レンタカーの長期利用におすすめなのは?料金と選び方を詳しく紹介

更新日:2022.09.29
おすすめの長期レンタカーについて

レンタカーは一時的に車が必要になったときに便利な方法ですが、さまざまなサービスがあり、どのレンタカー会社を利用するかによって費用やサービスが大きく異なる場合があります。特に、長期での利用を検討している方は、少しでもお得に車をレンタルする方法を探しているのではないでしょうか。

そこで、長期利用におすすめのレンタカー会社の特徴を比較し、料金の違いや選び方について、ファイナンシャルプランナーの伊藤真二さんの解説と併せてご紹介します。


ファイナンシャルプランナーの伊藤真二です。レンタカー会社によってそれぞれ料金も特徴も異なります。長期的に利用する場合は特に、途中で後悔することがないよう、料金だけでなくサービス内容も事前にしっかり確認しておきたいものです。自分により合う、お得なサービスを選ぶために、注目したいポイントを見ていきましょう。



【この記事のポイント】
✔レンタカーを長期で利用するなら取扱車種が多いサービスがおすすめ
✔レンタカーの長期利用では、追加費用がかかるリスクもある点などに注意が必要
✔1ヵ月以上利用するならレンタカー以外にもおすすめのサービスがある

長期利用におすすめのレンタカー5社の特徴と料金比較

〈レンタカーサービスの比較表〉*

サービス Aレンタカー Bレンタカー Cレンタカー Dレンタカー Eレンタカー
取扱車種 軽自動車

乗用車

ミニバン

ワンボックス

輸入車など

軽自動車

コンパクトカー

セダン

高級車など

軽自動車

コンパクトカー

セダン

SUV

ミニバン

軽トラック

商用バンなど

軽自動車

コンパクトカー

ミニバン

軽トラック

商用バンなど

軽自動車

コンパクトカー

セダン

SUV

ミニバン

軽トラック

福祉車両など

店舗数 約600店舗 約1,200店舗 約1,500店舗 約300店舗 約430店舗
免責補償 1,100 円/日〜 1,100 円/日〜 1,100 円/日〜 1,100 円/日〜 1,100 円/日〜
ETC

カーナビ

標準搭載

(商用車はカーナビなしの場合あり)

乗用車や一部の車種に標準装備 ETC:標準搭載

カーナビ:550円/日

各550円/日 標準搭載

(車種によりカーナビなしの場合あり)

オプション ETCカード:330円/回

チャイルドシート:550円 など

ETCカード:330円/回

チャイルドシート:550円 など

ETCカード:

店舗ごとにレンタル可

チャイルドシート:550円

など

スタッドレス:1,100円/日 ETCカード:要持参

チャイルドシート:550円

など

6時間の料金 5,390円~ 5,500円~ 2,310円~ - 2,120円~
24時間の料金 6,820円~ 7,150円~ 3,960円~ 3,740円~ 3,820円~
マンスリープラン

(1ヵ月の料金)

※免責補償込み

あり

(要問い合わせ)

あり

(10万8,350円~)

あり

(97,900円~)

あり

(50,600円~)

あり

(84,000円~)

*料金は2022年9月16日時点の一例(コンパクトカー)で、店舗により異なる場合があります

レンタカーは、基本的に1日や数時間などの短期利用を目的としたサービスです。そのため、長期利用では割高になってしまうこともあります。ただし、中には1週間や1ヵ月など長期のプランなどがあるレンタカー会社もあるので、そういったサービスを選ぶのがおすすめです。

なお、サービスによっては長期利用の料金は公開していなかったり法人利用のみに限定していたりするため、比較に手間がかかることも多いでしょう。そこで、上の表では長期利用におすすめの人気レンタカーサービス5社*の特徴を比較しています。なお、各社の料金はコンパクトカーの最安料金を参照しています。

上の表からわかるように、レンタカー会社により取扱車種や店舗数、料金は異なりますが、オプションが選択できたり長時間利用するほどお得になったりするなど、共通する特徴もあります。以下では、長期利用が可能なレンタカーの特徴についてご紹介しましょう。


長期利用におすすめのレンタカー会社のマンスリープランは、大半が約15~20日分のレンタル料金で利用できるように設定されています。そのため、20日以上車を使う予定がある場合は、マンスリープランを選んだほうがお得といえます。ただし、各社の料金を比較する際は補償や保険など、料金に含まれる内容も確認しましょう。


長期レンタカー選びのポイントを今すぐチェックしたい方はこちら


*「レンタカー」Google 検索(2022年9月16日時点)において、全国対応のレンタカーのサービスサイトのうち、長期プランのあるサービス上位5社

長期レンタカーの特徴

長期レンタカーの最大の特徴は、長い期間だからこその割引きが受けられることです。上の表から、マンスリープランなら1ヵ月10万円前後で利用できることがわかります。例えば、B社では24時間7,150円からなので、通常料金で30日利用した場合は21万4,500円以上かかりますが、マンスリープランの利用で半額に近い料金で済みます。

レンタカー会社では、基本的に中古車が貸し出されます。利用者から車が返却されて次の利用者が借りるまでのあいだに、レンタカー会社は車の清掃や点検をする必要があります。長期レンタルの場合は、その清掃・点検の手間やコストを抑えられるため、長期レンタカーは料金がお得になるしくみなのです。

長期レンタカーがおすすめのケース

以下は、一般的なレンタカーよりもウィークリーやマンスリーといった長期レンタカーがおすすめのケースの一例です。

・長期の出張先で1ヵ月単位で車を必要としている
・新車を購入したが納車まで数ヵ月のあいだ利用できる車を探している
・一定期間、旅先で車を使いたい
・家族の病気やケガで、送迎などのために車を一定期間使いたい



1ヵ月10万円前後は高い!と思った方へ


おトクにマイカー 定額カルモくん」なら、月々10,000円台から好きな新車に乗れます。もし、車を1年以上使う可能性がある場合、初期費用0円、頭金・ボーナス払いなし、各種税金や諸費用が月額料金にコミコミの定額カルモくんがおすすめです。レンタカーから定額カルモくんに乗り換えた方も多数。その人気の理由は下のバナーからどうぞ。


4年で申込者数10万人以上_定額カルモくんの人気の理由

長期利用するなら格安レンタカーがおすすめ?

長期利用するなら格安レンタカーがおすすめ?

前項で特徴を比較した5社はいずれもマンスリープランを用意していますが、会社により利用料金は異なります。できるだけ費用を抑えたいと思っていても、格安レンタカーがなぜ安い料金で利用できるのか気になる方も少なくないでしょう。そこで、格安レンタカーとほかのレンタカーの特徴を見ていきましょう。

まずは、前項でご紹介したE社のような格安レンタカーと、B社のような自動車メーカーが提供するレンタカーの料金を比較してみると、金額の差が大きいことがわかります。


〈1ヵ月の料金比較〉

サービス名 1日の料金 1週間の料金 1ヵ月の料金
格安レンタカー(E社) 3,820円 34,440円 84,000円
メーカーのレンタカー(B社) 7,150円 57,750円 10万8,350円

※1週間、1ヵ月の料金には免責補償も含んでいます

それぞれ、以下のような特徴があります。

格安レンタカー

年式の古い中古車を提供することで、仕入れコストを抑えているケースが多いです。また、おもに加盟店のガソリンスタンドなどでサービスを提供することで、安い料金設定となっているところもあります。

メーカー提供のレンタカー

レンタカー専用に新車を仕入れて提供しているところもあり、価格は少し高めとなっています。格安レンタカーに比べて、車の見た目のきれいさや最新の装備、燃費性能などの点でメリットは大きいといえます。

このように、それぞれにメリット・デメリットがあるため、その点も踏まえて比較する必要があるでしょう。なお、どちらのタイプでも、サービスによっては長期の貸し出しを行っていない場合もあります。数週間から1ヵ月程度など、車を使用したい期間があらかじめ決まっているときは、マンスリープランのあるレンタカーを選びましょう。


とにかく安くレンタルしたいという方に、格安レンタカーが必ずしもおすすめというわけではありません。例えば、前項でご紹介したレンタカー会社の多くはカーナビが標準搭載されていますが、C社は1日あたり別途550円かかります。ほかにも必要なオプションをつけたら、結果的に他社よりも利用料金が高くなってしまうこともあります。そのため、希望の条件で見積もりを取り、本当にお得に利用できるかどうかを判断しましょう。


月々10,000円台でマイカーのように車に乗る方法とは?

長期レンタカーを選ぶ際にチェックしたいポイント

長期レンタカーを選ぶ際にチェックしたいポイント

長期利用できるレンタカーのサービスを比較しても、それぞれにメリット・デメリットがある場合も多く、基本料金以外にどのような項目をチェックすればいいかわからないこともあるでしょう。そこで、レンタカーを長期利用する際にレンタカー会社を比較するポイントについてご紹介します。

選択肢の多さ

レンタカーでは、取扱車種はサービスによって異なります。また、軽自動車やコンパクトカーなどをメインとして扱うケースもあるため、使いたい車種がない場合もあるでしょう。そのため、できるだけ車種の選択肢が豊富なサービスがおすすめです。

また、取り扱う車の数が多いほうが予約もしやすいでしょう。ほかにも、同じエリアに複数の営業所があるなど、営業所数が多いサービスであれば、希望の期間に合わせて予約しやすいのではないでしょうか。

店舗の場所や乗り捨ての可否

レンタカーを利用するには、店舗まで行く必要があります。家や駅などから近い所に店舗があればスムーズに車を借りられるので、レンタカー会社を比較する際、より便利な場所に店舗があるかどうかは大切なポイントです。

また、長期にわたって利用するにあたり、利用手続きをする店舗とは異なる店舗に車を返却したいというケースでは、店舗数や乗り捨ての可否、また、乗り捨てにかかる費用もチェックするようにしましょう。

カーナビなどオプションの利用料

多くのレンタカーでは、カーナビやETCなどのオプションサービスが用意されています。1日ごとに加算されるケースもあることから、長期利用では料金がかさんでしまう可能性が考えられるため、カーナビやETCは標準搭載されているサービスを選んだほうが費用を抑えやすいでしょう。

ホームページに料金が明示されているかどうか

レンタカーサービスの中には、見積もりを問い合わせないと料金がわからないことがあります。そのため、ホームページに料金が明示されているほうが、複数のサービスを比較しやすいでしょう。なお、多くの営業所を持つレンタカーサービスでは、営業所ごとに料金が異なる場合があるので、利用したい営業所の料金を確認することが大切です。


一般的にレンタカーの予約はインターネットや電話から行いますが、サービスごとに空き状況を調べると手間がかかります。そのため、希望条件で多くのサービスを検索できるレンタカー予約サイトを利用するのもおすすめです。利用したい日時やエリア、ボディタイプなどを選ぶだけで、空きがある車がわかるので比較もしやすく手間が省けるでしょう。


月々10,000円台から好きな車に乗る方法はこちら

レンタカーを長期利用する場合の注意点

レンタカーを長期利用する場合の注意点

長期で車を利用したいけれど、本当にレンタカーが適しているのか疑問に思うこともあるでしょう。そこで、レンタカーを長期利用する際の注意点について見ていきましょう。

1ヵ月10万円以上かかる

繰り返しになりますが、レンタカーは基本的に短期利用を目的としたサービスが多いので、長期での利用は割高になってしまう可能性があります。そのため、1ヵ月10万円以上かかるケースも少なくありません。また、長期で続けて借りるのではなく、その都度レンタルすれば費用を抑えられる可能性がありますが、手間がかかってしまいます。

そのため、自宅周辺にカーシェアリングのステーションがあれば、そういったサービスを利用することでコストを抑えられることもあるでしょう。また、月々10,000円台からマイカーのように車を使えるカーリースを利用するのもおすすめです。


カーリースについて詳しく知りたい方はこちら

車種が限定される

基本的にレンタカーでは在庫車を提供しているため、車種の選択肢が多いとはいえません。また、レンタカー会社や店舗によって取扱車種が異なり、選択肢が少ない傾向があります。そのため、利用できる車種は限定的となってしまいます。

駐車場代やガソリン代は自己負担になる

レンタカーの料金には貸出中にかかる駐車場代やガソリン代は含まれていません。そのため、利用に応じてそれらの費用を負担しなくてはいけません。

慣れない車に乗らなくてはいけない

レンタカーではほとんどの場合、車種や日時、禁煙もしくは喫煙などの条件を指定して予約します。予約日時に営業所に出向き、借りる車を確認することになるため、予約時点では実車確認ができません。慣れない車に乗ることになるので、車によっては運転しにくいなどと感じることもあるでしょう。

個人で利用できないケースもある

長期レンタカーの場合、貸し出しを法人に限定しているケースがあります。そのため、個人では長期利用ができないこともあるでしょう。また、個人と法人とで料金体系が異なる場合もあるので、どちらを対象としたサービスなのか、あらかじめ確認しておくと安心です。

返却時に追加費用が発生することがある

レンタカーを長期利用すると、自分の車のように自由に使えるのがメリットです。一方で、車を汚してしまったりぶつけてしまったりするケースも考えられます。そのため、車の状態によっては、車内清掃代や、NOC(ノン・オペレーション・チャージ)などの休業補償を請求されるケースもあるでしょう。

また、レンタカーはガソリンを満タンにして返却することが多いですが、給油の代わりに返却時に料金を支払うケースもあります。こういった場合、返却時に支払いが発生するため、借りる前によく確認しておきましょう。

繁忙期は料金が変わることがある

レンタカーはお盆や年末年始などの長期休暇時は繁忙期となるため、借りるタイミングによっては、明示されている料金より高くなることもあるでしょう。そのため、予約期間に合わせた見積もりを確認しておくと安心です。

「わ」や「れ」ナンバーの車になる

レンタカーやカーシェアリングでは、貸渡用車両の「わ」や「れ」のナンバープレートが使用されています。ひと目で借りている車だとわかってしまうため、ビジネスでは利用しにくいと感じることもあるでしょう。


長期的にお得に車に乗りたい場合、カーリースのほうが合っているケースもあります。カーリースであれば月々10,000円台からの定額料金で、自分用に準備された新車に乗れます。また、その車は「わ」や「れ」ではない自家用ナンバーなので、借りている車だと気づかれる心配がありません。
カーリースは車のサブスクとも呼ばれ、月々の負担を抑えたい方から今人気が高まっており、手軽な車の持ち方としておすすめです。

1ヵ月以上の長期利用におすすめのサービスとは?

1ヵ月以上の長期利用におすすめのサービスとは?

車を借りるサービスにはレンタカーのほかに、車のサブスクとも呼ばれるカーリースという選択肢もあります。特に1ヵ月以上の長期で利用する場合はレンタカーよりもカーリースがおすすめです。

その理由のひとつに、自分だけの新車に乗れることが挙げられます。カーリースの中には、マイカー購入と同様の選択肢を用意しているサービスもあるので、車種の選択肢が多い点もメリットといえるでしょう。
ほかにも、カーリースは契約期間が長くなるほど月々の料金が安くなるしくみなので、長期利用を目的としている場合にもおすすめの方法です。

なお、中には1ヵ月などの期間だけ利用できるカーリースもありますが、そういった場合はほとんどが中古車の貸し出しとなります。カーリースでマイカーのように新車に乗りたい方は、1年以上で契約できるサービスがおすすめです。

次項では、1年以上から契約できるおすすめのサービスについて詳しくご紹介します。

1年以上の長期利用なら業界最安水準のカーリースがおすすめ!

新車が月1万円ちょっと

1年以上の長期で利用するなら、カーリースの定額カルモくんがおすすめです。その理由に、月々10,000円台から新車に乗れる業界最安水準の料金があります。

レンタカーを長期利用する場合、月々10万円近くかかり、家計への負担が大きくなってしまいます。その点、定額カルモくんであれば月々の負担を抑えながら、マイカーのように好きな新車に乗れます。料金以外のメリットも多く、サービス開始から4年で申込者数は10万人以上。その魅力をご紹介しましょう。

専門家も認めるコスパの良さ!マイカー感覚で新車に乗れる

3冠獲得

定額カルモくんは、国産メーカーの全車種を扱っており、1~11年のあいだで好きな契約年数を選べます。また、カーリースでは通常、走行距離の上限が設定されますが、定額カルモくんなら7年以上の契約で全車無制限、さらに月々500円のオプションをつけると最後に車をもらえるなど、充実したサービス内容によりマイカー感覚で新車を利用できるサービスです。

そのコスパの良さは、ファイナンシャルプランナーやディーラー勤務者といった専門家からも高く評価されています*。

*■調査方法:インターネット調査 ■調査期間:2021年2月12日~15日 ■調査概要:カーリース10社を対象にしたイメージ調査 ■調査対象:男女、全国、18~69 歳、運転免許保有、(1)(2)週1回以上運転するファイナンシャルプランナー176s、(3)カーディーラー勤務者297s ■調査実施:株式会社ショッパーズアイ ■比較対象企業:「カーリース」Google 検索9社(2021年1月29日10 時時点)※広告、まとめサイトなどを除く


定額カルモくんは、各種税金やサポート料なども月額料金に含まれており、維持費の面でもコスパが高いサービスといえるでしょう。料金の安さだけでなく、毎年の自動車税(種別割)の支払いを管理する手間を省けたり、何か起こったときに気軽に相談できるサポート体制があったりするのは大きな魅力です。


定額カルモくんについてもっと詳しく見る

「定額カルモくんにしてよかった!」という体験談

実際に定額カルモくんを利用している方の声をご紹介しましょう。


Oさん

車が必要なタイミングは結構あったのですが、その度にレンタカーを使っていました。子供ができて車を欲しいと思ったのですが、経済的な不安が大きくてカーリースの利用を検討しました。定額カルモくんは無理なく新車に乗れて、お金の面でメリットが大きいので、車の購入をあきらめている方にもおすすめしたいです。

Tさん

行楽シーズンなどをメインにレンタカーを20年くらい使っていました。でも、レンタカーだと天気のいい日に朝からすぐ出掛けるといったことができなかったので、カーリースの利用を決めました。 子供の友達はみんな自家用車で、レンタカーは「わ」ナンバーだと子供も知っていて恥ずかしかったようで、カーリースで「わ」ナンバーではなくなったことを喜んでいます。レンタカーのように返す時間を気にするストレスもなくなり満足しています。


「カーリースのメリットが知りたい」「あの車は月々いくら?」など、まずは問い合わせてみませんか。定額カルモくんでは、豊富な知識を持ったマイカーコンシェルジュが契約前からLINEや電話、メールで相談を受け付けています。小さな疑問でも、好きな方法で気軽に問い合わせてみましょう。


平日10:00~19:00(土日祝・年末年始休み)


ぴったりの料金やプランを知りたい方は「お試し審査」がおすすめ!

カーリースを初めて利用する方は、料金や利用の仕方に不安を感じることもあるでしょう。定額カルモくんでは、顧客対応満足度98.9%*を誇るマイカーコンシェルジュの手厚いサポートがあり、料金やプランについて何度でも相談が可能です。

また、まずは「お試し審査」で定額カルモくんを利用できるかを確認してみて、その結果を基にぴったりのプランを提案してもらうこともできます。結果は通常、翌営業日には届き、審査に通っても契約にはならない上、後から車種やプランの変更もできるので安心です。ぜひ気軽にチェックしてみましょう。


車種やプランは後から選べる_お試し審査をしてみる

*2019年12月~2021年6月までの定額カルモくんご契約者様504名を対象としたアンケート

長期で車を借りるなら自分に合ったサービスを見つけよう

長期で車を借りるなら自分に合ったサービスを見つけよう

長期で車を借りるなら、レンタカーだけでなくカーシェアリングやカーリースなど、それぞれのメリット・デメリットを把握した上で、使用頻度や希望条件に合ったサービスを選ぶことが大切です。

業界最安水準の料金で利用できるカーリースの定額カルモくんは、初期費用をかけずに月々10,000円台から新車を利用でき、1年以上の長期で車を使いたい方におすすめのサービスです。条件や希望に合うサービスかどうか、下のバナーから確かめてみましょう。


人気のカーリース_詳しくみる



サービス資料(パンフレット)もございます。


サービスガイド


購入との比較や料金、利用の手順、素朴な疑問への回答など、詳しくご紹介しています。


定額カルモくんを資料で詳しく知る



※この記事は2022年9月時点の情報で制作しています

よくある質問

Q1レンタカーを長期で利用するならどのようなサービスがおすすめ?

A:取扱車種や営業所が多いサービスであれば、予約が取りやすくトラブルがあっても相談しやすいでしょう。また、オンラインで長期利用の見積もりを確認できるサービスは少ないので、料金体系が明示されているサービスなら安心して利用できるでしょう。人気レンタカー5社のサービス比較はこちらをご参照ください。

Q2レンタカーを長期利用するデメリットは?

A:レンタカーは基本的に短期利用を目的としたサービスが多いので、長期での利用は割高になってしまう可能性があります。そのため、1ヵ月10万円以上かかるケースも少なくありません。また、返却時に追加料金がかかる場合もあるので、利用時にあらかじめ確認しておくことが大切です。

Q3レンタカー以外に車の長期利用におすすめのサービスは?

A:月々定額で車を利用できるカーリースがおすすめです。レンタカーの場合、1ヵ月10万円前後かかりますが、カーリースであれば月々10,000円台から利用できるサービスもあります。ただし、カーリースは年単位での長期的な契約となる場合が多いため、車が必要な期間や希望条件などから自分に合うサービスを選ぶことが大切です。

この記事の執筆者


伊藤 真二
監修者、編集者、ライター

伊藤 真二

ファイナンシャルプランナー。介護福祉士資格を所有していることから、老後の暮らしや節約・資産運用など、安心できる未来、無駄のない今を生きるためのご提案を多く行う。 また、ニュースメディア、採用メディア、自動車メディアなどのライター・編集者の経験から記事執筆・監修も広く行っている。

人気の車のサブスクをみる

人気の車のサブスクをみる