カーリースとローン審査の違いは?審査基準や不安な場合の対処法を紹介

更新日:2022.06.12
カーリースとローン審査の違い

カーリースを利用するためには、ローンと同様に審査を受ける必要があります。それでは、カーリースとローンの審査ではどのようなことを確認されるのでしょうか?ここでは、カーリースとローンの違いや一般的な審査内容について解説します。

そもそも、審査に通るのか不安に感じている方もいるでしょう。カーリースではローン審査に通らなかったことがある方が審査に通過し、カーライフを始められたケースもあります。審査に不安がある方は、まずはキャンセルも可能な「お試し審査」があるカーリースで審査に通るか試してみてはいかがでしょうか?


まずは審査に通るか試してみる

※審査に通っても契約にはなりません

安心してお申し込みください


【この記事のポイント】
✔カーリースやローンの審査では年収や雇用形態などの属性情報を申告するのが一般的
✔審査に通るか不安な場合は、事前に収支のバランスや信用情報などを確認すると安心
✔カーリースの「お試し審査」なら気軽に審査に通るか確かめられる


マイカーが貯金ゼロでも持てる

カーリースとローンの審査の違いとは?

カーリースとローンの審査の違いとは?

カーリースにもローン審査と同じように審査がありますが、そもそもカーリースとローンではしくみが異なるため、審査基準にも違いがあります。ここでは、カーリースとローンのしくみや審査基準の違いを確認しましょう。

しくみの違い

カーリースとローンはいずれも車に乗るための方法ですが、しくみが大きく異なります。

まず、カーリースは契約者が希望する車をリース会社が代わりに購入し、契約期間中貸し出すサービスです。契約者はリース会社に対して毎月リース料金を支払い、マイカーのように長期的に車を利用します。一方、ローンは車を購入するためにかかるお金をローン会社から借りるものです。ローンを利用した場合、借りたお金を毎月少しずつ返済していくことになります。

つまり、カーリースは期間が決まっている賃貸であり、ローンは代金を分割払いするものです。なお、カーリースの場合はリース会社が車を所有していることから納税義務者もリース会社となるため、契約者は税金に関する手続きをリース会社に任せることができます。

審査基準の違い

カーリースもローンも、契約するためには審査に通過しなければなりません。それぞれのサービスの性質上、毎月の支払いや返済を滞りなく行えるか審査によって判断した上で利用者を決める必要があるからです。

カーリースの場合、明確な審査基準は公表されていません。しかし、多くのカーリースでは信販会社が審査を行っています。信販会社の審査基準はローン審査のように、年収や勤続年数などの属性情報を確認するのが一般的です。

ただし、カーリースもローンも必ず信販会社が審査をするとは限りません。独自審査を採用している会社も存在し、その場合は審査基準の詳細が変わることを覚えておきましょう。

カーリースやローン審査対象となる内容

カーリースやローン審査対象となる内容

カーリースもローンも、利用するためには基本的に審査が避けられません。審査基準は利用するリース会社やローンの種類でも異なりますが、ここでは一般的に審査時に申告する項目を、ローンの融資条件を例に解説します。

年収

審査で確認されやすい項目として、まず年収が挙げられます。カーリースでは審査における具体的な年収の基準が公表されているわけではありませんが、ローン審査の場合は年収200万円以上を基準としているところが多いです。

しかし、年収200万円であれば必ず審査に通るとは限りません。基準となる年収を公表していない金融機関もある上に、審査ではほかのさまざまな条件も確認されるため、年収200万円以上というのはあくまで基準のひとつと覚えておきましょう。

職業

契約者の情報として、職業も審査の際に確認されやすいです。安定している職業に就いている方であれば、毎月の返済もスムーズに行ってくれるだろうと判断されるからです。一般的に審査に有利になりやすいのは、公務員や上場企業の正社員などといわれています。ただし、これらがローンの融資条件として明記されることはあまりありません。

勤続年数

職業とともに確認されやすいのが、勤続年数です。ローンの返済は数年にわたるため、同じ職場で長く働いている方であれば、今後も働き続けて安定した収入を得られるだろうと判断されやすいでしょう。

雇用形態

ローン審査では、年収だけでなく雇用形態も確認される傾向があります。毎月発生する返済を確実に行ってもらうため、ローン会社は収入の安定性を重視することが多く、実際にローンの融資条件を確認すると、「安定した収入のある方」と明記されていることもあります。

一般的には、フリーターやアルバイトなどの非正規雇用者、自営業者などは収入の安定性が低いとされ、正社員よりも審査が不利になりやすい傾向にあります。とはいえ、フリーターや自営業者などが絶対にローン審査に通らないというわけではありません。融資条件に「パートやアルバイトは不可」などと明記されていない場合は、安定した収入があると判断されれば審査に通る可能性があります。

借入額

ローンの融資条件として、現在の借入額が確認されることも多いです。車の購入にあたってその金融機関以外からの借入れがないことを条件としていることもありますが、明記されていない場合でもほかからの借入れがあると、審査に不利になりやすいでしょう。

すでにほかの金融機関から借入れを行っている場合、車を購入するためにローンを組むと返済が二重になってしまいます。その結果返済額が増え、負担が大きくなり、返済が滞るおそれがあると考えられるため、審査に通りにくくなる可能性があります。

信用情報

信用情報は契約者みずから申告するものではありませんが、ローン審査で確認されやすい項目です。信用情報はこれまでのローンやクレジットカードの契約などに関する個人の情報のことで、支払い状況や残高などが記録されています。これまでにクレジットカードの利用料金や税金などの滞納や支払い遅延があった場合や、ローンやキャッシングを利用している場合は、ローン審査で不利になる可能性があります


ローン審査に落ちた方が利用しているカーリースとは?

審査が不安なときにあらかじめやっておきたいこと

審査が不安なときにあらかじめやっておきたいこと

カーリースの審査はローン審査のように明確に基準が示されていることが少ないため、審査に通らないことに不安を感じる方もいるかもしれません。カーリースの審査にスムーズに通過できるよう、以下のことを審査前に実践しておきましょう。

収支のバランスを確認する

年収の割に毎月のリース料金が高いと、カーリースの審査に通りにくくなる可能性があります。年収に対して、リース料金があまりにも高いと月々の支払いが難しいと判断されやすいためです。

そのため、カーリースの審査に申し込む前に必ず収支のバランスを確認し、現在の収入で問題なく支払っていけるリース料金になるよう調整しましょう。収支のバランスを確認するときは、生活費だけでなくリース料金のほかに支払わなければならない公共料金やローンなどの支出も忘れずに算出してください。

未払いや滞納は解消する

カーリースの審査に申し込む前に、税金や携帯電話、クレジットカードなどの料金が未払いになっていないか確認しましょう。これらの料金が未払いだったり支払いを滞納していたりすると、毎月のリース料金の支払いにも不安があると判断されやすく、カーリースの審査に通りにくくなる可能性があります。支払い忘れている料金がある場合は、すみやかに支払いを済ませましょう。

信用情報をチェックする

自身の信用情報に不安がある場合は、カーリースの審査に申し込む前に確認することをおすすめします。支払い遅延や自己破産などの情報がブラックリストに載っていると、審査に通りにくくなる可能性があるからです。

携帯電話の料金を一度払い忘れた、少額のキャッシングを返済し忘れたなど、自分でも気づかないままブラックリストに載ってしまっていることもあります。カーリースの審査が不安であれば、CIC(割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関)やJICC(指定信用情報機関 株式会社日本信用情報機構)、JBA(全国銀行個人信用情報センター)などの機関に自身の信用情報の開示を求めましょう。

これらの情報も確認できたら、オンラインで簡単に受けられる「お試し審査」で審査に通るかどうか試してみませんか?


まずは審査に通るか試してみる

※審査に通っても契約にはなりません

審査に通らなかったときの対処法はある?

審査に通らなかったときの対処法はある?

カーリースの審査基準が明確に示されていない以上、きちんと準備をして臨んでも審査に落ちてしまうことがあります。そのような場合、審査に落ちた原因を解消せずに申し込んでも結果は変わらないので、対処をしてから再挑戦するようにしましょう。

連帯保証人を立てる

収入や信用情報などに原因があったと考えられる場合は、連帯保証人を立てることも検討してみてください。連帯保証人を立てると、契約者の支払い能力に不安がある場合でもカーリースの審査に通りやすくなります。連帯保証人は親族であれば誰でもいいというわけではなく、成人していて安定した収入があり、信用情報に問題がない方でなければならないため注意しましょう。

車種やグレードを変える

借りる車種やグレードを変えることで、カーリースの審査に通りやすくなることもあります。カーリースの月額料金は、車種によって大きく異なります。さらに同じ車種であってもグレードが異なると、安くても数千円、高ければ10,000円以上、月額料金に差が出ることもめずらしくありません。

カーリースの魅力は好きな車に乗れることですが、背伸びをして審査に落ちてしまってはそもそもカーライフを始められないため本末転倒です。支払う予定の月額料金に少しでも無理があると感じた場合は、希望車種を変えたりグレードを下げたりしてみましょう

頭金を用意する

頭金を用意することで、審査に通りやすくなるカーリースもあります。カーリースは頭金を必要としないケースが多いですが、頭金を設定できる場合は支払うことで、十分な貯金があり支払い能力を有していると判断してもらえる可能性が高いです。ただし、頭金を用意する場合は契約時にまとまったお金が必要になるため、定額制というカーリースの特性を活かせず、一時的に支出が多くなってしまうので注意しましょう。

リース会社を変える

希望していたカーリースの審査に落ちてしまった場合は、リース会社を変えてみるのもひとつの方法です。リース会社が変わると審査基準も変わる場合があるので、同じ条件でも審査に通る可能性があります

また、月額料金が安いカーリースを選ぶと、月々の負担が少なくなるため審査に通りやすくなることもあるでしょう。一度審査に落ちてしまったけれどどうしてもカーリースを利用したいと考えている方は、月額料金が安いカーリースを選んでみましょう。

審査に不利な原因を解消する

自身の属性情報を振り返ってみて、カーリースの審査に不利に働きそうな原因があると判明した場合は、再び審査に申し込む前に解消しておきましょう。カーリースの審査基準は明確にされていないことが多いですが、数年にわたって支払いが続く性質上、クレジットカード利用額の未払いや税金の滞納などがあると審査に通る可能性は低くなります。

また、一般的に他社からの借入れがあったり自己破産から10年が経過していなかったりする場合なども、審査に通りにくいといえます。さらに、これらの原因を解消しても、1度目の審査から期間を空けずに申し込むと再び落ちてしまう可能性が高まるため、少し期間を空けてから再び申し込むのがおすすめです。

カーリースにはローン審査に落ちた経験のある利用者もいる

カルモ契約者_Kさん

カーリース利用者の中には、ローン審査に落ちてカーリースにたどり着いた方もいます。川崎市在住のKさん(40代)は、現在はカーリースを利用して車に乗っていますが、もともとは車を購入しようと考えていたそうです。しかし、携帯電話の料金を支払うのを忘れたことがあり、それが原因となってローン審査に落ちてしまいました。

そこで、審査基準の異なるカーリースであれば審査に通るのではないかと考え、定額カルモくんに申し込んで無事審査を通過し、現在はお気に入りの車でカーライフを楽しまれています。

このように、ローン審査に不安がある方でも、カーリースなら審査に通る可能性があります
さらに、定額カルモくんは、月々11,220円からと、月額料金を安く抑えられるカーリースです。毎月支払う料金が安く済むことで、年収が高くなくても審査に通る可能性が高まります。ローン審査に落ちてしまった方やカーリースの審査に通るか不安な方は、月額料金を抑えられる定額カルモくんがおすすめです。

定額カルモくんには希望する車のタイプを選ぶだけで簡単に申し込める「お試し審査」があります。カーリースを利用できるかどうかがすみやかにわかるので、まずはお試し審査を受けてみてはいかがでしょうか?


一番安い車種

ローン審査が不安なら月額料金の安いカーリースを利用しよう

ローン審査が不安なら月額料金の安いカーリースを利用しよう

カーリースはローン審査のように審査基準が明確にされていないことが多いですが、毎月支払いが発生する性質上、年収や勤続年数などの属性情報は確認されることが多いです。カーリースの審査に通るためにできることはいくつかありますが、審査が不安であればできるだけ月額料金が安いカーリースを利用してみましょう。


資料をご覧になりたい方は下のバナーからどうぞ

資料ダウンロード


※記事の内容は2022年1月時点の情報で制作しています。

よくある質問

Q1カーリースとローンの審査の違いは?

A:基本的にそれぞれのサービスによって審査基準は異なります。ただし、信販会社を通して審査を行う場合は、カーリースとローンの審査基準が近い内容となることがあります。一般的には、年収や勤続年数といった属性情報を申告することが多い一方で、独自審査を行っている場合は審査基準がやさしくなることも考えられます。

Q2カーリースの審査が不安な場合の対処法はある?

A:カーリースの審査に申し込む前に、月額料金を無理なく支払っていけるか収支のバランスを確認しましょう。また、未払いや滞納がある場合はあらかじめ解消しておくと安心です。自身の信用情報に不安がある場合は、信用情報機関に情報照会をして、問題がないか確認しておくことをおすすめします。

この記事の執筆者


伊藤 真二
監修者、編集者、ライター

伊藤 真二

ファイナンシャルプランナー。介護福祉士資格を所有していることから、老後の暮らしや節約・資産運用など、安心できる未来、無駄のない今を生きるためのご提案を多く行う。 また、ニュースメディア、採用メディア、自動車メディアなどのライター・編集者の経験から記事執筆・監修も広く行っている。
お試し審査