カーリースに向いている人と向いていない人の特徴を徹底解説!

更新日:2022.02.19
カーリースが向いている人とは

カーリースはお得に車に乗れる便利なサービスですが、万人に向いているわけではありません。そこで、カーリースが向いている人と向いていない人の特徴をそれぞれ解説します。
 
なお、もし自分がカーリースに向いていたとしても、審査に通らなければリース契約はできません。また、契約手続きには時間がかかるので、まずは業界最安水準のカーリースのお試し審査で利用できるかどうか確かめてみてはいかがでしょうか?

 

安い車種で審査


【この記事のポイント】
✔カーリースに向いている人は、お得な月額料金で手間なく新車に乗りたい人
✔車を所有したい人や長距離運転する人は、カーリースに不満を覚えることも
✔走行距離制限なしで車がもらえるカーリースなら誰でも利用しやすい

カーリースが向いている人の10の特徴

カーリースが向いている人の10の特徴

車に乗るための新しい方法として人気のカーリースですが、利用するときの状況や車に求めるものによっては、カーリースで満足できない人もいるでしょう。ここでは、カーリースが向いている人の特徴を詳しくご紹介します。

〈カーリースが向いている人の特徴〉
1. 貯金がないけど新車に乗りたい
2. 車に関する費用を一定にしたい
3. 新車が高いと感じている
4. 車検でまとまった費用がかかるのが心配
5. 憧れの車や上位グレードに乗りたい
6. 手続きや支払いの手間を省きたい
7. 忙しくて車を見に行く時間がない
8. 定期的に車を乗り換えたい
9. 事業用車として使いたい
10. カスタマイズはメーカーオプションで満足している

1. 貯金がないけど新車に乗りたい

新車を購入するためには、多額の費用がかかります。ローンを組んで月々の返済額を抑えられたとしても、購入時に税金や自賠責保険料、各種手数料などの初期費用を支払わなければなりません。そのため、まとまった額の貯金がないと、新車を購入するのは難しいでしょう。

一方、カーリースは基本的に月額料金のみで新車に乗ることができ、契約時に初期費用をまとめて支払う必要がないので、貯金に余裕がない人でも手軽にカーライフを始められます。

2. 車に関する費用を一定にしたい

車に関する費用を毎月一定にしたい人には、カーリースが向いています。カーリースは、毎月定額のリース料金を支払うことで新車に乗れるしくみです。月額料金には車両本体価格のほか、各種税金や自賠責保険料、各種手数料など、車の維持にかかるさまざまな費用が含まれます。

このように多くの維持費を定額にできるため、車関連の出費が毎月変動せず、支払いを安定させることが可能です。


カーリースの料金のしくみを詳しくチェックする

3. 新車が高いと感じている

新車は見た目がきれいなだけでなく、安全性能が優れていたり快適な運転をサポートする機能が搭載されていたりします。しかし、中古車に比べて価格が高いので、購入費用の負担が大きいのがデメリットです。

一方、カーリースでは残価を設定し、本来支払うべき車両本体価格から差し引くため、支払額を抑えられます。新車が高く、なかなか手が出せないと考えている人には、車にかかる費用を抑えやすいカーリースが向いているといえるでしょう。

4. 車検でまとまった費用がかかるのが心配

車検は、初回は車を手にしてから3年後、その後は2年ごとに必ず受けなければなりません。そして、車の状態によっては車検時に整備が必要になることもあります。その結果、車検時に支払う費用は高額になりやすく、ドライバーの悩みの種になることも多い費用です。

一方、カーリースでは月々の料金に車検費用も含めることができるので、車検時の出費に備える必要がありません。

5. 憧れの車や上位グレードに乗りたい

カーリースでは月額料金を算出する際に車両本体価格から残価が差し引かれるので、全額を支払って購入するローンよりも出費を抑えやすいのが特徴です。また、購入のように初期費用もかかりません。そのため、憧れの車や上位グレードにも、購入より手が届きやすいといえます。そのため、希望の車の購入は難しいと考えている人には、カーリースが向いているでしょう。

6. 手続きや支払いの手間を省きたい

購入する場合は、自分で販売店と契約手続きを結び、税金などの維持費をその都度支払わなければなりません。また、車を乗り換えるときも、どこで査定してもらうか決め、売却や廃車の手続きも自分で行うことになります。このように車の購入や維持にはさまざまな手間がかかります。

一方、カーリースではこのような手続きや納税をリース会社が代行してくれるので、手間がかかりません。さらに、車を乗り換えたくなったときも、乗っていた車をリース会社に返却するだけで手続きが完了します。

7. 忙しくて車を見に行く時間がない

車を購入する場合は、ディーラーなどの販売店まで足を運んで車を選び、店舗で契約をしなければなりません。その時間を捻出するのが難しい人もいるでしょう。

そのような忙しい人には、カーリースが向いています。カーリースにはネット上で車を選ぶことができ、審査や手続きもオンラインで完結するサービスもあります。さらに、自宅まで車を納車してもらえるリース会社を選べば、忙しい人でもスムーズに車を手に入れることができます。

8. 定期的に車を乗り換えたい

定期的に車を乗り換えたいと考えている人に、カーリースは向いています。カーリースは選べる契約期間の幅が広く、初期費用も不要なので、まとまった費用の負担もなく、短期間で別の車に乗り換えることが可能です。

また、カーリースでは乗換えの手続きをリース会社に任せられます。車を購入した場合も返済期間を短くすることはできますが、車の査定依頼や廃車手続きを自分でしなければならないので、手間がかかってしまいます。より手軽に車を乗り換えたい人は、カーリースに向いている人といえるでしょう。

9. 事業用車として使いたい

事業用の車が欲しいと考えている人は、節税の観点からカーリースを利用するのがおすすめです。車を購入した場合、経費として計上できるのは金利のみとされています。つまり、車両本体価格や税金などは、経費にすることができません。

一方、カーリースの場合は月々のリース料金を経費として計上できます。さらに、減価償却のような面倒な手続きも不要なので、手間をかけずに大きな節税効果を得ることが可能です。

10. カスタマイズはメーカーオプションで満足している

カーリースは車の返却を前提とするしくみなので、基本的にカスタマイズはできません。また、カスタマイズが認められている場合でも、原状回復できる範囲のみとなっています。そのため、自分で購入したパーツを取り付けるなどの自由なカスタマイズを楽しみたい人には、カーリースは物足りなく感じるかもしれません。

一方、メーカーオプション以上のカスタマイズをする予定のない人は、カーリースでも十分に満足できるでしょう。なお、メーカーオプションは契約時に選ぶことができ、費用は月額料金に含まれるので、まとまった出費の心配もありません。


お得にカーライフを始められる業界最安水準のカーリースはこちら

カーリースが向いていない人の特徴

カーリースが向いていない人の特徴

カーリースはお得に新車に乗れる便利なサービスですが、車を購入したほうが高い満足感を得られる人もいます。そこで、カーリースが向いていない人の特徴を確認してみましょう。

資金に余裕がある

カーリースのメリットは、初期費用不要でお得にカーライフを始められる点です。そのため、まとまったお金をすぐに用意できるのであれば、初期費用の負担も気にならないでしょう。また、ローンを組まずに車を購入できれば、利息の支払いもありません。

車を所有したい

カーリースは基本的に、契約満了時に車を返却するしくみです。乗り続けて愛着が湧いた車も返さなければならないので、車を自分のものとして扱いたい人は不満を感じるかもしれません。基本的に購入すれば車の所有者は自分になるので、所有にこだわる人はカーリースよりも購入のほうが向いているでしょう。

ただし、中には契約満了後に車をもらえるカーリースもあります。月々の出費を抑えたいけれど車を所有したい人は、車がもらえるカーリースを検討してみてはいかがでしょうか。


月々500円で車がもらえるカーリースはこちら

車を改造したい

カーリースはいずれ車を返却しなければならないため、原則としてカスタマイズが禁止されています。自分で調達したパーツを取り付けたり、車高を変えたりなど、元に戻せない改造などは基本的に行うことができません。そのため、車の改造を自由に楽しみたい人は、カーリースではなく購入したほうが満足できる可能性が高いでしょう。

しかし、中には車検に通る範囲でカスタマイズを楽しめるカーリースもあります。やってみたいカスタマイズの程度によっては、お得にカーライフを始められるカーリースを利用しても良いでしょう。


カスタマイズしやすいカーリースはこちら

運転に不安がある

運転に不安がある人は、カーリースを利用すると思わぬところで出費がかさんでしまうかもしれません。カーリースには原状回復義務があるため、傷やへこみなどがある場合、車体を元通りに修復してから車を返却しなければならないからです。

そのため、運転が苦手な人は、車を購入したほうが原状回復を気にせず安心して運転できる可能性があります。ただし、リース会社によっては原状回復費用を補償していることもあるため、運転技術に心配がある人はそういったカーリースを選びましょう。


原状回復費用補償がコミコミのプランがあるカーリースはこちら

日常的に長距離を走る

カーリースには、基本的に走行距離制限があります。また、月々の制限を超えてしまうと、追加料金が発生します。そのため、日常的に長距離を運転する人にとっては、このような制限が負担になってしまう可能性があります。

しかし、カーリースの中には走行距離制限をなくせるものがあるため、カーリースにメリットを感じている場合は走行距離制限がないものを選んでみましょう。


どんな人でも使いやすいカーリースとは?

知っておきたいカーリースのしくみ

カルモくんのしくみ

向いている人と向いていない人の特徴はありますが、中にはカーリースのデメリットを解消できるリース会社もあります。そのため、自分に合ったカーリースを選ぶことが大切です。

また、自分が満足して利用できるカーリースを選ぶためにも、しくみを正しく理解する必要があります。ここでは、知っておきたいカーリースのしくみを見ていきましょう。

月額料金の算出方法

月額料金

カーリースの月額料金は、残価を差し引いた車両本体価格と契約期間中にかかる税金などの維持費を合計し、契約月数で割って算出します。これにより、月々の利用料金が定額になるしくみです。

残価とは返却時に残っていると想定される車の価値のことです。残価は契約時に決まり、契約者に公表されるかどうかは契約方式によって異なります。

月額料金に含まれる費用

カーリースでは、定期的に支払わなければならない税金や自賠責保険料のほか、新車に乗るための手続きにかかる諸費用や手数料などは月額料金に含まれています。カーリースの月額料金に含まれる費用には、以下のようなものがあります。

・車両本体価格
・自動車税(種別割)
・自動車重量税
・環境性能割
・自賠責保険料
・登録諸費用
・仲介手数料
・メンテナンス費用

このようにさまざまな維持費が月額料金にコミコミのため、リース料金以外の出費が発生しにくく、家計管理が手軽にできるのが特徴です。ただし、車検やメンテナンスにかかる費用は月額料金に含まれない場合があります。リース会社やプランによって異なるので、契約前に確認しておきましょう。

自己負担になる費用

カーリースの月額料金には多くの維持費が含まれますが、中には自己負担になる費用もあります。以下の費用は、月額料金とは別に用意しましょう。

・駐車場代
・燃料費
・任意保険料
・高速代

カーリースも購入と同様、持ち家で駐車場が必要ない場合を除き、駐車場を借りるための費用がかかります。駐車場代は地域によって相場が異なりますが、月々数千〜数万円ほどかかることもあります。

また、車を運転する頻度が高いほどかさむのが燃料費です。ガソリン価格は世界情勢によって価格が大きく変動するため、燃料費の相場も一概には言えませんが、こちらも月々数千〜数万円ほどかかります。

そして、自動車保険の加入は任意ですが、自賠責保険の補償では補うことができない損害をカバーするために入っておくのがおすすめです。保険料は保険会社によって異なりますが、「おトクにマイカー 定額カルモくん」が自家用車を持っている全国の男女1,381人に対して行った調査では、月々の保険料を5,000円未満や5,000〜10,000円未満に抑えている人が多いという結果になりました。

さらに、高速道路を利用する場合は、高速代がかかります。頻繁に遠出をするなど使う頻度が多い場合は、月々数千〜数万円ほどかかることもあるでしょう。

契約手順

カーリースの契約は、以下のような手順で行われます。ここでは、定額カルモくんを例に手順を確認していきましょう。

〈契約手順〉
1. 車選び
2. シミュレーション
3. 審査申込み
4. 契約締結
5. 納車

定額カルモくんでは、車選びやシミュレーション、審査申込みがオンラインで完結します。また、審査や契約に関する疑問も事前にマイカーコンシェルジュに相談できるため安心です。契約の締結は、自宅に郵送される書類に記入し、必要書類を同封して返送するだけで完了します。

その後、全国どこでも自宅まで納車可能なので、店舗を訪れることなくカーリースの利用を始められます。

契約方式

カーリースの契約方式

カーリースの契約方式には、オープンエンド方式とクローズドエンド方式の2種類があります
この2つの大きな違いは、残価を契約者に公表するかどうかに加えて、残価精算の有無にあります。

オープンエンド方式では、契約時に残価が公表され、契約者は契約満了時に残価精算を行います。一方、クローズドエンド方式では、残価が公表されない代わりに契約者は契約が終了しても残価を精算する必要がありません

つまり、オープンエンド方式では契約が終わるときに多額の費用を請求される可能性がありますが、クローズドエンド方式では差額請求がないため、最後まで定額で車に乗れるのが特徴です。

契約満了後の選択肢

カーリースの契約満了後は、原則車を返却することになります。しかし、リース会社によっては返却以外の選択肢を用意していることもあります。

〈契約満了後の選択肢〉
・買取り
・再リース
・乗換え
・もらう

乗っていた車を契約満了時に買い取ることで、その後もマイカーとして乗ることができます。また、引き続き定額の出費で車に乗りたい場合は、再度リース契約を締結して同じ車に乗り続ける方法もあります。

別の車に乗り換えるのであれば、リース契約満了後に別の車で改めて契約を結ぶこともできます。そして、一部のリース会社では月々いくらかのオプション料金を支払うことで、契約満了時の追加料金なしでそのまま車をもらうことも可能です。

どんな人でも使いやすいカーリースもある!

セールススタッフ2

カーリースはリース会社によってサービス内容が大きく異なり、中には返却不要で走行距離が無制限の利用しやすいものもあります。このようにカーリースに向いている人だけでなく、一般的なカーリースは向いていないと感じる人でも使いやすいのが、定額カルモくんのカーリースです。

定額カルモくんがさまざまな人におすすめできるのは、以下のような理由があります。

〈定額カルモくんがどんな人でも使いやすい理由〉
・業界最安水準の月額料金で新車に乗れる
・オンラインや郵送で審査や契約ができるから、とにかく手間が省ける
・クローズドエンド方式の契約で、残価精算が発生しない
・7年以上で契約するだけで走行距離が無制限になる
・月々500円の追加料金で契約満了時に車をもらえる
・メンテナンス費用も定額にできる
・マイカーコンシェルジュのサポートを受けられる

なお、どのカーリースでも契約前に審査を受ける必要があります。定額カルモくんのお試し審査なら、審査後のキャンセルや車種変更なども可能なので、まずは利用できるかどうか知りたい方にもおすすめです。


24字間いつでも_お試し審査

使いやすいサービスを選んで上手にカーリースを活用しよう

使いやすいサービスを選んで上手にカーリースを活用しよう

月々定額の料金で新車に乗れたりさまざまな手間を省けたりと、カーリースは忙しい人にも向いている方法です。購入と違って、走行距離制限や返却などカーリース特有のしくみもありますが、定額カルモくんのように自由度の高いリース会社を選べば、マイカー購入と同じようにカーライフを楽しむことも可能です。

すでに乗りたい車が決まっているのなら、まずは好きな車を選んで月額いくらで乗れるのか確認してみてはいかがでしょうか。

月1万円台から探す

※記事の内容は2022年2月時点の情報で制作しています。

よくある質問

Q1カーリースに向いている人の特徴は?

A:貯金に余裕がないけれど新車に乗りたい人や、車に関する費用を毎月定額にしたい人、手続きの手間を省きたい人、そして定期的に車を乗り換えたい人などはカーリースに向いています。

Q2カーリースに向いていない人の特徴は?

A:車を所有したい、改造したいと考えている人や、運転に不安がある人、日常的に長距離を運転する人などは、カーリース独自の規定がわずらわしいと感じてしまうかもしれません。ただし、車がもらえたり走行距離制限をなくしたりできるカーリースを選べば、このような不満も解消できるでしょう。

お試し審査