中古車リースの料金はどれくらい?購入時との違いやお得な利用方法を解説

更新日:2022.01.13
中古車リースの料金について

月額料金を支払うだけでマイカーライフを実現できるカーリース。中でも中古車リースは、総額を抑えて安く車に乗れるとして注目を集めています。ただ、実際にどれくらいの費用がかかるのかは気になるところでしょう。
そこで、中古車リースの料金について、新車リースや中古車購入時との違いと併せてご紹介します。

中古車リースの料金のしくみとは? 

中古車リースの料金のしくみとは?

中古車リースは、リース会社が所有する中古車を、月額料金を支払って一定期間利用するサービスです。
月額料金には、車両本体価格のほかに各種税金や手数料などが含まれているため、初期費用不要でカーライフを始められるのが特徴です。

中古車リースの月額料金に含まれる費用 

月額料金

中古車リースの月額料金に含まれる費用は、リース会社によって異なります。ここでは「おトクにマイカー 定額カルモくん 中古車 」を例に見ていきましょう。

〈定額カルモくん 中古車の月額料金に含まれる費用〉
・残価を引いた車両本体価格
・期間分の自動車税(種別割)、軽自動車税(種別割)
・期間分の自動車重量税
・環境性能割
・期間分の自賠責保険料
・整備費用
・登録費用
・車庫証明手続代行費用
・仲介手数料
・保証料
・納車陸送費
・その他法定料金(消費税・印紙代ほか)
など

月額料金は、これらの費用の総額を契約月数で割って算出します。そのため、納税やメンテナンスの時期でも出費に偏りがなく、ずっと定額で利用できるのです。
定額カルモくん 中古車のように、車の購入や維持にかかる費用の多くが月額料金に含まれているリース会社であれば、貯金が少ない、まとまった出費を避けたい、といった場合でも、無理なく車を持てるでしょう。

新車リースより安いのはなぜ?

新車を取り扱うカーリースでも、料金のしくみは中古車リースと同じになります。ただ、中古車は新車に比べて車両本体価格が安いため、そのぶん総額を抑えることが可能になります。

なお、カーリースでは、車両本体価格から契約満了時の想定査定額である「残価」を引いているので、支払う車両代金は契約期間相当額となります。この残価設定も、中古車リースが安く利用できる理由のひとつです。


中古車リースについて

詳しく知りたい方はこちら 

ボディタイプ別!人気車種の中古車リース料金実例

ボディタイプ別!人気車種の中古車リース料金実例

月々定額で車が持てるのは魅力ですが、さまざまな費用が含まれていることで、月額料金が高くなるのではないかと不安に感じる方もいるでしょう。
そこで、定額カルモくん 中古車の実際の料金を、ボディタイプ別に人気車種で見ていきたいと思います。
なお、すべて車検2年と故障保証1年が付いた料金となります。

軽自動車 ホンダ「N-BOX」

軽自動車 ホンダ「N-BOX」

軽自動車でトップクラスの人気を誇るホンダ「N-BOX」。定額カルモくん 中古車では、初年度登録2016年、走行距離21,000kmの「G」グレードが月額19,410円*から利用できます。
なお、N-BOXだけでも130台以上*のラインナップで、カーナビやETC付きで月額19,900円*から、2021年モデルの「L」グレードでも月額28,270円*からなど、幅広い選択肢の中から希望に合わせて選べます。

なお、N-BOXのほかにも、ダイハツ「ミライース」やスズキ「ワゴンR 」、「ハスラー」といった人気軽自動車が豊富にそろっており、月額10,000円台からの利用が可能です。


N-BOX中古車

* 2021年7月27日時点での情報です

コンパクトカー トヨタ「アクア」  

コンパクトカー トヨタ「アクア」

ハイブリッド専用コンパクトカーのトヨタ「アクア」も、定額カルモくん 中古車では月額19,600円*から利用が可能。カーナビやETC、バックカメラ付きで月額25,700円*から、比較的新しい2019年モデルの「S」グレードでも月額29,260円*からとなっています。

アクアと比較検討されることも多い日産「ノート」、広さを求める方に人気のスズキ「ソリオ」といった話題のコンパクトカーも、月額10,000~20,000円台で利用できます。


アクア中古車

* 2021年7月27日時点での情報です

ミニバン トヨタ「シエンタ」  

ミニバン トヨタ「シエンタ」

個性的なフォルムと、ミニバンでありながら運転しやすいサイズ感で幅広い層から支持されているトヨタ「シエンタ」。定額カルモくん 中古車では、月額25,500円*からのラインナップとなっています。
両側パワースライドドアで純正ドライブレコーダーもついた「G」グレードが月額32,400円*から、走行距離3,000kmの2019年モデルが月額33,700円*から利用できるなど、予算や好みに合わせたチョイスが可能です。

シエンタのほか、日産「セレナ」は20,000円台から、高級ミニバンのトヨタ「アルファード」も40,000円台から取りそろえています。


シエンタ中古車

* 2021年7月27日時点での情報です

SUV スズキ「ジムニー」  

SUV スズキ「ジムニー」

新車では数ヵ月待ちとなる人気車種も、短い納車期間で乗れるのが中古車リースのメリット。ロングセラーの本格SUVスズキ「ジムニー」も、定額カルモくん 中古車では月額25,300円*から手に入れることができます。
ワンオーナーの特別仕様車ランドベンチャーでも月額29,000円*から利用が可能。走行距離17kmの2021年モデルは「XC」グレードで月額43,200円*からとやや値が張りますが、条件を少し変えるだけで、予算内のジムニーを見つけられるでしょう。

普通車仕様のスズキ「ジムニーシエラ 」や「イグニス 」なども月額20,000~30,000円台*から利用できます。


ジムニー中古車

* 2021年7月27日時点での情報です


そのほかの車種の料金はこちらから

中古車リースの料金は中古車を購入するよりお得?

中古車リースの料金は中古車を購入するよりお得?

月額10,000円台から利用が可能な中古車リースですが、中古車を購入する場合と比べて、どれくらい料金に違いがあるのでしょうか?
中古車リースは定額カルモくん 中古車の料金を例に、乗り始めの費用と維持費のそれぞれで比較してみましょう。

乗り始めの費用

〈中古車にかかる初期費用〉

定額カルモくん 中古車 中古車購入
車両代金 月額料金に含まれる 全額、またはローンの初回返済額
自動車税(種別割)・軽自動車税(種別割) 10,800円〜
環境性能割 課税標準基準額×残価率
自動車重量税 6,600円〜(2年)
自賠責保険料 19,730円〜(24ヵ月)
預かり法定費用(印紙代) 1,500円〜
登録代行費用 業者による
車庫証明代行手数料・納車費用 業者による
陸送費 数千~数万円
ナンバープレート取得費用 1,450円〜

中古車に乗り始める際は、車両代金のほか、自動車税(種別割)や自動車重量税などの税金、自賠責保険料、各種手数料や陸送費などの登録諸費用が必要になります。
登録諸費用は車両本体価格の10~20%が目安とされており、中古車を購入する場合は、車両代金とは別に用意しなければなりません。

しかし定額カルモくん 中古車では登録諸費用が月額料金に含まれているため、まとまった資金を用意する必要がありません

維持費

定額カルモくん 中古車 中古車購入
自動車税(種別割)・軽自動車税(種別割) 月額料金に含まれる 10,800円〜
車検の法定費用 18,900円~
車検基本料 メンテナンスプラン加入で定額 約10,000~100,000円
法定点検などのメンテナンス費用 業者による
消耗品交換費用 実費
燃料費・駐車場代など 実費 実費

車は乗り続ける上でも費用がかかります。
中でも大きな負担になりやすいのが、毎年の自動車税(種別割)や車検費用でしょう。

購入した中古車の場合はその都度支払いが必要になり、カーローンを利用しているケースでは、月々の返済額と合わせて高額な出費になることもあります。
その点、定額カルモくん 中古車では自動車税(種別割)と車検時の法定費用がかからないため、毎月決まった金額を支払うだけ。さらにメンテナンスプランを付ければ、車検基本料や消耗品の交換費用、メンテナンス費用なども定額にできて、月額料金以外の車関連の支出を燃料費や駐車場代程度に抑えることも可能です。

中古車リースをよりお得に利用するポイント 

中古車リースをよりお得に利用するポイント

中古車リースは月々の料金が定額で、さらに新車リースよりも総額を抑えられるなど、少ない費用負担で車に乗れる方法ですが、よりお得に利用するには各リース会社の料金システムをしっかり確認しておくことが大切です。
契約前に、以下のポイントを忘れずにチェックしましょう。

保証金の有無

中古車リースの中には、契約時に保証金が必要なところもあります。保証金はおもに返却時の原状回復費用などにあてられるため、使用しなければ戻ってくるケースが多いですが、契約時にまとまった出費が必要になります。
契約前に保証金の有無を確認するほか、保証金は数ヵ月間などの短期リースで設けられていることが多いので、長期リースを利用することでも回避できます。

超過料金などの金額

中古車リースでは、ひと月の走行距離に距離を設けているケースが多いです。超過した場合は追加料金が発生するので、自身の利用頻度と走行距離制限の上限が見合っているか、また、超過した場合の追加料金はいくらになるのかを確認しておきましょう。
なお、走行距離無制限の中古車リースであれば、追加料金の心配なくカーライフを満喫できます。

残価精算の有無

カーリースは残価を設定するしくみから、契約方式によっては、契約満了時に残価と実際の査定額の差額を精算することがあります。返却時の車の査定額が残価を下回ると、差額を請求される可能性も。
そのような支払いを避けるには、残価精算を行わない中古車リースを選びましょう。

定額カルモくん 中古車なら予算内で憧れの中古車に乗ることも可能!  

カルモ中古車

定額カルモくん 中古車は、取扱台数日本一*²の中古車リースです。ホームページ上では全車種の料金や詳細が確認できるので、豊富な車種の中から予算や条件に合わせてじっくりと選ぶことが可能です。
定額カルモくん 中古車は、ほかにも次のようなメリットがあります。

*² JALAの特別会員・正会員の中で、一般消費者を対象にリースを行う中古車の取扱台数において(2021年7月2日、ステラアソシエ株式会社調べ)

うれしい「なし」がいっぱい

定額カルモくん 中古車は、頭金なし、ボーナス払いなし、登録諸費用も別途負担なしで、月額料金のみで利用できます。さらに、全車種走行距離制限もなし!通勤で使用する方や、旅行やドライブが趣味の方でも、追加料金の心配なくカーライフを楽しめるでしょう。
そしてもちろん、残価精算もなし。最後まで安心してお乗りいただけます。

中古車でも安心の充実したサポート

中古車は新車に比べて故障などのリスクが高いことから、修理費などが高くつく傾向があります。また、車の状態によっては、乗り始めてすぐに車検費用が必要になることもあります。
しかし定額カルモくん 中古車では、全車に故障保証1年と車検2年がついているため、大きな出費に悩まされる心配がありません。
メンテナンスプランを付ければ、契約期間中の車検基本料やメンテナンス費用、消耗品の交換費用なども定額にできて、さらに負担を抑えることが可能です。


カルモ中古車詳しく

中古車リースの料金はトータル的に検討することが大切 

中古車リースの料金はトータル的に検討することが大切

中古車リースは月々定額の料金でカーライフを送れる車の新しい利用方法ですが、事前にしっかり確認しないと、思わぬ費用負担が発生することもあります。月額料金だけで決めず、契約時や契約満了時に必要な費用はあるか、月額料金に含まれない費用はどの程度の金額になるのか、総額でどれくらい必要か、といったことも確認し、トータル的に検討することが大切です。
月額料金以外の出費を抑えて車に乗りたいなら、残価精算や走行距離制限がない定額カルモくん 中古車で車を選んでみてはいかがでしょうか。


欲しい車いくら


※記事の内容は2021年7月時点の情報で制作しています。

よくある質問

Q1中古車リースの料金はどれくらい?

A:車種や車の状態、在庫状況によっても変わってきますが、定額カルモくん 中古車の場合、軽自動車やコンパクトカーで月額10,000円台から、ミニバンやSUVでも月額20,000~30,000円台から利用できる場合があります。

Q2中古車リースと中古車購入ではどれくらい費用が違うの?

A:中古車の購入時には、各種税金や自賠責保険料、手数料、陸送費などがかかります。これらの費用は車両本体価格の10~20%ほどが目安と言われており、車両代金とは別に用意しなければなりません。一方中古車リースは、それらが月額料金に含まれているので、 まとまった出費なくカーライフをスタートできます。

Q3お得な中古車リースを選ぶポイントは?

A:料金システムはリース会社によって異なるため、頭金などの初期費用やボーナス払いは必要か、補償金はいるか、走行距離制限などの利用条件や残価精算はあるか、といったあたりを事前に確認しましょう。また、予算内で条件のいい車に乗りたいなら、取扱台数が多い中古車リースを選ぶこともポイントです。