カーリースを1年だけ使いたい!メリットやほかの方法との違いを徹底比較

更新日:2022.04.26
カーリースは1年でも利用OK!レンタカー・中古車カーリースとの比較

定額制で車に乗れるカーリースは、3年や5年などの長期契約をすることがほとんどです。しかし、中には1年だけ新車に乗れるカーリースもあります。そこで、1年だけ車を利用した場合、購入やレンタカーと比べてどのような違いがあるのか、1年契約のメリット・デメリットなどをご紹介します。

なお、ほとんどのカーリースは3年や5年以上での契約なので、1年から利用できるカーリースは多くありません。どのカーリースでも利用には審査があるので、まずは1年から利用できるカーリースの一番安い車種で、お試し審査を受けてみてはいかがでしょうか?    



【この記事のポイント】
✔️カーリースの中には1年から契約できるサービスもある
✔️カーリースならマイカーのようにいつでも好きなときに乗れる
✔️1年後に返却するだけで手続きが完了する

カーリースは1年だけ利用できる!

カーリースは1年だけ利用できる!

長期利用のイメージがあるカーリースですが、リース会社によっては1年から契約が可能です。カーリースならマイカーのように好きなときに使えて初期費用がかからないので、1年だけ車が必要になった場合にも便利でしょう。

しかし、1年などの短期利用ができるカーリースのほとんどが中古車リースなので、新車リースはあまり多くはありません。

また、1年だけ車に乗るなら購入やレンタカーなどの方法もあります。実際にそれぞれの方法にどのような違いがあるのか比較した上で、自分に合った方法を選びましょう。ここからは、その違いについてご紹介します。



1年だけ車に乗るならカーリース・購入・レンタカーどれがいい?

1年だけ車に乗るならカーリース・購入・レンタカーどれがいい?

出張や家庭の事情で1年だけ車が必要になったとき、カーリースのほかにも購入やレンタカーなどの選択肢を検討する方も多いでしょう。そこで、それぞれの方法の特徴や費用の違い、新車を購入して1年後に売却した場合の費用についてもシミュレーションしてみましょう。

特徴の違い

1年だけ車を利用する際、それぞれの方法における特徴の違いを見ていきましょう。なお、1年あたりの利用料は軽自動車を想定した場合の目安の金額です。詳しい金額についてはシミュレーションをご確認ください。


1年間の料金の違いを見る


〈方法別の費用を比較〉

長期カーリース 短期カーリース 新車購入 レンタカー
1年あたりの利用料(目安) 約72万円~ 約40万円 車両本体価格
約90〜200万円

各種税金
自賠責保険料など
約43万円~
新車or中古車 新車 中古車 新車 中古車
選べる車種の幅
走行距離制限 リース会社による リース会社による なし レンタカー会社による


このようにカーリース、購入、レンタカーを比べてみると、新車か中古車かどうか、走行距離制限の有無などがおもな違いとなることがわかります。

新車に乗れる長期カーリースや購入は、車種の選択肢が多いので、1年だけでも好きな車に乗りたい方に適しています。しかし、新車購入の場合は車両本体価格のほかに各種税金などの初期費用がかかります。そのため、売却を前提としていても、最初にまとまった費用を負担する必要があります。

一方、中古車を扱う短期カーリースやレンタカーの場合、車種の選択肢が限られます。しかし、費用が抑えられるのがメリットでしょう。また、返却を前提としているカーリースやレンタカーでは、走行距離などの制限が設けられることが多いので、利用条件が希望に合っているかどうかも重要となるでしょう。

金額だけでなく、使用頻度や走行距離、使い方なども含めて検討することが大切です。



1年間の料金の違い

実際にそれぞれの方法で1年間使用した場合、どれくらい費用がかかるのでしょうか。人気車種のホンダ「N BOX」を例に、具体的な料金の違いをシミュレーションしてみましょう。なお、ベースグレードをメインとした車両本体価格が安い車種でシミュレーションしていますが、同条件での比較が難しいため、目安としてご覧ください。


〈ホンダ「N BOX」を1年間利用した場合の目安〉

長期カーリース
(新車)
短期カーリース
(中古車)
新車購入* レンタカー
初期費用 なし なし 約10万円 なし
1ヵ月あたりの料金 76,120円 約40,000円 約13万円 36,000円
1年間の料金 91万3,440円 約48万円 約166万円 43万2,000円

*JAバンク「マイカーローン返済シミュレーション」を使用(ボーナス払いなし、金利1.5%)

料金の目安を比較すると、中古車を扱う短期カーリースとレンタカーは同程度の料金で利用できることがわかりました。また、購入の場合は各種税金や自賠責保険料、手数料など10万円程度の初期費用に加えて、毎月約13万円のローン返済が発生するため、家計への負担が大きくなります。

一方で、長期カーリースは月々76,000円程度となります。月額料金には取得や維持にかかる費用がコミコミなので、月額料金が利用条件に見合っていれば利用しやすいでしょう。

1年後の料金の違い

カーリースやレンタカーでは1年後に利用した車を返却するのが原則です。そのため、購入のように売却によって費用が戻ってくることはありません。

一方、新車購入の場合、1年後に新車を売却すると査定額はどれくらいになるのでしょうか。

中古車の買取価格は走行距離やグレード、オプションの有無、ボディカラー、人気度などの条件を基に決められるため、車種や査定を依頼する販売店によっても売却時の価格が変わります。N BOXのような人気車種であれば、100万円程度で取引きされるケースもあるようです。

このように、それぞれの方法にメリット・デメリットがあることがわかりました。新車に乗りたいけれど、購入するのは負担が大きいと感じる方は、初期費用がかからない新車カーリースがおすすめです。
まずは、利用できるかどうか、安い車種で審査を受けてみてはいかがでしょうか


まずは審査に通るか試してみる

※審査は契約にはなりません

長期カーリースで新車を1年利用するメリット・デメリット

カルモくんのしくみ

新車カーリースは、「契約者の選んだ新車をリース会社が購入し、契約者は月々定額の料金をリース会社に支払ってその車を利用する」というしくみです。そのため、購入よりもリーズナブルな料金で新車に乗ることができます。ここでは、新車カーリースを1年利用する場合のメリット・デメリットを見てみましょう。

カーリースで新車を1年利用するメリット

カーリースで新車を1年利用したときのおもなメリットには、以下のようなものがあります。

・好きな車種やグレードに乗れる
・最新の安全性能付きや燃費性能がいい車を選べる
・頭金不要、月々定額で利用できる
・リースした車はいつでも好きなときに利用できる
・1年利用したら返却するだけで手続きが完了する

カーリースを利用する最大のメリットは、手軽に新車に乗れるという点です。

カーリースは頭金不要のため契約時の負担が少なく、月額料金も定額なので、家計の見通しもつきやすいのがメリットです。また、リース車はマイカーのようにいつでも自由に利用することができます。そして、契約が満了すれば返却するだけで手続きが終わるので、手間をかけずに新車を利用できるのが魅力でしょう。

カーリースで新車を1年利用するデメリット

カーリースで新車を1年利用する際には、以下のようなデメリットがあります。

・中古車購入と比べて費用が相対的に高くなる
・納車されるまで時間がかかる場合がある
・契約には審査がある

カーリースで新車を1年利用する場合、中古車リースに比べると費用が高くなる傾向にあります。このほか、新車のカーリースは納車されるまで1~2ヵ月ほどかかることもあるので、時間に余裕をもって申し込むのがおすすめです。

カーリースの納車までにかかる期間は?契約の手続きや事前準備について解説

カーリースで新車を利用するのがおすすめのケース

新車カーリースは、以下のようなケースに該当する方におすすめです。

・新車に乗りたい 
・中途解約せず、1年間乗り続けられる

新車に1年間乗り続けたい方には、新車カーリースがおすすめです。

ただし、月々の費用負担を考えると、1年契約では月額料金が高くなってしまう可能性があります。そのため、1年以上継続して車を利用するのであれば、新車リースのメリットが大きくなる長期での利用がおすすめです。


カーリースの審査に通るか事前に「お試し審査」でチェックしてみませんか?

24時間いつでも

※審査は契約にはなりません

短期カーリースで中古車を1年利用するメリット・デメリット

短期カーリースで中古車を1年利用するメリット・デメリット

一般的にカーリースの月額料金は車両本体価格に比例するので、新車よりも中古車のカーリースのほうが月額料金も安くなります。ここでは、中古車のカーリースを利用するメリット・デメリットを説明しましょう。

短期カーリースで中古車を1年利用するメリット

短期カーリースで中古車を1年利用するメリットは以下のとおりです。

・本体価格が安いため、月々の費用が抑えられる
・頭金不要、月々定額で利用できる
・リースした車はいつでも好きなときに利用できる
・1年利用したら返却するだけで手続きが完了する

中古車のカーリースは、新車のカーリースよりも安く利用できるのが一番のメリットでしょう。また、新車リースと同様に、頭金不要で月々定額で利用できるので、費用の見通しが立てやすいのも魅力のひとつです。新車にこだわらず、なるべく安く車に乗りたい方には、中古車のカーリースが魅力的でしょう。


早速中古車

※定額カルモくんの中古車リース契約は最短3年からとなります

短期カーリースで中古車を1年利用するデメリット

短期カーリースで中古車を1年利用するデメリットも、把握しておきましょう。

・誰かが乗っていた車を使用することになる
・車によって状態やスペックが違う

短期カーリースでは、カーリース契約が満了したリースアップ車などが扱われているのが一般的です。あくまでも利用歴のある中古車が貸し出されるため、使用感がある車に抵抗がある方には新車カーリースがおすすめです。

中古車のカーリースがおすすめのケース

中古車のカーリースのメリット・デメリットを踏まえると、中古車のカーリースは以下のような方におすすめです。

・中古車に抵抗がない
・なるべく安く車を利用したい

中古車と一言でいっても、新車に近いものから使用感のあるものまで、車によってその状態はさまざまです。そのため、中古車に抵抗がない方や、費用の安さを重視する方に向いているといえるでしょう。

レンタカーを1年利用するメリット・デメリット

レンタカーを1年利用するメリット・デメリット

車を借りる方法といえばレンタカーという方もいるでしょう。通常は1日や1週間、長くても1ヵ月程度利用することが多いようです。年契約のレンタカーはあまりないため、もし1年間利用する場合は、1ヵ月契約を12回継続することになります。手続きのスムーズさと引き換えに、コストがややかさんでしまうのが難点といえます。ここでは、レンタカーを利用するメリット・デメリットについて見ていきましょう。

レンタカーを1年利用するメリット

レンタカーを1年利用するおもなメリットには、以下のようなものがあります。

・カーリースと比較して、利用手続きが簡単にできる
・初期費用がかからない
・審査がない

レンタカーの場合、初期費用もかからず、基本的にはカーリースのような審査もないので、スムーズに車を借りられるでしょう。このように、レンタカーは手間暇をかけずに借りられる点が大きなメリットです。

基本的にレンタカーには走行距離制限がない場合が多いですが、会社によっては月間3,000kmなどの制限を設けているところもあり、その制限距離を超えると超過料金が発生するしくみになっています。

レンタカーを1年利用するデメリット

一方、レンタカーを1年利用する際には以下のようなデメリットもあります。

・総額が高くなる
・選べる車種に限りがある
・新車には乗れない
・年齢や免許取得から3年以上などの条件がある

レンタカーは年契約ではなく、月ごとの契約が基本です。そのため、最終的な費用の総額が高くなってしまうことがあります。また、新車のカーリースに比べて選べる車種が限られるため、希望通りの車を借り
るのは難しいでしょう。そのため、費用面を重視し、きれいな車に乗りたい方には不向きといえます。

※審査は契約になりません


1年以上新車に乗るなら、業界最安水準のカーリースがおすすめ

セールススタッフ

新車のカーリースは1年程度の利用期間では費用が高くなってしまうこともありますが、長期の利用なら月々の費用をぐっと抑えることができます。また、費用を抑えて希望の車に乗りたい方には業界最安水準の定額カルモくんがおすすめです。

ここでは、定額カルモくんを利用する際のメリットについてご紹介しましょう。

業界最安水準の月々10,000円台で新車に乗れる

定額カルモくんなら、業界最安水準の月々10,000円台で新車に乗ることができます。そのため、費用をかけずに新車に乗りたい方にもおすすめです。

国産メーカー全車種から選べる

定額カルモくんでは、国産メーカーの全車種・全グレードを取り扱っています。そのため、新車購入時と変わらない、豊富な選択肢の中から好きな車種が選べます。

メンテナンスプランが充実している

定額カルモくんには車検やメンテナンスが定額化できるメンテナンスプランがあります。
メンテナンスプランには返却時の原状回復費用補償が含まれていたり、メーカー保証と同等の保証が契約満了まで受けられたり、カーリースをさらにお得に利用できるしくみとなっています。そのため、初めてカーリースを利用する方でも安心して利用できるのではないでしょうか。

なお、カーリースの利用には審査があります。まずは、「お試し審査」で審査に通るかチェックしてみてはいかがでしょうか?


まずは審査に通るか試してみる

※審査は契約にはなりません

1年から利用できるカーリースで快適なカーライフを実現しよう

1年から利用できるカーリースで快適なカーライフを実現しよう

1年だけ車を利用するには、さまざまな方法があります。お得に利用するには、それぞれのメリット・デメリットをふまえて、自分に合う方法を選ぶことが大切です。もし定期的に車を利用するのであれば、サブスク感覚で長期カーリースを1台契約しておくことで、結果的に安く利用できる可能性もあります。

資料をご覧になりたい方は下のバナーからどうぞ


業界最安水準の定額カルモくんについて詳しく知りたい方は、LINEや電話で気軽に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

line

フリーダイヤル


※記事の内容は2021年12月時点の情報で制作しています。

よくある質問

Q1カーリースを1年契約するメリットは?

A:カーリースのメリットは、頭金不要で、マイカーのように豊富な選択肢から好きな新車に乗れることでしょう。なお、1年契約できるカーリースのほとんどは中古車リースですが、最短1年~最長11年まで、1年単位で自由に契約期間が選べる新車リースもあります。

Q2カーリースを長期利用するメリットとは

A:カーリースでは、車両本体価格から契約満了時の想定価格(残価)を差し引いて、契約期間で割ってリース料金を算出します。このようなしくみから、契約期間が長くなるほど月額料金が安くなるという特徴があります。

この記事の執筆者


伊藤 真二
監修者、編集者、ライター

伊藤 真二

ファイナンシャルプランナー。介護福祉士資格を所有していることから、老後の暮らしや節約・資産運用など、安心できる未来、無駄のない今を生きるためのご提案を多く行う。 また、ニュースメディア、採用メディア、自動車メディアなどのライター・編集者の経験から記事執筆・監修も広く行っている。
お試し審査