絶対通るマイカーローンが知りたい!審査での注意点や審査落ちの対策とは?

更新日:2022.03.08
絶対通るマイカーローンについて

新車を現金で一括購入することは非常にハードルが高いということもあり、車はマイカーローンを利用して購入するのが一般的です。しかし、マイカーローンを組むためには審査に通る必要があります。審査が不安な方の中には、審査に絶対通るマイカーローンが存在するのか知りたい方もいるのではないでしょうか。

そこで、審査に絶対通るマイカーローンはあるのかどうかをはじめ、審査に通らない理由や、審査に通過できない場合の対処法などをご紹介します。



【この記事のポイント】
✔審査に絶対通るマイカーローンはない
✔マイカーローンはディーラーローンのほうが審査に通りやすいとされている
✔マイカーローンを利用できなくても、カーリースなら利用できる可能性がある

ローンに落ちた方が利用している車に乗る方法とは?

絶対通るマイカーローンはある?

絶対通るマイカーローンはある?

マイカーローンの審査基準はローンごとに異なり、その内容も明示されていないため、確実に審査に通ると言い切れるマイカーローンはありません。そのため、審査に絶対通るマイカーローンとうたうディーラーや販売店には注意が必要です。

ただし、マイカーローンはディーラーローンと銀行のカーローンの2種類に大きく分けられ、それぞれ審査基準が異なります。これらのマイカーローンの審査への通りやすさの違いや特徴を知ることで、マイカーローンの審査のハードルを下げられる可能性があるでしょう。

ローンによって特徴や審査基準は異なる

ローンによって特徴や審査基準は異なる

カーローンにはおもにディーラーと銀行のマイカーローンがあり、どちらかというとディーラーローンのほうが審査に通りやすいといわれています。しかし、だからといって絶対に通るわけではありません。

ここでは、ディーラーローンと銀行のカーローンそれぞれのマイカーローンの特徴や審査基準について見ていきましょう。

ディーラーローンの特徴

ディーラーローンは、ディーラーを介して信販会社とローンを組むマイカーローンです。審査は、ディーラーの提携する信販会社が行います。

銀行のカーローンよりも審査に通りやすいといわれる一方で、金利の相場は4~8%と高めな点が特徴です。金利相場が高い分、返済期間を長く設定すると利息による負担が大きくなってしまいます。そのため、利息分も含めた返済総額がいくらになるのかをシミュレーションし、十分に納得した上で利用する必要があるでしょう。

また、ディーラーローンを利用した場合は、ローンを完済するまで、購入した車の所有権をディーラーが持つという点にも注意しましょう。マイカーとして日常的に使うことはできますが、所有権はディーラーにあるため、基本的に返済期間中に自由に売却したり乗り換えることはできません

銀行のマイカーローンの特徴

銀行と直接契約を結ぶマイカーローンは、金利相場が1~2%と低めに設定されています。そのため、ディーラーローンよりも利子の負担を抑えて借入れができる点が魅力です。また、返済期間中であっても車の所有権は契約者にあるため、カスタマイズやドレスアップ、売却や乗り換えも自由にできます。

その一方で、金利が低い分審査はきびしく、審査にかかる時間もディーラーローンと比べて長いとされています。借入れの上限額や設定できる返済期間も銀行ごとに異なるため、事前に金利の幅や希望どおりの借入れができそうかどうかを確認することが大切です。

そもそも審査に落ちてしまう原因とは?

そもそも審査に落ちてしまう原因とは?

マイカーローンの審査対策をするためには、審査に落ちてしまう理由を知ることも大切です。マイカーローンの審査に落ちてしまう原因を参考に、自身に当てはまる内容がないか確認してみましょう。

1. ローンの金額が高すぎる

希望する借入額に対して年収が見合っていないと、マイカーローンの審査に通るのが難しくなってしまいます。
マイカーローンは、借入可能額を年収の3分の1までと定めた総量規制の対象外ですが、年収に対する返済割合である「返済負担率」の審査対象となる場合があります。つまり、返済負担率を超える金額を希望した場合は、審査にも通りにくくなる可能性があるでしょう。

例えば、年収200万円台の方が、1,000万円を超える車を購入しようとマイカーローンに申し込んでも、審査に通過する可能性は低いと考えられます。収入とのバランスを考えて車選びをしたり、借入額を決めたりすることが大切です。

2. すでに借入れをしている

すでに他社からの借入れがある場合は、カーローンの申込金額を含めた借入総額が、返済負担率である年収の3分の1を超えないかどうかを確認しましょう。返済負担率を超えてしまう場合、審査に通過できない可能性があります。

ここで見落としがちなのが、クレジットカードのキャッシングやカードローンなどの借入れです。こうした借入れもマイカーローンの審査に影響を与える可能性があるため、できる限り審査へ申し込む前に借入れを解消しておくことをおすすめします。

3. 属性に問題がある

一般的に、マイカーローンの審査では申込者に継続的かつ安定した収入があるかどうかに加えて、雇用形態や勤続年数などから判断されます。

審査で有利になりやすいのは、安定した収入があるとみなされる正社員や公務員などの正規雇用者です。また、勤続年数は、1年以上が必要といわれています。正規雇用の方でも、勤続年数が1年未満と短いと審査でも不利になりやすいため、1年以上経過するまで待ってから審査を受けるのも対策のひとつです。

なお、フリーランスや個人事業主、アルバイト、パートなどの非正規雇用の方は、一定の年収があるとしても安定した収入があると判断されにくく、正規雇用者の方と比べて不利になる傾向があります。

4. 信用情報に事故情報が記録されている

過去5〜10年以内の支払いの延滞や遅延、自己破産などの履歴は、JICCやCICなどの信用情報機関に事故情報として登録されています。事故情報が残っている場合は、支払い能力に不安があると判断され、ローンの審査でも不利になってしまう可能性があります。

信用情報機関に記録されるのは、次のような情報です。
・氏名
・生年月日
・住所
・電話番号
・勤務先の名称
・運転免許証番号
・現在の借入金額や過去の返済履歴 など

上記のような信用情報機関に登録されている情報は各金融機関で共有され、クレジットカードやローンの申込者に返済能力があり、社会的にも信用できる人物かどうかを判断するためにチェックされます。

5. 虚偽の申告をしている

マイカーローンの審査は、必ず嘘のない情報で申し込みましょう。審査に通りたいからといって、年収を実際の金額よりも高く申告したりほかの借入れがないと偽って申告したりすると、かえって審査で評価が下がり、通過できなくなってしまいます。場合によっては、再審査に申し込めなくなってしまう可能性もあるため、正確な内容で申告をしましょう。

ローン審査に絶対通りたいときに試したいこと

ローン審査に絶対通りたいときに試したいこと

マイカーローンの審査において、絶対に通る対策方法はありません。しかし、審査に通りやすくするためにできることはいくつかあります。そこで、マイカーローン審査に絶対通りたいときに試したい6つの対策をご紹介します。

仮審査を受ける

マイカーローンの審査には、本審査と仮審査があります。仮審査を通過できたからといって本審査にも絶対通るとは限りませんが、仮審査を受けることで審査に通る可能性があるのかどうかがわかります。審査が不安な場合は、まずは仮審査を受けてみましょう。

頭金を用意する

マイカーローンでは、最初に支払う頭金が多いほど借入額を少なくできるため、審査のハードルも下げられます。審査に通るか不安なときは、ある程度まとまった金額の頭金を用意するのも効果的です。ただし、頭金に資金を割きすぎると、その後の返済や車の維持費の負担に悩まされる可能性もあります。頭金は、資金に余裕がある場合にのみ検討したほうがいいでしょう。

保証人を立てる

マイカーローンの種類によっては、保証人を立てることで審査にも通りやすくなります。 なお、保証人は契約者が返済できなくなったときに代わりに返済する義務を負うため、基本的には家族や親族に依頼します。保証人を立てることが難しい場合は、保証会社に依頼できるケースもあります。

現在の借入れを解消する

すでにフリーローンやカードローンなどで借入れがある場合は、まずはそれらの借入れをすべて完済することを優先しましょう。借入れを解消することで、年収に対する借入総額が減り、マイカーローンの審査のハードルも下げられるためです。クレジットカードのキャッシングやリボ払い、分割払いなどもできる限り返済しておきましょう

事故情報が消えるのを待つ

自己破産や支払いの滞納などの経験があり、信用情報機関に事故情報が残っていることがわかっている場合は、事故情報がクリアになるまで審査を受けるのを待つことをおすすめします。事故情報は、延滞や未払いから5~10年程度で抹消されるといわれています。なお、自分の信用情報は、信用情報機関へ情報開示請求をすると確認することができます。

勤続年数が1年以上になるのを待つ

就職や転職をして間もなく、勤続年数が1年未満の方は、少なくとも勤続年数が1年以上経過するまで待ったほうがいいでしょう。勤続年数は、安定的かつ継続的な収入があるかどうか判断するための重要なチェック項目のひとつであるためです。また、仮審査や本審査中や審査を受ける直前の退職や転職は避けましょう。

ローン審査に不安がある方は、業界最安水準のカーリースでお試し審査を受けてみませんか?審査に通過すれば、初期費用を用意しなくても新車でカーライフが始められます!


まずは審査に通るか試してみる

ローン審査に落ちても車に乗る方法はある!

ローン審査に落ちても車に乗る方法はある!

ここまでご紹介したような対策をしても、マイカーローンの審査に絶対通るとは限りません。場合によっては、審査に落ちてしまうこともあるでしょう。しかし、車に乗る方法はマイカーローンだけではありません。中でも、初期費用不要の定額制で新車に乗れるカーリースは、ここ数年で個人の利用者も増えています。

カーリースには金利の概念がなく、マイカーローンのような貸し付けでもないため、ローンの審査に落ちた方でも審査に通る可能性があります


Kさん(40代)川崎市在住


現在、カーリースの定額カルモくんを利用しているKさんは、「携帯電話料金の支払いを忘れていたことが影響して、ローンの審査には通らなかった」とインタビューで話していました。そのため、ローン審査に通らなかった経験がある方でも、カーリースを利用できる可能性はあります。

そこで、カーリースとはどのようなサービスなのか、定額カルモくんを例にメリットや特徴をご紹介します。

頭金や初期費用がいらない

頭金としてまとまった費用を用意することが難しく、マイカーローンの審査が不利になってしまう方もいるでしょう。その点、カーリースはほとんどのサービスで頭金や初期費用がかかりません。定額の月額料金だけで新車に乗り始めることができるため、資金の少ない方でも利用しやすい点が魅力です。

残価を差し引くからお得

カーリースには、審査の対象となる金額をマイカーローンよりも抑えられる「残価設定」というしくみがあります。

残価設定では、契約満了時の車の下取り価格を想定し、それを「残価」として契約時の車両本体価格から差し引きます。残価を差し引いた車両本体価格を契約月数で割ることで月々のリース料金が算出されるため、購入するよりもお得に新車に乗ることができるのがカーリースの魅力です。なお、リース料金には各種税金や自賠責保険料などが含まれます。

車検などもコミコミにできる

マイカーローンで車を購入した場合、定期的にかかる車検代やメンテナンス費用は、毎月の返済とは別に負担しなければなりません。その点、車検代などの維持費を月額料金に含めて定額化できるのも、カーリースならではの特徴です。

基本的に、カーリースの月額料金には車検代や消耗品の交換費用などのメンテナンス費用は含まれていませんが、多くのリース会社が、車検代やメンテナンス費用も月額料金に組み込んで定額化できるプランを用意しています。維持費のほとんどを一本化できて、利用者が支払うのは燃料代と駐車場代程度にすることができます。

オンラインでお試し審査が受けられる

マイカーローンには仮審査がありますが、定額カルモくんではオンラインで「お試し審査」を受けられます。所要時間5分程度で申し込める手軽な審査で、審査に通過してもキャンセルや契約内容の変更もできるため、誰でも気軽に利用することができます。カーリースが利用できるか不安な方は、まずはお試し審査を受けてみてはいかがでしょうか。


ずは審査に通るか試してみる


そのほかにも、定額カルモくんは新車にマイカーのように乗れるサービスが充実しています。
・業界最安水準の月額料金で利用できる
・国産メーカーの全車種、全グレードから選べる
・月々500円で、契約満了時にそのまま車がもらえるオプションに加入できる
・7年以上の契約なら走行距離が無制限になる
・残価精算のないクローズドエンド方式契約だから、契約満了時も安心 など

絶対通るマイカーローンを探すより別の方法を試すのがおすすめ

絶対通るマイカーローンを探すより別の方法を試すのがおすすめ

絶対通るマイカーローンはありませんが、別の方法であれば審査に通る可能性があります。中でも、定額制のカーリースは、従来とは異なる個人の車の乗り方として注目されています。

返却を前提としているため、カーリースに抵抗がある方もいるかもしれませんが、最終的にリース車を自分のものにできるリース会社であれば、マイカーのようにカーライフを送ることもできるでしょう。そのため、マイカーローンだけにこだわらず、カーリースのようなほかの方法を検討してみるのもおすすめです。

資料をご覧になりたい方は下のバナーからどうぞ

資料ダウンロード


※記事の内容は2022年1月時点の情報で制作しています。

よくある質問

Q1審査に絶対通るマイカーローンはある?

A:審査に絶対通ると言い切れるマイカーローンはありません。しかし、一般的にディーラーローンのほうが銀行のマイカーローンよりも審査のハードルが低いといわれています。ただし、ディーラーローンは金利相場が高く、完済するまで車の所有権を持てないなどのデメリットもあるため、利用するローンの種類は慎重に検討する必要があります。

Q2マイカーローンの審査に落ちてしまっても車に乗る方法はある?

A:マイカーローンの審査に落ちた経験があっても、カーリースの審査には通った方もいます。カーリースは頭金が不要で、金利の概念もなく、さらに車両本体価格から残価を差し引けるなどの特徴があるため、マイカーローンよりもお得に新車に乗れる方法として人気を集めています。

お試し審査