保証人がいらない車のローンはある?連帯保証人を頼めないときの対策を解説

更新日:2023.02.28
車のローンを組むときに保証人がいるのかいらないのか悩む女性。そもそも保証人と連帯保証人の違いもよくわかっていない様子のイメージ画像。

ローンを組んで車を購入するとき、保証人がいらないケースが多くあります。しかし、申込者の状況によっては連帯保証人を立てるよう求められることがあります。具体的には、申込者が20歳未満であったり、非正規雇用者だったりする場合です。なぜなら、支払能力が低いとみなされるからです。

とはいえ、周囲の人に連帯保証人になってほしいと頼むのは抵抗がある、頼める人がいないと考える方もいるでしょう。そこで、連帯保証人が求められるケースや連帯保証人を用意できないときの対処法を解説します。また、ローンを組む以外に車を持つ方法についてご紹介しましょう。

【この記事のポイント】
✔車のローンに連帯保証人は必須ではないが、場合によっては求められることも
✔連帯保証人を立てられないときは、ローンの種類変更や借入額を減らすなどの対策がある
✔保証人不要でも審査に通りやすく、好きな新車に乗れる方法もある

保証人がいらない車のローンはある?

保証人がいらない車のローンはある?をイメージした画像

車を購入するためにローンを組むとき、保証人や連帯保証人はいらないケースのほうが多いです。

車を購入したディーラーでそのままローンの契約をする場合、ディーラーはその車を担保にします。購入者がローンを払い終えるまで車の所有権はディーラーが持つことになるため、万が一、支払いが滞ったとしてもディーラーは車を売却し返済額を回収することができます。そのため、保証人は不要なことが多くなるのです。

銀行などの金融機関のカーローンでは、申込者が保証会社を利用することが多くあります。保証会社を利用できれば保証人や連帯保証人を立てる必要がないので、申込者自身が保証人を見つける必要はありません。

一方で、車を買うとき連帯保証人を立てるよう求められるケースもあります。

車のローンで連帯保証人が必要となるケース

車のローンで連帯保証人が必要となるケースをイメージした画像

ローンを組んで車を購入するとき、保証人はいらないケースが多いとはいえ「現状ではローンの審査に通るのが難しいため、連帯保証人を立ててほしい」とローン会社から求められることもあります。

どのような場合に連帯保証人が必要となるのか、具体的に見ていきましょう。

未成年者や学生である

車を購入しようとしている方が未成年であったり学生であったりすると、連帯保証人を立てるように求められることがあります

車の購入に限らず、未成年者がローンの契約をするときは法定代理人の同意が必要です。これは、未成年者が不利な契約を強いられないよう、保護者が守るためです。ゆえに未成年者は独断でローンの契約ができないことに加え、連帯保証人を立てるよう求められるケースが多くあります。未成年者や学生は一般的に収入が低く、ローンを完済できるかどうかわからないという見方もあります。

借入希望額に対して収入が少ない

希望する借入額に対して収入が少ない場合も、連帯保証人が必要となることがあります。

一般的に、カーローンを組める目安は年収200万円以上です。しかし、購入しようと考えている車が高額であればその分返済総額が増えるため、それ以上の年収が目安となる場合もあります。

年収に対してローンを含むすべての返済額が占める割合を返済負担率と呼びますが、返済負担率は30%がひとつの目安です。返済負担率がそれ以上高い場合、返済能力に不安があるとみなされ連帯保証人を立てるよう求められることがあります。

就職・転職した直後にローンを申し込んだ

就職や転職をした直後にローンを申し込むと、連帯保証人を立てるよう求められることがあります

車のローン審査では、勤続年数が確認されます。勤続年数が長いと収入が安定していると判断され、審査に通る可能性は高まるでしょう。一方、就職したばかりの方や転職直後の方は勤続年数が短いため、この先長く勤め続けるかローン会社が判断できず、収入が安定しているとみなされる可能性は下がります。そのような場合、連帯保証人を立てるようローン会社から言われることがあります。

個人事業主やアルバイトなど非正規雇用で働いている

個人事業主として働いている方は、きちんと稼いでいても連帯保証人を立てるよう求められることがあります
個人事業主は会社員より収入が不安定であると判断され、収入が突然途絶えたときに備えて連帯保証人を立てるよう言われることがあるのです。

また、アルバイトやパートなどで働いている方も、連帯保証人を立てなければならないケースがあります。非正規雇用の方は、正社員の方よりも収入が安定していないと判断されやすいからです。

信用情報にマイナスポイントがある

信用情報にマイナスポイントがある場合は、連帯保証人を求められやすいです。

支払いに関する情報は、信用情報機関に登録されています。車のローンに申し込むと、ローン会社などが信用情報機関に照会し、申込者の信用情報をチェックするのが基本です。

支払遅延や未納など、過去に支払いに関する問題を起こしている場合はローン会社に知られてしまいます。その結果、信用度が低いと判断されて審査に通ることができず、通過するために連帯保証人が必要と判断されることがあります。

他社でも借入れている

これから申し込む車のローン以外に借入れをしている場合、連帯保証人が必要とされることがあります。

他社でも借入れをしていると、ほかに借入れがない方と比べて車のローンの返済が滞る可能性が高いと考えられます。すでに組んでいるローンなどと合わせて算出される返済負担率も、他社で借入れをしていれば上がります。その結果、完済できるかどうか不安であると判断され、連帯保証人を立てなければ審査に通らない状況になることがあります。

車のローンで求められるのは保証人ではなく連帯保証人

車のローンで求められるのは保証人ではなく連帯保証人をイメージした画像

車のローンで求められるのは、保証人ではなく連帯保証人です。

保証人は、本人が返済できなくなったときにのみ返済義務が生じる方を指します。一方、連帯保証人は本人と同等の責任を負います。つまり、連帯保証人は返済請求を受けたとき、本人が支払えるかどうかにかかわらず返済を行う義務があります

契約者本人に返済能力があるとき支払いを拒絶できる保証人より、連帯保証人のほうが責任は重く、負担も大きいといえるでしょう。そのため、「連帯保証人になってほしい」と周囲の方に頼むのは、慎重に考える必要があります。


ローンの審査に不安がある方には、ローンを組まなくても月々定額の支払いで新車に乗れる方法をおすすめします。
このサービスを利用すれば、月々10,000円台からマイカーのように新車に乗ることも可能です。

気になる方は、下のバナーをご確認ください。


ローンに不安がある方にも_新車を持てる方法


連帯保証人が立てられないときはどうする?車のローン審査に通るための対策

ローンを組んで車を購入したいけれど、連帯保証人を立ててほしいと言われ困る方もいます。できれば連帯保証人を立てずに、審査に通りたいというのが本音ではないでしょうか。

そこで、連帯保証人が立てられない場合でも車のローン審査に通るための対策について解説します。

審査のハードルが低いローンに変える

連帯保証人が立てられない場合は、審査のハードルが低いローンへの変更を検討してみましょう。一般的に銀行系マイカーローンよりディーラーローン、ディーラーローンより自社ローンのほうが審査に通りやすいとされています。ただし、ローンの特徴が大きく変わるため注意が必要です。


銀行系マイカーローン ディーラーローン 自社ローン
審査の通りやすさ
金利・手数料 低い傾向 中程度 高い傾向
特徴 ・返済総額が安い

・手続きや審査に時間がかかる

・購入と同時に手続きできる

・ローンを完済するまで車を売却できない

・信販会社を通さない

・対象はおもに中古車に限られる


審査がきびしいといわれる銀行系マイカーローンは、金利や手数料が安いのが特徴です。返済総額を安く抑えられて、長期で見ると経済的な負担を減らせます。銀行系マイカーローンよりも審査に通りやすいディーラーローンは、銀行系マイカーローンよりも金利が高くなりがちで、返済総額が増えてしまうでしょう。

自社ローンは厳密にはローンではないので、金利がかかりません。ただし、手数料で割高になるケースが多く、結果的にほかのローンより返済総額が増える傾向があります。審査の通りやすさと長期的な出費のどちらを重視するか、よく考えてから申し込みましょう

頭金を用意する

頭金を用意することで借入額を下げると、連帯保証人を立てなくてもローンの審査に通る可能性があります。
借入額が多いと返済額が増えるため、審査がきびしくなって通りにくくなるのがローンの基本です。頭金は車両本体価格の2〜3割が一般的なので、まとまったお金を用意できるのであれば頭金を入れるといいでしょう

また、返済期間を長くすると月々の返済額が減って返済負担率が下がるので、審査に通りやすくなるでしょう。

車種やグレードのランクを下げる

希望する車種やグレードのランクを下げることで、連帯保証人を立てなくても審査に通る可能性が高まります。
より安い車種を選べば借入額を抑えられ、高い車を希望する場合よりも審査に通りやすくなるでしょう。高額なオプションをつけている場合は、外してみるのもおすすめです。

新車にこだわりがないのであれば、中古車という選択肢もあります。中古車であれば新車より購入費用を抑えられるため、審査に通る可能性はさらに高まるでしょう。ただし、品質によっては購入後にメンテナンスが必要となり、維持費がかさんでしまう可能性もあります。

ローン以外の方法で車に乗る

購入して車を所有することにこだわりがなければ、車のローンを利用する以外の方法で車に乗るのもおすすめです。例えばカーリースを利用すれば、連帯保証人を立てなくても審査に通りやすくなります。

カーリースは車を長期間借りられるサービスですが、契約期間中は返却する必要がないのでマイカー同様に車を使えます。また、月額制で車に乗れるため、突発的な出費が発生しにくいというメリットもあります。ローンの審査には落ちたもののカーリースの審査に通り、マイカーライフを送っている方もいます


月々10000円台から_業界最安水準のカーリース

親兄弟以外でもOK?車のローンにおける連帯保証人の条件とは

親兄弟以外でもOK?車のローンにおける連帯保証人の条件とはをイメージした画像

車のローンの審査に通りやすくするための対策を行っても、結局連帯保証人が必要になるケースもあります。
そのような場合は親族に頼むのが一般的ですが、親や兄弟以外でも連帯保証人として認められることもあるので、条件を知っておきましょう。

ただし、以下の条件をクリアした方に頼む場合も、当然のことながら迷惑をかけないようきちんと返済しましょう。

65歳未満の成人

連帯保証人になれるのは、成人のみです。収入があったとしても、18歳未満の方が連帯保証人になることはできません。また、65歳以上の方は、連帯保証人として不十分であると判断されることがあります

65歳以上は年金収入しかない場合が多く、後ほど解説する「安定した収入がある」という連帯保証人に必要な条件を満たしていないことがあるからです。

安定した収入がある

安定した収入があることも、連帯保証人に必要な条件です。例えば65歳以上で収入が年金しかない場合は、安定した収入があると判断されず、親であっても連帯保証人になれないケースがあります。

また、雇用形態や勤続年数によっても、安定した収入を得ていないと判断され連帯保証人として認められないことがあります。パートやアルバイトよりも正社員、勤続年数が短い方よりも長い方のほうが連帯保証人に適しているといえるでしょう。

信用情報がクリーンである

連帯保証人になる方は、信用情報がクリーンでなければなりません。

信用情報は、滞納や債務整理をしたことがあると傷がついてしまいます。信用情報に傷がある場合は自身が車の審査に通りにくくなるだけでなく、連帯保証人としても不十分だと判断されてしまいがちです。5年以内に支払遅延や債務整理をしたり、10年以内に自己破産したりしている方は、連帯保証人になるのは難しいと考えましょう。

債務過多ではない

すでにたくさんの債務を抱えている方は、連帯保証人になることができません。

車のローンに限らず、複数の借入れがあったり借入額が多かったりすると、返済負担率が高くなります。返済負担率が高いと、契約者の代わりに支払いを命じられても返済できない可能性があるため、連帯保証人になる意味がなくなるでしょう。

万が一のとき契約者の代わりに返済を行うのが役割であることを考えれば、債務を多く抱えている方は連帯保証人として不十分です。

車のローンの保証人を頼むときに守るべきこと

車のローンの保証人を頼むときに守るべきことをイメージした画像

連帯保証人になってもらう方には大きな責任を負わせることになるため、安易に頼むのは避けるべきです。
しかし、どうしても連帯保証人が必要なケースもあります。そのようなときはトラブルにつながらないよう、以下のポイントを守って相手に迷惑をかけないようにしましょう。

連帯保証人が必要な理由を正直に説明し、了承を得る

連帯保証人になってもらいたい方には、連帯保証人が必要な理由を正直に説明しましょう。

通勤や生活のためにどうしても車が必要であることを伝えた上で、ローンでなければいけない理由や、その車でなければダメな理由を嘘偽りなく説明することが重要です。

理由を正直に話したほうが、連帯保証人になる方も納得しやすいでしょう。きちんと説明し、了承を得た上で連帯保証人になってもらうことで、トラブルが発生する可能性を下げられます。

返済計画を事前に伝えておく

事前に返済計画を伝えておくことも、連帯保証人を頼む際には大切です。

連帯保証人は、契約者と同様に返済義務を負います。自分が購入していない車のためにお金を払うのは、誰でも避けたいものです。少しでも安心して連帯保証人になってもらえるよう、借入額や月々の返済額、返済計画などをあらかじめ伝えておきましょう。万が一に備えて、借入額を抑えて短期間のローンにしておくことも大切です。

滞りなく返済する

連帯保証人に迷惑をかけないよう、滞りなく返済することは必須です。

連帯保証人は、あくまでも車のローンに通るためのサポートとして依頼するものです。ローンを返済できず代わりに連帯保証人が返済をすることになれば、人間関係が壊れることもあるでしょう。返済が遅れるとローン会社から連帯保証人に連絡がいく可能性もあるため、毎月予定どおり返済をする必要があります



ローンで車を購入するのではなく、カーリースを利用して月額制で新車に乗る方法もあります。
カーリースにもローンのように審査がありますが、カーリースの「おトクにマイカー 定額カルモくん」には「お試し審査」があり、審査に通るかどうか事前に確かめることができます。

下のバナーから「車のサブスク」とも呼ばれる注目サービスの利用を検討してみてはいかがでしょうか。


ローンより楽に新車に乗る方法_審査に通るか調べてみる

ローンの保証人代行業者の利用は慎重に

ローンの保証人代行業者の利用は慎重にをイメージした画像



車のローンを組む際に連帯保証人を立てるよう求められたものの、周囲に頼めそうな人がいない。そのような方に手を差し伸べる、「保証人代行業」というものが存在します。しかし中には悪質な業者もおり、利用はあまりおすすめできません。

保証人代行業者では、ここに挙げた口コミのように金利が高くなったり、後から高額な請求をされたりするケースがあるようです。業者のウェブサイトなどでサービス内容を確認しただけではこのような問題点に気付けないことが多いため、利用する際は慎重に検討しましょう。

連帯保証人が必要な場合、銀行などで紹介してもらえる保証会社などを利用するといいでしょう

連帯保証人を立ててローンを組むより手軽に車に乗る方法

連帯保証人を立ててローンを組むより手軽に車に乗る方法をイメージした画像

車のローンを組むより審査のハードルが低く、出費を抑えながら車に乗れる方法として、カーリースがあります。
カーリースでは購入するときのように好きな車を選べて、支払いは月額料金のみで気軽に利用できます。
カーリースはローンよりも審査に通りやすいとされますが、その理由を詳しく見ていきましょう。

残価設定があるから審査のハードルが低い

カーリースには残価設定があるため、ローンよりも審査の対象となる金額を抑えられます

残価設定とは、契約満了時の車の価格(残価)を、契約時点で設定することをいいます。カーリースではあらかじめ残価を差し引いて利用料を算出するため、ローンと同じ車でも支払う車両本体価格が下がり、審査対象となる金額も少なくなることから、審査に通りやすいといえます。

また、カーリースが審査に通りやすい理由として、長期契約できることも挙げられます。
一般的にローンの返済期間よりもカーリースのほうが長期間で契約できるため、月々の支払額を抑えることが可能です。金銭面で不安がある方でも審査に通る可能性を高められるでしょう。

カーリースでは車の所有権がリース会社にあることも審査に通りやすい理由のひとつです。
カーリースは車を貸し出すサービスであり、車の所有権はリース会社にあります。そのため、万が一利用者の支払いが滞った場合、リース会社は車を売却するという選択肢がとれます。

維持費込みの定額で支払いが楽

カーリースは維持費込みの定額で支払いができるため、審査に通りやすいといえます。

カーリースの月額料金には一般的に、残価を差し引いた車両本体価格のほか、税金や自賠責保険料、車検法定費用、各種手数料などが含まれます。また、車の点検費用やメンテナンス費用なども定額にできるプランがあり、まとまった出費を減らすことができます。

そのため月々の支払いの見通しが立てやすく、利用者が利用料を支払えなくなるリスクを抑えられることから、ローン審査に通りやすいという考え方もできます。

ローン審査に落ちても車に乗れた!実績アリのおすすめサービス

カーリースの「おトクにマイカー 定額カルモくん」なら、日本最安水準の月々10,000円台から国産新車に乗れるということを表した図

ローン審査で保証人を立てられない方や立てたくない方におすすめなのが、業界最安水準*¹のカーリースである「おトクにマイカー 定額カルモくん」です。定額カルモくんは申込者が15万人を突破したカーリースで、ローンの審査に落ちてしまった方も利用しています。そんな定額カルモくんの特徴や、利用者の声を見ていきましょう。

業界最安水準*¹だから審査対象の金額を抑えられる

おトクにマイカー 定額カルモくん」は、審査の対象となる金額を抑えやすい業界最安水準*¹のカーリースです。月額10,000円台から新車に乗ることができ、最長11年の長期契約もできるため、月々の負担を少なくできます。

また、定額カルモくんでは国産メーカーの全車種全グレードを取り扱っており、購入するのと同様の自由度で車を選べます。契約満了時に車がもらえるオプションもあるため、マイカーを入手したい方にもおすすめです。


Kさん・ダイハツ「ムーヴ」を契約

車を購入しようと思っていましたが、以前、携帯料金を支払い忘れたことが影響したようでローンの審査に通らなかったんです。そんなときにカーリースを知り、定額カルモくんなら審査に通るかもしれないと申し込んだところ、無事、審査に通りました。今は車検費用やメンテナンス費用も定額料金に含めているので、手間がかからないのもいいですね。


知識豊富なコンシェルジュに審査の悩みを相談できる

定額カルモくんでは、知識豊富なマイカーコンシェルジュに審査の悩みを相談できます。顧客対応満足度98.9%*2でサポート体制が充実した定額カルモくんでは、審査の悩みだけでなく支払計画などの相談にも無料でのってもらえるので、安心して申し込めるでしょう。

電話での相談は苦手と感じる場合は、LINEやメールも利用可能です。ローンの審査に通らなかった方や通るのが難しそうだと考えている方も、一度マイカーコンシェルジュに相談してみてはいかがでしょうか。


Kさん・ホンダ「S660」を契約

ローン審査は何回か試したけど無理だったので、カーリースの審査もきびしいと考えていました。しかし、定額カルモくんに相談したら一応やってみましょうと背中を押されて、申し込んだら審査に通ったんです。ダメ元だったのでびっくりしました。新車に乗れているのは、定額カルモくんのおかげですね。


「お試し審査」で審査に通るプランを確認できる

定額カルモくんでは、本審査の前に「お試し審査」を受けられます。お試し審査は、オンラインで5分程の申込み時間で完了するツールです。お試し審査では通過後にも車種やプランを変更できるので、まずは最も安い車種で審査に通るかどうかを確認できます。

また、お試し審査を受けた後は、選べる車種やプランに関するアドバイスをもらうことも可能です。お試し審査に通った場合でもすぐ契約とはならないので、ローンかカーリースかで迷っている方もとりあえず気軽に受けてみることができます。


Iさん・ダイハツ「ウェイク」を契約

人生で1回くらいは新車に乗りたいと思いましたが、以前車のローンの審査に落ちたことがあるんです。だからローンは難しいと考えていたとき、知り合いにカーリースの定額カルモくんをすすめられました。試しに審査を受けてみたら、無事通ったんです。審査後は納車が間に合うように、いずれは車がもらえるようにと細かいことを相談して決められたので満足しています。


審査が不安な方にも_業界最安水準のカーリース

※審査に通っても必ず契約する必要はありません


*¹ 文末の月日における調査結果に基づく。調査概要はコンテンツポリシー参照
*² 2019年12月~2021年6月までの定額カルモくんご契約者様504名を対象としたアンケート

保証人を頼めないときはローン以外の車の持ち方を検討してみよう

保証人を頼めないときはローン以外の車の持ち方を検討してみようをイメージした画像

車のローン審査で連帯保証人を立てるよう求められても、連帯保証人は引き受ける側に大きなリスクがあるため、周囲に頼みにくいこともあるでしょう。そのようなときは、カーリースの利用を検討してみてはいかがでしょう。

特に月額料金の安いカーリースであれば、審査の対象となる金額を抑えることができるため、ローンの審査では連帯保証人を立てるよう求められた方にも可能性があります。

「おトクにマイカー 定額カルモくん」は業界最安水準のカーリースです。
カーリースにも審査はありますが、定額カルモくんには審査に通るかどうか確かめられる「お試し審査」があります

ローンの審査には通過することが難しかった方も、とりあえず「お試し審査」でカーリースの審査を試してみてはいかがでしょうか。


審査が不安な方にも_業界最安水準のカーリース

※審査に通っても必ず契約する必要はありません



サービス資料(パンフレット)もございます。


サービスガイド

カーローンで購入した場合との費用比較や、大手リース他社とのサービス・料金比較、素朴な疑問への回答など、詳しくご紹介しています。


定額カルモくんを資料で詳しく知る



※この記事は2023年2月1日時点の情報で制作しています

よくある質問

Q1車のローンに保証人はいる?いらない?

A:車のローンに保証人はいらないケースが多いです。ただし、申込者が未成年者や学生である、借入額に対して収入が少ない、信用情報に傷がある場合などは、連帯保証人を立てるよう求められることがあります。一般的に、申込時の状況では返済が難しいと判断されたとき、連帯保証人を求められます。

Q2ローンで車を買いたいけれど連帯保証人を頼めないときはどうすればいい?

A:連帯保証人がいなくてもローンの審査に通るよう、対策をする必要があります。可能であれば、審査のハードルが低いローンに変えましょう。また、頭金を用意したり車種やグレードのランクを下げたりして、借入額を減らすのも効果的です。それらの対策が難しい場合は、ローン以外の方法で車に乗ることも検討してみましょう。

Q3保証人を立てなくても欲しい車に乗れる方法はある?

A:ローンの審査よりも審査に通りやすいカーリースなら、好きな新車に乗れる可能性が高くなります。業界最安水準の定額カルモくんなら月額料金を抑えられ、審査の対象となる金額もより少なくできます。また知識豊富なマイカーコンシェルジュに審査の不安や支払計画を相談して、無理なく乗れる車やプランを決めてから申し込むこともできます。

この記事の執筆者


伊藤 真二
監修者、編集者、ライター

伊藤 真二

ファイナンシャルプランナー。介護福祉士資格を所有していることから、老後の暮らしや節約・資産運用など、安心できる未来、無駄のない今を生きるためのご提案を多く行う。 また、ニュースメディア、採用メディア、自動車メディアなどのライター・編集者の経験から記事執筆・監修も広く行っている。

ローンを組まずに新車に乗る方法をみる

ローンを組まずに新車に乗る方法をみる