カーリースは損得どちら?メリット・デメリットとお得に利用する方法

更新日:2022.10.03
カーリースの損得とは

年々利用者が増えているカーリースですが、ローン購入やカーシェアといったほかの利用方法と比べて損なのでしょうか、得なのでしょうか。ここでは、「カーリースはお得」というインターネット上の記事を読むだけではわからなかった、メリットとデメリットを徹底的に解説します。

さらに、デメリットを解消した安心のサービス設計で人気の高いカーリースもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。


損をしたくない方におすすめのカーリースを先にチェックしたい方はこちら


【この記事のポイント】
✔カーリースの損得はしくみやカーリース会社による違いを知って判断しよう
✔カーリースが購入より損だといわれるのは走行距離制限や残価精算があるから
✔デメリットを解消したカーリースならお気に入りの車にお得に乗れる

カーリースは損?得?そのしくみとは

カーリースのしくみ

カーリースが損か得かを見ていく前に、まずはカーリースのしくみについて解説します。人により損得の判断基準は異なるので、カーリースの特徴を把握して自身にとってのメリット・デメリットを確認してみましょう。

一定の月額料金を支払って車に乗れる

カーリースは毎月定額で車に乗れるサービスです。購入するのとは異なり、利用する年数をあらかじめ決める必要があります。車の利用年数を決めてその期間だけお金を払う、車のサブスクリプションサービスというとイメージしやすいかもしれません。

税金や自賠責保険料も定額の月額料金に含まれていたり、車検代を定額にできるプランがあったりするので家計の管理がしやすく、大きな出費に備えなくて済むという点は大きな魅力です。

オープンエンド方式とクローズドエンド方式の2種類の契約形態がある

カーリースの契約方式
カーリースの契約方式

カーリースには2種類の契約形態があります。残価精算が必要ないクローズドエンド方式と、残価精算が発生する可能性のあるオープンエンド方式です。

もし、契約満了時の精算に不安がある場合は残価精算のないクローズドエンド方式がおすすめです。クローズドエンド方式では、契約満了時の残価精算が必要ないので、最後に高額な出費があるかもしれないと気にかけることなく安心してカーライフを楽しめます。

車検代やメンテナンスの費用を月額料金に含められる

545_1

カーリース料金には税金や自賠責保険料といった維持費が含まれていますが、車検代やメンテナンス費用が含まれるかどうかについてはカーリース会社により違いがあります。

もし、車に関する維持費をできるだけ定額にしたい場合は、オプションをプラスすることで、車検やオイル交換費用なども月額料金に含めることができるカーリース会社もあります。購入かカーリースか迷ったり、カーリース会社を選んだりする際は、車検やメンテナンス費用を含めた月々の負担がいくらになるかを比較し検討しましょう

特に車検費用は支払いのタイミングがわかっていても負担が重く、計画的に備えるのもたいへんです。カーリースであれば月額料金に含められるので事前に資金を準備する必要もなく、負担なく車検が受けられます。


車検代込みで月々10,000円台から新車に乗れるカーリースはこちら

「カーリースは損」といわれる理由

「カーリースは損」といわれる理由

インターネット上では「カーリースは購入よりも損」という内容の記事を見かけます。なぜ、そのような記事が書かれるのでしょうか。

ここでは、「カーリースを利用するのは損だ」という誤解が生じる理由と、実際にどういった場合に損をするのかについて詳しく解説します。

契約満了時に残価精算がある

カーリースの残価2

カーリースは契約満了時の想定残価を先に決め、これを車両本体価格から引いた価格を基に月額料金を算出します。しかし、契約満了時の状態によっては下取り金額と想定残価に差額が発生する可能性があります。このとき、先にご紹介したオープンエンド方式の契約では、差額の精算が発生します。

最後に残価精算で大きな出費があるかもしれないと思うと、不安を感じてしまう方もいるでしょう。そのため、「カーリースは損」というイメージがあるのではないでしょうか。

その点、クローズドエンド方式を採用しているカーリース会社を選べば、残価精算がないので差額を請求される心配もなく、最後まで安心して利用できます。


クローズドエンド方式のおすすめカーリースはこちら

走行距離に制限がある

走行距離に制限があるのも、カーリースが損だといわれる理由のひとつです。

なぜ制限があるかというと、走行距離が長いほど契約満了時の車の価値が想定残価を下回ってしまう可能性があるからです。人によっては走行距離を気にしながら車に乗ることにストレスを感じる方もいるかもしれません。

しかし、中には走行距離制限のないカーリースもあるので、距離を気にせずマイカーのように車に乗りたい方はそういったところを選びましょう。


走行距離制限なし!乗り放題のカーリースはこちら

中途解約で違約金が発生する

カーリースの契約期間は、一般的に3年、5年、7年など車検のタイミングで決まっているケースが多いですが、そうするとライフプランと契約期間が合わないことがあります。

もし、転勤や家族構成の変更などが理由で契約満了前にカーリースの利用をやめたい場合でも、中途解約には違約金が発生してしまいます。基本的に中途解約ができないということから、カーリースに良くない印象を抱いている方もいるかもしれません。

しかし、契約期間を柔軟に選べるカーリースを利用することで、ライフスタイルに合わせた契約ができ、中途解約のリスクは抑えられます。例えば、カーリースの「おトクにマイカー 定額カルモくん」 なら、1〜11年の1年単位で自由に契約期間を選べるので、違約金が発生する可能性を最小限に抑えることができるでしょう。


契約期間の選べる範囲が広い定額カルモくんについて詳しくはこちら

カーリースのほうが購入するよりお得な場合

カーリースのほうが購入するよりお得な場合

ここまではカーリースの特徴や、カーリースが損だといわれている理由についてご紹介しました。では、車を購入した場合とカーリースを利用した場合ではどのような違いがあるのでしょうか。具体的に見てみましょう。

一時的な大きな出費を避けたい方はカーリースがお得

ローン_カーリース費用イメージ

車を持とうと考えたときにローン購入を検討する方は多いでしょう。しかし、ローンで車を購入した場合、初期費用や金利だけでなく税金や車検代などの維持費もかかります。定期的にやってくるまとまった出費は負担も大きく、家計管理もたいへんです。

そういった大きな出費に備える必要がなく、気軽に車に乗れるサービスがカーリースです。初期費用不要で税金や車検代といった維持費を毎月定額にできるため、定期的に発生するまとまった出費を心配せずお得に利用できます。

資金に余裕があるなら一括購入がお得

資金に余裕がある場合は、手数料や金利などがかからない一括購入が最もお得といえるでしょう。しかしその場合でも税金や車検代などの維持費は定期的に支払っていかなければなりません

毎年支払う必要のある自動車税(種別割)は車種により約30,000~50,000円、購入から3年後と以降2年ごとにかかる車検費用の相場は10万円前後で、長期的に負担することになります。

カーリースなら、前述のように税金や車検費用を定額にできるため、税金の支払いを忘れることもなく、車検時の大きな出費に悩まされることもありません。車の維持にかかる費用負担を考えると、カーリースがお得といえるのではないでしょうか。


車検代込みで月々10,000円台から新車に乗れるカーリースはこちら

カーリースに向いている方とは?

カーリースに向いている方とは?

カーリースが向いているのはどのような方なのでしょうか。ここでは下記の3つのタイプに分けてご紹介します。

1. 初期費用を抑えて気軽に車に乗り始めたい方
2. 月々の支払いを一定にしたい方
3. ネット上で手続きを完結させたい方

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

初期費用を抑えて気軽に車に乗り始めたい方

新車をローンで購入する場合、通常頭金として車両代金の10~20%が必要となります。例えば、200万円の新車を買う際、初めに20~40万円を支払わなければなりません。税金などの諸費用もあわせると大きな負担となります。

一方、カーリースは多くの場合、初期費用や頭金が不要です。つまり、手頃な月額料金だけで好きな新車に乗り始めることができるのです。まとまった資金がいらないので、貯金がなくても車を利用できます。どうしても車が必要だが出費をできるだけ抑えたい、まとまった金額を準備できない、といった方に最適です。

月々の支払いを一定にしたい方

カーリースの月額料金には自動車税(種別割)や自賠責保険料なども含まれているため、車に乗る上で必要な費用をできるだけ定額にしたい方におすすめです。また、メンテナンス費用も一定にできるプランに加入することで、車検代などの維持費も月額料金に含められます。

そのため、家計の見通しが立てやすく、管理の手間を省けます。税金や車検代など、定期的に生じる大きな支払いの心配を減らせるのはカーリースの大きな魅力といえるでしょう。

ネット上で手続きを完結させたい方

カーリースは基本的にインターネット上で車選びから審査・申込みまで完結できるため、新車や中古車の購入とは異なりお店に出向く必要がありません。

手続きが完了すれば車が自宅まで届けられるので、わざわざ店舗まで取りに行く手間もかかりません。仕事が忙しく時間が取れない方や、店舗が近くになくて困っている方、じっくりと車を選びたい方におすすめといえるでしょう。

また、装備などにこだわり見積もりを複数のパターンで取りたい方にもカーリースは最適です。ディーラーなどで購入する際、担当者に何度も見積もりを出してもらうのは気が引けるものです。その点、多くのカーリース会社ではホームページで気軽にボディカラーやオプションを選んで何度も見積もりを取れるので、しっかり吟味したい方も満足できるでしょう。


カーリースの見積もりの取り方を詳しく知りたい方はこちら

損したくない方におすすめ!メリットいっぱいのカーリースとは

カルモくんスタッフ

カーリースで損をしたくない方、よりお得に車を利用したい方には、業界最安水準の定額カルモくんがおすすめです。まずはその理由をご紹介しましょう。



〈定額カルモくんがおすすめの理由〉
・車検や各種税金などの維持費込みで業界最安水準の月額10,000円台から好きな新車に乗れる
1~11年のあいだで1年単位の契約ができるからライフスタイルに合わせて柔軟に契約期間を選べる
・専門家が選ぶカーリースにおいて、「コストパフォーマンスが高いと思うカーリース」「納得価格と思うカーリース」「サポートが充実していると思うカーリース」の3つの部門で1位を獲得*¹
・契約前からマイカーコンシェルジュに無料相談ができ、顧客対応満足度は98.9%*²
・7年以上の契約に月額500円の「もらえるオプション」をつけると、契約満了時にそのまま車をもらえる



このように定額カルモくんのサービス設計は魅力たっぷりですが、カーリースのデメリットを解消する工夫はこれだけではありません。詳しく見てみましょう。

*¹ 調査方法:インターネット調査 調査期間:2021年2月12日~15日 調査概要:カーリース10社を対象にしたイメージ調査 調査対象:男女、全国、18~69 歳、運転免許保有、(1)(2)週1回以上運転するファイナンシャルプランナー176s、(3)カーディーラー勤務者297s 調査実施:株式会社ショッパーズアイ 比較対象企業:「カーリース」Google 検索9社(2021年1月29日10 時時点)※広告、まとめサイトなどを除く
*² 2019年12月~2021年6月までの定額カルモくんご契約者様504名を対象としたアンケート

契約満了時の残価精算なし

定額カルモくんはクローズドエンド方式を採用しているため、契約満了時に残価精算がありません。オープンエンド方式を採用しているカーリースでは、車両を返却するときに改めて下取り価格を計算するので、思わぬ出費となることがあります。差額の請求を気にする必要のない定額カルモくんなら、最後まで安心して乗り続けられるでしょう。

走行距離制限がない

カーリースのデメリットのひとつとして、走行距離制限が挙げられますが、定額カルモくんなら7年以上の契約で走行距離制限がありません

長距離のドライブや旅行など、走行距離を気にする必要がなくなり、お気に入りの車に乗り放題です。リースだからと遠出をあきらめなくていいのです。

車に関する費用をフラットにしつつ、マイカーのように自由に乗れる定額カルモくんを利用できるかチェックしたい方は、こちらのバナーから確認できるので気軽に試してみましょう。


まずは審査に通るか試してみる

※審査に通っても契約にはなりません

申込み後のキャンセルも可能です

カーリースは自分に合った契約内容を選ぶことで損か得かが決まる

カーリースは自分に合った契約内容を選ぶことで損か得かが決まる

カーリースの契約内容は、契約満了時の残価精算の有無や走行距離制限の有無など、カーリース会社によって異なります。こういったカーリースのしくみを知り、自分に合ったお得なサービスを選ぶ必要があります。中でも定額カルモくんなら、デメリットを解消したサービス設計なので満足のいくカーライフを送れるでしょう。

※記事の内容は2022年1月時点の情報で制作しています。

よくある質問

Q1カーリースの損得は何で決まる?

A:カーリースの損得は人によって異なります。カーリースの契約内容には走行距離制限や残価精算の有無など、各社でさまざまな特徴があります。それらを理解した上で自分のライフスタイルに合ったカーリースを選べば、お得にカーライフを楽しめます。

Q2カーリースとローン購入では、どちらがお得?

A:ローン購入の場合、頭金や利子のほかにも各種税金やメンテナンス代などの維持費がかかります。しかし、カーリースであれば頭金ゼロ、税金や保険代といった維持費も月額料金に含めることができるので、毎月の支払いをなるべく一定に保ちたい方にはカーリースの利用がおすすめです。

Q3お得に利用できるカーリースでおすすめは?

A:業界最安水準の月額料金で利用できる「定額カルモくん」がおすすめです。初期費用不要で、車検代込みでも月々10,000円台から新車に乗れます。残価精算がなく、7年以上の契約で走行距離制限もないので、最後まで存分にお気に入りの車に乗り続けられます。

この記事の執筆者


伊藤 真二
監修者、編集者、ライター

伊藤 真二

ファイナンシャルプランナー。介護福祉士資格を所有していることから、老後の暮らしや節約・資産運用など、安心できる未来、無駄のない今を生きるためのご提案を多く行う。 また、ニュースメディア、採用メディア、自動車メディアなどのライター・編集者の経験から記事執筆・監修も広く行っている。
お試し審査