車のローンが通るか調べる方法とは?審査の基準や対策を徹底解説

更新日:2024.02.19
車のローンが通るか調べる方法や、審査項目、審査に落ちたときの対処や審査前の対策などについて解説��する記事であることを示すタイトル下画像

車をローン購入する場合、審査を受ける必要があります。しかし、審査基準は明らかにされないことなどから、自分が審査に通るかどうか不安な場合もあるでしょう。

審査を受ける前に審査に通りそうかどうかがある程度わかれば、安心して審査に申し込んだり、対策をしたりできますが、そのような方法はあるのでしょうか。

そこで、車のローン審査に通るか調べる方法について、実際に調べた方の声と併せてご紹介します。また、審査でチェックされる項目や審査に落ちたときの対処法、審査前に行える対策などについても解説します。



【この記事のポイント】
✔車のローンが通るか調べる方法として、仮審査と、信用情報の照会が挙げられる
✔車のローン審査では年収や勤続年数、信用情報などがチェックされる
✔車のローン審査に通らなくても月々の支払いで新車に乗る方法がある

車のローンが通るか調べる方法とは?

車のローンが通るか調べる方法とは?について解説する項目の見出し画像

車のローン審査の内容や基準は一般的に公表されないため、審査に通る基準を知ることはできません。また、銀行系カーローンやディーラーローンなど、ローンの種類や会社によって審査基準は異なります。

そのため、車のローンが通るか調べる方法として確実な手段は残念ながらないものの、以下の2つの方法なら、審査の前に結果を探ることは可能です。

1. 仮審査に申し込む
2. 信用情報を照会する

次項以降、それぞれの方法で実際に調べた経験のある方の体験談と併せて詳しく解説します。


ローンを組まずに月々払いで新車を持てる方法とは?

月々1万円から新車を持てる_おすすめの方法

車のローンが通るか調べる方法1. 仮審査に申し込む

車のローンが通るか調べる方法1. 仮審査に申し込むについて解説する項目の見出し画像

車のローンが通るか調べる方法のひとつとして、マイカーローンを提供している金融機関で「仮審査」を受けることが挙げられます。仮審査とは、本審査の前に行われる簡易的な審査のことで、年収や借入希望額などの情報を基に、融資可能かどうかを簡単に確認します。

仮審査を受けるメリットや審査項目、実際に仮審査をしたことがある方の体験談をご紹介しましょう。

仮審査のメリット

本審査前に仮審査を受けることには、さまざまなメリットがあります。

最短で当日結果がわかる

仮審査の結果は、通常3~7営業日程度でわかります。中には最短で当日に結果がわかる金融機関もあります。ローン審査に通りそうか、早めに知りたい方におすすめです。

ただし、仮審査に落ちると本審査に申し込むことはできません。また、仮審査に通ったからといって、本審査にも通るとは限らないことに注意しましょう。

信用情報に審査結果が記録されない

本審査を受けると、個人信用情報機関に審査結果の履歴が残ります。個人信用情報機関とは、個人の信用情報を取り扱っている機関で、クレジットカードの支払状況や債務情報などを保管しています。
本審査に落ちた履歴がいくつもあると、その後の審査で返済能力の低い方だと判断されてしまうなど、マイナスの影響が続く可能性があるでしょう。

それに対し仮審査では、信用情報機関に審査結果の履歴が残らず、ある会社の仮審査に落ちても、ほかの仮審査の結果には影響しません。また、信用情報機関に問い合わせをしないケースも多く見られます。
これらのことから、複数の借入先で気軽にチェックが可能です。

借入可能額や金利の目安がわかる

金融機関の仮審査を受けると、借入可能額や適用金利の目安がわかります。そのため、審査に通る可能性だけでなく、希望額で借り入れられるか知りたいときにも便利です。

仮審査で出た借入可能額や金利を基に頭金を設定したり、返済プランを見直したりすると、無理のない範囲でローンを組みやすくなります。

仮審査でチェックされる項目例

仮審査で見られる項目は金融機関によって異なるものの、以下に挙げた項目がチェックされるケースが多いでしょう。

〈仮審査でチェックされる項目例〉

  • 個人を識別する情報(氏名、性別、生年月日、自宅の住所、電話番号)
  • 家や家族の情報(住居の種類、入居開始年月、家族構成)
  • 仕事に関する情報(職業、勤務先情報、前年度の個人年収)
  • 借入れに関する情報(借入希望額、借入希望期間、借入希望時期、借入れの目的、必要資金の合計額、他社での借入状況)

など

実際に車のローンの仮審査に申し込んだことがある方の体験談

車のローンが通るか調べるために、仮審査を受けた経験のある方の声*¹をご紹介します。


仮審査に申し込んだAさん

仮審査にまず通っておいたほうが本審査で有利だと聞いて、仮審査に申し込んだことがあります。購入したいのはスズキ「ハスラー」でしたが、仮審査で落ちてしまったので、車種を変更して、借入希望額を下げました

仮審査に申し込んだBさん

年収が少なく、車のローンを組めるか確認したかったので、仮審査に申し込みました。その日に結果がわかり、通過したので借入希望額を200万円上げたら、本審査に落ちてしまったんです。収入に見合っていなかったと思い、車のグレードを下げて頭金も入れたら希望の車を持つことができました。

仮審査に申し込んだCさん

仕事を始めてまだ日が浅かったうえ、ほかにもローンを組んでいたためか、車のローン審査に落ちたこともあって、仮審査に申し込みました。仮審査に通らなかったので、借入希望額を少し下げ、車種も変更しました。



月々払いで車を持てて
あらかじめ審査に通るかチェックできるサービス


仮審査を受けなくても、利用できるか確認したうえで契約を進められる車の乗り方があります。
頭金などの初期費用がいらず、一定の月額料金だけで車に乗れるカーリースの多くは、あらかじめ審査結果をチェックできるサービスを用意しています。
中でも、業界最安水準*²の月々10,000円台から利用できる「おトクにマイカー 定額カルモくん」の「お試し審査」では、最短で即日審査結果がわかります。
さらに、ローンの仮審査ではあらためて本審査を受ける必要がありますが、「お試し審査」では契約前に審査を受け直す必要はありません*3。審査に通る価格帯の車ならそのまま車種変更も可能です。

5分程度の入力で申し込めるので、下のバナーから気軽に試してみましょう。


月々10000円台から_お試し審査


*¹ チャット調査ツール「Sprint」にて、2023年3月に「車のローンの仮審査に申し込んだことがある方」を対象として行ったインターネット調査を基に、カルモカーライフナビ編集部がまとめています
*² 文末の制作日における調査結果に基づく。調査概要はコンテンツポリシー参照
*³ 増額利用をご希望の場合は再審査する場合もあります

車のローンが通るか調べる方法2. 信用情報を照会する

車のローンが通るか調べる方法2. 信用情報を照会する について解説する項目の見出し画像

車のローンが通るか調べるには、仮審査のほかに、信用情報を照会する方法もあります。
信用情報とはどのような情報で、ローン審査にどう影響するのか、信用情報機関それぞれの照会手順とともに見ていきましょう。

信用情報とは

信用情報とは、各種ローンやクレジットカードの申込み・利用履歴に関する個人情報のことです。信用情報はローンの審査で重視される項目のひとつで、ローン会社は信用情報を大きな判断材料として、お金を貸しても返済してくれる人物であるかどうかを判断します。

信用情報には、氏名や生年月日、住所、電話番号、勤務先など、個人の属性情報のほか、借入日や金額、最終返済日、返済状況などの取引内容、銀行やカード会社が信用情報機関に照会した履歴などが記録されています。
信用情報に自己破産や料金滞納などの履歴があると、審査に通過することが難しくなります。

信用情報はローン審査にどう影響する?

信用情報には、自己破産や債務整理、携帯電話料金の払い忘れなどの金融事故の情報が記録されています。信用情報にこれらの記録があると、ローン審査で不利になりやすいでしょう。

ただし、金融事故の記録は永久に残るわけではなく、保管期間が決められています

信用情報を照会するには

信用情報は、個人信用情報機関に情報開示請求をすることで調べられます。
個人信用情報機関には、「株式会社 シー・アイ・シー(CIC)」「全国銀行個人信用情報センター(KSC)」「株式会社日本信用情報機構(JICC)」の3種類があり、それぞれ申請方法や手数料、必要書類が異なります。確認しておきましょう。


〈情報開示請求の方法〉

申請方法 開示手数料 必要書類
株式会社

シー・アイ・シー

(CIC)

郵送 1,500~2,255円 ・信用情報開示申込書

・開示手数料

(定額小為替証書

または開示利用券

〈コンビニチケット〉)

・本人確認書類の写し

または原本2種類

パソコン・

スマートフォン

500円

※クレジットカード決済

またはキャリア決済

・HPに記載なし
全国銀行

個人信用

情報センター

(KSC)

郵送 1,124~1,200円

※コンビニエンスストア

により異なる

・開示請求申込書

・開示手数料

(本人開示手続き利用券を

コンビニエンスストアで購入)

・本人確認書類の写し2種類

パソコン・

スマートフォン

1,000円

※クレジットカード・

PayPay・キャリア決済

・マイナンバーカードまたは

写真付きの本人確認書類

※開示報告書の受取りまで

オンラインで手続き可能

株式会社

日本信用情報機構

(JICC)

窓口 休止中
郵送 1,000円 ・信用情報開示申込書

・開示手数料

(郵送開示利用券を

コンビニエンスストアで購入)

・本人確認書類の写し

または原本2種類

スマートフォン 1,000円

※クレジットカード・

キャリア決済・

コンビニエンスストア・

ペイジー対応の

金融期間のATM・

オンラインバンキング

・本人確認書類2種類の原本

※2024年2月1日時点の情報

なお、個人信用情報機関によって加盟企業は異なります。自身が利用したことのある金融機関やクレジットカード会社、ローン会社が加盟しているところで開示請求を行いましょう

実際に車のローン審査の前に信用情報を照会した方の体験談

車のローンが通るか調べるために、信用情報機関に信用情報を照会した経験のある方の声*をご紹介します。


信用情報を照会したDさん

マツダ「CX-8」を絶対に買いたいと思っており、信用情報がどうなっているか気になったことから、照会しました。審査に不利になりそうな記録は特になかったので、審査への不安は少しやわらぎましたが、結局、車のローン審査には落ちてしまってくやしかったです。

信用情報を照会したEさん

多額の借金を抱えていることもあって、車のローンを組めないんじゃないかと思い、信用情報を照会しました。借金の履歴が記録されていて、不安が減ることはなかったです。審査に申し込みましたが、落ちてしまい、とにかく早く借金を返そうと思っています。

信用情報を照会したFさん

車のローンを組むなら調べておいたほうがいいと聞いて、信用情報の照会をしました。審査に不利な情報は残っておらず、無事に車のローン審査に通りました。信用情報の状態をしっかり把握したうえで審査に臨めたので、よかったと思っています。


車のローンに通るための5つの対策をチェックする

車のローン審査でチェックされる項目

車のローン審査でチェックされる項目について解説する項目の見出し画像

車のローン審査ではさまざまな項目がチェックされ、自己申告したこと以外にも、ローン会社が各所に確認をとる結果わかってしまうことも多く挙げられます。
以下に、審査でおもにチェックされる点を解説します。具体的にどこを見られるのか、確認しておきましょう。
なお、会社によって審査項目や審査基準は異なるうえ、審査結果は複数の項目を基に総合的に判断されるため、審査基準を満たさないものがあったからといって、必ずしも審査に落ちるわけではありません。

年収

年収は、毎月確実に返済してもらえるかをローン会社が判断するうえで重要な情報であり、一般的に年収200万円以上が審査に通る目安といわれています。
なお、審査にあたって納税証明書や給与明細の提出を求められる場合があります。ローン会社から要求された際は、すみやかに提出しましょう。

雇用形態

雇用形態も車のローン審査でチェックされます。正社員や公務員は収入が安定しているとみなされ、審査で有利になりやすいのに対し、アルバイトや契約社員などの非正規雇用や個人事業主は、審査で不利になりやすいでしょう。
ただし、非正規雇用や個人事業主でも収入によっては審査に通る可能性があります。

勤続年数

勤続年数も安定した収入を確保できるかどうかの判断材料です。一般的に勤続年数が1年以上あれば審査で不利になりにくいとされており、できれば3年以上あるのが理想といえるでしょう。
そのため、正社員であっても新卒入社直後や転職直後などは審査で不利になりやすいといえます。

他社からの借入状況

返済負担率とは何かを表した図。年収に対して、住宅ローンの返済やカーローンの利用料などの合計額がどの程度の割合を占めているかが返済負担率であり、審査では30~35%程度までが目安とされるということを説明した図。

すでに他社での借入れが多い状態で車のローンを組んでしまうと返済が滞るリスクが高いことから、審査では現在の借入状況もチェックされます。
他社からの借入れには、住宅ローンや消費者金融などからの借入残高に加え、クレジットカードのリボ払いやキャッシング、スマートフォンの分割払いの残高なども含まれます。

借入状況の一般的な基準となるのが、年収に対する年間の返済総額の割合である返済負担率です。これが年収の30〜35%程度を超えると、審査に通りにくいとされます。

過去の信用情報

自己破産や任意整理、支払遅延などの情報は、一定期間、個人信用情報機関に保存されます。申込み時点で履歴が残っている場合、ローン審査に通るのは難しいでしょう。
クレジットカードや携帯電話料金などの支払いが3ヵ月以上遅れると、たとえ支払ったとしても信用情報に記録が残り、大きなマイナス評価につながる可能性があります。

そのほかに気を付けたいこと

車のローン審査で不利にならないためには、次のような点にも注意が必要です。

虚偽申告をしていないか

ローン審査で虚偽の情報を申告することは禁止されています。虚偽申告が発覚すると審査に通らないうえ、ローン会社から訴訟を起こされる可能性もあるので、絶対にやめましょう。
虚偽申告の記録も残り、以降のローンやクレジットカードの審査に一切通らなくなるおそれもあります。

税金を滞納していないか

国や地方自治体に納める税金は、クレジットカード払いにしていなければ、滞納しても個人信用情報機関に記録が残りません。
ただし、個人事業主などは審査時に納税証明書を提出するよう求められることがあります。審査を受ける前に、必ず税金の納付を済ませておきましょう。

反社会的勢力とのつながりがないか

ローン審査を受ける本人だけでなく、その家族や同居人が反社会的勢力の関係者である場合も、審査で不利になる可能性があります


車のローン審査に落ちたが新車を持てた!その方法を見る

車のローン審査に落ちたときの対処法

車のローン審査に落ちたときの対処法 について解説する項目の見出し画像

車のローン審査に落ちると、現金一括で購入できる場合を除き、一般的に再審査を受けたりほかの手段を選択したりすることになります。しかし、再審査を受けたとしても、状況を何も変えていなければ同じ結果になる可能性が高いでしょう。
ただし、対策を行えば再審査に通る可能性を高められます。詳しく見てみましょう。

頭金を増やす

頭金を増やして借入額を減らせば返済負担率が下がるため、再審査に通る可能性が高まります。
ただし、頭金を増額した結果貯金が減り、返済期間中の家計を圧迫しないよう、金額は慎重に設定しましょう。

保証人を立てる

保証人は、ローンの名義人が支払不能となった場合に補償する義務を負う方です。定期的な収入があり、支払い能力のある親族などに依頼することが多いでしょう。
なお、保証人が必要な場合、一般的にローン会社から知らせてもらえます。

保証人を頼む場合、親族であっても状況や返済計画をきちんと説明することが大切です。また、年収を証明する書類や印鑑証明、本人署名なども必要になるので、手続きの必要性も伝えておきましょう。

安い車に変更する

安い車に変えると借入額が減り、返済負担率も下がるため、ローン審査に通りやすくなるでしょう。
車の価格を下げる方法として、安い車種やグレードに変更する、中古車にする、オプションを外すなど、さまざまな方法が考えられます。

家族の名義でローンを組む

ローンを組んで車に乗る場合、配偶者や同居中の家族の名義で審査に申し込むのも方法のひとつです。ただし、その方が金融事故を起こしていないかどうかなど、事前に確認しておきましょう。

なお、名義人が車をまったく運転しない場合、「名義貸し」となみなされる可能性があります。名義貸しは犯罪であるため、あくまで名義人と共用で車を利用するケースに限って使える方法であることに注意が必要です。

ほかの方法で車を持つ

車のローン審査に通らない場合、ローン以外の方法を検討する手もあります。
資金に余裕がある場合は、一括購入すれば審査を受ける必要がありません。

購入以外の方法として、レンタカーやカーシェアリング、カーリースなども挙げられます。
レンタカーやカーシェアリングでは購入費用がかからず、必要なときだけ車を借りる形なので手軽です。ただし、短期利用に適した方法であることから長期間使用すると費用がかさみやすいことや、利用できる時間に制限があることに注意が必要です。

カーリースは契約期間中、月々の定額料金を支払えば、マイカー同様好きなタイミングで車を利用できることから、車の新しい乗り方として人気が高まっています。



審査のハードルが下がりやすい!
業界最安水準*のカーリース


カーリースは、ローンと同様審査があるものの、ローンよりも月額料金が下がる傾向があることから審査に通りやすいといわれています。

カーリースの中でも「定額カルモくん」は月々10,000円台という業界最安水準*の料金となっていることから特に審査のハードルが下がりやすく、ローン審査に落ちた方の利用実績もあります。
利用できるかあらかじめチェックできる「お試し審査」が用意されており、審査に不安を感じている方にもおすすめのサービスです。

下のバナーから気軽に試してみましょう。


審査が不安な方もお気軽に_お試し審査をしてみる

※審査に通っても契約にはなりません



* 文末の制作日における調査結果に基づく。調査概要はコンテンツポリシー参照

車のローン審査を受ける前にできる5つの対策

車のローン審査を受ける前にできる5つの対策について解説する項目の見出し画像

仮審査に通ったり、信用情報に問題がなかったりしても、審査基準は車のローンの種類や審査を行う会社によって異なることから、確実に本審査に通るとはいいきれません。
少しでも通過の可能性を高めるためには、事前に対策をしておくことが重要です。そこで、車のローンに通るためにできる5つの対策を見ていきましょう。

ほかのローンの支払いを終える

クレジットカードのリボ払いやキャッシング、スマホの分割払い残高など、いくつものローンを組んでいると、返済負担率が高くなり審査に落ちてしまうことがあります。

そこで、車のローン審査に申し込む前に、できるだけほかのローンの支払いを終えてしまいましょう。一括返済が難しい場合、一部を繰上返済するだけでも返済負担率が減り、車のローン審査に通る可能性を高められます。

頭金を準備する

頭金を入れて借入希望額を減らせば、審査のハードルを下げやすくなります。
そのため、頭金として使用する資金を準備しておくといいでしょう。計画的に少しずつ資金を貯めていけば、負担を抑えて頭金を用意しやすいといえます。

転職をしない

車のローン審査では、勤続年数が1年未満だと審査で不利になりやすいことから、転職直後に審査に申し込むのは避けましょう。どうしても審査を受けるなら、転職前に行うことをおすすめします。
なお、同じ社内での異動は審査に影響しません。

同時期に複数のローンに申し込まない

短期間にいくつもの車のローン審査に申し込んで複数の審査に落ちると、後の審査に悪影響を及ぼす可能性が高いといえます。
いくつかの車のローン審査に通るか調べたいときはあくまで仮審査にとどめ、その中から本審査に進むサービスを選びましょう

なお、仮審査も申込履歴は信用情報に記録されるため、同時期に複数申し込むのは避けたほうがいいものの、審査結果が残らないことから本審査と比較すると審査に影響するリスクは抑えやすいといえます。

信用情報から金融事故の記録が消えるまで待つ

個人信用情報機関に記録された返済遅延や自己破産、任意整理など金融事故の記録は、永久に残るわけではなく、5~7年が過ぎれば消去されます
金融事故の記録が残っているあいだは審査に通るのは困難であるため、情報が消えるまで待つようにしましょう。



カーリースなら
ローンよりも審査を有利に進めやすい


対策をしても車のローン審査に通るか不安が消えない場合、ローンよりも審査に有利になりやすいといわれるカーリースをおすすめします。
中でも「定額カルモくん」は、頭金などの初期費用がかからないうえ、月々10,000円台からと、ローンよりも安い料金で利用できるので、審査のハードルが下がりやすくなっています。

下のバナーの「お試し審査」で、利用できるか簡単にチェックできるうえ、ローン審査と違って、審査結果が出てからでも条件をじっくり検討し直せます。
気軽に申し込んでみましょう。


車種やプランは後から選べる_お試し審査をしてみる


* 文末の制作日における調査結果に基づく。調査概要はコンテンツポリシー参照

車のローンに申し込むときの流れ

車のローンに申し込むときの流れについて解説する項目の見出し画像

車のローン審査に申し込むには、さまざまなステップを踏む必要があります。各ステップで注意しておきたいこともあるため、ここで確認しておきましょう。

1. 購入する車を決めて見積書をもらう

まずは購入したい車を決めます。新車の場合、同じ車種でもグレードによって価格が異なるため、悩むときはグレード別に見積書を出してもらって比較検討しましょう。

登録費用などの初期費用も必ず見積書に明記してもらい、そのうえで自分の経済状況に合った車か考えることが大切です。もし家計を圧迫するような金額になった場合、車のランクを下げるなど工夫する必要があります。

2. 申し込むローンの種類を決める

車のローンは、販売店で扱っているディーラーローンや銀行などで申し込むマイカーローンなど、さまざまな種類があります。どれにするか迷ったときは、金利ができるだけ安いローンを選びましょう。

ただし、金利が低い傾向がある銀行系マイカーローンは、その分審査がきびしいといったデメリットもあります。仮審査の結果なども踏まえて、自分に最適なローンに申し込むことが大切です。

3. 借入額を決めて返済計画を立てる

オプションや初期費用などを含めた全体の金額が決まったら、頭金やボーナス払いを併用するのか、併用する場合の金額はいくらか、返済期間は何年にするのかを決めることになります。

多くの場合、月々の返済額をどの程度にしたいかを申し出ればシミュレーションをしてもらえるため、希望条件をあらかじめ考えておきましょう。

4. 審査に申し込む

申込書に必要事項を記入したら、車のローン審査に入ります。ディーラーや中古車販売店では、申込書をFAXやメールでローン会社に送付してから30分ほどで審査結果がわかるケースも多く見られます。

なお、審査状況によっては、保証人を立てることを条件にされたり、追加書類の提出を求められたりすることもあるため、そのような場合は対応したうえで再度審査を受けることになります。

5. 入金されたことを確認する

車のローン審査に通過すると、適用金利や月々の返済額などが通知されるとともに、購入資金として借入額が販売店に支払われます。

なお、銀行系マイカーローンでは融資金額が自身の口座に振り込まれる場合があります。自分で販売店に支払うのか、ローン会社が手続きを行うのかは金融機関やローン会社によって異なるため、未払いや支払いの重複とならないよう、しっかり確認しましょう。

販売店への支払いが完了したら、月々返済していくことになります。決められた引き落とし日に指定した口座から引き落とされるので、口座への入金を忘れないようにしましょう。

車のローンが通るか心配な方が選んでいる、ローンよりも審査に通りやすい方法

リース会社がメーカーから車を調達して、利用者にその車を貸し出し、利用者はリース会社に毎月定額を支払うことで車を利用できるというカーリースのしくみを解説した図

ローン審査が不安な場合に検討したい方法のひとつであるカーリースは、リース会社が購入した車を、利用者が借りて乗ります。車のローンと同様、月々の支払いで車に乗れるうえ、メリットが豊富なことから人気が高まっています。
どのようなメリットや特徴があるのか、見てみましょう。

審査のハードルが下がりやすい

カーリースは、車のローンと比較して審査に通りやすいといわれており、その理由は、カーリースの仕組みにあります。

残価設定により車両本体価格を抑えやすい

車両本体価格の月々の支払い分をカーローンとカーリースで比較した場合、カーリースのほうが契約満了時の想定残価を差し引いて月々の料金を算出するため、支払う車両本体価格を抑えやすいということを表した図

ローンでは車両本体価格の全額を支払うのに対し、カーリースは、車両本体価格から契約満了時の想定下取り価格である「残価」を契約時に差し引いたうえで月額料金を算出します。
そのため、審査対象となる車両本体価格が抑えられ、審査のハードルが下がりやすいとされています。

月々の料金が車のローンよりも下がりやすい

カーリースでは、車両本体価格から残価を引いた額に諸費用を足した総額を契約月数で割って、月々の料金を算出します。そのため、契約期間が長くなるほど月額料金は安くなります。

車のローンでは、返済期間は一般的に3年や5年程度であるのに対し、カーリースでは契約期間が10年前後のケースも見られます。
ローンよりも長期の契約の傾向があるので月々の料金を下げやすく、返済負担率を抑えることにつながるでしょう。

頭金なし!月額料金だけで新車に乗れる

定額カルモくんで月額料金に含まれる項目を示した図で、車両本体価格のほかに各種税金や登録費用、サポート料などを月々定額で支払えることを示している

カーリースでは頭金が不要なところが多いうえ、税金や保険料などの初期費用が月額料金に含まれているので、車のローンと違って月々の支払い以外の費用を別途用意する必要がありません。
一定の月額料金だけで車に乗り続けられます

また、ほとんどのカーリースでは車検やメンテナンスの費用を月額料金にまとめられるプランが用意されています。このようなプランを利用すれば、維持費も月額料金に含めて支払うことができ、車に乗っているあいだの支出を一定に保つことが可能です。

マイカー同様に車に乗れる

カーリースが人気の理由のひとつとして、車をマイカー同様に扱える点が挙げられます。そのため、購入した車と同じように自宅や近所の駐車場に車を置いて、好きなタイミングで利用することが可能です。

また、カーリースでは基本的に、契約満了時に車をリース会社に返却することになっていますが、中には乗っていたリース車をもらえるプランやオプションを用意している会社も多く見られます。このような会社なら、車が欲しいと思っている方も満足できるでしょう。



カーリースの審査に通るか
「お試し審査」であらかじめチェック!


カーリースの「定額カルモくん」は、業界最安水準*の月々10,000円から利用可能です。そのため、審査のハードルが下がる傾向にあり、カーリースの中でも審査を有利に進めやすいといえるでしょう。

お試し審査」を利用すれば、ローン審査に不安があったり、審査に落ちた経験があったりする方も契約前に審査結果がわかります。最短で即日結果がわかるので、サービスを利用できるか早めに知りたい方にもおすすめです。

下のバナーから5分程度の入力で手間なく申し込めます。気軽にチェックしてみましょう。


審査が不安な方にも_業界最安水準の定額カルモくん


* 文末の制作日における調査結果に基づく。調査概要はコンテンツポリシー参照

「車のローンに落ちたけれど、新しい車の持ち方で車に乗れた方の声

カーリースにも審査があるものの、車のローンの審査に通らなかった経験のある方でもカーリースを利用できているケースはめずらしくありません。
実際にカーリースで新車を持てたという方の体験談をご紹介しましょう。

ローン審査は無理だったけど、カーリースなら通りました

契約者Kさん

Kさん(ホンダ「S660」7年契約)


ローン審査は何回か試したけれど、いろいろあって無理でした。
でも、カーリースで相談してみたら、「審査を受けてみましょうよ」と言われて、ダメ元で申し込んだら通ったんです。

カーリースは税金などがコミコミで支払額が変わることがないから安心ですね。審査に通ったおかげで相棒と呼べるS660の新車に乗れています。

クレジットカードの支払い遅れがありましたが、カーリースの審査に通りました

契約者Iさん

Iさん(ダイハツ「ウェイク」11年契約)


ずっと中古車に乗っていましたが、次は新車に乗りたいと思って、購入かカーリースかで迷っていました。一方で、大学生の時にクレジットカードの支払いが遅れたせいか、カーローンの審査に落ちたことがあって、審査に通るのは難しいと思っていたのも事実です。

だから、カーリースの審査は不安でしたが、試しに受けてみたら通ったのでうれしかったです。カーリースはずっと同じ金額を払えばいいだけなので、無理なく車を持てる点が魅力だと思います。

カーリースで、初めて新車に乗れました

契約者Kさん

Kさん(ダイハツ「ムーヴ」11年契約)


携帯電話料金の払い忘れがあったことが影響したのか、カーローンの審査に通らなかったんです。
でも、仕事でどうしても車が必要で、カーリースなら審査に通るかもしれないと聞いてすぐに申し込みました。

カーリースというサービスをあまり知らず不安もありましたが、問い合わせのときの受け答えがすごくクリアで安心感があり大丈夫だなって。無事審査も通過して、人生で初めて新車に乗れて満足しています!

初期費用なし!月々10,000円台から新車に乗れるおすすめのサービス

カーリースの「おトクにマイカー 定額カルモくん」なら、日本最安水準の月々10,000円台から国産新車に乗れるということを表した図

上でご紹介した方が利用しているカーリースは、「おトクにマイカー 定額カルモくん」です。
定額カルモくんは国産全車種を取り扱っているうえ、申込みから納車までオンラインと郵送だけで行えて手間がかからないなど、カーリースの中でもメリットが多いサービスです。
申込者数もサービス開始から5年で20万人を超えるなど、高い人気を誇っています。

定額カルモくんが人気の理由を以下で詳しく見てみましょう。

業界最安水準*の月額料金なので、審査で有利になりやすい

定額カルモくんは、頭金などの初期費用なしのうえ、業界最安水準*の月々10,000円台から利用できます
また、カーリースの中でも長い最長11年での契約が可能であるため、長期契約にすることで月額料金を抑えやすくなっています。
ローン審査同様、カーリースの審査も金額が安いほうが有利に進められるため、審査の際に大きな強みになるでしょう。

車がもらえるプランがある

カーリースは返却を前提としたサービスですが、定額カルモくんは、7年以上の契約の場合、月額料金に500円をプラスするだけで契約満了時に乗っていたリース車をもらえます
ローン購入同様マイカーが手に入るのは、うれしいポイントでしょう。

なお、返却の場合は、契約満了時に車を定額カルモくんに返すだけです。
車が不要になった場合、購入では廃車や売却の手続きで手間がかかるのに対し、定額カルモくんをはじめとするカーリースでは、簡単に済ませられる点もメリットです。

「お試し審査」で審査に通るか事前にチェックできる

定額カルモくんでは、審査に通るか「お試し審査」であらかじめチェックできます。

さらに、審査に通過した後でも車種やプランの変更が可能なので、自分に合ったプランをじっくり検討できるうえ、車に詳しいスタッフに質問や相談をしながら、条件を決めていける点も安心です。

申込みは下のバナーから5分程度で完了するので、手間もかかりません。気軽に確かめてみましょう。


車種やプランは後から_お試し審査をしてみる


*文末の制作日における調査結果に基づく。調査概要はコンテンツポリシー参照

車のローンについて知って、自分に合った方法で車に乗ろう

車のローンについて知って、自分に合った方法で車に乗ろうについて解説する項目の見出し画像

ローン以外にも車に乗る方法はさまざまです。審査に通過できそうかどうかだけでなく、自分に合っていて、負担なくカーライフを送れる方法を選びましょう。カーリースであれば、頭金などの初期費用を一切かけずに新車に乗ることが可能です。
中でも定額カルモくんなら、業界最安水準*の料金設定であるため、審査のハードルも下がりやすくなっています。

お試し審査」でサービスを利用できるか簡単に調べられるメリットもあります。
下のバナーから申し込めるので、とりあえず、一番安い車種でチェックしてみましょう。


車種やプランは後から_お試し審査をしてみる


*文末の制作日における調査結果に基づく。調査概要はコンテンツポリシー参照

※この記事は2024年2月2日時点の情報で制作しています

よくある質問

Q1車のローンが通るか調べる方法はある?

A:車のローンが通るか調べる方法はおもに、仮審査を受ける、信用情報機関に情報開示請求を行う、の2つです。ただし、たとえ仮審査に通ったとしても本審査で落ちてしまうケースもあります。仮審査についての解説はこちら情報開示請求についての解説はこちらをご参照ください。

Q2車のローン審査に落ちたときの対処は?

A:頭金を増やす、保証人を立てる、安い車に変更するなどの対処をすれば、再審査に通る可能性を高められるでしょう。車のローン審査に落ちたときの対処について、詳しく知りたい方はこちらをご覧ください

Q3車のローン審査に落ちたら車はあきらめるべき?

A:月々の定額料金だけで新車に乗れるカーリースなら、ローンを組まずに車を持てます。中でも、定額カルモくんは、業界最安水準の料金設定であることから審査のハードルが下がりやすく、車のローン審査に落ちた方の利用実績があります。定額カルモくんを利用できるか、まずは「お試し審査」で確かめてみましょう。

この記事の執筆者


伊藤 真二
監修者、編集者、ライター

伊藤 真二

ファイナンシャルプランナー。介護福祉士資格を所有していることから、老後の暮らしや節約・資産運用など、安心できる未来、無駄のない今を生きるためのご提案を多く行う。 また、ニュースメディア、採用メディア、自動車メディアなどのライター・編集者の経験から記事執筆・監修も広く行っている。

ローンより楽に新車に乗る方法

ローンより楽に新車に乗る方法