準の月々10,000円台から国産新車に乗れるということを表した図

ブラックリストに載ったことがある方に最もおすすめのカーリースは、「おトクにマイカー 定額カルモくん」です。定額カルモくんはブラックリストから履歴が消えた後であれば利用することができ、業界最安水準*の料金設定であることから審査に最も有利なカーリースです。
定額カルモくんがブラックリスト掲載者におすすめの理由を以下で詳しく見ていきましょう。

月々10,000円台から利用できるので、審査対象となる金額を抑えられる

カーリース独自の仕組みである残価設定により車両本体価格を全額支払う必要がないことから、定額カルモくんでは審査のハードルが下がりやすくなっています。さらに、業界最安水準*の料金設定で、月々12,490円から新車に乗ることが可能です。

料金が安いことで審査に通過する条件を満たしやすくなっているので、ブラックリストに載ったことがあって審査に不安を感じていても、ほかのカーリースと比較して審査に通る可能性を高められるでしょう。

11年の長期契約により月額料金を下げやすい

カーリースの月額料金は総額を契約月数で割って算出されることから、契約期間が長くなるほど月額料金が安くなります。定額カルモくんは最長11年での契約が可能であり、長期契約により審査対象となる金額を下げやすくなっていることで審査のハードルが下がります。

なお、カーリースの中には、頭金やボーナス払いによって月額料金を下げている会社もあります。このようなサービスを選んでしまうと、契約時やボーナス月にまとまった費用が必要になってしまいます。その点、定額カルモくんは頭金・ボーナス払いともに不要なので、最初から最後まで一定の安い月額料金で、安心して利用できます。

「お試し審査」で審査に通るか事前に調べられる

定額カルモくんでは、「お試し審査」によりサービスを利用できるか事前に確認できます。オンラインで5分程度の入力で申込みが完了し、通常翌営業日には審査結果を知らせてもらえます

最も審査に通る可能性を高められる最安の車種で申し込むことで、定額カルモくんで新車に乗れるかがわかります。車種やプランは審査に通った後で変更可能です。下のバナーからまずはお試し審査に申し込んでみましょう。


車種やプランは後から変えられる_ひとまず一番安い料金でお試し審査をしてみる

※審査に通過してもキャンセル可能です


*文末の制作日における調査結果に基づく。調査概要はコンテンツポリシー参照

ブラックリストに載っていた方におすすめ車種は?

ブラックリストの履歴が消えても、高額な車種で申し込めば審査に通る可能性は低くなってしまいます。ブラックリスト掲載後にカーリースで車を持てる可能性を高めるには、月額料金の安い車種で審査に申し込むのがおすすめです。
そこで定額カルモくんを例に、月額料金が安い3車種をご紹介します。


〈定額カルモくんにおける月額料金の安い車種ランキング(新車)〉

順位 車種 月額料金
1 ダイハツ「ミライース」 12,490円~
2 トヨタ「ピクシスエポック」 13,040円~
3 スズキ「アルト」 14,690円~

※ランキングは2023年6月15日時点の情報を基に作成しており、月額料金は変わることがあります

表を見てわかるとおり、すべて軽自動車となっています。負担を減らせることに加えて、取り回しも楽なので、車種にこだわりがなければ軽自動車を検討してみるのもいいでしょう。

ブラックリストに載る条件と審査で不利になる理由

ブラックリストに載る条件と審査で不利になる理由をイメージした画像

ここまで、ブラックリスト掲載者のカーリース利用について見てきましたが、どのような状態だとブラックリストに掲載されるのでしょうか。また、なぜブラックリストに載ると審査に不利になるのでしょうか。ブラックリスト入りしてしまう状況を避けるためにもチェックしておきましょう。

ブラックリストに載る条件

実は、金融業界において「ブラックリスト」というリストが存在するわけではありません。延滞や自己破産などの金融事故情報が、全国銀行個人信用情報センター(KSC)やシー・アイ・シー(CIC)、日本信用情報機構(JICC)といった個人信用情報機関に登録された状態を「ブラックリストに載っている」と表現しています。

ブラックリストに載るおもな条件は下記のとおりです。なお、金融事故情報についての明確な定義はなく、どのような情報をもって事故情報と捉えるかは貸金業者によって異なる可能性があります。

・長期延滞
クレジットカードやローン、携帯端末代金などの返済や支払いを61日以上または3ヵ月以上延滞した。
・代位弁済
返済不能になり、保証会社が本人の代わりに返済を行った。
・強制解約
長期の延滞や契約違反によって、クレジットカードなどの契約を強制的に打ち切られた。
・債務整理
借金の返済ができなくなり任意整理や自己破産を行った。

※上記はあくまでも一例となります

ブラックリストに載ると、審査で不利になる理由

ブラックリストに掲載されているとそれだけで返済能力や社会的信用が不十分であるとみなされてしまいます。また、ブラックリストを含む個人信用情報は各信用情報機関で共有されます。
このため、ブラックリストに掲載されるとカーリースだけでなく、カーローンやクレジットカードの新規発行など、あらゆる審査で不利になってしまうのです。

ブラックリスト入りしているかを調べる方法

ブラックリスト入りしているかを調べる方法をイメージした画像

自身が現在ブラックリストに載っているかどうかは、個人信用情報機関に情報開示請求を行うことで確認できます。各機関の手続き方法は以下の表のとおりです。


〈情報開示請求の申込み手続き〉

全国銀行個人信用情報センター(KSC) シー・アイ・シー(CIC) 日本信用情報機構(JICC)
窓口 休止中
郵送

(「本人開示手続き利用券」1,124~1,200円の購入が必要)

(手数料1,500円が必要)

(手数料1,000円が必要)

インターネット

(手数料1,000円が必要)

(手数料500円が必要)

スマートフォン

(手数料1,000円が必要)

(手数料500円が必要)

(手数料1,000円が必要)


金融機関の情報は全国銀行個人信用情報センター(KSC)が、クレジットカードやカードローンなどの情報はシー・アイ・シー(CIC)や日本信用情報機構(JICC)が管理しています。心当たりのある情報を管理している機関に開示請求をしてみましょう。
なお、いずれの機関でも500~1,500円の開示手数料が必要です。

ブラックリストに載っていても対策次第で審査に通る可能性はある

ブラックリストに載っていても対策次第で審査に通る可能性はあるをイメージした画像

ブラックリストに載っていたとしても、個人信用情報機関に金融事故情報が登録されてから一定期間経過していたり、適切な対策をとったりすることでカーリースの審査に通る可能性はあります。ただし、ブラックリストに掲載されていると審査で不利になりやすいのも事実なので、審査に通りやすいカーリースを選ぶことが重要です。

定額カルモくんなら、業界最安水準*の月額料金であることで、審査のハードルが下がりやすくなっています。また、「お試し審査」により審査に通るかあらかじめ確認できます。一番安い車種なら審査のハードルもその分低くなるので、下のバナーからとりあえず申し込んでみましょう。


ひとまず一番安い料金で_お試し審査

※審査に通っても契約にはなりません


*文末の制作日における調査結果に基づく。調査概要はコンテンツポリシー参照



サービス資料(パンフレット)もございます。


サービスガイド

カーローンで購入した場合との費用比較や、大手リース他社とのサービス・料金比較、素朴な疑問への回答など、詳しくご紹介しています。


定額カルモくんを資料で詳しく知る



※この記事は2023年6月16日時点の情報で制作しています

よくある質問

Q1ブラックリスト掲載者でもカーリースの利用は可能?

A:ブラックリストに載っている方でも、カーリースなら利用できることがあります。中でも、定額カルモくんなら月額料金が安いので審査のハードルを下げやすいことに加え、「お試し審査」でカーリースを利用できるか簡単に確かめられます。定額カルモくんについて詳しくはこちらをご覧ください。

Q2ブラックリスト掲載者がカーリース審査に通るためにできる対策は?

A:自社ローンを利用する、ブラックリストの情報が消えるまで待つなどの対策が有効です。ブラックリスト掲載者がカーリースの審査に通るための対策について詳しくはこちらをご覧ください。

Q3ブラックリスト入りしているかを調べる方法は?

A:KSC、CIC、JICCといった信用情報機関に信用情報の開示請求を行うことによって調べられます。ただし、いずれの機関においても利用券の購入や手数料といった費用がかかります。各信用情報機関について詳しくはこちらをご覧ください。

この記事の執筆者・監修者


伊藤 真二
監修者、編集者、ライター

伊藤 真二

ファイナンシャルプランナー。介護福祉士資格を所有していることから、老後の暮らしや節約・資産運用など、安心できる未来、無駄のない今を生きるためのご提案を多く行う。 また、ニュースメディア、採用メディア、自動車メディアなどのライター・編集者の経験から記事執筆・監修も広く行っている。

まずは審査に通るか試してみる_追従

まずは審査に通るか試してみる_追従