半年なら中古車リースがお得?その他の方法と比較したメリットや注意点を解説

更新日:2022.01.08
中古車リースの半年利用について

カーリースは長期契約が一般的ですが、中古車リースであれば短期で利用できるサービスもあります。購入するより手軽に車を持てるため、半年程度車が必要になったときに便利な方法といえるでしょう。

車の短期利用にはレンタカーやカーシェアリングもありますが、半年間ではどの方法が最適なのでしょうか。中古車リースの特徴と併せて、半年の利用におすすめの方法についてご紹介します。

半年だけ車が必要になったとき、どうやって準備する?

車を準備する方法としては、購入するほかに、知人や親族に借りる、レンタカーやカーシェアリングを利用する、カーリースを契約するなどが考えられるでしょう。
長めの出張が決まった際や、通院などで家族の送り迎えが必要になったときなど、車が半年くらい必要になった場合はどの方法が最適なのでしょうか。
それぞれの特徴を比較しながら考えてみましょう。

車を購入する

新車や中古車を購入して、半年後に必要なくなったら手放すという方法です。
購入すれば、車が必要なときに好きなだけ自由に使えるので、便利なのは間違いありません。
ただし購入時には、車両代金のほか、税金や自賠責保険といった法定費用、登録や車庫証明などにかかる諸費用も必要になるので、まとまった金額を用意しなければなりません。
車を手放す際も売却や廃車の手続きをする手間があること考えると、半年という使用期間ではあまりおすすめできる方法とはいえないでしょう。

知人や親族に借りる

車を持っている家族や親戚、あるいは知り合いなどが近くにいる場合、乗りたいときだけ借りるという方法も考えられます。それほど頻繁に使わないのなら、基本的にコストがかからない良い方法といえるでしょう。
ただし車の所有者の都合が優先となるため、いつでも借りられるとは限りません。また、車に傷をつけたり、事故を起こしたりした際はトラブルに発展する可能性もあるので、もしものときも想定して検討することが大切です。

レンタカー

レンタカーは必要なときだけ車を借りられる方法です。ただし、レンタカーの利用料金は数時間から1日単位が基本で、車種によって異なるものの、一般的には24時間で1万円前後。半年間毎日のように借りるとなると相当な出費になってしまいます。
ひと月単位の料金設定があるレンタカー会社であれば1日ずつ借りるよりも割安ですが、車種によっては月額10万円以上かかることもあります。
もし使う時間が限られていて、それほど頻繁に利用しないのであれば、使うときだけ借りることでコストを抑えられるでしょう。しかしその都度予約をしたり、わざわざ店舗に出向いたりする手間がかかります。

カーシェアリング

カーシェアリングは、レンタカーよりもさらに短い時間で利用するのに適したサービスで、数分単位や数時間単位などの料金設定が基本となっています。
複数人で車をシェアするしくみ上、半年間借り続けるというのは現実的ではないので、使うときにその都度予約することになります。もし頻繁に利用するなら、その点が手間になるといえるでしょう。また、ほかの利用者が使っている場合もあるので、使いたいときに必ず使えるとは限りません
ただし、24時間いつでも利用可能なので、予約が取れれば時間を気にせず使えます。カーシェアリングのステーションがすぐ近くにあるような場合には手軽な手段となるでしょう。

カーリース

カーリースは長期利用が一般的ですが、リース会社によっては半年など短期のサービスを提供しているところもあります。半年くらいの期間頻繁に使うのなら、レンタカーやカーシェアリングと比べてコストを抑えることができる上、初期費用がかからないところが多いので、購入する場合と比べても負担が軽くなります。
短期契約のカーリースでは中古車の使用が基本になりますが、マイカーのように自由に使えるので、半年のあいだコストを抑えつつ自身のペースで車を利用したい場合には、最もおすすめのサービスといえるでしょう。

中古車リースのしくみとは?

半年くらいの利用にも最適な中古車リースは、リース会社が所有する中古車を一定期間借りられる車のサブスクリプションサービスです。その基本的なしくみをご紹介します。

中古車リースのしくみ

中古車リースでは、利用者はリース会社に在庫のある中古車の中から、車種や年式、走行距離などを基に好みの1台を選び、利用期間を決めて契約します。契約期間中は利用者が用意した駐車場で車を管理して、マイカーと同じように利用できます。

中古車リースは、ほぼ全車種から選べる新車リースと比べると選択できる車の種類は少なくなりますが、中古車を使用する分リーズナブルな価格で使えるのも魅力といえるでしょう。

中古車リースの料金には、車両本体価格のほか、購入時や維持する上で必要な各種税金や諸費用が含まれています。
月額料金はそれらの総額を契約月数で割って算出するため、初期費用なども必要なく、利用期間中はずっと定額で利用できます。

なお、月額料金に含まれる費用はリース会社によって異なり、「おトクにマイカー 定額カルモくん 中古車」では次のようになっています。

●定額カルモくん 中古車の月額料金に含まれる費用
・車両本体価格
・自動車税(種別割)
・環境性能割
・自動車重量税
・自賠責保険料
・整備費用
・登録費用
・車庫証明手続代行費用
・仲介手数料
・保証料
・納車陸送費
など

なお、車両本体価格は、リース契約満了時に想定される車両価値である残価(売却した場合の価格)を差し引いた金額になるため、月額料金はその分手頃な価格となっています。

中古車リースを半年利用するメリットは?

毎月定額の月額料金を支払いながら、マイカーと同じように車を使える中古車リースは、半年くらいの短い期間、頻繁に車を利用するのに適したサービスです。
ここでは車を購入する場合や、レンタカー、カーシェアリングを利用する場合などと比べた、中古車リースのおすすめポイントを見てみましょう。

中古車を購入するよりもお得に利用ができる

中古車を購入する場合には、ローンを組むならある程度の頭金に加えて、各種税金や自賠責保険料、リサイクル料金、登録代行費用、車庫証明代行手数料などが必要になります。しかし中古車リースでは月額料金にこれらの費用がすべて含まれているため、まとまったお金の準備がなくても気軽にカーライフを始めることができます。
また、契約の際にメンテナンス費用も定額にできるプランにすれば、消耗部品の交換にかかる費用や車検基本料なども月額料金に含められるため、不意な出費を心配する必要もありません。
購入した場合では半年間使った後で車を売却する手間もかかりますが、中古車リースならリース会社に車を返却するだけなので、その点でも楽といえるでしょう。

新車リースよりも安く、納車も早い

先述のとおり、中古車リースは中古車を利用するので新車リースよりも費用を抑えられます。
また、新車リースでは基本的に契約が決まってから車を製造する受注生産になるため、納車までの時間がどうしても長くなってしまいます。しかし中古車リースではすでに在庫にある車から選ぶので、整備や登録などを済ませれば納車が可能。新車よりも早く車に乗ることができます

レンタカーやカーシェアリングより手軽に利用できる

オンラインで車選びから見積り、審査申込みまでできるリース会社なら、スキマ時間を使って手続きが可能。店舗に出向く必要もなく、手軽にカーライフをスタートできます。
また、一度契約を済ませればマイカーと同じように自由に車を利用できるので、レンタカーやカーシェアリングのように使う度に予約をしたり、店舗やステーションに出向いたりする必要もありません。

月単位での契約が可能

1ヵ月から月単位での契約が可能な中古車リースであれば、3ヵ月だけ車が必要、1年だけ使いたいなど、ニーズに応じて契約期間を選ぶことができます。レンタカーやカーシェアリングを利用するには長すぎるけれど、購入するには負担が大きすぎる半年程度の利用でも、コストを抑えて便利に利用できます。

マイカーと同じように使える

レンタカーやカーシェアリングとは違って、家のガレージや近所の契約駐車場に止めて自由に使えるのも中古車リースの魅力。
また、レンタカーやカーシェアリングは事業として他人に貸し渡す車両であることを示す「わ」や「れ」ナンバーになりますが、中古車リースでは「わ」や「れ」ではない一般的な自家用車と同じナンバーが割りあてられます。
仕事で使うなど所有車ではないことが周囲にわかってしまうのが気になる方にとって、一般ナンバーであることもメリットといえるでしょう。

中古車リースは半年いくらで利用できる?

それでは、中古車リースを半年間利用した場合、費用はどのくらいになるのでしょうか。目安として、現在、数ヵ月単位の短期カーリースを取り扱っている2社の例を見てみましょう。

※料金はいずれも参考例なので、実際にご利用になる際には、料金や条件などをリース会社に直接ご確認ください。

●A社の例
軽自動車クラスの月額料金は26,000円~。半年間利用した場合の総額は15万6,000円~となります。
なお、この料金には自動車税(種別割)、自動車重量税、自賠責保険料のほか、車両償却費用などが含まれています。
このほか、契約時に車両準備費用として、貸出料金の1ヵ月分(26,000円~)がかかります。

●B社の例
軽自動車クラスの月額料金は16,500円~。半年間利用した場合の総額は99,000円~となります。
なお、この料金には自動車税(種別割)、自動車重量税、自賠責保険料のほか、車両償却費、車検基本料などが含まれています。
このほか、契約時に諸費用として、軽自動車の場合35,000円(普通車の場合39,000円)がかかります。

中古車リースを半年利用する際に、注意すべきポイントは?

中古車リースは、半年などの短い期間、車を使うのにおすすめの優れたサービスですが、利用を検討する際にはいくつか注意すべきポイントもあります。
次のようなことに注意して、お得に中古車リースを利用しましょう。

中古車しか選べない

半年など短期のカーリースでは、新車の取扱いはなく中古車しか選べないのが一般的です。
ただし、きちんとメンテナンスされた車両が貸し出されるので、故障などの心配はほとんどありません。また、高年式中古車を取り扱っている中古車リースなら、新車同然の車を利用することも可能です。

車種のチョイスが在庫にあるものに限られる

中古車リースでは、リース会社の在庫車両から乗りたい車を選ぶことになります。そのため、新車リースのように希望する車種が選べるとは限りません。
半年など短期の利用の場合は、用途や利用目的から必要な車のタイプや性能がある程度はっきりしていることも多いため、できるだけ在庫が豊富な中古車リースから探し始めると、希望に近い車種をみつけやすいでしょう。

納車までにかかる時間を頭に入れて準備する

申込みから納車までにかかる時間が短いのが中古車リースのメリットです。それでも、与信審査や手続き、車両の整備などで納車までには一定期間かかります。
いつから車が必要なのかを考慮した上で、早めに準備を始めておきましょう。

利用期間や契約内容をしっかり確認する

カーリースは契約期間途中での解約が原則として認められていません。中途解約では違約金が発生することもあるので、何ヵ月車が必要なのかをしっかりと考えた上で契約期間を決めましょう。もし契約期間を超えて利用したい場合には再リースが可能です。

また、カーリースでは返却時の車の価値を担保するために走行距離制限を設けているのが一般的で、制限距離を超えてしまうと別途費用を請求されることも。返却時に残価を精算する契約方式の場合は、残価と返却時の実際の車両の価値の差額を請求される場合もあります。
思わぬ出費とならないよう、契約内容をしっかりと確認した上で利用するようにしましょう。

サポート体制が充実したリース会社を選ぶ

中古車リースで貸し出される車両は納車前に十分な点検整備がされていますが、万が一故障した場合のサポート体制がしっかりしたリース会社を選べばより安心です。
故障保証が充実しているか、24時間対応の受付窓口があるかなど、確認しておくといいでしょう。

保証金がかかる場合がある

短期利用の場合、リース会社によっては契約時に保証金が必要になることがあります。
中古車リースでは、車を返却する際に損傷などがあったら修理をして、使い始めたときと同じ状態に戻す「原状回復」をしなければなりません。保証金はおもにそのために使われるもので、原状回復の必要がなければ戻ってくるのが一般的ですが、事前に詳細を確認しておくとトラブルを防ぎやすいでしょう。 

長期にわたって車が必要になったら、定額カルモくん 中古車を検討してみよう

半年の利用に適した中古車リースは、長期の利用でもさまざまなメリットがあります。
半年間の出張や通院などが終わった後も引き続き車を使いたいと思ったら、3~8年のあいだで、1年単位で契約期間が選べる定額カルモくん 中古車がおすすめです。

定額カルモくん 中古車は、残価精算を行わない契約方式の中古車リースです。走行距離も無制限でご利用いただけるほか、中古車購入や新車リースよりも費用を抑えてカーライフを実現できます。
おすすめのポイントをご紹介しましょう。

初期費用なしの月々定額払いで気軽に車に乗れる

定額カルモくん 中古車では、初期費用も保証金も必要ありません
月々の支払いはボーナス払いゼロの完全定額制で、月額には残価を差し引いた車両価格や税金、自賠責保険料、各種手数料などが含まれています。走行距離の制限がなく乗り放題で、返却時の残価精算もないので最後まで安心してお乗りいただけます。

取扱台数日本一*で乗りたい車がみつけやすい

定額カルモくん 中古車は取扱台数日本一*。しかも毎朝在庫が追加されるので、豊富な車種からご希望の車を探すことができます。
また、初度登録年が新しい高年式中古車の取扱いもあるので、中古車でも新しい車両をお探しの方にもおすすめです。

* JALAの特別会員・正会員の中で、一般消費者を対象にリースを行う中古車の取扱台数において(2021年7月2日、ステラアソシエ株式会社調べ)

1年の故障保証に加えて車検は2年付き

定額カルモくん 中古車は、全車に1年間の故障保証をつけてお貸し出しいたします。修理回数・金額ともに上限がなく、故障受付にも24時間365日対応しています。その上、納車の際にはすべての車に2年の車検がついてきます。

また、オプションでメンテナンスプランに加入すれば、月々の支払いに車検基本料や一部消耗部品の交換費用といったメンテナンスや修理にかかる費用も定額にできて、不意な出費を心配することもなくなります。
メンテナンスプランの加入時に「車をもらう」を選択すると、契約満了時にそのまま車をもらうこともできます


車を使う目的や頻度に応じて最適な利用方法を検討しよう

半年間どのような目的でどれくらい車を使うのかによって、最適な利用方法は変わってきます。限られた時間や回数しか使わないのならレンタカーやカーシェアリングなどがコストを抑えられますが、ほぼ毎日や、時間を気にせず頻繁に乗りたいのなら中古車リースがおすすめです。手間やコストをトータル的に見て検討しましょう。

半年後、引き続き車が必要になったら、最短3年から1年単位で利用できる定額カルモくん 中古車で、長期的なカーライフを検討してみてはいかがでしょうか。

※この記事の情報は2021年8月時点の情報で制作しています

よくある質問

Q1半年だけ利用できるカーリースはある?

A:カーリースは数年単位の長期利用が一般的ですが、中古車リースであれば、半年など短期での利用ができるところもあります。自家用車のように車に乗ることができるので、半年間、時間を気にせず頻繁に使うなら最もおすすめの方法といえます。

Q2中古車リースを半年利用する際、どんな点に気を付けたらいい?

A:中古車リースは在庫の中から車種を選ぶため、目的に合った車の取扱いがあるか事前に確認しておきましょう。また、半年の利用ができるか、故障などの際のサポート体制は充実しているか、走行距離制限や残価精算の有無なども確認した上で検討することが大切です。

Q3半年後にもっと長く車を使いたくなったらどうすればいい?

A:半年の契約満了後も車に乗りたい場合には、再リースを申し込むといいでしょう。同じ車にそのまま乗り続けられる上、月額料金は改めて計算し直すので安くなる場合があります。契約期間が3年以上になるようなら、リーズナブルな月額料金でカーライフが楽しめる定額カルモくん 中古車がおすすめです。