個人向け中古車リースはどこがいい?各社の特徴や人気車種の料金を紹介!

更新日:2022.07.25
個人向け中古車リースについて

元々法人向けのサービスとして利用されてきたカーリースですが、近年では個人向けのサービスも普及してきました。その中で新車リースより手軽な料金で利用できることから、中古車リースも身近な存在となっています。それでは、個人向けの中古車リースとはどのようなサービスなのでしょうか。利用するメリット、リース会社を選ぶポイントなどをご紹介します。

中古車リースは個人で利用できる?

中古車リースは個人で利用できる?

カーリースには法人向けと個人向けのサービスがあり、多くのリース会社が両方のサービスを並行して行っています。それは新車だけでなく中古車も同様で、中古車リースは個人にとっても気軽に車に乗れるサービスとして、身近なものとなっています
まずは、中古車リースを個人で利用する場合のおもな流れをご紹介します。

個人で中古車リースを利用する際の流れ

個人で中古車リースを申し込み、納車されるまでの流れは、次のようになります。
まず、ネット検索で中古車を取り扱うリース会社を探し、その中から契約したい会社をピックアップします。各社のウェブサイトを見て、乗りたい車やプランを検討し、申込み内容を決めたら、審査に申し込みます。
審査に通過したら、申込み内容を再度確認して契約を締結。その後、リース会社で車が準備できたら納車される、という流れになります。
車を購入する場合にはディーラーへの訪問が多くなりがちですが、中古車リースの申込みはネットで完結する場合がほとんどとなっています。

ちなみに、個人向け中古車リースは法人向けと何が違う?

中古車リースは、法人向けも個人向けも基本的なしくみは同じです。
ただし、審査については支払能力の有無が評価されますが、法人では、会社の規模や事業内容、設立年数、売上高などの情報が評価の基になるのに対して、個人では年収や勤務先といった情報が基となります。
必要書類としては法人では決算書や確定申告書のほか、営業許可証などが必要になる場合もありますが、個人では年収や属性、債務履歴などを記載した申込書を基に審査が行われます。
必要書類が少ないという点では、個人のほうが気軽に申込みができるといえるでしょう。

中古車リースを個人で利用するメリット

中古車リースを個人で利用するメリット

中古車リースを個人で利用する際の申込みの流れと、法人リースと基本的なしくみは同じであることをご説明しました。
それでは中古車リースを個人で利用する場合、どのようなメリットがあるでしょうか。購入や新車リースなどとの比較を通して見てみましょう。

月額料金だけでカーライフを始められる

カーローンで車を購入するなら、中古車であっても頭金が必要になる上、登録にかかる諸費用として車両価格の10~20%ほどが必要といわれています。しかし、中古車リースでは頭金が不要な上、登録諸費用も毎月の料金に含まれているため、最初の月から月額料金のみで乗り始めることができます。つまり、まとまったお金を準備する必要がありません。
また、月額料金は毎月定額で、登録諸費用のほか、契約期間中にかかる税金や自賠責保険料も含まれています。不意の出費に備える必要がなく、毎月の定額払いだけで車に乗り続けられるので、家計のやりくりをシンプルにすることができるので安心です。

好きな時間に在庫のチェックや申込みができる

新車リースより負担を抑えて利用できる中古車リースですが、中古車は1台ごとに状態が異なるため、希望に近い車種を見つけるには、こまめに在庫のチェックをするのが望ましいでしょう。中古車リースはウェブサイト上で在庫の確認ができるケースが多く、複数の店舗に出向くことなく希望する車種を見つけることも可能です。

また、リース会社によっては、車体の画像が豊富に見られたり、情報が詳細に記載されていたりします。聞きたいことがあったら、電話やメールで問い合わせることも可能です。さらに、気に入った車があったら、サイト上で料金のシミュレーションができることもあるので、見積もりを取る手間も時間も短縮できます。もし料金に納得できたら、そのまま申込みも可能です。
忙しい方でも空いた時間に車選びから申込みまで済ませられるので、たいへん便利といえるでしょう。

新車よりスピーディーに車を用意できる

新車リースの場合には申込みの後にメーカーに生産を依頼するため、納車まで1~3ヵ月程度かかるのが普通です。人気車種なら半年近くかかることもあります。
しかし、中古車リースはすでにリース会社に在庫があるものを選ぶため、整備・点検が終わればすぐに納車が可能です。特に、急いで車を用意しなければいけないという方には利用価値が大きいといえます。
購入なら納車まで半年近くかかるような人気の車種でも、年式が新しく新車同然の中古車が見つかれば、短い納車期間で乗ることも可能といえるでしょう。


最短4日で納車される中古車リースはこちら

マッハ納車

面倒な手続きも任せられる

中古車リースなら、購入の場合には必要となる車体の登録のほか、定期的に訪れる各種税金や自賠責保険料の支払いなど、さまざまな手続きはリース会社に任せることができます
また車検や修理、メンテナンスの際には、数多くの指定業者のあるリース会社なら、自宅近くの便利な業者を選ぶだけなので楽に済ませることが可能です。
購入した場合では車が必要なくなったら買取りに出したり、廃車にしたりする手間がかかりますが、中古車リースなら契約満了後には車を返却するだけなので最後まで手間がかかりません。

サポートを受けながら中古車に乗れる

中古車は故障がしやすいと思われがちですが、契約の際にはしっかり点検・整備をした車が貸し出されるので、基本的には故障の心配をする必要はありません。
とはいえ、多かれ少なかれ使われてきた車であるため、新車と比べれば部品の消耗による故障が起こりやすいのも事実です。メンテナンス費用をカバーしてくれるプランに加入すれば、費用を気にせずまめにメンテナンスが行えるので、購入した場合よりも車のコンディションを維持しやすいといえます。
相談窓口のあるリース会社なら、利用期間中もさまざまな問い合わせをすることが可能です。車に詳しくない方でも安心でしょう。


サポートが充実している中古車リースを今すぐ知りたい方は、こちら

個人向け中古車リースで利用できる車種と料金

個人向け中古車リースで利用できる車種と料金

個人向け中古車リースで利用できる車種は、リース会社の在庫にあるものとなるので、取扱台数が多いリース会社なら豊富な選択肢から乗りたい車を選ぶことができます。
月額金額は車種やグレードはもちろん、走行距離や車の状態などによって1台ごとに異なる上、オプションの有無によっても変わってきます。
ここでは「おトクにマイカー 定額カルモくん 中古車」を例に、個人向け中古車リースで利用できる車種と料金の目安をいくつかご紹介します。

※掲載の料金は2022年1月現在のものとなり、在庫の状況によりご利用いただけない場合もあります。

購入なら1年待ち!?のスズキ「ジムニー」も最短2週間以内!

ジムニー

※画像はイメージです


スズキ「ジムニー」は軽自動車というコンパクトなボディながらも、世界有数の悪路走破性を持つことで人気を集めるオフロード4WD。2018年発表の4代目となる現行モデルには注文が殺到し、購入の場合には納車まで半年から1年待つ必要があるともいわれています
定額カルモくん 中古車ならこの「ジムニー」が旧モデルなら月額20,000円台、人気の現行モデルでも40,000円台から利用でき、最短2週間以内での納車が可能。こだわりのカスタムが満載の1台を見つけられるかもしれません。


ジムニーの最新情報_中古車

人気の軽自動車ホンダ「N BOX」も月額10,000円台から!

N BOX

2011年のデビュー以来、ボクシーなスタイリングと質感にこだわった走行性能、広くて使い勝手の良い室内空間で、ファミリーカーとして高い支持を集める「N BOX」。新車販売台数で何度も年間1位に輝き、日本で一番売れている車のひとつといわれています。
人気の車種だけに定額カルモくん 中古車での取扱台数も多く、グレードや装備などにより月額20,000円台前半から40,000円台までと幅広いラインナップ。予算に合わせて好みの1台を選びやすくなっています


N BOXの最新情報_中古車

高級ミニバントヨタ「アルファード」ならリセールバリューに期待もできる!

アルファード

※画像はイメージです


「アルファード」は2002年にLLサイズのミニバンとして登場。高級感のあるエクステリアや質の高い居住性、高パフォーマンスのパワーユニットなどが評価され、高級ミニバンの代名詞的な存在となっています。
定額カルモくん 中古車なら、この「アルファード」を月額50,000円台から利用することができます。年式やグレードによっては月額10万円台のものもありますが、メンテナンスプランに加入すれば契約満了時に「車がもらえる」という選択も可能。中古車市場での人気も考えると、売りに出した場合のリセールバリューも期待できます


アルファードの最新情報_中古車


定額カルモくん中古車は取扱台数日本一*。ほかの車種の価格を見たい方はこちら

 取扱台数日本一_中古車


* JALAの特別会員・正会員の中で、一般消費者を対象にリースを行う中古車の取扱台数において(2021年7月2日、ステラアソシエ株式会社調べ)

個人向け中古車リース5社の特徴を比較

定額カルモくん
中古車
A社 B社 C社 D社
月額料金
(ボーナス加算)
10,000円台~
(なし)
5,500円~
(あり)
4,000円~
(なし)
30,030円~
(あり)
5,005円~
(あり)
取扱台数 3,000台以上 400台以上 1,700台以上 約130台 500台以上
契約期間 3~10年で
1年単位で選べる
1~7年で
1年単位で選べる
2~5年 7年(要望に応じて変更可能) 次回車検までの期間
+2年、4年、6年
納車期間 最短2週間以内 最短3週間 未公開 最短14日程度 最短1ヵ月
特徴 全車に車検2年と
故障保証1年付き
全車に故障保証1年付き 全車に故障保証1年付き 輸入車のみの取扱い 全車に故障保証1年付き

※料金や取扱台数は2021年1月21日時点の情報です

個人向け中古車リースのサービスを行っているリース会社は数多くありますが、リース会社によってサービス内容は異なるので、注意が必要です。
そこで、定額カルモくん 中古車など5社のサービス内容を月額料金、取扱台数、契約期間などの面から比較してみましょう。

月額料金

表中の料金はA社、C社、D社では、ボーナス加算がある場合のものなので月々の支払額が抑えられています。各社ともボーナス加算のない月々均等払いも選択できますが、その分月額料金は高くなってしまうので注意しましょう。
定額カルモくん 中古車はボーナス払いの設定がないので、年間を通して毎月10,000円台からの料金のみで利用が可能です
B社の表中の料金は、頭金、ボーナス払い0円の月々定額プランの場合で、購入に関わる税金(消費税は除く)・保険料・自動車リサイクル料金・その他登録に伴う費用は別途かかります。また、ほかの支払いプランも相談可能となっています。

取扱台数

定額カルモくん 中古車は取扱台数日本一*を誇っており、3,000台以上の豊富な台数から中古車を選ぶことができます。B社も1,700台以上と取扱台数が豊富ですが、メーカー系列の中古車リースのため、取り扱う中古車のほとんどは自社の車となります。
A社は400台以上、C社は約130台、D社は500台以上となっています。

契約期間

定額カルモくん 中古車は、3~10年のあいだから1年単位で選ぶことができます。
A社は、1~7年のあいだから1年単位で選ぶことができます。また、数ヵ月という短期で中古車リースを利用したい方のため、最短1ヵ月からひと月単位で契約ができる別サービスも用意しています。
B社は2~5年から選ぶことが可能。C社は標準の契約期間は7年ですが、要望に応じて変更することも可能としています。
D社は、リース期間を2年、4年、6年から選ぶことができ、それに次回車検までの期間を加えたものが契約期間となります。ただし、次回車検までの期間を含めて最長7年までしか契約することができません。

納車期間

定額カルモくん 中古車は、契約から最短2週間以内と、かなり短い期間での納車が可能です。すぐに車が必要な方にとってはうれしいサービスといえます。
A社は最短3週間、C社は最短14日程度、D社は最短1ヵ月での納車としており、いずれも新車リースと比べれば短い期間での納車が可能となっています。

各社の特徴

定額カルモくん 中古車は、すべての車に1年の故障保証に加えて2年の車検がついており、手厚いサポートということができます。
A社でもすべての車に1年間の故障保証がついており(ただし低年式・過走行車は対象外)、有料で最大3年間まで保証期間延長が可能。また、保証期間内であれば走行距離が無制限となります。
B社は、すべての車に走行距離無制限の1年間保証付き。追加料金でプラス1年またはプラス2年まで保証期間が延長できるオプションもあります。
D社はすべての車に1年の故障保証付き。希望により全期間保証付きにすることも可能です。
C社では、厳選された輸入車のみの取扱いがユニークといえます。

*JALAの特別会員・正会員の中で、一般消費者を対象にリースを行う中古車の取扱台数において(2021年7月2日、ステラアソシエ株式会社調べ)

個人向け中古車リースの上手な選び方

個人向け中古車リースの上手な選び方

リース会社によって、個人向け中古車リースのサービスもさまざまであることがおわかりいただけたかと思います。それでは、個人向けの中古車リースを選ぶ際には、どのようなことに注意すればよいでしょうか。
以下のような点を頭に入れて、ニーズに合った個人向け中古車リースを選ぶようにしましょう。

月額料金に含まれる費用やボーナス加算の有無を確認する

月額料金の安いリース会社に飛びついてしまいたくなりますが、月額料金に必要な項目が含まれているかしっかり確認するようにしましょう。
またボーナス加算の有無によって、月額料金は大きく変わります。ボーナス加算がある場合は月々の支払いは少なくて済みますが、年2回のボーナス月の支払いはその分高額になるので、結果的には負担が増してしまうこともあります。ボーナス月の支払額も含めたトータルの金額で比較することをおすすめします。

希望の車種やプランがあるリース会社を選ぶ

乗りたい車があるかどうかは、中古車リース選びの大きなポイントです。取扱台数の多いリース会社から探すようにしたほうが、希望に合った車種が見つけやすいのはいうまでもありません。
また、メンテナンスや支払方法など、希望に合ったプランがあるかどうかもチェックするようにしましょう。

保証やサポートが充実しているかを確認する

万が一の場合を考えて、故障保証がついていることを確認するようにしましょう。修理の対象範囲が広く費用が上限なしで利用でき、故障の際に連絡がしやすいものがおすすめです。
また、リース契約や車のお悩みなどに関して広く問い合わせができる相談窓口があるなど、サポート体制が充実しているリース会社ならさらに安心といえます。

契約満了時の精算や車の取扱いにも注意

一般的に中古車リースでは、契約満了時の車両の価値である「残価」をあらかじめ設定し、車両本体価格から差し引いた金額で料金を算出していますが、契約満了時に実際の残価が設定残価を下回ってしまうと、差額の支払い(残価精算)を求められることがあります。
また、リース会社によっては月々の走行距離に制限が設けられていますが、規定の距離を超えてしまうと、超過料金を請求されてしまうこともあります。
そこで、残価精算や走行距離制限のないリース会社のほうが、最後まで安心して利用できるといえます。
また、契約が満了したら「乗っていた車をもらえる」選択ができる中古車リースもあるので、事前に確認するといいでしょう。

個人向け中古車リースなら定額カルモくん 中古車がおすすめ!

カルモ中古車

個人向け中古車リースを利用するなら、定額カルモくん 中古車を検討してはいかがでしょうか。初期費用ゼロで気軽にカーライフが始められる上、毎月定額払いでサポートも充実。残価精算や走行距離制限がないので、契約満了時まで安心して車に乗ることができます。
ここでは、定額カルモくん 中古車の魅力を見てみましょう。

専門家も認める価格とサポート

3冠獲得

定額カルモくん 中古車は、専門家が選ぶカーリースの調査で3冠を獲得*¹した「おトクにマイカー 定額カルモくん」の中古車部門です。コストパフォーマンスの高さ、納得の価格、サポートの充実度で第1位と、専門家から高い評価を受けています。
毎月の支払額がリーズナブルな上、すべての車に2年の車検と1年の故障保証がついていて安心。専任のマイカーコンシェルジュがLINEや電話、メールで無料の相談に応じており、車に関するお悩みがあったら気軽に問い合わせることも可能です。

取扱台数日本一*²で選択肢も豊富!

取扱台数日本一*²を誇る定額カルモくん 中古車には、車種やグレードなどの選択肢が豊富にそろっています。在庫は毎朝追加されるので、こまめにウェブサイトにアクセスして乗りたい車を探してみてください。
初度登録年月が新しい「高年式中古車」に月額10,000円台から乗ることもできるので、新車に近いコンディションの中古車をお探しの方も要チェックです。

メンテナンス費用も定額にできる

定額カルモくん 中古車では、車検点検料や法定点検料、消耗品の交換をカバーするメンテナンスプランをオプションで用意しています。プランの費用は月額料金に含めて定額で利用することが可能。突発的な出費に悩まされることがないので、安心です。
メンテナンスプラン加入時に「車をもらう」を選択すれば、契約満了後にそのまま車をもらうこともできます。

*¹ 調査方法:インターネット調査 調査期間:2021年2月12日~15日 調査概要:カーリース10社を対象にしたイメージ調査 調査対象:男女、全国、18~69 歳、運転免許保有、(1)(2)週1回以上運転するファイナンシャルプランナー176s、(3)カーディーラー勤務者297s 調査実施:株式会社ショッパーズアイ 比較対象企業:「カーリース」Google 検索9社(2021年1月29日10 時時点)※広告、まとめサイトなどを除く
*² JALAの特別会員・正会員の中で、一般消費者を対象にリースを行う中古車の取扱台数において(2021年7月2日、ステラアソシエ株式会社調べ)

個人向けの中古車リースを賢く利用しよう

個人向けの中古車リースは、審査方法などの一部を除けば法人向けリースと同じようなしくみで、新車リースよりも手軽な料金で利用できるサービスです。自宅にいながら車選びから契約まで済ませることができ、まとまった資金がなくても気軽に始めることが可能です。毎月定額の支払いでサポートが充実しているなど、さまざまなメリットがある個人向け中古車リースを、賢く利用してはいかがでしょうか。

※この記事は2022年1月時点の情報で制作しています

よくある質問

Q1個人向け中古車リースは法人向けと何が違う?

A: 中古車リースの基本的なしくみは、個人向けも法人向けも同じです。ただし、支払能力の有無が評価される審査においては、会社の規模や事業内容、売上高などの情報が評価の基になる法人に対して、個人では年収や勤務先といった情報が基となります。必要書類が少ないという点で、個人のほうが気軽に申込みができるといえるでしょう。

Q2個人向け中古車リースで取り扱っている車種は?

A: 中古車リースでは、軽自動車、コンパクトカー、ミニバン、セダン、SUVなど、さまざまな車種が取り扱われており、新車では手に入らない旧式の人気車種にも出会える可能性があります。ただしリース会社の在庫によるため、なるべく取扱台数の多いリース会社からチェックするといいでしょう。

Q3おすすめの個人向け中古車リースを教えて!

A:定額カルモくん 中古車がおすすめです。取扱台数日本一*で希望の車種が見つけやすい上、メンテナンスを月額料金に含められるプランがあるので、不意な出費を心配する必要もありません。1年の故障保証もあり、無料で相談できるマイカーコンシェルジュも在籍しており、サポート体制も充実しています。

*JALAの特別会員・正会員の中で、一般消費者を対象にリースを行う中古車の取扱台数において(2021年7月2日、ステラアソシエ株式会社調べ)

この記事の執筆者


伊藤 真二
監修者、編集者、ライター

伊藤 真二

ファイナンシャルプランナー。介護福祉士資格を所有していることから、老後の暮らしや節約・資産運用など、安心できる未来、無駄のない今を生きるためのご提案を多く行う。 また、ニュースメディア、採用メディア、自動車メディアなどのライター・編集者の経験から記事執筆・監修も広く行っている。