マイカーローンの仮審査に通っても本審査で落ちることがあるって本当?

更新日:2022.03.08
本審査で落ちることがある?

マイカーローンを組むときは、まず仮審査を受けて、その後本審査を受けます。もしも仮審査で落ちてしまった場合、本審査に通る可能性は低いでしょう。また、仮審査に通ったとしても、必ず本審査を通過できるとは限りません。本審査に通るためには、仮審査の後の行動が重要です。
ここでは、マイカーローンの審査のしくみや審査の際に気を付けるべきポイント、仮審査を受ける理由、審査に通りやすいといわれるサービスについてご紹介します。


【この記事のポイント】
✔マイカーローンの仮審査に通っても、本審査で落ちることがある
✔仮審査の後の転職や金融事故は本審査の結果に影響する
✔審査に通りやすいといわれているサービスもあるので活用しよう


利息なし、頭金なしで毎月1万円台から新車に乗れるサービスはこちら

仮審査に通って本審査で落ちることがある?

仮審査に通って本審査で落ちることがある?

マイカーローンでは、仮審査に通っていても、その後、本審査に進んだ段階で審査落ちしてしまうことがあります。本審査に落ちればローンを組むことができませんから、当然、車を手に入れることもできなくなります。

このようなことが起こらないように、本審査で落ちてしまう理由について知っておきましょう。

本審査で落ちてしまう理由.申込み内容に虚偽があった

たとえ仮審査に通過していたとしても、申告内容に虚偽がある場合、本審査通過の可能性は低いでしょう。

本審査では、仮審査よりもしっかり審査が行われますから、虚偽申告をしてもバレてしまいます。そうなると「嘘をつく信用できない人物」と思われて、最初から正直に申告していた場合以上に審査通過が難しくなるでしょう。情報は正直に申告してください。

本審査で落ちてしまう理由.仮審査の後、本審査の前に状況が変わった

仮審査は、あくまでも本審査の前のお試しに過ぎません。実際にマイカーローンを利用できるかどうかは、本審査を受けた時点の個人の状況によって決まります。

そのため、「仮審査を受けた後で長年勤めた会社を辞めて無職になった」といった審査に不利になる状況になったりすると、本審査に落ちる可能性が高まります。本審査を通過するまでは、退職や転職はしないほうが得策でしょう。また、スマホ代金やキャッシング代金の延滞にも気を付けてください。

なお、仮審査の後で借入希望額を変える行為も同様に避けたほうが無難です。借入額が変われば、審査の結果も変わります。仮審査よりも低くする分には問題ありませんが、高くすると、本審査に通らなくなる可能性が高まります。

マイカーローンの仮審査と本審査の違い

マイカーローンの仮審査と本審査の違い

マイカーローンの仮審査と本審査は、どちらも借入れを希望する方の返済能力をチェックするために行われます。仮審査は本審査の前の簡単な審査、本審査は実際に融資を行うかどうかを決める本格的な審査です。

仮審査とは

仮審査は、年収や勤務先、勤続年数といった個人の情報を基に、借入希望額を返済できるかどうかをチェックする審査です。事前審査と呼ばれることもあります。

多くのマイカーローンでは、本審査の前に仮審査を行います。仮審査は数日~1週間程度と、短期間で簡単に行えるため、まず、審査に通る可能性があるかどうかを確認した上で本審査に進むのです。仮審査に通らなかった場合、基本的に本審査を受けることはできません

なお、仮審査の時点で、個人の借入れ状況や金融事故の履歴などを信用情報機関に問い合わせるかどうかは金融機関によって異なります。

本審査とは

本審査は、仮審査の内容をより詳しく確認するために行われるものです。本人の申告内容と借入額のバランスを見るだけでなく、信用情報機関に保管されている情報の確認や、勤務先への在籍確認等を通して、客観的な支払い能力を審査されます。

そのため、本審査は仮審査よりも審査完了までにかかる時間も長くなっています。具体的な期間は金融機関によって異なりますが、1~2週間程度かかるところが多いでしょう。

マイカーローンで仮審査を受けるメリット

マイカーローンで仮審査を受けるメリット

マイカーローンの仮審査には、ローンが組めるかどうかの目安が手軽にわかるという大きなメリットがあります。

もちろん、たとえ仮審査に通ったとしても、再度本審査を受けなければいけませんし、仮審査に通っていたとしても、本審査に必ず通るとは限りません。それでも仮審査という制度があり、多くの方が利用しているのは、それだけのメリットがあるからなのです。

仮審査の3つのメリットを紹介します。

審査に通るかどうか目安を確認できる

仮審査に通っても本審査で落ちてしまう可能性はありますが、仮審査に通らずに本審査に通ることはありません。そのため、仮審査を受けることで、審査に通過できる可能性があるかどうかがわかります。

仮審査は本審査に比べて必要書類が少なく手続きも簡単ですから、気軽に確認できるでしょう。

短期間で結果がわかる

仮審査は本審査に比べて結果が出るまでが早く、最短1日という金融機関も多数あります。スピーディーに結果がわかりますから「結果まで長時間待たされた末に審査落ち」という事態を防げます。たとえ落ちてしまっても、スムーズに別の金融機関の選定などを始めやすいでしょう。

審査の結果が信用情報履歴に残らない

カーローンの本審査を受けると、信用情報に申込んだという履歴と結果が記録されます。一方、仮審査では、申し込みの履歴は残りますが結果は残りません。

審査が通らない可能性がある方は、仮審査を活用することでネガティブな信用情報が記録されるのを防げるでしょう。

仮審査が受けられるマイカーローンの種類

仮審査が受けられるマイカーローンの種類

マイカーローンには、主に3つの種類があり、それぞれ特徴が違います。どのようなローンなのかを理解した上で、仮審査の申込み先を決めましょう。

銀行系マイカーローン

銀行系マイカーローンは、主に銀行や信用金庫が取り扱っているカーローンです。また、一部ディーラーを通さず直接ユーザー向けにカーローンを提供している信販会社もあります。

銀行系マイカーローンは、ほかのローンに比べて金利が低いため、総支払額を抑えられる点がメリットです。半面、審査はほかのローンに比べてきびしい傾向にあります。そのため、銀行系マイカーローンの仮審査に落ちてしまった方でも、他のローンなら通過できる可能性があるでしょう。

ディーラーローン

ディーラーローンは、信販会社がディーラーと提携して提供しているローンです。新車を購入したディーラーを通して申込みをするため、銀行系マイカーローンよりもスムーズに手続きを進めやすいという特徴があります。審査も、銀行系マイカーローンよりも緩めです。

ただし、金利は高めなので、総支払額はマイカーローンよりも高くなりがちです。また、ディーラーローンは車を担保に入れて融資を受ける方法なので、完済までは名義が信販会社や販売店になります。

自社ローン

主に、中古車販売店が提供している独自のローンが「自社ローン」です。自社ローンは、ローンという名前で提供されていますが、実際には分割払いです。

信販会社を通さず、それぞれの店舗が独自に審査を行うことから、銀行系マイカーローンやディーラーローンに比べて審査に通りやすいといわれています。ただし、具体的な審査の基準はそれぞれの販売店によって異なります。

※本記事では、以降は銀行系マイカーローンとディーラーローンの仮審査・本審査について解説します。

マイカーローンの審査に必要な書類

マイカーローンの審査に必要な書類

マイカーローンの審査を受ける際、仮審査と本審査では必要な書類が異なります。審査を受ける直前に慌てることがないように、それぞれの審査に必要な書類を把握して、あらかじめ準備しておきましょう。
一般的なマイカーローンで必要とされることが多い書類について、紹介します。

仮審査

仮審査は、インターネット上から書類提出なしで申込める場合が多くなっています。

ただし、年収や勤続年数、他社からの借入れ状況といった情報は申告しなければいけません。年収のわかる源泉徴収票や、他社の借入残高がわかる明細書などを用意しておきましょう。

これらの書類がなくても審査自体は受けられますが、曖昧な記憶で申告すると、実態とは異なる金額で審査されてしまう可能性が出てきます。これでは、仮審査を受ける意味がありません。書類を確認して、正しい金額を申告しましょう。

本審査

本審査では、仮審査の申告内容を裏付ける書類等の提出が求められます。具体的には、以下のような書類が必要になる場合が多いでしょう。

・本人確認書類(運転免許証等)
・収入の証明(源泉徴収票や確定申告書等)
・自動車購入の契約書(注文書)
・預金口座の印鑑

詳細は、ローンを申込む金融機関やディーラー、販売店によって異なります。仮審査の申込みをする時点で、本審査までになんの書類を用意しておけばいいのか確認して、準備しておきましょう。


利息なし、頭金なしで毎月1万円台から新車に乗れるサービスはこちら

マイカーローンの審査に通るためのポイント

マイカーローンの審査に通るためのポイント

マイカーローンの審査に通るか不安な方は、事前にできる限りの対処を取っておくことをおすすめします。審査にあたって、事前に済ませておきたいポイントをまとめました。

今借りているローンを完済する

キャッシングや家電ローン、スマートフォンの本体代の分割払いなどを利用している場合は、なるべく完済しておくと審査に通りやすくなるでしょう。

すべてを完済するのが難しい場合でも、できる限り返しておくと効果的です。また、返済にあてる分を頭金に回すという手段もあります。ローン支払額を下げることでローンに通りやすくなるということもありますから、返済にあてるのか頭金に回すのかは、ローンの担当者に相談するのもいいでしょう。

ローンは厳選して申込む

複数のカーローンに一度に申込みをすると、審査要素に不安材料があるのではないかと警戒されるなど、審査で不利になる可能性があります。「一度に5社の仮審査に申込んで、通ったところでローンを組もう」などと考えていると、かえって審査に通りにくくなってしまいます。

借入れ条件や審査の難易度などを検討した上で、希望に合ったカーローンを選びましょう。

借入額を減らす

借入額を減らせば、それだけ審査に通る可能性が高まります。審査が不安な方は、頭金を多めに用意するか、車本体の価格を下げることを検討しましょう。

同じ車種でも、グレードやオプションを見直せば、総額を減らすことは十分可能です。たとえ審査に通っても、無理なローンを組むと後々返済に困ることになりかねません。ある程度余裕を持って返済できる金額に抑えておくのがおすすめです。

銀行系マイカーローンを避ける

銀行系マイカーローンは、審査がきびしい傾向にあります。「審査に通らない可能性がある」と感じているのであれば、最初から銀行系マイカーローンは避けるというのもひとつの方法です。

新車ならディーラーローン、中古車なら自社ローンや中古車販売店の提携ローンを検討するのもいいかもしれません。

本審査に落ちてしまった場合の対処法

マイカーローンの仮審査に通っていたのに本審査に落ちてしまった、という場合、仮審査後になんらかの問題が新たに発覚した可能性が高いでしょう。故意に何かを隠していたわけではなくても、忘れていた過去の滞納履歴などが問題になってしまうこともあります。

このような状態のまま、対策を何もせずに別のローンに申込みをしても、また落ちてしまうかもしれません。やみくもに申込みをするのではなく、適切な対処を取りましょう。

頭金を用意して借入額を減らす

借入額が少なくなれば、審査に通過できる可能性が高まります。乗りたい車が決まっている場合は、頭金を増やして借入額をできるだけ減らしてみてください。中には、親からお金を借りるといった工夫をして本審査に再度チャレンジする方もいるようです。

また、今の車にまだ乗れるなら、買替え時期を遅らせて貯金をするのも堅実な方法だといえるでしょう。買替えを2年先延ばしして、毎月のローン返済のつもりで2~3万円ずつ貯金をすれば、50万円程度の頭金を用意できます。

自社ローンで中古車を買うことを検討する

自社ローンの審査は、販売店が独自の基準で行います。審査に通りやすいことをウリにしている販売店を選べば、信用情報に問題がある方でもローンを組める可能性があるでしょう。また、価格の安い中古車は、その分審査にも通りやすくなります。新車へのこだわりがないのであれば、中古車を自社ローンで買うことを検討してみてください。

ただし、自社ローンの場合は手数料が高額である点には注意が必要です。

買う以外の方法を検討する

車に乗る方法は、購入だけではありません。必要なときだけ車に乗れるカーシェアリングやレンタカーといった方法もあります。

ただし、通勤で車を使うなど、毎日欠かさず車に乗るのであれば、カーシェアリングやレンタカーはかえって割高になってしまいます。その場合は、マイカーのように乗ることができるカーリースが便利です。

審査に通りやすいといわれ、申込み者が増えているサービス

「ローンの審査に落ちてしまったけれど、いつでも自由に乗れる車が必要」というときは、カーリースを利用するのがおすすめです。

カーリースは、マイカーと同じように自宅の駐車場に車を置いて、24時間365日、いつでも必要なときに、好きなだけ車に乗れる方法です。カーローンと同じように月々定額払いで利用できて、審査にも通りやすいといわれています。

カーリースが審査に通りやすいといわれている理由は、主に以下の3点です。

・残価設定されるため、審査の対象となる支払総額を抑えられる
・長期契約をすれば月々の支払額が減るので、返済負担率を下げられる
・車の名義がリース会社なので、万一支払いが滞った際もリース会社が残債を担保すると考えられる

実際に「おトクにマイカー 定額カルモくん」の利用者の中には、カーローンの審査に落ちてしまったけれど、リースの審査には通った、という方もいらっしゃいます。

user_k

審査に通った人の声を確認するならこちら


以下に、月々1万円台からのリーズナブルな料金で車に乗れる「おトクにマイカー 定額カルモくん」のメリットを紹介します。

利子がない

リースはローンのようにお金を借りて返金するというものではなく、利用料金で車を借りるものです。ですので、利子や利息という概念を持っていません。

月々定額の支払いで車に乗れる

定額カルモくんでは、自動車税や自賠責保険料も月々の料金に含まれているので、別途用意する必要がありません。さらに、メンテナンスプランに加入すると、車検代やメンテナンス費用も月額料金に含められるので、車にかかる費用をほぼ一定にできます。

頭金・ボーナス払い不要

マイカーローンを利用する場合、頭金をいくら入れるのかは審査に影響を与える重要な問題です。一方、定額カルモくんでは、頭金もボーナス払いも必要ありません。それどころか、車に乗り始めるときに必要な初期費用(諸費用)も一切不要です。車庫証明の取得代行費用まで、すべて月額料金に含められていますから、無理なく新車に乗り始められるでしょう。

また、定額カルモくんの初回の支払いは利用開始の1ヵ月後です。契約時点での支払いは一切不要です。

お試し審査で審査の不安を解消

定額カルモくんにも審査はありますが、通るかどうかを事前に「お試し審査」でチェックできるので安心です。お試し審査の申込みは約5分で完了しますし、必要書類もありません。審査をしても契約しなければいけないわけではありませんから、気軽に試してみましょう。


早速、お試し審査してみる

審査に不安でも新車に乗る方法はある

審査に不安でも新車に乗る方法はある

マイカーローンの仮審査に通っても、本審査に通るとは限りません。できるだけ審査に落ちないように対処を取っておきましょう。それでも審査に落ちてしまったときや、月々の支払い負担が大きすぎると感じたときは、月々1万円台から新車に乗れる定額カルモくんのカーリースも検討してみてください。

※この記事の情報は2022年2月時点の情報で制作しています

よくある質問

Q1マイカーローンの仮審査に通っても本審査で落ちることがあるって本当?

A:仮審査に通っても、本審査で落ちてしまうことはあります。仮審査では自己申告の収入や勤続年数と借入額を基に審査が行われますが、本審査ではより細かく信用情報や他社からの借入れ状況、勤務先の在籍確認等が行われます。そのため、仮審査の時点ではわからなかった問題が発覚して、落ちてしまうことがあるのです。

Q2本審査で落ちないためにはどうすればいい?

A:本審査で落ちないためには、仮審査の時点で嘘をつかないことが大切です。嘘が後からバレると、審査に大きな悪影響を及ぼします。最初から正直に申告しましょう。また、仮審査の後で、審査に影響する「転職」「他社からの借入れやローンの支払い遅延」「借入希望額の増額」といった行為を行わないことも大切です。

この記事の執筆者


伊藤 真二
監修者、編集者、ライター

伊藤 真二

ファイナンシャルプランナー。介護福祉士資格を所有していることから、老後の暮らしや節約・資産運用など、安心できる未来、無駄のない今を生きるためのご提案を多く行う。 また、ニュースメディア、採用メディア、自動車メディアなどのライター・編集者の経験から記事執筆・監修も広く行っている。
お試し審査