車に安く乗る方法とは?購入する際のポイントや定額で新車に乗れるサービスをご紹介

更新日:2024.01.05
車に安く乗る方法を解説していることを示すタイトル画像

車に安く乗る方法はいくつかありますが、ただ安ければいいわけではありません。なぜなら、人によってどのような方法を選ぶべきか異なるからです。具体的な例を挙げれば、金利の低いローンはその分審査がきびしく、審査落ちとなってしまうケースも多くあります。

そこで、車に安く乗る方法や購入時の注意点と併せて、格安料金で新車に乗れるサービスもご紹介します。さらに、実際に格安サービスを利用している方のリアルな口コミも見ていきましょう。



車に安く乗る方法を探している方にピッタリなのが、月々の定額料金で好きな新車に乗れるカーリースです。
人気の新車にも月額10,000円台から乗れるうえ、車を維持するために必要なさまざまな費用もコミコミなので、家計の管理もスマートに行えます。

カーリースの利用には審査に通る必要がありますが、審査結果を簡単に確認できる便利なサービスもあるため、気になる方は下のバナーから利用の可否だけでも確かめてみてはいかがでしょうか。


審査が不安な方もお気軽に_お試し審査をしてみる

※審査に通っても契約にはなりません



【この記事のポイント】
✔車に安く乗るには購入時期や金利を踏まえたローン選びが大切
✔リセールバリューを意識することで実質的に車に安く乗ることができる
✔車に安く乗る方法の代表格は購入ではなく月々定額のカーリース


初期費用0円で車が持てる 詳しくは資料で

車に安く乗るには?

車に安く乗るには?をイメージした画像

車の購入時は高額な出費が伴うため、できるだけ安く乗り始められるように、賢く節約したいものです。そこで車に安く乗る方法として、購入する際に気を付けるべきポイントを4つご紹介します。

車を安く購入できる時期を狙う

車は年に何回か安く購入しやすい時期があります。例えば、ディーラーや販売店の決算期にあたる3月や9月は、売上目標を達成するために大幅な値下げが行われることが多いほか、ボーナス時期の7月や12月にも値引き合戦が起こりやすい傾向があります。

また、最新モデルであることにこだわらない場合は、モデルチェンジの時期を狙うのもおすすめです。ディーラーや販売店はそれまでのモデルを売り切ってしまいたいので、モデルチェンジ前に値引きすることが多くなります。さらに、モデルチェンジ後は前のモデルが中古車市場に多く出回るので、中古車の価格も下がりやすいでしょう。

利用するローンを慎重に選ぶ

車を購入する際はローンを利用するのが一般的ですが、銀行系ローンやディーラーローン、残価設定ローン、自社ローンなど複数の種類があり、選ぶローンによって審査難易度や返済総額が変わってきます

例えば、金融機関が取り扱っている銀行系ローンは、低金利なので返済総額を安く抑えられますが、審査はきびしい傾向があるため注意が必要です。また、ディーラーローンは銀行系ローンよりも審査は緩い傾向といわれていますが、金利が高めなので返済総額は高くなってしまうことがあります

残価設定ローンは、数年後の車の価値(残価)をあらかじめ設定し、車両本体価格から差し引いた金額でローンを組むものです。残価分を返済最終回まで据え置くため毎月の返済額を抑えることができますが、基本的には車を売却することを前提としたしくみなので、車を自分のものにしたいのであれば返済最終回に残価を一括で支払う必要があります

自社ローンはおもに中古車販売店が提供しているもので、金利はかかりませんが手数料が上乗せされることから、ほかのローンよりも支払総額が高くなる傾向があります。また、販売店が独自に提供しているサービスなので、厳密にはローン商品ではない点にも注意しましょう。

車に関する知識を身につけておく

購入した車を将来的に売却することを考えている場合は、購入時にリセールバリューを意識することも大切です。リセールバリューが高い車は売却時の価格が下がりにくいので、実質的に車にかかった費用を少なくすることができます。

また、購入時には車両本体価格以外に諸費用がかかりますが、法定費用以外の費用は工夫次第で節約が可能です。例えば、車の登録や車庫証明の申請を自分で行うことで代行費用を浮かしたり、店頭に車を取りに行くことで納車費用をカットしたりできる可能性があります。

そのほか、事前に車に求める条件を明確にしておくことも重要です。実際に店頭で車を見ていると目移りしてしまうこともあるので、条件に加えて予算の上限も決めておくと、予算オーバーを防げるでしょう。

安い中古車を購入する

車に安く乗るのなら、中古車を検討するのもひとつの方法です。中古車は新車よりも基本的に車両本体価格が安いので、購入費用を抑えることができます。

ただし、安いものは年式が古かったり走行距離が長かったりすることが多いので、修理代が増えてしまう可能性がある点には注意が必要です。かといって、新車と状態の変わらないような良質な中古車はそれなりの価格になってしまうので、車の状態と価格のバランスを考えて慎重に検討するといいでしょう。



車に安く乗る方法として、カーリースを利用するという選択肢もあります。カーリースは、新車を購入するのではなく、自分が選んだ新車をカーリース会社に代わりに購入してもらい、その車を借りて乗るしくみです。

そのため、購入費用を準備する必要がなく、月々の定額料金だけで好きな新車に乗ることができます。また、カーリース会社によっては、契約満了時に乗っていた車をもらえるプランもあります。下のバナーから簡単に利用の可否を確認できるので、気になる方は試してみてはいかがでしょうか。


審査が不安な方もお気軽に_お試し審査をしてみる

※審査に通っても契約にはなりません


車に安く乗るなら購入する以外の方法もおすすめ

車に安く乗るなら購入する以外の方法もおすすめをイメージした画像

車が値下げされる時期を狙ったり、金利の低いローンを利用したりすることで車の購入費用を抑えやすくできますが、車に安く乗る手段としては、カーリースを利用する方法があります。

ここでは、車の新しい乗り方として注目されているカーリースについて詳しくご紹介します。

カーリースとは?

カーリースは車のサブスクとも呼ばれ、毎月定額の利用料金を支払うことで新車に乗れるサービスです。カーリース会社によって差異はありますが、車を購入するときと同じように車種やグレード、カラーなどを自由に選ぶことができます

ローンを組んで車を購入する場合に必要な頭金などの初期費用も月額料金に含まれているのが一般的なので、最初にまとまった資金を用意する必要もありません。

また、レンタカーやカーシェアリングと異なり、車を自宅のガレージや近所の月極駐車場などで管理できるので、好きなときにマイカーのように使うことができます。

新車購入と比べてどれくらい安い?

好きな新車を選んでマイカーのように使えるカーリースですが、費用面では新車を購入する場合と比較してどのような違いがあるのでしょうか。初期費用や車両本体価格、維持費などの面から詳しく見てみましょう。

初期費用

車をローンで購入する場合、頭金を入れるのが一般的です。頭金が不要でも各種税金や登録にかかる費用などが必要になるので、事前にある程度まとまった資金を用意しておかなければなりません。

一方、カーリースでは契約の際にこうした費用は一切かからず、基本的に毎月定額の料金を支払うだけで利用できます。各種税金や登録費用なども月額料金に含まれているので、大きな蓄えがなくても気軽に乗り始めることができるでしょう。

車両本体価格

カーリースの大きな特徴のひとつに「残価」があります。残価とは契約満了時の車の想定下取り価格のことで、カーリースでは契約の際に残価を設定し、車両本体価格から差し引いた金額を基に利用料金を算出します。

つまり、自分が利用する期間分だけ料金を支払えばいいしくみなので、実際の車両本体価格よりもお得な金額で車に乗ることが可能です。

月々の支払い

カーリースの料金には、残価を差し引いた車両本体価格のほか、契約期間中の各種税金や自賠責保険料などが含まれており、これらの総額を契約月数で割って月額料金が算出されます。

そのため、長い期間で契約するほど、ひと月あたりの支払額を安くすることができますが、カーリース会社によっては10年以上など、一般的なローンの返済期間よりも長い年数での契約が可能なので、月々の負担をさらに抑えて車に乗ることができます

維持費

車を購入するとローンの返済に加えて、各種税金や車検代、メンテナンス費用など、さまざまな維持費が必要になります。特に車検代は高額になるケースが多いので、家計のやりくりに負担を感じることもあるでしょう。

一方、カーリースでは月額料金に各種税金などが含まれているうえ、カーリース会社によってはメンテナンスプランに加入することで車検代やメンテナンス費用も月額料金に含めることが可能です。車にかかる維持費のほとんどを月額料金にまとめられるので、家計の管理もしやすくなるでしょう。

業界最安水準*の料金が魅力!月々10,000円台から新車に乗れる

カーリースの「おトクにマイカー 定額カルモくん」なら、日本最安水準の月々10,000円台から国産新車に乗れるということを表した図

安く車に乗る方法を探している方にとって、カーリースはメリットの多いサービスですが、中でもおすすめなのが「おトクにマイカー 定額カルモくん」です。

定額カルモくんは、業界最安水準*の月額料金を実現していることに加え、充実したメンテナンスプラン、契約満了時に車をもらえるオプションなど、費用を抑えながらも満足のいくカーライフを送れるサービスが満載です。

ここでは、定額カルモくんの魅力についてご紹介します。

国産メーカー全車種・全グレードが月々10,000円台から

定額カルモくんでは、国産メーカー全車種・全グレードから乗りたい車を選べるうえ、カラーやオプションも購入する場合と同じように自由に選ぶことが可能です。

また、初期費用0円の完全定額制なので、まとまった資金を準備しなくても車に乗り始めることができます。さらに、月額料金は10,000円台からとリーズナブルなので、大きな負担を感じることなく憧れの人気車種に乗ることも可能でしょう。

維持費のほとんどを月額料金だけでまかなえる

定額カルモくんの月額料金には、契約期間中の各種税金や自賠責保険料などが含まれています。また、メンテナンスプランに加入すれば、定期的に発生するメンテナンス費用や車検代など、車にかかる維持費のほとんどを月額料金にまとめることが可能です。

中には、メンテナンスプランに加入しても月々10,000円台に収まる車種もあるため、車に安く乗ることを重視している方にとってはピッタリのサービスといえます。

走行距離制限をナシにできて、車をもらうこともできる

定額カルモくんは1~11年のあいだで1年ごとに契約期間を決められるので、車が必要な期間に合わせて無駄なく利用することが可能です。

また、カーリースでは走行距離制限が設けられているのが一般的ですが、定額カルモくんでは契約期間が7年以上の場合、すべての車が走行距離無制限になります。

さらに月額500円の「もらえるオプション」をつければ、契約満了時にリースしていた車をそのままもらう選択もできるようになるため、いずれはマイカーが欲しい方にもおすすめです。



定額カルモくんには、事前に審査結果を確認できる「お試し審査」が用意されています。審査に通過できることを確かめた後は、契約可能な範囲の車を担当者から教えてもらうことも可能です。

審査に通ったからといって契約する必要はないため、車選びをスムーズに進めたいという方は、早速下のバナーから試してみてはいかがでしょうか。


ひとまず一番安い料金で_お試し審査



*文末の制作日における調査結果に基づく。調査概要はコンテンツポリシー参照

車に安く乗れる定額カルモくん利用者の口コミ

車に安く乗れる定額カルモくん利用者の口コミをイメージした画像

定額カルモくんには魅力的なサービスが豊富にそろっていますが、実際に利用している方はどのように感じているのでしょうか。ここでは3名の方をピックアップして、リアルな声をご紹介します。

「ローン審査には通りませんでしたが定額カルモくんは利用できました」

「ローン審査には通りませんでしたが定額カルモくんは利用できました」をイメージした画像

Kさん・40代 | ダイハツ「ムーヴ」を契約期間11年、ゴールドメンテプランで利用中


最初は車を購入しようと思っていたのですが、以前携帯電話料金の払い忘れがあったせいか審査に通らなかったんです。そんなときカーリースという方法もあることを知って調べたところ、定額カルモくんを見つけました。相談窓口の応対がよく安心感がありましたし、審査にも通って満足しています。

「子供の成長に合わせた年数で契約できました」

「子供の成長に合わせた年数で契約できました」をイメージした画像

Oさん・30代 | スズキ「ハスラー」を契約期間9年、ゴールドメンテプランで利用中


子供2人の習い事や幼稚園のお迎えに車を利用しています。契約期間を9年にしたのは、9年後には子供たちも自力で動けるようになっていると考えたからです。これから子供の学費なども必要になるので、手頃な定額料金で利用できる定額カルモくんは、出費の見通しが立てやすくて助かっています

「中古車を買うよりもお得に新車に乗れました」

「中古車を買うよりもお得に新車に乗れました」をイメージした画像

Oさん・20代 | ホンダ「シャトル」を契約期間11年、シルバーメンテプランで利用中


車の購入を検討していたのですが、中古車でも結構な出費になることがわかって半ばあきらめていたんです。でもインターネットで定額カルモくんを調べてみたところ、魅力的なサービスがたくさんあって。予算の範囲内で車種やグレードなどを自由に選べて、無理なく新車に乗ることができました



定額カルモくんの「お試し審査」では、希望車種の利用が可能かどうか簡単に確かめることができます。
乗りたい車種が決まっていない場合でも、予算に近い車種を仮で選んで申し込むことで、利用可能な価格帯を明確にでき、車選びを効率よく進められるようになります。

5分程度の入力で、審査結果は通常翌営業日にはわかるため、手間も時間もかかりません。スムーズに車の準備を進めたい方は、便利な「お試し審査」を活用してみてはいかがでしょうか。


申込者数20万人以上!定額カルモくんでお試し審査をしてみる

※審査に通っても契約にはなりません


車に安く乗るなら納得のいく方法で

車に安く乗るなら納得のいく方法でをイメージした画像

車に安く乗る方法はいくつか考えられますが、購入する場合は購入時期やローン選びなどのポイントを把握したうえで、賢い買い方を心掛けましょう。

一方、購入にはこだわらない場合は、初期費用を用意する必要がなく手頃な定額料金で新車に乗れるカーリースがおすすめです。中でも、業界最安水準*の料金で利用できる定額カルモくんは、安いだけでなくさまざまな独自サービスも充実しているため、リーズナブルに納得のいくカーライフを送れるでしょう。



定額カルモくんには、車やカーリースに関する知識が豊富なマイカーコンシェルジュが在籍しています。契約期間中はもちろん、契約前でも無料で相談できるため、わからないことや心配なことがある方は相談してみましょう

LINEやメール、電話など連絡方法が複数用意されているため、都合に応じて使い分けられます。問い合わせをしたからといって、契約しなければならないわけではないため、気軽に問い合わせてみてはいかがでしょうか。


平日10:00~19:00(土日祝・年末年始休み)

平日10:00~19:00(土日祝・年末年始休み)



*文末の制作日における調査結果に基づく。調査概要はコンテンツポリシー参照

※この記事は2023年4月1日時点の情報で制作しています

よくある質問

Q1車に安く乗る方法は?

A:車を購入するのであれば、決算期やボーナス月など車の価格の下がりやすい時期を狙ったり、金利を踏まえてローンを選んだりすることが大切です。また、乗りたい車のリセールバリューなど、車に関する知識を身につけておくといいでしょう。

Q2新車を購入するよりカーリースのほうが安く車に乗れる?

A:ローンを組んで新車を購入する場合は、最初に頭金や登録費用などの初期費用が必要になりますが、カーリースなら初期費用0円で乗り始めることが可能です。また、残価設定により新車を購入するよりも車両本体価格を安く抑えることができます。

Q3カーリースで車に乗るならどこがおすすめ?

A:定額カルモくんがおすすめです。業界最安水準*の月額料金に加えて、国産メーカー全車種・全グレードから乗りたい車を選ぶことが可能です。また、充実したメンテナンスプランやリース車をそのままもらえるオプションなど、魅力的なサービスがそろっています。

*文末の制作日における調査結果に基づく。調査概要はコンテンツポリシー参照

この記事の執筆者


伊藤 真二
監修者、編集者、ライター

伊藤 真二

ファイナンシャルプランナー。介護福祉士資格を所有していることから、老後の暮らしや節約・資産運用など、安心できる未来、無駄のない今を生きるためのご提案を多く行う。 また、ニュースメディア、採用メディア、自動車メディアなどのライター・編集者の経験から記事執筆・監修も広く行っている。

初期費用0でマイカー持てます 詳しくは資料で_追従

初期費用0でマイカー持てます 詳しくは資料で_追従