カーリースは即日納車できる?早く納車する方法や納車までの手順を紹介

公開日:2021-11-29更新日:2022-01-13

カーリースの即日納車について

購入と違って頭金や初期費用がかからないのが魅力のカーリース。一般的に新車購入は納車までに数ヵ月かかりますが、定額制のカーリースでは即日納車は可能なのでしょうか。そこで、最短での納車を希望する方のために、納車までの期間を短くする方法や納車までの手順を紹介します。


業界最速?ほぼ即日4日納車のカーリースはこちら


【この記事のポイント】
✔カーリースの即日納車は難しいが、ほぼ即日納車のサービスはある
✔納車期間を短くしたいなら、手続きがスムーズにできるリース会社を選ぶ
✔中古車は最短4日、新車は最短3週間で納車できるカーリースもある

カーリースは即日納車できる? 

カーリースは即日納車できる?

カーリースは購入時のように初期費用や頭金がかからないため、すぐに車を手配してもらえるのではないかと考える方もいるでしょう。しかし、カーリースは基本的に契約者の希望を基にメーカーから車を仕入れるため、即日納車は難しいケースがほとんどです。

ただし、在庫のある新車や中古車を対象に、ほぼ即日納車のサービスを提供しているリース会社もあります。この場合、台数に限りがあったり、車種やオプションの指定などは難しかったりするため、新車購入と同様の希望を叶えたい方には不向きといえるでしょう。

ここでは、カーリースでも即日納車は難しい理由について見ていきましょう。


人気車種にできるだけ早く乗りたい方はこちら

基本的に仕入れる時間がかかる

カルモ

新車のカーリースでは基本的に在庫車を提供しているわけではなく、契約内容に応じたオプションなどを搭載した車をメーカーから仕入れた上でお客様に納車しています。また、人気車種や特別仕様車などの場合は受注生産となることもあり、納車まで数ヵ月かかるケースもあります。

なお、カーリースではあらかじめ納車までの期間をお知らせした上で、リース契約を結ぶのが一般的です。欲しい車種が決まっている場合は、納車を希望する時期を伝えた上でリース会社を選びましょう。

このように、新車は仕入れに時間がかかる傾向がある一方で、中古車は在庫があれば早く納車してもらえるサービスもあります。


最短4日!マッハ納車のカーリースはこちら

審査を受けなくてはいけない

カーリースの申込みをするためには、リース会社の審査を受ける必要があります。また、基本的にカーリースは長期での契約となるため、ローンのように年収や勤続年数などの属性を基に、支払い能力があるかどうかの審査を行うのが一般的です。

リース会社によっては審査に数日かかることもあるため、なるべく早い納車を希望する場合は、あらかじめ審査の所要日数も確認しておくのがおすすめです。なお、審査結果が早くわかるリース会社なら、比較的スムーズに契約手続きに進めるでしょう。


最短翌営業日に審査結果がわかるカーリースはこちら

契約手続きも必要となる

審査に通過したら、必要書類などを用意した上で、契約手続きを行います。そのため、書類の準備や契約書類の提出が必要となります

リース会社によっては、店頭に出向いて手続きをしなくてはいけないので、時間がかかるケースもあるでしょう。
しかし、中には店舗へ出向く必要がなく、郵送で契約手続きができるリース会社もあります。

定額カルモくんではオンラインでの審査申込み後、電話で契約内容を確認、契約書は郵送でやりとりできるため、納車までの手続きをさらにスムーズに進めることができます。


スムーズに納車までの手続きができるカーリースはこちら

一般的にカーリースは納車までどれくらいかかる?

一般的にカーリースは納車までどれくらいかかる?

新車のカーリースでは、契約者の希望を基に車を仕入れるため、オプションの有無や車種の人気度などによって納車までの期間が異なります。なお、在庫を用意している車種もあるリース会社であっても、希望の車の在庫がなければ同様に時間がかかるでしょう。

このような理由から一般的に1~3ヵ月ほどかかることが多いとされていますが、人気の車種やカラーなどの場合は、受注生産となることもあります。また、複数のオプションをつけている場合も、納車までに時間がかかる傾向があるので、どのような条件を希望するかによっても納車期間は変わるでしょう。


新車に最短3週間で乗れるカーリースとは?

できるだけスムーズに納車まで進めるコツ

できるだけスムーズに納車まで進めるコツ

利用するリース会社や希望する車種、オプションの有無などによっても納車までの期間は変わりますが、早く納車してもらうために契約者ができることもあります。そこで、できるだけスムーズに納車まで進めるための6つのコツを見ていきましょう。

1. 予算を決めておく

カーリースは定額制サービスなので、月額料金の予算によって選べる車種が異なります。そのため、家計の状況を考えて、1ヵ月いくらまでカーリースに使えるのかを考えておきましょう。なお、カーリースではオンラインで車種ごとの月額料金を簡単にシミュレーションできるので、予算を基に車選びができます。

また、カーリースの月額料金は車両本体価格や返却時の下取り価格である残価、契約年数を基に決まるので、契約期間を調整することで予算内に収められるケースもあります。このように予算を基に車種や契約年数、オプションの有無などの条件を考えられるので、結果的にスムーズに手続きができるでしょう。

2. 用途や必要な機能を考えておく

用途など車が必要な理由をあらかじめ明確にしておくことで、車種が選びやすくなります。日々の買い物や子供の送り迎えがメインであれば小回りの利く軽自動車、休日のドライブや旅行をおもな用途とする場合はSUVやミニバンなどの広くて走行性能が高い車種が適しているでしょう。

また、用途を基に、欠かせない機能があればリストアップしておきましょう。子育て中であれば、乗り降りのしやすいパワースライドドア搭載車や、後席が広くチャイルドシートの着脱がしやすい車種など、必要な機能が絞られていれば、予算を基にした車選びもスムーズにできます。

3. 必要書類を用意しておく

書類や提出のタイミングはリース会社によって異なりますが、一般的にカーリースの契約には運転免許証や住民票の写し、印鑑登録証明書(印鑑証明書)、自動車保管場所証明書(車庫証明書)などの書類を用意する必要があります。

住民票の写しはマイナンバーカードなどがあればコンビニでも手軽に手に入れることができますが、車庫証明書のように取得に時間がかかる書類もあります。また、印鑑の登録をしていない場合には、その手続きもしなくてはいけません。そのため、契約手続きをスムーズに進めるためには、あらかじめ必要な書類を確認した上で、前もって準備しておくのがおすすめです。

4. スムーズにリース会社と連絡を取る

車種選びや審査後の契約内容の確認など、リース会社との連絡をスムーズに取ることで、納車までの期間も短縮できるでしょう。また、提出する書類に不備があれば、その分やりとりが増えてしまいます。必要な書類を提出するのはもちろん、記入した情報に誤りがないかどうかなどをしっかり確認した上で手続きを進めることも大切です。

5. 駐車場を確保する

カーリースはマイカーと同様に、自身が所有、契約する駐車場で車を管理します。そのため、契約手続きがスムーズに進んでも、車を保管する駐車場がなければ納車してもらうことができません。

自宅の庭などに駐車スペースがあれば問題ありませんが、月極駐車場を借りる予定の場合は、早めに手続きを進めておきましょう

6. 自動車保険に加入しておく

カーリースの月額料金には、車の購入や維持に必要な自賠責保険料が含まれています。ただし、自賠責保険は事故時の被害者の救済を目的としている保険のため、運転者や同乗者への対人賠償や、対物賠償などの補償はありません

また、カーリースは返却を前提としており、返却時の原状回復も義務付けられています。そのため、事故はもちろん、盗難や火災などで車が使えなくなってしまったときに備えて、車両保険に加入しておくと安心でしょう。

なお、事故などで車が全損して走行不能になった場合、残りのリース料金を一括精算するなどの違約金が発生することがあります。そのような場合に備えられる保険もあるので、自動車保険には納車までに加入しておくのがおすすめです。


業界最速?ほぼ即日4日納車のカーリースはこちら

納車までのステップ

納車までのステップ

できるだけ早く納車してもらうためには、事前の準備が必要です。そのためには、納車までのステップを理解しておく必要があるでしょう。そこで、定額カルモくんのサービスを例に、車選びから納車までの手順をご紹介します。

ステップ1. 車選び  

体  

まずは、定額カルモくんのホームページから好きな車を選びます。すべての取扱車種が掲載された「新車一覧」から選ぶこともできますが、メーカーや車のタイプ、予算、定員数、装備などの条件から選択することも可能です。また、車種選びに迷っている場合には、予算や必要な機能などの希望を基に、LINEや電話などでマイカーコンシェルジュに相談することができます

なお、定額カルモくんでは審査後に車種やオプションを変更することもできるので、まずは審査に通るかどうかを調べられる「クイック審査」を受けてみるのもおすすめです。


一番安い車種でクイック審査を受けたい方はこちら

ステップ2. 料金シミュレーション

体験談

車種が決まったら、契約期間やグレード、ボディカラー、オプションなどを選択して、料金をシミュレーションします。オプションにはカーナビやETC、バックカメラ、フロアマット、ドアバイザー、希望ナンバー、契約満了後に車がもらえるオプションがあります。

これらに加えて、車検などの維持費も定額にできるメンテナンスプランも含めた月額料金がシミュレーションできるので、実際にかかる金額を確認することができます。


また、シミュレーションしたプランは保存できるので、複数の車種のプランを比較することができます。保存したプランは、メニューの「シミュレーション結果」から確認可能です。

ステップ3. 審査

体験談

プランが決まったら、オンラインの審査申込みに進みます。申込みページでは、名前や連絡先などの個人情報に加えて、年収や勤続年数などの属性を入力します。5分程度で入力できるので、隙間時間でも手軽に手続きが可能です。

さらに、定額カルモくんでは最短翌営業日、最大3営業日で結果がわかるので、早く手続きを進めたい方にもおすすめです。

ステップ4. 契約内容の確認

審査が終わると、メールで結果が届き、その後に電話で契約内容の確認を行います。車種やオプション、プランの変更があれば、このときに相談が可能です。また、納車を急いでいる場合には、できるだけ納車期間が短い車種を確認してみるといいでしょう

定額カルモくんでは知識が豊富なマイカーコンシェルジュが窓口となっているため、希望があれば、ニーズや用途に合った車種を一緒に選んでもらうことも可能です。なお、審査申込みの内容から変更するケースはよくあるため、複数の車種で迷っている場合などには、それぞれの特徴を聞いてみるのもおすすめです。

ステップ5. 契約

契約書類

契約内容が確定すると、数日で契約書類が自宅に届きます。契約書や口座振替の書類のほかに、返送書類のチェックリストやメンテナンスプランの案内も同封されているので、契約内容を書面で確認できるので安心です。もし書類の記入方法でわからないことがあれば、マイカーコンシェルジュの担当者に相談するとスムーズに手続きを進められるでしょう。

契約書や運転免許証のコピーなどの必要書類を同封の返信用封筒で郵送すれば契約手続きは完了です。

ステップ6. 納車

納品

納車日の目安は契約前に確認が可能ですが、正確な納車日はディーラー担当者から直接お客様に連絡があります
決められた日時に自宅まで車を届けてくれるので、都合のいい日時を知らせるだけで納車が完了します。

最短4日で納車可能なカーリースもある

mach_delivery

もうすぐ車検が切れてしまう場合など、とにかく早く納車してほしい方もいるでしょう。
そんな方には、定額カルモくんの「マッハ納車」がおすすめです。

マッハ納車とは、初度登録から3年未満の高年式かつ、走行距離の少ない程度のいい中古車を自宅まで届けてくれるサービスです。さらに、2年間の車検付きなので安心して乗り始められます。

そのほかにも、定額カルモくんのカーリースには多くの魅力があります。
・新車も最短3週間で納車できる
・月々500円で契約満了後に車がもらえる
・マイカーコンシェルジュに納車日を相談できる


簡単審査

ほぼ即日納車のカーリースでスムーズにカーライフを始めよう

ほぼ即日納車のカーリースでスムーズにカーライフを始めよう

購入のように初期費用がかからないのがカーリースの大きな魅力ですが、選ぶリース会社によっては、早く車が手に入るのもメリットのひとつです。できるだけ車を早く手に入れたい場合には、車種の選択肢を広げるとほぼ即日納車可能な車が見つかりやすいでしょう。

どんな車種が早く納車できるか知りたい方は、定額カルモくんのマイカーコンシェルジュにご相談ください。


LINE

※この記事の情報は2021年10月時点の情報で制作しています

よくある質問

Q1:カーリースは即日納車可能?

A:基本的にカーリースは契約内容に応じた車をディーラーから仕入れて、契約者に貸し出すサービスです。車種やオプションの有無などによっても異なりますが、一般的に1~3ヵ月ほど時間がかかります。なお、人気車種の場合、受注生産となることもあるため、さらに時間がかかるケースもあります。

Q2:とにかく早く納車してくれるカーリースはある?

A:ほぼ即日納車可能のカーリースを選ぶのがおすすめです。定額カルモくんでは、新車なら最短3週間、中古車は最短4日で納車が可能なケースがあります。

Q3:早く納車してもらうためにできることは?

A:車種やプラン選びや契約に時間がかかってしまうケースもあるため、事前に予算や欲しい機能を検討したり必要書類を用意したりしておくのがおすすめです。また、オンラインや郵送などで手続きができるリース会社なら、よりスムーズに納車までのステップを進められるでしょう。

関連記事

お試し審査