カーリース審査に通らないときの対処法は?審査条件や通過のポイントを解説

公開日:2021-08-04更新日:2021-09-09

カーリースの審査について

カーリース契約には年収や債務履歴などによる審査があり、通過しなければ利用することができません。そのため、就業状況や過去の支払い遅延などが原因で、審査に通らずに困っている方もいるでしょう。

そこで、一般的なカーリースの審査条件や通過のポイントを基に、審査に通らないときの対処法をご紹介します。なお、ここで紹介する対処法は一般論であり、定額カルモくんの審査に通過できることを保証するものではありません。

カーリースの審査に通らない理由とは?

カーリースの審査に通らない理由とは?

一般的にカーリース契約では、年収や過去の債務履歴などが審査対象となります。ここでは、カーリース契約における一般的な審査項目を基に、審査に通らない理由をご紹介します。すでに審査に落ちてしまい、その理由がわからないという場合には、審査内容を踏まえて自分の状況を見直してみましょう。

なお、これらに該当した場合も、審査に通らないときの対処法を行うことで審査に通過できることがあります。

年収

カーリースの審査では継続的に料金を支払えるかどうかを審査するため、年収は重要な審査条件とされています。銀行のカーローンでは200万円以上を条件にしている場合が多いので、ひとつの目安となるでしょう。なお、アルバイトやパートなどの非正規雇用は収入の安定性が低いと判断され、審査に落ちてしまうことも考えられます。

年齢

カーリース会社によって対象年齢の違いはありますが、20~75歳などと年齢制限を設けているのが一般的です。未成年や高齢者は収入の安定性が低いため、年齢制限があったり保証人が必須となっていたりするケースがあります。

また、対象年齢においても、申込み時の年齢を対象としているケースや、契約期間満了時の年齢を対象としている場合もあります。そのため、申込みの際にはどちらを対象としているのか、契約条件を確認しておくといいでしょう。

勤続年数

カーリースの審査では、安定して収入があるかどうかが重視されます。そのため、勤続3年以上など、勤続年数が長いほど収入の安定性が高いと評価され、審査に有利になるとされています。一方、勤続年数が1年未満の場合などには、収入の安定性が低いと評価され、審査に不利になる可能性があります。

債務履歴

過去に組んでいたローンやキャッシング、クレジットカードの支払いなどの滞納や遅滞、未払いなどの情報はCICなどの信用情報機関に一定期間、記録されています。審査時には信用情報機関の情報が照会され、支払いの遅延や滞納、未払いの情報が保管されているあいだは審査に通りにくくなってしまいます。また、これらの情報は遅延などの解消から1~5年間保管されます。

支払い状況

過去の借入れだけでなく、キャッシングやカードローン、住宅ローンなどの借入れや支払い状況も審査に影響します。そのため、申込み時点で収入に見合わない借入れをしている場合、支払いが滞る可能性があると判断され、審査に落ちてしまうことがあります。キャッシングのほかにも、住宅ローンや携帯電話の割賦払いなども、借入れと同様に審査の対象になります。

住居

カーリース契約では、収入と支出のバランスも含めて審査が行われるため、持ち家か賃貸か、所有者が誰なのかなど、住まいに関する情報も審査対象となります。なお、自己所有の場合には、資産として考慮される場合もあります。


カーリースの審査についてさらに詳しく知りたい方はこちら

一番安い車種で審査してみる

カーリースの審査に通らない!となる前に知っておきたい対処法

カーリースの審査に通らない!となる前に知っておきたい対処法

このようにカーリース契約では、さまざまな理由で審査に通らないことがあります。しかし、基本的に審査のないカーリースはありません。そのため、審査項目に不安がある方がカーリースの審査に通過するためには、保証人を立てたり頭金を用意したりして、審査に通るための工夫をする必要があります

そこで、カーリースの審査に通らずに困っている方や、審査に不安がある方のために、審査時に行っておきたい対処法を見ていきましょう。

保証人を立てる

未成年や主婦、パートやアルバイトなど、収入が安定していないケースや年収が低い場合は、親族など安定した収入のある保証人を立てることで審査に通過できることがあります。なお、保証人は契約者の代わりに支払いの責任を負うことになるため、安定した収入がある方にお願いするのがいいでしょう。

カーリース料金が安い車に変更する

カーリースの審査では、年収などの条件を基に、選んだ車種のカーリース料金が問題なく支払えるかをチェックします。そのため、年収に見合っていない料金の場合、審査に落ちてしまう可能性が高いでしょう。
もし審査に落ちてしまった場合には、安い車種に変更するか、グレードを下げたりオプションを外したりして、料金を下げることで審査に通る可能性があります。

事故情報を解消する

審査条件をクリアしているはずなのに審査に落ちてしまう場合には、過去の支払いの遅延や未納などの事故情報が記録されているケースも考えられます。CICやJICCなどの信用情報機関では、開示請求をすることで信用情報の照会ができるので、自身の状況を確認しておくのがおすすめです。

なお、開示請求で未払いが発覚し、すぐに支払いを行った場合でも、解消からしばらくは記録が残ってしまいます。記録が消えるまで期間を空けてから、改めて審査を受けましょう。

家族の名義で申し込む

ここまでに紹介した方法でも審査に通るか不安な場合には、安定した収入のある家族の名義で申し込んでもらう方法もあります。しかし、カーリースでは利用者と契約者が同一でなくてはいけない場合もあるため、事前に確認しておきましょう。

定額カルモくんなら審査もオンラインで簡単にできる

定額カルモくんなら審査もオンラインで簡単にできる

カーリースの定額カルモくんでは、オンラインで簡単に審査が受けられます。運転免許証を用意して、申込みフォームから必要な項目を入力するだけで審査が受けられるので、気軽にお試しいただけます。なお、審査結果は通常は翌営業日、最大で3営業日以内にメールで届くので、スムーズに審査結果を確認することが可能です。

審査を受けやすいことのほかにも、月々10,000円台という料金の安さも定額カルモくんの魅力のひとつです。頭金なし、初期費用も不要なので、気軽にカーライフを始めることができます。また、国産メーカーの全車種、全グレードから好きな新車を選ぶことができるので、豊富な選択肢の中から安いカーリース車を選びたい方にもおすすめです。


定額カルモくんなら簡単に審査が受けられる

早速リースを探すならこちら

新車TOPページへ安い順で探す人気車種で探す
気になるモデルがある場合は、メールやフリーダイヤルを利用して気軽に質問してください。知識の豊富な専門家が最適な車選びをサポートいたします。

メールフォーム

フリーダイヤル

審査に不安があるならマイカーコンシェルジュに相談してみよう

審査に不安があるならマイカーコンシェルジュに相談してみよう

カーリースの審査内容はサービスによって異なり、明確な基準は明示されていないことがほとんどです。そのため、できるだけ安い車種を選ぶなど、審査に通りやすい条件で申し込むことも大切です。定額カルモくんなら月々10,000円台からという低価格で利用できるので、審査に不安がある方でも受けやすいのではないでしょうか。

また、定額カルモくんでは、マイカーコンシェルジュが契約前のサポートも行っているので、車種選びなどもお気軽にご相談ください。

よくある質問

Q1:カーリースの審査に通らないことはある?

A:審査条件はサービスによって異なりますが、申込み時の年収や年齢などによっては審査に通らないこともあります。

Q2:カーリースの審査条件とは?

A:一般的に年収や年齢、勤続年数、債務履歴、住居の情報などを基に審査が行われます。

Q3:審査が簡単なカーリースはある?

A:定額カルモくんなら、オンラインで簡単に審査が受けられます。手続きに必要な時間は5分程度で、運転免許証があれば申込みが可能です。

関連記事