自社審査のカーリースってどう?メリットやデメリット、審査時の対策を紹介

公開日:2021-09-05更新日:2021-09-09

カーリースの自社審査について

審査基準のきびしい信販会社の審査に比べて、自社審査は審査に通りやすいといわれています。しかし、一般的なカーリースでも審査基準によっては、審査に通る可能性もあります。そこで、自社審査のカーリースを利用するメリットやデメリットに加えて、一般的なカーリースでも審査に通りやすくなるポイントを紹介します。

【この記事のポイント】
✔カーリースの中には、自社審査を行っている会社もある
✔自社審査は、審査基準がやさしい傾向がある
✔一般的なカーリースでも審査に通りやすくなる方法がある

自社審査とは?自社審査をするカーリースはある?

自社審査とは?自社審査をするカーリースはある?

カーリースは長期で契約することが多いため、毎月のリース料金を支払えるかどうかを契約前に審査するのが一般的です。多くのカーリースでは信販会社を利用して審査を行いますが、中には信販会社を利用せず、独自の基準で審査を行っているカーリース会社もあります。

こうした審査の方法を自社審査といい、一般的な審査基準とは異なる基準で審査を行っているため、審査に通りやすい傾向があるといわれています。また、自社審査のカーリースではおもに中古車を扱っています。


自社審査より、一般的なカーリースがおすすめの理由

自社審査のカーリースのメリット・デメリット

自社審査のカーリースのメリット・デメリット

一般的に審査に通りやすいことがメリットとされる自社審査ですが、限られた中古車からしか選べないことが多いなどのデメリットもあります。ここでは、自社審査のカーリースのメリットやデメリットについて見ていきましょう。

メリット

自社審査を行っているカーリースでは、信販会社を通さずに自社の基準で審査を行うため、審査に通りやすいことがメリットとなっています。また、自社で審査が完結するため、審査スピードが早いのも特徴です。

なお、おもに中古車を扱うため、在庫車がリース車として使用されることが多く、納車までの期間が早いことが多いのもメリットとして挙げられます。

デメリット

自社審査を行っているカーリースでは、中古車からしか選べないケースが多く、選択肢が少ないことがデメリットとして挙げられます。そのため、好きな車に乗れるとは限らず、特に高級車や輸入車に乗ることは難しいでしょう。また、自社審査でも連帯保証人が必要な場合もあるので、審査前に確認しておくことが大切です。

カーリースの審査基準とは?

カーリースの審査基準とは?

自社審査であっても信販会社などを通す審査であっても、審査では「毎月のリース料金を遅延なく支払えるか」を確認しています。違いとしては審査結果に対する貸し出すか貸し出さないかの境界線(審査基準)となります。
通常、審査内容や審査基準が公になることはないため、ここでは信販会社などを通す場合を例に一般的にいわれている審査内容と審査基準について紹介します。

収入

カーリースにおける明確な年収の審査基準は公開されていませんが、一般的にローン審査では年収200万円以上が目安といわれています。しかし、年収は基準の中のひとつなので、200万円未満は絶対に利用できないというわけではありません。また、年収が低くても、連帯保証人を立てれば審査に通りやすくなることもあります。

職業と勤続年数

一般的にカーリースの審査では収入が安定しているかどうかも重要視されます。そのため、年収が高くても自営業やフリーターなどは収入が不安定と判断されてしまうケースもあります。また、勤続年数も明確な基準は公開されていませんが、一般的には勤続3年以上の場合に有利となり、1年未満では審査に不利になるといわれています。

信用情報の記録

過去の支払遅延や延滞などは信用情報機関に記録されています。そのため、過去にクレジットカードなどの支払いで遅延をしていないか、任意整理や自己破産などを行っていないかなども審査対象となります。このような事故情報が登録されている場合、一定期間記録が残るため、そのあいだは審査通過が難しいでしょう。

その他

これらの審査基準以外にも、住宅ローンや家賃の有無などの居住条件も審査対象となります。また、申告内容に虚偽がないかなども確認されます。申告内容に虚偽が発覚した場合には、審査に通ることは難しいので注意しましょう。

カーリースの審査の流れ

カーリースの審査の流れ

実際にスムーズに手続きをするためにも、カーリースの審査の流れについて見ていきましょう。

1. 審査の申込みをする

審査の申込み方法はカーリース会社によって異なり、店頭や郵送、インターネット上で行うケースがあります。

店頭や郵送で行う場合は、送付された必要書類を記入し、店舗や窓口で提出もしくは郵送で提出します。

また、定額カルモくんのようにスマートフォンやパソコンから審査申込みが可能な場合もあります。車種やプランを選んで年収などの情報を入力するだけで審査が受けられるので、手間もかかりません。

2. 審査の結果を確認する

通常、1週間程度で審査が終わり、郵送やメールなどで審査結果が届きます。

定額カルモくんでは、最短で翌営業日(最大3営業日)に審査結果がわかるので、スピーディーに手続きが進められます。また、本契約前なら、審査通過後でも車種の変更やキャンセルも可能です。

カーリースの審査に通りやすくする対策とは

カーリースの審査に通りやすくする対策とは

カーリースの審査では、契約者が毎月のリース料金を遅延なく支払い続けられるかが重要なポイントです。そのため、リース料金を安く抑えたり、事前にクレジットカードなどの延滞を解消したり、不利になりそうな要因を減らすことで、審査通過の対策ができます。そこで、カーリースの審査に通りやすくする対策を紹介します。

リース料金を調整する

カーリース契約では年収や借入状況などを基に審査が行われるので、リース料金とのバランスが重要となります。そのため、リース料金を抑えることで、審査に通りやすくなる場合があります。

リース料金を抑えるためには、安い車種を選んだり、グレードを下げたりといった方法もありますが、契約年数を長くすることでも料金の調整が可能です。

延滞などがないか確認する

クレジットカードや携帯電話料金、そのほかにも公共料金や税金など、支払いに遅延がある場合は審査で不利になる可能性が高くなります。払い忘れや遅延などがないか確認し、申込み前に支払いを済ませておきましょう。

信用情報を確認する

過去に任意整理や自己破産などの債務整理をしていた場合、信用情報機関に情報が登録されます。また、それらの情報は一定期間保持され、情報が残っているあいだは審査に通ることが難しいことが多いでしょう。心当たりや不安がある場合は、審査前に情報開示を行っておくと安心です。なお、遅延が発覚した場合は、すみやかに解消しておきましょう。

カーリースの審査に落ちたときの対処法

カーリースの審査に落ちたときの対処法

カーリース契約では、審査に落ちてしまった場合でも、再審査を申込むことができます。しかし、再審査に通るためには、連帯保証人を立てるなど、初回の審査以上に対策をしておくことが重要です。そこで、カーリースの審査に落ちてしまったときの対処法について紹介します。

連帯保証人を立てる

審査に落ちてしまった場合でも、安定した収入のある連帯保証人を立てることで審査に通る可能性があります。連帯保証人は家族や配偶者に頼むのが一般的ですが、中には20歳以上で安定した収入があれば第三者でも可能なカーリースもあります。

車種や契約年数を見直す

再審査に通るためには、前回よりリース料金を安く抑えることも対処法として有効です。

リース料金は車種やグレード、オプション、契約期間の設定で金額が変わります。安い車種を選ぶ、グレードを下げる、オプションを減らすなどの方法でもリース料金を抑えられます。また、一般的に契約年数を長くすることでも毎月のリース料金が安くなるので、乗りたい車種をあきらめずに済む場合もあるでしょう。

審査に不利な要因の解消

再審査に向けて、あらためて申告内容を確認し、審査に不利な要因があれば解消しておきましょう。

例えば、携帯料金やクレジットカードの使用料、税金の支払いなど、知らないあいだに滞納してしまっている可能性もあります。また、勤続年数が1年未満であれば、収入が安定しているとされる時期まで待つのも有効でしょう。

なお、支払いの遅延がある場合など、不利な要因を解消してからすぐに審査を受けても通りにくいことが多いため、少し時間を置いてから申込みをしましょう。

カーリース会社を変える

審査に落ちてしまった場合、別のカーリース会社で申込む方法もあります。カーリースによって審査基準が異なるので、サービスを変えるだけで審査結果が変わる可能性もあります。

しかし、カーリース会社によってサービス内容が異なるため、同じ車種が利用できるとは限りません。また、同じ車種が利用できても高くなってしまうケースもあります。別のカーリース会社に変更する場合は、自分にあった内容で契約できるかをしっかり確認しておきましょう。

定額カルモくんなら国産メーカーの全車種・全グレードの新車に加えて中古車も扱っていて、月々10,000円台から利用できるのでほかのカーリースからも変更しやすいのではないでしょうか。

カーリース会社に相談してみる

カーリースによっては、審査について事前に相談できる場合があります。審査基準について質問するのは難しいですが、車種選択や連帯保証人の有無など、審査についてアドバイスをもらえるケースもあるでしょう。

定額カルモくんではお客様専任のマイカーコンシェルジュが在籍しているので、LINEやメール、電話などで相談が可能です。連帯保証人を立てれば審査に通る可能性があるかどうかなど、再審査に向けた相談ができるケースもあります。審査に不安を感じている方は、一度相談してみてはいかがでしょうか

自社審査より、一般的なカーリースがおすすめの理由

自社審査より、一般的なカーリースがおすすめの理由

自社審査のカーリースには、審査に通りやすい傾向があるなどのメリットがあります。しかし、一般的なカーリースなら、マイカー購入時のように幅広い車種の選択肢があり、新車に乗れるなど、多くのメリットがあります。
そこで、一般的なカーリースがおすすめの理由を紹介します。

お得な月額料金で新車に乗れる

自社審査のカーリースでは中古車を扱っていることが多いですが、一般的なカーリースなら新車に乗ることができます。

例えば、定額カルモくんでは月々11,220円から新車に乗ることが可能です。月額料金には、各種税金や自賠責保険料などがコミコミになっているので、月々の料金だけでマイカー購入時のようにカーライフが始められます。

貯金がなくても車に乗れる

一般的に中古車カーリースでは、保証金やクリーニング費用などの初期費用が発生するケースが多くあります。そのため、自社審査で審査に通っても、定額制というカーリースのメリットが得られないケースもあるでしょう。

一方で、一般的なカーリースでは初期費用が月額料金にコミコミなので、貯金がなくても車に乗ることができます

幅広い選択肢から好きな車を選べる

自社審査のカーリースでは、在庫の中古車をリース車として貸し出していることが多いため、選択肢が少ない可能性があります。一方で、一般的なカーリースでは、契約時にメーカーから新車を仕入れるため、在庫に関係なく車を選ぶことができます。

中でも、定額カルモくんのように国産メーカーの全車種・全グレードを選べるカーリースもあります。そのため、幅広い選択肢から、お気に入りの1台を選ぶことが可能です。

メンテナンスプランで車検もコミコミにできる

中古車リースの場合、月々の料金が安くても、メンテナンス費用がかかってしまう場合があります。また、自社審査を行っているカーリースは、個人店など規模が小さい場合も多いことから、その都度メンテナンス費用がかかるケースもあるでしょう。

一方、定額カルモくんのように車検やメンテナンスにかかる費用を定額化できるカーリースなら、車の維持費のほとんどをまとめられるので家計管理の手間もありません。ここからは、定額カルモくんの魅力について紹介します。

安くカーリースを利用するなら定額カルモくんがおすすめ

セールススタッフ

安く利用できるカーリースを探しているなら、日本一安い*カーリースの定額カルモくんがおすすめです。月々11,220円から新車に乗れて、国産メーカーの全車種から好きな車種を選べるなど、定額カルモくんの魅力をご紹介します。

*一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ) 

月々10,000円台から新車に乗れる

定額カルモくんなら、国産メーカーの全車種・全グレードから好きな車種を選ぶことができ、月々10,000円台の車種も豊富に用意されているので、予算にあわせて車を選ぶことが可能です。

また、カーリースでは契約年数が長くなるほどリース料金が安く抑えられます。定額カルモくんでは、1年から業界最長(2020年3月、定額カルモくん調べ)の11年のあいだで、1年単位で好きな期間を設定できるので、リース料金とライフプランのバランスを考えながら、自分にあった期間を決めることができます。

メンテナンスプランで車検もコミコミにできる

カルモくんメンテカバー項目

一般的に、車検やメンテナンスにはその都度費用がかかります。さらに、部品の交換を伴う場合などには、まとまった費用が必要になることもあります。

しかし、定額カルモくんのメンテナンスプランには車検基本料や消耗品交換費用が含まれているので、車検費用の心配もありません。

また、カーリースでは車を返却した際に傷やへこみ、汚れがあると原状回復費用が発生しますが、定額カルモくんのメンテナンスプランには原状回復費用補償も含まれているので、契約終了時まで安心して車を利用できます。

オプションで車がもらえる

一般的に、カーリースでは車の返却を前提として契約します。サービスによっては、契約満了時に返却して別の車に乗り換える、同じ車を再リースする、買取るなどの選択肢も用意されていますが、割高になってしまったり、まとまった費用がかかったりするケースもあります。

一方、定額カルモくんならオプションで車をもらうという選択が可能です。月々500円のオプションを追加するだけでそのまま車に乗り続けられるので、まとまった費用の負担なしで将来的にマイカーが手に入ります。


定額カルモくんなら契約満了時に車がもらえる

早速リースを探すならこちら

TOP

安い順

人気順

気になるモデルがある場合は、メールやフリーダイヤルを利用して気軽に質問してください。知識の豊富な専門家が最適な車選びをサポートいたします。

フリーダイヤル

メール

自社審査よりメリットの多い一般的なカーリースで審査を受けてみよう

自社審査よりメリットの多い一般的なカーリースで審査を受けてみよう

自社審査のカーリースなら審査に通りやすいというメリットがありますが、好きな車を選びにくいことなどデメリットもあります。まずは審査に通りやすくなるように対策をして、一般的なカーリースで審査を受けてみましょう。手軽に審査を受けたいなら、定額カルモくんのお試し審査を試してみてはいかがでしょうか。


安い車種で審査してみる

よくある質問

Q1:自社審査をしているカーリースはある?

A:自社審査をしているカーリースはあります。一般的なカーリースでは信販会社を通して審査を行いますが、自社審査のカーリースでは一般的な審査とは異なる基準を設けているため、通りやすい傾向があるといわれています。

Q2:自社審査をしているカーリースのメリットは?

A:自社審査のカーリースは、審査に通りやすい傾向があることのほかにも、審査や納車までのスピードが早いこともメリットとして挙げられます。

Q3:カーリースの審査に通りやすくするには?

A:カーリースの審査に通りやすくするには、リース料金を安く抑えることなどが挙げられます。安い車種に変更したりグレードを下げたりして、料金を調整するといいでしょう。

関連記事