中古車リースで軽自動車に乗れる?車種や料金、選び方のポイントを解説!

更新日:2022.01.08
軽自動車の中古車リースについて

昨今の軽自動車は広さや安全性能など普通車に劣らないものが多く、価格も手頃なことから、広い世代で人気を集めています。中古車リースでも軽自動車を希望する方が増えており、月額いくらで乗れるのか、どのような軽自動車を利用できるのかなど、気になる点も多いようです。

そこで、軽自動車を中古車リースで利用する際の料金や車種について、選び方のポイントと併せて解説します。

中古車リースで軽自動車に乗るには?

中古車リースで軽自動車に乗るには?

中古車リースはすでにある在庫から利用する車を選ぶため、リース会社によって取扱車種が異なります。中古車リースで軽自動車に乗りたい場合は、事前に次の2点を確認しましょう。

取り扱っている軽自動車の種類と台数

中古車リースの中には、軽自動車の取扱いがないところや、あっても限られた車種のみというところもあります。軽自動車の取扱いはあるか、また、希望する車種があるかを事前に確認しましょう。
中古車リースのホームページ上で「軽自動車」や「N-BOX」などの車種名で絞り込むと取扱いがあるか調べられます。

なお、取扱台数が多い中古車リースなら、同じ車種でも選択肢が広がりやすく、より希望の条件に近い車や状態のいい車を見つけられる可能性が高くなります。

軽自動車の契約可能期間

軽自動車だけを取り扱っている中古車リースなどでは、1年未満の短期しか利用できないところもあります。また、あらかじめ決められた契約年数からしか選べない中古車リースもあるため、自身が利用したい年数で契約できるかも忘れず確認することが大切です。
なお、カーリースの月額料金は契約月数で割って算出するため、契約期間が長いほど月々の負担を抑えられます。ただし、原則として中途解約は認められていないので、料金と利用期間のバランスを見て検討しましょう。

中古車リースで軽自動車を利用したら費用はどれくらい?

 

中古車リースは月々定額の料金で好きな車に乗れるサービスです。月額料金には車両本体価格のほか、各種税金や手数料などが含まれているため、まとまった出費の心配がありません。
ただ、さまざまな料金が含まれていると高くなりそうなイメージですが、実際どれくらいの料金で利用できるものなのでしょうか。
「おトクにマイカー 定額カルモくん 中古車」で、軽自動車の人気5車種について実際の料金を見てみましょう。

なお、こちらでご紹介する車種や料金はすべて2021年8月15日時点の情報になります。在庫状況によって変動する可能性があります。

車種 月額料金 登録初年度 走行距離
ダイハツ「ミライース」B 18,300円~ 2021年 346km
スズキ「ワゴンR」FA電格ミラーDSBS 21,600円~ 21,2020年 11,000km
ダイハツ「タント」660X 26,400円~ 2019年 8km
スズキ「ハスラー」HYBRID G 28,000円~ 2021年 11km
三菱「eKクロス」 30,100円~ 2021年 5km

※価格などは2021年8月15日現在の情報です

ダイハツ「ミライース」

乗る方を選ばないシンプルなエクステリアと充実した安全性能で人気のダイハツ「ミライース」。定額カルモくん中古車では、2021年モデルで走行距離346kmという新車同然の高年式ミライースでも月額18,300円から利用できます。2019年以前のモデルなら10,000円台前半の上位グレードも多数

比較的低価格なミライースは中古車でも安く購入できる車種のひとつですが、大手中古車販売店でも同モデルの取扱いは少なく、販売価格も初期費用込みで97万7,000円など、新車購入とあまり変わらない価格です。

定額カルモくん 中古車なら初期費用なしで月額10,000円台から利用できるので、車にかけられる予算が少ない方でも安心です。


スズキ「ワゴンR」

軽トールワゴンのパイオニアで、広い車内空間と優れた燃費性能が特徴のスズキ「ワゴンR」。定額カルモくん 中古車では、キーレスエントリーで電格ミラーもついた2020年モデルのFAグレードが月額21,600円から利用できます。
このほか、同じく2020年モデルで走行距離840km、カーナビ付きのワゴンRも22,400円からなど、高年式でも20,000円台前半での利用が可能です。

大手中古車販売店を見てみると、同じ年式の同クラスでは走行距離が1,000km未満の中古車はほぼなく、電格ミラーなし、カーナビなし、走行距離3,000kmでも本体価格が85万円、初期費用を含めた総額は91万3,000円となっています。

なお、年式を下げれば10,000円台で利用できるワゴンRもたくさんあり、グレードやボディカラーなどの選択肢もより広がります。


 ダイハツ「タント」

2019年のフルモデルチェンジで優しいフロントフェイスに生まれ変わったダイハツ「タント」。定額カルモくん 中古車では、2020年モデルでSDナビや片側パワースライドドアを搭載した上位グレードXのタントが月額28,400円から
フルモデルチェンジ後の2019年モデルなら、走行距離が8kmの660Xグレードで26,400円からと、よりリーズナブルに利用できます。

大手中古車販売店が取り扱うXグレードは、2019年モデルでも販売価格は134万8,000円、初期費用などを含めた支払総額は142万4,000円となり、2020年モデルではさらに高額になります。

初月から定額料金だけで乗れる中古車リースは、まとまった出費を抑えて乗換えやカーライフを始めたい方にもぴったりの乗り方といえるでしょう。


スズキ「ハスラー」

 

遊び心あふれるデザインで街乗りにもアウトドアにも使える軽クロスオーバーSUVとして人気のスズキ「ハスラー」。定額カルモくん 中古車では、2021年モデル、走行距離11kmのHYBRID Gが月額28,000円から利用できます。

同等のハスラーを購入する場合、大手中古車販売店では、走行距離11km の2021年モデルが125万4,000円、初期費用を含めると131万9,000円となっています。

カーローンを利用した場合でも登録諸費用は最初にまとめて支払うケースが多いですが、月額料金だけで乗り始められる中古車リースなら、貯金を切り崩すことなくハスラーを手にすることができるでしょう。


三菱「eKクロス」

特徴的なフロントマスクと豊富なカラーバリエーションで個性を活かせる軽SUV、三菱「eKクロス」。定額カルモくん 中古車では、2021年モデル、走行距離5kmの660Gグレードが月額30,100円から、メタリック感のあるブルーシルバーの660Tグレード2021年モデル、ルームミラーモニター付きのeKクロスも32,900円から乗ることができます。

ハイブリッドカーでターボ搭載車の最上級グレード660Tは、大手中古車販売店でも2021年モデルで走行距離5kmの同条件の中古車が172万円。支払総額は179万9,000円と高めです。

中古車リースではメンテナンス費用も月額に含めることができるので、購入するより負担を抑えて乗り続けることができるでしょう。


ホンダ「N-BOX」

国内で最も売れている軽自動車ともいわれるホンダ「N-BOX」。定額カルモくん 中古車では、2021年モデルで走行距離4kmのN-BOXが月額35,000円から利用できます。

大手中古車販売店では、同年モデルで走行距離が6kmの「届出済未使用車」が139万9,000円、初期費用を含めた総額で150万4,000円でした。

N-BOXはトップクラスの人気を誇る軽自動車だけに、定額カルモくん 中古車での取扱台数も多く、予算やこだわりにぴったりの1台も見つけやすいでしょう。


中古車リースで軽自動車を選ぶ際のポイントは?

普通車に比べて価格が手頃な軽自動車は、中古車リースでも負担を抑えて利用できます。ただ、料金は年式や走行距離、装備などで1台ごとに大きく異なるほか、リース会社によっても変わってきます。また、利用条件やサポート体制もそれぞれです。
そのため、中古車リースで軽自動車を利用するときには、提示されている月額料金だけでなく、さまざまな面も確認して総合的に検討することが大切です。
どのような点に注意すべきか、軽自動車を選ぶ際のポイントを見ていきましょう。

月額料金以外の費用も含めて検討する

月額料金に含まれる費用はリース会社によって異なります。また、月額料金が安いところでは、ボーナス払いがあったり、残価精算が必要で契約満了時に差額を請求されたりするケースもあります。短期の中古車リースの場合は保証金が必要になることも。
予想外の出費に悩まされないためにも、月額料金に含まれる費用を確認するとともに、保証金やボーナス払いの有無、契約方式も確認して、総額で検討するようにしましょう。

車検の残り期間や故障時の保障があるか確認する

中古車は次の車検までの期間が車によって違います。車検の残り期間が短い場合、乗り始めてすぐに車検費用を負担することになってしまいます。
車選びの際は、車検の有効期限がどれくらい残っているのかも忘れず確認しましょう。

なお、車検費用を月額料金に含められるプランがある中古車リースなら、車検時の負担が軽くなります。同様に、故障時の保障もついていれば、もしものときも負担を抑えやすくなります。

メンテナンス費用も定額になるプランがあると安心

中古車は新車に比べて故障のリスクが高い傾向があるため、良好なコンディションを維持できるよう、定期的なメンテナンスは欠かせません。とはいえ、メンテナンスはそれなりの費用がかかるもの。
費用を気にせず、必要なメンテナンスをしっかり行うには、メンテナンス費用が定額になるプランがあると安心です。

メンテナンスプランはリース会社によって内容が大きく異なります。必要なメンテナンスが十分に含まれているかもしっかり確認しましょう。

なお、定額カルモくん 中古車のメンテナンスプランでは次のような費用が定額になります。

●メンテナンスプランに含まれる項目
・車両点検料
・法定12ヵ月点検料(26項目)
・エンジンオイル交換
・オイルフィルター交換
・タイヤ交換工賃
・エアコンフィルター交換
・ブレーキオイル交換
・ブレーキパッド交換
・バッテリー交換工賃
など

利用条件を確認する

カーリースでは返却時の車の価値を担保するために、走行距離に制限を設けているケースが一般的です。超過すると追加料金が発生するため、自身の利用頻度などから、走行距離の上限が適切かを確認しましょう。

通勤で使うなど長距離の利用が想定される場合や、制限を気にせずカーライフを楽しみたいなら、定額カルモくん 中古車のように走行距離制限がない中古車リースがおすすめです。

契約満了時の選択肢を確認する

中古車リースは契約時に決めた期間だけ軽自動車を利用するシステムです。契約満了時は車をリース会社に返却するだけなので、手間がかからない点もメリットです。
ただ、契約期間以降も車が必要な場合は、契約満了時の選択肢も確認しておきましょう。

一般的に契約満了時の選択肢には、返却のほか、同じ車を再リースする、残価を精算して車を買い取る、別の車で改めて契約をするといった方法があります。
契約満了時に買取りなどによるまとまった出費を避けたい方や、いずれマイカーを持ちたい方なら、乗っていた車をそのままもらえるオプションがある中古車リースが適しているでしょう。


車がもらえる中古車リースはこちら

軽自動車の中古車リースと中古車購入、あなたに向いているのはどっち?

 

月額定額制で軽自動車に乗れる中古車リース。ただし、契約満了時に返却が必要だったり、カスタマイズに制限があったりと、デメリットもあります。そのような点を踏まえたとき、中古の軽自動車を購入するのとどちらがいいのでしょうか。
軽自動車に乗る上で重視したいことから、中古車リースと中古車購入のどちらが向いているのか確認してみましょう。

カスタマイズを楽しみたいなら中古車購入

カーリースは原則として元に戻せないカスタマイズが禁止されています。返却時には原状回復が必要なので、カスタマイズをしている場合は高額な原状回復費用が発生する可能性があります。
そのため、軽自動車で思う存分カスタマイズを楽しみたい方には購入のほうが向いているでしょう。

ただし、契約満了時に車がもらえるプランやオプションがある中古車リースであれば、リース車でも原状回復の手間や費用を気にせずカスタマイズが楽しめます

費用負担を抑えて乗りたいなら中古車リース

中古の軽自動車を購入した場合は、初期費用や車検などで定期的にまとまった出費が必要になる上、メンテナンスや修理などの費用も新車に比べて高くなる傾向があります。
その点中古車リースなら保障やサポートが充実しているので、突発的な出費に悩まされる心配がほとんどありません。さらにメンテナンスプランをつければ、費用を気にせず良好なコンディションを保てるようになります。
定額制で車関連の支出も安定するため、経済的な不安を抱くことなくカーライフを楽しめるでしょう。

定額カルモくん 中古車なら軽自動車の選択肢も豊富!

定額カルモくん 中古車は、軽自動車も豊富に取り扱う中古車リースです。車はメーカーやボディタイプ、年式、走行距離、カーナビなどの装備や月額料金といった条件で絞り込んで検索することも可能で、豊富な選択肢から希望に近い軽自動車を探せます。
また、軽自動車をリースで利用するのにおすすめのサポートも充実しています。

全車に車検2年と故障保証1年がついている

定額カルモくん 中古車では、すべての中古車をしっかり点検、整備した上で、2年の車検をつけて貸し出します。また、1年の故障保障もついており、修理費の上限もありません。故障受付は24時間365日対応してくれるので、突然のトラブルに見舞われても安心です。

さらに、メンテナンスプランをつければ車検時の車検基本料や一部消耗部品の交換費用、法定点検などの費用も定額にでき、負担を抑えて良好なコンディションを維持できます。
メンテナンスプランでは契約満了時に車をもらう選択もできるので、カスタマイズを楽しみたい方や、いずれマイカーが欲しい方にもおすすめです。

走行距離制限も残価精算もないから、最後まで安心して乗れる!

定額カルモくん 中古車で利用できる軽自動車には走行距離制限がありません。また、契約満了時に残価精算を行わない契約方式なので、走行距離超過による追加料金や残価精算による差額の請求などもなく、最後まで安心してお乗りいただけます。

取扱台数日本一*だから軽自動車の在庫も豊富

定額カルモくん 中古車は日本一*の取扱台数を誇ります。さらに毎朝在庫が追加されるので、希望の条件がそろった軽自動車に出合える可能性が高い中古車リースといえるでしょう。
また、軽自動車を中心に、2020年8月以降の登録で走行距離1,000km以下のカーナビ付き高年式車両を特別価格でご用意。台数限定となりますので、気になる方はこちらのバナーからチェックしてみましょう。


* JALAの特別会員・正会員の中で、一般消費者を対象にリースを行う中古車の取扱台数において(2021年7月2日、ステラアソシエ株式会社調べ)

中古車リースで軽自動車に乗れば、予算内でグレードアップも可能!

初期費用がかからず、月額定額制で軽自動車に乗れる中古車リースなら、購入時と同じ予算で、グレードアップした軽自動車や、購入をあきらめた普通車に乗ることも可能になります。
中でも定額カルモくん 中古車は豊富な在庫の中から選べるため、限られた予算でも選択肢が多く、お気に入りの1台がきっと見つかるでしょう。契約満了まで安心して乗れるサポートも充実している定額カルモくん 中古車で、早速軽自動車を探してみましょう。



※この記事の情報は2021年8月時点の情報で制作しています

よくある質問

Q1中古車リースでも軽自動車に乗れる?

A:もちろん乗れます。軽自動車は中古車リースでも人気が高く、豊富な車種の取扱いがあります。高年式で状態がいい軽自動車も多く、新車同然の軽自動車に安く乗れる可能性もあります。

Q2中古車リースでは軽自動車にいくらで乗れるの?

A:中古車リースの定額カルモくん 中古車では、月額10,000円台から乗れる軽自動車の人気車種も豊富にそろっています。高年式で走行距離が少なく、装備も充実した軽自動車などでも多くが月額20,000円台と、カーローンよりもリーズナブルに利用できます。 

Q3中古車リースで軽自動車に乗るときの注意点は?

A:リース会社によっては、走行距離制限やカスタマイズ禁止といった条件があります。また、保障などが十分でなかったり、契約満了時に残価精算が必要だったりすることもあるので、契約前にしっかり確認しておきましょう。