自社ローンは審査に絶対通るの?審査通過のポイントやほかの選択肢を紹介

更新日:2022.11.30
絶対通る自社ローンについて

車を購入する際に利用できる自社ローンの審査は、絶対通ると聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。本当に誰でも利用できるのであれば、ブラックリストに掲載されていたり、年収に不安があったりする場合などに自社ローンを利用したい方も多いでしょう。

そこで、自社ローンは絶対通るのかについて、ほかのローンとの違いや、自社ローンの審査に通りやすくするためのポイントと併せて解説します。


カーローン審査に落ちた私でも新車に乗れる


【この記事のポイント】
✔自社ローンでも支払い能力が重要視されるため、絶対通るとは限らない
✔自社ローンでは頭金や保証人を用意することで審査に通りやすくなる可能性がある
✔ローンよりも審査に通りやすく、新車に乗れる方法もある

自社ローンとは?絶対通るといわれる理由

自社ローンのしくみ

結論からいえば、自社ローンは絶対に通るとは言い切れません。

カーローンでは一般的に、審査基準をクリアしなければ審査に通過することができません。自社ローンにも審査があり、独自の基準が設けられているため、絶対通るとは必ずしもいえないのです。

それではなぜ、自社ローンは審査に「絶対通る」といわれるのでしょうか?ここでは自社ローンの特徴を見ながら、絶対通るといわれる理由を探ってみましょう。

自社ローンには金利の概念がない

自社ローンとは、購入代金を販売店に立て替えてもらい、分割で返済していくしくみのことです。
ローンという言葉がついていますが、実際は金融商品ではなく、販売店が独自に用意する支払方法の一種です。金銭の貸し借りが発生しないことから金利の概念もありません。

このように、金融商品ではない点が自社ローンの審査が「絶対通る」といわれている理由で、販売店それぞれが独自に設ける審査基準さえクリアできれば利用することができます。

ただし、金利が発生しない代わりに、車両本体価格の10~20%の手数料や保証料が上乗せされるのが一般的です。また、販売店によっては新車購入で使えることもありますが、このケースはまれで、ほとんどの自社ローンが中古車のみの対象となっています。

一般的なカーローンと審査基準の違いがある

自社ローンを利用するためには、通常のカーローンと同様に審査に通過する必要があります。しかし、自社ローンの審査ではカーローンのように信用情報の照会が行われません。これも自社ローンの審査が「絶対通る」といわれる理由のひとつです。

一般的なカーローンの審査では、個人の支払いに関する履歴が記録されている信用情報機関を通して、過去のクレジットカードやローンなどの支払履歴をすべてチェックされます。

その際、支払遅延や金融事故などを起こしていたことが発覚すると、審査の際に不利になってしまいがちです。自己破産や債務整理などをしていた場合は、審査通過はほぼ不可能と考えたほうがいいでしょう。

一方、自社ローンの審査では過去の支払履歴を見られることはないため、もし過去に支払遅延などがあった場合でも、販売店側にその事実を知られることはなく、審査に通る可能性が十分にあります。


自社ローンで車に乗るよりも負担を抑えて新車に乗れる!

審査に不安のある方が新車を持てた方法

自社ローンを利用するときの注意点

自社ローンを利用するときの注意点

自社ローンは一般的なローンより審査に通りやすいといったメリットがありますが、次の2名の方のコメントからもわかるように、注意すべき点もあります。


Aさん

銀行のマイカーローンでは審査に通らなかったので、自社ローンを利用して中古車のボルボV90を購入しました。一度審査に落ちた私でもローンが組めたのは助かりましたが、手数料が高いのが残念です。

Bさん

車買替え時の下取り価格が思っていたより安く、手持ち資金が不足したため自社ローンを利用して新車のオデッセイを購入しました。希望していた新車を購入でき満足ですが、車検証の名義が販売店であることからローン完済まで売却できないのは困りました。


自社ローンを利用してから後悔しないためにも、具体的にどのようなことに気を付ければいいのか、ここで確認しておきましょう。

高額な手数料が発生する場合がある

絶対通るともいわれる自社ローンでは、金利がない代わりに手数料や保証料が車両本体価格に上乗せされるのが一般的です。金額は販売店によっても異なりますが、場合によっては一般的なローンの利息よりも高くなってしまうこともあるため注意が必要です。

せっかく金利なしで利用できても、総額が膨らんでしまうと意味がないため、自社ローンを検討する際は事前に手数料や保証料の金額を確認して、シミュレーションした上で決めるようにしましょう。

申し込める金額が低く分割払いの回数も少なめ

自社ローンは、販売店が費用を立て替える形となるため、一般的なローンより申し込める金額が低くなっています。また、分割払いの回数も12~36回程度までしか選択できないなど、短期間での返済を求められる傾向です。

そのため、希望車種を購入できるだけの金額を借りられなかったり、借りられたとしても返済が苦しくなったりするリスクがあります

利用できる店舗や車種が限られる

一般的なローンを利用して車を購入する場合は、基本的にすべての販売店から車を探せますが、「絶対通る」ともいわれる自社ローンを利用する場合は、自社ローンを取り扱っている販売店の中からしか選ぶことができず、選択肢の幅が狭くなります。

また、先述したように、自社ローンではあまり高額な車は購入できないため、安く売られている車から選ぶケースが多くなります。安い車は状態が悪い場合もあり、購入後に修理費用がかさんでしまうリスクもあるでしょう。

車の名義が販売店側になる

自社ローンで車を購入した場合、返済が完了するまで車の名義は販売店になります。そのため、途中で売却することはできず、やむをえない事情で車を手放すことになった場合は、残債を一括で返済しなければなりません。

また、毎月きちんと返済をしていても、販売店側が途中で倒産してしまうといったリスクもあります。こうなると、販売店の資産の一部として車を引き揚げられる可能性があります。

GPSや遠隔制御装置をつけられる場合も

自社ローンを取り扱っている販売店の中には、途中で返済が滞った場合に、すぐに車を差し押さえられるようにGPSをつけたり、エンジンがかからないようにできる遠隔制御装置をつけたりしているところもあります。

あまり気持ちのいいものではないほか、遠隔制御装置を取り外す際には費用がかかるケースもあるため注意が必要です。



一般的なカーローンや自社ローンを組むことなく新車を手に入れる方法もあります。近年、車の新しい乗り方として申込者数が増えているカーリースがそれです。

カーリースであれば、初期費用ゼロ、月額料金の支払いだけでマイカーのように車に乗ることができます。以下から詳しく見てみましょう。


車の新しい乗り方をみる

自社ローンの審査に通りやすくするポイント

自社ローンの審査に通りやすくするポイント

自社ローンの審査は、一般的なカーローンに比べて通りやすい傾向がありますが、絶対通るとは限りません。そのため、審査に通る確率を少しでも上げるために、事前の対策が重要になります。

どのような対策をとればいいのか、詳しく見ていきましょう。

年収とのバランスを考える

自社ローンの審査では、現在の年収を基に車の購入代金をきちんと返済していけるかどうかをチェックされます。

そのため、たとえ安定した収入があったとしても、年収額に見合わないような高額な車を選んでいたり、ローンや借入れが複数あったりする場合は、返済能力がないと判断されて審査に落ちてしまう可能性が高いでしょう。

ただし絶対通るともいわれる自社ローンの場合、現在の返済能力に着目した審査が行われるため、これまでに金融事故を起こしている方であっても、現在の返済能力さえ証明できれば、審査に通る可能性も十分あります。

返済能力があると判断してもらうためにも、現在の年収や借入状況を踏まえた車選びが重要です。

保証人を立てる

自社ローンの審査では、現在の返済能力だけでなく申込時点の信用性も重視されます。
そのため、年収が低かったり、ほかにローンや借入れがあったりする場合は、保証人を立てることで信用できる人であると判断してもらえる可能性があるでしょう。

保証人とは契約者が返済できなくなった際に代わりに返済義務を負う人のことで、一般的には配偶者や親、同居している親族などに依頼します。

現在の返済能力にやや不安があると思われた場合でも、保証人を用意することでマイナス要素をカバーできる場合もあるため、信用度を高めるためにも積極的に検討しましょう。

虚偽の申告をしない

虚偽申告は犯罪になるため、自社ローンに限らず絶対にしてはいけないことですが、過去ではなく現在にフォーカスを当てる自社ローンの審査で発覚すると、特に大きなマイナス評価となるでしょう。

販売店側は、現在の信用性をチェックしています。申込時点で嘘をついてしまうと、まったく信用のない人と判断されてしまいかねません

頭金を用意する

年収が低かったり、ほかにローンや借入れがあったりする場合でも、頭金を用意することで自社ローンの審査を有利に進められる可能性があります。

ただし、そもそもまとまった資金を用意するのが難しく、さらに一般的なカーローンは審査に落ちてしまいそうな事情があるため、「絶対通る」といわれる自社ローンを検討しているという方も多いでしょう。

販売店側も、そのような事情があることは承知のため、たとえ数万円でも用意することで本気度を伝えられる場合があります。ローン残高を少なくする目的ではなく、本気度を伝える目的で、少額でも頭金を入れることを検討してみてもいいでしょう。

頭金を用意するのは難しいという方には、カーリースの利用がおすすめです。
初期費用やボーナス払いが不要で、月々10,000円台からの月額料金で新車に乗ることもできます。

こちらの「お試し審査」から、どのような車に乗れるか確かめることができます。


車種やプランは後から選べる_お試し審査をしてみる 

※審査に通っても即契約とはなりません

自社ローンでも絶対通るとはいえない

自社ローンでも絶対通るとはいえない

自社ローンの審査は絶対通るといわれているものの、審査がある以上、絶対通るわけではありません。

販売店側は、車両代金や諸費用をすべて支払ってもらう前に車を引き渡すことになるため、全額を必ず回収できると判断できる方以外とは、自社ローン契約を結ばない可能性が高いといえます。

例えば、以下のような方は、自社ローンの審査に落ちやすいでしょう。

・収入の証明ができない方
・年収に見合わない金額の車を選んだ方
・保証人を用意できない方

1つでも当てはまるものがある方は、収入証明を用意したり、購入する車のグレードを下げたりといった対策が必要です。また、安定収入のある親族などに保証人になってもらうよう、事前に相談しておくとスムーズでしょう。



このように自社ローンは絶対通るといわれながらも、信用できる人物であると販売店側に判断してもらえなければ、審査に落ちてしまう可能性があります。つまり自社ローンは、実際に審査に申し込んでみるまで通るかどうかわからないということです。

一方、カーリースの定額カルモくんが独自サービスとして用意している「お試し審査」では、カーリースの審査に通るかどうかを簡単に知ることができます。

下のバナーから試してみて、カーリースの利用を検討してみてはいかがでしょう。


申込者数10万人以上_お試し審査してみる

※審査に通っても契約にはなりません

ローン審査に落ちた方も利用中!負担を抑えて新車に乗る方法

新車が月1万円ちょっと

自社ローンを利用する中で起こりえるデメリットの心配がなく、初期費用やローンも不要で車に乗れる方法として、カーリースがあります。

絶対通るともいわれる自社ローンでは、条件によっては審査に落ちる可能性もあり、仮に審査に通ったとしても、少額しか借りられなかったり、分割払いの回数が短かったりといったデメリットもあります。

一方、カーリースはお金を借りるのではなく車を借りるサービスで、契約期間に応じた月額料金を支払いながら車を利用します。そのため、審査の対象となる金額も下げやすく、実際にカーローンの審査に落ちても利用している方が多くいます

カーリースを利用している方のリアルな声

自社ローンよりも審査に通る可能性があるといわれており、月々の定額料金だけで車に乗れるカーリースは、さまざまな事情でローン審査の通過が難しかった方も多数利用しています。ローンより審査に通りやすく負担も少ないといったこと以外にも、新車に乗れる点もカーリースの大きなメリットでしょう。

ここでは、「カーリースの定額カルモくん」を利用している方のリアルな声をご紹介します。

「ローン審査は難しいと思っていたから、逆によく通ったなと思います」

user_k.jpg

Kさん(63)横浜市在住 S660を賃貸期間7年 で契約中


いろいろあって、カーローンの審査は何回か試したけど無理でした。

でも定額カルモくんに相談したら、「一応やってみましょうよ」と言われて、「じゃあダメ元で」みたいな。そしたら審査に通ったのでびっくりしました。「ほんとですか? ぜひぜひお願いします」って電話して、現在に至ります。新車に乗れているのは定額カルモくんのおかげです。

カーリースは税金も何も全部コミコミじゃないですか。月額料金が決まっているので支払額が変わることがないから安心ですよね。

「一度ローンの審査に落ちていたので、また落ちるかもという不安がありました」

user_i.jpg

Iさん(37)宮城県在住 ウェイクを賃貸期間11年 で契約中


前の車を買ったときローンの審査に落ちたことがあるんです。だからローンを組むのは難しいかなと思っていました。

知り合いに相談したら、「定額カルモくんで試しに審査してみたら」って言われて試してみたんです。その後、受かったって連絡が来たときはうれしかったな

納車されたときは、「おぉー新車だ!」っていう喜びがわいてきましたね。
カーリースは重い固定費が増えたという感じはしないし、ずっと同じ金額を払えばいいだけだから電話代とか電気代とかと変わりないところも安心ですね。

「車を購入しようと思ってローンに申し込んだけど、審査に通らなかったんです」

user_k.jpg

Kさん(41)川崎市在住 ムーヴを賃貸期間11年で契約中


車を購入しようと思って、最初はローンの申込みをしたけど審査に通らなかったんです。以前、携帯代を払い忘れていたのが影響していたみたいで。

そんなときに、ローン以外にもカーリースっていう方法があるのを知って、定額カルモくんなら審査に通るかもしれないという話だったので、申し込んでみたら、無事に通りました

問い合わせの電話での受け答えがクリアな印象で安心感があったんで、不安はなかったです。

定額カルモくんは月々11,830円から新車に乗れる

ご紹介した3名の方が利用している定額カルモくんは、業界最安水準の月々11,830円からで新車に乗ることができます。

7年以上の契約で適用できる「もらえるオプション」をつければ、契約満了時にそのまま車をもらうことも可能で、実質、車を購入するのと変わらない利用ができるでしょう。

ローン不要で月々の定額料金だけで新車に乗れる上、ローンよりも審査に通る可能性が見込めるため、費用的な問題を抱えている方や、ローン審査に通らなくて自社ローンを検討している方にもピッタリのサービスといえるでしょう。

各種税金や自賠責保険料などの維持費も月額料金にコミコミなので、維持費の負担も抑えられます。さらに定額カルモくんのメンテナンスプランに加入すれば、車検代やメンテナンス費用も定額にすることができます

また、定額カルモくんには無料の「お試し審査」があり、とりあえず審査に通るか確認したいといった方にもおすすめです。

審査の結果は通常翌営業日にはわかり、結果を基に予算や納期に合った車種を紹介してもらえるため、スムーズに車に乗ることができます。


審査が不安な方にも_業界最安水準のカーリース

自社ローンも絶対通るとは限らない!ローン不要で新車に乗れる方法も検討しよう

自社ローンも絶対通るとは限らない!ローン不要で新車に乗れる方法も検討しよう

自社ローンは、絶対通るといわれながらも、実際は通らないケースも多くあります。また、自社ローンを取り扱っている販売店の中から車を探す必要があり、選択肢の幅はどうしても狭くなるでしょう。

その点、業界最安水準の月々10,000円台から新車に乗れる定額カルモくんであれば、国産メーカー全車種・全グレードから好きな新車を選ぶことができます。

定額カルモくんの審査は、カーローンの審査に比べて通る可能性があると考えられ、実際にローンの審査には落ちた方でも利用できている実績が多くあります。

車を手に入れる方法としてカーリースを検討してみてはいかがでしょう。「お試し審査」で審査に通るかどうかを確認することから始められます。


申込者数10万人以上_お試し審査してみる


※この記事は2022年11月時点の情報で制作しています

よくある質問

Q1自社ローンは「絶対通る」というのは本当?

A:自社ローンの審査は過去の支払状況などの信用情報は重視されない傾向があるため、通常のカーローンよりも審査のハードルは低いとされています。しかし、契約後の返済能力の有無はきちんと審査されるため、絶対通るとは限りません。

Q2自社ローンの審査に通りやすくするためには?

A:自社ローンの審査では現在の返済能力が重視されます。そのため、現在の年収や、そのほかのローンや借入状況などを踏まえて借入額を調整したり、場合によっては保証人を立てたりすることが有効です。

Q3ローン審査に不安がある場合、自社ローンはおすすめの方法?

A:自社ローンは絶対通るとは限らず、高額な手数料が発生したり、車種の選択肢が狭くなったりといったデメリットもあります。そのため、審査が不安な方には、一度ローンの審査に落ちた方でも多くの方が利用できており、月々の定額料金だけで利用できるカーリースがおすすめです。

この記事の執筆者


伊藤 真二
監修者、編集者、ライター

伊藤 真二

ファイナンシャルプランナー。介護福祉士資格を所有していることから、老後の暮らしや節約・資産運用など、安心できる未来、無駄のない今を生きるためのご提案を多く行う。 また、ニュースメディア、採用メディア、自動車メディアなどのライター・編集者の経験から記事執筆・監修も広く行っている。

まずは審査に通るか試してみる_追従

まずは審査に通るか試してみる_追従