法人向けカーリースで社用車をリースするメリットとは?人気の車種も紹介

更新日:2022.10.10
法人カーリースについて

購入時のように初期費用がかからないことはカーリースの魅力です。さらに、法人向けカーリースの場合、車にかかる費用を全額経費として計上できるなど、事業におけるさまざまな面でのメリットが期待できます。そこで、法人向けカーリースのメリットや利用手順などを詳しく解説します。


おすすめの法人向けカーリースをチェックする


貯金ゼロでも


【この記事のポイント】
✔️法人向けカーリースなら減価償却不要、全額経費として計上できる
✔️車検などの維持費も定額化できて、経費の予想が立てやすい
✔️さまざまな手間を省いて、手軽に社用車を用意できる

法人向けカーリースが人気の理由

法人向けカーリースが人気の理由

最近ではサブスクリプションサービスが普及してきたこともあり、個人向けのカーリースが増えています。しかし、カーリースはもともと法人向けのサービスとして利用されていたため、法人利用に適したさまざまな特徴があります。

ここでは、社用車や商用車として法人向けカーリースを利用するメリットをご紹介します。

〈法人向けカーリースが人気の理由〉
初期費用なしで社用車に乗れる
月々のリース料金は経費に計上できる
月々の支払いを定額にできる
残価分がお得になる
メンテナンス費用も一元化できる
購入と同様に車種やオプションを自由に選べる
希望ナンバー制を利用できる
サポートがあるので安心できる
選択肢が豊富に用意されている
手続きがネットで簡単にできる

初期費用なしで社用車に乗れる

車を購入する際には、ローンの返済以外にも頭金や税金などの費用がかかるため、ある程度まとまった資金が必要になります。また、トヨタ「ハイエース」などの積載量が多い車種を社用車や商用車として利用する場合、車両本体価格が高額となることもあるでしょう。

しかし、初期費用のかからないカーリースであれば、このような心配もなく複数台の社用車を一度に用意できるので、事業の運転資金も手元に残しておけるので安心です。


頭金なしで好きな車種が選べるカーリースはこちら

月々のリース料金は経費に計上できる


減価償却定率法

出典:はじめての開業ガイド「車関係で経費にできる支払いと知っておきたい減価償却と家事按分」


通常、事業用の車を購入した場合は、購入費用を複数年にわたって減価償却し、必要経費として計上していくことになります。

減価償却とは、車などの資産の価値は時の経過によって目減りするものとして、それぞれの耐用年数に応じて経費計上する会計処理のことです。車の耐用年数は普通車で6年、軽自動車で4年と定められているため、社用車の購入に高額な費用がかかったとしても、全額をその年度の経費にすることはできません。

一方、カーリースであれば、月々のリース料金を経費として計上することができます。購入と異なり減価償却の手間もかからないため、経理業務の簡略化が期待できます。


社用車に最適な車種が選べるカーリースはこちら

月々の支払いを定額にできる

ローンで車を購入すると頭金や初期費用がかかるだけでなく、月々のローン返済額を抑えるためにボーナス払いをしなければならない場合もあるでしょう。

しかし、ボーナス払いなしでも安く利用できるカーリースであれば、月々の料金だけで社用車が手に入ります。また、社用車にかかる経費が一定になるので事業計画が立てやすいというメリットもあります。


ボーナス払いなし!業界最安値水準で社用車が手に入るカーリースはこちら

残価分がお得になる


カーリースの残価
カーリースの残価

カーリースと購入の大きな違いに、残価設定があります。残価とは残存価格の略で、車を一定期間使用した後の想定下取り価格のことです。カーリースでは車両本体価格から残価を差し引いて月額料金を算出するため、全額を支払う購入よりもお得になります。なお、契約満了時に残価と実際の査定額の差額精算が発生する場合もあるので、注意しましょう。


残価精算のない法人カーリースはこちら

メンテナンス費用も一元化できる

車両本体価格だけでなく、車を維持するためには車検やメンテナンスなどの費用がかかります。中でも、消耗品の交換や修理にかかる費用は不定期に発生することが多いため、経費の予測が難しい場合もあるでしょう。

しかし、法人向けのカーリースでは、法定点検や各種メンテナンス、車検などにかかる費用も月々のリース料金に組み込むことができることがあります。このようなプランに加入すれば、メンテナンス費用も一元化できるため、車関連の経費計上もさらに楽になります。


メンテナンス費用も一元化できるカーリースはこちら

購入と同様に車種やオプションを自由に選べる

あらかじめ用意されている車からしか選ぶことができないレンタカーやカーシェアとは異なり、カーリースなら購入と同じように、好きな車種やオプションを選ぶことができます。用途に合った車種を選んで、必要なオプションを指定するなど、社用車のカスタマイズが可能となることでビジネスも円滑に進めやすくなるでしょう。

なお、国産メーカーの全車種を扱うカーリースであればより自由度も上がるため、用途に合った車選びができます。


国産メーカー全車種を扱うカーリースはこちら

希望ナンバー制を利用できる

希望ナンバー制を利用できる

事業用車は信頼性も考慮して、通常のナンバーを使いたいと考える法人や事業者の方も多いのではないでしょうか。レンタカーやカーシェアの車は貸渡用の車に使われる「わ」や「れ」ナンバーとなってしまいます。

しかし、カーリースは「わ」ナンバーではなく、購入するのと同様のナンバーで、希望ナンバーも取得できます。社用車や商用車が、周囲からリース車であることに気付かれません。


希望のナンバーが選べるカーリースはこちら

サポートがあるので安心できる

定額カルモくんの法人向けカーリースは、車検などの定期的な点検整備はもちろん、車の利用に関するさまざまな疑問を気軽に相談できるようサポート体制を整えています。

そのため、車やカーリースに関する知識に不安がある担当者や事業者の方でも安心してサービスを利用し、車を管理できます。


サポートが充実しているカーリースはこちら

選択肢が豊富に用意されている

残価設定型ローンやカーリースは返却を前提としたサービスですが、カーリースの中には再リースや買取りなど、契約満了時にさまざまな選択肢が用意されているものもあります。なお、月々500円プラスするだけで車がもらえるカーリースもあるので、社用車の用途や使用したい年数などの希望に合わせて選択が可能です。


月々500円追加するだけで車がもらえるカーリースはこちら

手続きがネットで簡単にできる

社用車を調達するにあたり、ディーラーや販売店に出向くのは手間がかかります。また、車に詳しくない方が担当になることもあるでしょう。そういった場合でも、ネットで手続きが簡単にできるカーリースなら、スムーズに契約を進められます。

また、リース会社によっては、ネットで審査を受けて郵送で契約ができるため、必要な書類を準備するだけで手続きが可能です。さらに、会社まで納車してくれるサービスなら、受け取りの手間もかかりません


ネットで審査&会社まで納車してくれるカーリースはこちら

法人・個人事業主向け_カーリースを詳しくみる

法人向けカーリースで社用車や商用車をリースするときのポイント

法人向けカーリースで社用車や商用車をリースするときのポイント

実際に、社用車や商用車をリースするにあたって、複数のサービスを比較する場合もあるでしょう。そこで、どのような基準で選べばいいのか、カーリースを利用するときに知っておくべきポイントについてご紹介します。

月間の走行距離制限

カーリースでは、1ヵ月間の走行距離に上限が設けられているのが一般的です。そのため、用途によっては上限を超えてしまう場合もあるでしょう。走行距離の上限はリース会社や契約によって用意されている選択肢が異なるため、長距離の使用を目的としている場合は、設定距離が長いカーリースを選びましょう

定額カルモくんの法人向けカーリースでは、1ヵ月間の走行距離の上限を500km、1,000km、1,500km、2,000km、2,500kmと必要な距離に応じて設定できます。なお、走行距離が2,500kmを超える場合も相談可能です。

契約年数

カーリースで契約できる期間も、リース会社やプランによって異なります。一般的に3年や5年、7年と車検に合わせた選択肢が用意されていることが多い一方で、定額カルモくんの法人カーリースのように、3~7年の中から1年単位で契約できるものもあります。契約年数は月額料金にも影響する条件でもあるので、無駄なく契約できるカーリースを選ぶのがおすすめです。

なお、原則としてカーリースは契約期間中の変更や解約は認められていません。やむを得ない事情で中途解約が認められた場合でも、残りのリース期間の月額料金などが違約金として発生するので、必要な利用期間に応じて慎重に契約期間を検討しましょう。

契約方式

カーリースの契約方式
カーリースの契約方式

カーリースの契約方式は車の返却時に精算が発生するかどうかに大きく関わる重要なポイントです。

契約方式には、「オープンエンド方式」と「クローズドエンド方式」の2つがあります。どちらも車両本体価格から残価を差し引いて月額料金を算出する点は同じですが、オープンエンド方式での契約では、契約満了時に残価と実際の査定額の差額精算が発生します。一方で、クローズドエンド方式では残価精算がありません

定額カルモくんの法人向けカーリースはクローズドエンド方式なので、残価精算による追加料金が発生することがないので安心です。

返却時の原状回復

リース契約満了後、車を返却するときは、車を元の状態に戻す原状回復が必要です。そのため、リース車は元に戻すことができない改造などのカスタマイズが禁止されています。なお、事業用の部品などの取り付けの予定がある場合は、あらかじめ申込み時に相談しておきましょう。


簡単5分_お試し審査

※審査に通っても契約にはなりません

おすすめの法人向けカーリースは?

セールススタッフ

法人向けカーリースの中では、個人向けサービスでの顧客満足度も高い「おトクにマイカー 定額カルモくん」がおすすめです。国産メーカーすべての車種を扱っているだけでなく、すべてのグレードを選ぶことができ、メーカーオプションの追加も可能です。そのため、必要な機能が備わった社用車を用意することができます

さらに、車の調達にかかる費用だけでなく、契約期間中の整備費用も定額化できるプランがあるので、経費処理も簡単になります。ほかにも、オンラインで簡単に申込みができ、会社まで納車してくれるので、手間もかかりません。


法人・個人事業主のカーリース利用はこちら

実際にカーリースの定額カルモくんの利用者から寄せられた口コミを紹介中。口コミを通して、カーリースが向いている人や契約時に注意すべきポイントなども紹介しています。


口コミバナー_カルモくん

法人向けカーリースの人気車種ベスト5

法人向けカーリースの人気車種ベスト5

社用車といっても、営業車として移動に使ったり荷物を運搬したり、用途によって必要な車はさまざまでしょう。そこで、車種の特徴と適した使用方法を基に、法人向けカーリースで人気の車種をご紹介します。なお、ランキングは定額カルモくんの法人向けカーリースの人気車種ベスト5(2021年3月時点)を参考にしています。

1位:スズキ「エブリイ」

スズキ「エブリイ」

スズキ「エブリイ」は、社用車としての利用を前提に、働きやすさを大切にした軽キャブバンです。同タイプでナンバーワンともいわれる荷室サイズで、どのような用途にも使いやすい仕様となっています。荷物の出し入れのしやすさはもちろん、長さのある荷物でも積みやすい室内は、小売業や卸売業、建設業、配送業など、さまざまな業種で利用されています。

また、スズキの予防安全技術「Safety Support」を搭載するなど、安全性能も充実しているので、安心して利用できるでしょう。


エブリイの法人向けカーリースを申し込む

2位:トヨタ「ハイエース」

ハイエース_車種画像

トヨタ「ハイエース」は、社用車の定番ともいわれるほど積載量の多さが魅力の車種です。無駄がなく積み下ろしのしやすい荷室は、どんなシーンでも使いやすく、一度に多くの荷物を運ぶ方にとっては最適といえるでしょう。

また、走行性能の高さも社用車として人気の理由となっており、たくさん積んでも安定して走ることができます。ほかにも、グレードによっては9人まで乗れるので、大人数で移動することがある場合でも安心です。


ハイエースの法人向けカーリースを申し込む

3位:ダイハツ「ハイゼットカーゴ」

ダイハツ「ハイゼットカーゴ」

業種を問わず使いやすいシンプルな外観と、広々とした荷室が魅力のハイゼットカーゴも社用車として人気の車種です。軽自動車ながらも、みかん箱であれば65箱、ビールケースであれば36ケースも積める大容量となっています。なお、長い荷物であれば、助手席をフラットにすることで、6畳相当のカーペットも運ぶことも可能です。

ほかにも、車内のさまざまな場所に使い勝手を高めてくれるユースフルナットやユースフルホールがあり、ディーラーオプションでシステムバーやフックをつけることもできます。


ハイゼットカーゴの法人向けカーリースを申し込む

4位:ダイハツ「ミライース」

ミライース

小回りが利いて価格が安いミライースは、移動用の営業車として人気の軽自動車です。車両本体価格も100万円未満のため、複数台必要な場合でも、コストを抑えて用意できる点が魅力でしょう。また、ハイブリッドカー並みの燃費の良さも大きなメリットのため、移動が多い場合でも、維持費の節約にもつながります。


ミライースの法人向けカーリースを申し込む

5位:ホンダ「N BOX」

N-BOX_車種画像

N BOXは新車販売台数が4年連続第1位になるなど、軽自動車の枠を超えて人気を集めている車種です。法人カーリースでも同様に人気が高く、そのトータルバランスや使い勝手の良さが魅力となっています。

また、室内空間の広さに加えて、ゆったりとしたシートによって軽自動車とは思えない乗り心地となっています。さらに、多彩なシートアレンジにより積載量も期待できることから、社用車に乗り心地と積載量を求める場合にも向いているでしょう。


N BOXの法人向けカーリースを申し込む

法人向けカーリースの申込方法

法人向けカーリースの申込方法

最後に、定額カルモくんのカーリースを例に、実際に法人用カーリースを利用するときの相談から契約、納車までの手順をご紹介します。なお、法人向けと個人向けとでプランや審査内容などが異なります。個人事業主の場合は、個人向けのカーリースの利用がおすすめです。


法人向けカーリースの窓口はこちら

個人事業主の方はこちら

1. 問い合わせフォームに希望や質問を入力する

まずは、問い合わせフォームから希望する車や質問などとともに、会社名や連絡先を申請します。定額カルモくんの場合、この手続きだけでは申込みにはならないので、申請後のキャンセルや内容の変更も可能です。


定額カルモくんの問い合わせフォームはこちら

2. ヒアリング

問い合わせ内容を基に、希望の車種やプランについて、専任スタッフがお客様のご希望をヒアリングいたします。車の用途や予算などを確認した上で、最適な車種を提案することもできるので、担当者が車に詳しくなくても安心です。

3. 審査・ご商談・ご契約

カーリースの契約には所定の審査があります。審査後に契約内容に同意すると、本契約に進みます。定額カルモくんでは、審査から契約までも専任スタッフがサポートいたしますのでご安心ください。

4. ご納車

通常、リース車は契約締結から1ヵ月程度で納車されます。ただし、車種やオプションによっては、納車まで1ヵ月以上要する可能性もあります。車が必要な期日がある場合は、契約時点で相談するとスムーズに進められるでしょう。


法人向けカーリースのご相談はこちら

個人事業主の方には法人より個人向けカーリースが人気

法人向けカーリースと個人向けカーリースでは審査項目や手続きの内容も異なるため、個人事業主の方で社用車が必要な場合には、個人向けカーリースがおすすめです。その理由と、法人向けカーリースと個人向けカーリースの違いをご紹介します。

法人 個人
審査項目 会社の規模
事業内容
資本金
設立年数
負債残高
取引のある金融機関など
年収・属性
勤続年数などの
勤め先の情報
信用情報(CICなど)
審査で重要視されるポイント 収益の安定性 借入れの状況やこれまでの債務履歴
収入の安定性
必要書類 決算書(財務諸表)
確定申告書
営業許可証など
申込用紙
免許証など
個人情報の確認書類

*カーリースの審査条件は公開されていないため、一般的なローン審査の内容を基にしています

法人より個人向けカーリースのほうが審査を受けやすい

法人向けカーリースと個人向けカーリースの大きな違いは、審査内容の違いでしょう。

法人名義で審査を受ける場合には、会社の規模や資本金、収益の安定性などが審査に影響するのが一般的です。一方で、個人向けカーリースでは、ローン審査のように、個人の収入の安定性や年収などを基に審査が行われることが多いでしょう。

そのため、カーリースの場合は、一般的なクレジットカードを作るときのような審査が行われるので、安定した収入があり、かつ過去の信用情報に問題がないなど、その方の状況によっては通りやすいといえるでしょう。

法人より個人向けカーリースのほうが必要な書類が少ない

法人でも個人向けでも、カーリースは基本的に長期での契約となるので、安定した収益や収入が得られているかは重要なポイントとなります。その確認のために、法人の場合は決算書や確定申告書などの提出が求められることが多いでしょう。

一方、個人向けカーリースでは免許証などの個人情報の確認書類に加えて、所定の申込用紙の提出が求められます。場合によっては、所得証明書(課税証明書)や確定申告書の控えなどが必要となることもあるでしょう。

定額カルモくんでは、法人向けカーリースだけでなく、個人向けカーリースも提供しています。オンラインで、5分程度で審査が受けられるので、まずは試しに受けてみてはいかがでしょうか。


個人向けカーリースで審査を受けてみる

簡単5分_お試し審査

※審査に通っても契約にはなりません

法人向けカーリースなら社用車が簡単に手に入る

法人向けカーリースなら社用車が簡単に手に入る

事業用の車を購入するとなるとまとまった資金が必要になり、ローンで購入する場合も頭金や初期費用が必要になります。さらに各種税金や自賠責保険料、車検代なども定期的にかかるため、経費管理の手間がかかります。

その点、カーリースは頭金や初期費用をかけずに車を用意でき、経費処理が可能な毎月定額のリース料金で車が利用できます。社用車の利用にはカーリースも検討してみてはいかがでしょうか。


まずは審査に通るか試してみる

※審査に通っても契約にはなりません


定額カルモくんの資料をご覧になりたい方は下のバナーからどうぞ

資料ダウンロード

よくある質問

Q1法人向けカーリースのメリットは?

A:頭金や初期費用なしで車を用意でき、手続きや経理処理など、さまざまな手間を省けるのが法人向けカーリースのメリットです。また、利用料として毎月経費計上できるため、購入した場合のように減価償却をする必要もありません。

Q2社用車や商用車をカーリースするときのポイントはなんですか?

A:カーリースでは、1ヵ月間の走行距離に上限が設けられます。またカーリースは契約期間途中の解約が認められていません。中途解約する場合は、違約金が発生しますので、車の利用期間に応じて契約期間を検討する必要があります。

Q3定額カルモくんの法人向けカーリースの納車までの期間を教えてください。

A:リース車は契約締結から1ヵ月程度で納車されます。ただし、新車はすべて発注生産となるため、車によっては納車まで1ヵ月以上要する可能性もあります。

この記事の執筆者


伊藤 真二
監修者、編集者、ライター

伊藤 真二

ファイナンシャルプランナー。介護福祉士資格を所有していることから、老後の暮らしや節約・資産運用など、安心できる未来、無駄のない今を生きるためのご提案を多く行う。 また、ニュースメディア、採用メディア、自動車メディアなどのライター・編集者の経験から記事執筆・監修も広く行っている。
お試し審査