個人事業主がカーリース審査に通るコツとは?審査基準と対策ポイントを解説

更新日:2023.06.24
個人事業主がカーリースの審査に通ってお得に利用するためにはどうしたらいいかを解説していることを表すタイトル画像

個人事業主はカーリースの審査に通りにくいといわれることがあります。なぜなら、収入の安定性が低いとみなされやすいからです。しかし、適切な対策を行えばそれほど大きな心配はありません。具体的な審査項目は、所得や事業の継続年数、信用情報などです。

ただし、個人向け・法人向けどちらのサービスを利用するかで見られる内容が異なるため注意が必要です。
そこで、個人事業主がカーリースを利用する場合の審査基準や対策、お得なサービスの選び方などについて徹底解説します。


個人利用におすすめのカーリースなら

月々10,000円台から!

審査に通るか気軽に試せます。


申込者数15万人以上_お試し審査をしてみる


【この記事のポイント】
✔個人利用か事業用利用かで、カーリースの審査は異なる
✔個人事業主の審査対策では、過去3年間の所得に見合った車種やプランを選ぶことが大切
✔個人事業主が利用するなら、個人向けと法人向けのいずれも相談可能なカーリースがおすすめ


申込者数15万人超!人気カーリースの資料を見る

個人事業主が審査に通りやすいカーリースとは?

個人事業主がカーリースの利用を考える場合、個人向けカーリースと法人向けカーリースの2種類が選択肢に挙がります。そして、このうち審査のハードルが低いのは、個人向けカーリースです。それぞれの違いや審査のハードルが低い理由を見ていきましょう。

審査のハードルが低いのは個人向けカーリース

前提として、個人事業主が車を自家用車として使用する場合は、個人向けカーリースでの契約となります。また、プライベートと事業で兼用する場合や、事業用として利用する場合も、料金の引き落としを個人名義の口座で行うならば個人契約になります。

個人向けカーリースのほうが審査のハードルが低いといえる理由は、審査内容にあります。個人向けカーリースでは、個人の支払能力次第で審査を容易に通過できるケースも少なくありません。一方、法人向けカーリースは、法人化した会社の規模や経営状況などが審査対象になるため、小規模の事業を行うことが多い個人事業主にはハードルが高いのです。

なお、個人向けカーリースでも、事業で使う場合は経費に計上できます*。自家用車と兼用であれば家事按分を行う必要がありますが、節税対策としてのメリットは十分にあるでしょう。

*税務上、経費として認められないケースもあります

法人名義の契約なら法人向けカーリース

一人で事業を行っていても、法人を設立しており、車を事業目的で使用するのであれば法人向けカーリースの利用が一般的です。この場合、契約と料金の引き落とし口座を法人名義にする必要があります。

なお、法人向けカーリースの審査は会社としての支払能力や事業の継続性を判断するため、必要書類が多く、手続きも煩雑になります。そのため、しっかりと審査対策や準備を行うことが重要です。

これらの違いや車の利用目的、事業実態を踏まえて、個人向け・法人向けカーリースどちらでの契約となるかを判断しましょう。



審査通過の目安が事前にわかります


個人事業主のカーリース利用なら、個人・法人向け両方の相談が可能な「おトクにマイカー 定額カルモくん」がおすすめです。まずは個人利用ができるか、下のお試し審査から試してみましょう。契約不要で審査に通る目安を確かめられ、結果を基に最適なプランの相談も可能です。


申込者数15万人以上_お試し審査してみる

個人事業主が利用できるカーリースの審査基準

個人事業主が利用できるカーリースの審査基準をイメージした画像

前項で、カーリースの審査は個人利用のほうがハードルが低いと説明しました。しかし、実際の審査の通りやすさは事業の実態や個人としての収入によって異なります。どちらを利用するか判断するために、個人向け・法人向けのそれぞれの審査基準を把握しておきましょう。

個人向けカーリースの審査基準

個人事業主が個人向けカーリースで受ける審査の内容は、車の利用目的が自家用でも事業用でも、基本的には同じです。ただし、審査では「申込者が安定的かつ継続的な収入を得ることができるのか」を確認されるので、一般的な会社員と比べると、個人事業主には少し気を付けたい部分があります。おもな審査基準を見ていきましょう。

年収

審査で見られる年収とは、売上ではなく所得のことです。一般的に、審査に通りやすい年収の目安は200万円以上といわれています。ただし、個人事業主の場合は収入の安定性を判断するためとして、過去3年分の所得をチェックされることがあります

職種や継続年数

個人事業主は収入が不安定とみなされやすいため、会社員よりも条件がシビアになることが多いです。継続年数は最低でも1年以上、できれば3年以上あることが望ましいでしょう。職種は安定性を測る目安として用いられ、収入が高い傾向がある医師や弁護士などは有利になる可能性があります。

借入額

利用しているローンやキャッシングの金額も審査されます。事業目的の借入れでも、個人名義であれば影響するので注意しましょう。審査では、年収に占める年間返済額の割合である「返済負担率」が30%を超えていないことが目安とされます。なお個人事業主の場合、返済負担率は、年間の返済金額 ÷3年間の所得平均額 × 100で計算できます。

これまでの金融事故の履歴

個人信用情報に記載されている過去の金融事故の履歴もチェックされます。自己破産や債務整理、滞納などの記録があると審査通過が困難です。

法人向けカーリースの審査基準

法人向けカーリースの審査は個人向けカーリースと大きく異なり、おもに会社としての支払能力や信用性が審査されます。

経営状況

黒字経営が続いていることが最も大切です。一般的に、確定申告書や決算書などから過去3年間の経営状況を見られることが多いとされています。なお、最低でも2期は黒字でないと審査通過はきびしいといえるでしょう。

事業の継続年数

事業が安定的に運営されているかも重要視されるため、継続年数が長いほど審査通過の可能性は高まります。通過の目安は1年以上、できれば3年以上が望ましく、設立して間もない企業は不利になりやすいです。

事業内容

倒産の可能性が高いと判断されやすい水商売やパチンコ店などの娯楽産業は、審査通過が難しい傾向があります。また、反社会的勢力と関わりがある場合はカーリースを利用できません。

資本金

カーリースの審査において資本金は、事業規模を確認するための要素とされています。資本金が少ないからといって審査に通らないわけではありません。ただし、多くの台数を契約するのは難しい可能性が高いでしょう。

債務残高

債務があっても契約は可能ですが、経営状況や会社の規模に対して負債が大きすぎる場合は審査に不利に働きます。取引きで生じた未払金や買掛金などにも注意が必要です。


個人事業主におすすめのカーリースを見る

個人事業主がカーリースの審査に向けて講じておきたい対策

個人事業主がカーリースの審査に向けて講じておきたい対策をイメージした画像

審査基準からもわかるとおり、個人事業主がカーリース審査に通るためには、十分な支払能力を証明する必要があります。そのためにできる対策として、個人向け・法人向けカーリースでそれぞれ意識すべきポイントを見ていきましょう。

個人向けカーリースの審査対策

個人向けカーリースの審査対策では、以下のポイントに注意するのがおすすめです。

過去3年間の所得に見合った車種やプランを選ぶ

個人事業主は今現在の所得だけでなく、過去3年間の所得が審査対象となる場合があります。今の所得が高いからといって高額な車種やプランを選ぶと審査に通らない可能性もあるため、過去3年間の所得の平均額で無理なく支払える車やプランを選びましょう

過度な節税対策をしない

個人事業主の方の中には、経費をなるべく多く計上したり、小規模企業共済などを利用したりして節税に努めている方もいるでしょう。ただし、過度な節税対策は所得を少なくしてしまうので、審査の通過が難しくなる可能性があります。税金対策は慎重に行いましょう。

個人信用情報を確認する

現在の借入状況や、過去の滞納、自己破産、債務整理などの金融履歴は、個人信用情報機関に記録されています。これらは審査に大きく影響するため、カーリースの審査を申し込む前に情報開示請求をして確認しておきましょう。なお、滞納履歴は完済から5年、自己破産は10年ほどで記録が消えるとされています。不利な情報がある場合は消えるのを待つことも大事な対策です。

法人向けカーリースの審査対策

法人向けカーリースでも、個人向けカーリース同様、経営状況に見合った車種やプランを選ぶことが大切です。このほかの法人向けの審査対策については、以下の点を意識するといいでしょう。

企業情報を虚偽なく申告する

申告した内容に不備や誤りがあると、信用を損なって審査に通りにくくなる可能性があります。良い印象を与えたいからといって、売上を高めに記入したり、資本金を多くしたりといった虚偽の申告を行ってはいけません。審査書類は正しい内容かよく確認したうえで提出しましょう。

債務をなるべく減らす

債務がある場合は、なるべく返済して残債を少なくしておきましょう。あちこちから借入れがあり利息がかさむようなら、融資の統合を検討するのもひとつの方法です。当然ながら赤字経営の場合は審査に通りにくいので、黒字になるように健全な経営を行いましょう。

経営者の信用情報を確認する

法人名義で申し込む場合でも、経営者個人の信用情報に債務整理など不利な情報があると審査に通りにくくなってしまいます。現在の経営状況が良好であっても、過去の信用情報が影響してしまうケースがあります。気になる場合は、インターネットや郵送で簡単に信用情報を取り寄せられるので、事前に確認しておきましょう。



カーリースのプランや審査は個人・法人で異なるため、正しい情報の整理が大切です。
個人向けと法人向け両方の窓口がある定額カルモくんなら、どちらを申し込むか迷ったときも最適な方法を提案してくれるので、カーリースに詳しくなくても心配はありません。審査に不安がある場合も、まずは相談から始めてみましょう。


法人はこちら 個人はこちら


個人事業主がカーリースの審査に通らなかったときにできること

個人事業主がカーリースの審査に通らなかったときにできることをイメージした画像

一度カーリースの審査に落ちてしまったからといって、すべてのカーリースを利用できないというわけではありません。ただし、きちんとした対策をとらずに審査を繰り返していると、お金に困っているとみなされて余計に審査に通りにくくなってしまう可能性があります。焦らずに以下の対処法を試したうえで、慎重に再審査に臨みましょう。

連帯保証人を立てる

個人事業主は収入があっても安定性の面で審査通過が困難になりやすいですが、連帯保証人を立てることで審査を通過できる可能性があります。このような場合、リース会社から連帯保証人を立てるよう求められるので、親族などに頼める方がいればお願いしてみましょう。なお、連帯保証人にも安定した収入や信用が求められます

また、法人向けカーリースの場合は連帯保証人が必要なケースが多いです。一般的には法人代表者を連帯保証人としますが、リース会社によって条件が異なる場合があるので確認しておくといいでしょう。

安い車種やプランに変更する

所得や経営状況に見合わない高い車では審査に通りにくいですが、料金の安い車種やプランなら審査のハードルは下がります。車のグレードを下げたり、シンプルなプランに変更したりと、料金を抑える工夫をしてみましょう。車を妥協しなくても、契約年数を延ばすことで月額料金を抑えられ、審査に通りやすくなる場合もあります

頭金を用意する

カーリースは頭金不要で利用できるのがメリットですが、頭金を用意すれば月々の負担を抑えられ、審査に通りやすくなります。ただし、頭金を設定できるカーリースとできないカーリースがあるので注意が必要です。また、カーリースの料金を経費に計上する場合、頭金に関しては月額料金と異なる経費処理となるので気を付けましょう。

審査に通りやすいカーリースに申し込む

法人向けカーリースで審査に通らない場合、個人向けカーリースに変えてみることで審査に通る可能性があります。また、個人向けで審査に落ちた場合は、新車ではなく中古車リースに変える、審査に通りやすいといわれる自社リースを扱う会社に申し込むなどの対策も有効です。

ただし、自社リースはサービス自体が少なく、取り扱う車も中古車が多いので希望どおりの車が手に入らない可能性もあります。新車や希望する車に乗りたい場合は、なるべく月額料金が安くて申込条件が幅広いカーリースを探してみましょう。

審査通過の目安を確かめられるサービスを利用する

カーリースでは、審査に通るか試せるサービスがあります。自分が審査に通る範囲を調べておくと、その後の手続きをスムーズに進められるでしょう。

定額カルモくんの個人向けカーリースで利用できるお試し審査もそのひとつです。おすすめの使い方は、お試し審査の段階では一番安い車種で申し込んでおき、通過後に利用できる範囲の車を案内してもらって車種やプランをじっくり考えるといった方法です。まだお試し審査を試していないという方は、ひとまずここから始めてみましょう。


業界最安水準で個人利用におすすめ_お試し審査をしてみる

カーリースが個人事業主に向いている理由

カーリースが個人事業主に向いている理由をイメージした画像

審査というハードルがあるにもかかわらずカーリースが個人事業主に利用されている理由は、個人事業主にとってメリットの多い車の持ち方だからです。ここで、改めてどのようなメリットとデメリットがあるのか見ていきましょう。

個人事業主にとってはデメリットよりもメリットが大きい

メリット デメリット
・大きな出費がなく資金繰りを安定させやすい

・車の経費処理が楽になる

・車両管理の手間を軽減できる

・車の使用に制限がある

・中途解約は原則不可とされている

・残価精算が発生することがある


車の購入には頭金や初期費用など大きな費用がかかりますが、カーリースなら月額料金だけで新車に乗り始められるので、家計も事業の資金繰りも安心です。また、事業用の場合は月額料金をそのまま経費に計上できることが多い、車両管理にリース会社のサポートが期待できるといった点も、一人で事業を切り回す個人事業主にとって手間の少ない節税対策として大きなメリットがあります。

デメリットもありますが、昨今は車の使用制限のないカーリースや残価精算のないカーリースも多く、より利用価値が高まっています。

車の経費を計上している個人事業主は8割以上

自動車にかかる経費を経費計上していますか

定額カルモくんが行った独自調査*では、個人事業主の8割以上の方が車にかかる費用を経費として計上しているという結果が出ています。

購入した車を経費とする場合、一般的には減価償却や維持費の科目分けなど面倒な処理をしなければなりません。この処理が面倒で経費計上をしていないという方もいることでしょう。

一方カーリースなら、月額料金に維持費も含めて丸ごと経費に計上できることが多く、楽に処理できます。また、車を事業とプライベートで兼用する場合も、月額料金の按分なら処理が簡単です。

そのうえ、審査の面でも、カーリースは同じ車をローンで購入するよりハードルが低いといわれています。このような背景から、カーリースは多くの個人事業主に有益なサービスだといえます。

*定額カルモくんが、2021年5月14~ 21日に「仕事で車を利用している全国の個人事業主739人」を対象として行ったインターネット調査

個人事業主におすすめのカーリースの選び方

個人事業主におすすめのカーリースの選び方をイメージした画像

近年は、サービスの充実した個人向けカーリースが人気です。しかし、個人事業主が社用車としてカーリースを利用するのであれば、事業に適した車やプランの取扱いがあるかといった部分にも目を向ける必要があります。ここでは、個人事業主がカーリース選びで大切にしたいポイントを4つご紹介しましょう。

選択肢が豊富なリース会社を選ぶ

満足度の高いカーライフを送るには、目的にぴったり合ったリースプランを選ぶことが大切です。そのために、選択肢が豊富なカーリースを選ぶといいでしょう。

具体的には、個人向け・法人向け両方のカーリースを取り扱っている、車種やグレード、オプションが豊富、走行距離が長めに設定できるといったポイントを満たすものがおすすめです。業務効率に影響しやすい車種や走行距離制限はしっかりと確認しておきましょう。

導入コストが低いカーリースを選ぶ

頭金や初期費用が不要なカーリースなら、事業の資金繰りや家計に負担をかけずに車を導入できます。月額料金もリース会社によって異なるので、複数のカーリースを比較検討しましょう。場合によっては、同じ車をもっと安く利用できるカーリースが見つかる可能性もあります。

また、車体へのステッカー貼りを代行してくれるなど、社用車に適したサービスを無料で提供しているリース会社もあるのでチェックしてみましょう。

事業用に適したメンテナンスサービスがあるカーリースを選ぶ

車を社用車として利用するなら、自家用車以上にメンテナンスをしっかりと行い、安全性を保っておく必要があります。車の利用頻度が高いとメンテナンスの頻度も高くなるので、幅広いメンテナンス範囲を月額料金でカバーできるカーリースを選ぶと、費用、経費処理、安全管理などあらゆる負担が楽になるでしょう。

なお、行動範囲が広い場合は、メンテナンスを受けられる場所についても確認しておくといいでしょう。理想は全国対応を行っているカーリースです。

サポートが充実しているサービスを選ぶ

リース会社ならではのサポートも注目したい部分です。例えば、メーカーをまたいだ車選びの提案をしてくれる、車検時期のお知らせなど維持管理のサポートがある、トラブルの際に担当者がフォローしてくれるなど、手厚いサポートがあれば、車に詳しくなくても安心して利用できます

また、審査が不安な方に対するサポートがある場合もあります。車のことはリース会社に任せられるという安心感があれば、事業にも注力しやすいでしょう。

個人事業主におすすめ!個人利用も事業用も相談可能なイチオシのカーリース

カーリースのおトクにマイカー 定額カルモくんが、2023年1月までで申込者数15万人を突破し、人気上昇中であることを表す図

おトクにマイカー 定額カルモくん」は、個人向け・法人向けのどちらの相談も可能なので、個人事業主が初めて利用するカーリースとして特におすすめです。個人利用では業界最安水準*のカーリースとして人気で、申込者数はサービス開始から5年で15万人を突破し、多くの方が利用しています。
定額カルモくんのメリットについて詳しく見ていきましょう。

*文末の制作日における調査結果に基づく。調査概要はコンテンツポリシー参照

顧客対応満足度98.9%*!気軽に無料相談ができる

定額カルモくんの契約者を対象としたアンケートより、顧客対応満足度が98.9%という結果だったことを表す図

定額カルモくんでは、個人利用、事業用利用のどちらも相談できます。専門知識が豊富なマイカーコンシェルジュが、希望内容をヒアリングのうえ最適な方法を提案してくれるので、失敗のないプラン選びができるでしょう。

事業用利用では、社名やロゴのステッカー処理、希望ナンバーへの変更などをリース会社で対応してくれるほか、納車時の場所も指定できるので、社用車を効率的に用意できます。

また、個人利用なら、カーリースのデメリットに縛られない、よりお得な乗り方も可能で、顧客対応満足度は98.9%*。多くの利用者から高い評価を得ています。

*2019年12月~2021年6月までの定額カルモくんご契約者様504名を対象としたアンケート

個人利用ならメリット満載!業界最安水準*¹の料金でお得に新車に乗れる

定額カルモくんは、残価精算なし、初期費用0円、頭金・ボーナス払いなし、契約年数やプランの選択肢が多いメリットだらけのサービスで専門家からも高い評価を得ているというまとめ図

定額カルモくんを個人名義の口座で申し込む場合は、自由度の高い個人向けカーリースのサービスが利用可能です。個人向けカーリースの料金は業界最安水準*¹の月々10,000円台から。そのため、懐事情に合わせて新車を選べて、個人事業主が気になる審査のハードルも下げやすいのです。ほかにも、上の図のようなメリットが盛りだくさんです。

このようなコスパの良さから、専門家や利用者が選ぶカーリースでも3冠を獲得し、多くの方に支持されています。

なお、走行距離制限なしのプランや最後に車をもらえるオプションは個人契約の場合に利用できるサービスです。この機会に詳しくチェックしてみましょう。


定額カルモくんのサービスを詳しく見る


文末の制作日における調査結果に基づく。調査概要はコンテンツポリシー参照
【出典】調査方法:インターネット調査■調査期間:2022年12月15日(木)~12月19日(月)■調査概要:「カーリース」10サイトを対象にしたサイト比較イメージ調査■調査対象:男女、18-69 歳、全国、*¹ファイナンシャルプランナー107s、*²カーリース利用経験者 231s、*³カーディーラー勤務者100s■調査実施:株式会社ドゥ・ハウス■比較対象企業:「カーリース」でのGoogle検索 検索上位10社(2022年12月13日15時時点) ※個人向けカーリースのみ ※記事、広告、まとめサイトを除く

お試し審査で審査通過の目安を事前にチェック

気になる方は、まずは個人で利用できるか、下の「お試し審査」から試してみましょう。お試し審査はオンラインから5分ほどの手続きで申し込めて、通常翌営業日には結果が届きます。通過後、審査に通る範囲の車種やプランを案内してもらい、後から安心してじっくりプランを検討できるのでおすすめです。

また、審査の通過が難しい方には、連帯保証人や保証会社を利用するプランを案内するケースもあります。事業がまだ軌道に乗っていない場合でも、気負わずに利用してみましょう。


車種やプランは後から選べる_お試し審査をしてみる


法人名義口座での契約をご希望の方はこちら

個人事業主でカーリースを利用している方の口コミ

実際にカーリースを利用している個人事業主の口コミをご紹介しましょう。


Tさん(ホンダ「N BOX」8年契約)

子供の送り迎えのために契約した車ですが、コワーキングスペースに行くのにも使うので、月額料金のうち仕事で使った分は経費に計上しています。税金とか車検って結構負担になるんですが、カーリースは全部コミコミだからいいですよね。定額カルモくんの担当者さんが車探しを手伝ってくれたので、納車を急いでいた私には助かりました。

Nさん(ホンダ「N BOX」11年契約)

仕事で昼夜問わず運転するので、最新の安全性能がついた新車が欲しかったんです。だから、取り扱う車種が多くて新車でも予算内に収まる安さだった定額カルモくんを選びました。カーリースは月額料金をそのまま経費として計上できることは知っていましたが、実際に始めてみて、とても楽だなと実感しています。

個人事業主にぴったりのカーリースで事業もプライベートも充実させよう

個人事業主にぴったりのカーリースで事業もプライベートも充実させようをイメージした画像

個人事業主のカーリース審査は難しいと思われがちですが、正しく対策を行えば審査を通過できるケースも多いので、積極的にトライしてみましょう。カーリースで車の手間やお金の負担を軽減できれば、事業もプライベートも余裕が生まれます。

サポートの充実している定額カルモくんなら、忙しい個人事業主の利用にもぴったりです。個人・法人どちらに申し込むか迷ったときにも、マイカーコンシェルジュが状況をヒアリングのうえ、最適な方法を提案してくれます。まずは気軽に問い合わせてみましょう。


平日10:00~19:00(土日祝・年末年始休み)


※この記事は2023年4月1日時点の情報で制作しています

よくある質問

Q1個人事業主がカーリース審査に通る基準は?

A:個人向けカーリースでは、個人としての返済能力がチェックされます。明確な基準は公にされていませんが、目安として年間所得200万円以上、事業年数3年以上で、金融事故歴や多額の借入れがないことが望ましいでしょう。法人向けカーリースは会社の経営状況がおもな審査基準となります。

Q2個人事業主におすすめのカーリース審査の対策とは?

A:過去3年間の所得に見合った車種やプランを選ぶことが大切です。個人向けカーリースの場合は、過度な節税対策をしない、個人信用情報を確認するなどの対策も行いましょう。法人向けカーリースでは、企業情報を虚偽なく申告する、債務をなるべく減らす、経営者の信用情報を確認するなどの対策が有効です。

Q3個人事業主が利用しやすいリース会社のおすすめは?

A:個人向け・法人向けの両方を相談できる定額カルモくんがおすすめです。個人利用の場合は、「お試し審査」を利用して事前に審査に通るか確認できる、プランによって走行距離制限がない、原状回復費をカバーできるなど多くのメリットがあります。なお、事業用の場合は上記とは異なるプランで個別相談を受け付けています。

この記事の執筆者


伊藤 真二
監修者、編集者、ライター

伊藤 真二

ファイナンシャルプランナー。介護福祉士資格を所有していることから、老後の暮らしや節約・資産運用など、安心できる未来、無駄のない今を生きるためのご提案を多く行う。 また、ニュースメディア、採用メディア、自動車メディアなどのライター・編集者の経験から記事執筆・監修も広く行っている。

申込者数20万人超!人気カーリースの資料を見る

申込者数20万人超!人気カーリースの資料を見る