カーリースならボーナス払い無しで新車に乗れる!料金やリースのしくみとは

公開日:2021-08-12更新日:2021-09-09

ボーナス払い無しのカーリース

ボーナス払いは月々の支払いの負担を減らすひとつの方法です。しかし、ボーナスが期待できなかったり支給されても貯金にまわしたりする場合、ボーナス払いは避けたいという方もいるのではないでしょうか。定額制のカーリースはボーナス払い無しでも安く利用できるサービスもあるので、そのような心配は必要ありません。

そこで、家計への負担を抑えて新車に乗ることができるカーリースのしくみや料金などについて紹介します。

カーリースにはボーナス払いが無い?

カーリースにはボーナス払いが無い?

カーリースのボーナス払いの有無は、サービスや契約内容によって異なります。そのため、ボーナス払いができるカーリースもあります。

ボーナス払い有りのカーリースでは、年に2回、月額料金に加えてまとまった費用の負担が必要ですが、その分月額料金を安くできるのが特徴です。なお、ボーナス払いの金額は契約時にあらかじめ提示された負担額か、申告額となります。

一方、ボーナス払い無しのカーリースでは、毎月の定額料金のみを支払います。ボーナス払いで負担の大きな月を作らず、毎月定額で車に乗れるので、カーリースのメリットを活かすことができるのが特徴です。

数あるカーリースの中でも、定額カルモくんならボーナス払い無しで、月々10,000円台から新車に乗れるので、家計への負担が増えてしまうボーナス払い有りよりもおすすめです。


カーリースについてさらに詳しく知りたい方はこちら

カーリースについてさらに詳しく知りたい方はこちら

ボーナス払いのメリット・デメリット

ボーナス払いのメリット・デメリット

月々の支払いの負担を減らすことができるボーナス払いですが、ほかにはどのような特徴があるのでしょうか。カーリースでボーナス払いを利用するメリットとデメリットについて見ていきましょう。

メリット

〈ボーナス払いのメリット〉
・月々の支払額を抑えられる
・余裕のある月に支払いをまとめられる
・毎月の生活費に余裕ができる
・金額の高い車種や上のグレードが選べる

カーリースでボーナス払いをする最大のメリットは、毎月の支払額を抑えられることにあります。勤め先からボーナスの支給がある場合など、まとまった費用を支払うのが負担にならないのであれば、お得な方法といえるでしょう。

さらに、月々の支払額を抑えられるので、毎月の車に関する費用を減らすことができます。その分、生活費や貯金にまわせる金額が増えるといったメリットもあります。

また、ボーナス払いをすることで家計に余裕ができるという場合には、予算内でもっと金額の高い車種や上位グレードが選べたり、理想の車に乗れたりする可能性があります。このように、年に2回のボーナスを車の費用にまわすことができる場合には、毎月の支払額を抑えられるメリットの大きい方法となっています。

デメリット

〈ボーナス払いのデメリット〉
・年2回の大きな負担が発生する
・支払えない可能性がある
・途中でボーナス払いの設定金額を変更できない
・カーリースには金利がないのでメリットが小さい

カーリースでボーナス払いをする最も大きなデメリットに、年2回のボーナス月に大きな負担が必要になることが挙げられます。計画通りに支払いを続けられれば、家計の負担になることは少ないかもしれません。

しかし、カーリースは基本的に長期契約なので、将来的に思ってもいなかった大きな出費が発生したり、ボーナスが想定よりも減ってしまったりする可能性もあります。例えば、病気やケガなどで働けなくなってしまったりボーナスが支給されなかったりした場合でも、ボーナス払いの設定は変更できません。そのため、ボーナス払いの金額は余裕をもって設定する必要があります。

また、カーリースはローンのように金利がありません。ローンは利息がかかるので、支払えるタイミングで早めに返済したほうがお得ですが、金利のないカーリースではボーナス払いをするメリットは小さいといえます。

ボーナス払いは有り無し、どっちにするべき?

ボーナス払いの有無

ボーナス払いをするかどうかは、カーリース会社規定のボーナス払いの金額と月々の負担のバランスを見て決めるといいでしょう。ボーナス払いでの金額はサービスや車種の価格によって、30,000円、50,000円、70,000円、10万円などさまざまです。

例えば、ボーナス払いが50,000円、約290万円のコンパクトカーを9年間リースする場合、ボーナス払い無しの月額料金は25,000円です。

一方、ボーナス払い有りで、年に2回50,000円を支払う場合の月額料金は約16,500円です。単純に月額料金だけを比較すると約8,500円安くなりますが、ボーナス払いの月には月額料金とボーナス払いの50,000円の両方を支払うことになります

この場合、ボーナス払い有りと無しの差額は毎月約8,500円程度。思ったよりも毎月の負担が減らないと感じた方も多いのではないでしょうか。このように、ボーナス払いの金額と月額料金をシミュレーションして、本当にお得かどうかを確認するのがおすすめです。

ボーナス払い無しのローンとカーリース、どちらがお得?

ローン_カーリース費用イメージ

ボーナス払い無しでローンを利用する場合、月々の返済額は車両価格をローンの返済期間で割って、返済期間に応じた利息を上乗せして決まります。

一方、カーリースでは、車両価格から契約満了時の車の下取り価格である残価を差し引いた金額を、契約年数で割って月額料金を決めています。あらかじめ設定した残価を車両価格から差し引いているため、車両価格全体を支払うローンよりもお得になっています。

また、車を持つためには車両代金以外にもさまざまな費用が必要です。カーリースでは初期費用が不要ですが、ローンを組んだ場合は、環境性能割や自動車重量税などの税金や自賠責保険料、各種手数料を現金で用意しなくてはいけません。さらに、車検やメンテナンスの費用も発生し、車の状態によっては消耗品の交換や修理費用などもかかります。

しかし、カーリースではそれらの費用のほとんどを月額料金に含めることができるので、ローンよりもカーリースのほうが家計への負担なく利用できるといえるでしょう。


ローンとリースの比較を詳しくチェックする

ボーナス払い無しでもカーリースをお得に利用する方法

ボーナス払い無しでもカーリースをお得に利用する方法

ボーナス払いは月々の負担を抑える方法ですが、このご時世、会社の状況次第でボーナスが急にもらえなくなることも考えられます。そのため、さまざまなリスクを考えると、ボーナス払い無しのほうが望ましいでしょう。しかし、少しでも安くカーリースを利用したいと考える方もいるのではないでしょうか。

そこで、ボーナス払い無しでもお得にカーリースを利用する方法についてご紹介します。

1. 残価精算のない契約方式を選ぶ

1. 残価精算のない契約方式を選ぶ

カーリースの契約方式には、オープンエンド方式とクローズドエンド方式の2種類があります。どちらも残価を車両価格から差し引いて月額料金を算出しますが、残価の取扱い方に大きな違いがあります。

・オープンエンド方式
オープンエンド方式では、契約時に設定した残価を提示した上で車両価格から差し引き、契約期間で割って月額料金を算出します。そして、リース契約が終了し、車両が返却された際に下取り価格の確認を行います。下取り価格が契約時に設定した残価を下回った場合には残価精算を行うため、契約終了時に追加請求が発生します

・クローズドエンド方式
クローズドエンド方式でも契約時に残価を設定しますが、残価は提示せずに車両価格から残価を差し引き、契約期間で割って月額料金を算出します。そして、リース契約が終了して車両が返却された際、下取り価格に関わらず残価精算をしないので追加請求が発生しません

つまり、残価精算のないクローズドエンド方式なら、最後まで安心して車を利用できます

2. 月々の料金が安いカーリースを選ぶ

同じ車種を扱っている場合でも、カーリースによって月々の料金が異なります。乗りたい車種が決まったら、サービスを比較し、月々の料金が安いカーリースを選びましょう。しかし、カーリースによって月額料金に含まれている内容が異なるため、よく内容を確認した上で比較することが大切です。

また、カーリースの中には頭金を入れて月額料金を安くできる場合がありますが、ボーナス払いと同じようにまとまった出費が発生してしまうので、頭金が不要なカーリースを選ぶのがおすすめです。

3. キャンペーンを利用する

カーリースによっては、オンライン申込みで割引が適用されたり、期間限定でキャッシュバックされたり、安い特選車両が用意されている場合があります。そういったキャンペーンを上手に利用すれば、通常よりもリース料金を安く抑えることができます。

なお、キャンペーンの中には期間が限定されていたり、先着人数が決まっていたりすることもあるので、気になっているカーリースの公式サイトは定期的にチェックしておきましょう

4. 契約年数の選択肢が多いカーリース会社を選ぶ

カーリースは契約期間が長くなるほど月額料金が安くなるしくみです。サービスによって契約できる年数は異なりますが、できるだけ長期間で契約できるカーリースを選べば、毎月の負担をさらに抑えられます

また、契約期間の設定方法もカーリースによって異なり、3年、5年、7年と決まった契約期間しか選べないカーリースもあれば、1年ごとに契約年数を選べるカーリースもあります。金額や用途、ライフプランにあわせて、柔軟に契約年数を選択できるカーリースを選ぶのがおすすめです。


定額カルモくんなら1年から11年まで契約年数が選べる

早速リースを探すならこちら

新車TOPページへ安い順で探す人気車種で探す

気になるモデルがある場合は、メールやフリーダイヤルを利用して気軽に質問してください。知識の豊富な専門家が最適な車選びをサポートいたします。

フリーダイヤル

メールフォーム

ボーナス払い無しでも定額カルモくんがお得な理由

ボーナス払い無しでも定額カルモくんがお得な理由

ボーナス払い無しのカーリースを探しているなら、日本一安いカーリース(※)の「おトクにマイカー 定額カルモくん」がおすすめです。月々10,000円台から新車に乗ることができるので、ボーナス払い無しでもお得に車に乗れます。

ほかにも、残価精算のないクローズドエンド方式を採用するなど、安心して利用できる定額カルモくんの魅力について詳しくご紹介します。

クローズドエンド方式だから残価精算がない

カーリースの中にはオープンエンド方式で残価を高く設定することで月々の料金を抑え、契約満了時の残価精算で高額の差額請求を行うケースがあります。そのため、一見、安く見える場合でも、残価精算で思わぬ出費が発生してしまう可能性があるので注意が必要です。

一方、定額カルモくんでは残価精算のないクローズドエンド方式を採用しているので、契約満了時の差額請求もありません。残価精算を気にせずお得にカーライフを送ることができます。

日本一安いカーリースで1位を獲得

日本一安いカーリースで1位を獲得

定額カルモくんは、頭金なし、ボーナス払いなし、クローズドエンド方式の個人向けリースの中で日本一安いカーリース(※)として注目されています。さらに、ファイナンシャルプランナーやカーディーラー勤務者を対象に行ったインターネット調査では、「コストパフォーマンスが高いカーリース」「納得価格のカーリース」で1位を獲得しました。

また、業界最長の11年契約が可能なので、さらに安い料金で利用できます。なお、契約期間は1年から11年までの中で、1年ごとに自分にあった契約期間が選べるという特徴もあります。

※一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ)

7年以上の契約で走行距離が無制限になる

多くのカーリースでは走行距離制限が設けられており、走行距離制限を無制限にするためには高額なオプション追加が必要なケースもあります。しかし、定額カルモくんなら7年以上で契約の全車種が走行距離無制限になります。そのため、7年以上で契約するだけで、走行距離を気にせずに好きなだけリース車に乗ることができます。

メンテナンスプランで車にかかる費用を定額化できる

車を維持するためには車両代金以外に車検やメンテナンス費用なども必要です。

定額カルモくんでは、車検やメンテナンスにかかる費用を月額料金に含めることができるメンテナンスプランを数種類ご用意しています。さらに、選択するプランによってはバッテリーやオイルなどの消耗品の交換費用もカバーできるので、家計への負担を気にせずにこまめなメンテナンスができます。

また、カーリースでは契約満了時の返却を前提としているため、キズやヘコミ、汚れなどがある場合は原状回復が必要となります。しかし、返却時の原状回復費用補償もメンテナンスプランに含まれているので、カーリースの利用にかかるさまざまな費用を定額化できます。

オプションで車がもらえる

カーリースでは、契約終了時に「返却する」「返却して乗り換える」「再リースする」などの選択肢から選ぶのが一般的ですが、定額カルモくんでは月々500円プラスするだけで「車をもらう」という選択が可能です。

そのため、定額制というカーリースのメリットを得ながら将来的にマイカーを持つことができるだけでなく、原状回復の心配もありません。


好きな車種を選んで審査を受けてみる

ボーナス払い無しでもお得なカーリースを選ぼう

ボーナス払い無しでもお得なカーリースを選ぼう

ボーナス払いで月々の料金を抑えるよりも、ボーナス払い無しのカーリースを選んだほうが、結果的にお得なケースも多くあります。定額カルモくんなら日本一安いだけでなく、マイカーコンシェルジュがカーライフをサポートしてくれるので、初めてカーリースを利用する方でも安心してご利用いただけます。

よくある質問

Q1:ボーナス払い無しのカーリースはある?

A:ボーナス払い無しのカーリースはあります。ボーナス払い無しのカーリースなら、毎月の定額料金のみでリース車を利用することができます。

Q2:ボーナス払いの有無、どう選べばいい?

A:ボーナス払いには毎月の料金を抑えられるというメリットもありますが、年に2回大きな負担が必要になるというデメリットもあります。ボーナス払いが有りと無しの場合の料金をシミュレーションしてから決めるのがおすすめです。

Q3:ボーナス払い無しで利用できるカーリースが知りたい!

A:定額カルモくんなら、ボーナス払い無しで月々安い金額で利用可能です。ほかにも、車がもらえるプランや車検が定額になるプランなど、サービス内容も充実しているのでおすすめです。

関連記事