おすすめの中古車リースはどこ?新車リースとの違いや選び方のポイントを解説!

更新日:2022.02.27
おすすめの中古車リースについて

月額定額制でマイカーのように車を利用できるとして注目を集めているカーリース。中でも中古車リースは、新車リースより費用負担を抑えやすい上、新車同然の車を利用できるケースもあることから人気を集めています。
ただ、費用や利用中のサポートはリース会社によって異なります。
そこで、安く安心して利用できるおすすめの中古車リースを、中古車リースのメリットやデメリットと併せて解説します。


おすすめの中古車リースをすぐに知りたい方はこちら


中古車リースが購入や新車リースよりおすすめの理由

中古車リースが購入や新車リースよりおすすめの理由

中古車リースは、リース会社が所有する中古車を定額制で借りられる車のサブスクリプションサービスです。
中古車購入や新車リースに比べ、中古車リースは次のようなおすすめの理由があります。

中古車リースが中古車購入よりおすすめの理由

中古車リースが中古車購入よりおすすめの理由のひとつに、費用面が挙げられます。
車は乗り始めも維持する上でもさまざまな費用がかかりますが、中古車購入と中古車リースでは、おもに次のような違いがあります。

●乗り始めの費用
中古車でも、購入する場合には車両本体価格のほかに初期費用がかかります。
初期費用とは税金や車の登録に必要な手数料などで、車両本体価格の10~20%ほどが必要になります。
また、購入する車両が遠方にある場合は取り寄せるための陸送費、車検が切れていたり整備が必要なコンディションだったりする場合は車検費用や整備費用など、購入する車の状態によっては初期費用が高額になることもあります。

その点中古車リースは、税金や登録諸費用が月額料金に含まれているため、費用負担を抑えて中古車に乗り始められます。月額料金に含まれる項目はリース会社によって異なりますが、「おトクにマイカー 定額カルモくん 中古車」では、各種税金や自賠責保険料、手数料のほか、陸送費なども含まれていることから、遠方にある中古車でも初月の負担は月額料金だけ
さらに、すべての車に車検が2年がついてくるほか、しっかりと整備された中古車が用意されるので、車検費用や整備費用の心配もありません

●維持する上での費用
中古車は新車に比べて故障のリスクが高く、維持する上で修理やメンテナンスの費用がかかりやすい傾向があります。
中古車では販売店による故障保証がついているケースも多いですが、保証期間は半年~1年程度で、その後の修理やメンテナンスは実費となります。さらに、保証される範囲も限られているため、車の状態によっては購入直後からまとまった出費が必要になる場合もあります。
また、車検が残っている中古車を購入した場合でも、車検の有効期限が短い場合は、購入からほどなくして車検費用を負担することになります。車検費用は年数が経った車ほど高額になりやすいので、購入した中古車の年式によっては大きな負担になる可能性があります。

中古車リースでも利用開始から一定期間の故障保証制度を設けているところが多く、定額カルモくん 中古車では全車に1年の故障保証がついてきます。しかも修理費に上限はなく、24時間365日故障受付に対応しているので、もしものときも安心です。
さらに中古車リースでは、メンテナンスプランに加入することで、故障保証の期限を過ぎた後もメンテナンス費用を抑えることが可能です。例えば定額カルモくん 中古車の場合は、車検基本料や法定12ヵ月点検費用のほか、エンジンオイルやオイルフィルターの交換費用、プランによってはエアコンフィルターやブレーキオイル、ブレーキパッドの交換費用、タイヤやバッテリーの交換工賃なども定額になります。
車検も2年ついてくることから次の車検まで余裕がある上、メンテナンスプランに加入していれば、車検費用のほとんどを定額料金でまかなえるので、車検の際も大きな出費に悩まされる心配がありません。

中古車リースが新車リースよりおすすめの理由

中古車リースも新車リースも、リース会社が所有する車を定額制で利用するといったしくみ自体は同じです。それでも中古車リースがおすすめの理由として、おもに次のようなものが挙げられます。

●中古車リースは車両本体価格が安い
カーリースでも購入時と同様に、新車よりも中古車のほうが車両本体価格を抑えられます。その上カーリースでは、契約満了時の想定下取り価格である残価を車両本体価格から差し引くため、中古車ではより安く利用できる可能性があります。
なお、中古車とは製造後に新規登録をされたことがある車を指すので、初度登録からあまり期間が経っていない高年式車両や、走行距離が1,000kmにも満たない車など、新車とほとんど変わらない状態の車も中古車として扱われる場合があります。そのような中古車は残価も高くなりやすく、よりお得に利用できるでしょう。

●装備が充実した車を安く利用できる
新車リースは新車購入時と同様にオプションを自由に選べるため、自分好みの車両を用意できます。ただし、オプションをつければその分費用もかさみます。その点中古車リースは、サンルーフやエアロ仕様、カーナビやETCといったオプションがすでについた状態なので、新車リースよりも総額が抑えやすい傾向があります。
予算を基に車選びを行う場合も、オプション追加に伴って費用が変わる新車リースより、それらが含まれた状態で月額料金が提示されている中古車リースのほうが予算内の車を選びやすいでしょう。

●中古車リースならモデルチェンジ前の車も選べる
新車リースは契約後に車を発注するので、利用できる車は現行モデルとなります。一方中古車リースはすでにある車の中から選ぶため、車種によってはモデルチェンジ前の車を選ぶことも可能です。
人気が高かったモデルやすでに廃番の車種に乗れる可能性があるほか、マイナーチェンジなどで見た目や性能がほとんど変わらない車種を中古車リースの価格で利用できるといったメリットもあります。

●短期利用もできる
新車リースは数年単位での利用が一般的ですが、中古車リースの中には、1ヵ月から月単位での利用が可能なところもあります。出張や病院の送迎などで数ヵ月だけ車を利用したいときに、中古車リースならレンタカーより安く必要な期間だけ車を用意することができます。

●中古車リースは納車が早い
新車リースは契約から納車までに1~2ヵ月ほどかかります。人気車種や選択したオプションによっては、それ以上の期間を要することもあります。
その点中古車リースはすでに車があるため、点検や整備が終わればすぐに利用を開始できます。中古車リースの納車期間は概ね契約から2~3週間ほどですが、定額カルモくん 中古車では、一部の人気車種で最短4日での納車も可能です。


マッハ納車

利用前に知っておきたい中古車リースのデメリット

利用前に知っておきたい中古車リースのデメリット

中古車購入や新車リースよりも費用を抑えやすく、納車も早いなどおすすめできるメリットが豊富な中古車リースですが、車をどのように利用したいかによっては、デメリットになる特徴もあります。中古車リースの利用を検討する際は、事前にデメリットも理解しておきましょう。
なお、最近ではデメリットをカバーできるプランやサービスを用意している中古車リースもあります。中古車リース選びに役立つデメリットをカバーする方法と併せて、中古車リースのデメリットを見ていきましょう。

選べる車種が限られる

中古車リースはすでにある在庫の中から利用したい車を選ぶため、新車リースに比べて選べる車種が限られてしまいます。そのため、欲しい車種や、グレードやボディカラーなどの条件が決まっている場合は、希望の車種を見つけるのに苦労する場合があります。

できるだけスムーズに希望どおりの車を見つけるには、取扱台数の多い中古車リースを利用するのがおすすめです。
定額カルモくん 中古車は日本一の取扱台数*で、さらに毎朝在庫が追加されるため、こまめにチェックすることで理想に近い車を見つけられる可能性が高まります。

* JALAの特別会員・正会員の中で、一般消費者を対象にリースを行う中古車の取扱台数において(2021年7月2日、ステラアソシエ株式会社調べ)

メーカー保証が切れている場合がある

車は新車登録から数年のあいだ、部品を無料で交換してくれるメーカー保証がついています。
保証期間は、消耗品を除く部品全般が対象の一般保証は新車登録から3年または走行距離60,000kmに達するまで、走行性能や安全性能に関する部品が対象の特別保証は新車登録から5年または走行距離が10万kmに達するまでとなっているため、中古車リースでは、選ぶ車によってはメーカー保証が切れている可能性があります。

このようなデメリットは中古車購入でも同じですが、中古車リースの場合は、メンテナンスプランをつけることで費用負担を抑えることが可能です。メンテナンスプランの内容はリース会社によって異なるため、定額カルモくん 中古車のように、多くの項目が含まれているメンテナンスプランを用意した中古車リースを選ぶことをおすすめします。

契約期間が短い場合がある

中古車は新車よりも耐用年数が短いことから、中古車リースも契約可能期間は新車リースより短くなります。あらかじめ利用したい期間が決まっている場合や、できるだけ長期での利用を検討している場合は、リース会社によっては希望の年数に満たない可能性があります。
そのため、中古車リースの利用を検討するときは、各社の利用可能年数を事前に確認しましょう。
なお、高年式車両は耐用年数も新車と大きく変わらないことから、長期的な利用が可能な場合もあります。定額カルモくん 中古車の場合、一般的な契約可能期間は8年までとなっていますが、一部の高年式車両では10年の契約が可能です。

途中で故障した場合は残りのリース料や違約金を請求されることがある

中古車は新車に比べて故障などのリスクが高い傾向があり、リース車であっても、契約満了に達する前に故障によって車が利用できなくなる可能性はあります。
一般的に、カーリースは中途解約が認められていないため、契約途中で車が壊れて乗れなくなってしまった場合は、残りのリース料や違約金を請求される場合があります。
そのようなリスクを抑えるには、メンテナンスプランの加入がおすすめです。
中古車リースは事前に整備を行った車両を貸し出す上、定額カルモくんなら1年の故障保証がついているので、利用開始直後に故障やトラブルに見舞われる可能性は低いですが、保証期間が過ぎた後も、メンテナンスプランに加入しておけば、費用の負担を抑えて定期的なメンテナンスが行えて、故障のリスクを減らすことができます

中古車リースがおすすめなのはどのような方?

中古車リースがおすすめなのはどのような方?

中古車リースは特徴を理解して利用することで、経済的に車に乗れるおすすめの利用方法です。
中でも次のような方には、中古車購入や新車リースよりもおすすめの方法といえるでしょう。

〈中古車リースがおすすめの方〉
・中古車に抵抗がない方
・費用を抑えて車を利用したい方
・グレードやボディカラー、オプション装備にあまりこだわりがない方
・短期間だけ車を必要としている方
・ローンを組まずに車に乗りたい方
・できるだけ早く車が欲しい方
・修理やメンテナンスの費用を心配せずに中古車に乗りたい方
・旧型モデルで欲しい車種がある方
・オプション選びなどは面倒だけどそれなりに充実した装備が欲しい方
・あまり車に詳しくなく、もしものときにも安心のサポートが欲しい方

中古車リースを選ぶ際のポイント

中古車リースを選ぶ際のポイント

近年の人気に伴い、中古車リースを提供する会社は増えてきています。ただし、料金設定やサービス内容、取り扱う車種などはリース会社によって異なるため、リース会社を選ぶ際は、いくつかのポイントを押さえて検討することが大切です。
中古車リースを選ぶ際に押さえておきたいポイントは、次の4つです。

1. 月額料金に含まれる項目

中古車リースは通常、車両本体代金とは別に必要になる諸費用が月額料金に含まれているため、月々定額での利用が可能となっています。ただし、月額料金に含まれる項目はリース会社によって異なるため、含まれる項目が少ない場合は、月額料金自体は安くても、それ以外に必要な費用が高額になるおそれがあります。
中古車リースを選ぶ際は、月額料金にどのような費用が含まれているかしっかり確認しましょう。

なお、定額カルモくん 中古車では以下の費用が含まれるため、月額料金以外に必要な費用は車検基本料やメンテナンス費用、駐車場代、燃料費程度に抑えられます。メンテナンスプランをつければ車検基本料やメンテナンス費用も定額になるので、自己負担をより抑えて利用できるようになります。

●定額カルモくん 中古車の月額料金に含まれる費用
・中古車本体価格
・自賠責保険料(期間分)
・環境性能割
・自動車税(種別割)(期間分)
・自動車重量税(期間分)
・整備費用
・登録費用
・車庫証明手続代行費用
・仲介手数料
・保証料
・納車陸送費
など

2. 取扱台数の多さ

中古車リースは各社が所有する中古車から利用車種を選ぶので、リース会社が在庫として持っている取扱台数によって選択肢が変わってきます。そのため、欲しい車や譲れない条件が決まっている場合は、取扱台数が多いリース会社の利用をおすすめします。
欲しい車が決まっていない場合でも、中古車は1台ごとに状態が異なるだけに、取扱台数の多いリース会社のほうが良好なコンディションの中古車を見つけられる可能性が高まります。
なお、取扱台数日本一*で毎朝在庫が追加される定額カルモくん 中古車なら、同じ車種でも選択肢が豊富にあり、グレードや追加装備、年式や走行距離などのこだわりに合わせた車選びが楽しめるでしょう。

* JALAの特別会員・正会員の中で、一般消費者を対象にリースを行う中古車の取扱台数において(2021年7月2日、ステラアソシエ株式会社調べ)

3. 保証やサポート面の充実度

中古車は新車に比べて故障リスクが高いだけに、保証やサポートが充実しているかどうかは、中古車リースを利用する上での安心感や快適性を大きく左右します。
定額カルモくん 中古車の場合、全車に車検2年と故障保証1年がついているほか、メンテナンスプランの加入で定期的なメンテナンスが行いやすくなり、良好なコンディションを維持しやすくなります。
また、中古車リースや車のトラブルなどを無料で相談できるマイカーコンシェルジュも在籍しており、電話やメール、LINEで気軽に相談することができるほか、車検の時期に案内が来たり、契約者専用アプリでさまざまなサポートが受けられたりと、車に詳しくない方でも安心して利用できるサービスがそろっています

4. 契約年数の長さ

中古車リースの契約可能期間はリース会社によって異なります。リース会社によってはあらかじめ契約できる期間が決められている場合もあるので、自身の希望する年数の利用が可能か、事前に確認しておきましょう。
なお、カーリースは総額を契約月数で割って月額料金を算出するため、月々の負担を抑えたいなら、長期契約が可能な中古車リースがおすすめです。
ただし、年式の古い中古車の場合は契約期間の途中で乗れなくなる可能性もあるので、契約年数は耐用年数を考慮して検討する必要があります。定額カルモくん 中古車は、原則として3~8年のあいだで1年単位の契約となっていますが、車両の年式や状態に合わせて、最長が8年未満になっていたり、最長10年の利用が可能だったりと、無理のない契約ができるように配慮されています。

おすすめの中古車リースはどこ?

カルモくん_中古車ロゴ

中古車リース選びのポイントを押さえた上で、数ある中古車リースの中で最もおすすめなのは、取扱台数が日本一*多く、保証やサポートが充実している上、月額料金以外の負担も抑えながら希望に合わせた利用が可能な「おトクにマイカー 定額カルモくん 中古車」です。
定額カルモくん 中古車は月額10,000円台からとリーズナブルに利用できる上、ここまでご紹介してきた以外にも、おすすめできる次のようなメリットがあります。

* JALAの特別会員・正会員の中で、一般消費者を対象にリースを行う中古車の取扱台数において(2021年7月2日、ステラアソシエ株式会社調べ)

頭金なし、ボーナス払いなしの完全定額制

定額カルモくん 中古車では、頭金もボーナス払いも必要ありません。乗り始めから契約満了時まで定額での利用が可能です。
なお、定額カルモくん 中古車では、契約満了時の車両の状態と契約時に設定した残価との差額を精算する「残価精算」も行わないため、返却時に高額な差額を請求される心配もありません

走行距離制限なし!車がもらえるプランもある

中古車リースでは、契約満了時の車の価値を担保するために、走行距離制限を設けているのが一般的です。しかし定額カルモくん 中古車には走行距離制限がありません
さらに、メンテナンスプランに加入するだけで契約満了時にそのまま車をもらうことも可能です。
返却の手間もなくなる上、いずれ自分の車になるため、カスタマイズも自由に行えます。

お得に利用できる高年式車両が豊富

中古車市場において、年式の浅い高年式車両や走行距離が短い車両は高額になる傾向があります。そのような車は中古車リースでも月額料金が高くなりがちですが、定額カルモくん 中古車では、高年式で低走行距離の人気車種を、台数限定で特別価格にてご用意しています。
また、急いで車が欲しいけれど車種や年式にはこだわりたいという方には、高年式で低走行距離の人気車種が最短4日で納車される「マッハ納車」もおすすめです。


台数限定!特別価格のプランについて詳しくはこちら

高年式の車を探す

おすすめの利用方法は自身に合った中古車リースを選ぶこと

おすすめの利用方法は自身に合った中古車リースを選ぶこと

中古車リースは購入や新車リースよりも費用を抑えて車に乗れる上、高年式車両であれば新車同様の車に安く乗ることも可能です。ただし、料金設定や選べる車種、契約可能期間、利用中の保証やサポートなどはリース会社によって異なるため、事前にしっかりと確認して、自身の希望に合った中古車リースを選びましょう。


中古車_詳しくみる

※この記事は2021年12月時点の情報で制作しています

よくある質問

Q1中古車リースがおすすめの理由は?

A: 中古車リースは定額制で中古車に乗れる車のサブスクリプションサービスです。初期費用や維持費の一部が不要なので中古車購入よりも費用負担が抑えやすく、リーズナブルに中古車に乗れます。新車リースと比べても安く利用できるほか、納車が早い、新車では手に入らないモデルを利用できるといったメリットもあります。

Q2中古車リース選びのポイントは?

A:中古車リースはリース会社によって特徴が異なるため、月額料金に含まれる項目、取扱台数、保証やサポートの充実度、契約可能期間などが自身の希望に沿っているかをしっかり確認することが、上手な中古車リース選びのポイントです。

Q3おすすめの中古車リースは?

A:選べる車種が豊富で、サポートも充実している定額カルモくん 中古車がおすすめです。定額カルモくん 中古車は走行距離制限がなく、メンテナンスプランに入れば契約満了時に車をもらえるなど、独自のサービスも豊富な中古車リースです。