車のローン審査に通らない原因とは?審査が不安なときの対処法を紹介

更新日:2022.04.12
車のローン審査に通らない原因

車に乗る方法として、カーリースとよく比較されるのがカーローンです。カーリースとローンどちらも利用するには審査に通る必要があるのも、比べられる理由のひとつといえるでしょう。

そこで、カーリースと比較されがちな車のローン審査について詳しく解説します。併せて、なぜカーリースがローンよりもおすすめなのか、その理由も見ていきましょう。



【この記事のポイント】
✔利用条件や審査基準を満たしていないと、車のローン審査に通らない
✔車のローン審査対策には、頭金や保証人を用意したり借入額を下げる方法がある
✔ローン審査に落ちても、ほかのローンやカーリースなら利用できる可能性がある

ローン審査に落ちた方が利用している!車に乗る新しい方法とは?

車のローン審査に通らない原因とは?

車のローン審査に通らない原因とは?

車のローン審査に落ちたとしてもその理由は本人に通知されません。そのため、審査に申し込んだ時点の自身の状況と照らし合わせながら、審査に落ちた原因を解消することが大切です。
まずは、車のローン審査に通らないときに考えられる、おもな原因を見ていきましょう。

年収が低い

車のローンを組むと、数年にわたって借入額を分割で返済していくことになります。そのため、返済が滞ることのないよう、金融機関や信販会社は申込者の返済能力を審査する必要があります。その際、判断材料のひとつとなるのが申込者の年収です。

ローン審査において、審査基準となる年収を明示しているかどうかは金融機関や信販会社ごとに異なります。しかし、一般的には前年度の年収が200万円以上であることが目安とされています。中には、150万円以上を利用条件としている金融機関もあるようです。

なお、個人事業主の方は年収ではなく所得金額が審査対象となります。また、年金収入のみの方は利用できない場合もあります。


年収に不安がある方には月々10,000円台のカーリースがおすすめ!

年齢が対象外

車のローン審査では、基本的に年齢制限が設けられています。そのため、申込み時点で65歳を超える場合は、長期でのローン審査で不利になったり、そもそも申し込めない可能性もあります。また、申込み時点の年齢だけでなく、ローン完済時の年齢も重視される傾向があります

年齢制限についても年収の審査基準と同様に金融機関や信販会社によって異なり、ローンの利用条件に次のように明記しているところがあります。

・申込み時満20歳以上、満65歳以下
・申込み時満18歳以上、65歳未満(最終返済時満70歳未満)
・借入時年齢18歳以上、最終償還時年齢80歳未満 など

20歳以下の利用可否や返済時の年齢などもローンごとに異なるため、必ず利用条件を確認した上で申し込むことが大切です。


75歳以下まで申込み可能なカーリースはこちら

雇用形態の安定性が低い

車のローン審査では、雇用形態について正社員のみ、正規雇用者のみ、というように利用条件が明示されているわけではありません。多くの場合、継続的で安定した収入のある方と記載されています。また、安定した収入があるかどうかは、雇用形態から判断されるのが一般的です。

このような理由から、継続的で安定した収入があるとみなされるのは、正社員や公務員などの正規雇用者です。一方、自営業者や個人事業主、派遣社員やフリーターなどの非正規雇用者は、一定の年収があるとしても収入が不安定とみなされやすく、審査でも不利になる傾向があります。

勤続年数が短い

安定した収入があるかどうかを判断するためには、雇用形態だけでなく勤続年数の長さも重要です。勤続年数については、一般的に1年以上であることが審査の目安となります。

勤続年数が1年未満の場合は、ほかの条件を満たしていても審査で不利になったり、そもそもローンに申し込めなかったりするケースもあります。そのため、社会人になりたてや転職直後は、車のローンの審査に通りにくいでしょう。

借入れが多い

車のローン審査では、申込者の年収と借入額のバランスも重要視されます。年収に対して借入希望額が多すぎないかどうかに加えて、借入額の上限に達していないか、さらにほかの住宅ローンやカードローン、クレジットカードのキャッシングなどの借入額を合計しても返済できる金額かどうかも審査されます。

借入額については、利用条件で次のように定めている金融機関もあります。
・本ローンを含めた無担保総借入額が、前年度年収の50%以内
・申込金額が500万円を超える場合、融資金額は前年度年収の範囲内 など

なお、実際は年収以外の項目も審査されるため、借入額が低いからといって必ず審査に通るわけではありません。

信用情報に事故情報が残っている

信用情報とは、申込者の自己破産や支払い状況、延滞などの記録のことです。ローン審査ではCIC(指定信用情報機関)やJICC(日本信用情報機構)などの個人信用情報機関に記録されている信用情報が照会されます。

そして、申込者が直近の5~10年以内に自己破産などの債務整理をした履歴がないか、ローンの返済や税金、公共料金などの支払いに大きな遅延をしたことがないか、といったことがチェックされます。これらの事故情報が信用情報機関に登録されていると、審査に通過できる可能性も低くなってしまいます

なお、携帯電話料金やクレジットカード料金の引き落としができなかったり、クレジットカードのキャッシングを返済し忘れたりしても、事故情報として残る場合があります。

住宅ローンなどの支払い義務がある

住宅ローンやクレジットカードのキャッシング、リボ払いなど、申し込んだローン以外にもすでに借入れをしている場合は、審査で不利になる傾向があります。ほかに返済や支払いの義務を抱えていると、それだけ新しいローンの返済が滞るリスクがあるとみなされてしまうためです。

年収と申込み内容のバランスが取れていない

ローン審査では、申込み内容が年収に対して無理のない返済計画となっているかどうかもチェックされます。年収が一定の審査基準以上であることも大切ですが、年収と返済計画のバランスはそれ以上に重視されるともいわれています。

なお、ローン審査では借入希望額だけでなく、現在返済中のローンやキャッシングなども含めた合計借入金額が、年収に対して高すぎないかどうかが審査されます。借入額の上限は「返済負担率」という年収に対する割合が決められており、30%程度が目安とされています。すでに借入れがある状態で車のローンも組みたい場合は、申込金額がこの割合を超えないよう注意しましょう。

車のローン審査に落ちたときの対処法

車のローン審査に落ちたときの対処法

車のローン審査に通らないときは、対処法を試した上で再審査に申し込むことで、審査に通りやすくなる可能性があります。必ず審査に通る方法はありませんが、対処法によってハードルを下げることはできるため、次のような方法を試してみてはいかがでしょうか。

頭金を用意する

ローン審査では、申込者の年収や借入額から、滞りなく返済できるかを確認します。そのため、借入希望額は年収に見合う金額を設定しなければなりません。

そこで、借入希望額に対して年収が低い方や収入が不安定な方は、頭金としてある程度まとまったお金を用意することで審査対象となる借入額を引き下げられるため、審査のハードルも下げられることがあります。また、頭金が多ければ全額をローンで返済するより、利息総額も抑えられます。

ローンの申込額を下げる

借入額を下げて、年収に対する返済負担率も引き下げることで、審査に通りやすくなる可能性があります。借入額を少なくするためには、購入する車のグレードやクラスを下げたり、新車ではなく中古車にしたりする方法があります。また、資金に余裕がある場合は、頭金を増やすことでも借入額を下げられます。

勤続年数が1年以上経つまで待つ

ローンで安定的かつ継続的な収入があるとみなされるためには、勤続年数が少なくとも1年以上必要といわれています。もし転職や就職して間もないのであれば、勤続年数が1年以上経過するまで審査の申込みは待つことをおすすめします。

これからローンを利用したいと考えていて、転職や独立も検討している場合は、退職や転職をする前に審査へ申し込み、通過できるまでは同じ職場で働き続けたほうが良いでしょう。

現在の借入れを解消する

ローン審査に申し込んだ時点で、未払いの税金や借入れがあると、それだけで不利になってしまいます。審査を受ける前にできる限り返済中の借入れを解消し、税金や公共料金、携帯電話料金やクレジットカード料金なども期限内に支払うようにしましょう。また、新たに住宅ローンやキャッシングなどの借入れを申し込むことも避けましょう。

信用情報を確認して原因を解消する

自分の信用情報は、信用情報機関へ情報開示請求をすると確認することができます。支払いの滞納などの事故情報が記録されているかどうか確認し、原因を解消するのも再審査に向けた対策のひとつです。

例えば、料金の滞納が原因であれば完済を優先させましょう。また、信用情報に記録された事故情報は一定期間を過ぎれば解消されるため、解消されるまで待つという方法もあります。信用情報がいつリセットされるのかの明確なデータはありませんが、5~10年ほどが目安といわれています。

保証人を立てる

保証人を立てることで、年収の低さや非正規雇用ゆえの収入の不安定さを補える可能性があります。保証人とは、契約者が返済できなくなった際の代わりに返済義務を負う方のことで、一般的には配偶者や親、同居している親族などに依頼します。

なお、保証人にも返済能力が求められるため、年齢や年収、勤続年数、信用情報などがローン会社の利用条件や審査基準を満たしている必要があります。

別のローンを利用する

ひとつのローンの審査に通らないからといって、すべてのローンを利用できないわけではありません。車の購入に使えるローンには、銀行系ローンをはじめディーラーローンやカードローンなどいくつか種類があります

ローンの種類によって審査の難度や金利、特徴なども異なるため、別のローン審査であれば通過できる可能性も考えられます。そこで、次の項では、車のローンを選ぶにあたって知っておきたい、ローンの種類ごとの特徴をご紹介します。

そもそもローンの審査に通っても、車の購入には初期費用や維持費などさまざまなコストがかかります。最近では、そういった費用の心配をせずに車に乗る方法が人気を集めています。手軽に新車に乗りたい方はこちらをチェック!


easier_than_loan

ローンの種類によって審査の難度が異なる

ローンの種類によって審査の難度が異なる

車の購入に利用できるローンは、ディーラーローン、金融機関のカーローン、消費者金融などのカードローンの3種類に大きく分けられます。ローンの種類によって審査基準や難度が異なるため、あるローンの審査に通れなかったとしても、別のローンで審査を受けると通過できる可能性があります。

ここでは、それぞれのローンの特徴を見ていきましょう。


〈各ローンの特徴〉

審査の難度 金利 使用できる用途
ディーラーローン 比較的通りやすい 4~8% 車やオプションの購入のみ
金融機関のカーローン 比較的きびしい 1~2% 車やオプションの購入

車検・修理・免許取得など

消費者金融などのカードローン 通りやすい 3~18% 原則自由

ディーラーローン

ディーラーの提携先である信販会社などを介して契約するローンです。金利相場は4~8%と多少高めですが、その分金融機関のローンと比べると審査の難度が低めで、審査のスピードも速いというメリットがあります。

ローンを使用できる範囲は、車やオプションの購入のみと限定的です。また、ローン返済中の車の所有権はディーラーやローン会社にあるため、原則としてローン完済前に車を売却したり乗り換えたりすることはできません。

なお、「残価設定ローン」もディーラーローンの一種です。車の返却を前提としたローンで、契約時に将来の車の下取り価格である「残価」を設定し、車両本体価格から残価を据え置いた金額に対してローンを組むことになります。一般的なローンよりも月々の返済額を抑えられる点が特徴です。

銀行などの金融機関のカーローン

銀行や信用金庫などの金融機関と直接契約するローンで、金利相場が1~2%と低い点がメリットです。また、ローンは車検や修理、免許取得なども含む幅広い用途に使えます。さらに、返済期間中でも車の所有権は契約者にあるため、カスタマイズや乗り換えなども自由にすることができます。

このようにメリットが多い分、審査の難度はほかのローンと比べてきびしい傾向があります。また、審査には数日~1週間程度かかることもあるため、時間に余裕をもって申し込むことも大切です。なお、金融機関のローンは、貸金業者からの借入上限額を定めた総量規制の対象外であるため、総量規制の対象となるほかのローンを利用していても借入額に影響がない点も大きな特徴といえるでしょう。

消費者金融などのカードローン

貸金業者や銀行などの金融機関が提供する、用途が自由なカードローンは、車の購入に利用することもできます。審査基準はローンによって異なり、一般的には金融機関のカーローンやディーラーローンよりもハードルは低いとされています。審査もスピーディーなため、急いで借入れをしたいときに重宝するローンといえるでしょう。

ただし、スムーズに契約しやすい一方で、金利相場が3~18%と高い点には注意が必要です。高金利なカードローンで車の購入資金を借りた場合、利息総額も高額になってしまいます。このような理由から、高金利のカードローンは車のような高額な商品の購入には不向きともいわれています。

このように、車のローンは種類ごとにメリットとデメリットがあります。金利が低くて用途も幅広い金融機関のカーローンを組みたいけれど審査に通らない、といった悩みを抱える方もいるのではないでしょうか。しかし、もしカーローンの審査に落ちてしまっても、新車にマイカーのように乗れる方法がありますので、次の項でご紹介します。

ローン審査に落ちたことがある方でも車に乗れる方法とは?

ローン審査に落ちたことがある方でも車に乗れる方法とは?

車のローン審査に通らない方でも、カーリースの審査には通る可能性があります。カーリースの審査基準は明示されていませんが、車のローン審査に落ちた経験があってもカーリースを利用できている方もいるためです。

カーリースの「おトクにマイカー 定額カルモくん」の利用者にも、携帯電話料金を支払い忘れていたことが影響してローン審査に落ちてしまったけれど、カーリースは問題なく利用できている方もいます。そもそもカーリースは、ローンよりもお得に新車に乗れる特徴が豊富なサービスでもあるため、その特徴を見ていきましょう。

初期費用なし、残価を差し引くからお得

カーリースの残価2

車のローン審査のハードルを下げるためには頭金を用意するのも効果的、とお伝えしましたが、頭金を用意できるほど資金に余裕がないという方もいるでしょう。その点、カーリースは頭金や初期費用なしで利用できるサービスがほとんどなので、定額の月額料金を支払うだけで、新車に乗り始めることができます。

また、カーリースには、ローンで車を購入するよりも車両本体価格がお得になる「残価設定」というしくみもあります。残価設定では、契約満了時の車の下取り価格を想定し、それを「残価」として契約時の車両本体価格から差し引きます。月々のリース料金は、残価を差し引いた車両本体価格を契約月数で割って算出するため、購入するよりも車両本体価格が抑えられるのです。

車にかかる費用が月額料金にコミコミ

monthly-charge

ローンで車を購入すると、毎月の返済とは別に、車の購入に必要な各種手数料や税金、自賠責保険料などさまざまな費用を負担しなければなりません。

一方、カーリースの月額料金には、車両本体価格以外にも登録手数料や各種税金、自賠責保険料、その他の諸費用などが組み込まれています。車に乗り続けるために必要な費用の多くが月額料金に含まれるため、車関連の支出が一本化され、家計管理も楽になります。

なお、月額料金にどのような費用項目が含まれるのかは、リース会社ごとに異なります。そのため、利用先のカーリースの月額料金にはどのような費用が含まれるのかを把握して、自分で別途負担する費用を知ることも大切です。

車検も含めた維持費が定額になる

ローンで車を購入して、毎月の返済とは別に負担しなければならないのが、車検代やメンテナンス費用などの維持費です。初回は購入から3年目、2回目以降は2年ごとに受ける車検は、1回あたり10万円近くかかることも珍しくありません。ローンの返済に加えて、こうした車の維持費で家計が圧迫されてしまうのは避けたいところです。

一方、カーリースでは、車検代などの維持費も月額料金に含めて定額化することができます。月額料金には車検代やメンテナンス費用は含まれていないのが基本ですが、多くのリース会社が、車検代やメンテナンス費用も月額料金に組み込んで定額化できるプランを用意しているためです。

維持費のほとんどを月額料金に組み込める補償内容の手厚いプランに加入すれば、利用者が別途支払うのは燃料代と駐車場代程度にすることもできるでしょう。

購入と変わらない選択肢がある

定額制のカーリースの利用しやすさは魅力的でも、購入とは違って好きな車に乗れないのではないかと思う方もいるかもしれません。しかし、カーリースの中には国産メーカーの全車種・全グレードを取り扱っており、ユーザーが好みや予算、用途などに合わせて自由に車を選べるリース会社もあります

また、中古車販売店と同様に、さまざまな車種やグレードの中古車から選べる中古車専門のカーリースも存在します。レンタカーやカーシェアリングとは異なり、購入する場合と同じだけの選択肢から好きな車を選べるのも、カーリースの魅力といえるでしょう。

審査結果がすぐにわかる!月々10,000円台で新車に乗れる方法

セールススタッフ

カーリースの審査において、受けやすさや結果がわかるまでの日数などはリース会社によって異なります。手軽に審査を受けて結果も早く知りたいという方には、カーリースの定額カルモくんがおすすめです。
オンラインから5分程度で申込みが完了する「お試し審査」なら、自宅にいながら好きなタイミングで審査申込みができて、結果は最短翌営業日(最長3営業日)にわかります

ほかにも、定額カルモくんには初めてのカーリースでも安心してカーライフを送れる、次のような魅力やサービスがあります。
・業界最安水準だから、車検代も込みで月々10,000円台から新車に乗れる
・国内メーカーの全車種、全グレードから好きな車を選べる
・メンテナンスプランは3種類から選べて、返却時の原状回復費用も補償される
・残価精算がないから契約満了時の追加費用の心配も不要
・7年以上の契約なら走行距離が無制限になる
・月々500円で、契約満了時にそのまま車をもらえるオプションプランがある
・LINEや電話でマイカーコンシェルジュに相談できる充実のサポート体制がある など

実際にカーリースを利用してみたい方は、まずは最も安い車種でお試し審査を受けてみてはいかがでしょうか。審査後に車種やオプションなどを追加・変更することも可能です。 


try_screening

車のローンに通らない場合はほかのローンやカーリースも検討してみましょう

車のローンに通らない場合はほかのローンやカーリースも検討してみましょう

車のローンに通らないからといって無理に頭金を用意したり車選びを妥協したりすると、購入後の費用負担に悩まされたり、すぐに乗り換えたくなってしまったりする可能性もあります。無理のない支出で快適にカーライフを送れるよう、自分に合ったローンやカーリースで車に乗ることも検討してみてはいかがでしょうか。

資料をご覧になりたい方は下のバナーからどうぞ

資料ダウンロード


※記事の内容は2022年1月時点の情報で制作しています。

よくある質問

Q1車のローンの審査に通らない理由は?

A:車のローン審査に通らない理由としては、年収や年齢が利用条件を満たしていないことが挙げられます。また、収入が不安定とみなされがちな非正規雇用者や債務整理経験者、勤続年数が1年未満、年収に対して借入額のバランスが取れていない場合なども、審査で不利になりやすいです。

Q2車のローン審査に通らない場合の対処法は?

A:ローンに通らないときの対処法としては、頭金を入れる、借入希望額を下げる、勤続年数が1年以上経つまで待つ、現在の借入れを解消する、信用情報を確認して原因を解消する、保証人を立てる、などが挙げられます。また、別のローンの利用や、カーリースで車に乗ることを検討するのもひとつの方法です。

お試し審査