カーリースを契約するなら、とにかく車が安く乗れる11年契約がおすすめ

公開日:2021-03-03更新日:2021-03-23

11年契約がおすすめ

カーリースは契約期間が長ければ、その分、月々の料金が安くなる車のサブスクリプションサービスです。おトクにマイカー 定額カルモくんの契約期間は最長11年なので、頭金なしボーナス払いなし、税金、自賠責保険料コミコミのカーリ―スでは業界最安値(2020年3月調べ)の11,700円から新車に乗ることができます。毎月のお支払いを少しでも減らしたいのであれば、定額カルモくんの11年契約がおすすめです。

しかし、11年は長いのではないか?など不安に思う方もいるでしょう。カルモくんではその不安を解消するプランをご用意しています。ここでは、カーリースの契約期間の選び方や、安心して11年の契約をしていただけるプランについて、詳しくご紹介します。

カーリースの契約期間は1ヵ月や半年、11年など様々

カーリースの契約期間は1ヵ月や半年、11年など様々

カーリースの契約期間は、リース会社でそれぞれにプランが設定されているのが一般的です。1年単位で選べるリース会社もあれば、3年・5年・7年など、プランごとに契約期間をあらかじめ定めている会社もあります。
また、以前は年単位での契約しかできないケースが多かったのですが、最近では1ヵ月や半年など、短期の契約プランを設けている場合もあります。
では、御自身にあった契約期間はどのように選べばいいのでしょうか。

カーリースは契約期間で月額料金が変わる

ここで、カーリースが購入よりも安くなる仕組みを改めて確認しておきましょう。カーリースは、リース会社が車を購入し、契約した利用者に一定期間貸し出すサービスです。
リースは契約満了時に車をリース会社へ返却しますが、あらかじめ設定した返却時の下取り価格(残価)を差し引いた車両価格と、期間中の各種税金や自賠責保険料などの合計額を契約月数(支払い回数)で割って月額料金を算出するのが一般的です。

〈車体価格についての考え方〉

車体価格についての考え方

例えば、車体価格が200万円、契約期間を5年(60ヵ月)として、5年後の残価を50万円と設定したとしましょう。この場合、購入金額200万円から50万円を引いた150万円を支払い回数60回で割った金額が、車体本体に対して支払う月額料金となります。

〈車体価格についての考え方〉


(車両価格200万円-残価50万円)÷60ヵ月(5年契約)=月額25,000円

※この金額は車体本体についてのものです。ほかにも自動車生活においてはガソリン代や駐車料金、各種税金などのお金がかかります

新車を購入すると、当然ですが車体価格を全額払うことになります。一方、カーリースの場合は車体価格から残価が引かれているので、車体に払う代金は安くなります。
しかも、カーリースは保険や税金といった初期費用や、メンテナンスなどの維持費用も月額料金に含まれていて、月額料金以外の支払いがほとんど発生しないプランもあります。カーリースであれば安くお得な月額料金を支払うだけで、すぐにカーライフを楽しむことができます。

契約期間が長いほど月額料金は安くなる

カーリースの月額料金は、車体価格を契約期間(支払い回数)で割ることで算出されます。そのため、契約期間が短いと支払い回数は少なくなり、月々の料金は高くなります。逆に契約期間が長いと支払回数も多くなり、月額料金は安くなります。例えば、車体価格200万円の車をリースする場合、1年契約と5年契約とでは月々の負担は以下のように大きく変わります。

〈契約期間による月額料金の違い〉


・1年契約の場合※残価は150万円と想定
(車両価格200万円-残価150万円)÷12ヵ月(1年契約)=月額42,000円弱

・5年契約の場合※残価は50万円と想定
(車両価格200万円-残価50万円)÷60ヵ月(5年契約)=月額25,000円

※この金額は車体本体についてのものです。ほかにも自動車生活においてはガソリン代や駐車料金、各種税金などのお金がかかります

このように月額料金を安く抑えたい場合は、契約期間を長く設定するのがおすすめです。ただし、カーリースの契約は一度結ぶと途中で変更できないのが基本です。家計や将来の計画に応じて、カーリースの契約期間も慎重に検討しましょう。

定額カルモくんの契約期間、11年が喜ばれるわけ

定額カルモくんの契約期間、11年が喜ばれるわけ

カーリースの契約期間は1ヵ月や半年、11年など様々
カーリースは契約期間が長ければ、その分月額料金が安くなり、お得に利用することができます。定額カルモくんでは最短1年から最長11年まで、1年単位で自由に契約期間を選ぶことができますので、ご自身のライフプランに合わせて契約期間を決めていただけきます。

11年というのはカーリース業界でも最長の契約期間なので、月の支払いをより安くお得にカーリースを利用することができます。

定額カルモくんの契約期間、11年が喜ばれるわけ

※2020年9月時点

契約期間、11年は大丈夫なの?安心の理由とプランを紹介

お客様の中でも「11年乗っても車は大丈夫なの?」ということをおっしゃる方は少なくありません。

一般財団法人自動車検査登録情報協会が発表した統計によると、乗用車の平均使用年数は13.26年となっています(わが国の自動車保有動向|2019年3月末時点)。平均ですからもちろんさらに長く乗る方もいるでしょう。カーメーカーの努力により車の寿命も延び、その分、使用できる年数も延びているのではないでしょうか。

また、定額カルモくんでは契約期間中の自動車の故障における不安を少しでも減らすために、独自の保証サービスとして、新車のメーカー保証(一般保証・特別保証)の終了後もリース期間満了日まで同等の保証サービスが受けられる「プラチナメンテプラン」をご用意しています。

定額カルモくんメンテナンスプランはリース返却時の原状回復費用保証、車検基本料、消耗品交換など、必要なメンテナンス費用がコミコミ、さらにメーカー保証が延長できるということで、11年の契約に躊躇していた方も安心してご契約いただいております。

契約期間を1年から11年まで選べるメリット

定額カルモくんでは最短1年から最長11年まで1年単位で契約することができるため、例えば、転勤の間だけ車を使いたいということであれば、その期間に合わせた年数で契約できますし、子供の通学の送り迎えに車を使いたい場合は、小学校の入学からから中学校の卒業までと仮定して、契約期間を9年に設定することができます。

契約期間を1年から11年まで選べるメリット

独身時代や夫婦2人のとき、子供ができたときなど、ライフステージによっても必要な車は変わってくるものです。ライフステージの変わるタイミングで車を乗り換えたいという場合も、その予定に合わせて契約期間を設定することもできます。3年・5年・7年などあらかじめプランが決められているリース会社と違い、定額カルモくんなら1年刻みで契約期間を選ぶことができます。

再リース契約や車がもらえる「乗り放題オプション」も

さらに定額カルモくんでは、「契約満了後も乗り続けたい」という方のために契約期間の延長(再リース)サービスもご用意しています。契約満了が近づいたタイミングで契約期間を延長(再リース)するか、ほかの車に乗り換えるか、契約満了にするかをお好みで選択できます。延長したい場合は、そのまま車を乗り続けることができます。

また契約期間が7年以上の方は、月々500円の「乗り放題オプション」を追加すれば、契約満了時に追加料金なしで車をそのままもらうことができます。対象車種は新車全車種です。契約期間や月々の走行距離制限を気にせず、車に乗り続けることができます。

カーリースは無駄なく乗れる契約期間を考えよう

カーリースの月額料金は、契約期間に応じて決まります。そのため、一度契約すると途中で変更することができないため、車を利用する期間を事前にしっかり検討しましょう。定額カルモくんなら最短1年から11年まで契約期間を自由に選べるので、無駄なくカーリースを利用したいという方におすすめです。

よくある質問

Q1:カーリースはどんな仕組みですか?

カーリース会社が車の所有者となり、契約者は月々定額の使用料金を支払ってその車を利用するという仕組みです。
実際に車の使用方法は通常購入しているものとなんら変わりありません。契約期間は自宅に置いて独占して使用いただけます。

関連記事