中古車リースとは?メリット・デメリットや新車リースとの違いを徹底比較!

更新日:2022.03.19
中古車リースとは

車の新しい乗り方として人気を集めるカーリースですが、利用する車は新車という認識が強いのではないでしょうか。しかし、最近では、中古車をリースする会社も増えてきており、新車と中古車ともに提供するケースもめずらしくありません。
では、中古車リースとは新車リースとどのような違いがあるのでしょうか。新車より安く利用できるイメージがありますが、中古車ならではの注意点もあるでしょう。
ここでは中古車リースについて詳しく紹介していきます。

中古車リースと新車リースの違いとは?

中古車リースと新車リースの違いとは?

カーリースのしくみとしては、中古車リースも新車リースと大きな違いはありません。契約満了時の残存価格(残価)をあらかじめ車両本体価格から差し引いて、維持費などを加えて月額料金を算出するしくみは中古車リースも新車リースも同じです。
しかし、中古車リースでは、選べる車種をはじめとして、中古車ならではの注意点や特徴があります。新車リースとの違いを見ていきましょう。

新車リースと中古車リースの違い「選べる車種」

特定のメーカーのみ限定しているリース会社を除けば、新車リースはおもに最新の車種を自由に選ぶことができます。国産メーカーのすべての車種やグレードを扱っている会社も多く、選択肢は豊富です。

一方、中古車リースでは、リース会社に在庫のある中古車の中から選ぶことになるため、新車リースと比べると限定的になってしまいます。しかし、新車では手に入らない旧式の人気車種などが出回っていることもあり、レアな車種が欲しい方には新車リースより魅力があるかもしれません。

また、中古車とはいえ、展示車や試乗車に使用されただけの新車同然の車を新車リースより安く利用できる可能性もあります。

新車リースと中古車リースの違い「トラブル時の保証」

中古車リースでは、新車リースよりもリース車の故障リスクは当然高いといえます。新車であればメーカー保証がついているため、車両トラブルの際の不安を低減できますが、中古車の場合はメーカー保証が切れている場合がほとんどです。
しかし、独自の故障保証を提供しているリース会社もあるため、こうした中古車リースを利用すれば、車両トラブルの際も大きな負担を避けることはできます。


故障保証付きでもしものときの負担を抑えられる中古リースを知りたい方は、こちら

新車リースと中古車リースの違い「契約期間」

中古車は新車よりどうしても耐用年数が低くなってしまいます。そのため、最長11年という契約期間のある新車リースのように、長期で利用するのは難しいといえるでしょう。
しかし、新車同然の高年式車であれば長期契約も視野に入ってきます。車の状態を適切に判断して契約期間を設定しているリース会社を選べば、安全に利用できる期間を選択できるでしょう。

中古車リースのメリットとは

中古車リースのメリットとは

中古車リースと新車リースの違いを見てきましたが、次に中古車リースを利用する上でのメリットをご紹介します。新車リースにはない魅力もたくさんありますので、参考にしてみてください。

中古車リースのメリット「新車リースよりリーズナブルに利用できる」

カーリースは、月額料金に税金や保険料、登録諸費用などが含まれているため、負担を抑えてカーライフを送れるという特徴がありますが、新車より車両本体の価格が安い中古車リースではさらにリーズナブルに利用できるというメリットがあります。少しでも経済的負担を抑えて車に乗りたい方は、中古車リースがおすすめといえます。

中古車リースのメリット「納車が早い」

新車リースでは利用者の希望に応えて車を発注するため、納車までに1~2ヵ月程度かかります。一方、中古車リースでは在庫のある車の中から選ぶため、登録手続きや点検などを済ませれば陸送するだけです。納車にかかる期間は2~3週間ほどなので、1日でも早く車を必要としている方にとっては、最大のメリットになるでしょう。


スピーディーな納車を希望する方は、最短4日で納車される中古車リースがおすすめ

mach_4days

中古車リースのメリット「短期利用ができる」

新車リースでは一般的に長期の契約がメインとなりますが、中古車リースでは1ヵ月からなど短期的な利用を提供しているリース会社もあります。出張や通院などで数ヵ月だけ車が必要になった場合など、レンタカーでは費用がかさんでしまうので、短期利用可能な中古車リースを利用したほうが経済的といえるでしょう。

中古車リースのデメリットとは

中古車リースのデメリットとは

中古車リースは少しでも負担を抑えて車に乗りたい方や、なるべく早く車が必要な方にとってはおすすめのサービスだといえますが、中古車ならではの注意点もあります。ここでは中古車リースのデメリットについて見ていきます。

中古車リースのデメリット「グレードやオプションを自由に選べない」

中古車リースでは、リース会社が所有する車の中から選ぶため、自身が希望する車種がない場合があります。希望車種が見つかったとしても、グレードやオプション、カラーを自由に組み合わせることはできません。
さらに、人気車種となると在庫が少ないこともあるため、中古車リースを利用する場合は多少の妥協は仕方ないと割り切ることも必要かもしれません。

どうしても希望の車に乗りたい場合は、取扱車種の多いリース会社を定期的にチェックすることをおすすめします。


取扱台数日本一*の中古車リースを詳しく知りたい方は、こちら

中古車リースのデメリット「長期契約に適していない」

短期間で利用する方にとってはメリットとなった中古車リースですが、逆に長期の契約には適していないというデメリットもあります。中古車は新車よりコンディションが劣ってしまっているのは事実です。月額料金を抑えるためになるべく長期契約を希望したいとしても、安全性を考慮して契約期間が限定されてしまうということもあります。

中古車リースのデメリット「中途解約ができない」

中古・新車を問わず、カーリースでは契約期間の途中での解約ができません。車両トラブルにより走行不能となった場合は、中途解約金を支払って契約終了となりますが、やはり新車に比べて中古車のほうが車両コンディションが劣っているため、トラブルに見舞われるリスクは高いでしょう。
やむをえず中途解約となってしまった場合、解約金の負担が重荷になってしまう可能性があります。

とはいえ、中古車リースではメンテナンスプランなどが充実しているところも多く、プランに加入し定期的にきちんとメンテナンスを行うことで、そのようなリスクは軽減できるでしょう。


メンテナンスプランが充実している中古車リースは、こちら


* JALAの特別会員・正会員の中で、一般消費者を対象にリースを行う中古車の取扱台数において(2021年7月2日、ステラアソシエ株式会社調べ)

中古車リースは中古車購入よりお得?

中古車リースのメリット・デメリットを見てきましたが、中古車を購入する場合と比べるとどのような違いが見えてくるのでしょうか。リースのほうがお得になるのでしょうか。ここからは、中古車リースのしくみについて解説していきます。

中古車リースのしくみとは?

月額料金

先述したとおり、中古車リースのしくみ自体は新車リースと変わりありません。新車リースのしくみについてはご存じの方も多いかもしれませんが、改めて解説しましょう。

カーリースでは、契約満了に伴い車をリース会社に返却するのが一般的です。つまり、利用者はまだ価値の残った車を返却することになるため、そのぶんの価値(残価)をどこかで回収しなければなりません。
カーリースにおいてはその返却時の残価をあらかじめ契約時に車両本体価格から差し引いた上で利用料金を算出することになります。そうして、利用者は月々の負担を抑えて車に乗ることができるというしくみになっているのです。

※このしくみは新車リースも中古車リースも同じです

中古車リースと中古車購入の違いとは?

新車を購入するには負担が大きすぎると判断した際に、中古車の利用を検討することになると思いますが、購入するかカーリースを利用するかで迷う方も多いかもしれません。それでは、購入とカーリースではどのような違いがあるのかを見ていきましょう。

まず大きな違いは、購入では車両本体の代金をすべて支払うことになりますが、カーリースではご説明したように車両本体価格から残価を差し引いたぶんの代金が支払対象となります
それだけでも購入の場合より負担を抑えられるのですが、カーリースの利用料金の中には自動車税(種別割)をはじめとする各種税金や自賠責保険料、登録諸費用などがすべて含まれています。購入の場合は、それらがまとまって初期費用としてかかってくるため、最初に大きな資金を用意しなければなりません。

つまり、購入する場合は初期費用がかかってしまいますが、カーリースでは初期費用が不要ということになります。
さらに購入の場合はそれらの税金や保険料など、車にかかる維持費が定期的にまとまった出費として支払うことになりますが、カーリースでは契約期間中はずっと変わらない月額料金のみで支払えるため、まとまった出費を気にする必要はありません

以上のことは新車の場合でも同様ですが、なるべく負担を抑えて車に乗りたいのであれば、中古車リースは最適といえるのではないでしょうか。

中古車リースに向いている方、向いていない方

中古車リースに向いている方、向いていない方

中古車リースは負担を抑えて車に乗るには最適なサービスといえますが、中古車リースに向いている方と向いていない方がいるのも事実です。双方の特徴を見ていきましょう。

中古車リースに向いている方とは?

中古車リースに向いている方とは、おもに以下のような方です。

〈中古車リースに向いている方〉
・特に新車へのこだわりがない方
・なるべく費用を抑えて車に乗りたい方
・できるだけ早く車が必要な方
・レアな旧式の車種が欲しい方
・税金の支払いなどの手続きが面倒な方

中古車リースに向いていない方とは?

中古車リースに向いていない方とは、おもに以下のような方です。

〈中古車リースに向いていない方〉
・中古車に抵抗がある方
・最新性能を備えた新車に乗りたい方
・カスタマイズを楽しみたい方
・まとまった資金があり車に関する出費が気にならない方
・できるだけ長期間同じ車に乗りたい方

中古車リースなら取扱台数日本一*の定額カルモくん 中古車がおすすめ

カルモくんロゴの画像

実際に中古車リースを利用するとしたらどのリース会社がいいでしょうか。中古車は希望に合った車種を見つけるのが難しいため、なるべく取扱台数の多いリース会社がおすすめです。「おトクにマイカー 定額カルモくん 中古車」は取扱台数日本一*の中古車リースであると同時に、さまざまな魅力あるサービスがそろっています。
ここからは、定額カルモくん 中古車の魅力についてご紹介します。

取扱台数日本一*で選択肢が豊富

定額カルモくん 中古車は取扱台数日本一*の中古車リースです。ウェブサイトには、国内各メーカーのさまざまな車種やグレードが豊富にそろっています。在庫も毎朝追加されるため、こまめにチェックすれば希望の車に出会えるかもしれません。
また、初度登録から3年未満の高年式で低走行距離の中古車が、契約から最短4日で納車される「マッハ納車」のサービスも用意されていますので、コンディションの良い車を早く欲しい方には魅力的です。


コンディションの良い車を1日でも早く欲しい方はこちらをチェック!

Mach_4days_r

走行距離制限も残価精算もなし!

中古車リースは、月間や年間で走行距離制限が設けられているのが一般的です。もし制限距離を超えてしまうと超過料金を請求されてしまうため、思わぬ出費につながってしまいます。しかし、定額カルモくん 中古車は全車に走行距離制限を設けていません。長距離移動の多い方でも、最後まで安心して利用できます。

また、中古車リースの中には、契約時に設定した残価が返却時の価値を下回った場合、その差額を精算する「残価精算」のしくみを取り入れているものもあります。その場合、差額の支払いが生じるため大きな負担となってしまいますが、定額カルモくん 中古車では残価精算のない契約方式を採用しているため、契約満了時に差額を請求される心配はありません

全車に車検2年、故障保証1年付き

定額カルモくん 中古車では、全車に車検2年、故障保証1年がついています。利用開始後すぐに車検を迎える心配もなく、修理費上限なしの故障保証はエンジンやエアコン、パワースライドドアなど対象項目も豊富です。また、365日24時間、ロードサービスに対応しているため、旅先でのもしもの際にサポートが受けられます。

メンテナンスプラン加入で車がもらえる

定額カルモくん 中古車は、メンテナンスプランも充実しています。車検点検料や法定12ヵ月点検料、エンジンオイル交換、オイルフィルター交換などがカバーされるので、車のコンディションを保つためには加入をおすすめします。さらに、メンテナンスプランに加入すると契約満了時に車をもらうこともできます

* JALAの特別会員・正会員の中で、一般消費者を対象にリースを行う中古車の取扱台数において(2021年7月2日、ステラアソシエ株式会社調べ)

中古車リースを実際に利用した感想は?

ここでは実際に定額カルモくん 中古車の利用者の方から寄せられた声をご紹介します。みなさま、それぞれ何らかのきっかけから定額カルモくん 中古車を知っていただき、実際に契約されています。サイト上だけでなく、事情に合わせて相談されている方も多く、ご参考にしていただければと思います。

Yさん(沖縄県在住)

転勤で沖縄に来ましたが、車の必要性を感じました。沖縄は車社会なんです。私自身はこれまでマイカーを持ったことがないペーパードライバーで車の知識がほとんどなく、貯金もそれほどないことから頭金0円という中古車のリースを検討してみました。
口コミなどで調べて、検索のトップにあったカルモくん 中古車に決めました。最初は中古車をネットで選ぶ点に不安がありましたが、気になる部分の写真を送ってくれるなど、交渉段階では納得いくまで丁寧に対応してもらえて安心でしたし、満足しています。

Tさん(埼玉県在住)

実は知人が定額カルモくん 中古車を利用していてすすめられました。中古車は人気軽自動車の「N BOX」に決めていました。カルモくん中古車は取扱台数が多いことで選択肢が多く、状態の良い車を見つけやすかったですね。検索機能ですぐ希望にあった中古車を絞り込めますし。選んだN BOXは走行距離制限がないのが決め手になりました。
引越しを控えていて、すぐにでも車が欲しかったんです。そのことを相談したら早急に手配してくれて、必要な日までに間に合ったのも助かりましたね。

Yさん(愛知県在住)

中古車を購入しようと検索していたら定額カルモくん 中古車が出てきて、カーリースを知りました。中古車販売店で、1台しか試乗していないのに契約に持ち込みたい店員のプッシュをわずらわしく感じていたこともあり、ネット上で比較してゆっくり選べるのが逆に魅力的でした。
それに、気になる部分は直接、電話で問い合わせができるので不安はありませんでした。中古車だけにメンテナンスをしっかり行いたいと思っていましたが、メンテナンスプランだと費用面を気にせずメンテナンスできて大切に乗れます。契約満了時に車がもらえるのもいいですね。

中古車リースでも安心して車に乗れる

ウェブ上で中古車を選んで契約できる中古車リースですが、気になる点は電話やメールで問い合わせて相談することも可能です。月額料金には各種税金や自賠責保険料も含まれ、故障や事故があったときに備えるプランや相談窓口もあり、安心してカーライフを送ることができます。
中古車の購入を考えている方は選択肢のひとつとして選んでもよいのではないでしょうか。

よくある質問

Q1中古車リースとは?

A:リース会社が所有する中古車の中から、希望に合った車を選んで、契約期間中は定額の月額料金で利用できるサービスです。契約満了に伴い車は返却するのが原則で、返却時の残存価格はあらかじめ車両本体価格から差し引かれるため、負担を抑えて車に乗ることができます。

Q2中古車リースと新車リースの違いとは?

A:残価を用いるしくみは、中古車リースも新車リースも同じです。しかし、中古車のほうが車両本体価格が安いため、少しでも負担を抑えて車に乗りたい方は中古車リースがおすすめです。

Q3中古車リースのメリットとデメリットとは?

A:中古車リースは、費用負担を抑えて乗れることが一番のメリットです。さらに納車が早いといったことに加え、新車では手に入らない希少な旧型車に出会える可能性があることも魅力といえるでしょう。しかし、車両のコンディションは新車と比べて劣るといったデメリットがあります。

この記事の執筆者


伊藤 真二
監修者、編集者、ライター

伊藤 真二

ファイナンシャルプランナー。介護福祉士資格を所有していることから、老後の暮らしや節約・資産運用など、安心できる未来、無駄のない今を生きるためのご提案を多く行う。 また、ニュースメディア、採用メディア、自動車メディアなどのライター・編集者の経験から記事執筆・監修も広く行っている。