車のサブスクで事故を起こすとどうなる?対処法や事前対策を専門家が解説

更新日:2022.09.26
車のサブスクでの事故について

車のサブスクは、初期費用をかけずに月々定額の料金だけで新車に乗れるため、負担を抑えて車に乗りたい方からも人気の高いサービスです。

しかし利用を検討するにあたり、車のサブスクを利用中に事故を起こしたり巻き込まれたりすると、高額な費用がかかったり強制解約になったりするのでは、と不安に思う方もいるのではないでしょうか。

そこで、車のサブスク利用中に起きた事故について、対処法や事前にできる対策を専門家の解説とともにご紹介します。併せて、事故に備えながら安心して利用できる車のサブスクも見ていきましょう。


マイカーコンシェルジュの若林です。車に乗る以上、事故を起こしたり巻き込まれたりするリスクはどうしても付いて回ります。車のサブスクを利用中に起きた事故についてはどのような扱いになるのか、詳しく解説していきます。


車のサブスクでの事故について疑問や不安をすぐに解消したい方はこちらからどうぞ

平日10:00~19:00(土日祝・年末年始休み)


【この記事のポイント】
✔車のサブスク利用中の事故は全損・廃車か一部破損かで対応が異なる
✔車のサブスクでは任意保険やメンテナンスプランへの加入が事故時の備えになる
✔事故の備えになるしくみやサポート体制が充実した車のサブスクなら安心

車のサブスクで事故を起こすとどうなる?  

車のサブスクで事故を起こすとどうなる?

車のサブスクの利用中に事故を起こしても、必ずしも強制解約となったり、その後の月額料金の負担が大きくなったりするわけではありません。契約を続行できるかどうかや違約金の発生の有無は、車が全損・廃車になったのか、車の一部が破損したのかによって異なります。
それぞれのケースの違いを見ていきましょう。

車が全損・廃車になったケース

車のサブスクの利用中に起きた事故が原因で車が全損したり廃車になったりして、使用を続行できない状態になった場合は、契約は強制解約となり違約金も発生するのが一般的です。

車のサブスクの月額料金は、車両本体価格や契約月数、契約満了時の下取り想定価格(残価)などを基に決められます。しかし、契約期間中に全損や廃車によって中途解約になった場合、契約満了までに支払われるはずだった料金が回収できなくなるため、車のサブスク会社側には高額な損害が発生してしまいます。こうした理由から、中途解約となった場合は利用者が違約金を支払う必要があるのです。

車のサブスクの違約金は、一般的には残りの契約期間分の料金に、契約時に設定した残価やその他の手数料などを上乗せして算出されます。

車の一部が破損したケース

車のサブスクを利用中の事故で車が損傷した場合、一部が破損しただけで、修理することによってその後も継続して使用できるのであれば、強制解約とはならず契約も続行できるケースがほとんどです。ただし、車のサブスクの月額料金には修理費用は含まれないため、修理費用は基本的に自己負担となります。

なお、車のサブスクで使用している車を自己判断で修理するのはおすすめできません。車のサブスクはあくまでも車を借りるサービスのため、車の所有者は車のサブスク会社となります。

自己判断で勝手に修理をすると契約違反扱いとなってしまう可能性もあるため注意しましょう。修理が必要なときは車のサブスク会社に連絡し、相談した上でその後の対応を進めることが大切です。

車のサブスクを利用中に起きた事故への対応は通常の事故時といっしょ  

車のサブスクを利用中に起きた事故への対応は通常の事故時といっしょ

車のサブスクを利用中に事故を起こしたり巻き込まれたりしたときの対応手順は、基本的にはマイカーに乗っているときと変わりません。ここでは、事故時の対処法を確認しておきましょう。


車のサブスクでもマイカーでも、事故時の対応や過失割合の決め方は基本的に同じです。そのため、車をぶつけられた場合など相手側に過失があるときは、原則相手側の保険で対応してもらうことになります
なお、車のサブスクの場合はサブスク会社が車の所有者になることから、事故後の対応についてはサブスク会社にフォローしてもらうことが可能です。この点はマイカーの場合より安心できるかもしれません。

事故対応1. 車を安全な場所に移動する

事故が起きたときは、二次災害が起こるのを防ぐためにも、車を路肩などの安全な場所に移動させましょう。車を移動させたら、後続車に追突されないようにハザードランプをつけたり、三角表示板を置いたりして、危険防止措置も行います。

事故対応2. ケガ人の救護を行う

ケガ人がいる場合は、最優先で救護します。大量に出血していたり、ケガで動けなかったり、意識がなかったりする場合はすぐに救急車を呼ぶ必要があります。なお、頭部を強く打っているようであれば、できるだけ動かさずに救急車が来るのを待ちましょう。

事故対応3. 警察に連絡を入れる

事故時は警察へ連絡するよう道路交通法で定められています。また、事故後の保険の手続きをスムーズに進めるためにも、警察から「交通事故証明書」を発行してもらう必要があります。そのため、たとえ小さな事故だとしても必ず警察に連絡しましょう。

また、事故の過失の割合は警察による現場検証で決まります。誤った解釈をされてしまわないためにも、事故時の状況は事実だけを正確に伝えましょう。

事故対応4. 保険会社に連絡を入れる

任意保険(自働車保険)に加入している場合は、事故の相手との話し合いや交渉などを保険会社に代わってもらえます。保険のプロに交渉を代行してもらうことで手続きをスムーズに進められる上、精神的な負担も軽減できるため、警察などへの連絡後は保険会社にも連絡して、今後の対応について相談することをおすすめします。

事故対応5. 車のサブスク会社に連絡を入れる

事故時は、車のサブスク会社にも忘れず連絡しましょう。担当者に事故の状況や車の状態などを具体的に伝えて、その後の対応について指示を仰ぎます。また、車の修理が必要な場合は、修理の進め方についても車のサブスク会社に相談しましょう。

ここで連絡を怠ると契約違反扱いとなってしまう場合もあるため、警察や保険会社に連絡する際に併せて連絡しておくことが大切です。

事故対応6. 事故の状況を記録しておく

事故時の状況は、できるだけ正確かつ具体的に記録しておきましょう。事故の過失割合や損害賠償額を決める際、重要なのはドライブレコーダーの記録や現場の写真といった事故時の状況の記録や証拠です。

また、事故が起きたときにどれくらいのスピードで走っていたのか、信号は何表示だったのかなどもメモしておくと、その後の備えとなります。

事故対応7. 事故の相手の連絡先を聞く

事故の相手方の連絡先や氏名、住所、車のナンバーなども必ず確認しましょう。免許証を見せてもらい、情報をメモしておくことが大切です。

なお、もしも相手の連絡先などを確認し忘れてしまったときは、警察に事故を報告すると発行される「交通事故証明書」から確認できます。


事故に備えながら安心して利用できる車のサブスクはこちら

車のサブスクでの事故に備えるには?  

車のサブスクでの事故に備えるには?

車のサブスクでもマイカーでも、事故を起こしたり巻き込まれたりするリスクは避けて通れません。しかし、万が一のときに備えて対策をとっておくことで、事故時の経済的な負担や精神的なストレスを大きく軽減することにつながります。

車のサブスクの場合は、マイカーよりも安心してカーライフを送れる環境を整えやすいため、次のような対策をしておきましょう。

車のサブスクの契約内容を確認する

車のサブスクの契約書や利用規約には、車のサブスクを利用中に事故に遭ったときのルールについて記載されています。事故時の対応は車のサブスク会社によって異なるため、事前に確認しておきましょう

契約書や利用規約を読んでも事故時の対応についてわからない部分がある場合は、車のサブスク会社のサポートデスクなどへ問い合わせて直接確認することも大切です。事前に不明点や不安要素を解消しておけば安心して車を使用でき、万が一の事故の際も慌てずに対応できます。


基本的にどこの車のサブスク会社でも、事故後はすみやかに報告することが義務付けられています。報告時点で「交通事故証明書」がすでに発行されている場合は、その内容を基に状況報告を行うと正確な情報を伝えられるでしょう。
なお、「交通事故証明書」は事故があったことを警察に報告しなければ取得できないものです。事故発生時、もし事故の相手に警察に連絡しないでほしいと言われても応じてはいけません。
警察への連絡を怠ることで手続きをスムーズに進めることができなくなる上、事故報告義務違反にも該当し、3ヵ月以下の懲役または50,000円以下の罰金に処される可能性があります。

任意保険に加入する

任意保険(自動車保険)は、損害賠償が自賠責保険の限度額を超えて請求された場合や、運転者自身が死傷した場合、車や物を破損させてしまった場合などに補償を受けられる保険です。自賠責保険だけではカバーできない部分にも対応できるため、任意保険に加入しておくことも重要です。

なお、車のサブスクでは自身で別途任意保険に加入するのが一般的ですが、中には月額料金に任意保険料が含まれている車のサブスクもあります。


月額料金に任意保険料が含まれている車のサブスクは、別途自身で加入手続きを行う必要がないため手間を省ける点がメリットです。ただし、月額料金がその分割高になったり、補償内容や料金を自由に選べなかったりする場合もあるため、元々の月額料金が安い車のサブスクを利用して別途自身で任意保険に入った場合とどちらがお得かを、総合的に判断することが大切です。

車のサブスクのメンテナンスプランに加入する

メンテナンスプランとは、日々の車のメンテナンス費用や車検代なども月額料金に含めて定額化できるプランのことで、多くの車のサブスク会社が用意しています。メンテナンスプランに加入して常に車の状態を万全にしておけば、メンテナンス不足による車の不調が原因となる事故のリスクを抑えることが期待できるでしょう。

なお、メンテナンスプランの保証範囲や、メンテナンスにかかった費用の精算方法などは車のサブスク会社によって異なります。加入前に、保証範囲や精算方法も確認しておきましょう。


メンテナンスプランに加入している場合、メンテナンス費用や車検代などは先に自身で立て替えて支払い、その後車のサブスク会社から振り込まれるのが一般的です。かかった費用を請求してから入金されるまでの日数が短い車のサブスク会社であれば、クレジットカード払いにすることで引き落とし前に費用を受け取れるため、実質負担ゼロにすることができます。

車のサブスク会社のサポート体制を確認する

車のサブスクを利用中に事故が起きた際、親身になって迅速にサポートしてくれる車のサブスク会社なら、事故時も安心して手続きを進められます。サポート体制が高く評価されており、なおかつ電話やメール、LINEなどの連絡手段も複数用意されている会社であれば、事故後もスムーズにやりとりできるでしょう。

車のサブスクのサポートの充実度は、契約前の車のサブスク会社の対応でもある程度判断できます。質問や相談に対して迅速かつ的確に回答してくれるか、親身に相談にのってくれるかなどを確認してみましょう。


全損や廃車となり強制解約になると高額な違約金が発生するのは、どこの車のサブスクでも基本的に同じです。ただ、車のサブスク会社によっては、違約金の分割払いに応じてくれる場合もあります。一括払いが難しいケースも十分に考えられるため、事前にこのような相談にも乗ってくれるかどうかを確認し、誠意ある回答をくれた会社を選んでおくと安心でしょう。

車のサブスクでの事故に使える3つの保険  

車のサブスクでの事故に使える3つの保険

車のサブスクで事故を起こしたときは、おもに3つの保険を使えます。保険の種類によってどのようなシーンで補償を受けられるのかが異なるため、それぞれの保険の特徴を確認しておきましょう。

保険の内容は、事故の相手が保険に入っていなかったときのことも想定して決めることが大切です。もらい事故など自身に過失がない場合は、相手側の保険で対応するのが一般的ですが、事故の相手が保険に入っていない可能性も考えられます。このような場合、トラブルを避けるためにも弁護士を介して交渉を進めるのが安全ですが、弁護士費用がかかってしまいます。しかし、この弁護士費用も補償してもらえる保険を選んでおけば、自己負担なしで弁護士を入れた交渉を進めることが可能です。

1. 自賠責保険

自賠責保険は、車の所有者であれば誰もが加入を義務付けられている保険で強制保険とも呼ばれます。車のサブスクの場合、月額料金に自賠責保険料が含まれるケースが大半です。

自賠責保険では、事故時に相手にケガをさせたり、死亡させてしまったりした場合に、相手の治療費や遺族への慰謝料が補償されます。対人事故における相手方の損害補償を目的としているため、自損事故による物損や運転者自身の死傷については補償を受けられません

2. 車両保険

車両保険は任意保険の一種で、自分の車の修理費用などが補償されます。車同士の事故で車が損傷したときのほかにも、車が盗難された、落書きやいたずらをされた、当て逃げされた、といった場合でも補償を受けられます

車同士の事故は、少しでも自分に過失があると、その過失割合分を相手側から支払ってもらえません。車のサブスクでは、車の修理費用は基本的に契約者負担となるため、車両保険は必ず加入しておくことをおすすめします。

3. 対物賠償保険

対物賠償保険に加入しておくと、他人の車や物を損傷させてしまった場合に補償を受けられます。例えば、事故でガードレールを壊したり他人の車に追突したりすると損害賠償責任を負うことになりますが、対物賠償保険に加入していれば損害賠償金が補償されます

なお、対物賠償保険で支払われる保険金の上限は、契約時に設定した金額となります。事故によっては上限を超えてしまう可能性もあるため、保険金額は無制限に設定しておくと安心です。


任意保険に加入しても月々の負担を20,000円以下に抑えられる車のサブスクはこちら

車のサブスクでの事故に対する「心配な声」に専門家が回答  

車のサブスクでの事故に対する「心配な声」に専門家が回答

カーリースとも呼ばれる車のサブスクは、負担を抑えて車に乗れることから人気の高いサービスですが、車のサブスクを利用中の事故に対する心配な声は尽きません。ここでは、3名の方の心配な声に対して、車の専門家に直接回答してもらいましょう。




まず前提として、車のサブスクでもマイカーでも事故が起きた際の対応は基本的に変わりません。むしろ車のサブスクのほうが気楽といわれる方もいます。これは、事故が起きた際には車の所有者であるサブスク会社がフォローに入ってくれるためです。
事故後は車のサブスク会社に指示を仰ぐことができるため、判断に困ることもないでしょう。全損や廃車になるほどの事故でない限りは保険で解決可能なので、金銭的なトラブルが発生するようなこともほとんどありません。




車のサブスクを利用中に起きた事故で車が傷ついた場合、相手方に過失があれば相手の保険で修理を行い、自身に過失があれば自己負担で修理を行うのが一般的です。上記の方が心配されているのは後者の自己負担で修理を行う場合かと思いますが、任意保険に入っておくことで自身に過失がある場合でも修理費用を負担せずに済みます
車のサブスクの月額料金のほかに任意保険料も支払うことに負担を感じる方もいるかもしれませんが、元々の月額料金が安い車のサブスクを利用すれば、任意保険料を含めても月々の出費を20,000円以下に抑えることが可能です。
このように、選ぶ車のサブスクによって出費はある程度コントロールできるということも、ぜひ知っておいていただきたいポイントです。




車のサブスクの場合も、自分の裁量である程度出費を調整可能です。例えば、車のサブスク会社によってはすり傷などができてもすぐに修理しなくてもよいとしているところもあります。ご自身が気にならないのであれば、あえて修理はせずにそのまま車に乗り続けて、契約満了時の原状回復で対応するといった方法もとれるでしょう。
いずれにしても修理費用はかかりますが、このあいだに安い修理業者を見つけたり、そのほかの傷とまとめて修理することで割引きを受けられたりする可能性もあります。
また、車をもらえるサブスクであれば、いずれはマイカーになることを前提に車を利用できるため、そもそも傷を修理する義務がありません。心配な場合は、このような車のサブスクを利用するのもひとつの方法でしょう。
なお、保険で修理したのに追加金をとられるようなことはまずありません。もし、このような車のサブスクがあった場合は、契約違反の可能性があります。


車のサブスクでの事故について直接無料相談したい方こちら

平日10:00~19:00(土日祝・年末年始休み)

事故に備えられる安心の車のサブスクはここ!  

新車が月1万円ちょっと

車に乗る以上、車のサブスクでもマイカーでも事故のリスクは必ず発生します。そのため、車のサブスクを利用するときは、万が一の事故に備えられるしくみが整った会社を選ぶことが大きな備えとなります。

サービス開始からわずか4年で申込者数10万人を突破した「おトクにマイカー 定額カルモくん」は利用者からの評価も高く、事故に備えられるサービスも充実したおすすめの車のサブスクです。ここでは、なぜ定額カルモくんが車のサブスクを利用中の事故に備えられるのか、その理由をご紹介します。

業界最安水準の価格設定で任意保険料をプラスしても安い  

月々の自家用車にかかる費用はいくらですか

定額カルモくんが、家計管理を預かっていて子供がいる20~50代の男女1,169人を対象に行ったアンケート調査によると、月々の自家用車にかかる費用は、10,000~20,000円未満と回答した方が33.9%と最も多いことがわかりました。この結果から、車のサブスクにかける費用は、任意保険料を含めても月々20,000円以下に抑えることが理想といえるでしょう。

業界最安水準の定額カルモくんなら、月々10,000円台から乗れる人気車種も多く取り扱っています。こうした車を選べば、任意保険に加入しても、車にかかる月々の費用を20,000円以下に抑えることが可能です。

安心のメンテナンスプランで事故対策ができる

定額カルモくんは、日々のメンテナンス費用や車検代も月額料金に含めて定額化できるメンテナンスプランを用意しています。メンテナンスプランに加入すれば出費を心配せずに定期的なメンテナンスを受けられるため、常に車を万全な状態に維持できるようになります。車の不調による事故のリスクも大きく軽減できるでしょう

定額カルモくんのメンテナンスプランは3種類用意されており、保証範囲や予算など自身の都合に合わせて選びやすくなっています。また、すべてのプランで原状回復費用補償が受けられるので、事故による傷やへこみがあっても、返却時の負担を軽減できます。

万全のサポート体制で顧客対応満足度98.9%*を達成  

顧客対応満足度

定額カルモくんは、顧客対応満足度98.9%*を達成している点も魅力です。サポートデスクの対応の良さや充実したサービス内容が高く評価されており、安さだけでなく契約期間中の安心感があることも大きな強みとなっています。

万が一の事故の際も、車の知識が豊富なマイカーコンシェルジュが親身になって対応してくれます。また、電話やメール、LINEなど複数の連絡手段が用意されているため、緊急の連絡や相談がしたいときも安心です。


人気の理由を詳しくみる

*2019年12月~2021年6月までの定額カルモくんご契約者様504名を対象としたアンケート

車のサブスクでの事故に備えるためには会社選びが大切  

車のサブスクでの事故に備えるためには会社選びが大切

車のサブスクは、事故に備えられるサービスの充実した会社を選ぶことで、万が一の事故時の不安を大きく軽減できます。安心してカーライフを送るためにも、加入する保険について見直したり、車のサブスクのしくみやサポート体制を比較したりして、自分にぴったりの会社を選びましょう。

なお、定額カルモくんの「お試し審査」なら、車のサブスクの利用可否を簡単にチェックできます。車のサブスクを検討しているけれど、審査に通るか不安という方や、どれくらいの料金の車なら契約できるのか気になる方は、下のバナーより試してみてはいかがでしょうか。


簡単5分_審査に通るか試してみる


※この記事は2022年8月時点の情報で制作しています

よくある質問

Q1車のサブスクの利用中に事故を起こしたら?

A:車の損傷の程度が全損または廃車なのか一部破損なのかによって、契約を続行できるかどうか、また違約金が発生するかどうかが異なります。全損または廃車の場合は、原則として強制解約となり違約金が発生します。一部破損の場合は、修理すれば契約を続けられますが、修理費用は基本的に自己負担となります。

Q2車のサブスクでの事故に使える保険はある?

A:おもに自賠責保険、車両保険、対物賠償保険の3種類の保険が使えます。自賠責保険は、対人事故における相手方の損害が補償されます。車両保険は任意保険の一種で、自分の車の修理費用などが補償されます。対物賠償保険は、他人の車や物を損傷させた場合に補償を受けられます。

Q3事故に備えられる車のサブスクはある?

A:業界最安水準の定額カルモくんがおすすめです。月々10,000円台で乗れる人気車種も多数そろっているため、任意保険に加入しても月々の出費を20,000円以下に抑えられます。また、メンテナンス費用や車検代も定額化できるメンテナンスプランも用意されています。顧客対応満足度も高く、事故時も安心して相談できるでしょう。

この記事の執筆者


若林 由晃
マイカーコンシェルジュ・整備士

若林 由晃

代々継がれる創業70年の車販・整備工場を営む家に生まれ、エンジンオイルとガソリンの香りにまみれながら育つ。小学校から車販の接客、中学校には整備の手伝いを行う根っからのカーガイ。自動車整備専門学校では上位の成績で卒業。整備士国家資格は満点合格(専門学校の先生が採点)。 その後、大手自動車メーカー系列のディーラーで整備士として整備職と中古車販売を経験。また、IT×車という販売方法に興味を持ち、個人向けカーリースのセールスに転身。中古カーリース事業、全国の加盟店販売事業の立ち上げを行う。

サポート充実の車のサブスク_詳しくみる

サポート充実の車のサブスク_詳しくみる