転勤が多くて車について悩んでいる方にはカーリースがおすすめ

更新日:2022.03.06
転勤が決まったらカーリース

転勤は一部のサラリーマンにとって避けられない問題です。そして、赴任先によってライフスタイルも変わってきます。車の要否もそのひとつです。転勤が決まったとき、車をどう所有するのがよいのか、レンタカーやカーシェアリングとカーリースを比較して、おトクな車の所有方法や使い方などを解説していきます。

貯金ゼロでも


【この記事のポイント】
✔転勤の期間が決まっているなら契約年数を選べるカーリースが便利
✔レンタカーやカーシェアは金銭面でのデメリットが大きい
✔定額カルモくんなら1年から契約可能なので転勤族におすすめ


転勤の多い方に最適なカーリースはこちら


転勤の度に車を購入するのはデメリットが多い

転勤の度に車を購入するのはデメリットが多い

仕事をしている方にとって、転勤を命じられるケースは少なくありません。場合によっては、数年ごとに転勤を繰り返さないといけない方もいます。そんなときに悩みの種のひとつとなるのが、転勤先で車をどうするかです。ここでは、いわゆる「転勤族」にとって、車を所有するためのベターな方法を解説します。

転勤先に車を持っていくなら車庫証明や住民票の変更が必要

遠方のナンバープレートをつけた車が走っているのを見かけることがあります。そんな車の中には、転勤で引っ越してきたという方が、そのまま転勤先でも同じナンバープレートで乗っているケースも少なくありません。

しかし、車検を受ける際には新たな居住地での車庫証明と、車検証の住所変更のために自治体に住民票の変更手続きが必要になります。

転勤の度に車を売却したり新たに購入したりするのは経済的ではない

転勤には、家族全員で引っ越す場合や単身赴任など、いろいろなケースがあります。車についても、転勤先では不要になったり、単身赴任のため自分の車がもう1台必要になったりと、さまざまなケースが考えられます。転勤の度に車を売却したり、新たに購入したりというのは経済的ではありません

そんなときに検討したいのが、カーリースという選択肢です。ライフスタイルに合わせて車を選ぶことができますので、それぞれの土地で上手に車を所有していくことができます。

転勤族にとって契約期間を選べるカーリースは便利

例えば、あらかじめ赴任期間が決まっている場合、カーリースならその期間だけ車をリースで利用することができます。単身赴任先で自分が乗るだけだから、どんな車でもいいというケースなら、軽自動車や中古車のカーリースを選べば出費を最小限に抑えることも可能です。

また、仮に赴任期間が延びてしまっても心配ありません。契約満了時に再リース契約をすれば、同じ車に乗り続けることもできます。ただ、赴任期間が短くなって車が不要になってしまったときは注意が必要です。原則として、カーリースは契約満了まで中途解約ができませんので、新しい転勤先まで車を持っていくか、違約金を支払って中途解約する必要があります。


カーリースのしくみについて、もっと詳しく知りたい方はこちら

転勤族にとって最適な車の持ち方とは

転勤族にとって最適な車の持ち方とは

転勤族の方が車を所有する手段として、契約期間が選べるカーリースの活用が便利ですが、そのほかにもレンタカーやカーシェアを利用するという選択肢もあります。この3つの方法を比較して、それぞれメリットとデメリットについてご紹介します。

各サービスの特徴について

レンタカーやカーシェア、カーリースについて、どのような特徴があるのか簡単に整理してみます。

レンタカーは、レンタカー会社が用意している車を時間単位で借りるサービスです。また、カーシェアは運営会社が用意した車を会員で共有し、時間単位で利用するサービスになります。

これに対し、カーリースは利用者が希望する車をカーリース会社が購入し、利用者に貸し出すサービスになります。どれも、利用者が車を購入するサービスではありません。

レンタカーのメリット・デメリットは?

レンタカーは基本的に最寄り、または旅先の店舗で契約し、必要な大きさやタイプの車を6時間や1日など、時間を決めて借りるシステムです。

●メリット
・月額料金がかからず、利用したいときだけお金を支払えばよい
・車種が充実しているため、自分の用途にマッチした車が借りられる
・時間内なら何km走っても問題ない
・レンタカー会社の拠点間で、乗り捨て(ワンウェイサービス)ができる

●デメリット
・基本は店舗に行って借りて、契約時間までに店舗に返さなければいけない
・借りる際、店頭での手続きに時間がかかる
・契約者以外は運転できないケースが多い
・店舗には燃料満タンで返却するか、走行距離相当分の燃料代を支払わなければいけない
・直前でキャンセルした場合、キャンセル料金がかかる場合がある

カーシェアのメリット・デメリットは?

カーシェアは、会員が予約した時間にカーシェアステーションの車を開錠して利用するサービスです

●メリット
・店舗に行かず、最寄りのカーシェアステーションからすぐに出発できる
・15分程度の単位で利用できるので、経済的
・カーシェアステーションへの返却時、燃料を満タンにする必要がない
・直前までキャンセルが可能で、違約金もかからない

●デメリット
・会員登録が必要で、その際に初期費用がかかる場合がある
・月会費が発生する(カーシェアを利用した月は月会費が利用料金に含まれるケースもある)
・車種が限られていることが多く、好みの車に乗れないことがある
・契約者以外は運転できない
・使用後は必ず元のカーシェアステーションに返却する必要がある

カーリースのメリット・デメリットとは?

カーリースは、自分の好きな車を選んで契約年数を決め、その期間中はマイカーのように自由に車を使うことができるサービスです。

●メリット
・自宅に車を置いておけるので、自宅から出発できる
・時間に縛られず運転ができる
・車種が豊富なので、好きな車やオプションなども自由に選べる
・新車に乗れる(中古車をリースすることもできる)
・契約者以外でも運転できる(※保険の適用範囲には注意が必要)

●デメリット
・申込みには審査が必要
・毎月のリース料金がかかる
・契約した年数の途中での解約ができない(違約金が発生する)
・月間の走行距離制限があるカーリースもある

レンタカーやカーシェアとカーリースの費用を比較

レンタカーやカーシェアと、カーリースを利用する際に発生する費用負担について比較をします。

初期費用 月額費用 利用時間
単価
保険 メンテナンス代 ガソリン代 駐車場代
レンタカー なし なし あり オプション加入 なし あり なし
カーシェア あり あり あり 利用料金に含む なし なし なし
カーリース なし あり なし 任意保険は利用者が加入 オプション加入が可能 あり あり


金額的な部分だけで考えると、そのときだけ使うレンタカーは負担が少ないことは当然ですが、車の使用頻度やシチュエーションによってはカーリースのほうが負担が少なくなるといえます。

実はカーリースのメリットが大きい理由

レンタカーとカーシェア、そしてカーリースについて費用負担の面で比較をしましたが、確かに金額的にはカーリースが高額になるケースがあります。ただ、転勤というキーワードでのさまざまなライフスタイルを考えた場合、カーリースのメリットが増すケースが多いです。

例えば、以下のようなケースが考えられます。

・赴任先で早朝から家族で旅行に出かけたい! → カーリースなら早朝でも自宅から出発できる
・出先で仕事仲間に運転を代わってもらいたい! → カーリースなら契約者以外の運転も可能
・道が渋滞して返却時間に間に合わない! → カーリースなら遅くなっても自宅に帰るだけ

このように、転勤族の方にとってはカーリースのほうがメリットは大きいことが理解できるでしょう。

転勤族の方にマッチしたサービスが選べるカーリースならここ!

セールススタッフ

転勤族の方にとって、使い方次第ではカーリースとの相性が良いとご理解いただけたかと思います。それでは、実際に転勤族の方が利用するなら、どんなカーリースがよいでしょうか。

カーリースの「おトクにマイカー 定額カルモくん」では、ただ車を一定期間リースできるだけではない、多くの便利なサービスがあります。詳しくご紹介していきましょう。

国産メーカーの全車種、全グレードから好きな車を選ぶことができる

一般的なカーリースでは、利用できる車種が豊富といっても、自由に選べるというわけにはいかないケースが少なくありません。

しかし、定額カルモくんなら国産メーカーの全車種、全グレードから好みの車を選んで契約することが可能です。もちろん、希望するオプションをつけることができ、好きなボディカラーを指定することもできます。

契約期間が1~11年と最長クラスで、しかも1年単位で自由に選べる

一般的なカーリースは契約期間が3年、5年、7年と決まっているケースがほとんどです。これでは、転勤族の方にとってライフスタイルに合わせた契約を結ぶことが難しいといえるでしょう。

定額カルモくんの契約期間は、1年から業界最長クラスの11年まで用意されており、しかも1年単位で自由に選ぶことができます。これなら、例えば2年という期間で転勤するといったケースでも無理なく車を手に入れることができて、転勤先でのカーライフを充実させることが可能です。

ほかにも転勤族が利用するメリットが多い

定額カルモくんなら、上記以外にも転勤族の方が利用するメリットがたくさん用意されています。

・オプションのメンテナンスプラン加入で車検やメンテナンスの費用がほとんどカバーされる
・7年以上の契約で契約満了時に車がそのままもらえるオプションを用意
・契約にはクローズドエンド方式が採用されているため契約満了時の残価精算がない
・カーリースを利用可能かどうか事前に確認できる「お試し審査」のサービスを提供

転勤先でカーリースの利用を検討しているなら、転勤族の方にメリットが大きい定額カルモくんがおすすめです。


早速、定額カルモくんが利用できるかどうか「お試し審査」に申し込んで確認したい方はこちら

try_screening

※審査は契約ではありません

転勤が多い方こそカーリースの利用を検討しよう

車が必須の地方でもマイカーのように車に乗れたり、転勤のたびに車の売却をしなくて済んだりなど、転勤族こそカーリースの利用にメリットがあります。転勤が前提の職に就いている場合は、できるだけ契約期間を自由に選べるカーリースを選びましょう。

数あるリース会社の中でも定額カルモくんなら1年単位で自由に契約期間を選ぶことができるので、転勤に合わせたカーライフを送ることができます。転勤が多い方は、カーリースの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

資料をご覧になりたい方は下のバナーからどうぞ

資料ダウンロード



※この記事は2022年2月時点の情報で制作しています

よくある質問

Q1転勤が決まった場合、赴任先で車を手に入れる方法は?

A: 車を所有しているなら、その車を赴任先に持っていく方法もありますが、車検のために住民票を移す必要があるなど、面倒な手続きが多いです。転勤の度に車を購入するのは経済的ではないため、レンタカーやカーシェア、カーリースの利用が現実的です。

Q2転勤先で利用するならレンタカーやカーシェアと、カーリースのどれがいい?

A:レンタカーやカーシェアは、転勤先で日常的に使うのであれば経済的ではありません。カーリースは転勤先での赴任期間が決まっているなら、その期間だけ好きな車を利用できるのでおすすめです。特に、契約期間が1~11年のあいだで1年単位で自由に選べる定額カルモくんは、転勤族の方にとって利用しやすいカーリースといえるでしょう。