激安カーリースのからくりとは?本当にコスパがいいカーリースを選ぶ方法

更新日:2022.06.14
激安のカーリースについて

カーリースは毎月定額の料金で好きな車に乗れるお得なサービスです。しかし、中には激安に見える一方で、追加費用がかかるカーリースもあります。そのため、カーリースを選ぶときは契約内容をしっかり確認することが大切です。ここでは、本当にコスパのいいカーリースを選ぶ方法をご紹介します。


マイカーが貯金ゼロでも持てる


【この記事のポイント】
✔️激安カーリースはボーナス払いを前提としていることが多い
✔️月額料金が激安の場合、契約満了時の残価精算が必要な可能性が高い
✔️残価精算がない、ずっと定額のカーリースなら安心して利用できる


ずっと定額!業界最安水準のカーリースなら安心

激安カーリースのからくりに注意!

激安カーリースのからくりに注意!

カーリースは月々定額のサービスなので、月額料金の安さで選ぶ方が多いでしょう。しかし、月々10,000円未満など、月額料金が激安なカーリースの場合、契約満了時に高額な費用がかかったりボーナス払いを前提としていたりする可能性があります。そこで、激安カーリースのからくりを見ていきましょう。

契約満了時に高額な費用がかかる

カーリースの契約方式

カーリースには「オープンエンド方式」と「クローズドエンド方式」の2種類の契約方式があります。

契約方法によっては、契約時に設定した残価と契約満了時の査定額を精算しなくてはいけません。これを残価精算といい、激安な月額料金のカーリースでは残価精算が必要な「オープンエンド方式」での契約の可能性が高いでしょう。

●オープンエンド方式

オープンエンド方式

 オープンエンド方式の契約では、契約時に残価の設定額が選べることもあります。残価を高く設定すればさらに月額料金を安くできるのが特徴です。しかし、不相応に高い残価を設定すると、実際の査定額との差が大きくなり、結果的に契約満了時にまとまった費用を負担しなくてはいけない可能性が高くなってしまいます。

●クローズドエンド方式
一方、クローズドエンド方式の契約では、残価は公開されません。そのため、契約者が残価精算を行う必要はありません。中古車市場価格の変化などによって、追加料金が発生することがないので安心です。


クローズドエンド方式のカーリースをチェックする

ボーナス払いを前提としている

激安カーリースの中には、年に2回のボーナス払いを前提にした月額料金を表示しているサービスもあります。そのため、月額料金だけでなく、ボーナス払いの有無も確認しておきましょう。

カーリースは長期での利用を前提としているため、ボーナス払いの設定が家計への負担となる可能性もあります。無理なく払い続けられる月額料金で、定額制のカーリースのメリットを活かして利用するのがおすすめです。


ボーナス払いなしでも安いカーリースはある?

そもそもカーリースは安いといわれるしくみとは?

定額カルモくんのしくみ

激安カーリースには残価精算やボーナス払いのからくりがありますが、そもそもボーナス払いなどをしなくても、カーリースには安く利用できるしくみがあります。ここでは、カーリースが安いといわれるしくみについて見ていきましょう。

残価分がお得になる

カーリースの残価

カーリースは返却を前提としているため、契約時に想定下取り価格である「残価」を設定します。残価を車両本体価格から差し引いて、残りの金額を契約期間で割ったものを毎月のリース料金として支払うしくみです。
このように残価を設定することで、ローンのように車両本体価格の全額を支払うよりも、お得に利用できるのが、カーリースが安いといわれる理由です。

※月々のリース料金は車体本体価格のほかに初期費用や事務手数料、税金などを足して契約期間で割って算出します。

初期費用がかからない

車を購入する際には、車両本体価格のほかに税金や保険料などの初期費用がかかります。また、月々のローン返済額を抑えるために、頭金を用意することも多いでしょう。そのため、車の購入や維持にはお金がかかるので、家計への負担にもなります。

一方、カーリースでは購入や維持にかかる、各種税金や自賠責保険料などが月額料金に含まれているため、初期費用がかかりません。つまり、貯金がなくても好きな新車を選んでカーライフを始めることができるので、カーリースは安いといわれています。

コスパがいいカーリースを選ぶ5つのポイント

激安カーリースのように残価精算やボーナス払いがなくても、安く利用できるしくみを持つカーリースですが、さらにお得に利用するために押さえておきたいポイントがあります。ここでは、コスパがいいカーリースを選ぶ5つのポイントをご紹介します。

1. 契約方式

カーリースの契約方式には、残価精算のある「オープンエンド方式」と、残価精算のない「クローズドエンド方式」があることはお伝えしましたが、コスパがいいサービスを選ぶなら「クローズドエンド方式」のカーリースを選びましょう

クローズドエンド方式なら、契約満了時の残価精算が不要なので、最初から最後まで定額で利用できます。そのため、家計への負担を抑えて、好きな新車でカーライフを送れるでしょう。また、クローズドエンド方式のカーリースの中には、月々10,000円台のサービスもあります。そういったカーリースを選べば、よりコスパ良く利用できるのではないでしょうか。


月々10,000円台でずっと定額のカーリースとは?

2. 月額料金に含まれる費用


カーリースの月額料金に含まれる費用は、リース会社によって異なります。

コスパの良さでも定評のあるカーリースの定額カルモくんでは、契約期間中にかかる各種税金や自賠責保険料、各種手数料、サービス料などが含まれています。カーリースの中には、購入時にかかる税金などは含まれていても、維持するための法定費用は自己負担というケースもあります。

そのため、定額カルモくんのように車検時の法定費用もコミコミにすることができるカーリースがおすすめです

ほかにも、自動車保険料も月額料金にコミコミになっている場合は、月額料金が高額になる可能性が高いでしょう。また、補償内容が選べないことが多いため、自身で加入したほうが安く利用できることもあります。

3. 割引やキャンペーン

カーリースの中には、申込時のキャンペーンやキャッシュバックを行っていたり、プランによっては提携のガソリンスタンドでの値引きを提供したりしていることもあります。

コスパのいいカーリースを選ぶなら、割引やキャンペーンも気になるポイントですが、その割引がどれくらい月々の負担を軽くしてくれるのかもしっかり考えておくことが大切です。割引額や値引きだけでなく、毎月のコスパの良さや、無理なく続けられる料金かどうかなど、総合的に判断しておくと、契約後に後悔することもないでしょう。

また、カーリースの定額カルモくんでは、オンライン販売をメインとしていることから最大49,500円のネット割が利用できます。また、申込時のさまざまなキャンペーンを実施しているので、さらにコスパ良く利用できるでしょう。


定額カルモくんならいくらで新車に乗れるのかチェックする

4. メンテナンス費用

カーリースでは、マイカーと同様メンテナンスにかかる費用は自己負担となるのが一般的です。

しかし、メンテナンスにかかる費用の一部が月額料金に含まれていたり、メンテナンスにかかる費用を定額化できたりするカーリースもあります。そのため、どのようにメンテナンス費用を負担するのかも重要なポイントとなります。


メンテナンスプラン

また、車のメンテナンスには、車検や点検、整備、消耗品の交換などがあります。カーリースによってもプランの内容などは異なりますが、定額カルモくんのように自身の知識や技術に合わせてプランが選べるカーリースがおすすめです。

定額カルモくんのメンテナンスプランには、オイルやバッテリーの交換、タイヤのローテーションなど、車を安全に長く利用するために欠かせないメンテナンスが含まれているので、費用の心配をせずにこまめなメンテナンスが可能です。

5. オプションプラン

カーリースを利用する際、ただ月額料金が安いだけでは満足度が下がってしまうことも考えられます。そのため、料金の安さ以外にも、どれだけ自分に合った内容にカスタマイズできるかも重要なポイントなので、オプションプランの充実度にも注目しておきましょう。ただし、カーリースによってオプションプランの選択肢は異なるため、しっかりと比較することが大切です。

オプションで指定できるものには、メンテナンス費用や契約満了時の選択肢、カーナビやETCなどの装備、走行制限の設定距離などがあります。定額カルモくんでは、契約満了時に車がもらえるオプションプランや、7年以上の契約で走行距離が無制限になるなど、独自のサービスが充実しています。


コスパの良さが人気の定額カルモくんについて詳しく知る

本当に安いカーリースなら人気車種に月々10,000円台で乗れる!

本当に安いカーリースなら人気車種に月々10,000円台で乗れる!

激安のカーリースではボーナス払いや契約満了時の残価精算など、毎月の支払いのほかに費用の負担があるケースがほとんどです。しかし、月額料金以外の負担がなく、月々10,000円台で新車に乗れるカーリースもあります

ここでは、本当に安いカーリースなら人気車種にいくらで乗れるのか、実際の料金を見ていきましょう。なお、どの車種もベースグレードでシミュレーションしています。

ホンダ「N BOX」

N-BOX_車種画像

軽自動車の代表格といわれロングセラーとなったホンダのスーパーハイトワゴン「N BOX」は、広々とした車内空間が魅力です。ゆとりある設計のリアシート(後部座席)や、ベージュとブラウンを組み合わせた上品な内装で、快適な乗り心地を味わうことができるでしょう。また、リアシートをたたんで収納スペースにするなど、用途に合わせてシートをアレンジできるのもうれしいポイントです。


〈月額料金のシミュレーション〉

月額料金 17,500 円~
メンテナンスプラン 3,340円~
月額合計(ネット割適用後) 20,840円~

*2021年12月時点の月額料金です

定額カルモくんなら、販売台数4年連続No.1の「N BOX」に17,500円から乗ることができます。さらに、メンテナンスプラン(シルバー)をつけても、20,840円からと、家計への負担を抑えて人気車種に乗ることができます。


N-BOX_金額バナー

ダイハツ「ミライース」

ミライース

低価格、低燃費、安全装備で大人気のダイハツ「ミライース」は、電気自動車に続く「第3のエコカー」として2011年に誕生しました。2017年に販売された2代目の現行モデルには、先進の安全装備「スマートアシストIII」が搭載されているため、運転が苦手な方でも安心して乗れるのではないでしょうか。
また、幅広い層から支持される、シンプルで洗練されたデザインも人気の秘密です。


〈月額料金のシミュレーション〉

月額料金 11,220円~
メンテナンスプラン 3,340円~
月額合計(ネット割適用後) 14,560円~

*2021年12月時点の月額料金です

定額カルモくんなら、人気車種の「ミライース」に11,220円から乗ることができます。さらに、メンテナンスプラン(シルバー)をつけても、10,000円台と家計にやさしい料金となっているため、コストを抑えてカーライフを送りたい方におすすめです。


ミライース_金額バナー

スズキ「ハスラー」

ハスラー_車種画像

安くで乗れるSUV(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)を探している方には、車内空間が広いハイトワゴンのスズキ「ハスラー」がおすすめです。ハスラーは、減速時のエネルギーを利用して発電できるISG(モーター機能付き発電機)の搭載や、マイルドハイブリッドシステムにより、優れた燃費性能が期待できます

また、ハスラーは、スクエアのフォルムに丸型ヘッドランプなど、個性的な外観デザインが人気を集めています。内装はブラックをベースに、ボディカラーに応じたアクセントカラーを使用。後部座席の足回りに余裕がある居住性の良さも魅力でしょう。


〈月額料金のシミュレーション〉

月額料金 16,730円~
メンテナンスプラン 3,340円~
月額合計(ネット割適用後) 20,070円~

*2021年12月時点の月額料金です

定額カルモくんなら、アクティブにカーライフを送りたい方からも人気の高い「ハスラー」に16,730円から乗ることができます。さらに、メンテナンスプラン(シルバー)をつけても、20,070円からと維持しやすい料金となっています。


ハスラー_金額バナー

スズキ「ワゴンR」

ワゴンR_車種画像

スズキのハイトワゴン「ワゴンR」は、ISGと専用リチウムイオン電池を搭載した、マイルドハイブリッドシステムを採用しています。車体の軽量化にも成功し、優れた燃費性能と走行性能を両立しているのが特徴です。さらに、カメラとレーザーレーダーを使用した「デュアルセンサーブレーキサポート」を搭載するなど、安全装備も充実しています


〈月額料金のシミュレーション〉

月額料金 14,350円~
メンテナンスプラン 3,340円~
月額合計(ネット割適用後) 17,870円~

*2021年12月時点の月額料金です

定額カルモくんなら、街乗りにも使い勝手のいい「ワゴンR」に14,530円から乗ることができます。さらに、メンテナンスプラン(シルバー)をつけても、17,870円からと、セカンドカーとしても取り入れやすい料金となっています。


ワゴンR_金額バナー

ダイハツ「ムーヴキャンバス」

ムーヴキャンバス_車種画像

ダイハツの「ムーヴ」の派生モデルとして誕生したスーパーハイトワゴン「ムーヴキャンバス」は、ワーゲンバスのような外観と使い勝手の良さから、販売台数が本家を上回るほど人気を集めています。

乗り降りが楽な両側スライドドアが採用され、リアシート下には引き出し式の収納ボックスを設置するなど、使い勝手の良さも人気の理由となっています。さらに、かわいらしいデザインやカラーバリエーションの豊富さなども、ほかの車種にはない魅力といえるでしょう。


〈月額料金のシミュレーション〉

月額料金 19,040円~
メンテナンスプラン 3,340円~
月額合計(ネット割適用後) 22,380円~

*2021年12月時点の月額料金です

定額カルモくんなら、「ムーヴキャンバス」に19,040 円から乗ることができます。さらに、メンテナンスプラン(シルバー)をつけても、22,380円からとお手頃な料金となっています。


ムーヴキャンバス_金額バナー


ほかにも、定額カルモくんには月々10,000円台から乗れる新車がたくさんあります。また、実際に利用できるのか知りたい方は、オンラインで簡単に受けられる「お試し審査」がおすすめです。審査後のキャンセルもできるので、まずは試してみてはいかがでしょうか。


24時間いつでも申込可能!お試し審査をしてみる   

※審査に通っても契約にはなりません

業界最安水準のカーリースが人気の理由

セールススタッフ

激安のカーリースを検討している方の中には、サービス面や突発的な出費を不安に感じている方もいるのではないでしょうか。そんな方には、頭金なし、ボーナス払いなし、業界最安水準の月額10,000円台で利用できる定額カルモくんがおすすめです。ここでは、定額カルモくんの安さの理由について詳しくご紹介します。

1. 残価精算がないからずっと定額で安心

定額カルモくんでは、カーリースの契約期間満了時に残価精算がない、クローズドエンド方式を採用しています。そのため、契約満了時の差額精算の心配もなく、ずっと定額で利用できます

2. オンライン販売をメインとすることで低価格を実現

定額カルモくんはオンラインでの販売をメインとしているため、より低価格でサービスが利用できます。
申込みや契約手続きは、インターネットと郵送で完結し、自宅まで納車してくれます。さらに、車種選びやプランの相談も、LINEや電話で相談できます。

3. 1~11年のあいだで、1年単位で契約期間が決められる

カーリースでは3年や5年など、プランによって契約期間が決められているのが一般的です。しかし、定額カルモくんでは契約期間を、1年から11年のあいだで、1年単位で自由に設定できるため、必要な期間や用途に合わせて契約期間が選べます

また、カーリースの月額料金は長期ほど安くなるしくみなので、とにかく安く利用したい方には11年契約がおすすめです。なお、最近ではマイカーでも10年以上乗る方が増えているため、長期契約でもリース車の使用に心配はありません。

4. オプションプランが充実している

定額カルモくんには、より充実したカーライフを送るためのさまざまなオプションプランがあります。

●メンテナンスプラン

カルモくんメンテカバー項目

  3つのメンテナンスプランがあり、すべてに返却時の原状回復費用補償が含まれています。そのため、車検や消耗品の交換などのメンテナンス費用だけでなく、返却時の費用負担の心配もなくなります。

●もらえるオプション
7年以上の契約なら、月々500円で契約満了時に車がもらえる「オプションプラン」がおすすめです。毎月ワンコインプラスするだけで将来的にマイカーが手に入るだけでなく、返却が不要になることで、リース車を自分の車として使いやすくなるのもメリットといえるでしょう。

5. 7年以上で契約すれば無償で走行距離が無制限になる

カーリースを利用する上で、走行距離制限も気になるポイントでしょう。定額カルモくんでは、通常でも月間1,500kmと制限距離が長めとなっていますが、7年以上で契約するだけで、走行距離が無制限になります。追加費用なしで好きなだけリース車に乗れるようになるので、ほとんどマイカー同様にカーライフを送ることができるでしょう。

どれだけお得なサービスも、審査に通らなければ実際に利用することができません。まずは、業界最安水準の定額カルモくんの「お試し審査」で利用できるかどうかをチェックしてみませんか?

24時間いつでも申込可能!お試し審査をしてみる   

※審査に通っても契約にはなりません

激安カーリースは契約方法やボーナス払い設定を要確認

激安カーリースは契約方法やボーナス払い設定を要確認

激安をうたうカーリースは、契約満了時に残価精算の必要があるオープンエンド方式だったり、ボーナス払いが設定されていたりする可能性があります。カーリースを選ぶときは契約内容をしっかりと確認して選びましょう。

定額カルモくんは、契約満了時に残価精算の必要がないクローズドエンド方式を採用しており、ボーナス払いの設定もありません。月々の支払金額を抑えつつメンテナンスプランや契約後のサポートなども充実しているため、お得な料金で安心して利用できます

カーリースをお探しの方は、ぜひ気になる車種の料金シミュレーションから試してみてはいかがでしょうか。


口コミバナー_カルモくん


※記事の内容は2021年12月時点の情報で制作しています。

よくある質問

Q1激安カーリースは利用しても大丈夫でしょうか?

A:あまりおすすめはできません。激安をうたうカーリースは、契約満了時に残価との差額を支払う必要があるオープンエンド方式を採用していることが多く、思わぬところでお金がかかってしまう可能性があります。また、ボーナス払いが設定されていることも多いでしょう。

Q2本当に安いカーリースの選び方は?

A:まず、契約満了時に残価精算がないクローズドエンド方式のカーリースを選びましょう。また、ボーナス払いや頭金不要であれば、まとまった出費を避けられます。ほかにも、返却時の原状回復費用をどのように負担するかも確認しておくと安心です。

この記事の執筆者


伊藤 真二
監修者、編集者、ライター

伊藤 真二

ファイナンシャルプランナー。介護福祉士資格を所有していることから、老後の暮らしや節約・資産運用など、安心できる未来、無駄のない今を生きるためのご提案を多く行う。 また、ニュースメディア、採用メディア、自動車メディアなどのライター・編集者の経験から記事執筆・監修も広く行っている。
お試し審査