車は買う?借りる?それぞれの特徴やメリット・デメリットを徹底比較!

公開日:2021-06-18更新日:2021-06-18

車を買うか借りるかについて

車が必要になったとき、マイカーを購入するかリースで借りるか悩んだことのある方は多いのではないでしょうか。
自分に合った方法を選ぶためには、それぞれの特徴やメリット・デメリットを正しく知ることが大切です。
そこで、マイカー購入とカーリースの特徴を比較した上で、それぞれのメリットとデメリット、適したケースをご紹介します。


まずは支払いをフラットにできるカーリースについて詳しく知りたい方はこちら

車を買うVS借りる、費用の違いは?

車を買うVS借りる、費用の違いは?

車を買うときとカーリースで借りる際、最も大きな違いは、発生する費用と支払うタイミングです。そこで、それぞれの方法で必要となる費用と支払うタイミングを比較してみましょう。なお、カーリースの費用は「おトクにマイカー 定額カルモくん」を例にご紹介します。


〈購入とカーリースの費用の違い〉

                                                                                             
購入カーリース
車の購入時税金
自賠責保険料

環境性能割

登録代行費用

車庫証明代行手数料

預かり法定費用(印紙代)

納車費用

ナンバープレート取得費用

リサイクル料金など
なし
月々の支払い車両価格の分割支払い>
(ローン返済)
月額料金
(税金や自賠責保険料などが含まれる)

(車検やメンテナンス費用も含められる)
都度支払い車検費用
メンテナンス代

自動車重量税

自動車税(種別割)

自賠責保険料

燃料代

駐車場代
燃料代
駐車場代
車の返却時なし
(リース会社によっては追加精算が発生する場合もある)


購入

車を購入する際には車両の本体価格以外に以下のような初期費用がかかります。
なお、一般的に初期費用は車の本体価格の10~20%が目安といわれています。

〈購入時の初期費用〉
・税金(自動車重量税・自動車税(種別割)など)
・リサイクル料金
・自賠責保険料
・登録代行費用
・車庫証明代行手数料
・預かり法定費用(印紙代)
・納車費用
・ナンバープレート取得費用
・その他費用(下取り査定料・下取り手続き代行費用など)

これらの費用は現金一括もしくはカーローンなどの支払い方法にかかわらず発生しますが、リサイクル料金や各種代行費用など、条件によっては必要のない費用もあります。

また、ローンを組む場合、頭金やボーナス払いの有無によって支払額が決まります。さらに、月々のローン返済のほかに車検や税金などもかかります。月々のローンに加えて、不定期な出費となる維持費を支払えるかどうかが、購入を検討する際のポイントとなるでしょう。

カーリース

カーリースでは基本的に頭金や初期費用がかかりません。月額料金の中には、税金や自賠責保険料、ナンバープレート取得費用など、購入や維持にかかる費用が含まれています。そのため、月々の定額料金だけでカーライフをスタートできるのが最大の特徴です。

カーリースの月額料金は契約期間や車種によって異なり、契約期間が長いほど費用を抑えられます。さらに、カーリースでは車両価格から返却時の価値である残価をあらかじめ差し引いた上で、月々の料金を計算するため、ローンよりも価格を抑えた利用が可能となっています。

また、不定期な出費となる車検やメンテナンス費用も定額制にできるので、車に関する費用の一本化が可能です。

車を買うVS借りる、どちらが安い?

車を買うVS借りる、どちらが安い?

購入や維持にかかる費用の違いはわかりましたが、購入とリースを比較する上で、気になるのは総額の費用の違いではないでしょうか。そこで、ホンダ「N-BOX」を例に、5年間ローンを組んだときと、5年間定額カルモくんでリース契約した場合の費用を比べてみましょう。なお、N-BOXはベースグレードのGグレード、車両価格142万8,900円を例に算出しています。


〈マイカー購入とカーリース、総額の比較〉

                                                                                             
マイカー購入※カーリース
初期費用93,170円なし
月々の支払い25,900円
(初回31,092円)
26,010円
車検費用税金や自賠責保険料などの法定費用


消耗品の交換

メンテナンス費用がかかる
税金や自賠責保険料は月額料金に含まれる


メンテナンスプランで定額にできる
初期費用と月々の支払額の総額165万2,362円156万600円

※ホンダ「セルフ見積り」を使用

カーリースと比べて、購入時は初期費用の負担が大きいため、まとまった自己資金が必要となります。また、ローンを組むと車両価格に金利が上乗せされます。金利はローンの種類によって異なりますが、ディーラーローンは4~8%、銀行系ローンは1~2%程度が相場となっています。

一方、カーリースでは月額料金の支払いがメインとなり、初期費用と月々の支払額の総額を比較しても、カーリースのほうが出費を抑えられることがわかりました。

なお、定額カルモくんではメンテナンスプランを利用すれば車検費用も月額料金に含めることができるので、不定期になりがちな車の出費をフラットにすることができます。

車を買うVS借りる、費用以外の違いは?

車を買うVS借りる、費用以外の違いは?

次に、購入とカーリースの違いについて、費用以外の面から比較してみましょう。

車種の選択肢

購入では国産車だけでなく外車も含めた豊富な選択肢の中から、予算に合わせて好きな車が選べます。ローンを組む際には「残価設定ローン」を選択すればさらに支払額を抑えられるでしょう。しかし、残価設定ローンは同じメーカーの車種に乗り換えなくてはいけないなどの条件があるので、自由度はあまり高くありません。

一方、カーリースではサービスによって車種の選択肢が異なります。定額カルモくんでは国産メーカーの全車種、全グレードから選べるので、購入時と変わらない豊富な選択肢をご用意しています。なお、エントリーグレードから特別仕様車まで選択できるだけでなく、メーカーオプションなどの追加もできるので、希望に合わせた車選びが可能です。

修理やメンテナンスの費用

車を買うと、ローンの支払いのほかにさまざまな費用がかかります。2年に一度の車検や、定期的に行うメンテナンス費用など、頻度は少なくても一度に高額な出費が発生する可能性があるので、まとまった費用を用意しておかなくてはいけません。

カーリースでも基本的に車検やメンテナンスによる費用は自己負担となっています。しかし、定額カルモくんでは車検やメンテナンス費用を月額費用にまとめられるメンテナンスプランをご用意しています。

もともとカーリースは税金や自賠責保険料などを含めた定額制ですが、このプランを利用するとさらに車にかかる費用を一本化できます。支払いの手間が省けるだけでなく、支出の管理もしやすいというメリットがあります。


メンテナンスプランの詳細を確認する


走行距離やカスタマイズなどの制限

車を購入するとその所有者となるので、基本的に利用に際しての制限はありません。カスタマイズして自分好みに改造したい方はマイカーが適しています。ただし、マイカーであっても残価設定ローンを組んでいる方は注意が必要です。残価設定ローンは下取りに出すことを前提としたローンなので、査定に影響する走行距離やカスタマイズに制限がかかる場合があります。

一方、カーリースでも、走行距離やカスタマイズに制限があるのが一般的です。しかし、定額カルモくんのカーリースは契約年数7年以上であれば走行距離制限はありません。さらに、月々500円で契約満了後に車がもらえる「もらえるオプション」というプランもご用意しています。つまり、残価設定によって安くなるシステムはそのままに、返却が不要となる魅力的なプランとなっています。


車がもらえる「もらえるオプション」とは?


車の維持や管理にかかる手間

車を維持するために欠かせないのが点検や車検などのメンテナンスです。車検や法定点検のスケジュールは基本的に自分で管理しなくてはいけません。そのため、必要な時期に自分で車検業者に予約をして、車を預けに行く必要があります。このように、1~2年に一度の車検や法定点検の日程を把握して管理するには手間がかかります

一方、カーリースの定額カルモくんでは車検前に郵送でお知らせがあるので、うっかり車検が切れてしまうこともありません。また、メンテナンスプランを利用すれば30,000店以上の提携業者で車検が受けられるので、手間が省けるだけでなく、車のメンテナンスもしっかり行うことができます。

故障時の対応

カーライフを送る際には、万が一の事故や故障についても備えておきたいものです。事故などによって故障や修理、メンテナンスが必要になった際、購入時にはすべて自分で手配しなくてはいけません。事故や故障は予期せぬときに起こるので、慌ててしまう方がほとんどです。初めて車に乗る方であれば、さらに戸惑いも大きいでしょう。

しかし、カーリースの定額カルモくんなら、事故後の処理や故障時に相談できるカスタマーサポートがあります。「どこに相談したらいいのかわからない」という不安が解消される上に、その後の流れや手続きなどもご案内可能なので、もしものときも安心してご利用いただけます。

また、購入でもリースでも、万が一の事故や故障に備えて任意保険に加入しておくのがおすすめです。被害者の救済を目的とした自賠責保険とは異なり、任意保険では車の補償や自身のケガなども補償対象となるので、もしものときも安心です。

車を買うのが向いているタイプ

車を買うのが向いているタイプ

ここまでに購入やリースの特徴をご紹介しましたが、車を買うほうが向いているのはどのようなタイプなのでしょうか。該当する3つの条件を詳しく見ていきましょう。

1. まとまった自己資金を用意できる

車の購入方法で最も支払総額を抑えられるのは、金利などの手数料がかからない現金一括での購入です。そのため、自己資金に余裕がある場合には、現金一括がおすすめです。

なお、低金利のローンは比較的審査が厳しく、勤続年数が長く安定した収入があることなどが審査通過の条件となります。そのため、低金利のローンを利用できる場合は、ローンでの購入も選択肢のひとつとなるでしょう。

また、購入時の初期費用は現金での支払いが必要となるケースが多いため、それらの費用を用意できるかどうかも重要となります。さらに、頭金として本体価格の一部を支払える場合は、より購入に向いているといえるでしょう。

2. 車を自由にカスタマイズしたい

車を好きなようにカスタマイズしたい方は、購入が向いています。自分の所有物であれば、基本的にカスタマイズに制限はないため、自分の好きなタイミングで好きな部品を使ってカスタマイズが可能となります。

しかし、定額カルモくんでは契約満了後に車がもらえる「もらえるオプション」をご用意しているので、リース車をマイカーのように利用することができます。

3. 長距離の移動が多い

一般的にカーリースには走行距離制限が定められています。そのため、日頃から長距離の移動が多い場合には、購入が適している可能性があります。

しかし、定額カルモくんのように走行距離制限がない※カーリースもあります。そのため、リースを利用したいけど長距離の移動が多いという方には、定額カルモくんがおすすめです。
※契約年数7年以上の場合

車をカーリースで借りるのが向いているタイプ

車をカーリースで借りるのが向いているタイプ

一方で、車を買うのではなくリースするほうが向いているのはどのようなタイプなのでしょうか。
該当する3つの条件を詳しく見ていきましょう。

1. 手間をかけずに車に乗りたい

車を購入するとさまざまな費用の支払いに加えて、修理や車検などあらゆる手間がかかります。そのような手間を省きたい方は、月額料金だけで車に乗れるカーリースがおすすめです。税金の支払いなどはリース会社が行ってくれるので、利用者は支払時期などを気にせずカーライフを楽しめます。

2. 車にかかる費用をフラットにしたい

車は人生において大きな買い物のひとつですが、ライフステージによっては、教育資金や住宅資金などを貯めるために、車の費用はできるだけ抑えたいという方もいるでしょう。

そのような方にとっても、月々の支払額を抑えて定額にできるカーリースがおすすめです。車にかかる費用をフラットにできれば、家計の見通しも立てやすく、費用の負担も抑えられるのではないでしょうか。

3. ライフプランに合わせて車を乗り換えたい

カーリースではあらかじめ期間を選んで契約をします。そのため、結婚や出産などのライフステージの変化や、子供の成長などのライフプランに合わせて、車を乗り換えることができます。

また、初期費用がかからないことで乗換え時のコストも抑えられるので、家計への負担をかけずに必要な車を手に入れられるのではないでしょうか。

口コミバナー_カーリース

買うか借りるか、自分に合った方法でカーライフを楽しもう

買うか借りるか、自分に合った方法でカーライフを楽しもう

さまざまな視点から購入とカーリースについて比較しましたが、無理なくカーライフを楽しむためには、自分に合った方法を選ぶことが大切です。

定額カルモくんでは、日本一安い(※)月々12,760円から新車のリースがご利用いただけます。公式サイトで簡単に料金のシミュレーションが行えるので、気になる車種にいくらで乗れるのかチェックしてみてはいかがでしょうか。


気になる車種のリースの料金をシミュレーションする


※一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし、ボーナス払いなし、クローズドエンド契約)の個人向けリースとして月額料金が日本最安値(2021年3月、定額カルモくん調べ)。

よくある質問

Q1:車を買うときと借りるときの方法は?

A:一般的に購入時にはローンを利用することが多く、資金に余裕があれば現金一括で買うこともできます。一方、長期的に借りる際は月々定額のカーリースがおすすめです。

Q2:購入にはない、カーリースのメリットは?

A:頭金や初期費用がかからず、月額料金のみでカーライフが始められる点が最も大きなメリットといえます。車にかかる費用を一本化かつ定額にできるので、費用の負担を抑えながら、家計管理を簡単にすることが可能です。

Q3:カーリースの利用が向いているのはどんなとき? | おトクにマイカー 定額カルモくん

A:できるだけ手間や費用をかけずに車に乗りたい、車にかかる費用をフラットにしたい、ライフプランに合わせて車を乗り換えたい方におすすめの方法です。さらに、定額カルモくんのように走行距離制限がないカーリースであれば、マイカーと変わらない条件で新車に乗ることができます。

関連記事