生活保護でも車のローンを組める?所有が認められるケースや注意点を解説

更新日:2022.10.20
生活保護受給中の車のローン購入について

生活保護受給中でも車の所有や使用が認められるケースはありますが、その場合に車をローンで購入することはできるのでしょうか。そこで、生活保護受給中に車のローンを組めるのかどうかについて、車を所有できるケースとともに解説します。併せて、車のローンを組む際の注意点や、ローン以外でコストを抑えて車に乗る方法も見ていきましょう。

なお、生活保護を受給するために、ローン返済中の車を売却したいという方もいるでしょう。ローンが残っている車を売る方法は、下のバナーよりご確認ください。



【この記事のポイント】
✔生活保護受給中でも、相応の事情があって許可を得られれば車を購入できる
✔車をローンで購入するには審査に通る必要があり、購入できる車にも制限がある
✔ローンを組まずに月々10,000円台で新車に乗れる方法もある

生活保護受給者でも車をローンで購入できる?

生活保護受給者でも車をローンで購入できる?

生活保護は生活に困窮する方の最低限の生活を保障し、生計を立てていくための活動をサポートすることを目的とした制度です。利用していない土地や建物、車などの資産がある場合には、売却して生活費にあてるように指導されるため、車の所有や購入は原則認められていません。

ただし、生活保護受給中でも車を持てるケースもあります。その場合、車をローンで購入することは可能なのでしょうか。

生活保護受給者は基本的に車をローン購入できない

生活保護受給中に、例外的に車の購入や所有が認められたケースでも、基本的に生活保護受給者の方が車をローンで購入することは難しいといえます。

それは、仮に車のローン審査に申し込んだとしても、生活保護を受給しているということをローン会社が知ると、審査に落とされてしまう可能性が高いからです。

生活保護受給者が車のローン審査に通りにくい理由

車のローンは、安定した収入があり、毎月の返済を滞りなく確実に行えるとローン会社から判断された方が利用できるものです。そのため、生活保護受給者の方は、審査の際にこの点でどうしても不利になってしまいます。

なお、生活保護の支給内容は次のように定められており、車の購入代金や維持費などは含まれていないことから、そもそも生活保護で支給されたお金を車に使うことはできません。仮に生活保護の支給額がローンの審査基準を超えていたとしても、「ローンを返済できる安定した収入」とはみなされない可能性が高いでしょう。


〈生活保護の支給内容〉

最低限の生活をするために必要な費用 支給内容
生活扶助 日常生活に必要な費用

(食費・被服費・光熱費等)

基準額は

(1)食費等の個人的費用

(2)光熱水費等の世帯共通費用を合算して算出

特定の世帯には加算あり(母子加算等)

住宅扶助 アパート等の家賃 定められた範囲内で実費を支給
教育扶助 義務教育を受けるために必要な学用品費 定められた基準額を支給
医療扶助 医療サービスの費用 費用は直接医療機関へ支払い(本人負担なし)
介護扶助 介護サービスの費用 費用は直接介護事業者へ支払い(本人負担なし)
出産扶助 出産費用 定められた範囲内で実費を支給
生業扶助 就労に必要な技能の修得等にかかる費用 定められた範囲内で実費を支給
葬祭扶助 葬祭費用 定められた範囲内で実費を支給

出典:厚生労働省 生活保護制度

生活保護受給中に無断で車をローン購入するとどうなる?

生活保護受給中に無断で車をローン購入するとどうなる?

生活保護受給中でも、無断で車をローン購入すること自体は可能です。ローン会社や車の販売店は多くの場合、ローンの申込者が生活保護を受給しているかどうかの確認はしません。そのため、まれではありますが、生活保護受給者であることを隠したままローンの審査に申し込んで、そのまま購入できてしまうケースもあります

しかし、生活保護受給中であることを隠してローンを組めたとしても、生活調査を行う担当者などにローンで車を購入したことを知られると、生活保護のケースワーカーや福祉課に通報されてしまいます。車を家に置いている場合はもちろん、駐車場へ出入りしているところを見られるなど、車を所有していることを生活保護の担当者に発見されるリスクは非常に高いです

もし車を所有する許可をもらっていない状態でローン購入したことが発覚した場合は、その時点で生活保護は停止され、生活費の支給もなくなってしまいます。生活保護受給中に無断で車を購入することは、絶対にやめましょう。


生活保護受給中でも少ない負担で安心して車に乗る方法はこちら

生活保護受給中でも車のローン購入や所有が認められるケースは?

生活保護受給中でも車のローン購入や所有が認められるケースは?

基本的に生活保護受給中の方が車をローンで購入したり所有したりすることは認められていませんが、特別な事情がある場合は、車の購入および所有が認められることもあります。

ここでは、生活保護受給中でも車の購入や所有が認められる可能性が高いケースを見ていきましょう。なお、所有が認められても、車をローンで購入するのは前述のとおり難しいケースが多いという点は念頭に置いておく必要があります。

公共交通機関が発達していない地域に住んでいる

住んでいる地域の公共交通機関が発達しておらず、家族の送迎や買い物などに車が必要と判断された場合は、車の所有が認められることがあります。送迎を頼める親族や知人がいない場合も、このケースに当てはまるでしょう。

また、公共交通機関よりも車を利用したほうが出費を抑えられると判断された場合も、例外的に車の所有が認められる可能性があります。

通院や通勤で車が必要

病気や何らかの障害があることが原因で公共交通機関が利用できず、通院や通勤に車が必要な場合も車の購入を許可されることがあります。

また、公共交通機関を利用できない時間帯に通勤が必要な仕事に就いている方や、車でなければ通勤が難しい場所に勤めている場合なども認められる可能性があるでしょう。

自営業で車が必要

生活保護受給者の方が自営業を営んでおり、車がなければ業務が成り立たない場合は、車の所有が認められることがあります。ただし、生活保護を受給する前から車を所有していることが前提条件となっており、仕事で得られる収入から燃料代や駐車場代、メンテナンス費用などの車の維持費を支払えることも証明する必要があります。
そのため、生活保護の受給中に事業用の車を購入したいといった場合は、事前に確認しておいたほうが安心です。

半年以内に生活保護を受給しなくなる見込みがある

すでに車を所有しており、これから生活保護を申請する場合、半年以内に生活保護を受給しなくても生活をしていけるようになる見込みがある方は、車を処分せずに済むケースがあります。

ただし、所有している車が高級車などではなく、生活に必要な機能だけを搭載している、価値の低い車であることが条件となるため、価値の高い車を所有していた場合は売却しなければならない可能性が高いでしょう。

生活保護受給中に車を購入するためのポイント

生活保護受給中に車を購入するためのポイント

生活保護受給中でも、許可が下りれば車を持つことは可能です。ただし、その場合もローン購入は認められない可能性が高い点には注意する必要があります。ここでは、生活保護受給中に車を購入するにあたり、車の所有を認めてもらうポイントを確認しておきましょう。

車を購入する事情や目的を明確にする

生活保護受給中に車の所有許可をもらい購入するためには、車が必要な事情や目的を明確にしておきましょう。例えば通勤で車が必要な場合は、職場まで利用できる公共交通機関がなく、タクシーは高額すぎるなど、自家用車以外での代用が難しいことを具体的に説明します。

どのような事情や目的なら許可をもらえるかは各自治体の判断次第ですが、車が必要であることをきちんと説明できれば、車の所有許可が下りて購入できる可能性も高くなるでしょう。

半年以内に生活保護を抜けることを約束する

生活保護の申請時に、半年以内に生活保護を脱却することを約束できる場合は、処分価値の低い車に限ってそのまま所有が認められる可能性があります。近いうちに就職が決まっているなど、生活保護を抜け出せる見通しが立っている方は、その根拠をきちんと伝えた上で申請してみましょう。

判断基準は各自治体によって異なりますが、具体性に欠けると許可を得られない可能性が高まるため、採用通知書や今後の資金計画表などを提示しながら相談するのが望ましいでしょう。

資産価値の低い車を購入したいことを伝える

生活保護受給中に車の所有を認めてもらい購入するために、資産価値の低い車を購入する予定であることを伝えるのも大切なポイントです。

この車種でなければならない、という決まりはありませんが、原則として資産とみなされるような高級車は購入も所有もできません。車両本体価格の安い軽自動車や中古車で、生活に必要な機能だけを搭載している車を選んだ上で相談するようにしましょう。

生活保護受給中に車を購入する際の注意点

生活保護受給中に車を購入する際の注意点

生活保護受給中に車を購入する許可を得た場合でも、いくつか注意すべきことがあります。事前に次の4つのポイントを確認し、十分に納得した上で購入の申請を行うようにしましょう。

資産価値の低い車を選ぶ

生活保護受給中に車の所有が認められた場合でも、好きな車を選べるわけではなく、走行するために必要最低限の機能を備えた車を選ぶように指導されるのが一般的です。

そのため、年式の新しい車やグレードの高い車、オプション装備が多数つけられた車などは、許可してもらえない可能性が高いでしょう。なお、資産価値の基準は公表されていないため、迷った際にはケースワーカーなどに相談しながら車選びを進めたほうが安心です。

排気量に制限がある

生活保護受給中に購入および使用する車は、排気量が概ね2,000CC以下であることが「生活保護実施要領等」で定められています。例えば、大型のミニバンやSUVといったボディタイプの車は2,000CCを超える車も多いため、車種によっては対象外となる点に注意が必要です。

ただし、自営業の業務に排気量2,000CC以上の車が必要な場合は許可される可能性があります。このようなケースに当てはまる方は、自治体の担当者に一度相談してみるようにしましょう。

購入後の維持費も考慮して資金計画を立てる

車を購入すると、その後は燃料代や駐車場代、メンテナンス費用、車検代といった維持費も必要になります。生活保護受給中に車を購入する場合には、維持費の支払いも考慮して資金計画を立てなければ、思わぬ出費に家計が圧迫されてしまう可能性があるため注意が必要です。

車を購入する前に、年間の維持費も踏まえてシミュレーションを行い、車を持つことで家計が苦しくなってしまわないように余裕を持たせたプランを立てましょう。

親族にも同意してもらう

生活保護受給中に車の購入許可が下りた場合は、親族からも同意を得た上で車を所有することが大切です。

車に乗る以上はどうしても事故のリスクが付いて回ります。場合によっては高額な賠償金を請求されるケースもあり、そのような場合は親族からの支援が必要になることもあるでしょう。

また、急な車の故障で修理費用が膨らんでしまう可能性も考えられます。このような場合にも、自身で全額を支払えない場合は、親族から一時的にお金を借りるなどの対処が必要になる可能性があります。

想定外のことが起きたときにもすぐに親族に相談できるよう、車を所有することに対してあらかじめ同意を得ておいたほうが安心といえます。



生活保護受給中に車の購入が認められた場合、「おトクにマイカー 定額カルモくん」の「お試し審査」を活用することで、どのような車に乗れるか簡単に確かめることができます。

定額カルモくんは、国産メーカー全車種・全グレードの新車に月々の定額料金だけで乗ることができるサービスです。自身で車を購入しなくても、定額カルモくんが代わりに希望の新車を購入してくれるため、購入するよりもハードルを下げて車に乗れる点がメリットです。

審査も一般的な車のローンより通りやすい傾向があり、実際に車のローン審査に通らなかった方でも、多くの方が定額カルモくんで希望の新車に乗ることができています

まずは今の状況で車に乗れるのかどうか、また、乗れるのであればどれくらいの価格帯の車種を利用できるのかを下のバナーより確かめてみましょう。


簡単5分_審査に通るか試してみる


生活保護受給中の車所有に関する行政の動き

生活保護受給中の車所有に関する行政の動き

生活保護受給中の車の所有について、新しい動きが見られる自治体もあります。

例えば札幌市は、生活保護受給中に車の所有を認められた場合、車を日常生活で使用することを容認しました。通常、生活保護受給中に車の所有を認められたとしても、通勤や通院などの所有を認められた理由以外で使用することは認められていません

しかし、札幌市は所有している車の使用が生活保護法の「資産の活用」に該当し、また日常的な車の使用が受給者の自立の助長につながるとして、こうした容認を出したとのことです。




なお、これは全国的にも初めてと思われるケースで、どの自治体でも日常的な車の使用が認められているわけではありません。自身が住む自治体はどうなのか、一度確認してみることをおすすめします。

生活保護を受給する前から車を所有している場合はどうなる?

生活保護を受給する前から車を所有している場合はどうなる?

生活保護を受給する前から車を所有していた場合は、ローン返済中の車であっても売却して得た資金を生活費にあてるよう指導されるのが一般的です。

しかし、車を一度処分してしまうと、生活保護から抜け出したときに改めて購入するのは経済的な負担が大きいという理由から、「自営業で車が必要」「半年以内に生活保護から抜け出す見込みがある」などの事情があれば、受給中でもそのまま所有することが認められるケースもあります

そのため、まずはケースワーカーや福祉課に生活保護受給中も車が必要な理由を伝えて相談してみることが大切です。

なお、所有が認められず、生活保護を受給する前にローン返済中の車を売却処分しなければならなくなった場合は、次項でその方法やメリットを確認しておきましょう。

生活保護を受給するためにローン返済中の車を売却する方法やメリット

生活保護を受給するためにローン返済中の車を売却する方法やメリット

生活保護を受給するためにローン返済中の車を処分するように指導されたものの、名義がディーラーやローン会社のため売却できない、と悩む方もいるのではないでしょうか。実は、ローンが残っている車でも売却することは可能です。
ここでは、生活保護の受給のためにローン返済中の車を売却する方法とメリットをご紹介します。

ローン返済中の車を売却する方法

車の買取業者の中には、ローン車でも査定して買い取ってくれるところがあります。中には、ローンの残債を完済する前でも、買取金額を全額受け取れる業者もあるため、即日現金が必要な場合はこのような業者を利用するのもひとつの方法でしょう。

利用方法は簡単で、電話やメールなどで査定を申し込み、車を買い取ってもらうだけです。全国で出張買取に対応している業者なら、住んでいる場所がどこであってもスムーズに利用できるでしょう。

ただし、査定額を全額受け取れる業者であっても、査定額がローンの残債を上回らない限りは、残りのローンを自己負担で完済しなければならない点には注意が必要です。

ローンが残っている車を売却するメリット

ローンが残っている車を生活保護受給前に売却することで、次のようなメリットを得られます。

・資産とみなされる車を手放すことで、生活保護の申請が通りやすくなる
・車を売却して得た資金を借金の繰上返済、一括返済に使える
・売却して得た資金を生活保護を受給するまでの生活費にあてられる

生活保護受給中に車を購入できない場合は同乗やレンタルはできる?

生活保護受給中に車を購入できない場合は同乗やレンタルはできる?

生活保護受給中に車の所有許可が下りない場合や、所有許可は下りたものの、さまざまな事情ですぐに車を手配できないということもあるでしょう。このような場合は、他人の車に同乗したりレンタカーなどを利用したりすることはできるのでしょうか。
ここでは、生活保護受給中の車の同乗やレンタカーなどの一時的な利用は可能なのかどうかについて解説します。

原則として同乗も認められない

自身では運転せずに友人や知人の車に乗せてもらう分には、問題ないと思うかもしれません。しかし、生活保護受給中は原則としてこうした車への同乗も認められていないため注意しましょう。

これは、もし同乗した車が事故を起こした場合に、同乗者にも賠償請求される可能性があるためです。生活保護受給中は賠償責任能力がないとみなされるため、同乗も含む車の使用が認められていません。

レンタカーやカーシェアリングの利用も基本的に制限される

生活保護受給中は、事故を起こした際の賠償責任能力がないとみなされることから、レンタカーやカーシェアリングなどを利用して車に乗ることも基本的に認められていません。

このように、知人や友人の車でも、サービスでも、一時的に車を借りて乗ることは原則としてできないため注意が必要です。

生活保護受給中の車所有が認められた場合に、購入よりも簡単に車を持てる方法

新車が月1万円ちょっと

生活保護受給中に車の所有が認められた場合は、自身で購入するよりも、車のサブスクリプションサービスである「カーリース」を利用したほうが軽い負担で車に乗れる可能性が高いです。カーリースはローンよりも審査に通りやすい傾向があり、手軽に車に乗れるしくみが整っています

また、ローンと同じように月々分割で支払いながら新車に乗れるため、現金一括で中古車を買うよりも、負担を抑えて状態の良い車に乗れる点もメリットです。

そこで、生活保護受給中の方にカーリースがおすすめの理由を、「おトクにマイカー 定額カルモくん 」のサービスを例にご紹介します。

ローンよりもカーリースのほうが審査に通りやすい

カーリースは、月々定額の料金を支払うことで車に乗れるサービスです。利用するにはローンと同様に審査に通過する必要がありますが、ローン審査が不安な方でもカーリースなら審査に通る可能性があります。

その理由がカーリース独自のしくみである「残価設定」です。残価設定とは、契約満了時の車の下取り価格(残価)を想定し、契約時の車両本体価格から差し引くというもので、月々のリース料金は残価を差し引いた車両本体価格から算出されるため、ローンで購入するよりも負担する車両本体価格が安くなります

車両本体価格を抑えられる分、審査対象となる金額や毎月支払う料金が安くなり、生活保護の受給中で年収が限られていても審査に通る可能性が高くなるのです。

業界最安水準の定額カルモくんの利用者の中には、車のローン審査には落ちてしまったけれど、カーリースの審査には通過できたという方も多くいます。

カーリースなら費用負担を抑えて新車に乗れる

カーリースはローンよりも審査に通りやすいだけでなく、費用負担を抑えて新車に乗れるというメリットもあります。

自身で車を購入する場合、初期費用や頭金としてまとまった金額が必要ですが、カーリースはこうした費用が不要です。資金に不安がある生活保護受給中でも、定額制で安心して利用することができます。

例えば、定額カルモくんは完全定額制で業界最安水準、さらに取扱車種も豊富なため、月々10,000円台から新車に乗ることも可能です。購入の場合は経済的な理由から中古車で妥協しなければならない可能性が高いですが、定額カルモくんなら月々の負担を抑えながら新車に乗ることができるでしょう。



生活保護の受給中でも車の所有許可を得ている場合、定額カルモくんでは、キャンセル可能な「お試し審査」を無料で受けることが可能です。予算に近い仮の車種で審査を受けることで、審査に通るかどうかを契約前に確かめられるため、その後の車選びをスムーズに進められるようになります。

また、生活保護受給中でも認められるような安い車を探している場合も、予算に収まる範囲で車種やプランを提案してもらえるため、時間をかけずに車に乗るための準備を進めることができます。審査に通っても契約する必要はないため、下のバナーより気軽に試してみてはいかがでしょうか。


かんたん5分_お試し審査

※審査に通っても契約にはなりません


生活保護受給中の車の購入は許可が必要!購入後の維持費にも注意しよう

生活保護受給中の車の購入は許可が必要!購入後の維持費にも注意しよう

許可が下りれば、生活保護受給中でも車を購入することは可能です。ただし、申請した用途以外では車を使用できないことや、購入後の維持費の負担が大きく返済が苦しくなる可能性がある点には注意しましょう。

なお、生活保護受給中の車の所有や使用が認められた場合でも、ローンで車を購入するのは難しい傾向があります。そのため、購入ではなくカーリースを利用するという方法も検討してみましょう。

カーリースを利用するには審査が必要ですが、生活保護受給者であっても、車の所有や使用の許可を得ていれば審査に申し込むことは可能です。少しでも収入のある方や保証人を立てられる方は、まずは「お試し審査」でカーリースを利用できるかチェックしてみることをおすすめします。

定額カルモくんのお試し審査は5分程度で手続きが完了し、結果は通常翌営業日(最大3営業日以内)にわかります。もちろん、審査に通過しても契約前ならキャンセル可能なため、気軽に利用してみましょう。


ひとまず一番安い料金で_お試し審査

※審査に通っても契約にはなりません


※この記事は2022年9月時点の情報で制作しています

よくある質問

Q1生活保護受給中でも車をローンで購入できる?

A:生活保護受給中でも、車が必要な事情とともに申請すると車の所有や使用が認められる場合があります。ただし、車の所有や使用が認められた場合であっても、車のローン購入は許可されない可能性が高いです。なお、生活保護受給中に車を購入する場合は、資産価値の低い車を選ぶ必要があったり、排気量に制限があったりと、いくつかの注意点があります。

Q2生活保護受給中に車を購入する際の注意点は?

A:生活保護受給中に車を購入する場合は、資産価値の低い車を選ぶ必要があることや、排気量が概ね2,000CC以下の車を選ぶ必要があることに注意が必要です。また、購入後は車の維持費もかかるため、家計が圧迫されないよう資金計画は慎重に立てなければなりません。

Q3生活保護受給中でも車の所有が認められた場合、購入よりも手軽に車を持つ方法はある?

A:生活保護受給中は、自身で購入するよりも月々の定額制で車に乗れるカーリースのほうが負担を抑えて車に乗れる可能性が高いといえます。カーリースは残価設定によってローンよりも審査のハードルが下がる上、初期費用や頭金、ボーナス払いも不要です。また、コストを抑えて状態の良い新車に乗れる点もメリットです。

この記事の執筆者


伊藤 真二
監修者、編集者、ライター

伊藤 真二

ファイナンシャルプランナー。介護福祉士資格を所有していることから、老後の暮らしや節約・資産運用など、安心できる未来、無駄のない今を生きるためのご提案を多く行う。 また、ニュースメディア、採用メディア、自動車メディアなどのライター・編集者の経験から記事執筆・監修も広く行っている。

まずは審査に通るか試してみる_追従

まずは審査に通るか試してみる_追従