個人向けカーリースとは?人気の理由やしくみを解説

公開日:2021-09-05更新日:2021-09-09

個人向けカーリースについて

これまで法人向けのサービスとして利用されてきたカーリースですが、最近では個人向けカーリースが注目されています。定額制で新車に乗れるため、初期費用や維持費を理由に新車をあきらめてきた方でも利用しやすいサービスです。そこで、個人向けカーリースが人気の理由やそのしくみを解説します。

【この記事のポイント】
✔個人向けカーリースとは月々定額制で長期的に車を借りるサービスのこと
✔カーリース会社を選ぶときには取扱車種数やリース料金の安さが重要なポイント
✔個人向けカーリースなら日本一安い*定額カルモくんがおすすめ

*一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ) 

個人向けカーリースとはどんなサービス?

カルモくんのしくみ

車のサブスクリプションサービスとも呼ばれるカーリース。法人向けカーリースと同様に、初期費用や維持費などのまとまった費用の負担がなく、月々定額で新車が持てるのが魅力のサービスです。ここでは、個人向けカーリースのしくみや月額料金に含まれる費用について見ていきましょう。

しくみ

月額料金の内訳

個人向けカーリースは、カーリース会社が買った新車を長期間、月額で借りるサービスのことです。

カーリースの月額料金は車種ごとに定められていて、契約期間に応じて変わります。また、月額料金には購入や維持にかかるさまざまな費用が含まれているため、車に関する費用をフラットにできるのが魅力です。

月額料金に含まれる費用

内訳

カーリースの月額料金には、車両価格だけでなく、各種税金や自賠責保険料、サポート料などが含まれています。また、購入時に必要な各種費用や各種手数料も月額料金に含まれているので、初期費用として用意する必要がありません。

通常、このような費用は現金で用意しなくてはいけないのが一般的です。しかし、カーリースでは月額料金にコミコミなので、支払いの手間もなく、家計への負担軽減にもつながります。

個人向けカーリースのメリット・デメリット

さまざまな費用がコミコミの定額制で利用できるのがカーリースの大きな特徴ですが、購入と比べてどんな違いがあるのか気になっている方もいるでしょう。そこで、購入したときと比較しながら、個人向けカーリースのメリット・デメリットについてご紹介します。

メリット

個人向けカーリースには、次のようなメリットがあります。

●貯金がなくても車に乗れる
車を購入する際には、各種税金や自賠責保険料、各種手数料などの初期費用がかかります。また、ローンを組む際には、頭金を用意するケースもあるでしょう。

一方、個人向けカーリースは購入時にかかる費用が月額料金に含まれているので、契約時にまとまった費用を用意する必要がありません。なお、基本的には頭金も不要なので、貯金がなくても車に乗ることが可能です。

●残価を差し引くから、購入よりお得
車を購入する際、現金一括でもローンでも、基本的に車両価格の全額を支払います。しかし、個人向けカーリースでは契約時に残価を設定し、車両価格から差し引いて月額料金を算出しているため、購入よりもお得に車を利用できます。なお、残価とは返却時の下取り価格のことです。

例えば、5年契約(60ヵ月)で、車両価格が250万円、残価を100万円とした場合。月額の車両支払い分は、25,000円となります。
(250万円 – 100万円)÷ 60ヵ月 = 月々25,000円

このように、車両価格から残価が差し引かれているため、車両価格全額を支払うローンと比べても、お得に車を利用できます。

●月々定額で車を維持できる
車を維持するためには、各種税金や自賠責保険料などの維持費がかかります。また、その都度支払いが必要です。一方、個人向けカーリースでは、維持費の一部が月額料金に含まれています。さらに、車検やメンテナンスの費用も定額化できるので、ほとんどの維持費を月額料金にまとめられます。

●カスタマイズできる
マイカーを選ぶとき、車種やボディカラー、オプションを選んで購入する車を決めますが、個人向けカーリースでも同じように車のカスタマイズが可能なサービスもあります。中でも、個人向けカーリースの定額カルモくんなら、国産メーカーの全車種・全グレードから好きな車種やオプションを選んで、乗りたい車を決めることができます。


定額カルモくん の取扱車種をチェックする


●インターネットで申込みが完結する
車を購入する際、基本的に車選びや契約手続きは、店舗で行います。しかし、個人向けカーリースなら、インターネットで審査申込みができるサービスも多くあります。

中でも、定額カルモくんでは車選びから審査申込みまでをインターネットで完結でき、契約も郵送で行うため、自宅から手続きが可能です。さらに、自宅まで納車してくれます。

●車を処分する手間がかからない
車を購入した場合、寿命が来たり不要になったりしたら、売却や廃車などの手続きを行います。しかし、個人向けカーリースは、契約期間が終了したら車を返却するだけで手続きが完了します。

デメリット

個人向けカーリースには、次のようなデメリットがあります。

●改造が禁止されている
車を購入した場合、基本的にはカスタマイズが可能です。一方、個人向けカーリースは返却時の原状回復が必要なため、カスタマイズやドレスアップは禁止されています。しかし、定額カルモくんのようにカスタマイズができるカーリースもあります。


カスタマイズ可能なカーリースについて詳しくはこちら


●走行距離制限がある
車を購入した場合、基本的に利用に制限はありません。一方、個人向けカーリースでは走行距離制限が設けられているのが一般的です。例えば、多くのカーリースでは月間1,000km程度に設定されています。しかし、定額カルモくんのように走行距離を無制限にできるカーリースもあります。


走行距離を無制限にできるカーリースについて詳しくはこちら


●途中で解約できない
車を購入した場合、基本的には売却が可能です。一方、個人向けカーリースは、原則として契約期間中の解約が認められていません。車が走行不能になるなど、強制解約となった場合には、残りの期間分の月額料金が違約金として請求されるのが一般的です。

●リース車は返却が前提となっている
車を購入した場合、その車は所有物となります。一方、個人向けカーリースでは、契約終了時にリース車を返却しなくてはいけません。しかし、定額カルモくんのようにオプションで車がもらえるカーリースもあります。


車がもらえるカーリースについて詳しくはこちら


●返却時の原状回復が必要
購入した車であれば、傷などができても修理するかどうかは自分で決められます。しかし、カーリースには原状回復義務があるため、返却時に傷やへこみ、汚れなどがあった場合は原状回復費用が請求されます。一般的に原状回復費用は利用者が負担しますが、定額カルモくんのように原状回復費用をカバーできるプランがあるカーリースもあります。


原状回復費用も定額化できるカーリースについて詳しくはこちら


●残価精算が発生する場合がある

カーリースの契約方式

個人向けカーリースの契約には、残価精算を行う「オープンエンド方式」と、残価精算のない「クローズドエンド方式」の2種類があります。そのため、オープンエンド方式のカーリースでは、契約終了時の車の状態によって、残価精算が発生する可能性があります。一方、クローズドエンド方式なら最後まで安心して車を利用できます


クローズドエンド方式のカーリースはこちら


個人向けカーリースが向いているのはこんな人!

メリット・デメリットをふまえると、個人向けカーリースは以下のような方に向いています。

〈チェック項目〉
・貯金にあまり手を付けたくない
・車が生活に必要
・車検証上の所有者がカーリース会社でも気にならない
・車に関する支出をまとめたい
・車をラクに乗り換えたい
・最新の車に安く乗りたい

このような方は、個人向けカーリースのメリットを十分に活かしてカーライフが送れるでしょう。また、カーリースでは、自家用車と同じ通常のナンバーが使用できるので、ほとんどマイカーと変わらない条件で車を利用できます。

個人向けカーリース会社を選ぶポイント

最近は、さまざまな個人向けカーリースが登場し、さらに注目が集まっています。しかし、どのようなサービスを選べばいいか比較するのは難しいものです。そこで、個人向けカーリースを選ぶポイントについて見ていきましょう。

カーリース会社を選ぶポイント1. 取扱車種が多いか

取扱車種はカーリース会社によって異なり、軽自動車をメインに扱っていたり特定のメーカーのみを扱っていたり、選択肢が少ないケースもあります。ニーズにあった車種を選ぶためにも、できるだけ多くの車種を扱っている個人向けカーリースを選ぶのがおすすめです。国産メーカーの全車種を扱う定額カルモくんなら、幅広い選択肢の中から、お気に入りの1台が見つけられるのではないでしょうか。

カーリース会社を選ぶポイント2. 月々の料金が安いか

同じ車種を扱っている場合でも、カーリース会社によって月々の料金は異なります。個人向けカーリースの公式サイトでは料金シミュレーションができることも多いので、各社の料金をしっかりと比較しましょう。

また、カーリースではボーナス払いを設定した月々の料金を表示して、安く見せていることも多いので、定額カルモくんのようにボーナス払いなしでもお得な料金で利用できる個人向けカーリースがおすすめです。


定額カルモくんの料金シミュレーションはこちら


カーリース会社を選ぶポイント3. 頭金やボーナス払いできるか

個人向けカーリースは、基本的には頭金やボーナス払い不要で利用できます。しかし、中には、頭金やボーナス払いが必須になっていることもあります。定額カルモくんのように、頭金やボーナス払いなしでも安く利用できる個人向けカーリースを選ぶのがおすすめです。

カーリース会社を選ぶポイント4. 契約方式がクローズドエンド方式か

カーリースの契約方式

デメリットでも紹介したように、個人向けカーリースには、オープンエンド方式とクローズドエンド方式があります。
残価精算などで費用の負担がないよう、クローズドエンド方式のカーリースを選びましょう。

カーリース会社を選ぶポイント5. 車検費用が定額化できるか

車検費用の支払い方はカーリース会社によって異なり、自己負担のケースや、車検費用も月額料金に含められる場合もあります。個人向けカーリースの定額カルモくんなら、法定費用は月額料金にコミコミ、車検基本料や消耗品交換費用などはメンテナンスプランで定額化が可能です。そのため、毎月の料金だけで車のメンテナンスができます。


メンテナンスプランについて詳しく知りたい方はこちら


カーリース会社を選ぶポイント6. 走行距離制限

多くの個人向けカーリースでは、車の価値を保つために走行距離制限を設けています。しかし、定額カルモくんのように月間1,500kmと余裕をもった距離設定の場合もあります。さらに、7年以上の契約なら、無償で走行距離が無制限になるので、走行距離を気にせずマイカー感覚で車を利用できます。

個人向けカーリースで人気車種にいくらで乗れる?

家計への負担を抑えながら、カーライフが楽しめるのがカーリースの魅力ですが、実際にいくらで乗れるのでしょうか。定額カルモくんの人気車種を例に、月額料金をチェックしてみましょう。


〈定額カルモくんの人気車種と月額料金〉

                                                                                                                                                                                                                                              
車種・グレード5年契約7年契約9年契約11年契約
ダイハツ「ミライース」
B
20,130円〜14,740円〜12,540円〜11,220円〜
トヨタ「パッソ」
X
27,330円〜23,370円〜20,290円〜18,420円〜
スズキ「スイフト」
XG (スズキ セーフティ サポート非装着車)
30,630円〜26,450円〜23,150円〜21,060円〜
スズキ「イグニス」
HYBRID MG (スズキ セーフティ サポート非装着車)
31,730円〜27,220円〜23,700円〜21,500円〜
トヨタ「カローラアクシオ」
EX 5FMT
32,060円〜28,870円〜24,910円〜22,600円〜
トヨタ「カローラフィールダー」
EX 5FMT
32,060円〜28,870円〜24,910円〜22,600円〜
トヨタ「カローラフィールダー」
EX 5FMT
34,480円〜31,180円〜26,780円〜24,140円〜
マツダ「ロードスター」
S
46,360円〜41,960円〜38,440円〜33,930円〜

*2021年7月時点

ダイハツ「ミライース」

10023

ダイハツ「ミライース」は、価格の安さとガソリン車の中でもトップレベルの燃費性能が人気の軽自動車です。グレードは大きく分けて「B」「L」「X」「G」の4つが用意されており、「“SA III”」がついているグレードはダイハツの予防安全機能「スマートアシストⅢ」が標準装備となっています。なお、ミライースには、月々11,220円から乗ることができます。


ダイハツ「ミライース」をリースできるかお試しで審査してみる


トヨタ「パッソ」

10038

トヨタ「パッソ」は、高い燃費性能と先進の安全装備を、軽自動車と並ぶ価格で実現したコンパクトカーです。グレードは、大きく分けてスタンダードモデルの「X」と上級モデルの「MODA」の2種類があり、それぞれに装備が異なるパッケージが用意されています。また、上位グレードには、ダイハツの「スマートアシストIII」が搭載されています。なお、パッソには、月々18,420円から乗ることができます。


トヨタ「パッソ」をリースできるかお試しで審査してみる


スズキ「スイフト」

10035

スズキ「スイフト」は、燃費性能の良さや安全性能の高さに定評がありますが、走行性能の高さも魅力のハッチバックタイプのコンパクトカーです。5種類のグレードが用意されており、ガソリン車の「XG」と「RS」、マイルドハイブリッドの「HYBRID MG」と「HYBRID RS」、フルハイブリッドの「HYBRID SZ」から選ぶことができます。なお、スイフトには、月々21,060円から乗ることができます。


スズキ「スイフト」をリースできるかお試しで審査してみる


スズキ「イグニス」

10072

スズキ「イグニス」は、ユニークなエクステリアデザインと、取り回しのいいボディサイズが人気のコンパクトSUVです。グレードには「HYBRID MG」「HYBRID MX」「HYBRID MZ」「HYBRID MF」の4種類が用意されており、2WDと4WDから選べるようになっています。特徴的なデザインが目を引く車種ですが、最低地上高は180mmを確保するなど、悪路の走破性能も高く、SUVらしい一面も持っています。なお、イグニスには、月々21,500円から乗ることができます。


スズキ「イグニス」をリースできるかお試しで審査してみる


トヨタ「カローラアクシオ」 

10108

トヨタ「カローラアクシオ」は、現在では少なくなっている5ナンバーサイズのセダンです。グレードはガソリン車の「EX」とハイブリッド車の「HYBRID EX」の2種類が用意されており、「EX」は2WDと4WDを選べるようになっています。燃費性能や安全性能が高く、扱いやすいサイズのセダンを探している方にはおすすめの1台です。なお、カローラアクシオには、月々22,600円から乗ることができます。


トヨタ「カローラアクシオ」をリースできるかお試しで審査してみる


トヨタ「カローラフィールダー」

10084

トヨタ「カローラフィールダー」は、優れた燃費性能と高い走行性能を両立させたステーションワゴンです。ガソリン車の「EX」とハイブリッド車の「HYBRID EX」から選ぶことができます。荷室が広くとられており、9.5インチのゴルフバッグが4つも収納できます。リアシートを倒せばさらに多くの荷物を積むことが可能です。なお、カローラフィールダーには、月々24,140円から乗ることができます。


トヨタ「カローラフィールダー」をリースできるかお試しで審査してみる


マツダ「ロードスター」

10064

マツダ「ロードスター」は、高い走行性能と特徴的なデザインで根強い人気がある2シーターオープンカーです。レザーシートモデルなどの特別仕様車も用意されており、ファッション性の高さも人気の理由となっています。また、オープンカーを気軽に楽しみたい方にも優しい値段設定となっています。なお、ロードスターには、月々33,930円から乗ることができます。


マツダ「ロードスター」のカーリースについて詳しくはこちら

個人向けカーリースなら日本一安い*定額カルモくんで決まり!

セールススタッフ

数ある個人向けカーリースの中でも、日本一の安さ*で注目を集めているのが定額カルモくんです。クローズドエンド方式だから契約終了時の残価精算もなく、走行距離を無制限にできたり将来的にマイカーになったりと、カーリースの常識を覆すその魅力について詳しくご紹介します。

*一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ) 

国産メーカーの全車種、全グレードから選べる

定額カルモくんでは、国産メーカーの全車種、全グレードの新車から好きな車種を選ぶことができます。また、定額カルモくんでは中古車も扱っており、全国の3,000台を超える日本一の取扱台数*から、好きな中古車が選べます。
このように、新車も中古車も幅広い選択肢が用意されているので、カーリースでも車選びに妥協したくない方におすすめです。

*JALAの特別会員・正会員の中で、一般消費者を対象にリースを行う中古車の取り扱い台数において(2021年7月2日、ステラアソシエ株式会社調べ) 

頭金やボーナス払いなしで月々10,000円台から新車に乗れる

3冠獲得

定額カルモくんなら、頭金やボーナス払いなしでも月々10,000円台から新車に乗ることができます。最も安い車種は11,220円から利用できるなど、車にかかるお金の負担を少しでも減らしたいという方にもおすすめです。

また、定額カルモくんは車の専門家が選ぶカーリースで、価格やコスパの高さ、サポートの充実度に関するランキングで1位を獲得しています。長期間利用することの多いカーリース選びにおいて重要な、料金やサポートで高い評価を受けているので、安心して利用することができます。

走行距離が無制限にできる

多くのカーリースでは走行距離制限が設けられていますが、定額カルモくんなら月間1,500kmと毎日使う方でも安心して利用できる距離設定となっています。さらに、7年以上の契約の場合、無償で走行距離が無制限になるなど、マイカー感覚で車を利用したい方にもおすすめです。

メンテナンスプランで車検費用も定額になる

カルモくんメンテカバー項目

定額カルモくんのメンテナンスプランには、車検やメンテナンス費用だけでなく、返却時の原状回復費用補償も含まれています。そのため、返却時の費用負担もありません。さらに、契約終了までメーカー保証と同等の保証を延長することができるプランもあります。そのため、長期契約でも安心してカーライフが楽しめます。

車がもらえるオプションでマイカーが手に入る

返却を前提としているカーリースですが、定額カルモくんの「もらえるオプション」なら、月々500円で契約終了時にマイカーが手に入ります。さらに、もらえるオプションに加入すれば、車検に通る範囲でのカスタマイズも可能。さらに、マイカーに近い形でリース車が利用できます。


定額カルモくんなら契約満了時に車がもらえる

早速リースを探すならこちら

TOP

安い順

人気順

気になるモデルがある場合は、メールやフリーダイヤルを利用して気軽に質問してください。知識の豊富な専門家が最適な車選びをサポートいたします。  

フリーダイヤル

メール

個人向けカーリースを利用してお得な料金で車に乗ろう

個人向けカーリースは、上手に利用すればとてもお得なサービスです。定額カルモくんのように、充実のサポートが受けられるカーリースなら、これまで購入しかしたことのない方でも安心して利用できるのではないでしょうか。

よくある質問

Q1:個人向けカーリースはどんなサービス?

A:個人向けカーリースは、定額で車を長期的に借りるサービスです。頭金や初期費用が不要なので貯金がなくてもカーライフが始められます。また、月額料金には各種税金や自賠責保険料がコミコミなので、家計管理も簡単です。

Q2:個人向けカーリースの選び方は?

A:個人向けカーリースを選ぶ際には、取扱車種やリース料金を比較するのがおすすめです。自分にあった車種が選べるよう、月々の支払いが安く、選択肢が豊富なカーリース会社がおすすめです。

Q3:料金の安い個人向けカーリースはある?

A:定額カルモくんがおすすめです。ボーナス払いなしで月々11,220円から新車に乗ることができます。

関連記事