ローン審査に通らないけど車を買う方法はある?審査に落ちたときの対処法や選択肢とは

更新日:2022.04.12
ローン通らない人が車買う方法

まとまった資金がなくても車が購入できる便利なローンですが、中には収入が不安定、過去に未払いの借入れがあるなどの理由で審査に通らないケースもあります。このようにローン審査に通らない場合でも、車を買う方法はあるのでしょうか。

ここでは、ローン以外で車を購入する方法や、ローン審査に落ちてしまったときの対処法などをご紹介します。



【この記事のポイント】
✔ローンに通らない方が車を買う方法は、中古車を選ぶ、クレジットカードで買うなどがある
✔再審査に向けた対策には頭金や保証人の用意や、今の車を下取りに出すなどの方法がある
✔ローンよりも審査のハードルが低いカーリースで新車に乗るという方法もある


ローンを組まずに月々10,000円から新車に乗れる方法とは?

ローンが通らないときに車を買う方法とは?

ローンが通らないときに車を買う方法とは?    新車を購入するためのローンの審査に通らない場合、ほかにはどのような方法で車を手に入れることができるのでしょうか。ローン以外で車を買う選択肢はいくつかありますが、それぞれ注意すべき点もあるため、併せて確認しておきましょう。

新車を購入するためのローンの審査に通らない場合、ほかにはどのような方法で車を手に入れることができるのでしょうか。ローン以外で車を買う選択肢はいくつかありますが、それぞれ注意すべき点もあるため、併せて確認しておきましょう。

現金一括で買う

まずローン以外の購入方法に挙げられるのが、現金一括で車を購入する方法です。審査が必要ないためスムーズに購入できる上、利息による負担もなく購入費用を抑えられる点がメリットといえるでしょう。

しかし、現金一括で購入するためには、資金にかなりの余裕が必要となるため、ローンを検討する方にとってはあまり現実的ではない選択肢といえそうです。

中古車を買う

新車よりも価格帯の低い中古車を購入するのもひとつの方法です。現金一括購入のハードルも低く、新車よりも家計への負担が抑えられます。また、ローンを組む場合も中古車なら借入額を少なく設定できるため、ローン審査に通りやすくなるでしょう。

ただし、新車を希望していた場合は、希望する車種に乗れなかったり、購入後のメンテナンスに費用がかかったりする可能性もあるため、中古車では不安が残ることもあるでしょう。

クレジットカードで購入する

車の購入にクレジットカード払いを利用できる店舗は少ないという注意点もありますが、クレジットカードを利用するのもひとつの方法です。支払い回数も、通常のカード払いと同様に、一括払い、分割払い、リボ払いなどから回数を設定することができます。

ただし、クレジットカードには限度額があり、その金額を超える価格の車は購入できません。利用を検討する場合は、クレジットカードの限度額を確認し、欲しい車の支払いに使えるかどうかを確認する必要があります。

家族の名義で買う

自分の名義ではローン審査に通らない場合に、配偶者や親など家族の名義で購入するという方法もあります。なお、購入する方の名義と実際の使用者が異なる場合でも、ローンを組むことは可能です。

しかし、他人の名義でローンを組むことは、万が一使用者が返済できなくなった場合に名義人に返済義務が生じるリスクがあるため、あまりおすすめできません。どうしても依頼したいときは、問題なく返済していけるようにきちんと計画を立てた上で検討しましょう。

カーリースを利用する

車を購入する方法ではありませんが、マイカーのように車に乗れる「カーリース」を利用するという選択肢もあります。カーリースでは、毎月定額のリース料を支払うことで、リース会社の用意した新車に初期費用なしで乗ることができます

カーリースにも審査がありますが、ローンのような貸付けではないので、金利の概念がありません。また、想定残価を車両本体価格から差し引く料金のしくみにより、ローン購入よりも車の価格を抑えられるため、ローンよりも審査に通りやすいケースもあります。ほかにも、ローンよりも長期での期間ができるため、月々の料金を抑えたい方にもカーリースはおすすめです。


審査に通りやすいカーリースについてもっと詳しく知りたい方はこちら


カーリースが利用できるか気になる方は「お試し審査」で確認してみませんか?

審査をしても契約にはなりません。申込み後のキャンセルや車種変更も可能です

そもそもローンに通らない理由とは?

そもそもローンに通らない理由とは?

ローン以外の車に乗る方法を検討している方の中には、まだ審査を受けていないけれど、審査に不安がある方もいるでしょう。審査に通らない理由を事前に把握しておくことで、審査前に対策をとることもできるため、ここでは車のローン審査に通らないおもな原因を見ていきましょう。

年収に対してローンの金額が高い

車のローンを組んだ場合、数年にわたり借入額を返済していきます。そのあいだ返済が滞ることのないよう、金融機関やローン会社は申込者の返済能力を年収などの情報を基に審査します。そのため、年収に対して借入希望額が高い場合、返済能力に不安があると判断されるため、審査に通ることが難しい可能性が高いでしょう。

ほかの借入れがある

車のローン審査では、住宅ローンやカードローン、クレジットカードのキャッシングなど、申込み時点で申込者に返済中や未払い状態の借入れがあるかどうかもチェックされます。このようなほかの借入額が多い場合は、ローン審査に通らないケースもあります。

なお、借入額についての利用条件は金融機関ごとに異なります。例えば、車のローンを含めた総借入額が、前年度の年収の50%以内、というように定められている場合もあります。

収入の安定性が低い

滞りなく返済していけるよう、安定した収入があるかどうかも審査されます。その際に重視される情報のひとつが雇用形態です。特に、正社員や公務員などの正規雇用者は、安定的かつ継続的な収入があるとみなされ、審査でも有利になる傾向があります

一方、自営業者や個人事業主、派遣社員やフリーターなどの非正規雇用者は、一定の収入がある場合でも収入が不安定とみなされやすく、審査でも不利になる可能性が高いでしょう。また、高齢で年金暮らしの場合も、同じく審査に通りにくいことが考えられます。

高齢もしくは未成年である

車のローン審査では、年齢制限が設けられているのが一般的です。年齢に関する条件も金融機関や信販会社ごとに異なり、次のように利用条件が定められているケースもあります。

・申込み時満20歳以上、満65歳以下
・申込み時満18歳以上、65歳未満(最終返済時満70歳未満)
・借入時年齢18歳以上、最終償還時年齢80歳未満 など

このように金融機関によっては、20歳以下の方や申込み時点で65歳を超える方は審査で不利なばかりか、そもそもローンに申し込めない可能性があります。

勤続年数が短い

安定した収入があるかを審査するために、申込者の勤続年数もチェックされます。勤続年数については、1年以上であることが一般的な審査基準の目安です。そのため、勤続年数が1年未満だと、ほかの条件を満たしていても審査に通らない可能性があります。

特に、社会人になりたての方や転職して間もない方は、審査で不利になりやすいため注意しましょう。

信用情報に事故情報が記載されている

信用情報とは、過去のクレジットカードやローンなど個人の支払いに関する記録のことで、支払いの延滞や自己破産、債務整理などの情報が記録されています。ローン審査では個人信用情報機関に登録されている信用情報を基に審査が行われるのが一般的です。

特に、申込者が直近5~10年以内に金融事故を起こしていないか、ローンの返済や税金、公共料金、携帯電話料金などの支払いに大きな遅延をしたことがないか、といったことがチェックされます。こうした事故情報が信用情報機関に登録されている場合、返済能力に不安があるとみなされ、審査にも通りにくくなってしまう可能性が高いでしょう。


ローン審査に通らない方におすすめの方法についてチェックする

税金などを滞納している

ローン審査に申し込んだ時点で、税金や公共料金、クレジットカードの支払いやほかのローンやキャッシングなどの返済を滞納している場合も、審査に通らない可能性があります。このように複数の支払いや返済義務を抱えている状態では、新たに組んだローンの返済が滞るリスクが高いとみなされるためです。

申告内容に虚偽がある

実際よりも年収を多く記入したり、すでに退職した企業名を勤務先として申告したりするなどの虚偽の申告もやめましょう。虚偽申告が発覚すると、最悪の場合、そのローン会社や金融機関から訴えられる可能性があります。

また、虚偽申告の記録が残る可能性もあるため、ほかのローンやクレジットカードを利用できなくなるリスクも考えられるでしょう。

ローン審査に落ちてしまったときの対処法

ローン審査に落ちてしまったときの対処法

もし新車を購入するためのローン審査に通らなかったとしても、再審査を受けることは可能です。しかし、何の対策もせずに再び審査を受けても審査に通過できる可能性は低いため、対処法を試した上で再審査に臨みましょう。必ず審査に通る方法はありませんが、次のような対処法によって、審査に通りやすくなる可能性があります。

頭金を用意する

ローン審査では、申込者の年収や借入希望額から返済できるかどうかを判断するため、借入希望額は年収に見合う金額にする必要があります。

年収と借入希望額のバランスに不安がある方は、頭金としてある程度まとまった金額を用意することで、審査対象となる借入希望額を引き下げられて、審査に通りやすくなることがあります。頭金が多ければ利息総額も抑えられるため、返済総額を下げることができるでしょう。

買取りや下取りを利用する

すでに車を所有していて乗り換える場合は、買取りや下取りを利用するのもひとつの方法です。今まで乗っていた車を買取りや下取りに出して購入資金を作り、頭金にすることで、ローンの借入額を抑えることができます。

ローンの借入額を抑えることで月々の返済額も減るため、ローン審査にも通りやすくなる可能性があります。また、なるべく多くの金額を頭金に回せるよう、高く買い取ってもらうための工夫をすることも大切です。

滞納などを解消する

再審査を受ける前に、返済中の借入れや滞納している支払いをできる限り解消することも大切です。税金や公共料金、携帯電話料金やクレジットカード料金なども期限内に支払うようにして、延滞や払い忘れなどがないようにしましょう。また、再審査に通過できるまでは、新しいローンやキャッシングなどへの申込みも避けましょう。

勤続年数が1年以上になるのを待つ

勤続年数が短い場合は、勤続年数が1年以上経過するまで時間をおきましょう。特に、就職や転職してすぐの場合は、再審査に申し込んでも落とされてしまう可能性があります。また、これから転職や独立を検討しているのであれば、転職や退職をする前に審査へ申し込み、通過できるまでは同じ職場で働き続けることをおすすめします。

連帯保証人を立てる

連帯保証人とは、契約者がローンを返済できなくなったときに代わりに返済義務を負う人物です。連帯保証人を立てることで、申込者の年収の低さや収入の不安定さを補えることがあります。

注意したいのは、連帯保証人にも返済能力が求められるということです。審査では連帯保証人の年齢や年収、勤続年数、信用情報などもチェックされ、審査基準に満たない場合は落とされてしまうこともあります。

ブラックリスト入りするとローン審査通過は厳しい

ブラックリスト入りするとローン審査通過は厳しい

対処法を試してもローンの審査に通らない場合、申込者の情報がブラックリストに掲載されている可能性も考えられます。ブラックリストとは、ローンやカード利用料金などの返済が滞った場合や、自己破産や債務整理などをしたときに、これらの情報が「事故情報」として個人信用情報機関に登録されている状態のことをいいます。

ここでは、ブラックリストに掲載される原因や、掲載されることによるデメリットなどについて具体的に見ていきましょう。

ブラックリストに掲載される原因

ブラックリストに掲載される原因としては、次のような金融事故が挙げられます。なお、最近は携帯電話やスマートフォンの本体代金の割賦払い、利用料金の支払い遅延や未払いも、ブラックリストの原因のひとつとなっています。

・長期延滞
61日以上または3ヵ月以上の支払い遅延(延滞)がある

・代位弁済
返済不能となり、保証人や保証会社が代わりに返済を行った

・強制解約
長期延滞や契約違反などが繰り返され、強制的に契約を打ち切られた

・債務整理
民事再生や任意整理、特定調停、個人再生などの法的手続きによって、返済の減額や支払い期間の調整を行った
あるいは自己破産した(破産手続き開始の決定がされたものを含む)

・多重申込み
短期間あるいは同時に、複数のクレジットカードやキャッシングに申し込んだ

ブラックリスト掲載が与える影響

ブラックリスト掲載者はローン審査への通過が難しくなるため、車に乗るためには、ほかの方法も視野に入れる必要があるでしょう。

また、車以外の各種ローンやクレジットカードの審査でも不利になる可能性があります。利用できるとしても利用制限が設けられてしまうこともあるでしょう。

信用情報機関の種類

事故情報が登録される信用情報機関には以下の3種類があり、加盟している金融機関や信販会社、開示請求の方法は信用情報機関ごとに異なります。

・全国銀行個人信用情報センター(KSC):メガバンクや地方銀行、信用金庫などが加盟
・日本信用情報機構(JICC):消費者金融を中心として、さまざまな金融業者が加盟
・シー・アイ・シー(CIC):クレジットカード会社や消費者金融などが加盟

ブラックリストに登録されているか確認する方法

自分がブラックリストに掲載されているかどうかや、過去の事故情報が解消されているかは、信用情報機関に開示請求を行うと確認することができます。開示請求を行いたい場合は、各信用情報機関の公式サイトからオンラインや郵送などでの手続きが可能です。

なお、ブラックリストに掲載された場合、信用情報機関には次のような情報が登録されます。
・氏名
・生年月日
・住所
・電話番号
・勤務先の名称
・運転免許証の番号
・現在の借入金額
・過去の返済履歴

信用情報機関に登録されたこれらの情報は、ローンやクレジットカードなどの審査の際に金融機関に共有されます。

ローン審査に通らない方にはカーリースがおすすめ!

ローン審査に通らない方にはカーリースがおすすめ!

ローンの再審査に通らない方や、中古車を選ぶ、頭金を用意するなどの方法で車を購入することは難しい場合は、カーリースを検討してみてはいかがでしょうか。金銭の貸付けではないので、金利や頭金、初期費用もかからないため、ローンよりも費用負担を抑えてカーライフを始めやすい点が魅力です。

また、カーリース利用者の中には、ローン審査に落ちてしまったけれどカーリースは問題なく利用できている方もいます。そこで、具体的にカーリースはどのようなメリットがあるのかを見ていきましょう。さらに、月々10,000円から新車に乗れるサービスについても解説します。


月々10,000円台から新車に乗れるサービスを今すぐチェックする


初期費用がかからない
車検などの維持費も定額化できる
ネットでお試し審査が受けられる

初期費用がかからない

カーリースの残価

ローン審査に不安があっても、頭金を用意する余裕がない方もいるでしょう。その点、カーリースは頭金や初期費用なしで利用できるので、契約期間中はずっと定額の月額料金を支払うだけで新車に乗り始められます

また、カーリースには「残価設定」という、ローンで購入するよりも車両本体価格を抑えられるしくみもあります。あらかじめ契約満了時の車の下取り価格を想定し、それが「残価」として契約時の車両本体価格から差し引かれる、というものです。

月々のリース料金は残価を差し引いた車両本体価格を契約月数で割って算出されるため、ローンで購入するよりも車両本体価格を抑えて利用することができます

車検などの維持費も定額化できる

545_1

ローンで車を購入すると、毎月の返済に加えて、車の購入に必要な各種手数料や税金、自賠責保険料などの諸費用を負担する必要があります。さらに、定期的に生じる車検代やメンテナンス費用にも備えなければいけません。

その点、カーリースの月額料金には、車両本体価格以外にも登録手数料や各種税金、自賠責保険料、その他の諸費用などが組み込まれているため、定額の月額料金以外にこれらの諸費用を別途負担する必要はありません

また、車検代やメンテナンス費用などの維持費を定額化できるプランを用意しているカーリースもあります。補償範囲の広いプランに加入すれば、維持費の大半を月額料金に組み込んで定額化できるため、突然の出費に悩まされる心配もなくなります。

ネットでお試し審査が受けられる

カーリースの審査において明確な基準は公表されていませんが、ローンとは違って金銭の貸付けではないこともあり、ローンよりも審査のハードルが低い傾向にあります。実際に、ローン審査に落ちた経験があってもカーリースを利用できている方もいます

また、カーリースの中にはネットでお試し審査を受けられるリース会社もあります。オンラインで必要項目を入力するだけで簡単に受けられるため、審査に通れるか不安な方は活用してみてはいかがでしょうか。

例えば「おトクにマイカー 定額カルモくん」のお試し審査は、所要時間5分程度で申し込めて、最短翌営業日には結果がわかります。審査通過後に予算や収入に見合う範囲で車種やプランを変更したり、キャンセルすることも可能なので、検討段階で利用できるのもポイントです。

月々10,000円台から新車に乗れるカーリースもある

セールススタッフ

お試し審査を受けやすい点のほかにも、定額カルモくんには費用負担を抑えて新車に乗れるサービスが豊富に用意されています。実際に、利用者の方の中にはローン審査に通らず新車をあきらめていた方もいますが、車検代やメンテナンス費用込みの月々10,000円台から新車に乗れるプランもあるので、利用しやすいのではないでしょうか。

ほかにも、定額カルモくんには次のような特徴があります。
・業界最安水準だから、車検代も込みで月々10,000円台から新車に乗れる
・国内メーカーの全車種、全グレードから好きな車を選べる
・7年以上の契約なら走行距離が無制限になる
・月々500円で、契約満了時にそのまま車をもらえる
・残価精算がないから契約満了時に追加費用がかからない
・LINEや電話でマイカーコンシェルジュに気軽に相談できる など

オンラインから5分程度で申込みが完了する「お試し審査」なら、自宅から好きなタイミングで審査申込みができます。まずは気軽に利用できるかどうか確かめてみてはいかがでしょうか。

try_screening

実際にカーリースの定額カルモくんの利用者から寄せられた口コミを紹介中です。口コミを通して、カーリースが向いている人や契約時に注意すべきポイントなども紹介しています。

ローンに通らない場合でもカーリースなら最終的にマイカーが持てる

ローンに通らない場合でもカーリースなら最終的にマイカーが持てる

ローン審査に通らない場合に新車に乗れる方法にはさまざまな方法がありますが、カーリースはいずれ返却しなければならない点をデメリットに思う方もいるかもしれません。しかし、定額カルモくんの「もらえるオプション」のように、契約満了時にそのまま車をもらえるサービスを用意しているカーリースもあります

ローン審査に不安を抱えているのであれば、このようにマイカーとして自由に乗れるカーリースも存在するため、ローン購入以外の選択肢も検討してみてはいかがでしょうか。

定額カルモくんの資料をご覧になりたい方は下のバナーからどうぞ

※記事の内容は2022年2月時点の情報で制作しています。

よくある質問

Q1ローン審査に通らない場合に車を買う方法はある?

A:車を現金一括で購入する、中古車を選ぶ、クレジットカードで購入する、家族の名義でローンを組むなどの方法もあります。ほかにも、月々定額制のカーリースなら、ローンよりも審査のハードルが低く、初期費用や頭金なしで新車に乗り始めることも可能です。

Q2ローンの再審査を受けるときの対処法は?

A:再審査の対策には、頭金を用意する、滞納や未払金を解消する、勤続年数が1年以上になるのを待つ、連帯保証人を立てるなどがあります。また、すでに車を所有していて乗換えを検討している場合は、車の買取りや下取りを利用して頭金を用意するのもひとつの方法です。

お試し審査