カーリースってどうなの?実際の利用者の声を基にカーリースで後悔しないための方法を解説

更新日:2022.08.01
カーリースはどうなのかについて

カーリースって実際どうなのでしょう。「カーリースにしてよかった!」「おすすめしたい!」といった声がある一方で、「やめておいたほうがよい」「失敗する!」との意見もあり、利用を迷う方も多いのではないでしょうか。

そこで、カーリースを利用している方の事例を基に、カーリースを検討する際のポイントや失敗しないカーリース会社の選び方について解説します。


メリットが豊富にそろったカーリースを見る


【この記事のポイント】
✔カーリースの失敗や後悔はプランやサービスの選び方に原因がある場合が多い
✔料金に含まれる項目や利用制限を確認することが大切
✔残価精算なしで原状回復費用などをケアするプランのあるカーリースなら安心

カーリースって実際どうなの?利用者の声

カーリースって実際どうなの?利用者の声

カーリースってどうなの?と気になる方も多いでしょう。カーリースに対して実際の利用者からさまざまな意見があるので、利用者の声を参考に、カーリースは実際どうなのか見ていきましょう。

(※定額カルモくんが中古車に乗っている全国の男女500人を対象に行った、チャットアンケートツールを用いた独自調査)

Aさん・50代・女性

税金などが月額料金に含まれているので支払いがとても楽です。あと、終わった後に車を売却するなどの面倒がないことや、毎月定額料金を支払うだけというところが、とても便利ですね。

Bさん・50代・男性

車検やオイル交換などのメンテナンス代も定額になること、維持費が自分で購入する場合よりも安く抑えられること、契約期間が終了した後に自分の物にするか、別の車に乗り換えるか選べるところが魅力ですね。

Cさん・30代・男性

口コミの評価が良かったので契約しました。料金が安かったので、契約してよかったです。 カーリースは一般的に月額料金に税金や自賠責保険料など、車に乗るために必要な費用が含まれているため、負担を抑えて乗れます。また、プランによっては車検代や消耗品の交換費用が月額料金に含まれているため、急な出費を気にせず乗れるのがうれしいポイントでしょう。




さらに、カーリースのサービスによっては、契約満了時に車を返却するだけでなく、そのまま車をもらうか、ほかの車に乗り換えるか選べるので、いつかは自分の車を所有したいという方にもおすすめです。

一方で、不安や後悔を感じている方もいます。どのような意見があるのでしょうか。


Dさん・20代・女性

自動車ローンを利用して車を購入するよりはカーリースのほうが車両価格として支払う分が安いので契約したものの、残価精算のリスクがあったり、走行距離の制限があったりするので心配しています。

Eさん・30代・女性

頭金などの初期費用がかからない上に、いろいろな車が選べるのでありがたい。でも、子供たちがお菓子や飲み物をこぼして車を汚してしまったときに、原状回復費用がどれくらい請求されるのか不安です。


カーリース会社によって利用条件は異なるものの、走行距離の制限があったり原状回復費用を請求されたりすることがあります。例えば、契約時の利用条件で走行距離が月間1,000kmと決められていた場合、それよりも多く走ってしまうと契約満了時に追加費用を請求されることもあるでしょう。また、車内を汚してしまったりボディを傷つけてしまったりしたら、原状回復費用を請求されることも少なくありません。

しかし、こうしたリスクはリースサービスやプランを適切に選ぶことで回避できます。どのような点に注意したら、リースのメリットをしっかり享受できるのかを見ていきましょう。

カーリースってどうなの?よくある失敗例と対策を紹介

カーリースってどうなの?よくある失敗例と対策を紹介

カーリースに対する不安や後悔の声には利用料金やサービス内容に関する内容が目立ちます。ただ、事前にしっかりとサービス内容を把握しておけば、そうしたリスクを避けられるでしょう。そこで、よくある失敗例とともにその対策を見ていきましょう。

定額料金以外の出費がかさんだ

カーリースの中には月々10,000円以下で利用できるものもあります。しかし、そうした格安リースサービスの場合、契約時に頭金や保証金などのまとまったお金が必要だったり、ボーナス月に大きな金額の支払いを求められたりすることがあります。

そのほか、月額料金に含まれていない項目が多くて自己負担額が多くなってしまったという失敗例もあります。契約プランによっては車検費用やオイル交換などのメンテナンス代が含まれていないことがあるため、月額料金とは別に大きな出費が必要になることもあるでしょう。

月額料金のほかにかかるお金はないか、月額料金には何が含まれているのか、事前にしっかり確認しましょう。


カーリースの定額カルモくんにはお得なメンテナンスプランがあり、車検代や、オイルなどの消耗品交換代なども含めて定額払いにできます。そのため、急な出費の心配もいらず、安心してカーリースを利用できるでしょう。


定額カルモくんを詳しくみる



契約期間中の解約で違約金を請求された

カーリースでは3年、5年、7年などと契約期間を限定していることが一般的です。また、契約期間が長くなるほど月額料金を抑えられるので、長期契約を希望する方も多いでしょう。

しかし、カーリースの月額料金は、その期間利用することを前提に算出されているので、途中で解約すると違約金を請求されることがあります。違約金によってリース料の残金や車の残価を精算するとイメージすれば、わかりやすいでしょう。

ですから、契約期間は慎重に検討し、できれば1年単位で設定できるリースサービスを選ぶと、中途解約のリスクを最小限に抑えられるでしょう。

契約満了時に原状回復費用を請求された

カーリースはあくまでも車を借りているという状態なので、契約期間が終了したら納車されたときと同じ状態でカーリース会社に返却しなければなりません。そのため、シートにシミや汚れがついている場合や、たばこのにおいが強く残っている場合はクリーニング代を支払わなければならないこともあるでしょう。

また、ボディに傷がついていたり大きなへこみがあったりすると、原状回復費用を請求されることがあるので注意が必要です。

しかし、原状回復の費用補償があるリースサービスを選べば気にせずに車に乗れます。また、期間満了時に車がもらえるプランであれば、車を返す必要がないので、においや傷などがついても気にする必要はありません。

利用に制限がある

カーリースには走行距離制限やカスタマイズ不可など、さまざまな利用制限があります。違反すると、契約満了時に追加料金を請求されることもあるので注意が必要です。

多くの場合、月間の上限走行距離を1,000kmまでと定めており、契約期間が終了したタイミングでどれだけ走行したか計算されます。例えば、5年契約の場合は「1,000km×12ヵ月×5年」なので、60,000kmを超えると超過分に対して追加料金が発生します。追加料金の目安は1kmあたり5円~10円なので、仮に5年で80,000km走行したとすると、20,000km超過で追加料金が10~20万円となります。

しかし、月間の走行距離が1,000kmを超えたとしても、契約期間中の総走行距離が制限を超えていなければ追加料金を請求されることはありません

ただ、どうしても追加料金が心配であれば、上限走行距離が長い、またはそもそも制限がないカーリースサービスを選ぶとよいでしょう。

思ったより利用頻度が少なかった

便利なカーリースを契約したものの、想定していたよりも利用頻度が少なかったという失敗例もあります。月に1回程度しか乗らない場合は、ほかの方法を検討してもいいかもしれません。

しかし、カーシェアリングやレンタカーの場合は事前に予約しなければならなかったり、予約が埋まっていて希望のタイミングで利用できなかったりすることもあります。頻度は少ないものの、好きなタイミングで自由に乗れて使い勝手が良いほうがいいなら、カーリースのほうが適しているともいえます。

カーリースで失敗しないためのポイントは?

カーリースで失敗しないためのポイントは?

カーリースで失敗しないためにはカーリース会社選びが非常に重要です。カーリース会社によって用意されているプランが異なるので、自分に合ったところを選びましょう。利用条件や契約期間、さらに月額料金に含まれている項目をしっかりと確認した上で契約しなければ、想像よりも負担が大きくなってしまうこともあります。

そこで、カーリースで失敗しないためにはどのようなポイントを押さえればいいのか見ていきましょう。

利用条件やプラン内容

カーリース会社によって利用条件やプラン内容が異なるので、カーリースを検討する際は条件や内容を確認しましょう。

走行距離制限

走行距離制限は月間1,000km程度と決められていることが多く、超過分については1kmあたり5円~10円の追加料金を支払わなければなりません。ただし、実際は月間の上限走行距離を超えてしまっても、契約期間中の総走行距離が制限内であれば請求されません。
事前に走行距離の制限がどれくらいなのか、超過した場合はどうなるのか確認しておきましょう

契約期間

カーリース会社では期間内に解約すると中途解約となるため違約金が発生することがあります。本当に必要な期間かどうかよく検討して決めましょう。また、中途解約を対象とした特約のある自動車保険に加入していれば違約金が保証されます。

オプション

カーリースではさまざまなオプションが用意されており、希望や使い方に合わせて選ぶことが可能です。車検やメンテナンス費用も定額にできる、走行距離制限をなしにできる、原状回復を気にせず車に乗れる、などのオプションプランがあるので、内容をしっかり確認した上で検討しましょう。

月額料金の内訳とそれ以外にかかる費用

リースサービスの良し悪しを月額料金だけで判断するのではなく、そこに何が含まれるのか、月額料金以外に何の支払いが発生するのかを確認した上で総合的に検討することが大切です。

残価精算の有無

カーリースでは契約時に残価を設定するのが一般的です。残価とは契約満了時の車の価値のことであり、車種やグレードなどによって決められます。注意が必要なのは、契約期間が終了したときに残価精算があるかどうかです。

残価精算がある契約プランの場合、契約満了時に契約時の残価と返却時の残価の差額を支払わなければなりません。例えば、契約時に残価が50万円と設定されていた場合で返却時の価値が40万円だったとすると、差額の10万円を支払う必要があります。
一方、残価精算がない契約であれば、大きな出費の心配もなく安心して乗ることができます


定額カルモくんには、車検代も込み、走行距離制限なし、契約満了時に車がもらえる、などを叶えるオプションプランがあります。また、残価精算なし、ボーナス払いもなし、契約期間については1年単位で最長11年まで自由に選べます!


定額カルモくんで、あの車にいくらで乗れるか、料金シミュレーションするならこちら


あなたの欲しい車の料金をチェック


カーリースはどのような方に向いている?

カーリースってどうなの?と調べていると悪い口コミを目にすることがあるかもしれません。しかし、実際の利用者の声を見てみると、初期費用がかからず毎月の負担を抑えて新車に乗れるなど、良い口コミがたくさんあります。

自分に合ったカーリースを選べば、むしろメリットがたくさんあるといえるでしょう。

〈カーリースが向いている方〉
・初期費用の負担を減らして手頃な料金で車を利用したい方
・インターネットから簡単に申込み手続きをしたい方
・税金や保険、メンテナンス代なども定額払いにしたい方
・短期間で車を乗り換えたい方
・同じ予算で上位グレードの車に乗りたい方

次はたくさんあるカーリースサービスの中でもおすすめのカーリースをご紹介します。

購入とカーリースのいいとこ取りをしたおすすめのリースサービスとは?

購入とカーリースのいいとこ取りをしたおすすめのリースサービスとは?

カーリースは、サービスやプランの選び方さえ適切なら、メリットが豊富なサービスです。購入した場合のようにマイカーとして使いながら、同時に負担や手間を抑えることができます。

たくさんのリースサービスがありますが、おすすめは「おトクにマイカー 定額カルモくん」です。カーリースのデメリットに対応するプランやオプションがあり、サービス開始から4年で10万人を超える方が申し込んだという実績があります

わかりやすいプラン内容で初期費用や追加料金の心配がない

定額カルモくんは初期費用が不要で、月額料金だけで新車に乗れます。残価精算がない上に原状回復費用をカバーするプランもあるので、契約満了時に大きな出費の心配はいりません。
また、車検代や、オイル交換などのメンテナンス費用を月額料金に含められるメンテナンスプランもあるため、安心して車に乗れます。

7年契約以上なら走行距離制限なし!車ももらえる

定額カルモくんは7年以上の契約なら走行距離制限がないので、どれだけ走っても追加料金が発生しません。さらに月額500円の「もらえるオプション」を利用すれば、契約満了時に自分の車になるのです。契約が終わっても車を返却しなくていいなら、原状回復のことを気にする必要がなくなる上に、ホイールやエアロパーツ、スピーカーなど自由にカスタマイズできます。


貯金ゼロでも_定額カルモくんについて詳しくみる


お試し審査で利用できるかわかる

審査が不安な方や予算内でどの車が乗れるか知りたい方には、定額カルモくんの「お試し審査」がおすすめです。お試し審査はインターネットから最短5分で申込みができ、通常翌営業日には結果がわかります。もちろん、審査後にプランや車種の変更も可能なので、とりあえず審査に通るか、どの車に乗れるか気になる方はお試し審査にお申し込みください。


とりあえず審査に通るか試してみる

※審査に通っても契約にはなりません

カーリースは適切に利用すればメリットいっぱい

「カーリースって実際どうなの?結果的に損するのでは?」という意見がありますが、適切なサービスやプランを選べば、負担を抑えてマイカーを持てる便利なサービスです。おすすめは、ボーナス払いがない、走行距離の上限が長い、残価精算が不要、メンテナンスも定額にできるプランがある、といったリースサービスです。

定額カルモくんであれば上記のいずれにも該当する上、ワンコインで車がもらえるオプションにも入れるので、カーリースが初めてという方にもピッタリのリースサービスです。


顧客対応満足度98.9%のカーリースをみる


※この記事は2022年7月時点の情報で制作しています

よくある質問

Q1カーリースって実際どうなの?

A:「月間1,000km以上走ってしまい追加料金が発生した」「傷がついてしまって原状回復費用を請求された」といった声がありますが、カーリース会社やプランの選び方でそれらのリスクは避けられます。

Q2カーリースサービス選びのポイントは?

A:契約期間を1年刻みで選べるカーリースや残価精算の必要がないプランなどもあるので、自分に合ったカーリースサービスを選ぶのがポイントです。

Q3業界最安水準の定額カルモくんってどうなの?

A:定額カルモくんは初期費用なしで利用でき、ボーナス払いもありません。ずっと定額なので家計の管理がしやすいでしょう。さらに、契約期間を1年単位で決められ、7年以上であれば走行距離制限がない、車をもらえるオプションがあるなどが魅力で、サービス開始から4年で申込者数10万人突破の実績があります。

この記事の執筆者


若林 由晃
マイカーコンシェルジュ・整備士

若林 由晃

代々継がれる創業70年の車販・整備工場を営む家に生まれ、エンジンオイルとガソリンの香りにまみれながら育つ。小学校から車販の接客、中学校には整備の手伝いを行う根っからのカーガイ。自動車整備専門学校では上位の成績で卒業。整備士国家資格は満点合格(専門学校の先生が採点)。 その後、大手自動車メーカー系列のディーラーで整備士として整備職と中古車販売を経験。また、IT×車という販売方法に興味を持ち、個人向けカーリースのセールスに転身。中古カーリース事業、全国の加盟店販売事業の立ち上げを行う。

人気のカーリースを見る

人気のカーリースを見る