おすすめの中古車リースはどこ?5社の特徴や注意点、リアルな口コミを紹介

更新日:2022.05.30
おすすめの中古車リースについて

中古車リースは、新車リースに比べて費用負担を抑えやすい上、納車も早いことから人気を集めています。ただ、料金設定やサービス内容はリース会社によって異なるため、見るべきポイントを事前に押さえて、しっかりと比較検討することが大切です。

そこで、おすすめの中古車リースの特徴と併せて、5社のサービス内容を比較しながら選び方のポイントを確認していきましょう。また、実際に中古車リースを利用している方の声もご紹介します。



【この記事のポイント】
✔中古車リースは会社によってサービス内容がまったく異なる
✔おすすめの中古車リースは月額料金に多くの費用項目が含まれているところ
✔諸費用込みの月々20,000円以下で故障保証・車検付きの中古車に乗れるサービスがおすすめ

中古車リースはどのような会社がおすすめ?

中古車リースはどのような会社がおすすめ?

中古車リースは、サービスを提供する会社によって料金設定や取扱台数など、さまざまな点が異なります。そのため、リース会社を比較する際は、どのような中古車リースがおすすめなのかを知っておくと、それが判断基準のひとつとなり、会社選びをスムーズに進められます。
ここでは、おすすめの中古車リースの5つの特徴を見ていきましょう。

おすすめの中古車リース1. 月額料金が安く、含まれる費用項目が多い

中古車リースの月額料金には、車両本体価格のほか、各種税金や自賠責保険料など、車に乗るために必要な諸費用が含まれているのが一般的です。ただし、月額料金に含まれる項目はリース会社によって異なり、月額料金は安くても、含まれる項目が少ない場合もあります

そうなると、月額料金とは別にさまざまな諸費用を自身で支払うことになり、トータルの出費がかさんでしまう可能性もあるため注意が必要です。

中古車リースを選ぶ際は、月額料金の安さだけでなく、月額料金にどのような費用が含まれているのかも確認した上で、トータル的にコストを抑えられる会社を選ぶようにしましょう。

おすすめの中古車リース2. 取扱台数が多い

中古車リースでは、各社が所有する中古車の中から利用したい車を選ぶので、リース会社が在庫として持っている中古車によって選択肢が変わってきます。そのため、欲しい車種や譲れない条件が決まっている場合は、希望に近い中古車を見つけやすい、取扱台数が多いリース会社の利用をおすすめします

欲しい車が決まっていない場合でも、中古車は1台ごとに状態が異なるだけに、取扱台数の多いリース会社のほうが良好なコンディションの中古車を見つけられる可能性が高まります。



取扱台数日本一*で毎朝在庫が追加される「おトクにマイカー 定額カルモくん 中古車」なら、同じ車種でも選択肢が豊富にあり、グレードやオプション装備、年式や走行距離などのこだわりに合わせた車選びが楽しめます。


月々1万円から_定額カルモくんについて知る


* JALAの特別会員・正会員の中で、一般消費者を対象にリースを行う中古車の取扱台数において(2021年7月2日、ステラアソシエ株式会社調べ)

おすすめの中古車リース3. 保証やサポートが充実している

中古車は新車に比べて、どうしても故障リスクが高くなってしまいがちです。そのため、故障保証がついていたり、何かトラブルが起きてもすぐに相談できたりする環境が整っているリース会社を選んでおくと、もしものときでも慌てずに済みます。

また、中古車リースでは納車後すぐ乗り始められるよう車検がついているのが一般的です。しかし、車検の有効期限は中古車によって異なり、有効期限間近の中古車の場合は、乗り始めてすぐに車検時期を迎えてしまいます。中古車リースの月額料金には、車検基本料が含まれていないケースが多いため、このような場合は負担が大きくなってしまうでしょう。

そのため、車検の有効期限を事前に確認し、できれば車検が2年近くついた状態の中古車を選ぶか、すべての中古車に車検が2年つけられている中古車リースを選ぶのが得策です。

おすすめの中古車リース4. 契約期間を長めに設定できる

中古車リースの契約可能期間はリース会社ごとに異なります。リース会社によってはあらかじめ契約できる期間が決められている場合もあるので、自身の希望する年数の利用が可能か、事前に確認しておきましょう。

なお、中古車リースでは車両本体価格にさまざまな諸費用を加えた総額を契約月数で割って月額料金を算出するため、月々の負担を抑えたいなら、長期契約が可能な中古車リースがおすすめです。

ただし、年式の古い中古車の場合は契約期間の途中で乗れなくなる可能性もあるので、契約年数は耐用年数を考慮して検討する必要があります。車の状態などから1台ごとに契約可能期間を設定している中古車リースを選べば、そのようなトラブルを抑えやすいでしょう。

おすすめの中古車リース5. 納車期間が短い

中古車リースは、新車リースと違ってすでに在庫があるため、納車が早い点がメリットです。しかし、この納車期間もリース会社によって異なり、3週間程度かかってしまうことも珍しくありません

少しでも早く車が欲しい場合は、数日で納車してくれるサービスがある中古車リースを選ぶのがおすすめです。



定額カルモくん 中古車には、最短4日*で高年式かつ低走行距離の中古車が届く「マッハ納車」があります。ホンダ「N BOX」やスズキ「アルト」、ダイハツ「タント」など、状態の良い人気車種を大至急届けてくれるサービスなので、急いでいる方は早速下のバナーよりチェックしてみてください。


マッハ納車


* 対象車種や地域により納車までの日数が異なる可能性があります

おすすめの中古車リースはどこ?5社を比較

定額カルモくん 中古車 A社 B社 C社 D社
月額料金
15,000円程度~
13,000円程度~
10,000円程度~
10,000円以下~
10,000円程度~
月額料金に含まれる料金
自動車税(種別割)(期間分)
自賠責保険料(期間分)
環境性能割
×
自動車重量税(期間分)
整備費用
×
×
登録費用
車庫証明手続代行費用
×
×
×
×
仲介手数料
×
×
×
×
保証料
×
×
×
×
納車陸送費
×
車検基本料
×
×
×
メンテナンス費用

※メンテナンスプラン加入で定額

※メンテナンスプラン加入で定額

※メンテナンスプラン加入で定額

×
取扱台数
約3,000台
約450台
約900台
約850台
約250台
保証・サポート
1年間の故障保証付き

LINE、メール、電話で相談可能

1年間の故障保証付き

メール、電話で相談可能

1年間の故障保証付き

メール、電話で相談可能

1年間の故障保証付き

メール、電話で相談可能

消耗品を除くすべての部品を1ヵ月保証

電話で相談可能

契約期間
3~10年

1年単位で選べる

1~7年

1年単位で選べる

6年
2〜6年程度
4・6年
納車期間
最短4日*
最短3日
約3週間程度
約3週間程度
約3週間程度

※含まれる〇、含まれない×、条件によって含まれる△
* 対象車種や地域により納車までの日数が異なる可能性があります
※2022年5月22日時点の情報です。各社料金はボーナス払いなしの場合となります

おすすめの中古車リースの特徴を踏まえた上で、さらに各社のサービス内容をしっかりと比較していくと、より自身の条件に合った中古車リースを見つけやすくなります。ここでは、定額カルモくん 中古車を含む5社のサービス内容について見ていきましょう。

月額料金

月額料金はC社が最も安くなっていますが、月額料金に含まれる項目は、定額カルモくん 中古車が最も多いことがわかります。それでも月額料金は15,000円程度から利用できるため、自己負担額との総額で比べた際に他社よりコストを抑えられる可能性があります。

中古車リースを比較する際は、月額料金だけでなく、含まれていない項目の自己負担が発生することも想定して、一番負担を抑えられる会社はどこか判断する必要があります。

月額料金に含まれる項目

法定費用は5社すべての月額料金に含まれていますが、A社とB社では車検基本料も月額料金に含まれています。月額料金に車検基本料が含まれていない場合は、自身で車検基本料を負担した場合の費用を月額料金にプラスして、総額でいくらになるのかをシミュレーションした上で判断するようにしましょう。

なお、車検基本料やメンテナンス費用が定額になるオプションプランを用意している中古車リースなら、自己負担を抑えることが可能になります。月額料金に含まれる項目と併せてチェックしておきましょう。

取扱台数

取扱台数は、定額カルモくん 中古車が圧倒的に多いことがわかります。また、B社とC社は同程度の取扱台数であるものの、B社は国産車に加えて輸入車も選べる一方、C社は国産車のみの選択となるなど、取り扱う車種に違いがあります。

このように、中古車リースを比較する際は取扱台数だけでなく、その台数の中でどのような車を選べるのかも確認することが大切です。

保証・サポート

中古車リースでは使用歴のある車に乗ることになるため、故障保証の有無は非常に重要なポイントです。

ほとんどの中古車リースが1年間の故障保証をつけていますが、保証期間が過ぎた後も故障などに備えられるメンテナンスプランの有無や料金、さらにメンテナンスプランに含まれる項目も比較した上で、判断するといいでしょう。

契約期間

中古車リースの月額料金は、契約期間が長いほど安くなります。そのため、最長10年まで契約可能な定額カルモくん 中古車なら、よりリーズナブルな料金で利用できる可能性があるといえます。
逆に、短期利用を検討しているなら、A社やC社のように1年や2年から利用できる中古車リースがおすすめです。

なお、契約可能期間は各社で異なり、中には最初から年数が決まっているところもあります。自身が希望する車の乗り方に見合う年数での契約が可能かも、事前に確認しておきましょう。

納車期間

納車期間については、3週間程度かかる会社が多くなっていますが、定額カルモくん 中古車やA社のように数日で納車可能な中古車リースもあります。

ただし、実際の納車期間は車種によって異なるケースもあり、遠方の場合は通常よりも納車期間が長くなる可能性も高いので、納車日の希望がある場合は事前に詳細な日数を確認しておきましょう。

中古車リースが中古車購入よりおすすめの理由

中古車リースでかかる費用は利用する会社によって異なるものの、中古車を購入する場合に比べると負担を抑えられる傾向があります。そのため、コストを抑えて車に乗りたい方には中古車リースがおすすめです。

車は乗り始めも維持する上でもさまざまな費用がかかりますが、中古車購入と中古車リースでは、おもに次のような違いがあります。

乗り始めの費用

中古車でも、購入する場合には車両本体価格のほかに初期費用がかかります。初期費用とは税金や車の登録に必要な手数料などで、車両本体価格の10~20%ほどが目安です。

また、購入する車両が遠方にある場合は取り寄せるための陸送費、車検が切れていたり整備が必要なコンディションだったりする場合は車検費用や整備費用など、購入する車の状態によっては初期費用が高額になることもあります。

その点中古車リースは、税金や登録諸費用が月額料金に含まれているため、費用負担を抑えて中古車に乗り始められます。
月額料金に含まれる項目はリース会社によって異なりますが、定額カルモくん 中古車のように、各種税金や自賠責保険料、手数料のほか、陸送費なども月額料金に含まれている中古車リースであれば、遠方にある中古車でも月額料金だけで乗り始めることができます

維持する上での費用

中古車は新車に比べて故障のリスクが高く、維持する上で修理やメンテナンスの費用がかかりやすい傾向があります。

中古車では販売店による故障保証がついているケースも多いですが、保証期間は半年~1年程度で、その後の修理やメンテナンスは実費となります。さらに、保証される範囲も限られているため、車の状態によっては購入直後からまとまった出費が必要になる場合もあります

また、車検が残っている中古車を購入した場合でも、車検の有効期限が短い場合は、購入からほどなくして車検費用を負担することになります。車検費用は年数が経った車ほど高額になりやすいので、購入した中古車の年式によっては大きな負担になる可能性があります。

その点、中古車リースでは利用開始から一定期間の故障保証制度を設けているところが多い上、メンテナンスプランに加入することで故障保証の期限を過ぎた後もメンテナンス費用を抑えることが可能です。

さらに、利用開始時に2年の車検をつけてくれる中古車リースであれば、次の車検まで余裕がある上、メンテナンスプランに加入することで車検費用のほとんどを定額料金でまかなえるので、車検の際も大きな出費に悩まされる心配がありません。



定額カルモくん 中古車のメンテナンスプランでは、車検基本料や法定12ヵ月点検費用のほか、エンジンオイルやオイルフィルターの交換費用、プランによってはエアコンフィルターやブレーキオイル、ブレーキパッドの交換費用、タイヤやバッテリーの交換工賃なども定額になります。
故障保証1年と2年の車検もついているので、まとまった出費の心配なく利用することができます。


月々1万円から_定額カルモくんについて知る


中古車リースが新車リースよりおすすめの理由

中古車リースも新車リースも、リース会社が所有する車を定額制で利用するといったしくみ自体は同じです。それでも中古車リースがおすすめの理由として、おもに次のようなものが挙げられます。

新車リースより車両本体価格が安い

カーリースでも購入時と同様に、新車よりも中古車のほうが車両本体価格を抑えられます。その上カーリースでは、契約満了時の想定下取り価格である残価を車両本体価格から差し引くため、中古車ではより安く利用できる可能性があります。

なお、中古車とは製造後に新規登録をされたことがある車を指すので、初度登録からあまり期間が経っていない高年式車両や、走行距離が1,000kmにも満たない車など、新車とほとんど変わらない状態の車も中古車として扱われます。そのような中古車は残価も高くなりやすく、よりお得に利用できるでしょう。

中古車リースなら装備が充実した車を安く利用できる

新車リースは新車購入時と同様にオプションを自由に選べるため、自分好みの車両を用意できます。ただし、オプションをつければその分費用もかさみます。その点中古車リースは、サンルーフやエアロ仕様、カーナビやETCといったオプションがすでについた状態なので、新車リースよりも総額が抑えやすい傾向があります。

予算を基に車選びを行う場合も、オプション追加に伴って費用が変わる新車リースより、それらが含まれた状態で月額料金が提示されている中古車リースのほうが予算内の車を選びやすいでしょう。

中古車リースならモデルチェンジ前の車も選べる

新車リースは契約後に車を発注するので、利用できる車は現行モデルとなります。一方中古車リースはすでにある車の中から選ぶため、車種によってはモデルチェンジ前の車を選ぶことも可能です。

人気が高かったモデルやすでに廃番の車種に乗れる可能性があるほか、マイナーチェンジなどで見た目や性能がほとんど変わらない車種を中古車リースの価格で利用できるといったメリットもあります。

新車リースより短期の契約が可能

新車リースは数年単位での利用が一般的ですが、中古車リースの中には、1ヵ月から月単位での利用が可能なところもあります。出張や病院の送迎などで数ヵ月だけ車を利用したいときに、中古車リースならレンタカーより安く必要な期間だけ車を用意することができます。

新車リースより納車が早い

新車リースは契約から納車までに1~2ヵ月ほどかかります。人気車種や選択したオプションによっては、それ以上の期間を要することもあります。

その点中古車リースはすでに車があるため、点検や整備が終わればすぐに利用を開始できます。中古車リースの納車期間は概ね契約から2~3週間ほどですが、一部の人気車種で最短4日での納車が可能な中古車リースもあります


マッハ納車


利用前に知っておきたい中古車リースのデメリット

利用前に知っておきたい中古車リースのデメリット

中古車購入や新車リースよりも費用を抑えやすく、納車も早いなどおすすめできるメリットが豊富な中古車リースですが、車をどのように利用したいかによっては、デメリットになる特徴もあります。中古車リースの利用を検討する際は、事前にデメリットも理解しておきましょう。

なお、最近ではデメリットをカバーできるプランやサービスを用意している中古車リースもあります。中古車リース選びに役立つデメリットをカバーする方法と併せて、中古車リースのデメリットを見ていきましょう。

選べる車種が限られる

中古車リースはすでにある在庫の中から利用したい車を選ぶため、新車リースに比べて選べる車種が限られてしまいます。そのため、欲しい車種やグレード、ボディカラーなどの条件が決まっている場合は、希望の車種を見つけるのに苦労する場合があります。


できるだけスムーズに希望どおりの車を見つけるには、取扱台数の多い中古車リースを利用するのがおすすめです。在庫状況は日々変化する可能性もあるので、こまめにチェックすることで理想に近い車を見つけられる可能性が高まります。

メーカー保証が切れている場合がある

車は新車新規登録から数年のあいだ、部品を無料で交換してくれるメーカー保証がついています。
保証期間は、消耗品を除く部品全般が対象の一般保証は新車登録から3年または走行距離60,000kmに達するまで、走行性能や安全性能に関する部品が対象の特別保証は新車登録から5年または走行距離が10万kmに達するまでとなっているため、中古車リースでは、選ぶ車によってはメーカー保証が切れている可能性があります

このようなデメリットは中古車購入でも同じですが、中古車リースの場合は、メンテナンスプランをつけることで費用負担を抑えることが可能です。

メンテナンスプランの内容はリース会社によって異なるため、定額カルモくん 中古車のように、多くの項目が含まれているメンテナンスプランを用意した中古車リースを選ぶことをおすすめします。

契約期間が短い場合がある

中古車は新車よりも耐用年数が短いことから、中古車リースも契約可能期間は新車リースより短くなります。あらかじめ利用したい期間が決まっている場合や、長期での利用を検討している場合は、リース会社によっては希望の年数に満たない可能性もあるでしょう。
そのため、中古車リースの利用を検討するときは、各社の利用可能年数を事前に確認することが大切です。

なお、高年式車両は耐用年数も新車と大きく変わらないことから、長期的な利用が可能な場合もあります。中古車リースでは契約期間が長いほど月額料金を安くできるので、予算と比較しながら検討してみましょう。
また、契約満了時に車をもらえるプランがある中古車リースなら、期間を気にせずに利用できます

途中で解約する場合は残りのリース料や違約金を請求されることがある

中古車は新車に比べて故障などのリスクが高い傾向があり、リース車であっても、契約満了に達する前に故障によって車が利用できなくなる可能性はあります。

一般的に、カーリースは中途解約が認められていないため、契約途中で車が壊れて乗れなくなってしまった場合は、残りのリース料や違約金を請求される場合があります。そのようなリスクを抑えるには、メンテナンスプランへの加入がおすすめです。

中古車リースは事前に整備を行った車両を貸し出すので、利用開始直後に故障やトラブルに見舞われる可能性は低いですが、もしものときでもメンテナンスプランに加入しておけば、費用の負担を抑えられます。
また、メンテナンス費用が定額になることで定期的にメンテナンスを行えて、故障のリスクを減らすことも可能になります。

中古車リースがおすすめなのはどのような方?

中古車リースは特徴を理解して利用することで、経済的に車に乗れるおすすめの利用方法です。
中でも次のような方には、中古車購入や新車リースよりもおすすめの方法といえるでしょう。

〈中古車リースがおすすめの方〉
・中古車に抵抗がない方
・費用を抑えて車を利用したい方
・グレードやボディカラー、オプション装備のこだわりを柔軟に変えられる方
・短期間だけ車を必要としている方
・ローンを組まずに車に乗りたい方
・できるだけ早く車が欲しい方
・修理やメンテナンスの費用を心配せずに中古車に乗りたい方
・旧型モデルで欲しい車種がある方
・オプション選びなどは面倒だけどそれなりに充実した装備が欲しい方
・あまり車に詳しくなく、もしものときにも安心のサポートが欲しい方

最もおすすめの中古車リースはここ!

カルモ中古車

数ある中古車リースの中で最もおすすめなのは、日本一の取扱台数*を誇る「おトクにマイカー 定額カルモくん 中古車」です。月々15,000円程度から利用できる中古車も多数取り扱っており、在庫は毎朝追加されるため、希望の条件に合う1台をきっと見つけられるでしょう。
ここでは、定額カルモくん中古車がおすすめの理由を3つご紹介します。

* JALAの特別会員・正会員の中で、一般消費者を対象にリースを行う中古車の取扱台数において(2021年7月2日、ステラアソシエ株式会社調べ)

初期費用0円・ボーナス払いなし!全車故障保証1年・車検2年付き

定額カルモくん 中古車は、初期費用0円で利用できます。中古車リースでは、最初に保証金が必要なケースも多くありますが、そのような費用も一切不要で車に乗り始められます。ボーナス払いもないため、月々の定額料金だけで負担の少ないカーライフを実現できるでしょう。

また、定額カルモくん 中古車では、全車に故障保証1年と車検が2年ついた状態で納車されます。新車に比べて故障リスクの高い中古車にも保証付きで安心して乗れる上、乗り始めてすぐに車検を迎える心配もありません。

走行距離制限なし!車がもらえるプランもある

中古車リースでは、契約満了時の車の価値を担保するために、走行距離制限を設けているのが一般的です。しかし定額カルモくん 中古車には走行距離制限がありません

さらに、メンテナンスプランに加入するだけで契約満了時にそのまま車をもらうことも可能です。
返却の手間もなくなる上、いずれ自分の車になるため、カスタマイズも自由に行えます。

高年式・低走行距離の車が最短4日*で届く!

定額カルモくん 中古車では、最短4日*で車が届く「マッハ納車」を利用できます。高年式かつ低走行距離の車を最短4日*で届けてもらえるため、今乗っている車検の有効期限が切れる前に車を用意したいなど、早く車が欲しい方にもおすすめのサービスです。

もちろん、「マッハ納車」も初期費用0円・ボーナス払いなし・コミコミの定額料金で利用可能です。1年の故障保証や2年の車検もついた状態で納車されるため、安心して乗り始められます。


最短4日納車について詳しく見る

* 対象車種や地域により納車までの日数が異なる可能性があります

おすすめの中古車リースの口コミは?

中古車リースを選ぶ際は、実際に利用している方の口コミを確認しておくと安心です。ここでは、定額カルモくん 中古車を利用している3名の方の声をご紹介します。

定額カルモくん 中古車は、安い上に1年単位で選べるのがうれしいですね

定額カルモくん 中古車は、安い上に1年単位で選べるのがうれしいですね

Tさん (30代 )埼玉県在住| ホンダ「N BOX」を契約期間8年で利用中


いろいろな中古車リースを比較して検討したのですが、定額カルモくん 中古車のサイトは見やすくて、安心感がありました。契約期間が決められているリース会社が多い中、定額カルモくん 中古車は安い上に1年単位で選べるので、子供が成長して乗り換えるタイミングに合わせて8年で契約できるのも魅力でしたね

気になることがあってもすぐに聞けて、どんな質問にも丁寧にご対応くださったので、なんの不安もなく納車日を迎えられました。

スズキ「ワゴンR」の黄色があったのは、定額カルモくん 中古車だけでした

U1417記事内1 

Sさんご夫妻 千葉県在住 |スズキ「ワゴンR」を契約期間6年で利用中


今、定額カルモくん 中古車で乗っているスズキ「ワゴンR」は4年落ちの中古車なのですが、新しい安全設計に対応しています。定額カルモくん 中古車ならこのような車に安く乗れて、すごくお得ですよね

ボディカラーは黄色が欲しいと思っていたのですが、契約前に中古車リースのウェブサイトを何社か見ても、「ワゴンR」自体はたくさんあるのに黄色はなかなか見つかりませんでした。でも、定額カルモくん 中古車だけは黄色があったんです。

ネット検索で「カーリース」と入れて探すところから始めて、定額カルモくん 中古車を含めて数社のウェブサイトを見たのですが、定額カルモくん 中古車のサイトは本当に見やすかったです

初期費用0円で走行距離制限なし。これが定額カルモくん 中古車を選んだ決め手です

U1418_記事内1

Aさん(20代)埼玉県在住 |ホンダ「フィット」を契約期間6年で利用中


最初は中古車にあまり良いイメージがなくて、新車リースで探していたんです。でも、いろいろと調べているうちに、新車だと走行距離制限があることに気付きました。

仕事で毎日のように乗ることを考えると、制限をすぐに超えてしまいそうだな、と懸念していたところ、走行距離制限がない定額カルモくん 中古車を知り、興味を持った感じです。

定額カルモくん 中古車では納車時に車検が2年、故障保証も1年ついてくるし、メンテナンスプランで整備などの費用が定額になる点にもメリットを感じています。

おすすめの中古車リースでお得にカーライフを送ろう

おすすめの中古車リースでお得にカーライフを送ろう

中古車リースは、料金設定や選べる車種、契約可能期間、利用中の保証やサポートなど、リース会社によってサービス内容が大きく異なるため、事前にしっかりと比較した上でどこを利用するか決めることが大切です。

また、中古車は新車に比べて故障リスクが高いため、故障保証やサポートが充実した中古車リースを選ぶと快適なカーライフを実現できるでしょう。

なお、定額カルモくん 中古車で取り扱っている中古車は、すべて丁寧な整備を受けた車ばかりです。その上で、さらに故障保証が1年ついているので、安心して車に乗り始めることが可能です。定額カルモくん 中古車についてもっと知りたい方は、下のバナーよりチェックしてみてください。


月々1万円から_定額カルモくんについて知る


※この記事は2022年5月時点の情報で制作しています

よくある質問

Q1中古車リースがおすすめの理由は?

A:中古車リースは定額制で中古車に乗れる車のサブスクリプションサービスです。初期費用や維持費の一部が不要なので中古車購入よりも費用負担が抑えやすく、リーズナブルに中古車に乗れます。新車リースと比べても安く利用できるほか、納車が早い、新車では手に入らないモデルを利用できるといったメリットもあります。

Q2中古車リース選びのポイントは?

A:中古車リースはリース会社によって特徴が異なるため、月額料金に含まれる項目、取扱台数、保証やサポートの充実度、契約可能期間などが自身の希望に沿っているかをしっかり確認することが、上手な中古車リース選びのポイントです。

Q3おすすめの中古車リースは?

A:選べる車種が豊富で、サポートも充実している定額カルモくん 中古車がおすすめです。定額カルモくん 中古車は走行距離制限がなく、メンテナンスプランに入れば契約満了時に車をもらえるなど、独自のサービスも豊富な中古車リースです。

この記事の執筆者


若林 由晃
マイカーコンシェルジュ・整備士

若林 由晃

代々継がれる創業70年の車販・整備工場を営む家に生まれ、エンジンオイルとガソリンの香りにまみれながら育つ。小学校から車販の接客、中学校には整備の手伝いを行う根っからのカーガイ。自動車整備専門学校では上位の成績で卒業。整備士国家資格は満点合格(専門学校の先生が採点)。 その後、大手自動車メーカー系列のディーラーで整備士として整備職と中古車販売を経験。また、IT×車という販売方法に興味を持ち、個人向けカーリースのセールスに転身。中古カーリース事業、全国の加盟店販売事業の立ち上げを行う。

本日の激安あり_限定おすすめ中古車_追従

本日の激安あり_限定おすすめ中古車_追従