リースの利率はどれくらい?カーリースのしくみやローンとの違いを徹底比較

公開日:2021-09-28更新日:2021-09-28

リースの利率について

定額制でお得に新車に乗れると話題のカーリース。契約期間が長くなるほど月額料金が安くなるのが特徴ですが、どれくらいの金利がかかるのか気になっている方もいるのではないでしょうか。そこで、カーリースの利率はどれくらいなのか、カーリースのしくみやローンとの違いを比較してみました。

【この記事のポイント】
✔利率とは、借入額に対して発生する利息の割合のこと
✔カーリースには、ローンのような金利の概念がない
✔よりお得にリースするなら日本一安い*定額カルモくんがおすすめ

*一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ) 

そもそも利率とは?

そもそも利率とは?

車の購入時など、多額の費用が必要な際に便利なローン。
銀行やローン会社などから資金を借り入れて分割で返済を行う方法ですが、返済する際には借入額に応じた利息をプラスして支払います

このとき、借入額に対して発生する利息の割合が利率であり、「3%」のようにパーセンテージで表されます。また、一般的に利率は1年間で発生する利息の割合を示しており、年利ともいわれます。

なお、似たような言葉に金利がありますが、利率よりも幅広い意味を持っており、貸付などの利子の金額を示すこともあります。

カーリースに利率はあるの?

カーリースに利率はあるの?

長期で契約することも多いカーリースですが、どれくらいの利率がかかるのか気になっている方も多いでしょう。

金利はあくまでも借りたお金を返済するときにかかる利息の割合のことなので、使用料を支払って、長期間車を借りるサブスクリプションサービスであるカーリースには金利という概念がありません

利息に近い費用に手数料がありますが、カーリースの月額料金には各種手数料が含まれており、手数料の詳細な金額は公開されていないことがほとんどです。

また、カーリースの月額料金には、購入や維持にかかる各種税金や自賠責保険料なども含まれていて、次のように決められています。

カーリースの料金のしくみ

月額料金の内訳

カーリースでは、契約時に残価を設定した上で、月額料金を算出しています。残価とはリース車の下取り予想価格のことで、車両価格から残価を差し引いているため、車両価格全額を支払うローンよりも、お得に利用できるのが特徴です。
車を購入する際にかかる、環境性能割や自動車重量税をはじめとした各種税金、自賠責保険料、リサイクル料金や登録代行費用をはじめとした各種手数料なども含めた上で、月額料金が決められています。カーリースでは、こうした購入や維持にかかる費用のほとんどが月額料金に含まれているため、直接支払う手間や負担がありません。


安く利用できる   カーリースが知りたい方はこちら

金利のないカーリースと金利のあるカーローン、どっちがお得?

ローン_カーリース費用イメージ

カーリースとカーローンは、どちらも基本的に毎月支払いをして車に乗る方法です。しかし、同じ車種を選んでも、それぞれに支払い方が異なります。そこで、金利のないカーリースと金利のあるカーローンの違いを基に、どちらがお得なのか比較してみましょう。なお、カーリースは定額カルモくんの場合を例にご紹介します。


〈カーリースとカーローンの費用の違い〉

                                                                                                 
カーリースカーローン
初期費用なし
(月額料金に含まれる)
環境性能割
自動車重量税

自動車税(種別割)・軽自動車税(種別割)

自賠責保険料

リサイクル料金

登録代行費用

預かり法定費用

納車費用

ナンバープレート取得費用など
維持費基本的に月額料金に含まれるローン返済
自動車重量税

自動車税(種別割)・軽自動車税(種別割)

自賠責保険料
車検・メンテナンス費用メンテナンスプランで
月額料金に含められる
その都度かかる
その他借入額に対して利息がかかる

*どちらも駐車場代やガソリン代などは自己負担

カーローンでは、契約内容に応じた利息が上乗せされた金額を月々返済します。また、ローンの返済のほかにも、各種税金などの初期費用が必要です。場合によってはローンに組み込むことも可能ですが、購入時に現金で支払うのが一般的です。

そのほかにも、各種税金や自賠責保険料、車検やメンテナンスの費用がその都度かかります。車の状態によっては、修理や整備にまとまった費用がかかることもあるので、維持費が予測しにくいという特徴もあります。

一方、カーリースでも購入と同様の費用が発生しますが、そのほとんどが月額料金に含まれており、契約時に初期費用として支払う必要がありません。同様に、維持費もほとんどの費用が月額料金にコミコミとなっています。また、車検やメンテナンスの費用はメンテナンスプランなどで定額化できます

このように、車両価格に利息が上乗せされ、さらにほかの費用をその都度支払うカーローンに比べて、さまざまな費用がコミコミになっているカーリースのほうが利用しやすいといえるでしょう。

そもそもカーローンの利率はどれくらい?

そもそもカーローンの利率はどれくらい?

カーリースと比べて、月々の返済以外にも費用の負担があるカーローン。また、借入額に応じて利息がかかるため、利率によっても返済額は異なります。そこで、カーローンの種類ごとの利率や、利率が月々の返済額にどのような影響を与えるのかを見ていきましょう。

カーローンの種類と利率

カーローンには、大きく分けて銀行系ローン、ディーラーローン、自社ローンの3種類があります。それぞれの特徴や利率の目安は以下のようになっています。


〈各ローンの特徴と利率の目安〉

                                                                                               
種類利率の目安審査その他
銀行系ローン1〜2%比較的きびしい幅広い用途で使用できる
ディーラーローン4~8%比較的やさしいディーラーで購入
自社ローンなしやさしい基本的に
中古車購入のみ

一般的に、銀行系ローンは利率が低く、ディーラーローンは利率が高い傾向にあります。しかし、審査の通りやすさになると逆転し、銀行系ローンのほうが通りにくく、ディーラーローンのほうが通りやすい傾向にあるといわれています。

また、販売店が独自の基準で審査を行う自社ローンは、金融商品ではなく、販売店に分割で支払う方法です。金利がない代わりに、車両価格の10~20%の手数料や保証料が上乗せされることが多いでしょう。なお、自社ローンは、中古車販売店で多く採用されています。

ほかにも、銀行系ローンは車の購入だけでなく免許取得など車に関する支払いに使える一方で、ディーラーローンはディーラーで購入するときのみ使用可能などの特徴があります。

利率による月々の返済額への影響は?

ローンでは借入額に応じて利息がかかるため、利用する場合は利息も含めた金額での予算の検討が必要です。そのためにも、利率によって支払額にどの程度影響があるのか理解しておくことが重要です。

そこで、人気車種であるホンダ「N-BOX」のベースグレードを5年ローンで購入した場合、金利が3%と5%では返済額にどのように違いがあるのかを見ていきましょう。


〈金利の違いによる利息額の比較〉

                                                                               
金利3%5%
毎月の支払額25,695円
(初回のみ25,709円)
26,986円
(初回のみ26,978円)
総額154万1,714円161万9,152円
利息額11万1,714円18万9,152円

※カーセンサー「毎月返済額シミュレーション」を使用
※車両価格142万8,900円を143万円として算出
※ボーナス払い・頭金なし・元利均等返済にてシミュレーション

シミュレーション結果を見ると、毎月の支払額は1,291円の違いですが、総額では5年間で77,438円も差が生じることがわかりました。このように、カーローンは利率によって支払額が大きく代わり、さらに初期費用や維持費の支払いも必要です。そのため、出費を抑えるためには、できるだけ金利の低いローンで契約しなくてはいけません。

ただし、利率は利用するカーローンや審査結果によって異なります。銀行系ローンの特徴からもわかるように、一般的に金利が安いローンは審査がきびしい傾向があるので、場合によっては審査通過が難しいケースもあるでしょう。

そこでおすすめなのが利率を気にする必要がないカーリースです。ここからは、さまざまなメリットのある定額カルモくんのカーリースについてご紹介します。

今すぐカーリースの審査を試したい方は、こちらのバナーから一番安い車種で審査を受けてみてはいかがでしょうか。


一番安い車種で審査

カーリースなら日本一安い定額カルモくんがおすすめ

セールススタッフ

初期費用なしで利用できるカーリースの中でも、特にお得に利用できるサービスを探しているなら定額カルモくんがおすすめです。日本一安い*¹定額カルモくんなら、月々10,000円台から新車に乗ることが可能です。ここでは、定額カルモくんがおすすめの理由について詳しく見ていきましょう。

*¹一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ) 

月々10,000円台から新車に乗れる

月額料金が日本一安い*¹定額カルモくんなら、月々10,000円台から新車に乗ることができます。国産メーカーのすべての車種を扱っているため、豊富なラインナップから好きな車が選べます。もちろん、月々10,000円台でも各種費用がコミコミの定額制で、ボーナス払いもありません。また、頭金も不要なので、契約手続き時にまとまった費用の負担もありません。


いくらかチェック

予算にあわせて新車と中古車から選べる

定額カルモくんでは、新車だけでなく中古車も取り扱っています。一般的に中古車リースでは在庫からしか選べないことも多いですが、取扱台数日本一*²の定額カルモくんなら3,000台を超える中古車から選べるので、選択肢も豊富です。予算を理由に、より安くカーリースを利用したいという方にもおすすめです。

さらに、すべての車に1年の故障保証、2年間の車検が付いているので、安心して利用できます。


安い順_中古車

*²JALAの特別会員・正会員の中で、一般消費者を対象にリースを行う中古車の取扱台数において(2021年7月2日、ステラアソシエ株式会社調べ)

メンテナンスプランで車検費用も定額にできる

メンテナンスプラン

一般的にカーリースでは、車検やメンテナンスの費用は自己負担です。しかし、定額カルモくんには車検費用も定額にできるメンテナンスプランがあります。

メンテナンスプランに加入すれば、車検やメンテナンスにかかる費用のほとんどを定額化できるので、見通しの立てにくい車の維持費をフラットにすることができます。

また、プラチナプランでは、メーカー保証と同等の保証を契約終了まで受けられるので、保証が充実したカーリースを探している方にもおすすめです。

クローズドエンド方式だから残価精算がない

カーリースの契約方式

カーリースには、オープンエンド方式とクローズドエンド方式の2種類の契約方式があります。

オープンエンド方式では、契約期間終了時に残価精算を行います。このとき、実際の下取り価格が残価を下回っていた場合、差額を負担しなくてはいけません。

一方、定額カルモくんが採用しているクローズドエンド方式では、残価精算がありません。そのため、最後まで定額料金だけでリース車が利用できます。

納車までのスピードが早い

カーリースでは、契約後にリース会社がディーラーに車を発注し、ディーラーから契約者へ納車されます。そのため、一般的に納車までに1〜2ヵ月かかることもあります。

一方、定額カルモくんでは、新車は契約から最短3週間、中古車は最短2週間で納車できる即納サービス*³を行っています。このように、納車までスピーディーに進められるので、できるだけ早く車が欲しいという方にもおすすめです。
*³ただし対象車種や地域に限りがあります

オプションで車がもらえる

カーリースでは原則として契約終了時に車を返却します。最近では買取りできるカーリースも増えていますが、買取りにはまとまった費用がかかることもあります。

しかし、定額カルモくんなら7年以上の契約で、月々500円追加するだけで車をもらう選択が可能です。そのため、契約が終了してもそのままリース車に乗り続けられるので、費用の負担を抑えて、将来的にマイカーを手に入れることができます。


定額カルモくんなら契約満了時に車がもらえる

早速リースを探すならこちら

TOP

安い順

人気順

気になるモデルがある場合は、メールやフリーダイヤルを利用して気軽に質問してください。知識の豊富な専門家が最適な車選びをサポートいたします。

フリーダイヤル

メール

カーローンよりトータルでお得なカーリースを使おう

カーローンよりトータルでお得なカーリースを使おう

できるだけ安く車に乗るためには、利率の低いカーローンを探す方法もあります。しかし、利率もないカーリースなら、カーローンよりも家計への負担が少なく、お得にカーライフが始められます。さらに、定額カルモくんでは、マイカーコンシェルジュに車選びなどの相談ができるので、実際に気になる車種にいくらで乗れるか知りたい方は、問い合わせてみてはいかがでしょうか。

LINE_1

フリーダイヤル

よくある質問

Q1:利率とは?

A:借入額に対して発生する利息の割合のことを利率といいます。カーローンでは、契約期間や利率に応じた利息を上乗せして返済します。

Q2:リースには利率はある?

A:カーリースは月額料金を払って長期間車を借りるサービスなので、金利という概念がないため、利率もありません。

Q3:車をリースするならどこがいい?

A:車をリースするなら、定額カルモくんがおすすめです。新車は国内メーカーの全車種を取り扱っており、月々10,000円台から利用できます。また、中古車も取り扱っており、3,000台を超える業界最大級の在庫の中から選ぶことが可能です。そのため、予算にあわせてお得にカーリースを利用することができます。

関連記事