カーリースは短期で契約できる!メリットやデメリット、注意点を解説

更新日:2022.06.14
カーリースの短期利用について

カーリースは一般的に数年などの長期で契約するイメージが強いかもしれません。しかし実は、数ヵ月程度の短期で利用することも可能です。そこで、短期でカーリースを利用するメリットやデメリット、注意点についてご紹介します。


1年から利用できるカーリースはこちら

貯金ゼロでも


【この記事のポイント】
✔️短期カーリースなら数ヵ月での契約もできる
✔️ただし、短期契約では中古車が提供されるのが一般的
✔️1年以上であれば新車に乗れるカーリースもある

短期カーリースとは?

短期カーリースとは?

年単位の長期契約のイメージがあるカーリースですが、数ヵ月などの短期間での契約も可能です。そのため、出張などで1ヵ月だけ車が必要な場合などにも利用しやすいのではないでしょうか。

ただし、長期のカーリースでは新車が提供されることが多い一方で、車両本体価格を契約期間で割って月額料金を算出するカーリースのしくみ上、1年未満の短期契約では月額料金が高くなってしまうことから、短期のカーリースでは中古車を提供されるのが一般的です。そのため、レンタカーやカーシェアリングなどと同じような感覚でリース車を利用するイメージとなります。

また、頭金などのまとまった費用がかからないことがメリットとして挙げられるカーリースですが、短期のカーリースでは初期費用がかかることもあるでしょう。なお、リース会社によっては、50,000円程度の保証金が必要となるケースもあります。

リース会社によって月額料金や含まれる費用は異なりますが、月々数万円程度で利用できるサービスもあります。ほかにも、長期カーリースと同様に、自家用車のナンバープレートが使えたり、サービスによってはさまざまなタイプの車種が用意されていたりと、少しの期間だけ車に乗りたい方にとっては、短期リースは魅力的な選択肢となるでしょう。

短期カーリースのメリット

短期カーリースのメリット

数ヵ月だけ車が必要なときに便利な短期のカーリースですが、実際どのような良さがあるのでしょうか。短期でカーリースを利用するメリットについて見ていきましょう。 

数ヵ月の短期間だけ車に乗れる

転職で急に車通勤になってしまったときや、出産や介護で里帰りをしているとき、出張時の社用車として車が必要な場合など、数ヵ月だけ車に乗れるのが短期のカーリースの一番のメリットといえるでしょう。レンタカーやカーシェアリングなどのように予約する手間もかからず、マイカーのように好きなときに使えるため、車を購入した際に納車までの代車として利用することもできます。

比較的早く納車される

新車が提供される長期カーリースでは、新車を購入したときと同様に、納車までに1〜2ヵ月かかるのが一般的です。一方で、短期カーリースでは中古車が用意されるため、整備が終わっていれば比較的早く納車してもらえるでしょう。なお、リース会社や車種によっては、1週間未満で納車されるケースもあります。


最短4日で納車可能のマッハ納車とは?

費用が抑えられる

短期で車が必要になったとき、レンタカーやカーシェアを検討する方もいるでしょう。しかし、これらのサービスは短期の利用をメインとしているため、長期の利用となると高額となってしまうことが多く、1ヵ月以上の利用には不向きとなっています。そのため、短期カーリースは、費用を抑えて短期間だけ車に乗りたい方におすすめの方法です。

マイカー同様のナンバーを掲げられる

レンタカーやカーシェアで利用する車のナンバーは、事業者から貸し出された車であることを示す「わ」や「れ」になります。しかしカーリースなら、マイカーと同じ「わ」や「れ」ではないナンバー利用できるので、購入した場合と同じような感覚で気兼ねなく車を利用できます。

手間がかからない

カーリースはあくまでも借りるサービスなので、マイカー購入よりも手軽に利用できるのが魅力です。マイカーを手放すときには売却や廃車手続きをしなくてはいけませんが、カーリースは契約が満了したら車を返却するだけで手続きが完了します。また、用途や希望にあわせて契約期間が設定できるので、手間をかけずに利用できます。


カーリースが利用できるか気になる方は

「お試し審査」で確認してみませんか?

簡単5分_お試し審査

※審査に通っても契約にはなりません

申込み後のキャンセルや車種変更も可能です

短期カーリースのデメリット

短期カーリースのデメリット

一方で、カーリースを短期で利用する際は、次のようなデメリットに注意する必要があります。

中途解約ができない

カーリースは契約期間を基に月額料金を決めるしくみ上、契約期間中の解約ができません。やむをえない理由によって中途解約が認められた場合でも、違約金として残りのリース料金の一括精算が求められるケースもあります。そのため、あらかじめ必要な期間をしっかりと検討した上で契約することが大切です。

車庫証明書や審査手続きなどが必要

カーリース契約を結ぶ際には、車庫証明書の提出や審査などの手続きが必要です。そのため、レンタカーやカーシェアと比べると、手続きに手間や時間がかかるため、時間に余裕を持って契約を進めるといいでしょう。とはいえ、購入と比べるとカーリースも圧倒的に手軽な選択肢です。審査もネットで受けられるなど、スピーディーに手続きができるので、購入よりもスムーズに利用開始できます

走行距離に制限が設けられている

長期でも短期でも、カーリースでは走行距離制限が設けられているのが一般的です。そのため、長距離の移動を目的としている場合、超過料金などの余計な費用がかかってしまうこともあるでしょう。中には、定額カルモくんのカーリースのように走行距離が無制限になるカーリースもあります

残価精算が発生する場合がある

カーリースの契約方式
カーリースの契約方式

カーリースの契約方式には、契約満了時に残価精算が発生するオープンエンド方式と、残価精算のないクローズドエンド方式の2種類があります。残価とは契約時に定めた想定下取り価格のことで、返却時の実際の査定額と想定残価の差額を計算することを残価精算といいます。

そのため、オープンエンド方式で契約すると月額料金以外にも費用が発生してしまうため、クローズドエンド方式のカーリースを選ぶのがおすすめです。


クローズドエンド方式のカーリースが利用できるか

お試し審査で確認してみませんか?

まずは審査に通るか試してみる

※審査に通っても契約にはなりません

申込み後の車種変更やキャンセルも可能です

1年以上なら新車に乗れる長期カーリースがおすすめ!

1年以上なら新車に乗れる長期カーリースがおすすめ!

短期間だけ車が必要でも、社用車として使用するため使用感が気になるなど、新車に乗りたい方もいるでしょう。新車が提供される長期カーリースでは、最短でも3年以上の契約が一般的ですが、中には1年から利用できるリース会社もあります。そこで、1年以上の利用におすすめの長期カーリースについてご紹介します。

初期費用がかからない

短期カーリースでは、保証金や車両敷金として数万円の初期費用が必要となることがあります。そのため、車を用意するまでに費用が発生してしまうのがデメリットとなっています。

一方、長期カーリースでは頭金や保証金などの初期費用を用意する必要がありません。車の購入に必要な各種税金や自賠責保険料、サポート料なども月額料金に含まれているため、貯金がなくても新車に乗れるのが大きなメリットとなっています。

新車に乗れる

新車を購入するとまとまった費用がかかるため、短期利用は難しいと感じている方もいるでしょう。しかし、1年から契約できるカーリースであれば、短期でも新車に乗ることができます。短期のカーリースで提供される中古車と違って使用感もなく、自分だけの新車に乗れるのは大きなメリットといえるでしょう。
また、状態の良さだけでなく、最新の安全性能や機能性の充実度も新車の魅力となっています。

維持費が定額になる

中古車の場合、走行距離や使用頻度などによってはメンテナンスが必要となることがあります。短期カーリースでもサービスによっては維持費がコミコミだったり、定額になるプランが用意されていることもありますが、新車と比べるとこまめなメンテナンスが必要となる可能性が高いでしょう。

一方、新車は登録から3年後に車検が義務付けられていることからもわかるように、中古車のように部品の劣化をあまり気にする必要がありません。また、日々のメンテナンスや車検にかかる費用も定額にできるプランが充実していることも多いので、費用の負担も抑えられます。


費用負担を抑えて車に乗りたい方におすすめのカーリースが

利用できるか確認してみませんか?

簡単5分_お試し審査

※審査に通っても契約にはなりません

申込み後の車種変更やキャンセルも可能です

ずっと定額!1年から契約できる長期カーリースとは?  

セールススタッフ

最短でも3年などでの契約が多い長期カーリースですが、中には1年から契約できる新車リースもあります。そこで、短期間でも新車に乗りたい方のために、1〜11年のあいだで、1年単位で契約できる「おトクにマイカー 定額カルモくん」についてご紹介します。

1〜11年のあいだで1年単位で契約できる

新車に乗れる長期カーリースでは、3年、5年、7年と車検期間に合わせたプランが用意されているのが一般的です。また、最長でも9年契約となることが多いでしょう。

一方、定額カルモくんでは契約期間が1〜11年のあいだで、1年単位で選べるようになっています。このように3年未満での契約は新車カーリースでは珍しいため、幅広い用途に利用できるのではないでしょうか。

残価精算がないから安心して利用できる

長期か短期かどうかにかかわらず、契約満了時に残価精算が発生するオープンエンド方式の場合、月額料金以外に費用が発生する可能性があります。しかし、定額カルモくんでは残価精算のないクローズドエンド方式を採用しているので、契約満了までずっと定額で利用できます

国産メーカーのすべての車種から選べる

短期カーリースでは、カーリース会社が在庫車として所有する中古車が提供されるのが一般的です。そのため、車種やボディカラー、オプションなどの選択肢は限られてしまいます。

一方、定額カルモくんでは国産メーカーのすべての車種、グレードを取り扱っているため、新車購入時のように豊富な選択肢の中から好きな車を選ぶことができます。また、カーナビやETCなどの装備も月額料金に含めることが可能です。

そのほかにも、定額カルモくんには以下のようなメリットがあります。
・月々11,220円から新車に乗れる
・さらに、月々10,000円台で維持費もコミコミにできる
・月額500円追加するだけで車がもらえるオプションプランがある
・新車でも最短3週間で納車可能!

気になる方は、まずは一番安い車種でお試し審査を受けてみてはいかがでしょうか。審査後のキャンセルや車種変更も可能です。


一番安い車種

実際にカーリースの定額カルモくんの利用者から寄せられた口コミを紹介中です。口コミを通して、カーリースが向いている人や契約時に注意すべきポイントなども紹介しています。


口コミバナー_カルモくん

カーリースは短期でも長期でもお得!

カーリースは予約などの手続きもなく、用途や必要な期間に合わせて利用できる便利なサービスです。しかし、数ヵ月の短期契約では車種の選択肢も少ないことが多く、車の状態が気になることもあるでしょう。そのため、1年以上の契約で新車を希望する場合は、定額カルモくんがおすすめです。カーリースについての疑問があれば、豊富な知識を持ったマイカーコンシェルジュにLINEなどで気軽に相談が可能です。


LINEで無料相談


定額カルモくんの資料をご覧になりたい方は下のバナーからどうぞ

資料ダウンロード

よくある質問

Q1カーリースは最短で何ヵ月から利用できますか?

A:リース会社によっては、1ヵ月などの短期間で利用できるサービスもあります。また、短期間だけ車を利用する方法にはレンタカーやカーシェアがありますが、1ヵ月以上の利用なら、ほとんどの場合はカーリースのほうが安く利用できるでしょう。なお、短期リースでは中古車が一般的なので、新車に乗りたい場合は長期リースの検討をおすすめします。

Q2カーリースの利用は短期と長期どちらがおトクですか?

A:長期カーリースは最短でも1年からの契約となるため、車が必要な期間が1年未満であれば、必然的に短期のカーリースを選ぶことになるでしょう。長期のカーリースは3年以上の契約が一般的ですが、定額カルモくんのように1年から契約できるサービスもあるので、短期でも新車に乗りたい方におすすめです。

この記事の執筆者


伊藤 真二
監修者、編集者、ライター

伊藤 真二

ファイナンシャルプランナー。介護福祉士資格を所有していることから、老後の暮らしや節約・資産運用など、安心できる未来、無駄のない今を生きるためのご提案を多く行う。 また、ニュースメディア、採用メディア、自動車メディアなどのライター・編集者の経験から記事執筆・監修も広く行っている。
お試し審査