登録済み未使用車ってどんな車?メリット・デメリットや購入方法を解説

更新日:2022.08.01
登録済み未使用車について

車には新車と中古車のほかに、「登録済み未使用車」と呼ばれるものがあります。登録済み未使用車は新車とほとんど変わらない状態であるにもかかわらず、新車より安く購入できたり、すぐ手に入ったりするため人気が高く、購入を検討している方も多いです。しかし、そもそもどのような車なのか、あまり詳しく知られていません。

そこで、登録済み未使用車とはどのような車か解説した上で、購入に際してチェックしておきたいポイントなどを説明します。さらに、車専門家でマイカーコンシェルジュの若林由晃さんに登録済み未使用車とそのメリット・デメリットなどについて解説していただきます。併せて見ていきましょう。


車専門家:若林さん

車専門家の若林です。登録済み未使用車について、皆さんはどのようなイメージをお持ちですか。 特徴や購入しやすいタイミングなど、登録済み未使用車についてわかりやすく説明します。



【この記事のポイント】
✔登録済み未使用車は、車両登録されたものの公道を走行したことがない車のこと
✔新車より10〜20%ほど安く買えることもあるが、デメリットを理解しておくことが重要
✔初期費用なし、毎月定額で負担を抑えながら新車に乗れる方法もある

登録済み未使用車ってどんな車?新車・中古車と比較  

登録済み未使用車ってどんな車?新車・中古車と比較

登録済み未使用車なら新しい車を安く手に入れられると聞いたことがある方もいるかと思いますが、そもそもどのような車なのか知る機会はあまりなかったのではないでしょうか。そこで、登録済み未使用車がどのような車であるかを確認した上で、新車や中古車との違いを比較してみましょう。

登録済み未使用車って何?

登録済み未使用車は、「初度登録(届出)された車両で、かつ、使用又は運行に供されていない車両(中古車)」と定義されています*。つまり、運輸支局に車両登録されただけで、実際には使われていない車のことです。

車は運輸支局に登録することでナンバーが発行され、一般公道を走れるようになります。しかし、ナンバープレートが装着されても使用されず、新車とほとんど変わらない状態にある車も存在します。一度ナンバーが発行された以上、中古車扱いでの販売になりますが、状態が新車とほとんど変わらないため、登録済み未使用車として売られています

なお、登録済み未使用車は厳密には普通車に用いられる言葉です。軽自動車の場合は登録ではなく届出が必要なので「届出済み未使用車」と呼ばれますが、ここでは車種にかかわらず一律に登録済み未使用車と表記します。

*一般社団法人 自動車公正取引協議会の資料による

登録済み未使用車と中古車・新車の比較

〈登録済み未使用車・中古車・新車の違い〉

登録済み未使用車 中古車 新車
価格 新車よりも安い 登録済み未使用車より安い 定価
納車までの期間 2~3週間ほど 2~3週間ほど 数ヵ月以上
車両の状態 ほとんど使用されていない 良くない場合もある 新しい
色・装備の選択肢 在庫限り 在庫限り 多い
自動車重量税 不要

(登録時に支払済み)

必要な場合もある 必要
次の車検までの期間 登録後3年 前回の車検から2年

(車検が切れた状態で販売されていることもある)

購入後3年

定義が確認できたところで、登録済み未使用車と中古車、新車の違いを比較してみましょう。それぞれの特徴は、上の表のとおりです。

登録済み未使用車は価格が新車より安く、中古車より高いのが特徴です。ほとんど使用されていないため車両の状態は新車とほぼ変わりませんが、新車のように色や装備の選択肢が少なく、基本的には在庫限りとなります。

なお、登録済み未使用車は販売店が登録を行うため、販売時の車の名義は販売店になっています。試乗車も同様に販売店名義の車ですが、購入を検討している方によって公道で運転されているため、登録済み未使用車とはならず中古車として販売されます。

登録済み未使用車が市場に出回るワケ

登録済み未使用車は、販売店がメーカーに対して販売台数のノルマを負っていることで生み出され、市場に出回ります。

販売店で新車が売れたとカウントされるタイミングは、購入者と契約を交わしたときではなく、車両登録が完了したときです。つまり、登録が完了したときにようやく「車が1台売れた」とカウントされるため、販売店が車の販売台数を伸ばすためにはより多くの車を登録しなければなりません。

販売店によっては月ごとに目標販売台数を設定する場合があります。この目標に届かない場合に、販売店名義で在庫車を登録することで目標台数をクリアします。その結果、登録してナンバーが発行されたものの運転されていない登録済み未使用車が誕生するのです。


車専門家:若林さん

登録済み未使用車と似た意味で使用されることの多い言葉に「新古車」があります。登録済み未使用車もかつては新古車と呼ばれていましたが、現在は自動車公正取引協議会により、条件を満たした車両については登録済み未使用車と表示するよう決められています。 ただし、協会に加盟していない販売店では変わらず新古車と表示していることもあり、中には試乗車として公道でかなりの距離を走行している車両が含まれている場合もありますので、購入時によく確認するようにしましょう。

登録済み未使用車のメリット

登録済み未使用車のメリット

登録済み未使用車は人気が高く、店頭に並んでもすぐになくなってしまうケースもめずらしくありません。人気の理由は、以下のようなメリットがあるからです。

新車を買うよりも安く済む

登録済み未使用車を購入できれば、新車を買うよりも安く済みます。車は登録された後一度も運転されなかったとしても、日が経つにつれて価値が下がってしまうのが特徴です。

登録済み未使用車は状態が新車に近くても、登録してから期間が過ぎているため新車より安く、出費を抑えて車を購入したい方から人気です。

比較的新しい状態の車である

登録済み未使用車は、中古車として販売されている車に比べて新しい状態の車です。移動のために多少は走行していますが、公道では走行しておらず基本的には未使用なので、一般的な中古車レベルの傷があったり劣化していたりすることはほとんどありません

そのため、できるだけ新しくきれいな車に乗りたいと考えている方は、登録済み未使用車であれば満足できるでしょう。

納車までの期間が新車を購入するより短い

基本的に登録済み未使用車では、納車までの期間が新車を購入するときよりも短くなります。

冒頭に述べたように、登録済み未使用車は分類上中古車なので在庫があるものを展示して販売します。一方、新車は注文してから製造が始まるため、納車までにある程度の時間が必要です。

人気車種の新車は注文多数で生産が追いつかなくなることもあり、契約から納車までに半年以上かかることもめずらしくありません。登録済み未使用車なら早ければ1ヵ月〜1ヵ月半ほどで納車されることも多く、カーライフをすみやかに始めやすいでしょう。

車検までの期間が長いものがある

登録済み未使用車は新車よりも車検までの期間が短いですが、場合によっては新車とあまり変わらないくらい期間が長いものもあります。

新車は購入後に車両登録をするので、車検までの期間は3年です。一方、登録済み未使用車はすでに車両登録が済んでいるため、購入時には車検までの期間が3年より短くなります。登録から日数が経過している車であれば、購入後すぐ車検を受けなければならないケースもあるでしょう。ただし、登録から日が浅い状態の未使用車であれば、車検までの期間は新車とほぼ変わりません

税金・保険料を別途用意しなくていい

登録済み未使用車では、車両登録時に必要な自動車重量税や自賠責保険料を販売店が支払っています。その一方販売店は、登録済み未使用車の車両本体代に、利用者が購入してから次の車検までの期間に相当する分の税金や保険料を含んで販売していることが多いです。

このため、税金や保険料を支払わなくていいわけではありませんが、新車を購入したときと違って車両本体代とは別にかかる負担を抑えることができます


今なら限定80台!登録済み未使用車がすぐに手に入る

登録済み未使用車のデメリット

登録済み未使用車のデメリット

新車とほとんど変わらない状態の車を安く購入できるのが魅力の登録済み未使用車ですが、デメリットも存在します。安さに惹かれて購入する前に、難点になりえるポイントをきちんと確認しておきましょう。

車検までの日数が新車よりも短い

登録済み未使用車は、車検までの日数が新車よりも短くなるのがデメリットです。初めての車検は車両登録をしてから3年後に行われるため、すでに登録が済んでいる登録済み未使用車は新車のように次の車検まで丸3年の期間がありません。

登録された時期によって異なりますが、場合によっては予想よりも早く車検時期が訪れ、思わぬ出費につながってしまう可能性もあります。

装備やオプションなどが変更できないものが多い

登録済み未使用車は、装備やオプションなどを変更できないものが多くあります。特に、シートや安全装備など製造時にパーツやシステムを取り付けるようなメーカーオプションは、基本的に変更できません。自分好みの車にカスタマイズしたいという方は、デメリットに感じてしまうでしょう。

ただし、後から取り付けられるオプションもあるため、一度販売店に相談してみるのがおすすめです。

欲しい車がない可能性がある

登録済み未使用車は、一期一会の存在です。中古車と同様、欲しい車が頻繁に流通しているとは限りません。気に入った車があっても、他人に購入されてしまうと次に出会えるのがいつになるかわからなくなってしまいます。そのため、欲しい車種やカラーが明確に決まっている場合は、好みの登録済み未使用車に出会える可能性が低くなることがあります。

傷がついている場合がある

登録済み未使用車は新車のように状態が良いというメリットがありますが、中古車に分類されます。公道を走行していなくても、店舗に移動させる際や展示中などに車体に傷がつき、そのまま販売されるケースもあります。中古車であるという認識を持ち、多少傷があっても気にならない方には登録済み未使用車はおすすめです。

傷がついていないきれいな車に乗りたいのであれば、新車を購入するのがいいでしょう。

ワンオーナー車ではなくなる

登録済み未使用車は、販売店が購入して車両登録を行った車であり、販売店が1人目のオーナーです。そのため、登録済み未使用車を購入した方は2人目のオーナーとなります。

オーナーの数によって車はワンオーナー車やツーオーナー車と呼ばれますが、売却時にワンオーナー車よりツーオーナー車のほうが査定がきびしくなるという見方があります。実際のところ、売却時の車の状態も大きく関与するためそこまで気にする必要はありませんが、ツーオーナー車では1人目のオーナーの情報がないことできびしめに査定されるケースがあることを知っておいたほうがよいでしょう。


車専門家:若林さん

登録済み未使用車は新車に近いですが、書類上はあくまでも中古車という扱いです。メリットだけでなくデメリットも踏まえて購入を検討しましょう。 なお、安くなる度合いによっては新車のほうが総合的に考えて良いケースもあります。そこで、登録済み未使用車が一体いくらくらいで販売されているのかを次に解説します。


デメリットのある登録済み未使用車よりも新車が欲しい方へ

月額10,000円台からの定額料金を支払うだけで新車に乗れる方法があります。

国産の全車種・全グレードから車を選ぶことができ、負担を抑えながらお気に入りの車に乗り始めることが可能です。

どのような車に乗れるか、以下のバナーでまずはチェックしてみましょう。


月額1万円台から乗れる車を探してみる


登録済み未使用車は新車よりどのくらい安い?

登録済み未使用車は新車よりどのくらい安い?

新車より安く購入できるのがメリットの登録済み未使用車ですが、新車と比べてどのくらい安いかは車種によって異なります。ここでは、ホンダ「N BOX」グレードLの2WDモデルを購入する場合で比較してみましょう。

N BOXの新車販売価格は157万9,600円です。登録済み未使用車を見てみると、2022年7月時点における大手中古車販売店4社での価格は123万9,400円〜159万9,000円で、平均すると約146万円となります。このことから、N BOXでは登録済み未使用車のほうが新車よりも11万円ほど安いことがわかります

登録済み未使用車は一般的には10%以上安くなるケースが多いといわれており、車種によっては新車より20%ほど安くなることもあるため、気になる登録済み未使用車を見つけたら新車よりもどれくらい安くなっているかを確認してみましょう。


登録済み未使用車を高いと感じられた方へ

カーリースなら、毎月定額の月額料金を支払うだけで新車に乗れます。

初期費用も不要なので、大きな出費の心配もありません。

自分の欲しい車がどのくらいの料金なのか、以下のバナーでチェックしてみましょう。


あなたの欲しい車の料金をチェック


登録済み未使用車を購入しやすい時期は?

登録済み未使用車を購入しやすい時期は?

登録済み未使用車は在庫の中から選ぶため、市場に出回る登録済み未使用車が多いほど、購入時の選択肢が増えます。登録済み未使用車には、出回りやすく購入しやすい時期があるので、気になっている方は次の時期を狙って探してみましょう。 

決算後の4月または10月

決算後の4月や10月は、登録済み未使用車が出回りやすい時期です。

多くの企業が3月と9月に決算期を迎え、目標としている販売台数を達成するため営業に力を入れます。それでも目標台数に届かない場合は目標達成のために販売店名義で車を登録します。登録した車はその後登録済み未使用車として販売するので、決算後の4月や10月は登録が済んだばかりの車を見つけやすい時期だといえるでしょう。

ボーナス時期の7月または12月

ボーナス時期である7月や12月も、登録済み未使用車が店頭に並びやすい時期です。

中古車を販売する店舗では、ボーナス時期の需要拡大に合わせて在庫を多く確保する傾向があります。そのため、登録済み未使用車も店頭に並ぶことが多く、お気に入りの車を探しやすいといえます。場合によってはセールやキャンペーンなどが実施されることもあるので、値引き交渉が可能なこともあるでしょう。

モデルチェンジの時期

車がモデルチェンジされる時期も、登録済み未使用車を購入しやすいです。

車は通常2〜3年ごとにモデルチェンジされますが、販売店では新しいモデルが登場することで旧モデルが在庫として残らないよう価格を下げて販売する傾向があります。そして、それでも売れない場合に旧モデルを販売店で買い取ったのち、登録済み未使用車として販売することがあります。

そのため、モデルチェンジの直前に販売店を訪れると登録済み未使用車に出会える可能性が高くなります。

登録済み未使用車はどこで購入できる?  

登録済み未使用車はどこで購入できる?

登録済み未使用車は、以下のような場所で購入することができます。近くに該当する店舗があるか確認し、情報をこまめにチェックしておくことで希望の車を見つけやすくなるでしょう。

登録済み未使用車専門店

販売店の中には、登録済み未使用車を専門に取り扱っている店舗があります。専門店であれば試乗車などの車を登録済み未使用車として販売しているリスクがなく、確実に登録済み未使用車を見つけられるでしょう。

なお、登録済み未使用車専門店では、どちらかといえば普通車よりも軽自動車が多く取り扱われる傾向があります。

ディーラー

メーカーと特約店契約を結んだ正規販売店であるディーラーでも、登録済み未使用車を取り扱っていることがあります。販売台数の目標を達成するためにディーラーがメーカーから新車を購入し、登録した上で販売するケースです。上でも述べたように、特にモデルチェンジが行われる時期に訪れると、登録済み未使用車を購入しやすくなります。

ただし、登録済み未使用車の情報はウェブサイトなどには掲載されていないことが多く、また、店頭に並んだとしてもすぐに売り切れてしまいやすいです。そのため、ディーラーで登録済み未使用車を購入したい場合は、担当者に直接問い合わせてみましょう

中古車販売店

登録済み未使用車は分類上は中古車なので、中古車販売店で購入が可能です。

特に、メーカーから認定を受けて営業している中古車販売店の場合は、特定のメーカーの登録済み未使用車をディーラーよりも多く取り扱っている傾向があるので、欲しい車種が決まっている場合に訪れるのがおすすめです。

それに対して一般的な中古車販売店では、登録済み未使用車は一般的な中古車に比べて仕入れ単価が高くなりやすいので、メーカーの認定を受けている中古車販売店よりも在庫が少ないことがある点に注意が必要です。

登録済み未使用車をおすすめしたいのはこんな方  

登録済み未使用車をおすすめしたいのはこんな方

登録済み未使用車は新車とあまり変わらない状態の車に安く乗れるというメリットがありますが、デメリットも存在するため誰にでもおすすめできるわけではありません。登録済み未使用車をおすすめしたいのは、以下のような方です。もし当てはまるようでしたら、購入を検討してみてもいいでしょう。

車の購入費用を抑えたい一方で、中古車は避けたい方

車の購入費用を抑えたい一方で、中古車は避けたいと考えている方には登録済み未使用車がおすすめです。

車を安く買いたいのであれば中古車が候補に挙がりますが、以前誰かが使用していた車である以上、どうしても傷や汚れ、車体やパーツの劣化はあります。状態が良くてもほかの人が使っていたという事実に変わりはないので、きれいな車に乗りたいのであれば新車を購入する必要が出てきます。

しかし、その一方で新車は価格が高いため、貯金に余裕がなかったり節約志向が強かったりすると選択肢になりにくいでしょう。そのような場合に登録済み未使用車を選ぶことで、中古車よりも価格は高くなってしまいますが、新車を買うよりも出費を抑えてきれいな車に乗ることができます

デザイン・装備などにこだわらない方

登録済み未使用車は、車のデザインや装備などにあまりこだわらない方に適しています。

登録済み未使用車は販売店が購入して登録を済ませた車なので、オーソドックスなデザインや装備であることがほとんどです。そのため、デザインに対するこだわりや、装備に対する細かい希望がある方は満足できない可能性もあります。

登録済み未使用車そのものの流通量が少ない中で、自身のこだわりを満たせる車に出会える可能性は低いです。そのため、デザインや装備にできるだけこだわりたい場合は新車を購入し、強いこだわりがない場合は登録済み未使用車を選ぶのがおすすめです。

ディーラーで値引き交渉をしたくない方

車を購入するときにディーラーで値引き交渉をしたくない方は、登録済み未使用車を選ぶと快適に車を購入できる可能性があります。

ディーラーのスタッフに交渉すると、車を安く購入しやすくなります。ただし、安くしてほしいと言いにくい方や、そもそもスタッフとの会話を極力避けたいと考えている方もいるでしょう。登録済み未使用車であれば販売価格が新車よりも安いので、値引き交渉をしなくても低価格できれいな車を購入することが可能です。

できるだけ早く車が欲しい方

できるだけ早く車が欲しいと考えている方にも、登録済み未使用車はおすすめです。新車は契約が決まってから製造を始めるため、納車までに時間がかかってしまいます。人気車種であれば納車までの時間はさらに長くなり、半年ほど待たなければならないケースもあるでしょう。

一方、中古車はすでに存在している車なので、基本的にはスピーディーに納車してもらえます。ただし、部品交換や整備点検に時間がかかるケースもあるため、必ずしも早く納車されるとはいえません。その点、登録済み未使用車であれば、新しい車なので点検に時間がかかることもなく、すみやかに納車してもらいやすいです


車専門家:若林さん

登録済み未使用車は価格が安いなどのメリットがありますが、店舗による在庫状況で購入時期が限定的だったり、デザインや装備が限られたりします。また、新車より安いといってもそれなりの費用がかかってしまうので、好きな時期に自分好みの車を手に入れたい方は新車で検討を進めたほうが後悔なくカーライフを送れる可能性が高いです。 続いては、そのような方に向けて負担なく新車に乗れる方法をご紹介します。

登録済み未使用車より負担を少なくして新車に乗る方法  

新車が月1万円ちょっと

きれいな車が新車より安く買える登録済み未使用車は、車の購入を考えている方にとって良い選択肢のひとつです。しかし、流通量が少ないことで希望する車に出会えなかったり、傷がついたりしている可能性もあります。それならば、今話題の車のサブスクであるカーリースを利用して新車に乗ったほうがリスクを抑えられるでしょう。

カーリースはあらかじめ契約期間を決めて、その期間だけ毎月定額の料金を支払うことでマイカー同様に車に乗れるサービスです。そのため、登録済み未使用車を購入する場合と比較して負担を軽減しながら新車に乗ることができます。

カーリースの中でもおすすめの「おトクにマイカー 定額カルモくん」を例にカーリースの特徴を説明しますので、1つずつ見ていきましょう。

定額カルモくんなら、月々の料金の支払いだけで新車に乗れる  

月額料金

定額カルモくんの料金は、車両本体価格から契約満了時の車両本体価格である想定残価を差し引いた上で算出します。新車を購入しようとすると車両本体価格の全額支払う必要がありますが、定額カルモくんでは自分が利用する期間に相当する分だけの車両本体価格を支払うため、その分出費を抑えることができ、お得に新車に乗ることができます。

月々の料金は、想定残価を差し引いた車両本体価格に税金や自賠責保険料、各種手数料などを合計し契約期間の月数で割ることで決めますので、毎月一定の金額でカーライフを送ることが可能です。月々の月額料金以外には税金や自賠責保険料などが別途発生することはありませんので、急な出費に慌てず車に乗り続けることができます。

なお、初期費用や頭金は不要のため契約時にまとまったお金を用意する必要はありません。新車でも登録済み未使用車でも購入には最初にある程度のお金が必要になるため、貯金に余裕がなく購入を迷っている方でも定額カルモくんなら安心して利用できるでしょう。

メンテナンス費用などを月額料金に含めることで、急な負担を減らすことができる  

メンテナンスプラン_1

車の維持費として通常、消耗品の交換費用や車検代などが必要ですが、定額カルモくんのメンテナンスプランを利用すれば、これらも月額料金に含めることができます。また、メンテナンスプランは保証内容や料金に合わせて選べる複数の選択肢があり、自分に合ったプランを選ぶことも可能です。

新車はもちろん、登録済み未使用車を選んで購入時の費用を抑えたとしても、車検時やメンテナンス時の急な出費は避けられません。車に不調が起きても大きな出費が発生しないようにしたい方は、メンテナンスプランをつけて定額カルモくんを利用するのがおすすめです。

1~11年のあいだで必要な期間だけ契約できる

定額カルモくんは、1〜11年のあいだなら1年単位で契約期間を決められるため、自分が必要とする期間のみ車に乗ることが可能です。登録済み未使用車は購入者の所有物となるため、車が不要になった場合などには売却や処分をする必要がありますが、定額カルモくんでは車を返却するだけで済むので、自分の都合に合わせやすいでしょう。

例えば、地方に赴任するあいだだけ車に乗りたい方は短期間、月額料金を安く抑えたい方や気に入った車に長く乗り続けたい方は長期間で契約するといったように、目的に合わせて契約期間を選ぶこともできます。

なお、一般的なカーリースは5年や7年など契約期間が決められていますが、定額カルモくんなら自由度が高いので、自分に適したカーライフを送りやすくなります。また、車を利用する期間だけ料金を払うのは費用を抑えることにもつながりますので、お得だといえるでしょう。

少ない負担で新車に乗っている方の体験談

実際に定額カルモくんを利用して、カーリースで新車に乗っている方の口コミをご紹介します。


元々父が利用していたことで、カーリースなら初期費用なしで車に乗れることは知っていました。それでいろいろ調べて、定額カルモくんなら費用や条件面で今の自分にしっくりくるなと感じたんです。メンテナンスプランに加入したので、契約期間中は車に関する大きな出費もなくなり、解放感を味わっています。費用面で不安なく車に乗れるカーリースは、なかなかお金の貯まらない方にとってメリットが大きいと思います。 (Mさん・埼玉県在住・トヨタ「ルーミー」を9年でご契約)

ボーナス払い0円で、メンテナンスプランを含めても毎月の料金が手頃なのでびっくりしました。カーリースは車を購入するのと違って、税金や車検費用も毎月定額にできるので、たいへん便利だと思います。また、定額カルモくんは費用の内訳や、メンテナンスの内容などもすごくわかりやすかったです。担当の方もとても親切で、車に詳しくない私にも理解できるまで教えていただき信頼できました。 (Mさん・東京都在住・ダイハツ「ムーヴキャンバス」を10年でご契約)

メンテナンスプランを申し込みましたが、カーリースなら月々払っていれば車検の度に今月はいくら必要とか心配することがなく助かっています。車検のときにはメンテナンスプランに含まれない消耗品があれば払えばいいだけですし。また、申込みの際には疑問に思ったことをすべて電話で質問したんです。そうしたら、きちんと一つひとつに答えてもらえたので、定額カルモくんなら利用しても大丈夫だと安心しました。 (Kさん・神奈川県在住・ダイハツ「ムーヴ」を11年でご契約 )


定額カルモくんを詳しくみる

登録済み未使用車のメリット・デメリット等を理解して、自分に最適な車に乗ろう

登録済み未使用車には、きれいな車を安く購入できるというメリットがあります。一方、希望する車に出会いにくい、傷がついている可能性があるなどデメリットもあるため、良いところと悪いところを両方理解した上で購入を決める必要があります。

その点、定額カルモくんなら、車を購入するときにかかる初期費用が不要なので、登録済み未使用車を選ばなくても、負担を抑えながら新車に乗れます。毎月定額の月額料金には税金や自賠責保険料が含まれ、突発的な出費を抑えられるのもメリットです。さらに納期が短い車もあってすみやかに手にすることも可能なので、まずはお気軽にご相談ください。


LINE、電話、メールで無料相談が可能です!

LINEで無料相談する


フリーダイヤル


メール


※この記事は2022年7月時点の情報で制作しています

よくある質問

Q1登録済み未使用車ってどんな車?

A:運輸支局で車両登録が行われたものの、実際に使われていない車のことです。走行していないので新車と変わらない状態を保っていますが、中古車扱いになるため新車よりも安く購入できます。一方、希望する車に出会えるとは限らないといったデメリットもあります。

Q2登録済み未使用車は新車に比べてどのくらい安くなる?

A:車両本体価格が新車よりも10〜20%ほど安くなるケースが見られます。車種によって安さは異なりますが、数万〜数十万円安くなることもめずらしくないので、できるだけ出費を抑えてきれいな車を購入したいのであれば、登録済み未使用車を探すのがおすすめです。

Q3新車に安く乗るほかの方法はある?

A:カーリースなら登録済み未使用車よりも負担を抑えて新車に乗れます。定額カルモくんは月々定額の料金に税金や自賠責保険料を含んでおり、メンテナンス費用を定額にすることもできます。初期費用も不要で、月々定額で新車に乗れるので突発的な出費を抑えることができます。

この記事の執筆者


若林 由晃
マイカーコンシェルジュ・整備士

若林 由晃

代々継がれる創業70年の車販・整備工場を営む家に生まれ、エンジンオイルとガソリンの香りにまみれながら育つ。小学校から車販の接客、中学校には整備の手伝いを行う根っからのカーガイ。自動車整備専門学校では上位の成績で卒業。整備士国家資格は満点合格(専門学校の先生が採点)。 その後、大手自動車メーカー系列のディーラーで整備士として整備職と中古車販売を経験。また、IT×車という販売方法に興味を持ち、個人向けカーリースのセールスに転身。中古カーリース事業、全国の加盟店販売事業の立ち上げを行う。

買うより安く新車に乗る方法をみる

買うより安く新車に乗る方法をみる