中古車はカーリースと購入どちらがお得!? かかる費用とサービスを徹底比較

更新日:2022.07.25
カーリースと中古車購入の比較

中古車を利用したいけれど、カーリースと購入でどちらにすべきか迷っている方は多いのではないでしょうか。中古車は新車に比べて費用が抑えられるイメージがある一方で、実際にどのような費用がかかるのか気になるところです。
そこで、中古車リースのしくみや購入する場合との費用を比較し、中古車リースサービスについてご紹介していきます。

中古車リースとは?

中古車リースとは?

カーリースはお得に車に乗れるサービスとして注目を集めていますが、さらに負担を抑えて車を利用したいと考えるなら、中古車リースを検討してみてはいかがでしょうか。カーリースには中古車を貸し出すサービスもあり、新車リース同様に利用者も増えています。
それでは、中古車リースの特徴について見ていきましょう。

中古車リースのしくみ

中古車リースのしくみ自体は、新車リースと同じです。双方とも定額の月額料金を支払い、カーリース会社から中長期的に車を借りるサブスクリプションサービスです。
中古車リースも新車リースと同様に、契約満了時の残存価格(残価)を車両本体価格から差し引いた上で月額料金を算出します。そのため、車両本体すべての料金を負担するわけではないので、安く利用できるというわけです。
契約満了時には車を返却することで契約が終了します。カーリース会社によっては、そのままリース車をもらえるプランを用意している場合もあります。その点も新車リースと同じです。

中古車リースの特徴

新車リースと中古車リースの大きな違いは、新車リースでは利用者が選んだ新車をカーリース会社が代わりに購入して貸し出すサービスなのに対して、中古車リースではカーリース会社が所有している中古車の中から選ぶといった違いがあります。
新車リースと比べて車の選択肢が少ないと感じられるかもしれませんが、中古車リースでは新車では手に入らない車が利用できることもあるため、利用者がどのような車を求めているかによって、利用価値は逆転するといえるで
しょう。
例えば、製造が終了してしまった旧式の人気車種などは新車リースでは取り扱っていません。そういっためずらしい車をお探しの方は中古車リースの利用が向いているといえるでしょう。
また、新車リースよりも費用を抑えられるといった特徴もあります。当然、中古車のほうが新車より安いわけですから、同じ車種でも装備の整った車やワンランク上の車を安く利用できるといったメリットがあります。

中古車リースと中古車購入の費用比較

中古車リースと中古車購入の費用比較

中古車リースと中古車購入では、初期費用や維持費が大きく異なります。中古車リースと中古車購入ではどれだけの費用がかかるのかを整理して、比較してみましょう。
なお、中古車リースの費用はカーリース会社によって異なるため、「おトクにマイカー 定額カルモくん 中古車」を例に見ていきたいと思います。

中古車リースと中古車購入の初期費用を比較

定額カルモくん 中古車 中古車購入(ローン)
頭金 なし 必要
購入時の諸費用 なし 自動車税(種別割)

自動車重量税

自賠責保険料

ナンバープレート取得費用

登録代行費用

納車費用

毎月の費用 月額料金 ローン返済
車検 メンテナンスプラン加入で

別途費用なし

車検費用

自動車重量税

自賠責保険料


上記の表のとおり、4つの項目において中古車リースと中古車購入の初期費用を比較しています。
頭金については、中古車リースの「定額カルモくん 中古車」の場合は0円で車両を借りることができます。初期費用を抑えて車を手に入れられるのは、中古車リースの大きな強みともいえます。
一方で、中古車購入の場合は、新車購入時の金額よりは低いものの、ローンを利用する場合は頭金を用意して車両を購入する必要があります。
また、中古車を購入した際には自動車税(種別割)を含むさまざまな税金の支払いが発生します。
税金の支払いに加えて、ナンバープレートの取得や納車作業を依頼した場合には別途手数料が発生する点にも注意が必要です。
そして、毎月発生する費用については、中古車リースでは定額の月額料金、ローンで購入する場合には、利息を加えた返済額が必要となります。
また、中古車リースでは原則として車検費用を負担しないプランがほとんどですが、契約内容によっては車検費用が自己負担となる場合もあるため注意が必要です。

中古車リースと中古車購入の維持費を比較

定額カルモくん 中古車 中古車購入
車検費用 メンテナンスプラン加入で

定額

・法定費用

・車検基本料

・部品交換代金

ガソリン代・駐車場代 自己負担 自己負担


上記の表では、中古車リースの「定額カルモくん 中古車」と中古車購入の維持費用を比較しています。
中古車リースでは車検費用をカバーするプランが各社で用意されており、「定額カルモくん 中古車」ではメンテナンスプランに加入することで車検費用や消耗部品の交換代がカバーされるため、車検の度にまとまった費用を用意する必要はありません

一方、中古車を購入した場合は車検にかかるすべての費用は、自身でその都度、負担することになります。
ちなみに、ガソリン代や駐車場代は双方とも、自己負担です。

中古車リースと中古車購入で実際の費用を比較

定額カルモくん 中古車 中古車購入
登録諸費用 月額料金に含まれる 車両本体価格の10~20%
自動車税(種別割) 軽自動車

10,800円

普通車

25,000円

(総排気量1L以下の場合)

車検費用(法定費用) 30,000円程度 40,000~70,000円
車検基本料 メンテナンスプラン加入で定額 10,000~50,000円 20,000~100,000円


それでは、実際にかかる費用の目安を比較してみましょう。
まず中古車リースの「定額カルモくん 中古車」では、登録諸費用から税金、車検の法定費用まで定額の月額料金に含まれています。一方、中古車を購入した場合には、それぞれ表に示した金額が目安としてかかってきます。

購入した場合には登録諸費用として車両本体価格の10~20%が必要といわれています。100万円の中古車を購入した場合、10~20万円が登録諸費用としてかかります。自動車税(種別割)は軽自動車が一律で10,800円、普通車は総排気量によって異なりますが一番低い1L以下の場合25,000円です。自動車税(種別割)は、毎年4月1日時点での車の所有者に対して課されます

次に車検費用ですが、自動車重量税や自賠責保険料、印紙代(検査手数料)などの法定費用は、軽自動車で30,000円程度、普通車で40,000~70,000円ほどがかかります。

最後の車検基本料は、「定額カルモくん 中古車」ではメンテナンスプランに加入して毎月定額のリース料金に含めることができるため、車検の度にまとまった費用を用意する必要はありません。ほかの中古車リースにおいても、車検代の負担を抑えるプランが用意されているので、車検の際に大きな負担が生じることは少ないといえるでしょう。
中古車を購入した場合は、軽自動車で10,000~50,000円、普通車で20,000円~10万円がかかります。車検基本料はディーラーや車検専門業者、ガソリンスタンドなど、車検を受ける場所によって費用は異なります。

以上で見てきたとおり、中古車リースと中古車購入では、初期費用や維持費で大きな違いが見えてきます。一概にどちらをおすすめするとはいえませんが、負担を抑えて車に乗るなら中古車リースということがおわかりいただけると思います。

中古車リースと中古車購入のメリット・デメリットを比較

中古車リースと中古車購入のメリット・デメリットを比較

中古車リースと中古車購入では、どちらもメリットとデメリットがあります。それぞれ、メリットとデメリットに分けて見ていきましょう。

中古車リースと中古車購入それぞれのメリット

中古車リースと中古車購入それぞれのメリットについては以下のとおりです。
費用面や維持費以外のメリットも比べてみると、自身にとってどちらが向いているか見えてくるかもしれません。

〈中古車リースのメリット〉
・費用を抑えて車が持てる
初期費用や維持費を抑えて車を持てるのは大きなメリットです。利用者が負担する費用は、月額料金とガソリン代、駐車場代であることから、毎月の負担も抑えることができます

・契約から納車までスムーズに行える
中古車リースは、ネット上で申込みを行い、車両が用意できれば1週間程度で納品されることもあります。すぐに車を使いたいと考えている場合は、スムーズに自分の車を手に入れることができます

・短期の利用が可能
リースの契約期間は、短期のものを選ぶことも可能です。自分の車を手に入れるまで一時的に契約したいという方でも、短期契約で中古車リースを利用することができます。

・カーリース会社のサポートが受けられる
事故や車両に不具合が生じた場合は、カーリース会社のサポートを受けることができます。故障保証などで修理費用に上限を設けていないカーリースもあります


故障保証1年付きで、修理費用の上限なしの中古車リースは、こちら


〈中古車購入のメリット〉
・現金一括購入ができる
中古車を購入する場合はローンによる購入だけでなく、現金一括で購入することも可能です。ローンと比べて利息分の負担もなくなるため、支払総額を抑えて自分の車を手に入れることができます。

・カスタマイズが楽しめる
自分の好きな仕様にカスタマイズすることもできます。より自分仕様の車に変えて、最後まで乗りつぶしたい場合は、購入したほうがよいでしょう。

・走行距離や期間を気にせず乗れる
走行距離や期間に制限のあるカーリースでは窮屈に感じてしまう場合は、購入のほうがどちらも気にせずに乗れます。また、傷付けてしまうことや汚してしまうことにそれほど気を使わなくても済むので気楽に乗れるでしょう。

中古車リースと中古車購入それぞれのデメリット

中古車リースと中古車購入それぞれのデメリットについては以下のとおりです。
どちらにおいてもデメリットを知っておくことで、後悔のない選択につながるでしょう。

〈中古車リースのデメリット〉
・中途解約ができない
中古車リースを契約した場合、原則として中途解約はできません。短期契約の場合は大きなデメリットにはならないものの、契約年数を長期で検討している場合は特に注意して契約する必要があります。1年単位で契約できるカーリースならライフプランに合わせやすいので、中途解約のリスクを下げられるでしょう。

・走行制限距離がある
中古車リースでは基本的に走行距離に制限が設けられています。制限をオーバーした場合、追加料金が請求されるので注意が必要です。しかし、走行距離無制限の中古車カーリースもあるので、長距離移動が多い方は制限のない中古車カーリースを選びましょう。


全車に走行距離制限なしの中古車カーリースもあります。詳しくはこちら


〈中古車購入のデメリット〉
・前所有者の使い方によりコンディションが一定ではない
中古車は前所有者の使い方や、設備の状態をそのまま引き継ぐことになるため、コンディションが一定ではないことがほとんどです。中には、購入と同時に新しい部品が必要となる場合もあるため、注意が必要です。しかし中古車リースでは車を引き渡して終わりというサービスではないため、リース前には良好な状態に整備が行われるのが普通です

・車の見極めが難しい
中古車は車ごとに状態が異なります。車に詳しくない方は特に見極めが難しいでしょう。中古車リースの場合はカーリース会社がきっちりと状態を見極めた上で購入した車を提供するので、その点は中古車カーリースのほうが安心といえるのではないでしょうか。

中古車リースと中古車購入、あなたに向いているのはどっち?

中古車リースと中古車購入、あなたに向いているのはどっち?

中古車リースと中古車購入について説明してきましたが、自身がどちらに向いているのか気になる方も多いでしょう。自身が中古車リースに向いているのか、それとも購入に向いているのか見極めましょう。

中古車リースに向いている方

中古車リースは、以下のような方に向いているといえます。
とにかく車にかかる費用を抑えたい方や、手軽に自分が使える車を持ちたいという方は中古車リースに向いていると考えられます。

〈中古車リースに向いている方〉
・費用負担を抑えた上で車を持ちたい方
・頭金を用意するのが難しい方
・突発的な維持費の負担を心配せずに車に乗りたい方
・面倒な手続きをしたくない方
・車にあまり詳しくない方
・長距離の移動をしない方

中古車購入に向いている方

中古車購入は、以下のような方に向いているといえます。

中古車購入は自身の車を所有するという点で、中古車リースと大きく異なります。自分自身が車に対してかけられるお金や、生活の中で車がどれくらい重要であるかによって、自分が中古車購入に向いているか判断するようにしましょう。

〈中古車購入に向いている人〉
・車を一括で購入したい方
・頭金を用意できる方
・車を自身で所有したい方
・走行距離や期間の制限を受けたくない方

中古車リース4社を比較

料金の目安 メンテナンス 契約期間
定額カルモくん 中古車 13,100円〜 シルバープラン

ゴールドプラン

3年〜

最長10年

A社 5,500円〜

(ボーナス加算あり)

14,080円~

(ボーナス加算なし)

メンテプランあり 1年〜

最長7年

B社 16,280円〜 自己負担 90日から契約可能
C社 15,000円〜 自己負担 1ヵ月から契約可能

※2022年2月1日時点の情報です

「定額カルモくん 中古車」を含む中古車リースサービス4社を比較した場合、料金やメンテナンス、契約期間についても各社で大きな違いがあることがわかります。以下では、各比較項目の内容について説明していきます。

料金の目安

料金は基本的に月額料金制であり、車種によって料金も異なってきます。
基本的に新しい車種で人気が高いものや、走行距離が少ない車両は月額料金が高くなる傾向があります。なるべく費用を抑えたいと考えている場合は、型落ちした車種や走行距離が多いものも検討するようにしましょう。
また、リース会社によってはボーナス払いを採用しているものもあるため、ボーナス月には多めに費用がかかります

メンテナンス

カーリースではメンテナンスプランを用意しているところが多く、基本的には費用を抑えられる場合がほとんどです。
しかし、カーリース会社がカバーしてくれるメンテナンスの範囲はそれぞれ異なるため、自分の使用頻度などに合わせてプランを選択する必要があります。
中には月額料金にプランの料金を含めて毎月定額で支払うことができ、必要なメンテナンスを無料で行ってくれるプランもあるため、日常生活で頻繁に車を使うことが予想される場合にはメンテナンスを受けやすいプランを選択するようにしましょう。

契約期間

選択可能な契約期間はカーリース会社や車ごとで異なっており、短期カーリースを提供するところでは1ヵ月から契約可能となっています。
引越しなどを検討していてライフプランに変化が予想される場合には短期プランを契約し、ライフプランが見通せる場合には長期のプランを選ぶようにしましょう。

中古車のリース会社を選ぶ際の比較ポイント

ここでは中古車リースを契約するカーリース会社を選ぶ際のポイントについて解説します。
カーリース会社はそれぞれのリースプランを打ち出しており、会社によってはかかってくる費用が大きく異なる場合もあります。
複数のポイントを比較した上で、自分に合ったカーリース会社と契約しましょう。

月額料金に含まれる費用

中古車リースを契約する場合、カーリース会社によって月額料金に含まれる費用が大きく異なる場合があります。
「定額カルモくん 中古車」を例に、月額料金に含まれる費用を見てみましょう。

〈定額カルモくん 中古車の月額料金内訳〉
・車両本体価格
・自動車税(種別割)
・自動車重量税
・環境性能割
・自賠責保険料
・自動車リサイクル料
・納車陸送費
・カルモオプション料(希望ナンバー等ご希望の場合)
・保証料
・車庫証明代行費用
・登録時手数料
・納車時整備費用
・仲介手数料

「定額カルモくん 中古車」の月額料金に含まれる内容を参考に、各社で比較してみましょう。

取扱台数

取扱台数はカーリース会社によって大きく差があります。本当に欲しい車を見つけたいのなら、取扱台数が多いカーリース会社からチェックするとよいでしょう。
例えば、「定額カルモくん 中古車」は取扱台数日本一*の中古車リースです。在庫も毎日追加されるため、毎日チェックすることでめずらしい人気車種にも出会える可能性があります。

また、取扱台数が多ければ、同じ車種でも年式やグレード、走行距離などが異なるものが多く扱われているため、自身の都合に合わせて最適な1台を選べるでしょう。

契約可能年数

契約可能年数も各社で特徴が分かれます。短期利用をメインに打ち出すカーリース会社では1ヵ月からの利用も可能です。中古車の場合は車ごとに状態が異なるため、契約年数も車ごとに設定されている場合も多いといえます。また、1年単位で選べるところや、あらかじめ年数が限定されているところもあります。
カーリースでは中途解約ができないため、自身のライフプランに合わせて1年単位で選べるカーリース会社を利用すると安心ではないでしょうか。

サポート体制

中古車リースを利用する上で、サポート体制は最も重要なチェックポイントといっても間違いないでしょう。新車と違って中古車では故障や不具合のリスクが高いのは仕方ありません。もしもの際に相談できる窓口が24時間体制で用意されているカーリース会社や、故障保証などが手厚いカーリース会社なら安心です。

* JALAの特別会員・正会員の中で、一般消費者を対象にリースを行う中古車の取扱台数において(2021年7月2日、ステラアソシエ株式会社調べ)

総合的に安心できる定額カルモくん 中古車がおすすめ

カルモ中古車

中古車リース選びのポイントを説明してきましたが、総合的に見て「定額カルモくん 中古車」がおすすめといえます。
「おトクにマイカー 定額カルモくん」は専門家からも高い評価を受けており、その中古車部門が「定額カルモくん 中古車」になります。
「定額カルモくん 中古車」が安心して利用できる理由を見ていきましょう。

専門家も認める定額カルモくんの中古車だから安心


定額カルモくんは、専門家が選ぶカーリースにおいて、「コストパフォーマンスが高い」「納得価格」「サポートが充実している」の3つの部門で1位に選ばれ、3冠を獲得*¹しています。
その定額カルモくんの中古車部門である「定額カルモくん 中古車」であれば、中古車リースの利用が初めての方でも安心といえるでしょう。

高年式中古車にも乗れるから長期契約でも安心

「定額カルモくん 中古車」は上述したとおり、取扱台数日本一*²の中古車リースです。取り扱う中古車の中には、台数限定で高年式中古車もあります。高年式中古車とは、初度登録年月が新しく、一般的に初めての車検を受ける前の車を指します。高年式中古車なら走行距離も短いため、長期の利用でも安心です。


高年式中古車について、詳しくはこちら

全車に走行距離制限がないから長距離ドライブも安心

「定額カルモくん 中古車」では全車で走行距離制限を設けていません。走行距離に制限のあるカーリースでは、超過した場合に追加の支払いが発生してしまいますが、「定額カルモくん 中古車」なら長距離移動の多い方でも安心して利用できます。

車検2年、故障保証1年付きだから中古車利用も安心

「定額カルモくん 中古車」のリース車には全車で車検2年と故障保証が1年ついています。中古車では車検が切れていたり残り少なかったりする場合もありますが、利用を開始してすぐに車検を迎えるといった心配はありません。また、故障保証においても保証期間中は修理費用の上限がありません。さらに故障受付は365日24時間対応していますので安心です。

早く車が必要な場合も安心

1日でも早く車が必要といった場合は、「定額カルモくん 中古車」の「マッハ納車」が便利です。初度登録から3年未満の高年式で低走行距離の車を契約から最短4日*³で納車します。どうしてもすぐに車が必要といった場合でも安心です。


特にお急ぎの方におすすめ!最短4日で納車される「マッハ納車」はこちら

マッハ納車


調査方法:インターネット調査 調査期間:2021年2月12日~15日 調査概要:カーリース10社を対象にしたイメージ調査 調査対象:男女、全国、18~69 歳、運転免許保有、(1)(2)週1回以上運転するファイナンシャルプランナー176s、(3)カーディーラー勤務者297s 調査実施:株式会社ショッパーズアイ 比較対象企業:「カーリース」Google 検索9社(2021年1月29日10 時時点)※広告、まとめサイトなどを除く
*² JALAの特別会員・正会員の中で、一般消費者を対象にリースを行う中古車の取扱台数において(2021年7月2日、ステラアソシエ株式会社調べ)
*³ 対象地域によって納車までの日数が異なる場合があります

中古車の利用目的を明確にしてリースか購入を検討しよう

費用面やメリット・デメリットなどを中心に、中古車リースと中古車購入を比較してきました。どちらも向いている方と向いていない方がいるので、自身の状況に合わせて選択するのが望ましいでしょう。
中古車リースを利用する場合は、各社で月額料金の内訳や取扱台数、契約期間などが異なるため細かく比較してカーリース会社を選ぶ必要があります。中古車ならではのサポート体制などにも目を向けると本当に必要なサービスが見えてくるかもしれません。

※この記事は2021年2月時点の情報で制作しています

よくある質問

Q1中古車のリースと購入ではどちらの費用負担が大きい?

A:中古車リースでは初期費用がかかりませんが、中古車購入では登録諸費用として車両本体価格の10~20%を必要とします。維持費に関しても税金や保険料などが月額料金に含まれる中古車リースに対して、中古車購入ではそれぞれを自身で負担する必要があります。

Q2中古車リースを選ぶ際のポイントは?

A:中古車リースは各社で月額料金に含まれる内容や取扱台数、契約期間が異なります。月額料金の安さだけでなく、何が含まれているのかを確認しましょう。また、取扱台数が多いほうが目当ての車が探しやすく、契約期間の選択肢も増えるので、より自身の使い方に合わせた車が見つかるといえます。

Q3中古車リースでおすすめはどこ?

A:総合的に見て「定額カルモくん 中古車」がおすすめです。月額料金に含まれる内容が多く、取扱台数も豊富です。何より中古車ならではサポート体制が整っているので、安心して利用できるでしょう。

この記事の執筆者


伊藤 真二
監修者、編集者、ライター

伊藤 真二

ファイナンシャルプランナー。介護福祉士資格を所有していることから、老後の暮らしや節約・資産運用など、安心できる未来、無駄のない今を生きるためのご提案を多く行う。 また、ニュースメディア、採用メディア、自動車メディアなどのライター・編集者の経験から記事執筆・監修も広く行っている。