ネットで車を買うのはあり?注意点やネットで安心して車を手に入れる方法

更新日:2022.11.18
ネットで車を買うことについて

現在はネットで車を買うことも簡単にできますが、「詐欺に遭わないか心配」「現車確認しなくて本当に大丈夫?」といった不安を感じる方もいるでしょう。実際、ネットでの車購入は注意点も多いため、購入するかどうかは慎重に判断する必要があります。

そこで、クルマ専門家の若林由晃さんの解説も交えながら、ネットで車を買うリスクやメリット、手順、注意点などについてご紹介します。併せて、ネットで安心して車を手配できる方法も見ていきましょう。


クルマ専門家・若林由晃

クルマ専門家の若林由晃です。ネットで車を買う際は、トラブルに巻き込まれないように注意が必要です。あらかじめチェックポイントを押さえておくことで、失敗するリスクを下げられるため、詳しく解説していきます。



【この記事のポイント】
✔ネットで車を買うとサイト上の情報とは異なる車が届くなどのリスクがある
✔ネットで車を買う際は、業者の評判や車の状態、契約内容の確認に意外と時間がかかる
✔ネットで手軽に車を手配できるサービスならサポートも充実していて安心

ネットで車を買うのは大丈夫?知っておきたいリスクとメリット

ネットで車を買うのは大丈夫?知っておきたいリスクとメリット

車はディーラーや中古車販売店に出向いて買うのが一般的ですが、最近はネットでそのまま買える販売店も増えています。しかし、ネットで車を買っても大丈夫なのか不安に思う方もいるでしょう。
ここでは、ネットで車を買うリスクやメリットと併せて、おもにどのような車がネットで買えるのかをご紹介します。

ネットで車を買うリスクとメリット

ネットで車を買う場合に注意すべきリスクとして、悪質業者の存在が挙げられます。優良な業者なのかそうではないのかの判別は難しいため、厄介な問題といえるでしょう。また、対面販売とは異なり車の状態を詳しく把握しにくいことで、手元に届くまで安心しきれないほか、サイト上の情報とは異なる車が届くというリスクもあります。

一方で、基本的にネットと郵送のみで購入手続きを進められるため、忙しい方でも来店不要で車を買えるといったメリットがあります。また、近隣の店舗に目当ての車がない場合も、ネットなら遠方の店舗から車を取り寄せることができます。

ネットで買える車の特徴

ネットで買える車は中古車が多いといった特徴があります。日本は全国的にディーラーの数が多く、実際に試乗したりスタッフにその場で相談したりしながら車を選べるなどメリットも大きいことから、新車は対面販売で買う方が多い傾向があることが理由のひとつと考えられます。

とはいえ、新車はネットで買えないというわけではありません。電気自動車メーカーとして知られる「TESLA」をはじめ、国産車を取り扱うネット専門の新車販売店など、ネット上で新車を買えるメーカーや販売店もあります。


クルマ専門家・若林由晃

新型コロナウイルス感染症拡大の影響もあり、最近は自動車メーカーの車の売り方が変わってきています。ネットでの商談や販売を強化するディーラーも増えてきているため、ネットで車を買うことが当たり前になる時代もやってくるでしょう。ただし現状は、やはり店舗での対面販売が主流となっています。店舗スタッフの多くがネット販売より対面販売に慣れていることもあり、普及にはある程度の時間がかかるでしょう。


オンラインで相談しながら安心・安全に新車を手配できる方法はこちら

ネットで車を買うときの流れ

ネットで車を買うときの流れ

ネットで車を買う際は、通常は自動車販売店の店舗で行う書類手続きなどをすべてネットや郵送で行うことになります。詳しい購入手続きは販売店によって異なりますが、基本的な流れは同じですので、ここで確認しておきましょう。

1. ネットで欲しい車種を検索して見積もりに進む

メーカーや販売店のサイトなどをチェックして、ネットで欲しい車を検索します。ネット購入可と明記されていれば見積もりに進みましょう。ネット購入できるかサイト上でわからない場合は、店舗に連絡して確認します。

2. 店舗から車の詳細情報と見積もりを送ってもらう

購入したい車が決まったら、その車に関する詳しい情報や見積もりを店舗から送ってもらいます。その際、中古車の場合は傷やへこみ、汚れなどの有無を確認できる写真や動画なども送ってもらえないか相談してみましょう。

また、見積もりの内訳で疑問点や気になる項目がある場合も必ず確認します。こうした問い合わせに迅速かつ丁寧に対応してくれる店舗なら、悪質な業者ではない可能性が高いです。もし販売店に行ける場合は、実際に店舗で現車確認ができるとなお安心でしょう。

3. 整備・保証内容と総額を確認する

納車前の整備内容や保証内容、総額は、購入を決める前に必ず確認しましょう。特に保証やアフターフォローについては、購入後にトラブルが発生した場合の備えとなるように、手厚いものをつけてくれる店舗を選びたいところです。

また、納車の際には納車費用や車の輸送費用がかかるのが一般的です。最終的な総額とその内訳を確認し、納得した上で購入に進みましょう。

4. 必要書類や契約書を送付し支払い手続きをする

購入が決まると、契約書や注文書などが店舗から届きます。内容を確認して返送期間内に送付しましょう。店舗によっては本契約前に手付金が必要になるケースもあるため、手付金が必要かどうかも確認します。

本契約を結んだら車庫証明書や印鑑証明書などの必要書類も送付し、支払い手続きに進みます。

5. 自宅へ納車される

契約手続きが終わり入金も完了したら、自宅へ納車されます。店舗によっては自宅以外の場所でも納車してくれる場合があるため、希望する際は相談してみましょう。なお、自分で店舗へ引き取りにいく場合は、納車費用はかかりません。

車が手元に届いたら、傷や汚れなどの有無やエンジンのかかり具合、中古車の場合は購入前に送ってもらった情報と異なる箇所がないかも必ず確認しましょう。


クルマ専門家・若林由晃

ネットで車を買うと、納車時に初めて現車確認をすることになります。中古車では、傷や汚れ、使用感などがネット上の画像と異なるといった場合の返金対応は難しいため、検討段階でさまざまな角度から車の写真を撮って送ってもらうことが重要です。写真で傷や汚れに気付ければ、修理やクリーニングの交渉をすることもできます。



ネットで車を買うのは不安という方へ


カーリースなら、ネットと郵送手続きだけで新車を手配できます。「おトクにマイカー 定額カルモくん」であれば、国産全車種・全グレードから車を選べる上、納車費用の負担なく、希望の場所に車を届けてもらうことが可能です。

定額カルモくんで「お試し審査」をすると、希望の車種の最新納車日を教えてもらうこともできます。サービス開始から4年で10万人以上が申し込んだ実績のある定額カルモくんで、まずは予算内でどのような車に乗れるか確認してみましょう。


とりあえず審査に通るか試してみる

※審査に通っても契約にはなりません


ネットで車を買うときのチェックポイント

ネットで車を買うときのチェックポイント

安心してネットで車を買うためにも、車の詳細情報や見積内容は念入りに確認しておきたいところです。ただ、具体的にどのような点をどう確認すればいいのか、よくわからないと感じる方もいるのではないでしょうか。

そこで、店舗へ車の状態や見積もりについて確認する際に押さえておきたいポイントについて、新車と中古車の場合でそれぞれ解説します。

新車をネットで買う場合

ネットで新車を買う場合は、次のようなポイントをチェックしましょう。

支払総額と内訳

ネットで新車を買う場合、納車費用や輸送費用がかかるケースが大半です。支払総額とともに内訳も確認し、費用項目ごとに必ず金額までチェックしましょう。都道府県別の納車費用や輸送費用の目安を掲載している店舗もあるため、参考にすることをおすすめします。

選べるグレードやオプション、ボディカラー

ネットで新車を買う場合は、希望するグレードやオプション、ボディカラーを選べるかどうかも確認します。店舗によっては、選べる仕様が決まっていることもあるためです。

保証内容やキャンセルの可否

メーカー保証をつけられるかどうか、アフターフォローはどのような内容なのかなども確認します。また、購入後のキャンセルはどのような場合に認められるのかに加えて、キャンセルした場合の違約金についてもチェックしておきましょう。

中古車をネットで買う場合

ネットで中古車を買う場合は、新車よりもチェックポイントが多くなります。購入後の不具合や故障のリスクを軽減するためにも、次に挙げるポイントは必ず確認しておきましょう。

支払総額と内訳

新車と同様に、支払総額だけでなく納車費用や輸送費用などの内訳も確認しましょう。中古車の場合、納車前の整備費用やクリーニング費用も発生します。

年式・走行距離

車の状態を判断する際は、まずは年式と走行距離をチェックします。登録・製造から3年以内の高年式車で、走行距離も30,000km以内なら、比較的状態の良い車といえるでしょう。

グレードやオプション

中古車はすでに製造された車のため、在庫の中から希望に近いグレードやオプション装備のある車を選ぶことになります。同じ車種の場合、見た目はあまり変わらなくてもグレードやオプション装備の違いで使い勝手や乗り心地が大きく異なることもあるため、目当ての車種のグレードやオプション情報を事前にリサーチして、知識を持った上で選ぶことが大切です。

修復歴の有無

修復歴ありの中古車とは、車の重要な骨格部分の交換や修復を行った履歴がある車です。安さが魅力ですが、購入後の不具合や故障のリスクが高いため、購入は避けたほうがいいでしょう。

保証内容やキャンセルの可否

中古車は新車に比べてどうしても購入後の故障リスクが高くなります。そのため、保証が手厚い店舗から購入するのが安全といえます。購入後、どのような保証を受けられるのか確認し、納得した上で購入手続きを進めましょう。また、新車と同様に購入後のキャンセルが認められるケースや、違約金についても確認しておくことが重要です。


クルマ専門家・若林由晃

ネットで車を買う場合は、車の状態や契約内容の確認など、ネット購入特有の手間が発生します。面倒に感じられるかもしれませんが、後悔しないために必要なプロセスのため、細かな確認まで必ず行うようにしましょう。 また、車や契約内容の確認だけでなく、店舗の評判もチェックしておくと安心です。購入者が多く良い口コミも多い店舗であれば、購入後にトラブルに発展してしまうリスクは低いと判断できるでしょう。


ネットで車を買うときの注意点

ネットで車を買うときの注意点

ネットで車を買うにあたり、チェックすべき点が多く面倒に思う方もいるかもしれません。しかし、ネットでの車購入は慎重に判断しなければ、店舗で買うよりも損してしまったり、実物が届いて後悔したりすることになる可能性もあります。

ここでは、ネットで車を買うリスクを軽減するために、注意すべきポイントを見ていきましょう。

信頼できない業者も存在する

信頼できない業者の代表的な特徴として、車の状態について問い合わせをしても詳しく回答しないことが挙げられます。このような業者の場合、傷や汚れの多い車や事故車、サイトに掲載されている情報とは異なる状態の車が届く可能性があります。

問い合わせに対する返信が遅い業者も、避けたほうがいいでしょう。基本的には問い合わせを受けてから翌日~数日以内に返信があるはずです。気になるサイトや店舗の評判もリサーチして、評判の悪い業者は避けることをおすすめします。

店舗で買うよりもお得とは限らない

ネットで車を買う場合でも納車費用や輸送費用をはじめとした諸費用がかかるため、必ずしも店舗で買うよりお得になるとは限りません。

また、保証なしの車を購入した場合は支払総額こそ抑えられますが、納車後にトラブルが発生してもすべて自己負担となってしまいます。保証なしの契約しか取り扱っていない店舗での購入は避けたほうがいいでしょう。

車の状態がわかりにくい

ネットで車を買う場合、車の状態が隅々まではわかりにくいという点もデメリットです。

特に中古車を買う場合は、外装・内装ともにたくさんの写真や動画を掲載していて、年式や走行距離、修復歴の有無はもちろん、傷やへこみ、汚れなどについても詳しく記載し、問い合わせにも丁寧に対応してくれる店舗が望ましいでしょう。

ネットで車を買うとしても、可能であれば店舗へ行き現車確認することが理想です。現車確認できない場合は、万が一に備えてキャンセルに対応している店舗を選びましょう。

店舗で買うより時間がかかる可能性も

店舗で車を買うよりも、ネットのほうが手間も時間もかからないイメージがあるかもしれません。しかし、実際は店舗に車の状態や契約内容について問い合わせたり、購入が決まったら郵送手続きをしたりと、ネットで車を買う場合は意外と手間がかかります

手早く購入手続きを完了させたくても、結局は店舗で直接手続きをしたほうが早かったとなる可能性もあるでしょう。


クルマ専門家・若林由晃

ネットで車を買う場合は、なぜネットで車を買おうとしているのか、その理由や目的を再確認して、ネットで買う意義があると判断できる場合のみ購入するようにしましょう。ネットで買うことに特にメリットを感じない場合は、直接店舗に出向いて、現車確認をしてから買ったほうが安全です。


同じネットでも安心・安全!プロに無料で相談しながら車を手配できるサービス

新車が月1万円ちょっと

ネットで車を買うとなると、悪質な業者も存在するためリスクが大きく、意外と手間もかかる点が気になる方もいるでしょう。

手軽かつ安心・安全に車を手配したい方には、来店不要で手続きが完結するカーリースがおすすめです。特にネットと郵送手続きだけで自宅まで納車してもらえる「おトクにマイカー 定額カルモくん」は、サービス開始からわずか4年で申込者数10万人を突破した安心のカーリースです。

ここでは、定額カルモくんのサービスを例に、カーリースの魅力を見ていきましょう。

車のプロに無料で相談できて安心

ネットで車を買うデメリットとして、自分で車の状態や契約内容をチェックしながら選ばなければならないことが挙げられます。その点、定額カルモくんには車の知識が豊富なマイカーコンシェルジュが在籍しており、契約前の段階から車選びや契約内容について無料で相談できる点が魅力です。

車に詳しくない方や、ネットで車を手配することが不安な方も、安心して利用することができるでしょう。


マイカーコンシェルジュを詳しくみる

初期費用不要で好きな車種の新車に乗れる

予算的な都合で、ネットで中古車を買うことを検討する方もいるのではないでしょうか。しかし、中古車は車の状態に不安な点が多い上、必ずしも希望の車種やグレードが見つかるとは限りません。

定額カルモくんなら、初期費用なしの月額定額制で車を手配できるため、少ない予算で新車に乗れます。国産メーカーの全車種・全グレードを取り扱っており、オプションやカラーも自由に選択できるため、予算や希望に合わせた車選びが可能です。

注文を受けてから製造されたディーラーの新車が納車されるため、中古車のようにサイト上の情報と異なる車が届くリスクも一切ありません。新車といっても月々10,000円台から乗れる車種も多くあるため、負担も抑えやすいでしょう。

オンラインの「お試し審査」ですぐに利用可否がわかる

カーリースを利用するには、審査に通過する必要があります。審査と聞いて身構えてしまう方もいるかもしれませんが、カーリースはそのサービス形態から、カーローンよりも審査に通りやすい傾向があるといわれており、実際にカーローンの審査に落ちてしまった方でも、定額カルモくんでは多数の方が希望の新車に乗れています

下のバナーから予算に近い価格帯の車を選んで申し込むだけで、利用の可否を簡単にチェックできるため、気軽に試してみてはいかがでしょうか。仮に審査に通ったとしても、契約する必要はないため安心です。


かんたん5分_お試し審査

※審査に通っても契約にはなりません

ネットで車を買う際は十分なリサーチが必要!リスクを避けるならカーリースがおすすめ

ネットで車を買う際は十分なリサーチが必要!リスクを避けるならカーリースがおすすめ

ネットで車を買う場合は、特に中古車は車の状態や信頼できる業者かどうかを確認した上で、慎重に判断する必要があります。意外と手間も時間もかかるため、来店不要で安心して乗れる車を手配するなら、カーリースも検討してみてはいかがでしょうか。

サポート体制が整っており、希望条件に応じて自由に車を選べる定額カルモくんなら、契約前からいつでも無料で相談できるため、安心して乗り始めることができるでしょう。

なお、定額カルモくんの利用可否は下のバナーから簡単にチェックすることができます。審査結果は通常翌営業日(最大3営業日)には届くため、まずは利用できるかどうかを確認してから、実際に利用するかどうかを考えるといった進め方もおすすめです。


簡単5分_お試し審査

※審査に通っても契約にはなりません


※この記事は2022年10月時点の情報で制作しています

よくある質問

Q1ネットで車を買うリスクとメリットは?

A:ネット上には悪質な業者も存在し、サイトでの説明と異なる車が届くリスクがあります。また、車の状態を詳しく把握しにくく、手元に届くまで安心しきれません。ただ、忙しい方でも来店不要で車を買えて、近くの店舗に在庫がない車種でも手に入る可能性がある点はメリットといえるでしょう。

Q2ネットで車を買うときにチェックすべきポイントと注意点は?

A:信頼できる業者かどうかをはじめ、納車費用や輸送費用も含む総額、グレードやオプションの選択肢、保証内容やキャンセルの可否などをチェックします。店舗で買うより必ずしもお得とは限らない点や、車の状態や見積もりの確認などで意外と時間がかかる点にも注意が必要です。

Q3ネットで安心して車を手配する方法はほかにもある?

A:ネットから車を手配できるカーリースがあります。定額カルモくんなら、マイカーコンシェルジュに車選びや契約内容について無料で相談できるため安心です。車種やグレード、オプションも自由に選べて、希望どおりの新車が納車されるため、サイト上の情報とは異なる車が届く心配もありません。

この記事の執筆者


若林 由晃
マイカーコンシェルジュ・整備士

若林 由晃

代々継がれる創業70年の車販・整備工場を営む家に生まれ、エンジンオイルとガソリンの香りにまみれながら育つ。小学校から車販の接客、中学校には整備の手伝いを行う根っからのカーガイ。自動車整備専門学校では上位の成績で卒業。整備士国家資格は満点合格(専門学校の先生が採点)。 その後、大手自動車メーカー系列のディーラーで整備士として整備職と中古車販売を経験。また、IT×車という販売方法に興味を持ち、個人向けカーリースのセールスに転身。中古カーリース事業、全国の加盟店販売事業の立ち上げを行う。

まずは審査に通るか試してみる_追従

まずは審査に通るか試してみる_追従