走行距離無制限のカーリースもある!走行距離制限の特徴や選び方を解説

更新日:2022.11.19
走行距離無制限のカーリースについて

返却を前提としているカーリースでは、走行距離制限が設けられているのが一般的です。さらに、制限距離を超えた場合には追加料金を請求されることもあります。
通勤などで毎日乗る方や、旅行などで遠出をする機会が多い方にとっては、どれくらいの距離を走れるのか、超過した場合はいくらかかるのかなど、気になる点も多いでしょう。そこで、カーリースの走行距離や超過した場合の金額について、自身に合った走行距離制限の選び方とともに解説します。

なお、最近は走行距離が無制限のカーリースが人気を集めています。どのようなサービスなのか、併せてご紹介します。


申込者数10万人以上_走行距離制限なしのカーリースをみる

【この記事のポイント】
✔オプションの追加やプラン次第で走行距離無制限となるカーリースもある
✔一般的なカーリースでは走行距離制限を超えると追加料金が請求される
✔走行距離無制限で、さらに車がもらえるカーリースならカーライフをより満喫できる

走行距離無制限のカーリースはある

走行距離無制限のカーリースはある

カーリースは車の返却を前提としたサービスなので、返却時の車の価値を担保するために、基本的には走行距離制限を設けています。カーリースの走行距離制限に対する一般的なイメージは以下のとおりです。






このように、走行距離制限があると聞いて、自分にカーリースは合わないと判断し利用を断念している方も多いのが実情です。しかし、カーリースの中には走行距離無制限のカーリースもあります。

走行距離制限がないカーリースの多くは、オプションを追加したり、一定の条件を満たしたりすることで走行距離が無制限になります。

車の使用頻度から考えて、確実に走行距離制限を超えてしまう、走行距離制限があると車に乗りにくい、と感じる場合には、安心して乗れるサービスやプランを契約したり、オプションを追加したりすれば、走行距離を気にせずに、マイカー同然にカーライフを楽しめるでしょう。


走行距離制限がなくなるカーリースの中には、月額料金が高くなるケースもあります。
しかし、カーリースの「おトクにマイカー 定額カルモくん」は、業界最安水準の料金のまま、7年以上の契約で、全車無償で走行距離の制限がなくなります。
日常的に長距離運転をされる方も、車での遠出や旅行が趣味の方も、マイカーのように思いっきりドライブを楽しめるでしょう。
定額カルモくんについて詳しくは下のバナーからどうぞ。


貯金ゼロでも_定額カルモくんについて詳しくみる


カーリースの走行距離制限は利用者のメリットになることもある

カーリースの走行距離制限は利用者のメリットになることもある

走行距離無制限のカーリースもありますが、一般的にカーリースでは走行距離の上限が設定されています。デメリットと感じる方も多いですが、走行距離制限があることによって、利用者にとって大きなメリットもあります。
以下で詳しく見ていきましょう。

車の価値を保てる

中古車を探した経験がある方はご存じだと思いますが、一般的に車は走行距離が長くなるほど価値が下がってしまいます

カーリースでは、車両本体価格も契約期間分だけの負担となるように、契約年数などから契約満了時の車の想定下取り価格である「残価」を設定して差し引きますが、利用中の走行距離が想定よりも長いと、返却時の実際の車の市場価値が残価を下回ってしまう可能性があります。その場合、残価との差額を請求されることもあり、最後に大きな出費を伴うことになってしまいます。

しかし走行距離制限を設けていれば、契約満了時の実際の車の価値が残価を下回るリスクを抑えられるので、利用者は契約満了時に思わぬ請求をされる可能性が低くなります。

料金が安くなる

走行距離制限によって車の価値を保てることは、残価を高く設定して月額料金を下げることにもつながります。つまり、走行距離制限を短くするほど車両本体価格から差し引く残価を高く設定できるので、それだけ月々のリース料金が安くなるのです。

例えば、5年契約で走行距離の上限が月間1,500kmと月間500kmの場合では、契約満了時の車の価値は総走行距離60,000km分の差が生じることになります。車の利用頻度が少ない場合、初めから短めの走行距離制限を選ぶことで、より月額を抑えた利用が可能になります。

ただし、走行距離を短く見積もりすぎて超過すると追加料金が発生するため、走行距離制限は慎重に検討する必要があります。


走行距離無制限なのに業界最安水準のカーリースはこちら

走行距離制限のあるカーリースを利用するときの注意点

走行距離制限のあるカーリースを利用するときの注意点

走行距離制限のあるカーリースを利用する場合は、事前に走行距離の目安をシミュレーションしておく、生活環境が変化することも想定する、といった注意点があります。ここでは、走行距離制限のあるカーリース利用時に気を付けたいポイントを詳しく見ていきましょう。

事前に走行距離を想定しておく

実際に利用し始めてから走行距離制限が短すぎると後悔することのないよう、カーリースを利用する前に、自身に必要な1ヵ月あたりの走行距離をシミュレーションしておきましょう。特に、通勤や送迎などで毎日車を使う場合は走行距離制限をオーバーしやすいため、注意が必要です。

1ヵ月あたりの走行距離は、通勤に30km、家族の送迎に5km、買い物に10kmなど、項目を分けて細かくシミュレーションすると、現実に即した数値を出しやすいでしょう。走行距離制限はカーリース会社によって異なるので、シミュレーション結果を基にしてカーリース選びをすることが大切です。
走行距離の目安や日常生活でのシミュレーション例については、次項で詳しく解説しています。

生活環境が変わることを念頭に置いておく

カーリースは数年単位で比較的長期にわたって利用するのが一般的なため、利用期間中に生活環境が変化することも考慮しなければなりません

例えば、結婚や出産、子供の成長などによって車の使用頻度が増えて、走行距離が長くなる可能性もあります。また、転職や転勤などによって勤務地や生活が変わり、これまでよりも走行距離が大幅に伸びることもあるかもしれません。

このような今後のライフスタイルの変化もイメージして、ある程度走行距離に余裕のあるプランを選ぶこともポイントです。


日常で車を使う場面は人それぞれなので、走行距離を想定するのは難しいものです。定額カルモくんなら、走行距離無制限で利用できるのでライフスタイルが変わっても安心して利用できます。

下のバナーから「お試し審査」をすると、その結果を基に走行距離制限なしなど、条件にぴったりのプランや車を紹介してもらえます。走行距離制限が気になる方や、自分が月間どのくらい走るのかわからないという方は、ぜひ気軽にチェックしてみましょう。


車種やプランは後から選べる_お試し審査をしてみる


一般的に車の走行距離はどれくらい?

一般的に車の走行距離はどれくらい?

カーリースの走行距離を設定したりプランを選んだりするにあたり、一般的な走行距離はどれくらいなのかを知っておくと、予測が立てやすくなります。ここでは、マイカーユーザーが1ヵ月あたりどれくらい車に乗っているのか、調査結果を基に見ていきましょう。

月間走行距離の平均は370km

走行距離は用途によっても大きく変わりますが、一般社団法人 日本自動車工業会が行った「乗用車市場動向調査」*¹の結果によると、マイカーユーザーの月間平均走行距離は370kmで、96%が月間1,200km以内であることがわかりました。また、最も多く占めているのが月間300km以内で、多くは買い物や通勤、通学を用途としています。

この月間平均走行距離は、2019年度の調査でも同じ結果だったので、多くの方にとっての月間走行距離の目安と考えていいでしょう。

なお、上のグラフは定額カルモくんの独自調査*²の結果をまとめたものですが、月平均でどれくらい車に乗っているかの質問で、0~100kmという方が32.0%と最も多くなっています。これは土日しか車に乗らない方や、短い移動にしか車を使わない方も一定数含まれるためと考えられます。

一方で、1,000km以上と回答した方は14.7%で、大半の方が月間の走行距離を1,000km以内におさめていることもわかります。

*¹ 一般社団法人 日本自動車工業会が行った「2021年度 乗用車市場動向調査」
*² 定額カルモくんが2021年1月8日~1月20日に自家用車を持っている全国の男女1,363名を対象として行った「車の利用に関する調査」

月間走行距離が1,000kmを超えるケース

〈使い方別の月間走行距離の例〉

使い方 買い物 送迎 通勤・通学 旅行・ドライブ 月間走行距離

合計

近場への買い物がメイン 300km

(10km×30日)

- - 200km

(100km×2日)

500km
通勤・通学での利用がメイン - - 600km

(30km×20日)

- 600km
毎週末の遠出がメイン - 100km

(5km×20日)

- 800km

(200km×4日)

900km
いろいろな場面で

使う

100km

(10km×10日)

100km

(5km×20日)

600km

(30km×20日)

200km

(100km×2日)

1,000km
毎日乗る&

遠出が趣味

- - 600km

(30km×20日)

800km

(200km×4日)

1,400km

先述の調査結果より、多くの方の月間走行距離が1,000km以内であることがわかりましたが、1,000kmを超えるのはどういったケースなのでしょうか。上の表は、車の使い方ごとに距離を仮定して月間走行距離の概算を出したものです。なお、使い方や状況により結果は大きく変わる可能性があるため、あくまで一例としてご参照ください。

上の概算より、買い物など、近場の行き来で利用する程度であれば一般的な月間走行距離は300km程度、たまに旅行などで遠出をする場合でも月間500km程度あれば十分でしょう。

もし通勤や通学で毎日使用する場合には、職場や学校までの距離を計算してみるのがおすすめです。例えば往復で30kmであれば、月間の走行距離は600km程度、たまにドライブや旅行などで遠出をしても月間の走行距離は1,000km程度で収まるのではないでしょうか。そのため、カーリースで月間1,000kmの走行距離制限があった場合でも、多くの場合は十分足りる計算になります。

一方で、日常のさまざまな場面で車を利用する方や、毎日使う上に遠出も頻繁にする方などは、月間走行距離が1,000kmを超える可能性があります。


走行距離を気にせず利用できるおすすめのカーリースはこちら

走行距離制限を超えるとどうなる?

走行距離制限を超えるとどうなる?

多くのカーリースでは、走行距離制限を超えてしまった場合に追加料金が請求されます。金額はカーリース会社によって異なりますが、超過距離1kmあたり3~10円程度が一般的です。例えば、100km超過すると300円から1,000円程度、1,000km超過すると3,000~10,000円程度が、超過料金として請求されることになります。

なお、走行距離は契約満了時の総走行距離で確認するケースが多いため、走行距離制限を超える月があっても、契約満了時の総走行距離が上限を超えていなければ追加料金を請求される心配はありません。

とはいえ、常に走行距離を気にしながら利用するのはストレスを感じるものです。そこで注目されているのが。走行距離無制限のカーリースです。ここから詳しく解説していきましょう。

走行距離無制限で利用できるカーリース3社比較とサービスの選び方

走行距離無制限のカーリースでも、会社によってそれぞれサービス内容の特徴が異なります。自分に合ったカーリースを選ぶためにも、次のような点に着目して比較することが大切です。

・走行距離が無制限になる条件
・取扱車種やグレード
・契約期間
・残価精算の有無

ここでは上記ポイントについて、走行距離を無制限にできるカーリース3社を比較してみましょう。

〈走行距離制限がないカーリース比較表〉

定額カルモくん A社 B社
走行距離制限 7年以上の契約で無制限 もらえるので全車無制限 返却しない場合は無制限
取扱車種 国産メーカーの全車種・

全グレード

国産メーカーの全車種・

レクサス

国産メーカーの全車種
契約期間 1~11年

※1年単位で選べる

5・7・11年 7・9・11年
残価精算 なし なし なし
人気車種の

月額料金*

ホンダ

「N BOX」

17,500円~ 17,710円~ 20,680円~
トヨタ

「ヤリス」

20,800円~ 20,680円~ 23,210円~
ダイハツ

「ミライース」

11,220円~ 11,770円~ 14,300円~

※2022年7月24日時点の情報

*各社、頭金・ボーナス払いなしの月々均等払いの月額料金

同じ走行距離無制限のカーリースでも、走行距離制限がなくなる条件は異なります。また、選べる車種や契約可能年数、月額料金などもそれぞれなので、トータル的に比較して、無理なく利用できるサービスを選ぶことが大切です。

例えば車を利用したい期間が決まっている場合、もらうことが前提のサービスでは、後々車の処分に困る可能性があります。また、決められた契約期間から選ぶケースだと、希望する年数で契約できず、中途解約のリスクが高まってしまいます。

走行距離無制限でより希望に合うプランを契約するためには、車種や契約期間などの選択肢が多いカーリースを選ぶことをおすすめします。


定額カルモくんについて詳しく知りたい方はこちら

走行距離無制限のカーリースを利用している方の体験談

走行距離無制限のカーリースを利用している方の体験談

実際に走行距離無制限のカーリースを利用している方は、どのような点にメリットを感じているのでしょうか。ここでは、定額カルモくんで走行距離無制限のプランを利用している方の声を例にご紹介します。

距離を気にせず走れるのがうれしい

Oさん(30代・東京都在住)はスズキ「スペーシア」を11年リース。定額の月額料金で乗れることを知って定額カルモくんに申し込んだそうです。


祖母の世話のため、定期的に片道2時間かかる実家を往復するので、7年契約以上で走行距離無制限になるのはうれしいですね。距離を気にせず走れるので、毎日の通勤にも使っています。マイカー感覚で乗れるようになり、天気も気にせずに行きたい場所に行けたり、やりたいことを楽しめたりするようになったことがうれしいです。


車の維持費が明確で助かります

Sさん(40代・愛知県在住)はトヨタ「ハイエースバン」を定額カルモくんでリース。印刷業の仕事で、日々大量の印刷物を運ぶためにかなりの走行距離が必要とのことです。


走行距離がとにかく長く、1日に100km走ることもあります。定額カルモくんのメンテナンスプランなら、エンジンオイルなどの消耗品の交換を頻繁にしても費用を抑えられるので、とても助かっています。走行距離無制限という点だけでなく、メンテナンスプランで毎月の車の維持費が明確になったので、車関連の家計がわかりやすくなりました。


走行距離無制限!距離を気にせず運転したい方におすすめのカーリース

新車が月1万円ちょっと

前項でご紹介したOさんたちが利用しているのは、走行距離無制限で利用できる「おトクにマイカー 定額カルモくん」です。Sさんの話にもあったように、定額カルモくんは走行距離無制限で利用できるだけでなく、走行距離を気にせず長距離を走った場合に必要となるメンテナンスの費用も定額化できるプランが用意されています。

なお、定額カルモくんでは7年以上の契約で全車の走行距離制限がなくなりますが、6年以下の契約でも走行距離の上限が月1,500kmと余裕があります。先述の調査結果からも月間走行距離が1,500kmを超えることはほとんどないため、短期契約の方でも走行距離超過の心配なく、安心して乗ることができるでしょう。

メンテナンスプランで車検も定額にできる

長距離走行する場合は特に、定期的に点検を受けたり、エンジンオイルやタイヤなどの消耗品を頻繁に交換したりと、しっかりとメンテナンスをすることが大切です。

メンテナンスにはそれなりの費用がかかりますが、定額カルモくんには、保証範囲の異なる複数のメンテナンスプランが用意されており、車検や消耗品の交換といったメンテナンス費用を月額料金に組み込んで定額化できます。保証が必要な内容や予算に合わせて好きなプランを選べるので、走行距離が長くなりそうなら充実したプラン、自身でメンテナンスができるならライトなプランといったように、無駄のない選択も可能です。

また、定額カルモくんなら、すべてのメンテナンスプランで返却時の原状回復費用を補償してもらえます。メーカー保証と同程度の延長保証を契約満了時まで受けられるプランもあり、10年を超える長期契約でも安心して乗り続けることができます。

車がもらえるプランで将来はマイカーをゲット

一般的にカーリースでは契約満了を迎えると車を返却することが前提となっていますが、定額カルモくんなら7年以上の契約に月額プラス500円の「もらえるオプション」をつけることで、契約満了時にそのまま車をもらえます。リース車両が将来的にマイカーとなるので、走行距離制限はもちろん、傷や原状回復を気にする必要もありません。

また、カーリースを利用する際、自由にカスタマイズできない点をデメリットに感じる方もいるのではないでしょうか。その点、「もらえるオプション」を利用すれば好みに合わせてカスタマイズし、マイカーとして思う存分お出掛けやドライブを楽しめます


走行距離無制限の定額カルモくんを利用できるかどうかは、オンラインの「お試し審査」で簡単にチェック可能です。審査通過後に、長距離の運転に向いている車など希望に合う車種を案内してもらってじっくり選べます。
お試し審査後に車種・プランの変更やキャンセルもできるので、まずは審査に通るか気軽に試してみましょう。


かんたん5分_お試し審査

※審査に通っても契約にはなりません



走行距離制限を確認して自分に合ったカーリースを見つけよう

走行距離制限を確認して自分に合ったカーリースを見つけよう

多くのカーリースでは、走行距離制限を設定してお得なリース料金を実現しています。走行距離制限や月額料金などをチェックし、自分に合ったカーリースを選びましょう。なお、走行距離制限のないカーリースを探しているなら、お得な月額料金で走行距離を気にせずカーライフが楽しめる定額カルモくんがおすすめです。

定額カルモくんは、走行距離無制限となるほかにも、車検代も定額化できるメンテナンスプランや、契約満了時に車がもらえるオプションなど、充実したサービスが魅力です。サービスの詳細や実際の月額料金について気になる方は、下のバナーからチェックしてみてください。


貯金ゼロでも_定額カルモくんについて詳しくみる


※この記事は2022年7月時点の情報で制作しています

よくある質問

Q1走行距離無制限のカーリースはある?

A:多くのカーリースでは走行距離制限が設定されていますが、走行距離が無制限のカーリースもあります。例えば、カーリースの定額カルモくんなら7年以上の契約で全車、走行距離制限が無制限となります。走行距離無制限のカーリース3社比較はこちらをご参照ください。

Q2走行距離制限はどうして設けられているの?

A:カーリースでは契約時に車の下取り価格の残価を設定します。通常、車は走行距離が長くなるほど価値が落ちるため、価値を保つためにも走行距離制限が必要です。走行距離制限を設けて残価を高く設定できれば、車両本体価格から差し引く残価も高くなる分、月額料金も安くなります。

Q3走行距離制限を超えるとどうなる?

A:多くのカーリースでは、走行距離制限を超えた場合に超過料金が請求されます。金額はカーリース会社によって異なりますが、超過距離1kmあたり3~10円程度が一般的です。

この記事の執筆者


若林 由晃
マイカーコンシェルジュ・整備士

若林 由晃

代々継がれる創業70年の車販・整備工場を営む家に生まれ、エンジンオイルとガソリンの香りにまみれながら育つ。小学校から車販の接客、中学校には整備の手伝いを行う根っからのカーガイ。自動車整備専門学校では上位の成績で卒業。整備士国家資格は満点合格(専門学校の先生が採点)。 その後、大手自動車メーカー系列のディーラーで整備士として整備職と中古車販売を経験。また、IT×車という販売方法に興味を持ち、個人向けカーリースのセールスに転身。中古カーリース事業、全国の加盟店販売事業の立ち上げを行う。

走行距離制限なし_お試し審査をしてみる

走行距離制限なし_お試し審査をしてみる